25歳は転職のチャンス?転職のメリットや成功のコツも詳しく解説

25歳は転職のチャンス?転職のメリットや成功のコツも詳しく解説

「25歳になったら転職したい!」「25歳で転職できるの?」と考えている人は多いのではないでしょうか。

25歳は転職に有利と言われています。転職を考えているならうってつけの年齢です。

しかし、実際に25歳で転職しようとすると、どのようなメリットがあるのかいまひとつ分かりにくいのが現状です。

そこで本記事では、25歳の転職に関する以下の項目を解説します。

この記事でわかること
  • 25歳で転職するメリット
  • 25歳で転職を行うおもな理由
  • 25歳で転職を成功させる方法
  • 25歳におすすめの転職エージェント

この記事を読めば25歳で転職するメリットがわかるだけでなく、25歳におすすめの転職エージェントまで把握できます。

25歳で本格的に転職活動を考えている人はもちろん、転職を視野にいれている人もぜひ参考にしてみてください。

25歳は転職に有利?転職するメリットを解説!

スーツ姿の男性

25歳で転職すると、どのようなメリットを得られるのでしょうか。気になるメリットは下記のとおりです。

25歳で転職するメリット
  • 未経験職種・業種にチャレンジできる
  • 第2新卒として応募可能
  • 転職失敗してもやり直せる
  • ポテンシャルを評価してもらいやすい

未経験職種・業種にチャレンジできる

25歳は未経験職種・業種にチャレンジしやすいというメリットがあります。多くの企業は若手人材を育成しており、25歳は育成しやすい若手世代です。

未経験職種・業種に挑戦する際は、新しいことを次々と吸収する柔軟な思考が欠かせません。

 社会に染まりきっていない25歳なら、未経験分野でも早期に活躍が期待できます。

例えば、これまで営業をしていた人がWEBデザイナーへ転職する大幅なキャリアチェンジも叶いやすいでしょう。

未経験職種・業種でもやりたいことがあるなら、25歳で転職する方法がおすすめです。

第2新卒として応募可能

スマホ画面を操作する人

25歳の転職は第2新卒枠の応募が可能です。第2新卒とは、大学を卒業してから2~3年以内かつ新卒で企業に入社したい人を指します。

 第2新卒として応募できると、中途採用よりも選考ハードルが下がるメリットが得られます。

なぜなら、中途入社は即戦力が期待されているのに対し、第2新卒はポテンシャルが評価されやすいからです。

第2新卒はすでに企業に入社しているため、社会人としてのマナーが身についていると認識されます。そのため、新卒よりも教育コストがかかりません。

第2新卒枠として企業へ入社できれば、求職者も企業側も大きなメリットを得られます。

転職失敗してもやり直せる

一般的に、25歳は若手世代です。たとえ1度や2度の転職に失敗したとしても、やり直しが効く点が大きな魅力といえるでしょう。

 もし、30代後半以上の人が転職に失敗してしまうと、やり直しが難しい場合があります。失敗するなら若いうちからしておくとよいでしょう。

しかし、いくら25歳が転職に失敗したとしてもやり直しが効くからといって、投げやりに転職先を決定する方法はおすすめしません。

事前に転職先をリサーチし、自分に合うかどうか見極めてから転職しましょう。

ポテンシャルを評価してもらいやすい

面接受けている女性

25歳の転職はポテンシャルを評価してもらいやすいメリットがあります。先述したとおり、25歳は世間的に見ると若手人材です。

 すでにほかの企業で経験を積んできたとしても、若手ゆえに企業に染まり切っていないのが魅力です。

若い世代は吸収力や適応力が高いので、新たな仕事内容でも馴染みやすいでしょう。企業側は25歳のポテンシャルを踏まえて、採用を決定するケースが多数見受けられます。

ポテンシャルを評価してもらえる年代のうちに、キャリアチェンジをするのもおすすめです。

25歳で転職活動を行うおもな理由とは?

