経理転職におすすめの転職エージェント
転職

経理職におすすめの転職エージェント11選!未経験向けあり

経理・財務・会計職は専門知識を有する部署でもあるため、企業内でもニーズや人気が高く、転職市場でもおすすめの業種です。

例えば、未経験から経理職を目指していたり、現職経験者でフリーランスへの転職を踏まえて、経理への転職を検討している方も多いと思います。

転職サイトで探すだけでなく、経理の仕事に特化した転職エージェントに相談するのがおすすめです。

経理に強い転職エージェントおすすめ

経理に転職するなら『MS-JAPAN』がおすすめ]
MS-JAPAN
  • 管理部門専門の転職エージェント
  • 全求人数は業界最大級の10,244
  • 創業30年で積み上げた高いマッチング力
  • 年収100万円以上アップの実績も
  • 非公開求人も多数
MS-JAPANの基本情報

運営会社株式会社MS-Japan(エムエス ジャパン)
主なサービス(機能)
  • セミナー
  • 転職ノウハウ
  • 面接アドバイス
  • 個別相談
経理の公開求人数3,254件※2024年7月12日時点
拠点東京/横浜/名古屋/大阪
費用
無料

 

転職ベストプラスのお約束
本コンテンツで紹介しているサービスは、厚生労働省委託事業の職業紹介優良事業者認定制度・一般財団法人 日本情報経済社会推進協会のプライバシーマーク制度のいずれかもしくは両者に参加しています。また、厚生労働省の有料職業紹介事業(許可番号:13-ユ-307073)として許可を得ています。そして、コンテンツ内で紹介しているサービスの一部もしくは全てに広告が含まれております。ただし、広告が各サービスの評価に影響をもたらすことは一切ございません。当サイトは、読者の皆様が公正な評価や情報をもとに、より良い選択ができるよう尽力しております。本コンテンツは株式会社ONEが管理を行っております。転職エージェントおすすめランキングは、求人数の多さやサービスの使いやすさ(検索項目数)、対応可能エリア(拠点数)、利用実績、利用者の口コミなどを基準にし、独自に点数化にしております。詳しくは、転職ベストプラスの運営方針広告ポリシーをご確認ください。
広告ガイドライン
本記事では、不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)を参考に、景品類等の指定の告示の運用基準一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示のガイドラインに基づいた形式で広告を掲載しています。
本記事では、消費者庁アフィリエイト広告等に関する検討会報告書「アフィリエイト広告の意義」のガイドラインに基づいた形式で広告であることを明記しています。
各転職エージェントの評価は消費者庁景品表示法に基づき、公式サイトの情報・利用者の口コミや評判を元にランキング化しており、ユーザー方々がより良いサービス・商品を選べるよう尽力しています。

経理・財務・会計職に強い転職エージェント11選

経理への転職がに強いエージェントを使用すれば、条件の良い非公開求人の紹介や、企業への連絡・年収交渉の代行など自分に有利な条件で転職が可能。

そこで、経理の求人を多く取り扱っているおすすめの転職エージェントを紹介します。

経理業界へのサポートに特化したアドバイザーからのサポートを受けられる転職エージェントで、希望の転職を叶えましょう!

表は右にスクロールできます。

MS-JAPANジャスネットキャリアヒュープロリクルート
エージェント
dodaマイナビ
エージェント
コトラJAC
リクルートメント
LHH
転職エージェント
パソナキャリア
MS-JAPANロゴジャストネットキャリアロゴヒュープロリクルートエージェントロゴdodaロゴマイナビエージェントロゴコトラロゴ JACリクルートメントロゴLHHエージェントロゴパソナキャリアロゴ
公開求人数10,516件4294件11,590件422,210251,530件非公開25,345件18,313件15,760件37,956件
経理求人数3,254件2,239件3,107件5,042件13,115件非公開1,793件925件411件2,226
スカウト
土日対応
土曜のみ

土曜のみ

土曜のみ

要相談

土曜のみ
年代20代〜50代20代〜30代20代〜50代20代〜50代20代〜50代20代〜30代30代〜50代30代〜50代30代〜50代20代〜50代
ポイント管理部門の転職ノウハウを生かしたサポート力経理実務に役立つセミナーの受講最短8日で内定の事例あり!スピードで転職が可能年収交渉の代行年収交渉の代行年収査定診断未経験職種への転職サポート希望する業界の最新の動向を詳しく教えてもらえる!グローバルネットワークを駆使した海外転職事業多国籍のコンサルタントにより、グローバル転職もok!キャリアアドバイザーの親身なサポート体制
詳細

ランキング根拠はこちらからご覧いただけます。
当記事で紹介している転職エージェントの情報はこちらからご覧いただけます。
求人数は2024年7月12日時点です。

経理・管理部門に特化|MS-JAPAN

MS-JAPAN(点数化)

経理の公開求人数10点
サポート対応20点
利用実績15点
検索項目15点
対応エリア20点
総合得点

80点

ランキング根拠はこちら

おすすめポイント
  • 管理部門特化型エージェント業界最大級の求人数
  • 創業30年のノウハウを生かした高いマッチング力が魅力
  • 成功体験者では100万円以上の年収アップも!
  • 非公開求人の取り扱いも充実
  • 完全無料で利用可能

MS-JAPANは、経理・財務・人事・総務・法務・会計事務所・弁護士・公認会計士・税理士などに特化した転職エージェントです。

例えば、自分では言い出しにくい年収交渉も代行してくれますので、転職で年収アップを達成することもできます。

 管理部門・士業特化型エージェント採用決定率No.1の実績を誇っています。

管理部門特化型エージェントなので、企業のリサーチも徹底しており、応募の際には職場の雰囲気や具体的な企業の内部情報まで詳しく教えてもらえます。入社後に、イメージと違った…といったミスマッチも発生しにくいです。

創業から30年以上の信頼と実績があり、経理・財務・会計に精通した経験豊富なキャリアアドバイザーやエージェントがサポートしてくれます。

非公開求人も多数取り扱っていますので、好条件な求人の紹介も期待できます。
メリットデメリット
  • 管理部門特化型エージェント界で求人数が豊富なため、希望条件に最適な職場に出会える
  • 求人の割合は非公開のものが90%
  • 創業30年の実績を生かした転職セミナー・サポートが充実
  • 地方の求人が少ないため、Uターン・Iターン転職には不向き
  • 未経験から応募出来る求人が少ない場合がある
MS-JAPANがおすすめな人
年収アップを目指している人
企業の具体的な内部情報を詳しく知りたい人
転職サイトやほかの就職支援サービスで希望の求人が見つからない人
MS-JAPANのサポート内容
登録のみ:〇
オンライン面談:〇
履歴書添削:〇
面接対策:〇
日程調整:〇
年収交渉:〇
土日対応:△※土曜日のみ対応可能
運営会社株式会社MS-Japan(エムエス ジャパン)
主なサービス(機能)
  • セミナー・個別相談会
  • 転職ノウハウ
  • 面接アドバイス
  • 個別面談
経理の公開求人数3,254件※2024年7月12日時点
拠点東京/横浜/名古屋/大阪
費用
無料

MS-JAPANを実際に利用した方の評判

経理_MS-JAPANを利用したときの年齢

MS-JAPANを利用した時の年齢で一番多かったのは、30代の56.6%ということがわかりました。

40代以降の利用者層も多く、ミドル世代の転職活動にも利用することが可能でしょう。

アンケート調査の詳細
MS-JAPANを利用したときの年齢回答割合
〜20代10.0%
30代56.6%
40代30.0%
50代〜3.3%

※利用したことのある人のみ回答
>>MS-JAPANに関するアンケート調査の詳細
>>MS-JAPANに関するアンケート調査概要

※参照:公式サイト

企業ごとの対策あり|ジャスネットキャリア

ジャスネットキャリア(点数化)

経理の公開求人数10点
サポート対応15点
利用実績10点
検索項目20点
対応エリア15点
総合得点

70点

ランキング根拠はこちら

おすすめポイント
  • 会計、税務、経理・財務分野特化型の転職エージェント!
  • 企業ごとに選考対策を受けることが出来る!
  • 診断や書類作成ツールを利用出来る
  • 完全無料で利用可能

