30代の平均年収を男女別・職種別に徹底解説!年収アップの方法も紹介

30代の平均年収を男女別・職種別に徹底解説!年収アップの方法も紹介

「30代の平均年収が知りたい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。

30代は若手から中堅社員へとシフトしていく年代です。20代よりも平均年収が高くなる人もいます。

しかし、一体30代がどれくらい年収をもらえているのか、いまひとつわかりにくいのが現状です。

そこで本記事では、30代の平均年収に関する以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • 【男女別・学歴別・職種別】30代の平均年収
  • 30代で年収アップを叶えられる人の特徴
  • 30代で平均年収よりも稼ぐ方法

この記事を読めば、30代の平均年収がわかるだけでなく、平均年収よりも稼ぐヒントを得られます。

30代の平均年収が気になる人はもちろん、30代で平均年収をアップしたい人もぜひ最後まで読んでみてください。

30代の平均年収は?

ドル札を持っている人

まず、30代の平均年収をご紹介します。30代全体の平均年収は437万円でした。20代の平均年収よりも、およそ96万円高い結果です。

ここからは、30代の平均年収をより掘り下げてみましょう。男女別・学歴別・職歴や業種別の30代平均年収をご紹介します。

※出典:doda

30代で平均年収700万円以上稼ぐ人の割合

30代で平均年収700万円以上を稼ぐ人の割合は以下のとおりです。

年代・性別 年収700万円以上稼ぐ人の割合
30代前半・男性 3.7%
30代後半・男性 9.2%
30代前半・女性 0.5%
30代後半・女性 0.7%

30代で平均年収700万円以上稼いでいる人の割合は、そこまで多くない結果になりました。一番多くても、30代後半男性の9.2%です。

 冒頭で述べたとおり、30代全体の平均年収は437万円です。全体の平均年収を250万円以上も上回っている人は少数であることがわかります。

30代で年収700万円以上を目指したいなら、相当な努力が必要になるでしょう。

ただし、成長している業界・分野であれば、年収700万円以上も夢ではありません。

※出典:統計情報リサーチ

【男女別】30代の平均年収

札とコイン

30代の平均年収を男女別に見ていくと、どのような結果になるのでしょうか。気になる30代男女別の平均年収は以下のとおりです。

年代・性別 平均年収
30代前半・男性 470万円
30代後半・男性 528万円
30代前半・女性 315万円
30代後半・女性 314万円

※出典:国税庁|民間給与実態統計調査

30代男性の平均年収が高い理由

30代男性の平均年収が高い理由に、中堅社員として実績を積み上げている人が多いことが挙げられます。

 30代は若手ではなく、中堅社員と認識される場合がほとんどです。なかには、若手社員のマネジメントを任せられる人もいるでしょう。

マネジメント業務は労力が必要となるため、その分給料に還元されがちです。その結果、平均年収が高くなる傾向にあります。

30代前半よりも30代後半の平均年収が高いのも、マネジメント経験によるものだと推測できそうですね。

30代女性の平均年収が低い理由

30代女性の平均年収が低い理由には、女性ならではのライフイベントが考えられます。結婚・出産を機に退職を考える女性も少なくありません。

 また、仮に復職したとしても、夫の扶養内でパート・アルバイト勤務する女性も多く、平均年収が低い傾向です。

子どもが大きくなればフルタイム勤務に戻る女性もいます。しかし、30代ではまだ子どもが小さく、フルタイム勤務は難しいでしょう。

30代前半と30代後半の平均年収がほとんど同じなのも頷けますね。

【学歴別】30代の平均年収

大学の卒業式

30代の平均年収を学歴別に確認していきましょう。気になる学歴別の平均年収は以下のとおりです。

学歴 平均年収
大学・大学院卒 383万円
専門学校卒 296.5万円
高卒 287.5万円
中卒 271万円

学歴別に平均年収を見ていくと、大学・大学院卒と中卒の間に110万円以上もの差があることがわかりました。

 大学・大学院卒は専門的な知識・スキルが必要な職種に就職可能です。そのため、ほかの学歴よりも年収が高い傾向にあります。

しかし、中卒や高卒だからといって、年収が必ずしも低いとは限りません。学歴不問の企業に入れば、実績次第で年収アップが叶います。

学歴に自信がなくても、自分の力を発揮できる企業に就職するとよいでしょう。

※出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

【職種・業種別】30代の平均年収

スーツを着た女性二人

ここからは、職種・業種別の30代平均年収を見ていきましょう。代表的な職種・業種をピックアップしました。

職種・業種 平均年収
金融業・保険業 422.1万円
情報通信業 393.96万円
医療・福祉 339.36万円
製造業 305.28万円
サービス業 317.43万円

