即日退職アイキャッチ
退職代行

即日退職は違法?認められるケースや注意点、退職の流れも徹底解説!

正社員であってもパートやアルバイトであっても、即日退職そのものは違法ではないと言えます。

やむを得ない事情がある場合や勤め先との合意のある場合は、法律上でも即日退職が認められているためです。

ただ民法627条1項によると「雇用は、解約申込ののち2週間を経過したるに因りて終了する」と定められています。

基本的には退職は2週間前までに、勤務先へ申し出なければいけないということになります。

 そのためやむ負えない事情がない限り、即日退職は法律違反となる可能性があるので注意が必要です。

そこでどんなケースで即日退職が認められるのか、詳しく解説しているのでぜひ把握しておきましょう。

出典:e-Govポータル(第六百二十七条)

すぐに仕事を辞めたい方、即日退職を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること
  • 基本的に退職は2週間前に伝える必要がある
  • 止む終えない事情があれば違法ではない
  • 体調不良の場合は企業側も即日退職を認めざるを得ない
  • 即日退職は退職代行を利用しよう
転職ベストプラスのお約束
本コンテンツで紹介しているサービスは、厚生労働省委託事業の職業紹介優良事業者認定制度・一般財団法人 日本情報経済社会推進協会のプライバシーマーク制度のいずれかもしくは両者に参加しています。また、厚生労働省の有料職業紹介事業(許可番号:13-ユ-307073として許可を得ています。そして、コンテンツ内で紹介しているサービスの一部もしくは全てに広告が含まれております。ただし、広告が各サービスの評価に影響をもたらすことは一切ございません。当サイトは、読者の皆様が公正な評価や情報をもとに、より良い選択ができるよう尽力しております。本コンテンツは株式会社ONEが管理を行っております。転職エージェントおすすめランキングは、求人数の多さやサービスの使いやすさ(検索項目数)、対応可能エリア(拠点数)、利用実績、利用者の口コミなどを基準にし、独自に点数化にしております。詳しくは、転職ベストプラスの運営方針広告ポリシーをご確認ください。
広告ガイドライン
本記事では、不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)を参考に、景品類等の指定の告示の運用基準一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示のガイドラインに基づいた形式で広告を掲載しています。
本記事では、消費者庁アフィリエイト広告等に関する検討会報告書「アフィリエイト広告の意義」のガイドラインに基づいた形式で広告であることを明記しています。
各転職エージェントの評価は消費者庁景品表示法に基づき、公式サイトの情報・利用者の口コミや評判を元にランキング化しており、ユーザー方々がより良いサービス・商品を選べるよう尽力しています。

【雇用形態別】即日退職ができるケース

働くうえで、正社員や契約社員、あるいはパート・アルバイトといった雇用形態があります。それぞれで即日退職が可能となるケースは異なるため、事前に確認しておきましょう。

正社員の場合

正社員の場合

正社員の場合は、基本的には法律で定められているため退職をする2週間前には勤務先に対して申告しなければいけません。しかし、以下の場合は例外となる可能性があります。

即日退職が認められる場合
  • 退職日まで有休を消化する
  • 退職日まで欠勤扱いにする
  • 勤務先の合意を得る

正社員の場合、退職をする2週間前までに申告をしなければいけませんが、厳密に言うと出勤はしなくても良いです。つまり、有休を使い退職日まで休みを取得すれば即日退職が可能となります。

 有休は制度を使い休んでいるため、会社には在籍しています。つまり、退職ではないことから法律に沿っているのです。

なお、退職日まで欠勤とすることで出勤する必要がなくなるため、実質退職をしたことにもできます。

また、勤務先が2週間という期間を待つことなく退職を認めてくれた場合は、違法とならず即日退職が可能です。

契約社員の場合

契約社員の場合

契約社員の場合は雇用期間が定められているため、原則としてその期間が満了するまで退職は不可となります。しかし、以下のケースでは即日退職が認められる場合がゼロではありません。

即日退職が可能なケース
  • 勤務期間が1年以上(※1)
  • やむを得ない理由がある(※2)
  • 勤務先が退職を認めてくれた

労働基準法第137条では、期間の定めがある労働契約者は1年を経過したらいつでも申し出ることで退職できるとしています。つまり、1年が経過した時点でいつでも辞めたいときに辞められるのです。

 勤務先の人材状況などによっては猶予を設けられる可能性もありますが、それを押し切って辞めたとしても法律違反ではありません。

ただし、お世話になった勤務先にお願いされると断りにくい可能性は否めません。きちんと折り合いがつくまで話をすることが大切です。

民法第628条では、雇用期間を定めた場合でもやむを得ない事由があるときは、契約を直ちに解除できるとしています。理由としては、心身の病気や両親の介護などが挙げられます。

法律による定めはあるものの、契約社員も勤務先が認めてくれた場合は即日退職が可能です。

※1:e-Govポータル
※2:e-Govポータル

パート・アルバイトの場合

パート・アルバイトの場合

パート・アルバイトとして働く人の場合、雇用期間が定められていない場合は正社員と同じく有休消化といった方法により即日退職が可能となります。

また、雇用期間が定められている場合は、契約社員と同様に1年以上の勤務期間があれば即日退職が可能です。やむを得ない事由がある場合も、すぐに辞められます。

 雇用期間の有無に関わらず、勤務先から了承を得た場合は法律違反となることなく即日退職が可能です。

不明点がある場合は、必ず雇用主に確認してみましょう。

もしくは、雇用契約書に退職に関する規定が記載されているためチェックしてみてください。

体調不良を理由に即日退職は可能?

