20代の平均年収は?年齢別・男女別の目安や年収アップのポイントも解説

20代の平均年収は?年齢別・男女別の目安や年収アップのポイントも解説

年収は働くうえで重要な項目です。中には現在の収入に満足していない人もいるかもしれません。

「自分の年収は周りと比べて高いの?それとも低いの?」「年収アップしたいけど、どのくらいを目指せばいい?」そんな思いを抱いている人も多いのではないでしょうか。

年収についてはセンシティブな内容のため、なかなか周囲に質問して回るというわけにいかないかもしれません。

そこで今回は、20代の平均年収について詳しく解説していきます。

この記事でわかること
  • 男女別、学歴別、就業形態別の20代の平均年収
  • 20代で平均年収よりも稼ぐための方法
  • 20代が年収アップを目指して転職するときのポイント

年収アップを目指す20代におすすめの転職エージェントもご紹介するため、今よりも、ぜひ参考にしてみてください。

20代の平均年収はどのくらい?

お金

平均年収を算出する参考になるのが、厚生労働省が発表している「令和3年賃金構造基本統計調査」です。

企業規模10人以上の会社の20代の平均年収は以下の通り。30代の年収も合わせてチェックしてみましょう。

20代・30代の年代平均年収
  • 20~24歳の年収…およそ320万円
  • 25~29歳の年収…およそ397万円
  • 30~34歳の年収…およそ449万円
  • 35~39歳の年収…およそ498万円

20代の平均年収は、20代前半で320万円、20代後半になると397万円となっています。また、30代以降の年収を踏まえて、年齢が高くなるにつれ年収もアップする傾向にあることがわかるでしょう。

 ただし、平均値は企業の規模や学歴、性別によっても異なります。収入が高い人が含まれることで、平均値もアップするでしょう。

また、この額が手元にすべて残るわけではなく、ここから各種税金が引かれることになります。そのため、手取り額はさらに少なくなるでしょう。

【男女別】20代の平均年収

考え込む男女

続いては、男女別の20代平均年収です。性別により年収はどのくらい差があるのでしょうか。

男性 女性
20~24歳 およそ296万円 およそ255万円
25~29歳 およそ368万円 およそ348万円

上記のように、20代前半でも20代後半でも、男女で年収に差があることがわかります。年収差の理由は、総合職と一般職の給与差が考えられるでしょう。

総合職で就職すると仕事内容はもちろん、待遇にも差があります。

 最近では女性が管理職になることも少なくありませんが、全体で見ると男性管理職が多いのは歴然です。

総合職で入社した社員の中から後の管理職になることが多く、年齢を追うごとに年収の男女差は大きくなる傾向にあります。

女性は20代~30代の間に結婚・出産といったライフスタイルの変化が起こりやすいことも、年収差の一因です。

性、年齢階級別賃金、対前年増減率及び年齢階級間賃金格差の男女別賃金(×12)に年齢階級別きまって支給する現金給与額の平均賞与(企業規模10人以上)をプラスして算出

【学歴別】20代の平均年収

早稲田大学

同じ20代であっても、高卒、大卒など学歴の差も年収に影響を及ぼします。学歴の違いによる年収差はどのくらいあるのでしょうか。

20~24歳 25~29歳
高校卒 276万円 333万円
専門学校卒 294万円 351万円
高専・短大卒 290万円 348万円
大学卒 312万円 377万円
大学院卒 331万円 399万円

上記を見るとわかる通り、年収が低いのは高校卒で年収が高いのは大学院卒と、学歴が高いほど年収が高いという結果になっています。専門学校卒と高専・短大卒はそう年収が変わらないよう。

 大学卒、大学院卒も20代前半ではそう高いわけではありませんが、20代後半のアップ率が高いことがわかります。

また、大学院卒の場合、年齢を重ねるとほかの学歴と比べて年収がグッとアップする傾向にあるようです。

学歴、性、年齢階級別賃金及び対前年増減率の男女計賃金(×12)に年齢階級別きまって支給する現金給与額の平均賞与(企業規模10人以上)をプラスして算出

【産業別】20代の平均年収

会社

働く業種によっても、年収は大きく変わります。20代で年収が高い傾向にあるのは、どの業種なのかも、気になるポイントです。一部の業種の20代の年収をチェックしてみましょう。

20~24歳 25~29歳
建設業 303万円 371万円
製造業 276万円 340万円
電気・ガス・熱供給・水道業 293万円 380万円
情報通信業 316万円 385万円
金融・保険業 305万円 386万円
不動産業 304万円 368万円
飲食・宿泊業 272万円 299万円
教育・学習支援業 295万円 367万円
医療・福祉業 308万円 365万円

20代前半で最も年収が高い業種は、情報通信業です。20代後半では、わずかな差で金融・保険業の年収が高いという結果になっています。

反対に20代前半で最も年収が低いのは製造業、20代後半でが飲食・宿泊業です。業種で100万円ほど差が出るところもあり、年収は業種にも左右されることがわかるでしょう。

