リクサス LP画像
取材・インタビュー

本気で向き合う転職エージェント「リクサス」独自インタビュー!

今の仕事は自分には合っていない気がする…、転職したいけどどんな職場ならいいのかわからない、そんな悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。

人材紹介会社「リクサス」は、生き方に悩みを抱える20代から40代の求職者を中心に、「本気で」寄り添って「正しいお仕事」を探す転職支援を行っています。

今回転職ベストでは、リクサスの独自インタビューを行い、リクサスというサービスを深堀りして紹介していきます。

宮本 祐亮さんの顔写真

代表取締役社長
宮本 祐亮

大学卒業後、教育系ベンチャーに入社し営業統括を経験。
営業統括経験度、独立し人材紹介事業を手掛ける。

その後独立、失敗を経てホームレスへ。 苦しい状況であったが親友の助けを経て復活し、自分と 徹底的に向き合い、自分らしく生きること、そのために 働く(キャリア)の問題解決に寄与していきたいと考え 人材ベンチャーへ2人目の社員として入社。
プレイヤーとして、約4,000名のキャリアアドバイザーの アワードで個人賞を2回受賞。 その後フリーランスのキャリアコンサルタントとして独立し、 外部役員を経験したのち、30歳を機に2018年3月に起業。
IT/WEB/不動産を中心とした人材紹介事業を中心に手掛け、 現在は、エージェント業界にはびこる「負」を解決すべく SaaSモデルの自社プロダクトの開発・販売も行う。

転職ベストプラスのお約束
本コンテンツで紹介しているサービスは、厚生労働省委託事業の職業紹介優良事業者認定制度・一般財団法人 日本情報経済社会推進協会のプライバシーマーク制度のいずれかもしくは両者に参加しています。また、厚生労働省の有料職業紹介事業(許可番号:13-ユ-307073)として許可を得ています。そして、コンテンツ内で紹介しているサービスの一部もしくは全てに広告が含まれております。ただし、広告が各サービスの評価に影響をもたらすことは一切ございません。当サイトは、読者の皆様が公正な評価や情報をもとに、より良い選択ができるよう尽力しております。本コンテンツは株式会社ONEが管理を行っております。転職エージェントおすすめランキングは、求人数の多さやサービスの使いやすさ(検索項目数)、対応可能エリア(拠点数)、利用実績、利用者の口コミなどを基準にし、独自に点数化にしております。詳しくは、転職ベストプラスの運営方針広告ポリシーをご確認ください。
広告ガイドライン
本記事では、不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)を参考に、景品類等の指定の告示の運用基準一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示のガイドラインに基づいた形式で広告を掲載しています。
本記事では、消費者庁アフィリエイト広告等に関する検討会報告書「アフィリエイト広告の意義」のガイドラインに基づいた形式で広告であることを明記しています。
各転職エージェントの評価は消費者庁景品表示法に基づき、公式サイトの情報・利用者の口コミや評判を元にランキング化しており、ユーザー方々がより良いサービス・商品を選べるよう尽力しています。

リクサスとはー「正しいお仕事のマッチング」をサポートする会社

ーリクサスはどんなサービスを提供しているのですか?

リクサスは人材紹介サービスを提供しています。企業にとっては「ほしい人材のマッチング」、求職者にとっては「正しいお仕事のマッチング」をサポートする会社です。

リクサスが紹介する求人の特徴とその強みとは?

ーリクサスが紹介する企業や求人にはどんな特徴があるのですか?

カケハシHR、チリョウカHR、タッケンHRというHuman Relationship事業を展開して、3つの業種の事業を豊富に扱っています。

リクサスが扱う3つの領域
  • カケハシHR:IT分野のベンチャー企業
  • チリョウカHR:接骨院
  • タッケンHR:不動産関連企業

ー3つの業種の特徴はなんでしょうか?

