司法試験・予備試験の通信講座おすすめ4選を比較!選び方も紹介

司法試験・予備試験の通信講座おすすめ4選を比較!選び方も紹介

日弁連によると、司法試験の合格率は2021年で約41.5%(※)となります。合格を勝ち取るためには、当然それ相応の学習が必要です。

しかし、どのように試験勉強を取り組めば良いかがわからず迷ってしまう人は少なくありません。ましてや、独学となればスケジュール管理も大変です。

そこでおすすめとなる学習方法が、通信講座の活用となります。

今回は、司法試験・予備試験のおすすめ通信講座4選選び方などを紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること
  • 司法試験・予備試験の勉強におすすめの通信講座
  • 司法試験・予備試験におすすめの通信講座の選び方
  • 司法試験・予備試験の勉強で通信講座を使うメリット

通信講座を活用しながら効率良く司法試験・予備試験の合格を目指す人は、ぜひ参考にしてみてください。

法務省「令和3年司法試験の採点結果」により算出

司法試験・予備試験のおすすめ通信講座4選

アガルートアカデミー

アガルートアカデミー

アガルートアカデミーのおすすめポイント
  • オンライン完結で学びやすい
  • 受験に関する相談がしやすい
  • SNSでお役立ち情報を配信

アガルートアカデミー通信講座の特徴

アガルートアカデミーではオンライン完結で学べるため、通学が難しい人にとって非常に魅力的です。自分の好きな場所・時間を活用し、資格取得へ向けた学習に取り組めます。

 受験をするにあたって悩みは付き物です。アガルートアカデミーでは、電話・Zoom・メールといった方法で受講相談ができます。迷った際は、直接アドバイスを受けられるため安心です。

そして、SNSでは資格取得に向けたお役立ち情報を配信しているため、フォローをしておいて損はありません。

LINEを友だち登録することで、お得なクーポンや学習に関するコンテンツの配信、試験情報などが届きます。

アガルートアカデミー司法試験・予備試験講座の特徴

アガルートアカデミー

アガルートアカデミーの司法試験講座・予備試験講座は、令和3年の司法試験合格者占有率が47.8%(※1)と高い数値です。公式ホームページでは合格者の声が公開されているため、ぜひチェックしましょう。

 初学者・中上級者・個別指導とさまざまな講座が用意されており、自身のレベルに合わせて選択できます。

また、司法試験の難易度や1年で合格をするための勉強法、必要な勉強時間などをテーマにしたコラムが掲載されています。合格へ向け参考にできる情報があるため、目を通してみてください。

講座の価格例(税込)
  • 総合講義300/全7科目
    291,060円
  • 論文基礎力養成カリキュラム
    398,860円
  • 予備試験1年合格カリキュラム
    714,560円

など

主なサポート機能
  • 定期カウンセリング
  • 質問制度
  • ホームルーム
  • 受験相談
合格実績
  • 合格者:669名
  • 占有率:47.8%
運営会社 株式会社アガルート

出典:アガルートアカデミー
※公式サイトの文言による

資格スクエア

資格スクエア

資格スクエアのおすすめポイント
  • 独自のSQUAREメソッドに基づく勉強法を提供
  • 無料会員登録で60講義が見放題
  • すべての講義がオンラインで学びやすい

資格スクエア通信講座の特徴

資格スクエアでは、独自の学習メソッドとITの技術を掛け合わせることで、これまでになかった新しい教育サービスを提供しています。

 数ある資格のなかでも、法律系は習得すべき知識が多いためいかにして無駄・非効率を解消するかがポイントです。資格スクエアでは、受講生の学習負担の軽減に努めています。

無料会員登録をすることで、60もの講義動画が見放題です。登録は名前・メールアドレス・パスワードの設定・興味ある資格にチェックを入れるだけと簡単な手続きとなります。

実施されている講義はすべてオンラインとなるため、自宅はもちろん通勤・通学中のちょっとした時間を有効活用できます。スマートフォンがあれば、いつでも・どこでも学習可能です。