ネクタイを直す人

ここからは、25歳で転職活動を行うおもな理由を解説します。転職理由をひとつずつチェックしていきましょう。

25歳で転職活動を行なうおもな理由
  • やりたいことが見つかったから
  • 人間関係に疲れてしまったから
  • 給料アップを希望しているから
  • ワークライフバランスを重視したいから

やりたいことが見つかったから

やりたいことが見つかったから、25歳で転職したい人は少なくありません。現職でやりたいことの実現が難しい場合、より転職意欲が湧くでしょう。

 例えば、営業事務でプレゼン資料を作成するうちに資料作成にやりがいを見出し、より自分の強みを活かせる職場へ転職する人もいます。

やりたいことがあるのにも関わらず、現職でやりたいことが実現できない状況は仕事のモチベーションを保ちにくいでしょう。

やりがいを見出して働くためにも、やりたいことがあれば25歳で転職を考えてみるとよいでしょう。

人間関係に疲れてしまったから

暗闇で落ち込むスーツを着た男性

25歳で転職を考えている人のなかには、現職の人間関係に疲れてしまったという人もいます。特に、異動ができない職場や規模が小さい企業にありがちです。

 人間関係が良好でない職場では、仕事以外に労力を割いてしまい、余計に心身共に疲弊してしまうケースが多く見受けられます。

心身を健やかに保つためにも、人間関係をリセットする決断も時には必要です。転職すれば自動的に人間関係がリセットされるため、新たな人間関係を築けるでしょう。

人間関係に疲れ果てて心身の不調を招く前に、早めの行動が大切です。

給料アップを希望しているから

給料アップを希望しているのも、25歳で転職を考えている人によく見られる理由です。特に、年功序列の企業に勤めている人にあてはまります。

 「業務量が多いのに、一向に給料が上がらない」「仕事内容と給料が見合わない」場合は、評価基準が整った職場へ転職する方法がおすすめです。

たとえ同じような仕事内容であっても、転職しただけで年収が100万円以上アップするケースも少なくありません。

もし給料アップを考えているなら、転職先候補の平均年収を詳しくチェックしましょう。

ワークライフバランスを重視したいから

草原を歩く家族

25歳で転職を考えている人のなかには、ワークライフバランスを重視したい人も大勢います。

 昨今の働き方改革により、ワークライフバランスを重視する企業の数が増加しています。

一方、いまだに無理な働き方をさせる企業も少なくありません。例えば、深夜にまで及ぶ残業や休日出勤などが重なると、ワークライフバランスを大切にすることは難しいでしょう。

ワークライフバランスが整えば、仕事に対してもポジティブな姿勢でいられます。

今一度、自分の働き方を見つめなおしてみるのもいいですね。

25歳の転職の流れを解説

ステップアップ

25歳で転職をする際、大きく分けて5つのステップが必要です。

転職理由を考える

ますはじめに現職を辞めようと思った際、「なぜ転職をしたいのか」理由を考えましょう。転職理由や軸が定まっていないと転職の成功率が下がることもあり、理想の企業から内定をもらうことが難しくなります。

 明確な転職理由がないと、すぐにまた会社を辞めたくなることもあるので要注意。

また転職理由を考え、自分の努力次第で変えられることや仕事に大きく影響しないことであれば、本当に転職すべきか再度考えるようにして下さい。

もし考えた結果、転職以外で変えられないと結論が出れば、転職が最適解なので次のステップへ進みまます。

まずは転職理由を明確にすることが、転職成功の第一歩です。

転職サイト・転職エージェントを探す

パソコンと文房具

転職理由が明確になり、意志が固まれば自分に合う転職サイト・転職エージェントを探しましょう。それぞれ特徴が異なるため、以下の特徴を踏まえた上で選択することを推奨します。

転職サイト 転職エージェント
非公開求人の有無 なし あり
サポートの有無 なし あり
転職期間 長い(半年~1年) 短い(3ヶ月前後)