職種・業種別に平均年収を見ていくと、金融業・保険業の平均年収が一番高いという結果になりました。

 金融業・保険業は個人の努力次第でインセンティブをもらいやすい業種です。そのため、ほかの職業よりも、平均年収が高い傾向にあります。

一方、最も平均年収が低い業種は製造業です。製造業はパート・アルバイトで働いている人も多く、平均年収が低くなりがちです。

特に、製造業で働く女性の平均年収が低い傾向にありました。女性ならではのライフイベントも関係するかもしれません。

※出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

【男性・女性別】30代の年収の中央値

グラフ

30代は性別によって働き方がさまざまなので、男性・女性で年収が異なります。

この章では、厚生労働省「賃金構造基本統計調査」と国税庁「民間給与実態統計調査」をもとに、30代の男女別年収を解説するので参考にしてみてください。

30代男性の年収中央値

30代男性の年収中央値は、30~34歳で約458万円、35~39歳で約518万円です。

30代の年収は企業や業界によっても異なりますが、30代前半と30代後半で約60万円の差がつくことが分かります。

 30代後半は管理職などの役職に就く人が増えてくる時期なので、男性の年収は比較的高くなる傾向にあります。

年収はスキルや経験、保有資格によっても左右されるのが特徴。

より経験を積み、責任のある仕事が増えてくる30代後半は、大幅に年収がアップする可能性が高いと考えられます。 

より高い年収を目指したい人は、年収の高い業種や職種への転職がおすすめです。

30代女性の年収中央値

グラフ

30代女性の年収中央値は、30~34歳で約309万円、35~39歳で約311万円です。

男性と比較すると100万円以上低く、30代前半と後半の収入差がほとんどないことが分かります。 

 女性は、結婚や出産などのライフイベントをきっかけに離職や、時短勤務・非正規雇用などで働く人も多いため、年収があまり上がらないと考えられます。 

子育てが落ち着いたタイミングで再び正社員として働き始める女性もいるので、年収が上がる時期が男性と異なるのが特徴です。

30代女性は、収入よりもワーク・ライフ・バランスを優先せざるを得ない状況の人が多いと言えるでしょう。 

ただし、女性も男性と同様に、スキルと経験を最大限に活かせば年収アップを目指せます。

男女別の平均手取り年収

お金

男女別の平均手取り年収は以下の通りです。

男性 女性
30~34歳 約470万円 約315万円
35~39歳 約528万円 約314万円

中央値は男女の年収全体のほぼ真ん中の数字ですが、平均値は数値データをすべて足してその総和で割った数字を指します。

 中央値と同様、男性と女性では100万円以上の差があることが分かります。

また、男性は30代前半から後半にかけて大幅に年収がアップするのに対し、女性は若干下がるという結果になりました。 

平均値は極端に離れた数値の影響を受けやすいため、同世代の収入を正しく把握するなら、中央値を見るのがおすすめです。

30代で年収アップを叶えられる人の特徴

パソコンを操作する人

30代で年収アップを叶えられる人には、どのような特徴があるのでしょうか。チェックしておきたい特徴は以下のとおりです。

30代で年収アップを叶えられる人の特徴
  • 専門知識・スキルがある
  • マネジメント経験がある
  • 明確なキャリアプランがある

専門知識・スキルがある

専門知識・スキルがある人は、平均年収をアップしやすいです。専門知識・スキルがある人材に対して、給料に還元する企業が多い傾向にあります。

 例えば、マーケティング職に就いている人の場合、さまざまなツールを駆使して市場の情報を集めている人は、企業から重宝されやすいでしょう。

30代で年収アップを叶えたいなら、専門知識・スキルを身につけることが大切です。まずは、自分の職業に関係する資格取得を目指してみてください。

業務に関係する知識・スキルが身につけば、年収アップだけでなく仕事を効率化できます。

マネジメント経験がある

相談している女性

マネジメント経験がある人は、年収アップを叶えやすいでしょう。マネジメントは大きく分けて、2つの種類があります。

 ひとつは、後輩や部下の育成を意味するマネジメントです。部下の仕事を管理するだけでなく、必要であれば悩み相談にのります。

また、全体の進行を管理するのもマネジメントです。プロジェクトのリーダーになると、円滑にプロジェクトが進むようマネジメントしていきます。

どちらのマネジメントも、全体を見渡す広い視野や心配りが必要です。

マネジメント経験を通じて、社会人としてより成長できます。

明確なキャリアプランがある

明確なキャリアプランがあると、年収アップを叶えやすくなります。特に、5年後・10年後のキャリアプランが明確であればあるほど、年収アップを期待できます。

 例えば、メーカーの営業として働いている場合、より上流の企画やマーケティングへのキャリアアップが考えられるでしょう。

一般的に、キャリアアップすれば年収アップも期待できます。現状維持を目指すのではなく、常に高みを目指していると年収アップしやすいです。

どのようなキャリアアップが望めるのか、じっくり考えてみるのもおすすめです。

30代で平均年収よりも稼ぐための方法とは?

