司法試験・予備試験は独学で合格できる?独学のメリットや難しさも解説

司法試験・予備試験は独学で合格できる?独学のメリットや難しさも解説

司法試験は受験資格のハードルが高く、出題される問題が難しいため難関の資格とされています。

まず受験するためには法科大学院の課程を修了する必要があり、それ以外の場合は予備試験に合格しなければなりません。出題範囲は広く、専門的な知識が問われることも難関である理由の1つです。

効率良く学習を進めるためには通信講座がおすすめです。

そこで今回は、司法試験・予備試験が独学で合格できるのか解説します。

この記事でわかること
  • 司法試験・予備試験が独学で合格できるか
  • 司法試験・予備試験を独学で学ぶメリット
  • 司法試験・予備試験の独学が難しい理由

司法試験・予備試験におすすめの通信講座もあわせて紹介するため、「独学は無理?」「どんな勉強法が良いの?」と悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

司法試験・予備試験は独学でも合格可能?

独学

司法試験・予備試験への合格に向けた勉強方法にはさまざまなものがありますが、その中でも独学は特に難易度が高いです。しかし、合格するのは難しいですが不可能ではありません。

令和3年の司法試験では、受験者数3,424人に対し合格者数は1,421人であるため合格率は約41.5%です。他の難関資格と比較すると、合格率はそこまで低くありません。

 司法試験の受験条件は厳しく限定されています。つまり、受験する人の司法・法律に関する知識は一定水準に達しているため、合格率が高くなっているといえるでしょう。

また、出題される内容は、法律の専門的な分野であり出題数も多いため難易度は高いです。

独学で受験資格を獲得し、司法試験に合格するのは簡単ではありません。

法務省「令和3年司法試験の採点結果」により算出

司法試験の受験資格

弁護士になるためには司法試験に合格する必要がありますが、司法試験は誰でも受験できるわけではありません。

 司法試験を受験するには、法科大学院の課程を修了するか、司法試験予備試験に合格する必要があります。受験期間は受験資格を取得した日後の最初の4月1日から5年間です。

司法試験・予備試験とは、法科大学院修了者と同等の実力を判定するための試験であり、合格すれば法科大学院の課程を修了していなくても、司法試験を受験できます

司法試験・予備試験を独学で学ぶメリット

読書

ここからは、司法試験・予備試験を独学で学ぶメリットについて解説します。

独学で学ぶメリット
  • 費用を抑えられる
  • 自分のペースで取り組める

費用を抑えられる

独学で司法試験を目指す最大のメリットは、他の方法と比較すると費用を抑えやすいことです。

 予備校や司法試験を専門にしたスクールに通って学習する方法や、オンライン教室・通信講座を利用する方法もあります。

しかし、これらの方法は料金が高く数十万円近い費用がかかるケースは珍しくありません。他にも、受験費用なども発生するため受験に関する費用は高くなりやすいです。

独学であれば、参考書を購入するだけで済むため、費用は数千円ほどになります。費用をできるだけ抑えて司法試験を目指したい人におすすめの方法です。

自分のペースで取り組める

学習ペース

独学は自分のペースで学習に取り組めることも大きなメリットです。例えば、予備校やスクールを利用して学習する場合、決まった時間に教室に通う必要があります。

そのため、時間的な制約と通い続ける手間がかかるでしょう。社会人で働きながら司法試験・予備試験を目指す場合、仕事の後の時間を活用して通わなければなりません。

その点、独学なら自分の好きな時間・期間で学習を進められますね。

司法試験・予備試験を独学で学ぶデメリット

司法試験・予備試験は独学で学べますが、出題範囲や数が多いので難易度が高いです。

この章では、独学で学ぶ具体的なデメリットを3つ紹介します。

独学で学ぶデメリット
  • すべての工程を自分でしなければいけない
  • スケジュール管理が難しい
  • 相談する相手がいない
  • モチベーション管理が難しい