転職エージェントでは比較的即戦力募集が多いため、スキルアップや経験を活かしたい人におすすめです。

また未経験歓迎の求人が多い転職エージェントは、異業種からジョブチェンジを考えている人と相性が良いでしょう。

 転職サイトと転職エージェントは特徴が異なるため、自分の状況に合わせて使い分けましょう。

時間をかけて慎重に転職活動をしたい人は、長期間利用しやすい転職サイトを利用すると良いでしょう。

逆にサポートが付く転職エージェントは、比較的スピーディーに転職活動が進むため、早めに次の職場を見つけたい人におすすめのサービスです。

転職自体が未経験で、不安がある人はサポートが付く転職エージェントを利用すると良いでしょう。

希望条件・市場価値を再確認する

転職先を探す前にまずは自分の希望条件や市場価値など、「何がしたいのか」「何ができるのか」を明確にしましょう。

全ての条件を叶えることは極めて難しいため、優先順位を付けある程度の妥協点も決めておくことを推奨します。

 希望条件ばかり高くて市場価値が低い場合、希望の転職先は見つけづらいです。

25歳であれば若さが武器となるため、異業種や未経験からの挑戦も成長性を買われやすいです。同業種での転職を考慮しても、3年近く経験があれば戦力として歓迎されるケースも少なくありません。