ネクタイを直す人

30代で平均年収よりも稼ぐためには、どのような方法が考えられるのでしょうか。ここからは、具体的に年収を上げる方法をご紹介します。

30代で平均年収よりも稼ぐ方法
  • 昇進・昇格を目指す
  • 副業する
  • 資格を取得する
  • 年収アップできる企業に転職する

昇進・昇格を目指す

確実に年収アップを目指すなら、現在働いている職場で昇進・昇格をする方法がおすすめです。

 昇進・昇格によって基本給がアップし、現在の年収を上回る場合があります。また、企業によっては、役職手当を支給してくれるでしょう。

しかし、昇進・昇格はすぐに達成できるわけではありません。年に1度しか昇進・昇給の機会を設けていない企業も多数見受けられます。

また、年功序列の企業では、30代で昇進・昇格は難しいでしょう。

すぐにでも年収を上げたい人は、注意が必要です。

副業する

デザインを行っている人

空いた時間で副業するのも、年収を上げるのに有効な方法です。クラウドソーシングによって、簡単に仕事を受注できます。

 しかし、副業をする場合は、本業に支障がない範囲で行わなくてはなりません。

もし本業に支障が生じると、副業禁止になる可能性もあります。

また、副業は業務終了後の時間や休日に行うケースが一般的です。本来なら余暇にあてる時間を仕事に回すため、身体を休められないデメリットが生じます。

副業を頑張りすぎるあまり、体調不良になってしまうと本末転倒です。

資格を取得する

ノートに文字を書いている人

業務に関連する資格を取得すると、年収アップを叶えられる場合があります。

 資格手当を支給してくれる企業であれば、資格を取得するだけで年収アップが叶うでしょう。

しかし、資格の難易度によっては、大幅に時間がかかる可能性もあります。仕事をしながら勉強する必要があるため、無理のないスケジュールを組みましょう。

また、企業によっては資格手当を設けていない場合もあります。

現職に資格手当があるか、事前に確認しておきましょう。

年収アップできる企業に転職する

すぐにでも年収アップを叶えたいなら、年収アップできる企業へ転職する方法がおすすめです。

 現職と似たような業務内容であっても、企業を変えただけで年収100万円以上アップする人も少なくありません。

1人で転職活動をするのが心細いなら、転職サービスの登録がうってつけです。自分に合った求人を紹介してくれるため、求人探しに時間がかかりません。

また、選考サポートをしてくれるのもメリットです。応募書類の添削や面接対策など、丁寧にサポートしてくれます。

転職のプロに何でも相談できるので、年収アップしたい人はぜひ活用してみてください。

転職で年収を増やすためのポイント

スーツを着ている男性

転職で年収を増やすためには、どのようなポイントがあるのでしょうか。気になるポイントを整理してみました。

転職で年収を増やすためのポイント
  • 成長している分野・業界を目指す
  • これまでの経験・スキルが活かせる仕事を選ぶ
  • 転職サービスを利用する

成長している分野・業界を目指す

年収アップを目指して転職する場合、成長している分野・業界を目指す方法がおすすめです。

 成長している分野・業界であれば、利益を十分に得ています。利益が従業員の給料に還元されるケースも少なくありません。

現在成長している分野・業界として、IT業界やEC業界、医療業界や電子部品・半導体業界などが挙げられます。

成長業界に絞って転職するのもおすすめです。

転職前に成長業界や分野の情報収集をするとよいでしょう。

これまでの経験・スキルが活かせる仕事を選ぶ

ハイタッチしている男女

これまでの経験・スキルが活かせる仕事を選ぶのも、年収アップを目的とした転職に欠かせません。

 そもそも、転職によって入社する中途採用者は即戦力の働きが期待されています。

即戦力で働ける人材には、給料を高めに設定するのが一般的です。

これまでの経験やスキルが活かせる職場であれば、年収の交渉もしやすいでしょう。転職前に実績やスキルを洗い出しておくことをおすすめします。

企業によってプラスの実績・スキルなら、年収の交渉もきっと良い方向へ進みますよ。

転職サービスを利用する