講義は見放題となるため、何度でも見直して知識を深められる点は大きな特徴であり魅力と言えるでしょう。

資格スクエア司法試験・予備試験講座の特徴

資格スクエア

資格スクエアでは、合格に必要なすべてが詰まった「オールインワンのフルパッケージ」を提供しています。講義の満足度は97.7%と高い数値です。

 受講生によるアンケートではオンライン機能の満足度は96%・カリキュラムの満足度は91%と回答しています。合格者の声も寄せられているため、ぜひチェックしてみてください。

合格フルパッケージは2種類あり、通常プランと製本テキストなしプランがあるため、自分に合っている方を選択しましょう。ワンクリック質問や学習進捗メールなどのサポート付きです。

勉強時間・難易度・論文という3つの壁に対し正しいアプローチを図ることにより、合格への最短ルートを提供してくれます。

講座の価格例(税込)
  • 予備試験講座合格フルパッケージ
    703,780円
  • 予備試験講座合格フルパッケージ(製本テキストなしプラン)
    659,780円
主なサポート機能
  • 添削
  • ワンクリック質問
  • 学習進捗メール
  • 延長サポート
合格実績 非公開
運営会社 株式会社資格スクエア

出典:資格スクエア
※公式サイトの文言による

STUDYing

スタディング

STUDYingのおすすめポイント
  • 短期間で合格した人の勉強法を研究しツールを開発
  • さまざまなスタイルでの学習方法を提供
  • 無料講座・セミナーを視聴できる

STUDYing通信講座の特徴

STUDYingは、長年に渡って短期合格者がどのように学習しているかを研究しました。

そして、心理学・脳科学など人間の能力向上に関する知見とも組み合わせ、効率的に実力を高める独自の勉強法「スタディングメソッド」を磨き上げたのです。

 すべてのスタディングのコンテンツ(講座)は「スタディングメソッド」に沿って自社で開発されており、従来型の紙ベース教材よりも効率的に学べる仕組みとなっています。

そして、STUDYingでは効率的に学習できる機能を数多く備えている点も特徴です。マルチデバイス対応・ビデオ講座・WEBテキスト・暗記ツール機能・学習レポートなどが挙げられます。

無料で講座・セミナーを視聴できるため、自分に合っているか否かを判断したうえで申し込みが可能です。

STUDYing司法試験・予備試験講座の特徴

STUDYing

STUDYingの司法試験・予備試験講座は知識ゼロからでも学習可能で、スマホ完結となるため通勤・通学の電車内などでも気軽に取り組めます。

 初心者でもわかりやすいビデオ・音声講座を提供。図や具体例などを使い説明しており、従来型の暗記中心の学習に比べて興味が湧きやすく、自然に理解をしながら学べます。

また、講義中に気になったことや問題集を解いて気付いたことなどを書き留めておける「マイノート機能」も備えています。

作成したオリジナルノートはパソコンやスマートフォン、タブレットに自動で同期されるため、振り返りたい時にいつでも確認可能です。

講座の価格例(税込)
  • 予備試験合格コース(基礎)
    89,100円
  • 予備試験合格コース(総合)
    134,200円
  • 司法試験合格コース(総合)
    119,900円
主なサポート機能
  • オンラインでの質問
  • Q&Aの閲覧
  • 添削機能
合格実績 非公開
運営会社 KIYOラーニング株式会社

出典:STUDYing

LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインドのおすすめポイント
  • 実力派の講師が揃う
  • 学習段階に合わせたオリジナルテキストを提供
  • 数多くの資格取得をサポート

LEC東京リーガルマインド通信講座の特徴

LEC東京リーガルマインドは、実力派の講師を揃え質の高い講義を実施しています。学習段階に合わせたオリジナルテキストにより、それぞれのレベルに合わせて知識の習得が可能です。

 数多くの資格試験講座が用意されており、さまざまなニーズに対応しています。ビジネス系・金融系などをはじめ数多くあるため、ぜひチェックしてみてください。

イベントや講演会なども随時開催されているため、資格取得に向けた相談もしやすくなっています。

Twitter・LINE・YouTubeなど公式SNSが用意されているため、情報収集ツールとして活用してみてください。

LEC東京リーガルマインド司法試験・予備試験講座の特徴

LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインドでは、初学者・学習経験者向けの講座が実施されているため自身のレベルに合わせやすいです。43年の指導経験から、対応力の高いカリキュラムを提供します。