すべての工程を自分でしなければいけない

カレンダー

独学は頼れる人がいないので、自分ですべての工程を行わなければいけないのが大きなデメリットです。

参考書選び、過去問の出題傾向の確認、答え合わせ、疑問点のリサーチなど、1人で行うには非常に膨大な量なので、多くの時間を要してしまいます。

 独学は参考書や問題集での学習以外にもやるべきことが多いので、効率的に合格を目指したい人には向かない勉強方法です。

司法試験は受験資格の有効期限が決められているので、いかに効率よく学習を進めるかがポイントになります。

すべての工程を自分で行うことでより深い知識が身に付きやすいのはメリットですが、期限内に受験できず、受験資格を失ってしまうリスクもあるので注意が必要です。

学習にどれだけ多くの時間を確保できるかが、最短の合格を目指すための重要なポイントです。

スケジュール管理が難しい

独学の場合は、学習計画や進捗管理もすべて自分で行わなければいけません。

しかし、初めての受験だと出題範囲や勉強時間などのイメージが湧きにくく、精度の高いスケジュールを立てて管理することは非常に困難です。

 スケジュール管理をせずに行き当たりばったりで学習を進めると、期限内に受験ができなくなる可能性があるので注意しましょう。

計画と照らし合わせて、どこまで進んでいるか、どこが遅れているかなどのスケジュール管理を毎日行うのは、想像以上にハードでしょう。

その分学習できる時間が少なくなるので、合格までより多くの時間が必要になる点もデメリットです。

合格に必要な学習時間は5,000~8,000時間だと言われており、計画的に学習を進めるにはスケジュール管理の徹底が重要です。

相談する相手がいない

勉強

学習を進める中で分からない点が出てきたときや、学習の進め方に不安を抱いたとき、すぐに相談できる相手がいないのも、独学のデメリットです。

この点は、講師への質問サービスや添削指導などがあり、困ったときにすぐに相談できる通信講座やスクールとの大きな違いと言えるでしょう。

 分からない点をすぐに解消できないことで、合格を目指す途中で挫折してしまう可能性もあります。

相談相手がいないと、学習効率が悪くなるのも特徴。第三者からの意見や指導があると、自分の実力や得意・不得意分野を適切に判断でき、効率よく必要な学習を進められます。

難易度の高い司法試験・予備試験の合格を効率よく目指すには、分からない点はその場でひとつずつ解消していくことが重要です。

モチベーション管理が難しい

孤独を感じやすいのも独学のデメリット。励まし合う相手や、相談できる相手がいないので、モチベーションの維持が難しいことが多いです。

 モチベーション管理ができないと壁を乗り越えられず、途中で勉強を諦めてしまう可能性もあります。

うまく学習が進まない場合にも、自分で解決策を考えて進める必要があるので、自己管理が不得意な人にはあまり向いていません。

通信講座やスクールであれば講師や仲間に相談できるので、モチベーションを維持しながら学習を進められます。

独学は自由度が高い分、スケジュールやモチベーションなど、自己管理の徹底が必要です。

司法試験・予備試験の独学が難しい理由

司法試験

法律に対する正確な理解が求められるから

司法試験の難易度が高い理由の1つは、法律に対する正確な理解と専門的な知識が必要になるからです。

特に法科大学院の課程を修了しておらず、予備試験を目指している人の中でも、法律の勉強をしてこなかった人であれば、基礎知識から勉強し始めなければなりません。

 専門用語が多いだけでなく、出題範囲も広く、正確に理解しなければならないため、自力のみの勉強で合格を目指すのは難しくなります。

もし誤った知識を身に付けることになれば、勉強した時間が無駄になってしまうでしょう。そのため、正しい知識を身に付けられる方法で学習する必要があります。

客観的な評価なしで成長しづらいから

司法試験

独学の場合、他の方法よりも学習効率が悪いです。これは、自分だけで学習することで客観的な評価が得られないためです。客観的な評価がないと、自分の実力を適切に判断できません。