年収アップによる転職を成功させたいなら、転職サービスの利用がおすすめです。

 転職サービスには転職のプロが在籍しています。年収アップしたい旨を伝えたら、希望通りの転職になるようアドバイスしてくれるでしょう。

また、転職サービスによっては、非公開求人を多数保有しています。非公開求人は待遇の良い求人が多く、年収アップを希望している人にうってつけです。

非公開求人はほかの求人サイトに掲載されていない場合も多く、ライバルが少ないのも大きなメリットです。

年収700万円以上を稼ぐ30代の割合

グラフ

30代で年収700万以上を目指している人も多いのではないでしょうか。

この章では、年収700万以上を稼ぐ30代の割合と、稼ぎやすい業界を解説します。

30代で700万円以上稼ぐ割合は9.5%

2021年に公表された転職サイトdoda「平均年収ランキング(年代別・年齢別の年収情報)【最新版】」によると、30代で700万円以上を稼いでいる人の割合は9.5%しかいません。

全体の平均値は437万円で、最も高い平均年収は39歳男性の528万円でした。 

 業種や職種によっても平均年収が大きく異なります。 

最も平均年収の高い職種は「専門職(コンサルティングファーム/専門事務所/監査法人)」で627万円、最も平均年収が低いのは「事務/アシスタント系」で346万円と、その差は300万円近くに及びます。

業種で見ると「金融業」が530万円と最も高く、「小売/外食」が382万円と最も低い結果でした。 ※

事務系や接客業は、ほかの仕事と比較して大幅な年収アップが期待できないことが分かります。

dodaより

1,000万円は0.9%と少ない

30代で1,000万円以上を稼いでいる人は全体のわずか0.9%という結果でした。

900~1,000万円が1.4%、800~900万円が2.0%と、30代で高収入を得ている人は少ないことが分かります。 

 40代では2.9%、50代では9.3%と、年齢を重ねるごとに1,000万円以上稼いでいる人の割合が増えています。 

700~1,000万円の高収入を目指すには、マネージャーなどの管理職に就くことがポイントです。

経験やスキル、資格を活かした転職や昇進・昇給で、年収アップを目指しましょう。 

ハイキャリア向け転職エージェントを利用すると、1,000万円以上の求人を紹介してもらえることもあるので、ぜひチェックしてみてください。
dodaより

30代で700万円以上が狙える業界

パソコン

業界によっても年収に差が出てくるので、高収入を目指したいなら、年収の高い業界への転職がおすすめです。

2021年に公表された転職サイトdoda「平均年収ランキング(96業種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】」によると、最も平均年収の高い業界は「金融」「メーカー」、次いで「総合商社」、「IT/通信」という結果でした。

 小分類や勤務先によっても年収は異なるので、より高い年収を目指せるところをチェックしてみましょう。

「金融」の中で平均年収が最も高いのは「投信/投資顧問」

30代の平均年収は697万円、40~50代の平均年収は926~966万円なので、30代でも十分700万円以上が狙える業界だと言えるでしょう。 

平均年収が高い業界の特徴である「専門性や希少性が高いこと」を考慮して、転職に有利な資格を取得するのもひとつの方法です。

dodaより

30代で年収アップを目指すなら適正年収を調べよう

自分の年収を上げたい...と感じている人はまず、自分がどれくらいの年収をもらう価値があるのか、適正年収を知る必要があります。

適正年収が自分の今の年収よりも高ければ、転職によって年収アップの可能性があるでしょう。
dodaの年収査定サービスでは、無料の会員登録だけですぐに年収査定の診断を受けることができます。doda会員の186万人のビッグデータから算出された数字なので、信頼感もあります。
dodaの年収査定でわかること
  • 今の年収から何円アップするか
  • あなたの適正年収の求人
  • 転職によって年収がどう推移するか
診断結果のサンプルは以下のようになっています。

