36歳の転職は難しい?転職で重視されるポイントや成功のコツも解説

36歳の転職は難しい?転職で重視されるポイントや成功のコツも解説

スキルや実績がないと36歳で転職は厳しい、条件に合う企業が見つからないとイメージする人も多いのではないでしょうか。

36歳の転職では、若い頃とは求められるスキルや採用基準が異なります。

企業が30代後半の人材に何を求めているのかを理解することが、成功の近道だと言えるでしょう。

そこでこの記事では、36歳の転職事情重視されるスキル成功するためのコツなどを解説していきます。

この記事で分かること
  • 【男女別】36歳の転職事情
  • 36歳の転職が厳しいと言われる理由
  • 36歳の転職に求められる経験・スキル
  • 36歳の転職を成功させるコツ

36歳の転職におすすめの転職エージェントも紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

【男女別】36歳の転職事情は?

データを見る男性

厚生労働省の「令和2年雇用動向調査結果の概況」における年齢階級別入職率・離職率のデータを参考に、36歳の転職事情を解説します。

男性

35歳〜39歳男性の入職率の推移は8.2%となっており、女性と比べ入職率は低水準です。入職率・離職率共に20代〜50代にかけて年々低下しています。

また、転職者の多い25〜29歳の入職率15.8%に対して、35歳〜39歳男性の離職率は7.6%低い結果となりました。

30代前半は離職率よりも入職率の方が高く、30代後半になると離職率が入職率を上回っています。

36歳男性の転職は20代〜30代前半に比べて難航する可能性が高いと言えます。

女性

女性

35歳〜39歳女性の入職率の推移は、14.2%です。同年代の男性の入職率と比べ6.0%高い結果となりました。

20代以下〜30代前半にかけて入職率・離職率は年々低下していますが、35歳〜39歳、40歳〜44歳では入職率が30代前半を上回っています

30代前半では離職率が上回っているのに対し、35歳〜39歳の入職率・離職率はおおむね同率です。

統計から見て30代後半から40代前半にかけて転職を成功させている女性が多いと言えるでしょう。

36歳女性の転職は30代前半と比べて、若干有利であることが分かりますね。

転職におすすめの職業

先ほどの令和2年時点の厚生労働局の産業別データでは、情報通信業や鉱業の入職率が離職率を大きく上回る結果となりました。

 また、建設業、運輸業、不動産、技術サービス業なども入職率が高水準であり、転職しやすい職種だと言えます。

なお、新型コロナウイルスの影響を受け、娯楽や生活関連サービス、宿泊業の入職率・離職率が大幅に減少しており、今後の景気回復によって増員が見込まれます。

36歳の転職が厳しいと言われる理由とは

困る男性

即戦力になるスキルが求められる

36歳の転職には即戦力になるスキルやその業界に通用する実績が必要です。

 スキルレベルが同率もしくは僅差の場合、若い人材を企業は採用する傾向があります。

管理職やマネジメントなど、部下をまとめる役割は若いうちに経験することができないスキルの一つです。

36歳の転職ではリーダー性やカリスマ性が即戦力のスキルとして重視されると言えるでしょう。

若い頃に比べて採用されにくい

働く人たち

統計的に見ても若い世代の方が転職には有利だと言えますが、管理職やマネージャーのポジションでは経験が優遇される可能性が濃厚です。

 大手やベンチャー企業では年齢問わず優秀な人材を募集しているため、履歴書や職務経歴書、ポートフォリオを充実させておくと採用率が高まります。

20代の転職では人柄や熱意が重視される傾向がありますが、36歳の転職では企業理念への共感とフォロワーシップが求められます。

自分の役割を明確に分析し企業への貢献度をアピールすることで若い世代との差別化を図りしましょう。

条件に合った転職先が見つからない

条件に合う企業が見つからないということは数多くの企業の中から選びきれない、または条件を妥協できないのかもしれません。

36歳が最後の転職になると想定している人も多いでしょう。

 失敗できないという思いから自己判断できず、転職先が見つからないケースは少なくありません。

第三者の意見を受けて自分の市場価値を把握することも、36歳で転職を成功させるためのポイントです。

転職の軸がブレないように注意しつつ妥協できるポイントも考えてみてはいかがでしょうか。

スキルなしでも大丈夫?36歳の転職で重視されるポイント

パソコン

前職で得た経験や実績

36歳の転職では前職で得た経験や実績が重要視されます。優秀な人材ほど採用率が高いと言えますが、その業界に通用する資格の有無も選考基準となります。

 スキルや資格がなくても前職で身につけた技術や貢献度をアピールするのも一つの手。その企業にとって採用するメリットを感じさせることが重要です。

企業ごとに求められる経験や実績を考慮してレジュメを作成しましょう。

社風への理解・順応性の高さ

働く人

30代後半の転職では転職後の人付き合いや慣れない業務に悩まされることも多いでしょう。

 企業風土や方針への理解が深いほど、転職後に大きなギャップを感じることなく環境に早く馴染むことができます。

企業は入社意欲が高く仕事への熱意がある人材を採用したいと考えています。

企業全体の価値観や信念への理解を示し、入社後の順応性をアピールするのがおすすめです。