法律的に可能

法律的に可能

仕事をすぐに辞めたくない場合でも、体調不良となれば仕方ない部分があります。法律的に見ても、体調不良での即日退職は特に違反とならず問題はありません。

 基本的には退職をする2週間前に申し出をするといった決まりがありますが、体調不良は例外となります。

体調不良での即日退職は、民法第628条に該当します。体調不良はやむを得ない事由となるため、直ちに契約を解除することが可能です。

出典:e-Govポータル

体調不良の場合は企業側も認めざるを得ない

体調不良の場合は企業側も認めざるを得ない

体調不良というやむを得ない事由とはいえ、企業側からすると急に辞められると人材不足や引継ぎの問題など、さまざまな支障をきたします。

しかし、体調不良を理由に即日退職する人を、無理に引き止めることはできません。執拗に引き止めると、労働基準法第5条に該当する恐れがあります。

 労働基準法第5条では強制労働の禁止が定められており、労働者の意思に反して労働を強制してはいけません。

強制労働を強いると法律違反になるため、無理に引き止められないのです。また、引き止めを何度もすることでストレスとなり、体調の悪化によって不利益を被る可能性もあります。

そのため、企業側としては以下の対策を取ってくる場合が考えられるでしょう。

主な対策
  • 休職制度の利用を促す
  • 有休により一時的に休養するよう促す

福利厚生制度を使って一度休みを取り、復帰を検討するよう促される可能性はゼロではありません。また、有休がある場合も同様に、しばらく休養を取ってから復帰を求められる場合もあります。

自分が辞めたいと感じている場合、決して体調不良による即日退職は法律違反ではないため、心配せず辞めることをきちんと伝えましょう。

出典:e-Govポータル

パワハラによる即日退職は違法?

上司から日常的にパワハラを受けていて、即日退職をしたいと考えている方も多いと思います。

結論から言うと、パワハラによる即日退職は違法ではありません

そこで以下の記事では、パワハラを受けた際の即日退職の方法や対処法を解説します。

パワハラによる即日退職は違反ではない

パワハラで即日退職をした場合、法的に問題ありません。

民法627条1項による「雇用は、解約申込ののち2週間を経過したるに因りて終了する」という定めはあくまでも会社側に非がないケースを指します。

 また、労働基準法第5条では強制労働の禁止が定められており、労働者の意思に反して労働を強制してはいけません。

そのためパワハラなどの労働環境は、即日退職が認められる可能性が高いです。

しかしパワハラを認めさせる決定的な証拠がない場合など、実際にパワハラをめぐって長期で裁判が行われているケースもあるため、注意が必要です。

パワハラを受けた際の対処法

実際にパワハラを受けた際、即日退職以外にも以下のような対処法があります。

対処法
  • 会社の窓口や人事担当者に相談する
  • 外部の相談窓口に相談する

外部の相談窓口には、厚生労働省に設置されている「総合労働相談コーナー」やパワハラなどの案件を取り扱っている弁護士事務所などがあります。

即日退職以外の対処法も確認しておきましょう。

即日退職ができないケース

転職を考えたり、すでに内定が決まっている場合、即日退職を希望するケースもあるでしょう。

しかし、以下のようなケースでは即日退職が難しい場合もあるので事前に把握しておくようにしてください。

即日退職ができないケース
  • 大きなプロジェクトの途中
  • 退職日の2週間以内
  • 会社ごとの労働規則に則っていない
  • 会社都合の場合

大きなプロジェクトの途中

大きなプロジェクトの途中

即日退職を希望するも、大きなプロジェクトの途中であれば会社側の判断として難しいケースも少なくありません。

特にマネージャー、リーダークラスとなると引き継ぎもできない場合があり、退職を希望してから実現するまで時間がかかってしまうでしょう。

 法律上退職日の2週間前に申請すれば良いのですが、会社の状況によって柔軟な対応が求められます。

特に中小企業で人が少ない場合や、ニッチな業界で代わりがきかないようなプロジェクトの場合は要注意。

事前に申請しても引き止められ、最終的に退職日が数カ月先になってしまうこともありえます。

即日退職を希望するのであれば、まずは会社内の状況も気にしながら進めると良いでしょう。

退職日の2週間以内

退職日の2週間以内

次に、退職日の2週間以内になってしまうと民法上、即日退社が難しくなってしまいます。

民法627条では、「雇用の期間に定めがないときは、解約(=退職)の申入れから2週間が経過すると雇用契約が終了する。」と定められていますが、裏を返すと、「2週間以内ならすぐに雇用契約を終了しなくても良い」という捉え方も可能です。