年収査定 今の年収から何円アップするかは以下のように表示されます。dodaは転職サイト・エージェントの機能もありますので、そのまま転職を開始することもできますよ。

年収診断

自分の市場価値を知ることは年収アップの近道になるでしょう。ぜひ年収査定を利用して、年収アップを達成しましょう。

年収アップを目指す人におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 保有求人が多く今よりも年収の高いハイクラス求人も見つかる
  • 転職のプロにキャリアアップ転職について相談、サポートを受けることができる
  • 年収アップの交渉も代行してくれる

リクルートエージェントの特徴

「リクルートエージェント」は保有求人と支援実績ともに豊富な転職サービスです。業種や職種を問わずたくさんの求人を保有しており、どの地域の求人でも見つけられるでしょう。

 これまでのサポート実績によるノウハウを蓄積したキャリアコンサルタントに、転職活動をサポートしてもらうことができます。

選考に重要な面接力を高めるセミナーも定期的に行われ、選考突破のためのポイントをレクチャーしてくれるのもうれしいポイントです。

面接力がアップすれば、キャリアアップ転職も叶うかもしれません。

年収アップを目指す30代がリクルートエージェントを利用するメリット

お金

公開求人の多さはもちろんのこと、登録しないとチェックすることのできない非公開求人も多く選択肢も広いため、年収がアップする企業を見つけることもできるでしょう。

 キャリアコンサルタントが企業とのやり取りを代行、年収交渉もしてくれます。

長年の支援実績による年収アップのための交渉術もあるため、自分で交渉するよりも成功率が高くなるでしょう。

選択肢を増やすという意味でも、登録しておくのがおすすめです。

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
得意分野・特徴 多数の非公開総合求人を誇る充実のサポートが強み
公開求人数 311,566件※2022年11月25日現在
利用可能地域 全国
拠点 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 業界専任制のキャリアコンサルタントによる丁寧なサポート
  • 独自のパイプによる幅広い保有求人で年収の高い求人にも出会える
  • 年収交渉も代行してくれるので希望も叶いやすい

マイナビエージェントの特徴

「マイナビエージェント」は、業界専任のキャリアコンサルタントが転職をサポートしてくれるサービスです。独自のパイプによる求人を多く保有しており、希望に沿った提案をしてもらうことができます。

 企業側と求職者側の両方に希望をしっかり確認する点が、マッチ度の高い提案につながっているようです。

相談のしやすさも、転職エージェントを選ぶうえで重要なポイントになります。土曜や夜間の相談もでき、LINEという選択肢も用意されているため、相談のハードルも低いでしょう。

仕事と転職活動の両立に頼れるサポートになります。

年収アップを目指す30代がマイナビエージェントを利用するメリット

お金

「マイナビエージェント」は転職経験がなくても安心して利用できる、丁寧なサポートに定評があります。

業界に詳しいキャリアコンサルタントに今後の相談や自己分析などすべてサポートしてもらうことができるため、今よりも年収の高い企業への転職も成功しやすくなるでしょう。

 独自のパイプによる独占求人や大手企業の求人も多く、ハイクラス求人に出会える可能性もあります。

希望すればキャリアコンサルタントが年収交渉も代行可能。たくさんのノウハウを保有しているため、自分で交渉するよりも成功率が高くなるでしょう。

担当者に全面的にサポートしてもらうのが、希望を叶えるポイントです。

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
得意分野・特徴 IT・WEBサービスエンジニア・モノづくりエンジニア・営業職の求人
公開求人数 ※2022年11月25日現在
利用可能地域 全国
拠点 京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 高年収を期待できるハイクラス求人を多く取り扱う
  • 自分の転職市場での価値を把握できる
  • 優秀なヘッドハンターに出会える可能性もある