カケハシHRは、主に東京都内に顧客が多いです。年齢は20代中盤~40代。年収は 500~1500万円のゾーンがメインで、10名以下のベンチャーから上場企業まで幅広くクライアントを保有しています。

一方でチリョウカHRは、地方まで幅広く全国にクライアントが広がっています。年齢層は同じく20代中盤~40代で、月給20万~40万の間が多いです。個人院も、グループ院も対応しています。

タッケンHRも同じく地方まで幅広く全国にクライアントが広がっています。年齢層は同じく20代中盤~40代で、年収は 300万~700万 程度です。こちらも、中小企業から、上場企業まで幅広く対応しています。

新卒ではなく中途に多く力をいれ、専門的に対応しているそうです!

ーリクサスにしかない非公開求人や独自求人などは掲載しているのですか?

 掲載はしておらず、企業から直接もらっている求人を、紹介できると判断できた方にのみ提案をさせていただいております。そのため、WEB上では、情報を得ることは基本的にできないです。

 リクサスは基本的に求人の紹介がメインで、ウェブ上で掲載は行っていません。

ーIT業界・不動産業界・治療系業界の転職サイトとしてリクサスの強みはなんでしょうか?

リクサスの強み
  • マッチング後の継続率が高い
  • 利益のためのマッチングを行わない
  • 求職者の生きていきたい生き方に近づけるために寄り添ったコンサルティングを行う

求職者一人ひとりにじっくりと向き合ったマッチングがリクサスの魅力のようですね。

リクサスはどんな流れで利用する?

ーリクサスを利用して内定までのフローを教えてください。

 問い合わせ→初回面談→書類選考→通過企業の面接対策(複数)→内定→内定後のケア

このような流れが内定までのフローとなります。

ー面談はどんな面談方法でどれくらいの時間行われるのですか?

電話、オンライン、対面、LINE 全て対応しています。

基本的に求職者様の希望に合わせています。時間に関しても、必要であればしっかり対策を行うこともありますし、生産性高くポイントのみ整理することもあります。

例えば、多忙で要点だけ知りたい方に対して、善意でも長く対策を行うことは迷惑になるため、シンプルにやるなど、全ては求職者にとって一番良い形になるという観点にもとづいて設定するようにしています。

柔軟に対応してもらえるため、忙しい方も、時間をかけて取り組みたい方も安心できますね。

ー内定後のケアというのは、入社後どれくらい受けることができるのですか?

定期的に連絡させていただいております。

ご希望などにより、短くなるケースもございますが、一度支援させていただいた求職者様は、ご縁をいただいている大切な方でもございます。そのため、たまに食事をしたりもしながら、数年単位でお付き合いさせていただいているケースも多いです。

求職者の本当の生き方を見つける「独自のペルソナパッチングシステム」

ー「独自のペルソナマッチングシステム」とは求職者のどのような部分を見て分析しているのですか?

求職者の本当に思っている生き方。これが正しく表現できたり、思考できている求職者は多くありません。漠然と思っている目標が場合によっては実は自分のほしい行き方とずれていることもありえます。

そのため、求職者の「目には見えず、本人が認識できていないかもしれない部分」をしっかり知ることに重点を置き、分析を行っています。

このような寄り添うコンサルティングと、売上ではなく相手を知るための会話を通じて、ともに整理し、正しいマッチングにこだわってお手伝いを行っております。

プロのコンサルタントと一緒に自分の考えを整理することで、本当に自分がどうしたいかを発見することができますね。

「独自のペルソナマッチングシステム」は面談で求職者から聞いた内容をもとに、面談担当者が分析を行うというイメージでしょうか?

さようでございます。

社内には数多くの、面談データが蓄積されています。エージェントは様々な求職者を支援してきているので、そのようなノウハウを活かすことができます。

これまでの背景知識のもと、実際に求職者と対話した際の印象、雰囲気、背景、思考、価値観などをしっかり引き出しつつ、分析を行っております。

ーここだけは他社にはない独自サポートだと思うポイントなどがあればお聞きしたいです。

弊社のスタンスかと思います。

弊社は支援途中でも、「違うと判断したらこれ以上選考を進めることをおすすめしない」こともあります。また、支援が難しい場合にはしっかり理由を申し上げお断りもしています。

つまり、ただの収益源ではなく、本当に求職者を救うことを大事にしています。

世の中には無数のデータベースから、キーワードで引っかかった求人を数多く求職者に渡し、この中で気になるものを選んでくださいと、ただの伝達と推薦を機械的に行い、自然と内定の流れになったら手続きを進めるような、本当に「紹介」だけをしている業者は無数に存在しています。