 全科目一貫指導によりバランスが取れている点も魅力で、各科目の関連性を意識した効率的な講義を実施。一人の講師が担当することでバランスへの配慮がされているのです。

また、真の法律家を育てるために実務家講演会を実施しています。講演は無料で聴けるため、自身の糧となるよう積極的に参加してみましょう。

講座の価格例(税込)
  • 予備試験対策フルコース(通信DVD・答練・模試自宅受験)
    727,100円
  • 【司法試験】短答論文フルコース(通信Web・音声DL・スマホ可答練・模試)
    321,200円

など

主なサポート機能
  • 試験情報提供
  • 無料公開講座
合格実績(※1) 合格者数:5,182名
運営会社 株式会社東京リーガルマインド

出典:LEC東京リーガルマインド
出典:LEC東京リーガルマインド-1993年~2019年入門講座出身司法試験合格者数

司法試験・予備試験におすすめの通信講座の選び方

パソコンを操作する人

講座費用を比較する

講座選びの際は、まず費用面を比較しましょう。各講座はもちろん、提供会社によっても同じようなカリキュラムでも費用は異なってきます。

自分のレベルに合ったもので、費用的に十分支払える許容範囲であることが好ましいです。また、支払い方法についてもチェックすることをおすすめします。

 クレジットカードや銀行振込、あるいは教育ローンなどさまざまな支払い方法があります。申し込みを検討している講座が何に対応しているか、事前に確認しておいてください。

司法試験・予備試験の費用は、数十万円となることが珍しくありません。そのため、現金の用意が難しい場合はクレジットカード、かつ分割払いは可能か否かなども要チェックです。

そして、講座によっては割引キャンペーンの対象となっている場合があります。少しでもお得に受講できるよう、キャンペーン情報のチェックも欠かせません。

キャンペーンは期間限定のものが多いため、受講する時期を意識することも非常に重要です。

教材の使いやすさを比較する

勉強

学習をスムーズに進めるにあたって、いかに使用する教材がわかりやすかという「質」の部分を意識して選びましょう。例えば、以下を重要視すると効率良く勉強に取り組みやすいです。

教材の主なチェックポイント
  • 紙のテキストは図・表を用いて見やすいよう工夫されているか
  • スマートフォン等で学べるようWebテキストに対応しているか
  • 講義動画の音声はクリアで聴き取りやすいか

上記に加えてもちろん、「自身の知識レベルに合ったものを使用する」という点も忘れてはいけません。

講師の質を比較する

担当する講師の質も、合格を勝ち取るためには極めて重要です。いかにわかりやすく、丁寧に説明・授業を実施してくれるかによって、合格率は変わってくると言っても過言ではありません。

質問に対しきちんと向き合い、理解するまで説明してくれるという当たり前のように感じることでも、受講生が多いと疎かになる可能性はゼロではないのです。

 また、今までにどれだけの講義を担当してきたかという経験も、講師の質には大きく関係してくるでしょう。経験豊富な講師であれば、安心はできます。

講義の担当講師は通信講座の公式ホームページで紹介されている場合が多いため、事前に情報収集をしておきましょう。

サポート内容を比較する

勉強する人

通信講座を選ぶ際は、サポート体制がどれだけ整っているかが重要です。講座選びの際は、求めるサポートが備わっているかをチェックしておきましょう。

主なサポート内容
  • 質問サービス
  • 無料延長制度
  • 各種割引制度
  • 無料セミナーの開催
  • 試験・講座サービスの情報提供

通信講座は通学と違い講師が目の前にいないため、不明点の解決をいかにしてスムーズにするかがカギとなります。質問サービスを付帯し、かつ回数無制限のものがおすすめです。