ジャスネットキャリアは、5,000社以上の取引実績のある会計、税務、経理・財務分野特化型の転職エージェントです。

 経理職のための無料メルマガ「経理の薬」を配信しています。

例えば、「在宅ワークok求人特集」や「育児・試験勉強両立可能求人特集」「年収800万円以上求人」など幅広いテーマで求人特集を掲載しているので、希望条件が明確な方は求人特集から求人を探すのも便利です。

登録すれば、経理実務に役立つ通学セミナーの受講や、約200タイトルの動画の閲覧などのサービスが受けられます。非公開求人や企業HPでは読み取れない、“生の情報”を知れる点が魅力です。

模擬面談では、企業ごとの質問傾向の対策を受けられますよ。
メリットデメリット
  • 会計・税務・経理の転職に特化したエージェントが在籍
  • 正社員・契約社員・アルバイトなど雇用形態を選ぶことが出来る
  • エージェントを通さずに企業に直接応募が出来るため、スピード感のある転職がしたい方におすすめ
  • 東京・名古屋・大阪の求人がほとんどを占めている
  • エージェントの質が異なる場合がある
ジャスネットキャリアがおすすめな人
雇用形態を選びたい人
企業ごとに模擬面接がしたい人
経理職に役立つセミナーなどのサービスを受けたい人
ジャスネットキャリアのサポート内容
登録のみ:〇
オンライン面談:〇
履歴書添削:〇
面接対策:〇
日程調整:〇
年収交渉:〇
土日対応:-
運営会社ジャスネットコミュニケーションズ株式会社
主なサービス(機能)
  • 無料メルマガ
  • オンラインセミナー
  • キャリアプランの相談
  • 模擬面談や質問傾向の対策
経理の公開求人数

2,239件※2024年7月12日時点

拠点東京/大阪/名古屋
費用
無料

ジャスネットキャリアを実際に利用した方の口コミ・評判

経理_ジャスネットキャリアのメリット

ジャスネットキャリアのメリットでは、「経理の経験を活かせる求人が多かった」が40.0%、「経理ならではのサポートが役に立った」が30.0%など多くの声が挙げられました。

一方で、経理実務を学べるセミナーに参加出来るなど、未経験からでも経理を目指すこともOK!

ジャスネットキャリアの口コミ・評判
  • 30代(男性)/会社員

    士業関連専門のところであり、資格を取り立てでこれから働きたいという私にはぴったりでした。専門職を目指している人にはお勧めです。

  • 20代(女性)/会社員

    公認会計士や税理士、経理担当としての転職に特化しており、資格や経験を糧に転職することができると思いました。セミナーなどもあり、サービスが充実していると思います。

  • 50代(男性)/会社員

    ジャスネットキャリアを利用して、大手監査法人からFASコンサルに転職しました。エージェントの方は、面接対策などのサポートもしてくれて、とても助かりました。ジャスネットキャリアは、会計系の転職を考えている方におすすめです。

  • 20代(男性)/学生

    細かい対応は少し遅いと感じますが、企業情報を詳しく教えて貰えたり、面接対策をしっかりとしてくれたりと概ね良かったと言えます。

  • 40代(男性)/パート・アルバイト

    転職を真剣に考えていた私にとって、ジャスネットキャリアは新たな道を切り開く窓でした。情報量が豊富で、異業種の可能性に気づかせてくれました。専門的なサポートが受けられるのも魅力です。

  • 30代(男性)/会社員

    今までのキャリアを活かせるような職場を紹介してくれて同年代の担当の男性だったので自分の悩みを親身に聞いてくれて、キャリア いかせる職場を紹介してくれた!

  • 40代(男性)/会社員

    結構押しの強さを感じる事はありましたが、それでも熱心にサポートをしてもらえ短期間で転職する事ができたので、結果的にはとても助かりました。

  • 30代(男性)/会社員

    ジャスネットキャリアのエージェントは、会計、税務、経理・財務分野に特化した転職の知識が豊富で、各領域の専門性が非常に高いことが魅力です。

  • 40代(女性)/パート・アルバイト

    サポートがとても丁寧です。レスポンスは早いとは言えませんでしたが、ほかのサービスにはない求人があります。環境などを含め求人の質も高いです。

  • 40代(男性)/会社員

    求人要望を細かく伝えて、親身に聞いてくれました。通勤時間は要望してなかったですが、勤務地について遠いかなど考慮いただいてありがたいです。

アンケート調査の詳細
ジャスネットキャリアを利用してよかったところ回答割合
経理の経験を活かせる求人が多かった40.0%
経理ならではのサポートが役に立った30.0%
未経験でも申し込める求人が多かった23.3%
年収アップが叶った3.3%
初めての経理職への転職でも利用しやすかった
3.3%

※利用したことのある人のみ回答
>>ジャスネットキャリアに関するアンケート調査の詳細
>>ジャスネットキャリアに関するアンケート調査概要

出典:公式サイト

最短8日で内定!転職を急ぐ方|ヒュープロ

ヒュープロ(点数化)

経理の公開求人数10点
サポート対応15点
利用実績10点
検索項目10点
対応エリア15点
総合得点

60点

ランキング根拠はこちら

おすすめポイント
  • 士業・管理部門に特化した転職エージェント
  • 業界に精通したアドバイザーと二人三脚で転職を進められる
  • 短8日で内定をゲットした事例あり!スピード転職が出来る
  • 独自のマッチングシステムでミスマッチの発生を防止

ヒュープロ士業・管理部門・会計業界の特化型転職エージェントです。

特に会計士の方で会計事務所への転職を目指している方は会計業界サポートに特化したアドバイザー・エージェントが在籍しているため、ぜひ利用してみましょう。

 公式サイトの転職事例の中には、電話面談からたったの8日間で内定をゲットした利用者の事例も掲載されていました。

ヒュープロは独自のマッチングシステムから求職者の適性を見極め、求人を紹介してくれますので、求人のミスマッチが少ないのが特徴です。

士業・会計業界のキャリアに関するコラムも充実していますので、情報収集にも役立つサービスです。
メリットデメリット
  • 求人票ではわからない具体的な情報が手に入る
  • 面接回数が最短1回!スピーディーな転職活動におすすめ
  • 一人ひとりにベストマッチな求人をAIが選別
  • 地方の求人が少ない
  • 総合型と異なり求人数は少ない
ヒュープロがおすすめな人
スピード転職を希望する人
会計業界への転職を考えている人
応募企業とのミスマッチの発生を防ぎたい人
ヒュープロのサポート内容
登録のみ:〇
オンライン面談:〇
履歴書添削:〇
面接対策:〇
日程調整:〇
年収交渉:〇
土日対応:〇
運営会社株式会社ヒュープロ
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職コラム
経理の公開求人数3,107件※2024年7月12日時点
対応可能地域

【経理】東京・神奈川・埼玉・福岡

費用
無料

ヒュープロを実際に利用した方の口コミ・評判

経理_ヒュープロを利用したときの状況

ヒュープロの利用者層は、経理業界への転職が初めての人は56.6%と半数を占めていることがわかりました。

未経験からでも経理を目指せる求人が多数掲載されています!

