34歳の転職は遅い?難しいと言われる理由や成功のポイントも解説

34歳の転職は遅い?難しいと言われる理由や成功のポイントも解説

34歳での転職は「厳しい」「難しい」と言われがちです。たしかに、転職先の企業には即戦力としての働きを求められたり、応募できる求人が絞られたりと20代の頃の転職と状況が異なるのは事実です。

しかし、34歳では転職できないかと言ったらそうではありません。

コツを押さえ、選考対策を行えばむしろキャリアアップやスキルアップも不可能ではありません。

本記事では、34歳での転職が難しいと言われる理由や、34歳での転職のメリット・デメリット、求められるスキルや転職を成功させるコツを紹介します。

この記事でわかること
  • 34歳での転職難易度
  • 34歳で転職するメリット・デメリット
  • 34歳の転職で求められるスキル
  • 34歳の転職で成功する人・失敗する人
  • 34歳での転職を成功させるポイント

さらに、34歳での転職におすすめの転職エージェントもご紹介。転職活動を始めるにあたって不安を感じている方はぜひ参考にしてみてください。

34歳での転職は遅い?難しいと言われる理由は?

スーツ

34歳での転職が遅い・難しいと言われる理由の最たるものに「35歳転職限界説」があります。

昔から転職市場では「転職できる上限の年齢は35歳まで」と言われており、34歳という転職上限年齢ギリギリでの転職は厳しいと考える人は多いです。

 しかし、総務省の「令和3年労働力調査」では転職者を年齢層で分けた結果、最も多いのは『25~34歳』で66万人、次いで『35~44歳』で55万人となっています。

34歳の転職は難しいどころか、むしろ多いということが分かるでしょう。

また34歳の転職が難しいと言われるもう一つの理由として、未経験職種への挑戦やポテンシャル採用のハードルが上がってしまうということもあります。

たしかに30代ともなると会社は即戦力としての働きを求めますから、20代のようなやる気や熱意をアピールする転職活動は難しいでしょう。

そのため、34歳での転職ではこれまでに培ったスキルや経験を生かせる仕事を選ぶ必要があります。

会社によっては若手よりも経験や能力のある優秀なミドル層を求めているところも多く、交渉次第では年収や待遇がアップする可能性もあるでしょう。

34歳でも十分に転職を実現できる可能性があることが分かりますね。

出典:令和3年労働力調査|総務省統計局

34歳で転職する3つのメリット

スーツを着た男性

34歳で転職するメリット
  • 自分の得意・不得意分野が分かっている
  • 企業とのミスマッチを起こしにくい
  • 年収アップを狙える

34歳の転職では、新卒の頃の就職活動とは違ってある程度の社会人経験があるため、仕事における自分の得意・不得意分野をきちんと理解できています。

これまでの実績や経験から、応募先の企業で自分の得意分野をどう活かせるか、また不得意分野をどうカバーすべきかも分かっていますので、手探り状態ではなく、ある程度的を絞ってポイントを抑えた転職活動ができます

 これまで働いていた経験から自分と相性の良い会社や上司も分かっていますから、若いころの就職・転職時のときと違い、入社後に「こんなはずではなかった」とミスマッチを起こす可能性も低いでしょう。

また年齢相応かそれ以上のスキルや経験があり、それを生かせる会社に転職すれば年収アップを狙える可能性もあります。

特に30代は中途採用での需要が高い年齢ですので、会社から即戦力と見なされれば交渉やアピールの仕方次第で好条件での入社も可能となるでしょう。

もし、アピールや交渉が苦手な人は、会社とのやり取りを代行してくれる転職エージェントの利用がおすすめです。

34歳で転職する3つのデメリット

悩む男性

34歳で転職するデメリット
  • 即戦力としての働きを求められる
  • 未経験分野への転職が難しい
  • 態度や振る舞いといった人間性も重視される

34歳の転職者を採用する企業は、転職者には20代などの若手のように一から仕事を教える必要がなく、すぐに即戦力として力を発揮してくれることを期待しています。

そのため、当初から自分の経験やスキルを生かせる会社に就職できなければ、上手くいかず再転職することになってしまう恐れも。

ですから、34歳での転職では未経験職種や実務経験のない分野への転職は20代と比べて難しくなる傾向があります。

 まったく経験のない業界でも転職が上手くいくケースもありますが、大幅に年収が下がってしまったり同僚とのギャップに苦しむという可能性もありますので、転職にはそれなりの覚悟が必要です。