 柔軟な会社でも、2週間以内の申請で即日退職は厳しいでしょう。

会社は組織として機能しているため、1人が抜けるとなると引き継ぎや後任者を探すなどそれなりの時間を要します。

そのため、いくらホワイト企業であっても2週間以内の申請では即日退社が難しいと認識しておくと良いです。

急な退職希望は会社にも影響を与えます。今後の関係地を考慮しても、最低でも2週間前には退職の意向を伝えることをおすすめします。

会社ごとの労働規則に則っていない

会社ごとの労働規則に則っていない

前述では「原則2週間以内に退職の意向を伝える」ことが重要と解説しましたが、退職の申告に関しては会社ごとに規則が異なります。

逆に言うと即日退社が可能な会社もあれば、就業規則として1カ月前に申告する義務があるケースも存在します。

 就業規則は入社時に文書で交わされるため、事前に確認しておくようにしてください。

いくら法律上2週間以内に退職ができると決まっていても、労働規則のもと契約を交わし入社していると即日退社は簡単ではありません。

退職をスムーズに行う上でも、自社の労働規則はしっかりと把握しておきましょう。

退職時にいざこざがないよう、労働規則や書面上の契約はすぐに確認できるよう保管しておきましょう。

会社都合の場合

会社都合の場合

最後のケースは会社都合で、いわゆる「ブラック企業」に多いケースです。

会社都合で引き止められるケース
  • 後任者が不足している
  • 全体的に人材が足りていない
  • 仕事が属人化している
  • プロジェクトが重要なフェーズである

後任がいなかったり慢性的な労働不足といった課題を抱えている企業の場合、そもそも退職がスムーズに行かないケースも珍しくありません。

 退職日の引延しや無理な引き止めにあうことも考慮しましょう。

最悪の場合即日どころか、退職自体が難航しせっかく獲得した内定が無駄になってしまうことも。

もしも独力での退職が難しい場合は退職代行サービスを利用し、スムーズな退職を目指すと良いでしょう。

法律を覆す引き止めにあうと自力での退職が難しいです。転職代行サービスを利用し、プロに任せることも視野に入れて動くと良いでしょう。

即日退職をする際の注意点

2週間前には退職の意思を示すことが重要

2週間前には退職の意思を示すことが重要

 

退職をする場合、基本的に2週間前には意思を勤務先に対して示すことが重要です。2週間前の申告は法律で定められているため、守らなければ法律違反となります。

 ただし、心身の病気や両親の介護などやむを得ない事由、あるいは勤務先が合意してくれた場合は例外扱いとなるため把握しておきましょう。

早めに辞める意思を伝えることは法律違反とならないだけではありません。勤務先に対して、なるべく迷惑をかけずに退職することにも繋がります。

自分が抜ける代わりを誰かに任せられるよう、引継ぎを行うことが本来あるべき姿と言っても過言ではありません。また、企業は人材を採用するための時間を確保できます。

お世話になった勤務先の負担を軽減できるよう、思いやりのある行動を取ることもトラブルなく辞めるうえで重要です。

出典:e-Govポータル

無断欠席をしない

無断欠席をしない

即日退職をするにあたって、欠勤をするという方法もあります。しかし、それはきちんと勤務先に連絡を入れていることが大前提です。

 仮に出勤をしたくないからと言い無断欠勤を続けた場合は、損害賠償・懲戒解雇のリスクがあるため注意しなければいけません。

無断欠席は就業規則を違反していることになるため、何かしらの処分が下る可能性は極めて高いでしょう。このようなペナルティは、今後の人生に悪影響を与えてしまいます。

処分が下った場合のデメリット
  • 退職金がもらえない場合がある
  • 転職時にマイナスな印象を与えかねない

懲戒解雇となった場合、本来は受け取れるはずだった退職金がもらえない可能性は否めません。退職金はそれなりの金額となるケースが考えられるため、今後の人生において大きな痛手です。

また、懲戒解雇はイメージとして明らかに悪印象となるため、転職する際に内定率を下げることに繋がりかねません。懲戒解雇の事実を隠していると、経歴詐称にもなります。

無断欠席は何一つ良いことがない行為です。後々の影響も考え、きちんと勤務先への連絡は行いましょう。

即日退職をする際の流れ

即日退職をする際の流れ

即日退職をするにあたって、どのように進めれば良いかわからない人は少なくないでしょう。企業によって異なる場合もありますが、基本的には以下となります。

即日退職の基本的な流れ
  1. 上司に退職する旨を伝える
  2. 有休を消化する
  3. 退職手続きをする

1.上司に退職する旨を伝える

即日退職をする際は、まず上司に対して辞めることを伝えましょう。なお、基本的には退職する2週間前までに申し出る必要があります。

上司あるいは雇用主に対しては、直接口頭で伝えることが基本と言えるでしょう。ただし、各勤務先により決まりは異なる場合があるため、それぞれのやり方に従ってください。

申し出の方法に関しては、特に法律で定められていないため自由です。ビジネスマナーを意識すると、直接伝える方が無難と言えるでしょう。

 今では直接口頭で伝えるだけでなく、電話やメールなどで退職する旨を伝えることが可能な場合もあります。なかにはLINEでのやり取りもゼロではありません。

メールなど文面で退職することを伝える場合は、勤務先に対して配慮をしつつ辞めたいという想いを伝えましょう。その際、メールでの連絡となることをお詫びする一言を添えるべきです。