ヒュープロの口コミ・評判
  • 20代(男性)/会社員

    ヒュープロを利用して良かった点は、面接対策が丁寧で求人の量が多く手探しやすかったです。キャリアアドバイザリーの肩の対応が良く、自身の足りない部分を詳しく聞きやすくとても利用しやすかったです。

  • 40代(男性)/パート・アルバイト

    メリット:ヒュープロを通じて、転職先を見つけることができました。スキルや希望条件に合った求人情報が多く、スカウトメールが有益でした。
    デメリット:求人情報の更新頻度が不定期であり、情報の鮮度を確保するために注意が必要です。

  • 30代(男性)/会社員

    AIとかを使っているため、自分のスキルに合った非公開求人が見れるという結構変わったところです。割といい求人も多いですし、新しいところの割には詳しい人も多いのでお勧めです。

  • 50代(男性)/会社員

    税理士試験を受けながら会計事務所で働きたかったので、ヒュープロに登録しました。ヒュープロは会計事務所の求人がとても多く、自分の希望に合った環境を選べました。担当の方も親切で、面接対策や履歴書添削などもしてくれました。

  • 20代(男性)/学生

    会計業界での転職を考えている人向けで、1点特化型なのでかなり質の高い求人が多いです。また、求人数も比較的多いので、選択肢は広くなります。

  • 30代(女性)/会社員

    会計業界の転職をメインターゲットにした転職エージェントとなっておりますので、女性の私でもスムーズに転職ができてよかったと思っています。

  • 40代(男性)/パート・アルバイト

    求人案件の幅広さが魅力で、業種ごとの詳細な情報が参考になりました。使いやすさと信頼性があり、転職の成功に近づけるサポートが充実しています。

  • 40代(男性)/会社員

    実務経験やスキルが条件になってくる求人ばかりだったので、経験が足りないとどうしても紹介すらしてもらえずハードルが高かったです。

  • 30代(男性)/会社員

    大手転職エージェントにはない会計業界の求人を、多数保有しています。 特に税理士の求人は充実しており、大手エージェントと公開求人数を比較しても引けを取らないことが分かります。

  • 40代(男性)/会社員

    将来独立も視野入れるともうちょっと中小企業に寄り添う案件で経験積みたいとおもって転職を決意して、地元10名ほどの会計事務所でしたが、将来の後継者候補として採用してもらえました。

アンケート調査の詳細
ヒュープロを利用したとき経理職への転職は初めてだったか回答割合
初めて56.6%
初めてではない43.3%

※利用したことのある人のみ回答
>>ヒュープロに関するアンケート調査の詳細
>>ヒュープロに関するアンケート調査概要

出典:公式サイト

経理の非公開求人が豊富|リクルートエージェント

リクルートエージェント(点数化)

経理の公開求人数20点
サポート対応20点
利用実績20点
検索項目

15点

対応エリア20点
総合得点

95点

ランキング根拠はこちら

おすすめポイント
  • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
  • 高年収の経理求人もあり
  • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 完全無料

リクルートエージェントは、各業界に精通したキャリアアドバイザーが内定獲得までをサポートしてくれる転職エージェントです。

提出書類の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業の具体的な情報の提供などの転職サポートが充実しています。

 経理の非公開求人はなんと1万件以上保有しています。

保有している経理・財務・会計の求人のなかには年収2,000万円を狙える求人もあります。年収アップ・キャリアアップも達成することが出来るでしょう。

転職成功ガイドでは、プロが教える!転職の進め方とポイントが公開されています。
メリットデメリット
  • 公開求人数・非公開求人数共に業界トップクラスなため、選択肢が多い
  • リクルートエージェント独自の転職サポートが充実
  • 転職支援実績No.1のサービス
  • サポート期間が3ヶ月と限りがある
  • アドバイザーによって質が異なる
リクルートエージェントがおすすめな人
転職活動を短期で行いたい人
今後のキャリアプランが明確な人
転職サイトや就職支援施設で希望の求人が見つからない人
リクルートエージェントのサポート内容
登録のみ:〇
オンライン面談:〇
履歴書添削:〇
面接対策:〇
日程調整:〇
年収交渉:〇
土日対応:〇
運営会社株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
経理の公開求人数5,042件※2024年7月12日時点
拠点

全国対応可

東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

費用
無料

リクルートエージェントを実際に利用した方の評判

経理_リクルートエージェントの5段階評価

リクルートエージェントの5段階評価では、星5が23.3%、星4が63.3%、星3が13.3%ということがわかりました。

業界最大級の非公開求人数を誇るため、希望条件に最適な求人に出会う可能性が高いでしょう。

アンケート調査の詳細
リクルートエージェントの5段階評価回答割合
★★★★★23.3%
★★★★☆63.3%
★★★☆☆13.3%
★★☆☆☆0.0%
★☆☆☆☆0.0%

※利用したことのある人のみ回答
>>リクルートエージェントに関するアンケート調査の詳細
>>リクルートエージェントに関するアンケート調査概要

出典:公式サイト

経理未経験向け|doda

doda(点数化)

経理の公開求人数20点
サポート対応20点
利用実績20点
検索項目

15点

対応エリア20点
総合得点

95点

ランキング根拠はこちら

おすすめポイント
  • 転職サイトと転職エージェントの機能を併用出来る!
  • 大手から中小企業・スタートアップ・ベンチャー企業まで幅広い求人を用意!
  • 年収査定で自分の給与相場がわかる!
  • 完全無料!

dodaは、大手・優良企業からベンチャー・スタートアップ企業、未経験者歓迎などの求人も多数保有している転職エージェントです。登録すれば、エージェント機能以外にもスカウトサービスを利用できます。

 職務経歴書の書き方完全ガイドでは、経理のサンプルテンプレートが公開されています。

通過率が上がる、 書類の書き方や面接対策を受けられるので、希望の内定を獲得可能です。

ほかにも転職で役に立つ転職ノウハウを学びながら転職を進められるので、選考通過率も上がりやすいでしょう。

経理の専門サイトでは、経理向けの合格診断や平均年収、転職市場予測、転職準備の流れなどが見れますよ。
メリットデメリット
  • 転職サイト・転職エージェント・スカウト機能まで利用出来るツールが充実
  • 年収査定を受けて自分の市場価値を知れる
  • エージェントのサポートが手厚く、転職が初めての方でも安心
  • スカウトメールの管理が大変
  • 求人数が多く、絞るのが難しい
dodaがおすすめな人
転職活動を短期で行いたい人
さまざまな求人の中から選択したい人
IT・Webエンジニア職の求人を探したい人
dodaのサポート内容
登録のみ:〇
オンライン面談:〇
履歴書添削:〇
面接対策:〇
日程調整:〇
年収交渉:〇
土日対応:※土曜日のみ対応
運営会社パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • スカウト
  • パートナーエージェントサービス
  • 転職ノウハウ
  • 転職Q&A
経理の公開求人数13,115件※2024年7月12日時点
拠点

全国対応可

丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

費用
無料

dodaを実際に利用した方の評判

経理_dodaを利用したときの状況

dodaの利用者層は、転職が初めての人は56.6%と約半数を占めていることがわかりました。

経理向けの合格診断や平均年収、転職市場予測、転職準備の流れなどの転職サポートが受けられるため、未経験の方でも安心でしょう。

アンケート調査の詳細
dodaを利用したとき経理職への転職は初めてだったか回答割合
初めて56.6%
初めてではない43.3%

※利用したことのある人のみ回答
>>dodaに関するアンケート調査の詳細
>>dodaに関するアンケート調査概要

出典:公式サイト

初めての転職におすすめ|マイナビエージェント

マイナビエージェント(点数化)

経理の公開求人数5点
サポート対応20点
利用実績20点
検索項目

15点

対応エリア20点
総合得点

80点

ランキング根拠はこちら

おすすめポイント
  • アドバイザーや担当者の対応がよく、親身に相談に乗ってくれる!
  • 各企業の情報を分析し、手厚い選考対策で内定率UP!
  • 経歴に自信がない方でも正社員転職が目指せる!
  • 全国の転職に対応!WEB面談もOK
  • 完全無料

マイナビエージェントは、全求人のうち非公開求人が80%の転職エージェントです。人気のリモートワーク、在宅勤務の求人もあります。

年収交渉や入社日調整まで、 内定後もバックアップしてくれるので、転職に慣れていない方も安心です。

 業界ごとに特設サイトがあり、経理の求人は「管理部門」で見れます。

経理を積極採用中の企業特集や経理の職務経歴書の書き方などが公開されているので、チェックしましょう。

職務履歴書ツールを利用すると、その職種に適した例文や書き方のポイントが表示されるため、習って作成すると書類選考通過率がアップしやすくなりますよ。

転職ノウハウでは、経理(経理事務)と財務の違いなどについて解説されていますよ。
メリットデメリット
  • 20代・未経験の転職に強みを持つ
  • 面談回数に制限なし!納得がいく転職が出来る
  • 非公開求人・独占求人ともに豊富
  • ハイクラス向け求人は少ない
  • エージェントのサポートの質に差がある
マイナビエージェントがおすすめな人
自己分析や書類の書き方など転職の基本からしっかりとサポートを受けたい人
地方で転職を考えている人
IT系職種を希望の人
マイナビエージェントのサポート内容
登録のみ:〇
オンライン面談:〇
履歴書添削:〇
面接対策:〇
日程調整:〇
年収交渉:〇
土日対応:△※土曜日のみ対応
運営会社株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
経理の公開求人数非公開
拠点京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡
費用
無料