弊社の使命は求職者様に「正しい生き方」を見つけてあげること、企業に「欲しい人材」を紹介し、健康にさせることだと思っております。

おそらくそれが、弊社を信頼してくださる企業様が多くなった、また、求職者様のリピートもとても多い理由ではないかと思っております。

客観的な意見をもらうことができるのは転職活動において大きなメリットですね。

人材紹介管理システム「LaS」で時短かつ最高の価値を生み出す

LaSのLP画像

ー人材紹介管理システム「LaS」はどんなサービスなのですか?

LaSは、人材紹介業における全てのプロセスを一つのツールで完結できるようにする、人材紹介特化の管理ツールです。

人材紹介コンサルタントが管理すべき変数は多く、管理に追われて本当にやるべき仕事ができないことが多々あります。さらに、その管理にも様々なツールを使うことがあるため、生産性が低くなる事が多々あります。

これは人材紹介業者が、PCやデータの活用に強くないという事実が原因ですが、PCスキルを向上させるために、時間を使う必要があるかという疑問も生まれます。

そこでリクサスは、本当に求職者を助けたい人材紹介業の皆様が、最短で最高の価値を生み出せるように、管理をオールインワンで完結できるLaSを開発し、普及しています。

「人材紹介業のオールインワン業務システム LaS」HPより

正しい分析とマッチングで平均年収他社対比153%を維持

ー利用者の平均年収が他社対比153%の高水準な理由は何ですか?

求職者の希望、能力、ビジョンと、会社側の採用要件と将来性を、正しく分析してマッチングを行っているためです。ニーズと能力が正しくマッチするため、未来への活躍も正しく描けるようになります。

また、LIXASの早期退職の少ない正確なマッチングは企業からの信頼を集め、年収交渉を有利にする土台にもなっています。これがさらに次の信頼を生み出すことで良いサイクルが形成され、結果的に高年収のマッチングに成功できる確率が高まっています。

企業側のニーズも詳しく知っているリクサスだからこそ、早期退職の少ない正確なマッチングが実現するんですね。

リクサス公式サイトより

これまでの経験を活かして転職したい人に選ばれるリクサス

ーリクサスを利用する人はどの年代が多いですか?

20代後半~40代の方が多いです。ある程度社会人前半の経験を終えて、転職にチャレンジする中途社員が多いです。

ーリクサスはどのような人に利用してもらいたいですか?

自分らしい「生き方」を見つけるために精一杯頑張っている方や、真剣に人生の生き方で悩んでいる方に利用してほしいです。

現在働く中で「生き方」で悩んでいる方はリクサスで転職を考えてもいいかもしれません。

リクサスの信念とは?

ーリクサスが求職者をサポートしていく中で大切にしていることは何ですか?

少し重複しますが、まずは、正しい「生き方」をしっかり見つけて言葉で整理できるようになること。その次は、納得のできる「生き方」を実現できるロードマップを描ける環境を見つけること。

求職者と私たちの相互で納得ができ、求職者自身が自ら決断を下せる状態になるまで噛み砕いて、次にいく決心をもてるようになること。

求職者様をサポートしていくうえで、このようなことを大切にしています。

求職者の人生に寄り添うサポートを大切にしているのですね。

今回お話を伺ったサービス「リクサス」

リクサス LP画像

おすすめポイント
  • 売り上げのためでなく、「本気」で向きあうサポート
  • 独自の「ペルソナパッチングシステム」で正確なマッチングを実現
  • 平均決定年収612.5万、他社対比153%の高水準を維持

リクサス公式サイトより

執筆者 転職ベストプラス編集部
『転職ベストプラス』では、ユーザーの「仕事」を軸に、「転職」「就職」「退職」「資格」の関するあらゆる情報を発信する比較メディアです。
『転職ベストプラス』では、新しい仕事へ踏み出すで生まれる「不安」に対して、さまざまな情報を発信し、ひとりひとりにとって最良な選択を手助けする情報を提供するために、最新で有益なコンテンツ制作を日々行っています。
※詳しくはコンテンツポリシーをご覧ください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。