部下の育成能力やマネジメントスキル

前職で管理職や重責な役割を任されていた人は、具体的なエピソードやチーム全体の功績などを交えて意欲を伝えてみてはいかがでしょうか。

企業側は36歳の人材に対して部下の育成を安心して任せられるか、リーダーとしての資質を重視しています。

前職で培った教育のメソッドや成果が思わぬ評価につながることもあります。また、部下の管理だけでなく企業におけるマネジメントスキルも欠かせない要素の一つです。

 全体の構造をどのように変革すべきか、入社後に達成したい目標、具体的な施策とその効果、マネジメントの成功例などをまとめておきましょう。

36歳の転職を成功させるコツ

仕事中

自分の実力に見合った企業を探す

自分の実力以上の企業へ応募しても採用される確率は低いと言えます。また万が一採用されても、周囲に追いつくためには人一倍の努力と忍耐が必要です。

36歳の転職では即戦力になる優秀な人材が求められるため、お互い後悔することになりかねません。

 企業とのミスマッチをなくすためにも優遇されるスキルや資格、求められている人材を確認し大きくずれがない求人に応募しましょう。

スキルアップを目標として実力以上の企業を選ぶ場合は、現時点で実力と今後の方針を正直に話しておくことが大切です。

転職がゴールと考えるのではなく、入社後の立場や精神的な負担を考慮して自分の実力を発揮できる企業を探しましょう。

学びの環境が整っている企業では、意欲さえあればたとえ実力が不足していたとしても受け入れる可能性もあります。

即戦力を募集している企業を検討する

働く人

即戦力を募集している企業に絞って活動を行うのもおすすめです。企業は欠員や事業拡大、新設部署の立ち上げなど、何かしらの理由で即戦力を募集しています。

 新卒やその業界での実務経験が浅いと即戦力とは言えませんが、36歳であれば経験・スキル共に評価される可能性が濃厚です。

新型ウイルスの影響を受け多くの人材を雇うことができなくなり、即戦力を募集する企業が近年増加しています。

成果=評価という考え方の企業でも、年齢問わず即戦力が重宝されます。

成果型の企業への転職は、社の成長に貢献したいという意欲的な人材に適しており、いわゆる実力社会であるため成果を上げるほどキャリアアップが目指せます。

人材の育成も重要ですが、限られたリソースで会社の功績を上げるためには即戦力となる人材が求められるのです。

辞職する前に転職活動を行う

TODOLISTとペン

在職中に転職活動を行うことで自分に合った企業をじっくり探すことが可能です。

企業の社宅や寮などを借りたまま転職活動を行えるため、引越しや身の回りの整理をする必要もありません。

また、転職先が決定してから辞職を申し出ることで、引き留められた時にも断りやすいと言えます。

さらに収入が途切れる心配も無いため、経済的にも安心して転職に伴う準備を進めることができます。転職が急務でない場合は長いスパンで活動を行うのが良いでしょう。

 なお在職中の転職活動が企業の規定で禁止されている場合もありますので各規定や契約書の内容をご確認ください。

どの年代にも言えることですが転職が必ずしも成功する保証はありません。

辞職せずに転職活動を行えば、もし転職がうまくいかなくてもこれまで通り仕事を続けられますね。

36歳で転職するなら転職エージェントを利用しよう

スーツ姿の男性

転職エージェントは、自分に合った企業をアドバイザーが紹介してくれるサービスです。

 キャリアや実績、希望条件をもとに数多くの企業の中から適合度の高い企業を厳選。自分で求人を検索する必要が無いため、在職中で時間が取れない人にもおすすめです。

転職のプロによる書類の添削、模擬面接が受けられるため、転職経験の無い人でも安心して活動を進めることができます。

また、公開求人とは別に一般では閲覧できない非公開求人を紹介してもらえるのも大きなメリットです。

 紹介される企業の年収・業種・部署などから自分の市場価値を把握することができます。

思いもよらなかった優良企業や、未経験の業種を紹介してもらえることも考えられます。

36歳の転職でおすすめの転職エージェント5選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 公開求人・非公開求人が充実
  • 各業界の転職に詳しいキャリアアドバイザーが在籍
  • 専門領域に特化した転職支援
  • 完全無料で利用可能

多くの求人の中から選びたい人におすすめなのが、リクルートエージェントです。

提出書類の添削から模擬面接まで、各業界に精通したキャリアアドバイザーが転職を徹底サポート。数多くの公開求人の中から自分のスキルや経験が活かせる企業を紹介してもらうことができます。

 一般公開されていない非公開求人数10万件(※1)以上の中から優良企業と出会える可能性も濃厚です。

専門分野に特化した転職支援が受けられるため、資格やスキルが活かせる職場へ転職したい人にもおすすめ。

転職セミナーやイベント、オンラインLIVEでは、転職に役立つノウハウを学ぶことができます。

公開求人数※2022年4月24日時点 184,190
主なサービス・機能
  • 転職イベントの開催
  • 書類添削・面接対策
  • 職務経歴書作成ツール
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