 教室に通うわけではなく気軽に質問できないため、「分からないことが分からない」という事態になりかねません。

同時に正しい知識を持つ人に質問ができないと疑問を解消しにくく、壁を乗り越えられず挫折してしまう可能性もあるでしょう。

司法試験・予備試験の学習を進める場合は、効率の良さを意識して取り組むことが大切です。

学習スケジュールの管理が難しいから

カレンダー

司法試験の難易度は高いため、必要になる勉強時間は膨大です。そのため、計画的に学習を進めなければなりません。

1人で学習を進める場合、モチベーションの維持が難しいことも独学の大きなデメリットです。

 着実に学習を進めるためには、スケジュールとモチベーションの管理を徹底する必要があるでしょう。

司法試験は受験資格を獲得してから約5年の間に合格しなければ、受験資格がなくなってしまいます

モチベーション維持だけでなく、合格までの学習スケジュールを徹底しなければ、期限を迎えてしまい受験できなくなる可能性があります。

自身での情報収集が厳しいから

独学の場合では、参考書などが勉強の中心になるため、得られる知識が偏りやすいです。司法試験では幅広い範囲から出題されるため、対応できない問題が出題される可能性があります。

法律の専門家でない人が、司法試験をクリアできるような正しい情報を得るのは難しいです。

独学より効率良く学ぶなら!司法試験・予備試験は通信講座がおすすめ

仕事をする人

司法試験の学習方法には、大きく分けて予備校・通信講座・独学の3種類ありますが、コストと学習効率のバランスが良い通信講座がおすすめです。

予備校の場合、講師に質問できたり手厚いサポートが受けられるなどのメリットは大きいですが、通学の手間や費用が大きい点がデメリットです。

独学の場合、費用は安いですが学習効率は高くありません。その点、通信講座であれば、予備校よりも費用を抑えられ学習効率も高いです。

 例えば、最近の通信講座であればスマートフォンやパソコンがあれば、場所を選ばずに学習できます。

1つの講義時間は10分から30分ほどと短いものが多く、忙しい人でも隙間時間を見つけて学習できるでしょう。講義動画は何度も繰り返し見れるものが多く、理解できるまで復習しやすいです。

スケジュール管理や講師への質問などサポート体制が整備されているものも多く、効率良く学習を進められるのもポイントです。

司法試験・予備試験のおすすめ通信講座3選

アガルートアカデミー

アガルートアカデミー

おすすめポイント
  • 自分のレベルに合わせたカリキュラムを選べる
  • 講義動画のスピードを調整できるので視聴しやすい
  • 全ページフルカラーで見やすいテキスト

通信講座の特徴

アガルートアカデミーの講義は基本的にオンラインで展開されているため、インターネット環境があれば時間や場所を選ばず、パソコン・スマートフォンなどで受講できます。

また、講義の動画にはテキストが同時に表示されるため閲覧する必要はありません。講義動画の再生スピードは好みに合わせて調整でき、現在では0.5倍から3倍まで計8段階の中から選べます。

 講義の動画をダウンロードすることも可能です。一度ダウンロードしたデータには視聴制限はなく、インターネット環境がない場所でも再生できます。

動画だけでなく音声もダウンロードでき、映像を見れない状況でも講義の音声を聞いて学習できるため便利です。

司法試験講座の特徴

アガルートアカデミー

アガルートアカデミーの司法試験講座は、初学者・中上級者・個別指導の3種類に分かれています。それぞれ、自分のレベルに合った内容からスタートできることも大きな魅力です。

中上級者の場合、それぞれのカリキュラムを自分なりに組み合わせることもでき、効率良く学習を進められます。

レベル カリキュラムの内容
初学者(学習未経験者)向け
  • 予備試験1年合格カリキュラム
  • 予備試験1年合格カリキュラム マネージメントオプション
  • 論文基礎力養成カリキュラム
  • 法科大学院入試専願カリキュラム
  • 司法試験 総合講義300(入門講座・基礎講座)
中上級者(学習経験者)向け
  • 総合対策
  • 論文対策
  • 論文答練
  • 短答対策
  • 過去問対策
  • 法律実務基礎科目・一般教養科目対策
  • 選択科目対策
  • 特別対策
個別指導
  • 個別指導
  • 個人別マネージメントオプション