マイナビエージェントを実際に利用した方の評判

経理_マイナビエージェントを利用したときの年齢

マイナビエージェントの利用者層では、20代が30.0%、30代が60.0%、40代が33.3%ということがわかりました。

マイナビエージェントでは経歴のない方でも転職を目指すことが可能であり、どの年代層の求人も数多く取り揃えています。

アンケート調査の詳細
マイナビエージェントを利用したときの年齢回答割合
〜20代30.0%
30代60.0%
40代33.3%

※利用したことのある人のみ回答
>>マイナビエージェントに関するアンケート調査の詳細
>>マイナビエージェントに関するアンケート調査概要

出典:公式サイト

役立つ業界の動向分析|KOTORA(コトラ)

KOTORA(点数化)

経理の公開求人数10点
サポート対応20点
利用実績10点
検索項目

10点

対応エリア10点
総合得点

60点

ランキング根拠はこちら

おすすめポイント
  • 金融や管理部門・バックオフィスの転職に強い!
  • 業界の動向を分析しながら、転職に役立つアドバイスをもらえる
  • 職務経歴書の添削も可能!
  • 提供サービスが豊富で全て無料で利用可能

KOTORA(コトラ)は、金融・管理部門・バックオフィス業界の実務経験者のサポートが受けられる転職エージェントです。

現場の詳細や空気感、ディテールを元に転職者と企業双方が満足できる高いマッチングを行っています。

 選べる職種が豊富なので、より専門的な希望に最適な求人を見つけられるでしょう。

企業の特徴からも求人を検索出来るので、漠然としたイメージで求人を探している方でも、理想的な求人が探しやすいです。

提供サービスも豊富で「人的資本の課題解決サポート」「Salesforce導入活用支援」「ハイクラスクラウドソーシングサービス」「ビジネス指向の実践型サーベイ」なども無料で利用できます。

メリットデメリット
  • 金融・管理職の転職に強みを持つ
  • 各業界に精通したコンサルタントが在籍
  • 年収アップ・キャリアアップを目指している方におすすめ
  • 業界の幅が狭い
  • 地方の求人が少ない
コトラがおすすめな人
年収アップ・キャリアアップを目指している人
実務経験がある人
エージェント機能以外のサービスも利用したい人
コトラのサポート内容
登録のみ:〇
オンライン面談:〇
履歴書添削:〇
面接対策:〇
日程調整:〇
年収交渉:〇
土日対応:-
運営会社株式会社コトラ
主なサービス(機能)
  • 面接ノウハウ
  • 転職体験記
  • 面接の質問事例
  • 業界情報/用語辞典
経理の公開求人数1,793件※2024年7月12日時点
利用可能地域東京/神奈川/埼玉/千葉/愛知/大阪/福岡/海外
費用
無料

コトラを実際に利用した方の評判

経理_コトラのメリット

コトラのメリットでは、「未経験でも申し込める求人が多かった」が33.3%と最も多くの声が挙がりました。

金融・管理部門・バックオフィス業界の実務経験者のサポートが受けられるため、未経験からでも安心して転職を進めることが出来るでしょう。

アンケート調査の詳細
コトラを利用してよかったところ回答割合
未経験でも申し込める求人が多かった33.3%
経理の経験を活かせる求人が多かった26.6%
経理ならではのサポートが役に立った23.3%
初めての経理職への転職でも利用しやすかった10.0%
年収アップが叶った
6.6%

※利用したことのある人のみ回答
>>コトラに関するアンケート調査の詳細
>>コトラに関するアンケート調査概要

出典:公式サイト

ミドル転職におすすめ|JACリクルートメント

JACリクルートメント(点数化)

経理の公開求人数5点
サポート対応20点
利用実績15点
検索項目

10点

対応エリア10点
総合得点

60点

ランキング根拠はこちら

おすすめポイント
  • ハイクラス・ミドルクラス転職でオリコン顧客満足度4年連続第1位※公式サイト
  • エグゼクティブな管理職転職に特化
  • 企業との強いパイプで管理部門の非公開求人を多数掲載
  • 手厚い面接サポートで高い面接通過率を誇る
  • 専任コンサルタントによる管理部門の転職市場動向を聞きながら転職を進められる

JACリクルートメントは、ハイクラス・ミドルクラスの転職を中心にサポートする転職エージェントです。ハイクラス・ミドルクラス転職でオリコン顧客満足度4年連続第1位を獲得した実績を誇ります。

 エグゼクティブな求人を中心に掲載しており、企業との強いパイプで管理部門の非公開求人を多数掲載しています。

非公開求人は好条件のケースが多く、JACリクルートメントでもほかの転職エージェントでは見られない好条件求人を見つけることが出来る可能性があります。

管理部門の専門知識を持ったコンサルタントが満足行くまで何度でも面接対策を行ってくれるため、面接の通過率が高く、内定までスムーズに進められるでしょう。

管理部門のプロが転職市場動向を見極めながら転職をサポートしてくれるのはJACリクルートメントならではですよ。
メリットデメリット
  • ハイクラス・ミドル向け転職エージェント
  • 年収800万円〜1,500万円の求人が多数掲載
  • 30〜50代の転職におすすめのサポートが充実
  • スキルや経歴が重視される
  • 地方の求人が少ない
JACリクルートメントがおすすめな人
専門性の高いスキルを保有している人
実務経験がある人
キャリアアップを目指す人
JACリクルートメントのサポート内容
登録のみ:〇
オンライン面談:〇
履歴書添削:〇
面接対策:〇
日程調整:〇
年収交渉:〇
土日対応:×
運営会社株式会社ジェイエイシーリクルートメント
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
経理の公開求人数925件
利用可能地域全国(世界11ヵ国、34拠点)
費用
無料

JACリクルートメントを実際に利用した方の評判

経理_JACリクルートメントの5段階評価

JACリクルートメントの5段階評価では、星5が6.6%、星4が73.3%と全体の約8割を占めていることがわかりました。

経理や管理職に精通したコンサルタントによるサポートを受けることが出来る点が高評価につながっていると考えられます。

アンケート調査の詳細
JACリクルートメントの5段階評価回答割合
★★★★★6.6%
★★★★☆73.3%
★★★☆☆20.0%
★★☆☆☆0.0%
★☆☆☆☆0.0%

※利用したことのある人のみ回答
>>JACリクルートメントに関するアンケート調査の詳細
>>JACリクルートメントに関するアンケート調査概要

出典:公式サイト

キャリアアップにおすすめ|LHH転職エージェント

LHH転職エージェント(点数化)

経理の公開求人数5点
サポート対応20点
利用実績10点
検索項目

15点

対応エリア20点
総合得点

60点

ランキング根拠はこちら

おすすめポイント
  • 各職種に精通したプロフェッショナルが集結
  • 企業との連携により具体的な情報を提供
  • 多国籍なコンサルタントによグローバルな求人紹介
  • 完全無料!