また34歳の転職では経験・スキルに加えて職場に馴染めるか、社員に良い影響を与える人材かどうかといった点も重視されます。

たとえ十分な経験やスキルを持っていても他の社員に高圧的な態度をとったり、周囲に馴染めず職場の雰囲気を悪くしてしまう人材では困ります。

採用時に人柄や人間性も含めて評価されるといった点は、34歳の転職ならではの条件と言えるかもしれません。

34歳の転職で求められるスキル

仕事をする男性

即戦力になれるスキル

先述したように、34歳の転職で最も重視されるのは即戦力となれるスキルです。

会社が34歳の応募者を採用するのは社会人経験を生かして、すぐに自社で活躍し成果を上げてくれる人材を求めているためです。

 20代の就職・転職と異なり、基本的には「ポテンシャルを買って採用する」「一から育てる」といったことはなく、即戦力として会社へ貢献し利益を上げられる即戦力スキルをアピールできなくてはいけません。

自分がこれまで積み上げてきた実績・経験や、得てきた資格・スキルを整理し、入社後にどう活躍できるかをしっかり伝えましょう。

会社によっては単なる人員補充ではなく会社の抱える課題や問題を解決できる人材を求めているケースもあるため、その場合は即戦力プラスアルファの高いスキルが必要です。

マネジメントスキル

会議

会社は34歳の転職者に対し、将来的にリーダーや管理職となることを期待しています。もし充分なスキルや経験があると判断されれば、早々に責任のあるポジションを任される可能性もあるでしょう。

 そのため、34歳の転職ではスキル・経験のほかに、マネジメントスキルやリーダー経験も求められます。

34歳ともなれば、これまでにチームリーダーや管理職の経験をしたことのある人もいるはずです。

もし、そうした経験があるのなら「部下にどう指示を出し、まとめてきたか」「部下にどんな指導をしてきたか」「チームでどのような成果を挙げられたか」などを具体的なエピソードを踏まえて話せると良いでしょう。

経験や実績に加えて、マネジメントもできる人材であることがアピールできれば、採用の確率はぐっと高まるでしょう。

コミュニケーションスキル

仕事上でのスキルとともに、社内の人間関係を良好に保てるコミュニケーションスキルも重視されます。

もともとは実績やスキルがある優秀な人材でも会社に上手く馴染めず、本来の能力を発揮できないというケースがあります。

 また、実績があることで周囲に傲慢な態度をとったり、周囲に気を遣わせたりしてチーム全体のモチベーションを下げてしまう人も。

それでは会社全体の効率や利益を下げることになってしまうため、転職者が「自社に上手く馴染めそうか」「周囲と円滑にコミュニケーションがとれるかどうか」といったコミュニケーションスキルも求めているのです。

34歳での転職に成功する人の特徴

スーツ姿の男性の手と電球

34歳での転職に成功する人の特徴
  • 年齢や職歴にあった経験やスキルを身につけている
  • 自己分析や企業研究をしっかり行っている
  • 一貫したキャリアプランがあり転職の目的が明確

34歳の転職を成功させるためには、まず年齢や職歴に見合った経験・スキルが必須です。

選考では転職者がこれまでにどのような経験をし、どんな実績をあげてきたか、仕事をする中で身に付いたスキルや取得した資格を聞かれます。

 経験・スキルを具体的なエピソードとともに語れることはもちろん、入社後にどう活かせるかといったことも説明できる人が転職に成功しやすいでしょう。

また、自己分析や企業に関する綿密な情報収集を行うことで会社とのミスマッチを防げます。

一見給与や待遇が良く見えても、社風が合わなかったりスキルや経験が生かせない職場では、働き続けられず転職を繰り返してしまう恐れがあります。

もしきちんと自己分析や企業研究ができていれば、面接で会社が求める人物像に合わせてスキルや実績をアピールできるため、選考に通りやすいといったメリットも。

「会社でどんな仕事をしたいか」「なぜ転職するのか」「自分はどうなりたいのか」といったような、自分の軸を明確に持っている人なら、その理由を自信を持って伝えられるため転職が上手くいく可能性は高いです。

34歳で転職を成功させる人の多くは、一貫したキャリアビジョンやプランを持っていることが多いです。

34歳での転職に失敗する人の特徴

悩む女性

34歳での転職に失敗する人の特徴
  • キャリアプランがない
  • 転職の優先順位が決まっていない
  • プライドが高い

転職に失敗する人のほとんどに当てはまるのが、「キャリアプランを持っていない」「キャリアプランが漠然としている」といった特徴です。

転職に関して明確な目的を持っておらず、将来のビジョンがないまま転職活動を始めてしまうことで、面接官の質問に答えられなかったり、たとえ上手くやり過ごして就職できたとしても、続かなかったりすることがあります。