出典:リクルートエージェント
※1  2020年8月時点

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 非公開求人と独自求人の紹介
  • 専任制の業界別キャリアアドバイザーが在籍
  • 企業担当アドバイザーのバックアップを受けられる
  • 完全無料で利用可能

求職者に寄り添った親身な転職支援なら、マイナビエージェントがおすすめです。マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは、業界ごとの専任性となっています。

 企業側の人事担当者とやり取りするアドバイザーが在籍しており、職場の風土など求職票には掲載されていない情報を受けとることが可能です。

年代・転職回数別に適したサポートが受けられるため、36歳で過去に転職経験がある人にもおすすめです。応募書類の添削や模擬面接はもちろん、内定後のバックアップも充実しています。

公開求人数※2022年4月24日時点 36,697件
主なサービス・機能
  • 転職回数・年代別サポート
  • 応募書類の添削や条件交渉
  • 企業のインタビューや職場環境の紹介
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社マイナビ

出典:マイナビエージェント

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • ハイクラス限定の転職サービス
  • ミドル層や役職者の好条件転職
  • 優良企業や一流ヘッドハンターによるスカウト方式

年収600万円以上のハイクラス転職ならビスリーチがおすすめです。ビズリーチは、年収1,000万以上の求人が3分の1を占めています。

 ビズリーチではスカウト方式を採用しており、厳選された17,100社の優良企業と5,100人(※1)の一流ヘッドハンターと直接コンタクトを取ることができます。

36歳の転職では自分の市場価値を把握しておくことが重要です。スカウトされた業種や定時された条件から、企業が自分に感じる可能性や、キャリアの選択肢を発見できるでしょう。

管理職や役職者などミドル層のハイキャリア人材に適した転職サービスです。

なお、ビズリーチでは新規登録後に審査を実施しています。具体的な審査基準は公表されていませんが、ビズリーチに掲載している求人情報の応募条件を満たすキャリアであることが条件です。

公開求人数※2022年4月24日時点 73,014件
主なサービス・機能
  • 有料プランへのアップグレード
  • ヘッドハンター検索
  • 英文レジュメの登録
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社ビズリーチ

出典:ビズリーチ
※1 2021年7月現在

doda

doda

おすすめポイント
  • 転職サイトと転職エージェントの一体型のサービス
  • 業種・地域に精通したエージェントが専任
  • 営業系求人に強い
  • 完全無料で利用可能

転職サイトと転職エージェントが一体となっているのが、dodaの特徴です。

各業界の転職市場に精通した専門スタッフが、非公開求人含む約10万件の求人の中から自分に合った企業を紹介してくれます。

Web履歴書に興味を持った企業から直接オファーが届くスカウトサービスも利用できます。

 匿名で登録できるため活動を知られたくない人にもおすすめ。特定企業が閲覧できないよう非公開にすることも可能です。

書類選考が不要の面接確約オファーやプレミアムオファー、非公開求人のオファーも受けられます。

転職のプロによるサポートを受けながら自分でも求人を探せるため、効率的に転職活動を行うことが可能です。

応募や企業とのやり取りを代行してくれるので、気になる求人を見つけたら相談してみましょう。

公開求人数※2022年4月24日時点 130,624
主なサービス・機能
  • エージェントサービス
  • スカウトサービス
  • パートナーエージェントサービス
  • イベント・セミナーの開催
  • 診断・書類作成ツール
利用可能地域 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

出典:doda
※公式サイト表記

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

おすすめポイント
  • ハイクラス向け転職スカウトサービス
  • 企業からの直接スカウトを受けられる
  • 上級管理職の転職に強い
  • 完全無料で利用可能

リクルートダイレクトスカウトは、ハイキャリア人材が利用するスカウト形式の転職サービスです。

 匿名レジュメを登録して待つだけで約300社の企業、3,000名以上のヘッドハンターからスカウトが受けられるため、効率的に転職を行うことができます。

非公開求人の紹介や優良企業からのスカウトを受けられる点が大きなメリット。企業の間に入って有力な情報を提供してくれるヘッドハンターの存在が心強い味方です。

企業と直接コンタクトが取れるため検索応募から書類選考までのプロセスを大幅に短縮でき、より条件の良い職場への転職が可能になります。

今は大手企業ではなく将来性のあるベンチャーや中小企業の成長に貢献したいと考える人も多いようです。

公開求人数※2022年4月24日時点 215,332件
主なサービス・機能
  • ヘッドハンターがスカウトで企業を紹介
  • ハイクラス転職事例や業界トレンド情報公開
  • 「顧問求人」のスカウト
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

出典:リクルートダイレクトスカウト

まとめ

この記事では、36歳の転職事情や、36歳の転職が厳しいと言われる理由、成功のコツについてご紹介しました。

36歳の転職は高いスキルや経験以外にも、部下の管理能力やマネジメント力が重視されます。また、36歳で転職を成功させるためには自分の市場価値を把握することが大切です。

そこで、自分に合った企業を紹介してくれる転職エージェントや、企業から直接オファーが届く転職スカウトサービスがおすすめです。

記事内では、36歳の転職で利用したいおすすめの転職エージェントを紹介したため、うまく活用しながら効率的に転職活動を行いましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事