25歳であれば転職が遅いということもなく、若さを武器に転職が進められます。

転職先候補を見つける

高知県の転職事情を調べる人

自身の状況を整理した後は、転職先を見つけるステップとなるので希望条件に合わせ企業を探して下さい。

 転職サイトであれば条件などで絞り込み自力で探し、転職エージェントであれば求人紹介が受けられます。複数の企業を比較検討することで、より理想の転職先が見つかります。

転職後のミスマッチを防ぐためにも、会社の評判を確認したり実際の社員の声も参考にしましょう。

転職エージェントでは専任のコンサルタントが付くため、企業の内部情報を共有してもらうことも可能です。

転職先を探す際は希望条件とスキルのバランスが重要。いくつか求人を比較しながら企業を探すと良いでしょう。

選考を受け内定を目指す

転職先が決まった後は、実際の選考に進み内定の獲得を目指します。事前対策が転職成功のポイントとなるので、以下の項目は予め入念に準備しておきましょう。

選考前に準備するポイント
  • 業界・企業研究
  • 履歴書・経歴書の作成
  • 面接対策・質問傾向の対策

特に人気の高い企業や待遇の良い求人の場合、対策を怠ると他の応募者と差別化が出来ず、選考の突破も難しくなります。

転職エージェントでは上記の内容もサポートしているので、不安を感じる人は利用してみると良いでしょう。

内定が決まれば退職準備に進み、入社日の調整を行いましょう。

25歳で転職を成功させるコツ

パソコン画面を見ている女性

25歳で転職を成功させるには、どのようなコツがあるのでしょうか。それぞれ詳しく解説します。

25歳で転職を成功させるコツ
  • 転職理由を明確にする
  • キャリアの棚卸しを行う
  • 譲れない条件を明確にする
  • 転職エージェントに登録する

転職理由を明確にする

25歳で転職を成功させるため、まずは転職理由を明確にしましょう。転職理由が明確でないと、転職の軸がぶれてしまうからです。

頭の中だけで整理せず、紙に書き出してみるとよいでしょう。

 仕事のやりがい・給料・人間関係など、今の職場に足りないものをピックアップしてみてください。

転職理由が明確になれば、新しい転職先を見つける際に大きく役立ちます。ぜひ、時間を見つけて転職理由を深掘りしてみてください。

企業に見せるものではないので、できるだけ本音を包み隠さずに行いましょう。

キャリアの棚卸しを行う

パソコン画面を見てメモする人

自分の強みが明らかになったら、キャリアの棚卸しを行ってください。キャリアの棚卸しとは、これまで経験した業務と積み上げたスキルを整理する方法です。

 例えば、法人営業を担当した人の場合、経験した業務には顧客との商談・積み上げたスキルをプレゼンテーションスキルと記載します。

すべての業務・スキルを洗いだしていくうちに、自然と自分の強みや弱みが明確になります。25歳はいまだ自分の強みがわからない人が多い傾向です。

しかし、キャリアの棚卸を行えば、自分の強みが明らかになりますよ。

譲れない条件を明確にする

譲れない条件を明確にするのも、25歳が転職成功するコツです。譲れない条件があれば、求人をある程度絞れるので、効率よく転職活動を進められるでしょう。

例えば、業務内容や給料・勤務地などが譲れない条件として挙げられがちです。

 しかし、譲れない条件のなかには、働き方の項目も盛り込むことをおすすめします。

一例として、リモート勤務可能・フレックス制度ありの職場であれば、柔軟に働ける環境が整っているといえるでしょう。

譲れない条件を2〜3つピックアップして、効率よく求人を絞っていきましょう。

転職エージェントに登録する

相談している女性

25歳の転職成功を導きたいなら、転職エージェントの登録を検討してみてください。転職エージェントでは、求職者の希望条件に合った求人を紹介してくれます。

 これまでの職務経歴やスキル・仕事の価値観などをキャリアアドバイザーが深掘りしてくれるので、キャリアの幅が広がるのが大きなメリットです。

また、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策など、選考サポートを実施してくれます。はじめて転職する人にとって、心強い味方になってくれるでしょう。

ほとんどの転職エージェントは無料で使えるため、気兼ねなく利用してみてくださいね。

25歳の転職におすすめの転職エージェント5選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界最大級の非公開求人を保有
  • 実績豊富なアドバイザー在籍
  • 独自に研究された業界・企業レポートの提供

さまざまな求人を見比べたいなら、リクルートエージェントがおすすめです。リクルートエージェントでは、業界最大級の非公開求人を保有しています。

 非公開求人はほかの転職サイトに掲載されていない求人が多く、ライバルが少ない環境で転職活動を進められるのがメリットです。

25歳の転職は、ときに実力ある中途採用と同じ土俵で戦う場合があります。非公開求人であれば、ほかの候補者が少ないなかで選考を進められるでしょう。

実績豊富なアドバイザーが在籍しているので、迷ったことがあれば気軽に相談してみてください。

公開求人数※2022年2月19日現在 168,639件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート

※出典:リクルートエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 求人票に掲載されていない情報を知り得る
  • 求職者の強みや価値観を第三者視点で確認
  • 夜間や土曜日の対応も受付中

求人票に掲載されていない情報を知りたいなら、マイナビエージェントがおすすめです。企業に直接足を運んでいるリクルーティングアドバイザーから、企業文化や人間関係を教えてもらえます。

 特に、人間関係を変えたいという理由で転職を考えている人は、一度マイナビエージェントの利用を検討してみるとよいでしょう。

また、求職者の強みや価値観を第三者視点で確認してもらえるのもメリットです。自分では気づかなかった自身の強みに出会えるかもしれません。

夜間や土曜日の相談も対応可能なので、仕事が忙しくて転職活動の時間を割けない人におすすめです。

公開求人数※2022年2月19日現在 34,682件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社マイナビ

※出典:マイナビエージェント

doda

doda

おすすめポイント
  • 企業から直接届くスカウト機能
  • 転職のお役立ち情報
  • 定期的開催されている転職フェアや相談会

効率よく転職活動を進めたいなら、dodaがおすすめです。dodaでは履歴書・職務経歴書を登録しておくと、企業から直接スカウトが届く機能があります。

 なかには、書類選考なしで面接確約のスカウトがあり、すぐに採用担当者へ話を聞きにいける点がメリットです。

また、dodaでは転職のお役立ち情報が充実しています。はじめての転職でわからないことがあれば、dodaのサイトを閲覧してみるとよいでしょう。

定期的に転職フェアや相談会を実施しているため、興味がある人は参加してみてください。

公開求人数※2022年2月19日現在 123,690件
おもなサービス
  • 求人検索
  • スカウト機能
  • 転職お役立ち情報
利用可能エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※出典:doda