口頭でも文面にしても、ただ辞めることを伝えるだけでなくきちんと配慮をする必要があります。

2.有休を消化する

有休が残っている場合に限りますが、退職日までの間に消化しましょう。有休が残っている場合は、すべてを消化するため実際の退職日よりも前に最終出社日を迎えることになります。

上司に退職する旨を伝えた際に、有休を消化することもきちんと伝えましょう。

3.退職手続きをする

最後に、退職に関する手続きをします。なお、退職手続きはただ退職願を提出するだけでなく、勤務先に対して返却するものや受け取らなければいけない書類などがあるのです。

勤務先に返すもの一例
  • 健康保険証
  • 社員証・社章・名刺
  • 定期券
  • 業務用の携帯電話
  • 保有する書類・データ

また、なかには会社の経費で購入したものを使用していた場合もあるため、それらも退職する際は返却しなければいけません。

勤務先から受け取る書類について

退職をするにあたって、勤務先からは以下の書類を受け取らなければいけません。

受け取る書類
  • 離職票
  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票

離職票や雇用保険被保険者証といった書類がなければ、失業保険を受け取れないといった問題に発展します。

 次の仕事が決まっていれば不要ですが、何もしていない期間の金銭面をカバーするうえで、失業保険は極めて重要です。

よって、勤務先を去る際には必ず必要書類を受け取るようにしましょう。

即日退職をするなら退職代行サービスの利用もあり

即日退職をするなら退職代行サービスの利用もあり

即日退職をするにあたって、なかなか自分から辞める旨を言い出せないという人も少なくありません。その際は、退職代行サービスの利用がおすすめです。

退職代行サービスとは、その名の通り退職することを本人に代わって勤務先に伝えてくれるものとなります。

 会社から引き止められると断り切れない、上司との関係が悪いため切り出せないなど、さまざまな悩みを抱えている人をサポートしてくれます。

今まで何度か退職する旨を伝えたにも関わらず、なかなか辞めることに至らない状況に苦しむ人にとっては大変心強いサービスです。なお、利用において基本的には以下の流れで進みます。

退職代行サービス利用の流れ
  1. 相談・申し込み
  2. 料金支払い
  3. 担当と打ち合わせ
  4. 企業に連絡し交渉
  5. 退職を実行
  6. アフターフォロー

なお、相談については電話やLINEなどで気軽に行えます。

利用方法は決して難しくないため、自分で伝えられない場合は退職代行の活用も検討してみましょう。

即日退職ができる!退職代行サービスおすすめ5選

退職代行ガーディアン退職代行Jobs辞めるんです退職代行ニコイチ退職代行ネルサポ
退職代行ガーディアン退職代行Jobs
辞めるんです
退職代行ニコイチ
退職代行ネルサポ
料金(税込)29,800円
  • シンプルプラン:27,000円
  • 安心パックプラン:29,000円※労働組合加入費2,000円含む
27,000円27,000円24,000円※キャンペーン価格適用
対応時間365日可能な限りいつでも対応24時間対応24時間365日24時間365日*電話受付は7:00〜23:3024時間対応
相談方法
  • LINE
  • 電話
  • LINE
  • メール
  • 電話
  • LINE
  • 電話
  • LINE
  • メール
  • 電話
  • LINE
  • メール
  • 電話
 

退職を決意しても退職を伝えることはなかなか言い出しにくく、ハードルが上がります。

退職の一連の流れを代行してほしい方は、退職代行を利用してスムーズに退職することもおすすめです。

ここからはおすすめの退職代行を紹介します。

ガーディアン

ガーディアン

おすすめポイント
  • 東京都労働委員会に認定されている法適合の合同組合が行っている!
  • 就業規則の期間未満でも即日から退社可能!
  • 一律料金・追加費用なし!
  • 会社に連絡しないで退職できる!
  • 辞められなかった経験なし・確実に退職できる!※公式サイト

ガーディアンは、退職率100%の実績の実績を誇る、東京都労働委員会に認定されている法適合の合同組合運営の退職代行です。法律に則ってトラブルなく確実に退職できます。

東京都労働委員会に認定されている法適合の合同組合の退職代行は、一般企業とは異なり、代理または交渉を行えることが法律で定められているため、安全性にも優れています。

 雇用形態・地域・年齢などで料金は変わらず一律で、追加費用も一切かかりません。

就業規則で○ヶ月前に申告となっている場合でも、当日対応してくれるため、相談した当日から出社しなくても大丈夫です。

退職に伴う会社への連絡もガーディアンが全て代行してくれるため、会社や上司、社長と直接連絡を取る必要がありません。退職届の提出貸与品などの返却も郵送で対応してくれます。

依頼者の状況や意向に沿って円満に退社できるようにサポートしてくれます。

ガーディアンを使用するメリット・デメリット

ガーディアンを使用するメリット
  • 低費用で安心のサービスが受けられる
  • 法適合の労働組合なのでリスクがない
  • 登録すれば即日出社不要で、迅速な退職が可能
  • 確実に退職ができる