LHH転職エージェントは、専門職毎にその分野に精通するコンサルタントが在籍している転職エージェントです。

 経理部門では、年収100万円アップの転職に成功した事例も掲載されています。

経理・財務職の分野に精通したコンサルタントが、求職者のキャリアをしっかりと見極めるため、キャリアアップを伴う難易度の高い転職も数多くの成功実績を残しています。

LHH転職エージェントはグローバルネットワークがあるため、国内に留まらず、世界中の求人を紹介することができます。

経験豊富なコンサルタントと二人三脚で転職を進めることが出来るエージェントです!
メリットデメリット
  • 3人に2人が年収アップを実現
  • 10人に1人が年収1,000万円の転職に成功
  • 一気通貫型コンサルティングサービスによるベストマッチの実現
  • 対応拠点は東京・大阪・名古屋のみ
  • 地方の求人が少ない
LHH転職エージェントがおすすめな人
グローバルに働きたい
経理に特化したコンサルタントに相談したい人
年収アップを目指す人
LHH転職エージェントのサポート内容
登録のみ:〇
オンライン面談:〇
履歴書添削:〇
面接対策:〇
日程調整:〇
年収交渉:〇
土日対応:△※時間が取れるのが土日のみの方は相談可
運営会社アデコ株式会社
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • セミナー・個別相談会
  • 面接対策
  • コンサルタントブログ
経理の公開求人数411件※2024年7月12日時点
利用可能地域全国
費用
無料

LHH転職エージェントを実際に利用した方の評判

経理_LHH転職エージェントを利用したときの年齢

LHH転職エージェントの利用者層では、30代が50.0%で最も多いことがわかりました。

年収アップやキャリアアップを目的として利用する人が多いため、比較的年齢層が高いことが予想されます。

アンケート調査の詳細
LHH転職エージェントを利用したときの年齢回答割合
〜20代20.0%
30代50.0%
40代26.6%
50代〜3.3%

※利用したことのある人のみ回答
>>LHH転職エージェントに関するアンケート調査の詳細
>>LHH転職エージェントに関するアンケート調査概要

出典:公式サイト

経理のハイクラス転職|パソナキャリア

パソナキャリア(点数化)

経理の公開求人数10点
サポート対応20点
利用実績15点
検索項目

15点

対応エリア20点
総合得点

80点

ランキング根拠はこちら

おすすめポイント
  • 完全無料で利用出来る
  • 企業との取引実績28,000件以上※公式サイト
  • オリコン顧客満足度転職エージェント部門第1位
  • 年収アップに強い転職エージェント

パソナキャリアは、取引実績企業26,000社以上の実績がある転職エージェントです。オリコン顧客満足度(R)調査 転職エージェントでは、4年連続第1位(2019年〜2022年)を獲得しています。

年収700万円以上のハイクラス向け管理部門(経理・人事・法務など)向け の、転職アドバイザー逆指名サービスも用意されています。

 マンツーマンで 書類添削や模擬面接などを受けられます。

フューチャー株式会社」「アクセンチュア株式会社」「株式会社りそな銀行」「株式会社三菱UFJ銀行」などハイクラス求人も多数より扱いがあり、ハイクラスの非公開求人は71.0%もあります。※公式サイト

求人検索の方法は「条件検索」と「企業名検索」の2種類から選択出来るので、狙っている企業が明確な方は企業名から検索するとスムーズです。

転職成功体験者の声では、経理の転職事例が多数掲載されているので、見てみてくださいね。
メリットデメリット
  • 求人の約半数が「年収800万円以上」のハイクラス求人
  • 業界・職種ごとの最新の採用トレンドに精通したコンサルタントが在籍
  • 非公開求人が豊富なため、希望に最適な職場が見つかりやすい
  • サポート期間が6ヶ月と限られている
  • 未経験の業界への転職は難しい
パソナキャリアがおすすめな人
企画・マーケティング職を希望する人
次の転職先だけでなく今後のキャリアプランも含め支援してほしい人
子育てをしながら働きたい人
パソナキャリアのサポート内容
登録のみ:〇
オンライン面談:〇
履歴書添削:〇
面接対策:〇
日程調整:〇
年収交渉:〇
土日対応:※土曜日のみ対応
運営会社株式会社パソナ
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • スカウト
  • キャリアカウンセリング
経理の公開求人数2,226件※2024年7月12日時点
拠点

全国対応可

札幌/青森/盛岡/仙台/秋田/山形/福島/郡山西/茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京/神奈川/新潟/長野/山梨/静岡/愛知/三重/岐阜/富山/石川/福井/滋賀/京都/大阪/奈良/兵庫/和歌山/鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄

費用
無料

パソナキャリアを実際に利用した方の評判

経理_パソナキャリアの5段階評価

パソナキャリアの5段階評価では、星5が13.3%。星4が63.3%と全体の約7割を占めていることがわかりました。

約半数が年収800万円以上の求人であり、年収アップを目指したい方にもおすすめです。

アンケート調査の詳細
パソナキャリアの5段階評価回答割合
★★★★★13.3%
★★★★☆63.3%
★★★☆☆23.3%
★★☆☆☆0.0%
★☆☆☆☆0.0%

※利用したことのある人のみ回答
>>パソナキャリアに関するアンケート調査の詳細
>>パソナキャリアに関するアンケート調査概要

PickUp!特化型ハイクラス|WARC AGENT

WARC AGENT(点数化)

経理の公開求人数5点
サポート対応20点
利用実績5点
検索項目

5点

対応エリア15点
総合得点

50点

ランキング根拠はこちら

おすすめポイント
  • 勢いのあるベンチャー企業が多い
  • 大手企業からベンチャー・スタートアップ求人も多数取り扱っている
  • 公認会計士という専門スキルを活かせる求人が多数

WARC AGENTは大手企業とベンチャー・スタートアップ企業に特化した、管理部門の求人を多く取り扱う転職エージェントです。

中でも公認会計士の求人が多く、今で培ってきたスキルや経験を発揮し年収アップが狙えることもポイント。

 特化型の転職エージェントのため、公認会計士を目指している人とは相性が良いです。

IPO準備中の企業が約500社、年収1000万円以上の企業が3分の1など総合的に見てハイクラスを目指す人達におすすめできます。

WARC AGENT最大のメリットはハイクラス特化のサービスのため、全体の3分の1の企業の年収が1000万円を超えており、交渉代行の実績が多いため安心して年収アップを任せられることです。

ベンチャー企業も多く取り扱っており、いずれもIPO準備中など質が高いため、入社後も長期的にキャリアを築いていけます。

年収・キャリアのどちらも上を目指したいユーザーから高い評判を集めています。

メリットデメリット
  • 年収1000万円以上の求人が全体の3分の1
  • 年収・待遇の交渉代行の実績がある
  • 質の高いベンチャー企業の求人が多い
  • 未経験・スキルが浅い人はマッチしづらい
  • 職種の選択肢が少ない
WARC AGENTがおすすめな人

転職を考えている公認会計士
年収1000万円以上を目指している人
IPO準備など会社の成長を楽しみたい人

WARC AGENTのサポート内容
登録のみ:〇
オンライン面談:〇
履歴書添削:〇
面接対策:〇
日程調整:〇
年収交渉:〇
土日対応:-
運営会社株式会社WARC
主なサービス(機能)
  • キャリアカウンセリング
  • 求人紹介
  • 選考対策
  • 交渉代行
経理の公開求人数非公開
拠点東京
費用
無料
※出典:公式サイト

経理職向けの転職エージェントのおすすめの選び方

※専門家による監修済み

いざ経理に転職する際、転職エージェントはどのように選べば良いのでしょうか。ここでは経理転職におすすめのエージェントの選び方を3つ紹介します。ポイントを押さえて、転職活動を有利に進めましょう。

経理向け転職エージェントのおすすめの選び方
  • 特化型・総合型で選ぶ
  • 求人数を見る
  • 支援実績を見る

1.特化型・総合型で選ぶ

1-h3「1.特化型・総合型で選ぶ」

転職エージェントには、幅広い分野の求人を取り合う総合型と、経理の転職支援に特化した特化型の2種類があります。総合型には求人数が多い、大企業なのでサポートが手厚いなどのメリットがあります。