このようにレベルに合わせたカリキュラムが整っているため、申し込み時の進度に合わせて学習をスタートさせることができます。

講師陣

アガルートアカデミーの司法試験を担当する講師は16名もいます。最も講師の人数が多い公務員試験とほぼ同等です。それぞれの講師は実績があるため、安心して講義を受けられるでしょう。

それぞれの講師がテキストを作成していることもあり、分かりやすい内容になっています。

教材のポイント

アガルートアカデミーのテキスト

アガルートアカデミーのテキストは、全ページフルカラーであるため見やすいことが特徴です。内容は、講師自らが作成しているオリジナルテキストです。

テキストを作成した講師が講義を行い、テキストと講義が一体となっているため、より分かりやすい内容になっています。

講座の価格例(税込)
  • 予備試験1年合格カリキュラム
    714,560円
  • 論文基礎力養成カリキュラム
    398,860円
  • 総合講義300/全7科目
    291,060円

など

主なサポート体制
  • 無料受講相談
  • 予想論点攻略講座
  • 試験に関するコンテンツ
  • 予備試験合格特典
合格実績 司法試験合格率:47.8%(令和3年)
運営会社 株式会社アガルート

出典:アガルートアカデミー公式サイト

資格スクエア

資格スクエア

おすすめポイント
  • 講義の満足度は97.7%、カリキュラムの満足度は91%と高い
  • 分からない部分はワンクリックで質問可能
  • 充実した試験対策を提供している

通信講座の特徴

資格スクエアは、独自のメソッドにより最短合格できる勉強方法を適正価格で提供。IT技術や脳科学を活用した学習システムを扱っており、効率良い学習方法を利用できることが特徴です。

 講義動画と同時にオンラインレジュメが表示され、重要な部分はレジュメ上にメモできます。その内容を保存することで、復習する際に有効活用できます。

他にも、講義を聞いて分からないことは、その場でワンクリックで質問できるため疑問を解消しやすいです。

提供しているサービスの中には、AIが予想する短答対策模試「未来問」や、「口述模試」など試験対策も充実しています。

優秀な合格者が学習の相談に乗ってくれるフォローアップ体制もあるため、安心感があります。

司法試験講座の特徴

資格スクエア

講義の満足度は97.7%カリキュラムの満足度は91%と高く、充実した内容であるため、人気があります。テキストの有無を選択できるため、コストを抑えることも可能です。

 司法試験予備試験の中でも難関である論文演習では、充実した論文添削を実施しているため、着実に実力を高められます。

この論文添削は業界の中でも多く、200通以上の答案に対して添削を行っているため、課題の課題を見つけやすく改善できます。

講師陣

資格スクエアの司法試験対策では、人気がある高野講師などが担当しています。特に予備試験などでは基本的な知識が必要になりますが、質の良い講義により満足度が非常に高いです。

司法試験・予備試験合格に必要なことに焦点を当てており、コンパクトに設計されています。

教材のポイント

資格スクエア

資格スクエアでは基本的にデジタル教材を利用しており、スマートフォンやパソコン、タブレットなどがあれば学習できます。

 教材であるオンラインレジュメは、実際のノートのように自分で編集でき便利です。加筆・修正・マーカー・付箋などの機能があり、オンライン上で完結可能です。

教材には条文リンク機能があるため、オンライン上で条文をクリックすることで、すぐに参照できます。

重たい六法全書を持ち運ぶ必要はなく、スマートフォンがあれば学習を進められます。

講座の価格例(税込)
  • 予備試験講座 合格フルパッケージ
    703,780円
  • 予備試験講座 合格フルパッケージ 製本テキストなしプラン
    659,780円
主なサポート体制
  • 学習進捗メール
  • 論文対策
  • 模試
  • ワンクリック質問
合格実績 非公開
運営会社 株式会社資格スクエア

出典:資格スクエア公式サイト
※公式サイトの文言による

STUDYing

スタディング

おすすめポイント
  • 動画講義がメインなので手軽に学習できる
  • 学習レポートで学習記録をつけられる
  • 自分だけのオリジナルノートを作成できる機能がある