退職代行ガーディアンでは、追加料金が一切かかることなくサービスを受けることができます。護士団体などと比べると費用も安く済みます。

また、東京都労働委員会に認定された法適合の労働組合なのでリスクも少なく安心して使用することができます。

即日対応可能なサービスのため、登録すれば即日出社する必要はありません。退職に伴う会社への連絡なども全て代行してくれます。

最大の特徴は退職率100%の実績です。退職できないことがない、と断言しているので早期の退職を考えている人はガーディアンを使用すれば間違いないでしょう。

ガーディアンを使用するデメリット
  • 返金保証がない
  • 転職サポートなどのアフターケアがない

ガーディアンは、転職サポートなどのアフターケアがありません。退職に関してはサポートを受けることができますが、転職は自身で進める必要があります。

また、実績の高さゆえに退職できなかった場合の返金保証が設定されていません。

万が一のことを考えるとマイナスに思えますが、退職率100%であることを考慮すると返金保証がないことも頷けます。

ガーディアンの基本情報

利用料金29,800円(税込)
返金保証
弁護士監修
即日退職
運営組合東京労働経済組合
ガーディアンの口コミ・評判
  • 40代 男性

    夜中のLINE相談でもレスポンスが早くて親身になってもらえましたし、退職代行はもちろん退職をしたい理由まで相談する事が出来たので、とても助かりました。

  • 20代 女性

    雇用形態や地域を問わず、一律29,800円(税込)で対応して下さりました。追加料金の発生もなく、安心して任せる事が出来ました。

  • 40代 男性

    会社と連絡を取ることなく退職できたので、精神的な負担が大きく軽減されました。費用はかかりましたが、それだけの価値はあったと思います。

  • 30代 男性

    ガーディアンは、東京労働経済組合が運営している退職代行サービスなので、会社への退職を伝える代行をしてくれるだけではなく、退職手続きのサポートや会社との未払いの残業代、有給休暇の交渉などもしてもらうことができたのはとても良かったです。

  • 20代 女性

    仕事の内容で悩み別の業界に転職したくて、こちらの退職代行サービスを利用しました。口コミで見かけた通り、スムーズに辞められたので良かったです。新しい職場では順調に進んでいるので結果的に満足しています、、

  • 30代 男性

    メリットは、即日対応と低価格です。デメリットは、転職サポートがないことです。私の場合は、すぐに会社を辞めたいという強い希望があったため、ガーディアンのサービスは満足できました。

出典:公式サイト

辞めるんです

辞めるんです

おすすめポイント
  • 実績件数約7,000件・退職率100%!※公式サイト
  • 24時間・即日対応!
  • 追加料金無しで相談回数・電話回数無制限!
  • 業界初「後払いサービス」開始!
  • 有給を消化して円満退社できる!

辞めるんですは、実績件数7,000件、退職率100%の実績を誇る退職代行です。顧問弁護士監修の指導を受けてコンプライアンスを厳守したサポートが受けられます。

費用は全て定額制で27,000円で、追加料金もありません。相談回数・電話回数も無制限となっているため、不安な部分も納得できるまでしっかり相談に乗ってくれます。

 相談は24時間いつでも受け付けており、LINEで気軽に相談することができます。

会社との連絡は辞めるんですが代行してくれるため、退職するまで会社と依頼者が直接連絡を取ること必要はありません。退職依頼してから出社しなくても問題はありません。

また、業界初の「後払いサービス」が受けられます。会社に退職届がしっかりと受理されたのを確認してから報酬の請求になるため、最後まで安心して任せられます。

退職後のアフターフォローまで追加料金なしで対応してくれますよ。

辞めるんですを使用するメリット・デメリット

辞めるんですを利用するメリット
  • 業界初の後払いサービスで退職後の入金が可能
  • 実績件数7000件、確実な退職が実現
  • いつでもLINEで相談できる
  • 未払い賃金交渉が可能

辞めるんですは業界初の後払いサービスを行っています。退職まで料金を払うことなくサービスを受けることができ、退職届が受理されたのちに料金を支払うことができるので安心です。

実績件数は7000件退職率も100%を誇る退職代行サービスです。確実に退職を実現したい方におすすめです。

いつでもLINEで相談できるので不安や悩みを解消することができます。電話での相談やチャットの相談は回数が無制限なのでいつでもどんな悩みでも気軽に相談できます。

また、未払い賃金に関する正確なデータがある場合には労働組合と連携して勤務先へ請求することも可能です。

辞めるんですを使用するデメリット
  • 退職代行の実行日決定後のキャンセルは料金の支払いが必要
  • 電話での応対がチャットサービスより劣る

辞めるんですは後払いサービスを適用していますが、退職代行の実効日決定後のキャンセルは料金を支払う必要があります。

退職ができなければ料金を支払わないで済むわけではないので、誤解しないようにしましょう。

また、辞めるんですでは電話での相談も受けていますがLINEでの相談サービスほどのクオリティは求められません。

基本的にはチャットで相談を行い、どうしても文面では表しきれない場合に電話を使用するとスムーズでしょう。

辞めるんですの基本情報

利用料金27,000円(税込)
返金保証
弁護士監修
即日退職
運営会社LENIS Entertainment株式会社
辞めるんですの口コミ・評判
  • 30代 男性