一方、特化型は経理の転職事情を熟知したキャリアアドバイザーのサポートが受けられる点がメリットです。

 総合型と特化型、どちらが自分に向いているかよく比較して検討するようにしましょう。

迷った時には、複数の転職エージェントの併用も便利です。

2.求人数を見る

2-h3「2.求人数を見る」

求人数は転職エージェントによってさまざまです。求人の数が多いほど、選択肢は広がります。

もし一般では公開されていない非公開求人が豊富であれば、質の高い求人に出会う可能性がアップするでしょう。

 未経験歓迎の経理求人が多いのか、即戦力を求める経理求人が多いのかもチェックすることが大切です。

キャリアアップを目指す方なら、ハイクラス向けの転職エージェントを選ぶのが便利です。

3.支援実績を見る

3-h3「3.支援実績を見る」

今までの経理の転職支援実績は一体どのようなものがあるのか、公式ホームページで見ることができます。転職成功事例や取引企業、転職支援者数などを比較してみましょう。

 特に転職成功者へのインタビューを見れば、利用後のイメージを明確に持てます。

自分と似ている経歴の方の転職事例がないか、ぜひチェックしてみてください。

経理業界専任のキャリアアドバイザーが担当してくれるエージェントなら、業界の動向などの内部情報を知れるメリットがあります。

経理に強い転職エージェントを利用するメリット・デメリット

ここでは、経理に特化した転職エージェントを利用するメリット・デメリットを以下の表にまとめました。

メリット
  • 非公開求人・独占求人を紹介してもらえる。
  • 転職サポートが無料で受けられる。
  • 内定後も年収・入社日交渉をしてもらえる。
  • 社風や残業時間など内部情報を知ることが出来る。
デメリット
  • 担当のキャリアアドバイザーとの相性が合わない場合もある
  • 未経験で応募出来る求人が限られてくる

経理に強い転職エージェントを利用した場合、「非公開求人を紹介してもらえる」「転職サポートが無料で受けられる」などのメリットがある一方、「キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合がある」などのデメリットも挙がりました。

転職エージェントによっては、担当のアドバイザーを変更出来る制度もあるため、希望に沿わない場合はその旨をしっかりと伝えましょう。

また、自身のキャリアプランや希望条件を細かく提示することで、アドバイザーとのミスマッチの発生を防ぐことができますよ!

未経験から経理職の転職を成功させるコツは?

4-h2「未経験から経理職の転職を成功させるコツは?」

※専門家による監修済み

経理の仕事は専門性が高く、経験がないと転職が難しいのではないか?と思う方もいるでしょう。しかし、実際に未経験から経理の転職を成功させている方はたくさんいます。コツを踏まえれば未経験からでも、経理職への転職は十分可能です。

未経験から経理を目指すコツは主に以下の2つがあります。
未経験から経理職の転職を成功させるコツは?
  • 未経験歓迎の求人に応募する
  • 事業規模が大きい会社を選ぶ
  • 仕事内容が細かく分かれている会社を選ぶ

未経験歓迎の求人に応募する

5-h3「未経験歓迎の求人に応募する」

企業によっては、未経験歓迎の求人があります。経験者を求める求人に比べればハードルが下がるので、採用されやすい可能性が高いです。

しかし、未経験歓迎の求人はライバルも多く、しっかりと自己アピールをする必要があります。

 なぜ未経験から経理の仕事を目指しているのか、明確に説明できなければなりません。

もし、日商簿記の資格を取得しているなど、アピールポイントがあれば強いでしょう。

事業規模が大きい会社を選ぶ

6-h3「事業規模が大きい会社を選ぶ」

事業規模が小さい会社の経理は、一人でこなす業務内容が幅広く、未経験から対応するのは大変です。

一方、事業規模が大きい会社なら、担当業務が細分化されており、未経験でも仕事を覚えやすいメリットがあります。

仕事内容が細かく分かれている会社を選ぶ

仕事内容が細分化されている会社を選ぶことで、部分的に業務に携わることができ、採用される確率が上がります。

業務が細分化されていることで、大量の仕事内容になることを防ぎ、未経験者でもチャレンジしやすい環境といえるでしょう。

また、業務人数が狭まるため、上司とコミュニケーションが取りやすくなるという点もメリットの1つです。

経理の経験者にいつでも相談出来る環境は、未経験者にとっては大切ですね!

経理職転職でのおすすめ転職エージェント利用の流れ

※専門家による監修済み

7-h2「経理職転職でのおすすめ転職エージェント利用の流れ」

経理転職の流れをまとめると以下のようになっています。

経理向け転職エージェント利用の流れ
  1. 転職エージェントに登録する
  2. アドバイザーとの面談
  3. 求人を紹介してもらう
  4. 気に入った求人があれば募集する
  5. 選考に進む

それでは、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

1. 転職エージェントに登録する

8-h3「1. 転職エージェントに登録する」

まずは、自分の気になる転職エージェントに登録しましょう。申し込みの際に、以下の項目を記入する必要があります。

登録に必要なキャリア情報
  • メールアドレス
  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所
  • 職業
  • 年収
  • 面接希望日程 など

記入ミスや無記入などがあると申し込みできない場合もあるのでしっかり確認しましょう。

2. キャリアアドバイザーとの面談

9-h3「2. キャリアアドバイザーとの面談」

事前に希望した面接日程をもとにキャリアアドバイザーとの面談が設定されます。基本的にキャリアアドバイザーとの面談で話す内容は以下の通りです。

面談内容
  • 転職活動の現状確認
  • 職業経歴
  • 希望の業界、業種
  • 転職先の希望条件
  • 悩み相談
  • 求人紹介

経理転職の知識や情報に優れているキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので、分からないことや悩み事は面談で聞いておくと良いでしょう。

面談での情報をもとにアドバイザー側が自分に合った求人を選んでくれるので、自分のことは細かく正直に話しましょう。

3. 求人を紹介してもらう

10-h3「3. 求人を紹介してもらう」

キャリアアドバイザーとの面談が終わったら、キャリアアドバイザーがその情報をもとに自分に合う求人を紹介してくれます。

 転職エージェントでは一般的には公開されていないレアな非公開求人を紹介してもらうこともできます。

転職エージェントを利用することで、自分では探せなかった求人が見つかる可能性も十分にあるので、より広い選択肢の中から仕事を選ぶことが出来るでしょう。

また、転職エージェントによって紹介される求人も異なるため、複数社のエージェントを利用して選ぶこともおすすめです。

4. 気に入った求人があれば応募する

11-h3「4. 気に入った求人があれば応募する」

キャリアアドバイザーは企業の社風や年収、業務内容など、ホームページ上だけでは分からない企業の詳しい情報も提供してくれます。

自分の満足のいく求人があったら積極的に応募しましょう。

気に入った求人がなかった場合は正直にキャリアアドバイザーにその旨を伝え、別の求人を紹介してもらいましょう。

5. 選考に進む

12-h3「5. 選考に進む」

求人に応募したらいよいよ選考に進みます。

 基本的に、選考の流れは書類選考→面接→内定になります。

転職エージェントでは応募手続きから履歴書書き方や添削面接練習なども全てキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

第3者から客観的に見てもらうことで、自分では気づきにくい視点のアドバイスがもらえることでしょう。

経理の転職におすすめな人の特徴

13-h2「経理の転職におすすめな人の特徴」

経理に転職後、長期的に活躍出来る人にはそれぞれ共通項があります。

これから経理へ転職を検討している人は、事前にどのような人が活躍出来るのか把握して、自分の転職活動に活かしましょう。

正確性のある人

14-h3「正確性のある人」

まずはじめに経理に向いている人として挙げられるのは正確性のある人で、業務上ミスが許されなかったり、細かい作業が多い経理では、その慎重さが最大限発揮されるでしょう。