 「転職を通して何を叶えたいのか」「仕事を通して将来どうなっていたいのか」といった計画やキャリアビジョンは、転職活動を始める前に定めておく必要があるでしょう。

また人間関係や仕事内容・給与などに不満があり「今の職場から逃げたい」という一心で転職活動をしてしまうと、根本的な解決にはならないため転職先でも同じ不満を抱えてしまいます。

もし現在、職場への不満から転職を考えているなら上司への相談や異動など転職する以外で自分にできることはないかをまずは探してみましょう。

転職後は、プライドをいったん捨てることも大切です。前職でどのような役職についていたとしても、新しい職場では立場は新入社員と同じです。

34歳での転職となると年下が上司になることもあり得るため、指導を受けたり注意されたときでも謙虚なふるまいを心掛けましょう。

言葉遣いに気を付けたり、気配りをして周囲に気を遣わせない努力も必要です。

34歳の転職を成功させる6つのポイント

仕事内容

転職エージェントを上手く活用する

転職エージェントを活用することで、転職の成功率アップに加えて、転職活動の効率化が狙えます。転職エージェントは転職者の希望や適性に応じて求人を紹介してくれるサービスです。

 また、応募書類の添削や模擬面接など一人ではなかなかできない選考対策・指導で転職活動をサポートしてくれます。

紹介する求人には、一般の求人サイトでは見られない好条件の非公開求人もありますので、年収アップや待遇アップ転職を目指す人にもおすすめです。

キャリアプランを明確にする

パソコンとノートを広げて勉強する人

34歳の転職では「自分が何のために転職をするのか」「どんなキャリアを歩みたいのか」「将来目指したい姿は何か」を明確にして転職活動に臨みましょう。

 30代は、20代の頃ほど転職のハードルは低くありませんし取れる選択肢も限られてきます。「なんとなく転職してみたがやっぱり違う」と思っても、そうやすやすと転職先は見つかりません。

また、会社側も30代の転職者の採用においては「どんなキャリアビジョンを持っているのか」「自社でどう活躍したいのか」を厳しくチェックします。

キャリアプランやビジョンが漠然としていて、転職の目的が曖昧なままでは選考でつまづいてしまうでしょう。

スキル・経験の棚卸をする

転職活動を始める前に、これまでの社会人経験で培ったスキル・経験の棚卸をしておきましょう。

自分がこれまで何をしてきたか、どんな実績を残し、どんなスキルを身につけてきたかということから自分の強みを見つけて自己アピールに繋げます。

 棚卸をすることで自分でも気づかなかった強みや弱み、得意分野が整理できますので、応募書類の作成時や面接時の受け答えにも役立ちます。

特に会社は34歳の転職者に即戦力となれるかどうかを見ていますから、これまで得てきたスキル・経験から会社にどのような貢献ができるかというところまで具体的に示せると良いでしょう。

応募先のリサーチを徹底する

パソコン

良いと思う応募先を見つけたら、リサーチをしっかり行いましょう。求人票や会社のホームページに記載されている情報だけが全てではありません

 給与が高い会社はその分残業が多くて離職率が高かったり、ホームページの写真や求人票を見て「雰囲気が良さそう」と思っても実際に勤めてみたら職場の空気がギスギスしていたということもあります。

そのため会社が発信している情報だけでなく、企業の口コミサイトに目を通してみたり転職エージェントから情報を得るなどしてリサーチを怠らないようにしましょう。

経験を生かせる求人を選ぶ

34歳の転職活動ではできるだけ自分の経験を生かせる求人を選びましょう。基本的に30代の転職では、実績やスキルを活かして会社の即戦力となれる人材が採用されやすいです。

 経験を生かせる求人を選ぶことで、34歳からでも十分キャリアアップ・年収アップも狙えるでしょう。

もし全く未経験の業界や職種に転職するとなると、採用の難易度は高く、また採用されても年収が下がるなど理想通りの転職とはならない可能性も高いです。

どうしても未経験業界・職種に挑戦したい場合は、コミュニケーション能力・マネジメントスキルといった業界業種を問わず役立つポータブルスキルを身につけてから転職することをおすすめします。

期間を決めて転職活動をする

カレンダーと時計

34歳の転職では、転職期間を決めて転職活動を進めましょう。転職は気力・体力を大きく消耗します。

 期限を決めずダラダラと取り組んでいると、なかなか転職先が決まらず転職自体を諦めてしまうことになったり、焦りから希望と合わない会社に転職を決めてしまったというケースもあります。