    辞めるんですを利用して良かった点は、「料金の支払いが後払いだった」ところです。会社の退職が無事成功してから料金の支払いになるので安心して料金を支払うことができました。この業界では後払いはここだけなのでおすすめです。

  • 20代 女性

    別の業界に転職する際にこちらの退職代行サービスを利用させていただきました。迅速かつ丁寧な対応で安心して利用することが出来、希望していた業界へ無事に転職することができたので結果的に良かったです。

  • 40代 男性

    担当の方は常にレスポンスが早かったので、それだけ話が進みやすくて助かりましたし、依頼から退職代行までスピード感をもって対応してもらえたので、ストレスに感じることがなかったです。

  • 30代 男性

    料金が27,000円と比較的安く、手続きが簡単でスムーズでした。退職が決まってからの後払いなので安心して利用することができました、

  • 20代 女性

    後払いに対応していただけるため、手元にお金がない場合でも即日退職が叶います。スマホ一台あれば相談することが出来るので、助かりました。

  • 50代

    電話で個人情報を伝え、その後代行サービスと会社とのやり取りのみですべて終わらせてくれました。基本個人に連絡しないように伝えると連絡は来ないのでいいです。

出典:公式サイト

退職代行ニコイチ

退職代行ニコイチ

おすすめポイント
  • 退職代行実績19年・業界NO,1!※公式サイト
  • 転職成功率100%※公式サイト
  • 即日退職可能!有給消化サポート!
  • 追加料金一切なし・全額返金保証あり!
  • 円満退社に向けた密な打ち合わせで退職の全てを任せられる!

退職代行ニコイチは、退職代行実績19年、転職成功率100%の実績を持つ、信頼を安全の退職代行です。円満退職に向けたサポートが手厚いという特徴があります。

料金は一律27,000円(税込)で追加料金は一切かかりません。万が一、退職できなかった場合は全額返金保証も受けられます。

 ネガティブな退職ではなく、ポジティブな退職を掲げているため、円満退社に向けて密な打ち合わせのもと退職を代行してくれます。

24時間何度でも無料相談をLINEにて受け付けています。円満退社ができるように何度も確認・すり合わせができる点はメリットです。

もちろん、有給消化の無料サポートも付いているため、退職の一連の流れを全て丸投げして、退職後の転職活動を進めることもできます。また、退職後2ヶ月間のアフターフォローも備わっています。

正社員でもアルバイトでも一律の値段で代行してもらえます。

退職代行ニコイチを使用するメリット・デメリット

退職代行ニコイチを使用するメリット
  • 全額返金保証がある
  • 全国の依頼者に対応可能
  • 円満退社に向けて入念な打ち合わせを行う
  • 2ヶ月間のアフターフォローを受けることができる

退職代行ニコイチでは退職が上手くいかなかった場合に全額返金保証があります。業界No.1の実績を誇り、退職成功率100%でありながら全額返金保証があるのは退職代行ニコイチだけです。

日本全国どこでも対応可能なので地方在住者でも安心してサービスを受けることができます。

一人一人の情報を入念に把握し、柔軟に対応するので円満退社も実現します。

さらには、2か月間のアフターフォロ、転職サポートがあります。退職後の進路に不安がある方はぜひ利用しましょう。

退職代行ニコイチを使用するデメリット
  • 会社との交渉が不可能
  • 深夜の相談が不可能

退職代行ニコイチでは会社との交渉が不可能です。退職が難しい職場だと感じる場合には会社との交渉ができる労働組合と提携した他のサービスを検討した方が良いでしょう。

また、相談の受付時間は7時から23時30分と限られているため、深夜の相談はできません

24時間相談可能なサービスを利用したい方には不便だと感じるかもしれません。

退職代行二コイチの基本情報

利用料金27,000円(税込)
返金保証
弁護士監修
即日退職
運営会社株式会社ニコイチ
退職代行ニコイチの口コミ・評判
  • 40代 男性

    料金体系がシンプルで非常に分かりやすかったですし、リーズナブルであっても手厚いサポートと迅速な対応で、円満に退職する事もできたのでとても助かりました。

  • 30代 女性

    ここに頼んでからは仕事先にいかなくてもいいアドバイスを丁寧にもらえましたし、実際に様々な手続きをすべて代わりに行ってくれて大変満足しています。

  • 40代 女性

    お手頃な料金やLINEで気軽に相談できるところが良かったです。弁護士監修の退職代行サービスなので安心できました。苦手な上司と会わずに退職できたので、本当に嬉しかったです。

  • 20代 女性

    退職が完了するまでに必要な工程を、全て代わりに行って下さります。書類などの手続きだけでなく、貸与物の受け取りまで対応して頂けました。

  • 30代 男性

    退職代行ニコイチは、会社への退職を代行してくれるだけではなく、転職サポートが無料で受けられるところはとても良かったなと感じています。退職が決まってから転職サポートがあったおかげですぐに転職活動することができたのでありがたかったです。

  • 30代 男性

    会社との交渉力がかなり弱いから、ここだけで円満に退職ができる雰囲気ではなかったです。一方代行サービスへ支払う金額はリーズナブルだから、コスパを重視する方にはお勧めです。

出典:公式サイト

退職代行Jobs

退職代行Jobs

おすすめポイント
  • 手続き最短30分・24時間対応!
  • 即日退職連絡可能!
  • 退職できなければ全額返金サポート!
  • 退職が完了するまで期間無制限!
  • 無料求人紹介で転職もフォロー!