日々会社の経費や決算など重要な業務が任されるため、スピードも大事ですがそれ以上にミスなくそつなくタスクをこなせる人は経理の適正があります。

 会社の重要な業務を担う経理は、責任感ややりがいのある仕事の一つです。

また実際に経理として活躍する人は正確性があったり、几帳面な人が多いため、物事に細かく取り組める人が馴染みやすい一面もあります。

入社する際の適性はもちろんですが、その後長期的に活躍することを考慮しても、正確性のある人は経理として大きく成長が出来る可能性を秘めているでしょう。

スピードや勢いよりも、目の前の仕事を一つずつこなしていける人が経理として活躍できます。

計画的に業務を進められる人

15-h3「計画的に業務を進められる人」

次に経理に向いている人材としては、計画的に業務を進め、案件の進捗管理がうまく出来る人が挙げられます。

経理業務においては社内外問わず多くの締め切りがあり、場合によっては期限が過ぎてしまうと重大な事態になるケースも珍しくありません。

 経理において進捗管理業務はとても重要なため、全体とうまく連携し案件を進める能力が求められます。

自分自身の案件管理もそうですが、チーム全体や会社全体を巻き込み、ディレクションを取っていく能力も必要です。

そのため視野が広く、一度に複数の業務をこなせるマルチタスク能力も合わせて求められるでしょう。

前職でもスケジュールや案件の管理、工程管理などマネジメントスキルを発揮した経験があると有利になります。

数字に強い人

16-h3「数字に強い人」

最後に挙げられる特徴が数字に強い人です。

イメージの通り、経理業務では決算や経費など日々数字を取り扱います。

 数字周りのミスが、最終的に大きな問題に直結することも少なくありません。

単純な計算能力ももちろんですが、エクセルのような表計算ソフトの使用など、日々数字と関わることが多い経理。

もし苦手意識なく、淡々と数字と向き合える人であれば、経理として必ず求められるスキルを身につけ成長出来るでしょう。

根本的に数学が得意な人や、表計算ソフトの使用経験のある人などが経理に向いています。

経理職の転職を成功させるコツ・おすすめポイント

17-h2「経理職の転職を成功させるコツ・おすすめポイント」

※専門家による監修済み

企業の中の管理部門として欠かせない役割である経理は、求人数も多い分人気の企業はすぐに埋まってしまうこともあります。

ですので、この機会に経理の転職を成功させるコツを押さえ転職活動に備えましょう。

経理の転職を成功させるコツ
  1. 説得力のある志望動機をつくる
  2. 経理の転職時期を把握する
  3. 転職エージェントを利用する

1.説得力のある志望動機をつくる

18-h3「1.説得力のある志望動機をつくる」

企業側は、志望動機の部分で自社への理解度や入社意欲を確認しています。そのため、応募した企業でなぜ働きたいのかを明確にする必要があります。

 経理未経験者であれば「なぜ経理を目指すのか」も説明できなければなりません。

事前の企業研究はもちろん、自分は経理として会社にどう貢献出来るのかといった、企業側が一緒に働きたいと思えるような志望動機を準備しましょう。

志望動機の例文

経理のスキルを身に付けたいと思い、仕事をしながら日商簿記2級の資格を取得しました。前職の飲食店では、店舗の責任者として売上の記帳・仕入や経費の管理・アルバイトの勤怠管理など、さまざまな経理業務を担当してきました。前職で培った経理業務経験を生かして、御社を経理の面で支えたいと考えております。

2.経理の転職時期を把握する

19-h3「2.経理の転職時期を把握する」

経理の求人数が一番集中する時期は1~2月です。日本企業は3月末決算の企業が多く、税務申告期限の5月末までの4月・5月が決算業務となります。

 多くの企業経理が繁忙期となる4月手前の1~2月に求人募集を行います。

求人案件が多い時期に狙いを定めて転職活動を行うことで、より希望に合った転職先を見つけられる確率が高くなります。ただし、企業によって繁忙期はこの限りではありません。

3.転職エージェントを利用する

20-h3「3.転職エージェントを利用する」

転職エージェントを利用すれば、転職活動を総合的にサポートしてくれるので、自分で調べる手間が省け、効率よく転職活動が行えます。

経理の求人が出るタイミングや面接や履歴書の書き方も転職エージェントではすべてを把握しているので、転職活動において何をしたらいいか分からないという問題はなくなるでしょう。

転職活動を満足させるためにも、是非転職エージェントの利用を参考にしてみてくださいね。

経理職に転職する際の注意点

21-h2「経理職に転職する際の注意点」

経理へ転職する際、事前にいくつか気をつけておくべきポイントがあります。

以下で詳細をそれぞれ解説していくので、経理へ転職を考えている人は参考にして対策を立ててみて下さい。

会社の事業内容を把握しておく

22-h3「会社の事業内容を把握しておく」

経理の仕事内容は基本的にどの企業に属しても大きく変わらないため、その会社がどのような事業を展開しているか把握すると良いです。

入社後に会社の事業的に魅力を感じなかったり、そもそものビジョンに共感ができないと早期に転職を繰り返す可能性もあります。

 転職前に事業内容や、会社のビジョン、ミッションをリサーチしておきましょう。

会社の事業内容や全体の指針は、入社後に自分で変えられるケースはそうありません。

そのため、入社後に困らないためにも事前にリサーチし、自分の考えや指針と合う企業を選ぶことが重要です。

コーポレートサイトはもちろん、面接時の逆質問で書くにすると良いです。

経営状況を確認する

23-h3「経営状況を確認する」

経営に深く携わる経理の場合、その企業の経理状況の確認しておくことが重要です。

経営状況が良くないと、経理として入社しても業務が立て込んだり、なかなかスムーズに仕事を進められない懸念もあります。

 入社してから困らないように、有価証券報告書などのIR情報をチェックしておくようにして下さい。

もしも経営状態や売上が低下しているなど、問題が見つかればすぐに転職せず、一旦考えてみても良いでしょう。

入社後のイメージを鮮明にするためにも、事前にIR情報はリサーチしておくことが必要です。

会社の経営に直結する経理では、会社全体の経営状況を把握しておくようにしてください。

人間関係を調べる

24-h3「人間関係を調べる」

最後のポイントは、入社前にメンバーや社風など、内部情報を把握することです。

特に人間関係については、入社後に発覚してもどうにもならないため、転職エージェントを利用し内部情報をチェックしましょう。

 アドバイザーの情報量次第で、ネット上に公開されていない内部情報も共有してもらえます。

経理は社内のチームで業務を進めることが多いため、日々同じ顔ぶれでの仕事が続きます。

だからこそ、円滑な人間の中で仕事を進めるためにも、転職エージェントと連携を取り事前に人間関係などの内部情報を把握した上で求人をチェックしていきましょう。

人間関係や労働環境など、自分で変えることが難しい部分は、事前の下調べに力を入れましょう。

【経理職転職の参考に】経理の転職で役立つ資格

25-h2「【経理職転職の参考に】経理の転職で役立つ資格」

※専門家による監修済み

経理としての転職をスムーズに進める方法のひとつとして、資格の取得がおすすめです。以下の資格を持っていれば、企業にスキルがアピールできます。

経理の転職に役立つ主な資格
  • 日商簿記検定
  • 公認会計士
  • 税理士
  • BATIC(国際会計検定)
  • 経理・財務スキル検定(FASS検定)
  • 給与計算実務能力検定
  • ファイナンシャルプランニング技能検定(FP技能検定)

国家資格から民間資格まで、さまざまな難易度の資格があります。ひとつずつ見ていきましょう。

日商簿記検定

26-h3「日商簿記検定」

日商簿記検定とは、簿記検定の中でも一番有名な資格で取得していると経理の仕事をする上でとても役立ちます。

 簿記とは会社の経営活動を記録・計算し、経営の面で会社を管理する技能です。

日商簿記検定はその習得度ごとにレベル分けして技能を測る検定試験です。レベルは1級、2級、3級、初級の4つの級があり、難易度は以下のようになっています。

日商簿記検定の級ごとの難易度

初級:簿記の仕組みや基本用語を理解する

3級:ビジネスレベルの社会人に必要な知識を身に付ける

2級:財務諸表の数字を読み解く力を身に付ける

1級:会計士、税理士などの国家資格を目指す方向けであり、合格すると税理士試験の受験資格が得られる

履歴書や転職などで記入出来るのは3級からで、経理未経験の方や初めて受験する方は3級から目指す方が多いです。

日商簿記検定の資格を持っていれば、経営管理能力に優れているということが証明でき、経理を担当する上での信頼にもつながるでしょう。

スキルで言うと、簿記2級を取得していると履歴書で評価されやすいと言われています。

公認会計士試験

公認会計士試験

公認会計士とは、会計の専門家として、会計や監査、税務、コンサルティングなどを行います。公認会計士になるには、公認会計士試験の合格が必ず必要です。

大学で経済学を学んできた人は資格取得が有利でしょう。

簿記の資格を取得してから公認会計士の勉強を始める人も多いと言われています。

税理士

27-h3「税理士」

税理士とは国家資格を持った会計・税務のプロフェッショナルとして、企業の税務・会計業務の管理を行います。

税理士と公認会計士はどちらも業務が似ていますが、以下のような違いがあります。

公認会計士税理士
独占業務税務業務調査業務
クライアント大手企業中小企業
受験資格
(年齢・学歴等)
特になし・大学、短大、高等専門学校を卒業、もしくは専修学校の専門課程を修了し、法律学および経済学に属する科目を1科目以上取得している人
・大学3年以上の学生で、法律学および経済学に属する科目を含め62単位以上を取得している人 など※そのほかにも条件が多く存在