産業、性、年齢階級別賃金及び対前年増減率の男女計賃金(×12)に年齢階級別きまって支給する現金給与額の平均賞与(企業規模10人以上)をプラスして算出

【企業規模別】20代の平均年収

会社

続いては、企業規模別の平均年収です。大企業、中小企業では、どのくらいの差があるのか確認してみましょう。

20~24歳 25~29歳
大企業 304万円 380万円
中企業 290万円 350万円
小企業 282万円 342万円

20代前半では大きな差がありませんが、20代後半になると、大企業と中小企業では30万円ほどの差が生まれます。

企業規模が大きいと、今後年齢を重ねたときの年収の上がり幅が大きくなる傾向にあるようです。

そのため、20代前半で給与が安いと感じている場合でも企業規模が大きいのであれば今後に期待できる可能性もあるでしょう。

企業規模、性、年齢階級別賃金、対前年増減率及び企業規模間賃金格差の男女計賃金(×12)に年齢階級別きまって支給する現金給与額の平均賞与(企業規模10人以上)をプラスして算出

【雇用形態別】20代の平均年収

スーツ姿の男女

最後に、雇用形態による年収の違いです。正社員と正社員以外では、どのくらいの差があるのでしょうか。

20~24歳 25~29歳
正社員 257万円 310万円
正社員以外 201万円 245万円

正社員と非正規社員の場合、20代前半でも20代後半でも50万円ほどの差があることがわかります。また、正社員以外の場合賞与がないケースが多いことも、年収に大きな差がある原因です。

そのため、年齢を追うごとに正社員と正社員以外という雇用形態の違いで、年収の差が広がると考えられるでしょう。

年収面で考えるなら、20代のうちに正社員としての働き方を検討するのもひとつの方法です。

雇用形態、性、年齢階級別賃金、対前年増減率及び雇用形態間賃金格差の男女計賃金(×12)に年齢階級別きまって支給する現金給与額の平均賞与(企業規模10人以上)をプラスして算出
※正職員以外には賞与をプラスせず

20代で平均年収よりも稼ぐためのポイント

お金

「平均年収よりも稼ぎたい……!」そんな希望を持っている方もいるでしょう。20代で年収アップを目指す方法には、どんなものがあるのでしょうか。

転職をする

現在の企業に将来性が見いだせない、もっといい環境で収入アップを目指したいといった場合には、転職を考えてみるのもいいでしょう。

今の会社ではいまいち活かせてないスキルや経験も、環境が変わると大きく評価される可能性もあります。また、年収が高い業種に転職するのもひとつの方法です。

 20代は転職市場で重宝される年代です。ポテンシャルを買ってもらうこともできるため、未経験業種にチャレンジしやすい年代でもあります。

転職するか悩んでいるなら、とりあえず転職活動を進めてみるのもいいでしょう。これから叶えたい目標やスキルの棚卸することで、自分の軸を見出すことができるかもしれません。

また、転職の成功率から自分の市場価値をはかることにもつながります。今の企業で上を目指すか、もしくは転職するかの判断材料にもなるでしょう。

20代は転職が有利に進められるタイミングです。悩んでいるなら、若さと時間を無駄にしないためにも、早く行動しましょう。

資格取得などスキルアップを図る

パソコンで書類作成する人

専門的な知識が求められる職種の場合、資格取得は給与アップの近道になります。資格手当がつく、昇給するなど、継続的な収入アップが見込める可能性があるでしょう。

職場によっては資格取得の勉強のための費用が出たり、合格により奨励金やお祝い金がもらえることもあります。

 また、同職種や同業種への転職の場合、資格取得でスキルアップしておくことで有利になることもあるでしょう。

仕事と直接関係がなくても、今後どんな資格が役立つかわかりません。自分のスキルを高めるため、資格取得に向けて勉強に励むのもおすすめです。

専門性の高い資格を取得することで、起業という選択肢が増えることもあります。

副業をする

「すぐに年収を増やしたい……」といった場合には、副業するという方法もあります。最近は政府も副業を推進しており、副業OKの企業も少なくありません。

月に数万円アップでき、それを1年間続けることができれば、年収も確実にアップします。

 おすすめの副業は、本業の知識やスキルを活かせるもの。副業することでスキルアップを図ることもできるかもしれません。

その他にも、ハンドメイド作品の販売、フリマアプリでの販売やWebサイト運営、ライターなど、さまざまな副業があります。

本業を併せて無理なく続けられるよう、自分に合った副業を選ぶことがポイントです。

ただし、副業禁止の会社もあるため、事前に確認してみましょう。

20代の転職で年収アップを狙うなら転職エージェントがおすすめ!