そのためには期限を決め、できるだけ短期間で内定が獲得できるよう、集中して取り組みましょう。

仕事が忙しく、転職活動に割ける時間が限られているようなら、会社との連絡や調整を代行してくれる転職エージェントの利用もおすすめです。

30代にとってはそう多くない転職のチャンスですから、無駄にしたくはないですよね。

34歳での転職におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 公開・非公開合わせた求人数は50万件超
  • 豊富な求人から、最適な求人を紹介
  • サービス利用者の6割超が年収アップを実現

リクルートエージェントは公開求人29万件を超える国内有数の転職エージェントです。登録すると紹介を受けられる非公開求人を合わせると50万件超の求人を保有しています。

 数多の求人の中から、業界に精通したキャリアアドバイザーが求職者の希望や実績・スキルに合う求人を紹介してくれます。

リクルートエージェントでは応募書類の添削や面接対策のサポートを受けられるため、初めての転職で不安という人や、転職の成功率をアップさせたい人にもおすすめです。

また、キャリアアドバイザーは年収交渉も行ってくれ、リクルートエージェントを利用して年収アップを実現した実績も。キャリアアップ・年収アップを目指す34歳の転職にはうってつけです。

リクルートエージェントはこれまでに45万人以上の転職支援を行ってきた実績があります。

公開求人数※2022年11月1日時点 290,896件
主なサービス・機能
  • 求人紹介
  • 選考対策
  • 面接日程調整
  • 年収交渉
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

出典:リクルートエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 登録者の80%が34歳以下
  • 業界・エリア特化のキャリアアドバイザーが転職を支援
  • 転職者に近い目線でサポートしてくれる

マイナビエージェントは「20代の転職エージェント満足度」でNo.1を獲得※1しており、20~30代の転職サポート実績が豊富な転職エージェントです。

34歳までの登録者が80%以上を占めている※2ことから、20~34歳で転職を考えている人にはぴったりのエージェントと言えるでしょう。

 キャリアアドバイザーは業界やエリアごとに選任され、各業界や会社ごとの詳細な情報を持っています。

マイナビエージェントはヒアリングや選考対策を親身になって行ってくれると定評があります。

また、年齢の近いアドバイザーも多数在籍しており、求職者に近い目線での転職サポートが期待できるでしょう。

未経験可求人も多いため、キャリアチェンジに挑戦したい人にもおすすめです。

公開求人数※2022年11月1日時点 —-
主なサービス・機能
  • 転職状況のヒアリング
  • 求人紹介
  • 応募書類添削
  • 模擬面接
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社マイナビ

出典:マイナビエージェント
※1:公式サイトより
※2:採用企業の皆さまへ|マイナビエージェント

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 管理職・プロフェッショナル人材向け求人を掲載
  • 全体の1/3以上が年収1,000万円以上求人
  • 30代でのキャリアアップ転職も目指せる

ビズリーチは管理職や専門職などのハイクラス人材に特化した転職エージェントです。

30~40代の即戦力人材を対象にしていますので、経験・スキルを生かした転職を目指す34歳の求職者にはうってつけのサービスです。

 求人の1/3以上が年収1,000万円以上で、30代転職者の転職後年収平均は840万円。キャリアアップと高収入が同時に狙えます。

ビズリーチには5,200人以上のヘッドハンターが在籍。求職者が登録した職務経歴書を見てスカウトします。

また、求人企業からも直接スカウトを受けられますので、自分では思ってもみなかったポジションや待遇での転職が実現することも。優良求人・ハイクラス求人に出会いたい求職者におすすめです。

ビズリーチには厳選された優良企業2万社以上が登録。「経験・スキルに自信がある」「市場価値を知りたい」という人は要チェックです。

公開求人数※2022年11月1日時点 83,765件
主なサービス・機能
  • スカウト
  • 求人検索
  • 職務経歴書登録
  • ヘッドハンターによる各種条件交渉
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社ビズリーチ

出典:ビズリーチ
※公式サイトより

まとめ

34歳での転職は、20代の頃と比べて即戦力スキルやマネジメントスキルが求められるものの、必ずしも転職が不利になるわけではありません。

これまで培ってきた経験・実績・スキルをアピールできれば、むしろ年収や待遇をアップさせて転職することも可能です。

しかし求人企業へ効果的にアピールを行い、理想の転職を叶えるためには、キャリアプランを明確にする・スキルや経験の棚卸をする・応募先のリサーチを徹底するといった工夫も必要です。

本記事ではおすすめの転職エージェントもご紹介したため、上手く活用しながら34歳の転職を成功させましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事