BATIC(国際会計検定)

28-h3「BATIC(国際会計検定)」

BATIC(国際会計検定)は会計を英語で理解することが出来る人を対象とした、英語での会計処理を行う能力を測る検定試験です。

日商簿記検定の英語版と捉えることもできます。

結果は400点満点のスコア制で決まり、得点に応じて照合が付与されます。

認定基準
  • 初級レベル(50%)・・・Entry
  • 中級レベル(80%)・・・Middle
  • 上級レベル(90%)・・・Advanced
経理のプロとして、グローバルに活躍したい方にはおすすめの資格です。

経理・財務スキル検定(FASS検定)

29-h3「経理・財務スキル検定(FASS検定)」

経理・財務スキル検定(FASS)検定とは、経済産業省によって開発された、経理や財務スキルを測る検定試験です。

結果は合否ではなくA~Eの5段階評価で行われます。自分の経理や財務スキルを測るのには適している検定です。

レベルスコア評価
A689点~経理・財務分野の業務全体を正確に理解し、経理・財務部門の業務を遂行できる能力がある。
B641点~688点経理・財務分野のほとんどの業務を理解し、業務を遂行できる能力がある。分野により知識の正確さに個人差はあるもの適切に対応できる能力がある。
C561点~640点経理・財務分野で日常の業務を行うための基本的なスキルが身についているが、自己の経験以外の業務への対応力について差が見られる。日常の業務であれば、業務を理解して支障なく対応できるスキルをもっている。
D441点~560点分野によって知識の正確性に差があり不十分な部分が多いが、支援を受けながら、最低限の業務を行うスキルをもっている。
E~440点経理・財務分野について、部分的にしか理解できていない。今後の努力を期待する。

給与計算実務能力検定

給与計算実務能力検定

給与計算実務能力検定とは、企業の経理や総務部門において、給与計算業務に関する知識と実務能力を測る資格です。

 給与計算とは、従業員の給付支給額を計算する業務で、従業員の手取り額を計算します。

給与計算実務能力があれば、企業の中の重要な業務の1つである給与計算業務を任されることもあるでしょう。

ファイナンシャルプランニング技能検定(FP技能検定)

30-h3「ファイナンシャルプランニング技能検定(FP技能検定)」

FP技能検定は、経産省が開発した経理・財務の実務に特化した検定です。資産・決算・税務・資金、の4つの分野から出題されるため、日商簿記よりも実務的なスキルが身につきます。

 結果発表は合否ではなく、それぞれの分野をA~Eの5段階評価されます。

実践的な内容の出題と分野ごとの5段階評価で、受験者の課題が一目でわかる検定です。そのため、FASS検定を人材育成の一環として受験推奨する企業も増加しています。

扱っている分野が幅広いのであらゆるお金のエキスパートとして活躍することができるでしょう。

TOEIC

31-h3「TOEIC」

外資系企業やグローバル企業に就職した場合は、TOEICのスコアが必要になるでしょう。また、英語が得意でTOEICのスコアがあればほかの応募者との差別化を図れることが期待されます。

自分の得意分野があれば、それに特化した資格を持つことでキャリアアップが目指せるでしょう。

【経理職転職の参考に】経理業界の転職事情は?

32-h3「経理の転職事情」

※専門家による監修済み

経理とは、日々の入出金管理や記帳、決算などを行う仕事です。 経費の精算や、経営成績と財政状態を表す試算表の集計など、さまざまな業務があります。

経理職はどの業界・会社にもなくてはならない仕事であり、あらゆる業種にニーズがあります。

経理の転職事情

経理は黙々とPCと向き合って作業するイメージを持つ方もいるでしょう。しかし、経理の仕事では、コミュニケーションスキルが必要です。

ほかの部門から相談を受けた時に経理の目線でアドバイスができれば、頼りにされるでしょう。

求人数は比較的多め

さまざまな業種でニーズのある仕事であるため、求人数が多く転職先が見つかりやすい特徴があります。

 首都圏の企業の経理であれば、年収600万円以上の求人も少なくありません。

年齢が若くても、経験やスキルがあればキャリアアップが目指せる職種です。

経理の転職に関するよくある質問

※専門家による監修済み

経理への転職は経験がなくても可能?

可能です。経理というと、経験がないと転職できないイメージがあるかもしれませんが、未経験者歓迎の求人も多数あります。未経験からの経理への転職を希望する人は、未経験可の求人に応募しましょう。

経理の求人に強い総合型の転職エージェントは?
大手・優良企業から、未経験者歓迎などの求人も多数保有しているdodaが良いでしょう。経理の専門サイトでは、経理向けの合格診断や平均年収、転職市場予測、転職準備の流れなどが見れます。登録すれば、スカウトサービスを利用できます。
経理の求人に強い特化型の転職エージェントは?
創業21年の経理人材に特化した経理エージェントがおすすめです。取引実績は1,000社以上あり、求人案件の90%以上が経理実務者を求める企業です。経理専門のベテラン・エージェントが担当してくれるので、安心して活動できます。
経理の仕事とは?
経理とは、日々の入出金管理や記帳、決算などを行う仕事です。 経費の精算や、経営成績と財政状態を表す試算表の集計など、さまざまな業務があります。どの業界・会社にもなくてはならない仕事であり、あらゆる業種にニーズがあります。
経理の転職事情は?
経理は黙々とPCと向き合って作業するイメージを持つ方もいるでしょう。しかし、経理の仕事では、コミュニケーションスキルが必要です。ほかの部門から相談を受けた時に経理の目線でアドバイスができれば、頼りにされるでしょう。
経理の求人数は?
さまざまな業種でニーズのある仕事であるため、求人数が多く転職先が見つかりやすい特徴があります。首都圏の企業の経理であれば、年収600万円以上の求人も少なくありません。年齢が若くても、経験やスキルがあればキャリアアップが目指せる職種です。
経理転職エージェントの選び方は?
幅広い分野の求人を取り合う総合型と、経理の転職支援に特化した特化型のどちらが自分に向いているか、比較して検討しましょう。一般では公開されていない非公開求人が豊富であれば、質の高い求人に出会う可能性がアップします。
未経験から経理を目指すコツは?
企業によっては、未経験歓迎の求人があります。経験者を求める求人に比べればハードルが下がるので、採用されやすい可能性が高いです。しかし、未経験歓迎の求人はライバルも多く、しっかりと自己アピールをする必要があります。

まとめ

この記事では経理の転職におすすめの転職エージェントを総合型・特化型にそれぞれ分けて紹介しました。経理職の求人数やサービス内容、支援実績などを比較して自分に合うものを選びましょう。

経理の転職に役立つ資格やスキルも解説しているので、経理の転職におすすめの転職エージェントと併せて参考にしてみてください。

経理の転職事情や業務内容に詳しいキャリアアドバイザーなら、具体的なアドバイスを受けることができます。

将来のキャリア設計を行いつつ、希望に合った職場を見つけましょう。

執筆者 転職ベストプラス編集部
『転職ベストプラス』では、ユーザーの「仕事」を軸に、「転職」「就職」「退職」「資格」の関するあらゆる情報を発信する比較メディアです。
『転職ベストプラス』では、新しい仕事へ踏み出すで生まれる「不安」に対して、さまざまな情報を発信し、ひとりひとりにとって最良な選択を手助けする情報を提供するために、最新で有益なコンテンツ制作を日々行っています。
※詳しくはコンテンツポリシーをご覧ください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。