ハタラクティブ

ハタラクティブ

おすすめポイント
  • 経験や状況に合わせて転職のプロからアドバイス
  • 適性のある仕事だけ紹介してくれる
  • 選考を受ける企業に特化した選考対策

ハタラクティブはフリーター・既卒・第2新卒に特化した転職エージェントです。紹介してくれる求人も、20代の若手育成に力をいれている企業ばかりです。

 ハタラクティブのキャリアアドバイザーが経験や状況に合わせて、アドバイスをしてくれるメリットがあります。

今後のキャリアの方向性を考えやすくなるでしょう。また、適性のある仕事だけ紹介してくれるのも魅力です。やみくもに求人を紹介されないため、自分に合った企業を見つけやすくなります。

選考を受ける企業に特化した選考対策が受けられるので、はじめての転職でも安心です。

公開求人数※2022年2月19日現在 要問合せ
おもなサービス
  • 求人紹介
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 レバレジーズ株式会社

※出典:ハタラクティブ

UZUZ(ウズキャリ)

UZUZ

おすすめポイント
  • 個性に合わせたオーダーメイド型就業サポート
  • 入社半年後の定着率が業界トップクラス
  • 就業に悩んだ過去を持つ社員が転職をバックアップ

充実したサポート体制を希望するなら、UZUZがおすすめです。UZUZでは求職者の個性に合わせたオーダーメイド型就業サポートを行ってくれます。

 型にはまった機械的なサポートではなく、まずは求職者の人柄や価値観を熟知したうえで、キャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

一人ひとりに合った就業サポートをしてくれるので、マッチング精度に長けているのがメリットです。半年後の定着率は業界トップクラスを誇ります。

UZUZの社員は全員就業に悩んだことがある人なのも、相談しやすいポイントです。

転職活動で不安なことや迷いが生じたら、ぜひ気軽に相談してみてください。

公開求人数※2022年2月19日現在 要問い合わせ
おもなサービス
  • 求人紹介
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社UZUZ

※出典:UZUZ(ウズキャリ)

よくある質問

25歳で転職を考えるのは遅い?
遅いことはなく、25歳という若さであれば早い部類になります。特に平均年齢が高い業界であれば、未経験からでも内定を獲得しやすいです。25歳であれば、今後の伸びしろや成長性を評価してくれる企業の先選考も有利になるでしょう。
2回目の転職は不利?
25歳で転職回数がすでに2回目となると、明確な志望動機や転職理由が必要です。採用担当に「長続きしない人ではないか?」と思われないよう、明確な志望動機を用意しましょう。3回目以降はさらに明確な理由がないと選考が不利になる企業もあるため注意して下さい。
25歳女性は転職に不利?
女性であることが、転職時のデメリットになることはありません。女性活躍推進に力を入れている企業であれば、女性比率を上げたいケースもあり選考が有利になることもあります。スキルや市場価値を高めれば、男女関係なく理想の企業へ転職が近づきます。
25歳高卒で条件の良い企業に転職できる?
高卒で仕事を始めたのであれば、6年ほど経験を積んでいる年齢です。そのため技術職など、スキルが重要視される業界であれば条件の良い企業へ転職がしやすい一面もあります。高卒がデメリットにならない職種であれば、スキルの高さを活かした転職が可能です。
未経験から異業種へ転職する時のポイントは?
今持っているスキルをどう応用できるか、将来どれほどの戦力になるかなど、ポテンシャルをアピールしましょう。また志望熱意や、応募先企業でないといけない明確な理由を面接時に伝えることも効果的です。

まとめ

25歳は転職活動に有利な年齢です。未経験職種にも挑戦しやすく、たとえ転職で失敗したとしても、十分やり直しが効きます。

25歳の転職を成功させるなら、転職理由を明確にする・キャリアの棚卸しを行うなど、自己分析に時間をかける方法がおすすめです。

また、転職エージェントに登録するのもよいでしょう。全年齢向け・20代若手向けの転職エージェントをそれぞれ登録しておくと、さまざまな求人を閲覧しやすくなります。

転職エージェントでは応募書類の添削や面接対策をしてくれるのもメリットです。特に、25歳ではじめて転職を考えている人にとって、心強い味方になってくれるでしょう。

ぜひこの記事を参考にして、25歳の転職を成功させてください!

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事