退職代行Jobsは、弁護士・労働組合監修の退職代行で、顧問弁護士指導のもと適正業務で退職ができるため、トラブルや強引な引き止めなくスムーズに退職できます。

退職サポートが手厚い点が特徴的で、退職が完了するまで期間無制限でフォローしてくれます。また、退職できなかった場合は全額返金サポートも受けられます。

 さらに無料求人紹介サービスが付いているため、退職後の転職もフォローしてくれます。

退職の一連の流れの中で依頼者が会社と直接連絡を取ることも出社することもないため、会社とコンタクトを取らずにスムーズに退職できます。退職代行依頼日から出社する必要もありません。

有給休暇の申請や社宅・寮からの引っ越しも追加料金無しで無料でサポートしてくれます。LINEで気軽に相談、質問を受け付けているので、気になったらすぐに確認できる点もメリットです。

退職までではなく、退職後のアフターフォローが充実している転職代行を探している方はおすすめです。

退職代行Jobsを使用するメリット・デメリット

退職代行Jobsを使用するメリット
  • 即日退職が可能、期間は無制限
  • 無料求人紹介で転職までのフォローアップがある
  • 労働組合との連携で会社との交渉が可能
  • 弁護士監修なのに一律27,000円で利用できる

退職代行Jobsは即日退職が可能な退職代行サービスです。退職が完了するまで追加料金・期間制限も一切なく充実のサポートを受けることができます。

アフターケアとして無料求人紹介を行ってもらえるので退職後のキャリアも安心です。

また、労働組合と連携した退職代行サービスなので会社との交渉が可能です。上司から退職に反対され、損害賠償請求などもされかねないという方は退職代行Jobsを使用すると良いでしょう。

さらに顧問弁護士指導の退職代行サービスなのに低価格なので気軽に使用でき、確実な転職が実現します。

退職代行Jobsを使用するデメリット
  • 返金保証がない
  • 弁護士の直接代行は受けられない

退職代行Jobsでは返金保証がありません。サービスのキャンセルは可能ですが一度支払った料金は返金されることがないので注意しましょう。

また、退職代行Jobsは顧問弁護士監修ではあるものの、弁護士が直接会社と交渉をしてくれるわけではありません。

弁護士による代行でないと不安な方は別のサービスを検討してみると良いでしょう。

退職代行Jobsの基本情報

利用料金27,000円+労働組合費2,000円(税込)
返金保証
弁護士監修
即日退職
運営会社株式会社アレス
退職代行Jobsの口コミ・評判
  • 20代 女性

    人間関係に悩んで転職を決意した際にこちらの退職代行サービスを利用させていただきました。親身になって相談に乗ってもらい、無事に退職&転職に成功しました。今は新しい職場で順調にいっているので本当に感謝しています。

  • 30代 男性

    単にやめるだけではなく、未払い給料の支払いも代行してくれますので、色々な手続きからお金の面まで色々と手助けしてもらえてよかったです。

  • 40代 男性

    事務的な対応ではなく本当に親身になり相談にのってもらえましたし、退職代行をした後のアフターフォローまで丁寧だったので、気持ち的にも安心でき非常に有り難かったです。

  • 20代 女性

    弁護士が監修しているので、法律の知識が無くても安心して依頼する事が出来ました。もし無事に退職が出来なかった場合は全額返金して頂けます。

  • 30代 男性

    退職代行Jobsは、相談から申込まではLINEで完結することができたのはとても手軽で良かったなと感じています。契約前に疑問を解決できるシステムが整っていてくれたおかげで安心して退職代行の依頼を任せることができました。

出典:公式サイト

ネルサポート

ネルサポート

おすすめポイント
  • 転職成功率100%!※公式サイト
  • 最安値22,000円で退職代行を利用できる!
  • 退職心理カウンセラーの無料相談回数無制限!追加料金一切不要!
  • 弁護士監修・労働組合が運営!
  • 即日退社可能!