パソコン

20代で転職を経験している人は少ないはずです。何から手をつけたらいいかわからない人もいるでしょう。

そんな20代の転職で活用したいのが、転職エージェントです。利用するメリットには以下のような点が挙げられます。

転職エージェントを利用するメリット
  • 転職活動のすべてをサポートしてくれる
  • 非公開求人もチェックできる
  • 求人票だけではわからない情報を提供してくれる

転職エージェントに登録すると、転職のノウハウを持つキャリアアドバイザーが担当につき、自己分析、求人の提案、応募書類の添削、模擬面接と、転職活動にかかる工程をすべてサポートしてくれます。

困ったときに頼れる転職活動のサポーターができるため、安心して転職活動を進めることができるでしょう。

 非公開求人をチェックできる点も、転職エージェントを活用するメリットのひとつです。

転職サイトに掲載すると応募が殺到してしまうような大企業や高条件の求人は、非公開求人として転職エージェントなどで一部の人にしか公開されません。

転職エージェントでしか出会えない求人も多数あるでしょう。また、転職エージェントは企業の情報にも精通しており、会社や従業員の雰囲気、求められる人物像などといった情報を保有しています。

転職ノウハウはもちろん、求人票だけではわからない情報を得ることができ、応募先の判断材料にできるでしょう。
こちらの記事も合わせてチェック!

年収アップを目指す20代におすすめの転職エージェント3選

DYM就職

DYM就職

おすすめポイント
  • 既卒やフリーター、ニートの就職、転職サポートに強み
  • カウンセリングで自己分析もサポート
  • 上場企業からベンチャー企業まで優良企業を取り扱い年収アップも望める
  • 内定後までサポートが続く

DYM転職」は、既卒やフリーター、ニートの転職に強みのあるサービスです。安心して転職できるよう、研修や教育制度が充実した求人が充実しています。

カウンセリングにより、自己分析もサポートしてくれるため、「やりたいことがわからない」といった場合でも一緒に検討してくれるでしょう。

 上場企業からベンチャー企業まで優良企業を多く取り扱っているため、転職により年収アップの可能性も十分にあります。

企業とのパイプもあるため、面接で聞かれやすい質問から傾向と対策まで、面接をしっかりとサポート。面接日の日程調整も代行してくれるため、安心してお任せすることができるでしょう。

 内定しておしまいではなく、内定後もサポートは続きます。

退職や入社の手続き、入社後の困りごとなどのフォローも対応してくれるため安心です。

公開求人数※2022年11月8日時点
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人提案
  • 応募書類の添削
  • 模擬面接
  • 企業との交渉代行
利用可能地域
  • オンライン:全国可
  • 対面:東京、札幌、仙台、名古屋、京都、大阪、広島、福岡
運営会社 株式会社DYM

出典:DYM就職

就職Shop

就職Shop

おすすめポイント
  • 対面型で直接顔を合わせて転職をサポート
  • 直接訪問し雰囲気を把握している求人のみの取り扱い
  • 書類選考はなく面接で選考が行われる
  • 面接対策のセミナー等も実施

「就職Shop」はリクルートが運営している対面型の転職支援サポートです。未経験者優遇の求人がメインで、利用者のほとんどが20代となっています。

取り扱っているのはすべて直接訪問している求人のため、職場の雰囲気や教育体制などの生の声を教えてもらことができるでしょう。

 給与が安定、福利厚生が充実、成長途上企業など、さまざまな企業があり、年収アップが狙える企業も見つけられるはずです。

書類選考はなくすぐに面接に進めるのもうれしいポイント。面接対策のセミナーなども実施されており、選考を突破できるようサポートしてくれます。

店舗があるのは駅近の便利な場所ばかり。近くにあるならぜひ活用してみましょう。

公開求人数※2022年11月8日時点 非公開
主なサービス・機能
  • 求人提案
  • 面接対策セミナー
  • 企業との交渉代行
利用可能地域 首都圏・関西中心
運営会社 株式会社リクルート

出典:就職Shop

ハタラクティブ

ハタラクティブ

おすすめポイント
  • 既卒や第二新卒など20代の転職に特化
  • 未経験歓迎の求人を多く取り扱う
  • 1社ずつ選考対策するためじっくり取り組むことができる
  • 転職すべきかどうかの相談も可能

「ハタラクティブ」は、既卒や第二新卒など20代の転職に強みのあるサービスです。未経験に特化したサポートを展開しているため、未経験業種への転職を検討しているなら活用すべきでしょう。

性格や得意なことによる分析で、向いている可能性が高い求人を提案してくれるため、安心して比較検討ができます。

 求人の中には大企業も多く含まれているため、転職で年収アップする可能性もあります。

大企業以外の求人も基本的に研修や教育体制が整っていることを重視しているため、転職してから成長できるでしょう。

複数の選考を同時進行する転職活動が多いですが、「ハタラクティブ」では1社ずつ選考対策するため、その会社に注力でき受かりやすいのが特徴です。

転職するかどうかの相談もできるため、転職を悩んでいる人も登録してみることをおすすめします。

公開求人数※2022年11月8日時点 1,298件
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人提案
  • 面接対策
利用可能地域 全国
運営会社 レバレジーズ株式会社

出典:ハタラクティブ

まとめ

今回は20代の平均年収について詳しく解説しました。

20代の平均年収は性別や学歴、業種など、さまざまな要件により大きく変わります。年収をアップするためには、資格取得や副業以外に、転職という方法も考えられるでしょう。

転職により大きく年収をアップできることもあるでしょう。

また、将来性を見込んで未経験業種に転職するのもひとつの方法です。

転職するなら、サポート力と情報力がある転職エージェントを活用するのがベストでしょう。年収アップを叶える方法を検討してみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事