 質問をする際のツールについても、メール・LINE・電話などさまざまなパターンに対応している場合があります。自身のライフスタイルに合ったものを選びましょう。

仮に予定通りに学習が進まなかった場合、無料で受講期間を延長できるサービスがあれば安心です。費用面も少しでも抑えられるよう、割引制度の有無をチェックしておいてください。

また、講座によっては無料で参加できるオンラインセミナーを開講している場合があります。気軽に質問ができる機会にもなるため、ぜひチェックしておきましょう。

講座の公式LINEと友だちになることで、試験の情報等を発信してくれるサービスもあります。

合格実績をチェックする

勉強する人

合格実績は、講座選びをする際に重要な基準となります。過去にどれだけの合格者を送り出しているかで、その講座の質がわかると言っても過言ではありません。

また、実績を調査する際は合格者に加え、合格率にも目を向けましょう。全国平均と比較し、どれだけ数値が高いかを確認してください。

講義・講師の質など、合格実績はすべてに繋がってきます。

口コミ・評判をチェックする

実際に講座を利用した人の口コミ・評判は、サービス選びをする際に極めて重要です。客観的な意見は非常に参考になるため、事前にリサーチしておきましょう。

 今ではネット上に口コミは溢れているうえ、SNSでも簡単に調べられます。

ただし、良いものだけを参考にするのではなく、イマイチな声にも目を向けてサービス全体の評価をきちんと把握してください。

口コミだけにとらわれず、あくまでも判断材料の一つとして参考にしてくださいね。

司法試験・予備試験の勉強で通信講座を利用するメリット

書籍

どこでも学習できる

通信講座のメリットとして、好きな場所で学習できる点が挙げられます。自宅やお気に入りのカフェなど、自分にとって取り組みやすい環境で学習できる点は非常に魅力的です。

ネット環境さえあれば講義動画も視聴できるため、今の時代ではほとんど場所を選びません。日々忙しい人は、自分のペースで学べるため通信講座に向いています。

スキマ時間を有効活用できる

日々の生活を送るなかで生まれている、「スキマ時間」を活用できる点も、通信講座のメリットです。通勤・通学の移動時間も学習に充てることで、効率良く学べます。

 講義動画は何度でも視聴できる場合が多いため、スマートフォンにイヤホンをすると移動中のちょっとした時間も無駄にしません。

また、自宅にいる際でもスキマ時間は多く発生している場合があります。一分一秒も無駄にしないという考え方は、勉強を日常化させるためにも重要です。

勉強時間が作れないと悩んでいる人にとっても、通信講座はおすすめです。

通学よりも費用が安い傾向にある

書籍

基本的に、通学よりも通信講座の方が受講料は安い傾向にあります。司法試験・予備試験の受講料は高額になる可能性があるため、少しでも抑えたい人には通信講座がおすすめです。

また、各社で割引制度を用意している場合もあるため、事前にリサーチをしておきましょう。割引は期間限定となることが珍しくありません。そのため、受講時期を考えることも重要です。

司法試験・予備試験は通信講座と独学どっちがおすすめ?