ネルサポートは、転職成功率100%の実績を誇る退職代行です。最安値で転職代行を利用できるコスパの良さが特徴的です。キャンペーン価格22,000円で利用でき、追加料金も一切かかりません。

労働組合が運営しているため、団体交渉申込書を送付することで会社との交渉を行っています。弁護士法違反の退職がないため、安心して任せることができます。

 退職心理カウンセラーによる無料相談が回数無制限で受けることができ、プライバシーを最大限まで考慮して退職を進めてくれるため、周囲にバレずに退職ができるでしょう。

ネルサポートでは、親になりすまして転職を進めるといった怪しい退職方法はトラブル防止のため行っていません。円満に退職を進められる方法で退職を代行してくれます。

法律に則った退職やトラブルを確実に回避して退職したい方にはおすすめの退職代行です。

即日対応、即日退社も受け付けています。

ネルサポートのメリット・デメリット

ネルサポートのメリット
  • 業界最安値の22,000円で全てのサポートを受けられる
  • 全額返金保証がある
  • 電話・LINE・メールで無料相談が可能
  • 会社との交渉が可能

ネルサポートは業界最安値の22,000円で全てのサポートが受けられます。他の退職代行サービスと比較すると圧倒的に安価な値段なのでおすすめです。

即日対応が可能な退職代行サービスで、万が一退職できなかった場合の全額返金保証があります。

また、電話・LINE・メールでの相談が無料となっており、退職に関して不安や悩みを持っている人は気軽に相談することができます。

労働組合が運営している退職代行サービスであるため、上司が高圧的で退職に不安を感じている方も安心して会社とのやり取りを任せることができます。

ネルサポートでは転職サービスを利用して転職した後、お祝い金として5万円がキャッシュバックされます。

しかし、そのキャッシュバックは初勤務日から3か月後に支払われることになっているため、もう少し早く返金してほしいと感じる方もいるかもしれません。

退職代行サービスをなるべく安価に利用したい方におすすめです。

利用料金22,000円(税込)※キャンペーン価格
返金保証
弁護士監修
即日退職
運営会社ネルサポート株式会社
ネルサポートの口コミ・評判
  • 30代 男性

    退職代行サービス「ネルサポート」は、転職のお祝い金の制度があり、ネルサポートの転職サポートサービスを利用して転職に成功し、3ヶ月勤務という条件を満たすことで50,000円が支給されるのは、とてもありがたかったです。

  • 40代 男性

    電話で問い合わせをした際にも大変丁寧な対応で安心出来ましたし、退職したい理由や何があったのかなども親身になり聞いてもらえたので、この時点でお任しても大丈夫だという信頼感が湧きました。

  • 30代 男性

    費用についてそこまでお金もかからなかったですし、退職もスムーズに済んだのでとても気が楽でした。じぶんからはなかなか言い出しにくい人にはおすすめです。

  • 20代 女性

    転職を行いたくて、退職代行サービスのネルサポートを利用しました。価格が安くて少し心配していましたが、スムーズに対応してもらえたので安心して利用できました。転職も出来たので満足しています。

  • 30代 男性

    一般的な退職代行サービスに加えその後の転職に関わる内容までしっかりとサポートするアドバイスがあったので、献身的な姿勢においては評価します。

  • 20代 女性

    転職サポートだけでなくお祝い金もあるため、仕事が決まった時に5万円のキャッシュバックボーナスがありました。相談はラインでも可能です。

出典:公式サイト

よくある質問

正社員は退職を伝えて即日実行できる?
基本的には難しいと考えておいたほうが良いです。原則2週間以内の申告が基本とされているため、申告2週間後に退職できるスケジュールで行動することをおすすめします。
アルバイトであれば即日退社は可能?
基本的には正社員同様に事前申告が必要ですが、勤務先によって大きく変わります。中には即日退社が出来るケースもあるため、正社員よりは難易度は低いです。
パワハラの場合は即日退職ができる?
パワハラなど会社側に非がある場合、雇用契約書の内容問わず即日退職が出来るケースもあります。ただ、そもそもパワハラをするような企業の場合、引き止めに合うケースも考えられるため転職代行サービスの利用がおすすめです。
雇用契約書や労働通知書がない場合即日退社は可能?
上記のケースでは即日退職は難しいと思っていたほうが良いでしょう。会社とのやり取りでは書面上の効力が大きく影響するため、契約書類の保管は必須です。
即日退職が簡単な業界はある?
即日退職の難易度は、業界よりも各企業の状況によって左右されます。そのため、人員や後任、プロジェクトの進捗を確認しつつ退職の申請を行うことがおすすめです。

まとめ

この記事では、即日退職は違法か解説し、可能なケースやリスクについても紹介しました。

退職をする際は2週間前までに申し出なければいけないという法律があるため、場合によっては違法となりかねません。ただし企業から認められた場合、即日退職は可能です。

また、体調不良によるやむを得ない事由がある場合についても、即日退職が可能となります

出社したくないからと言い、無断欠勤をすると懲戒解雇や損害賠償といったリスクがあるため注意しましょう。
どうしてもの時は退職代行を利用して、自分の心を守ることが優先です。遠慮なく利用しましょう。

執筆者 転職ベストプラス編集部
『転職ベストプラス』では、ユーザーの「仕事」を軸に、「転職」「就職」「退職」「資格」の関するあらゆる情報を発信する比較メディアです。
『転職ベストプラス』では、新しい仕事へ踏み出すで生まれる「不安」に対して、さまざまな情報を発信し、ひとりひとりにとって最良な選択を手助けする情報を提供するために、最新で有益なコンテンツ制作を日々行っています。
※詳しくはコンテンツポリシーをご覧ください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。