ビズリーチの特徴

「ビズリーチ」はスカウトによる転職活動がメインの転職サービスです。

職務経歴書の登録により、興味を持ってくれた企業やヘッドハンターからスカウトが届き、気になるものがあれば返信して選考を進めることができます。

 受け身の転職活動ができるため、仕事が忙しくなかなか時間が取れない人も活用しやすいでしょう。

企業からのスカウトであれば、直接メッセージをやり取りして選考の相談をすることができます。

有料会員になれば利用できる範囲が広がるため、本気で転職したいなら検討しましょう。

年収アップを目指す30代がビズリーチを利用するメリット

お金

「ビズリーチ」はハイクラス求人を多く保有しているのが特徴で、キャリアアップ転職を目指す人に最適なサービスです。

取り扱っている求人の1/3が年収1,000万円越えとなっているため、年収アップしたい人は登録しておくのがいいでしょう。

 30代が多く利用しているサービスで、自分の転職市場の価値を把握したい人にもおすすめです。

ヘッドハンターは多くの転職活動をサポートしてきた経歴があり、求人も保有しています。相性の良いヘッドハンターに出会うことができれば、転職活動を効率的に進めることができるかもしれません。

スカウトをもらうには職務経歴書を充実させるのがポイント。アピールポイントをしっかり記載しましょう。

運営会社 株式会社ビズリーチ
主なサービス(機能)
  • プラチナスカウト
  • 求人検索
  • ヘッドハンター情報閲覧・検索
得意分野・特徴 厳選された企業から直接ハイクラススカウトが届く
公開求人数 84,488件※2022年11月25日現在
利用可能地域 全国
拠点 東京/名古屋/大阪/福岡/静岡/広島

よくある質問

年収アップを目指す人におすすめの転職エージェントは?

リクルートエージェント、マイナビエージェント、dodaがおすすめです。いずれも大手転職エージェントのため求人数も多く、充実したサポート体制が魅力です。無料で利用できるため、ぜひチェックしてみてください。

30代の平均年収は?

30代の平均年収は437万円です。20代の平均年収よりも、およそ96万円高い結果になりました。ただし、学歴別・性別・職種別でみると、平均年収は多少前後します。

30代の平均年収が高い業種はなに?

30代の平均年収が高い業種は金融業・保険業です。金融業・保険業は頑張り次第で、インセンティブがもらえる職場が多数見受けられます。そのため、ほかの職業よりも、平均年収が高い傾向です。年収アップを目指して転職を考えている人は、参考にしてみてください。

30代女性は男性と比べてなぜ平均年収が低いの?

30代女性は結婚・出産など、女性ならではのライフイベントがあります。フルタイム勤務が難しく、会社を退職する人も少なくありません。また、夫の扶養内でパート・アルバイトをする人もいます。そのため、男性よりも女性の年収が低くなりがちです。

30代で年収アップを叶えられる人の特徴は?

30代で年収アップを叶えられる人の特徴は以下のとおりです。

・専門知識・スキルがある
・マネジメント経験がある
・明確なキャリアプランがある

30代で平均年収よりも稼ぐ方法は?

30代で平均年収よりも稼ぐ方法は下記を参照してみてください。

・昇進・昇格を目指す
・副業する
・資格を取得する
・年収アップできる企業に転職する

転職サービスを利用するメリットは?

転職サービスを利用するメリットは以下のとおりです。

・転職のプロにキャリア相談できる
・非公開求人を紹介してくれる
・選考サポートを受けられる

転職サービスは在職中でも利用できる?

転職サービスは在職中でも利用可能です。転職サービスに登録したからといって、必ずしも転職する必要はないので安心してください。転職のプロがあなたの実績・スキルや希望条件をヒアリングし、転職をするべきかどうかアドバイスしてくれます。気軽に相談してみるとよいでしょう。

まとめ

30代の平均年収は437万円です。平均年収を上回る年収を得たいなら、昇進・昇格や資格取得を目指すことをおすすめします。

また、成長している分野・業界への転職も有効な手段です。成長している分野・業界であれば、従業員に給料として還元してくれるでしょう。

もし1人で転職活動するのが心細いなら、転職サービスへの登録がおすすめです。転職のプロが丁寧に寄り添ってくれるため、年収アップを目的とした転職を叶えやすくなります。

ぜひこの記事を参考にして、30代でも年収アップを目指してください!

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事