疑問

司法試験・予備試験には独学の他に通信講座がありますが、結論として通信講座がおすすめです。

通信講座がおすすめの理由について、詳しく解説していきます。

通信講座がおすすめな理由
  • 合格率が高まる
  • 学習効率が上がる
  • やる気が持続する
  • 細かい解説が受けられる

合格率が高まる

独学に比べ、司法試験・予備試験はアドバイザーがいるため、合格率が高まります。

学習を進めていてわからないところはアドバイザーへすぐに質問できることから、学習の苦手分野ができにくく、独学よりも効率的に学習を進められることが特徴です。

 司法試験・予備試験の合格を目指すには、アドバイザーの存在は欠かせません。

それぞれの通信講座では、合格を目指すための独自のカリキュラムが作成されています。

そのためテキストを最初から最後まで解くだけの独学とは、圧倒的な差が生まれてくるでしょう。

それぞれの通信講座でカリキュラムは異なります。講義のクオリティなどを比べてみると良いでしょう。

学習効率が上がる

時計

司法試験・予備試験の通信講座は合格に特化しているため、試験によく出る問題を繰り返し解くことで、合格ラインへと導きます。

また通信講座の教材は、専門家が試験範囲の項目を厳選して作成していることから、無駄を省いた効率的な学習が可能です。

 通信講座を活用した効率の良い学習は合格への第一歩です。

また、通信講座の教材はスマホやタブレットに対応しているため、すきま時間でも学習が進められるのがメリットです。

すきま時間をうまく活用しながら、司法試験・予備試験合格を狙いましょう。

ライフスタイルに合わせて自分のペースで学習ができます。

やる気が持続する

独学の場合、学習に対するやる気を継続させるのが難しいデメリットがあります。

通信講座の場合、学習の壁にぶつかっても相談相手がいるため、悩み相談をすることでやる気の持続が可能です。

 普段からしっかりと学習計画をたて、やる気アップにつなげましょう。

通信講座の学習計画サービスは、これまで学習の習慣がなく、学習の進め方に不安がある人にもおすすめです。

自分のライフスタイルに合わせて無理なく学習を進められるため、仕事や家庭との両立がしやすくなっています。

無理のない計画を立てることで、仕事や家庭との両立ができるのが通信講座のメリットです。

細かい解説が受けられる

マイナビ 応募書類 添削

学習を進めるうえで細かい解説を受けたい人は、添削指導がある通信講座を選びましょう。

自分で添削しなくてはならない独学に対し、プロからの添削が受けられて、細かい解説を聞く機会があるのは通信講座ならではです。

 苦手分野を1つでもなくすことで司法試験・予備試験合格に近づきます。

添削指導以外にも、手厚いサポートがある通信講座であればしっかりと活用するのがおすすめです。

司法試験・予備試験への学習は長期にわたるため、サポートを使いこなして合格を目指しましょう。

充実したサポート体制は、学習の進めやすさにつながります。

司法試験・予備試験を通信講座で目指す際の注意点

注意

司法試験・予備試験を通信講座で目指す際には、2つの注意点があります。

通信講座で合格を目指すために、これから紹介する2つの注意点をチェックしておきましょう。

通信講座の注意点
  • おすすめの通信講座を比較する
  • ランキング上位は一通り調べる

おすすめの通信講座を比較する

「通信講座はどれを調べればいいのかわからない…」という人は、ブログやWebメディアで紹介されているおすすめの通信講座を比較してみましょう。

「料金」「カリキュラム」「サポート体制」など、比較すべき項目は人によって異なります。

 自分が通信講座でどこの部分を重視するのか、あらかじめ考えておくと良いでしょう。

また、媒体によっては評判や口コミ、メリット・デメリットまでまとめている場合もあるため、それぞれを比較しながら、自分に合った通信講座選びに活かしましょう。

自分にとって相性が良いサービスが見つかれば、利用することで得られる効果も高くなり、合格が近づきます。

通信講座選びは合格を目指すうえで重要なポイント。自分に合う講座をしっかり選びましょう。

ランキング上位は一通り調べる

パソコン

ランキング上位の通信講座は要チェックです。ランキングには体験者の評価を集計したタイプや、専門家が総合的に判断したタイプがあります。

リアルな口コミを知りたい場合は、体験者の評価を集計したランキングを参考にしましょう。

 体験者の口コミをもとに、自分に合う通信講座かどうかを判断しましょう。

ランキングを調べる際には、複数のランキングを調べるのがおすすめです。

複数のランキング上位に入っている通信講座は、ユーザーからの人気が高く、学習しやすい環境であることが多いです。

人気の高い通信講座にはそれなりの理由があります。メリット・デメリットの両方を参考にして、自分に合うサービスを探すようにしましょう。

まとめ

この記事では、司法試験・予備試験のおすすめ通信講座4選や、利用先の選び方などを紹介しました。

講座選びをする際は、それぞれで使用するテキストや講師の質をはじめ、費用面などを比較しましょう。割引制度やキャンペーンの有無も、経済面を考慮するとチェックは欠かせません。

合格実績も調査することで、講義全体の質を図る基準になります。

今回の記事を参考に、自分に合った通信講座を見つけて司法試験・予備試験の合格を目指してみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事