通信講座の特徴

STUDYingは、忙しくて勉強時間を確保するのが難しい人でも、短い期間で合格できるように開発されたオンラインの講座です。

メインは動画による講義であるため、重いテキストを持ち運ぶ必要はなく、スマートフォンやパソコンなどで学習できます。

 日々の生活の中にある隙間時間を活用して学習できるだけでなく、メモや検索機能が充実したWebテキストなど、効率良く学習できる環境が整っています。

他にも、学習レポート機能などモチベーションを維持しながら学習を進められる機能もあるため、有効活用するのがおすすめです。

この学習レポート機能では、学習した時間・進捗状況が自動的に集計されグラフとして表示されます。

コース別、講座別など細かい単位で学習時間や進捗を確認できるため、計画通りに学習を進めやすいでしょう。

司法試験講座の特徴

STUDYing

司法試験講座はWeb講義が中心であり、動画・音声で学習を進められます。各コンテンツは通常速版だけでなく、1.5倍速、2倍速があるため、状況に応じて使い分けしやすいです。

 例えば、1回目は通常倍速で講義を受け、復習する際は1.5倍速、2倍速で見ることで時間短縮できます。

論文試験の対策もあり、答案の書き方を身につけやすいです。この講義では、問題文の読み解き方、答案の構成、論述方法、答案表現などの対策を行えます。

教材のポイント

STUDYingの教材には効率良く学習を進めるための機能が備わっています。スマート問題集では、一度解いた問題の中で間違えた設問だけを出題できます。

苦手な問題を繰り返し解くことで、苦手分野を攻略しやすいです。

 セレクト過去問集では、近年の司法試験・予備試験の傾向から厳選した過去問を出題しています。

問題に対しては分かりやすく丁寧な解説がついているため、理解を深めやすいでしょう。他にも、「マイノート機能」があり、自分だけのオリジナルノートを作成できます。

講義の受講中、問題集の問題を解いた後など、メモしておきたい情報を分かりやすく残せます。

講座の価格例(税込)
  • 予備試験合格コース(基礎)
    89,100円
  • 予備試験合格コース(総合)
    134,200円
  • 2023年予備試験論文対策コース
    76,780円
主なサポート体制
  • 学習レポート機能
  • 問題横断復習機能
  • 勉強仲間機能
  • 学習フロー
合格実績 記載なし
運営会社 KIYOラーニング株式会社

出典:STUDYing公式サイト

よくある質問

司法試験・予備試験の合格におすすめの勉強法はありますか?
参考書の内容を正しく理解し、正確な知識を身に付けることが重要です。誤った解釈のまま学習を進めると勉強時間が無駄になってしまうので、注意しましょう。
独学で進める際の注意点はありますか?
参考書の内容を正しく理解し、正確な知識を身に付けることが重要です。誤った解釈のまま学習を進めると勉強時間が無駄になってしまうので、注意しましょう。
費用を抑えて最短で合格を目指す方法はありますか?
通信講座であれば、スクールよりも費用を抑えて効率よく勉強できます。移動に掛かる時間やコストも不要で、隙間時間でも勉強しやすいのがメリットです。

独学で合格を目指すためのポイントは何ですか?

偏りなく学習を進めることが重要なポイントです。独学だと重要な部分を判断しにくく、得意分野に学習が偏ってしまう傾向があるので、注意してください。
司法試験・予備試験の教材は市販されていますか?
市販の教材もありますが、さまざまな教材が販売されているので、自分に合った教材を選ぶようにしましょう。
カラー、図、表、文字量など、自分がインプットしやすい教材を探すことが大切です。
司法試験・予備試験の過去問題は確認できますか?
法務省のホームページで確認できます。年度ごとの問題が公開されているので、インプットした知識を理解できているかどうか、過去問を解いて確かめてみましょう。

まとめ

この記事では、司法試験・予備試験が独学で合格できるのかを解説しました。司法試験を独学で合格することは不可能ではありませんが、非常に難しいです。

独学だと法律に関する正しい知識を身に付けるのが難しいだけでなく、徹底したスケジュールやモチベーション管理を長期間自分で行わなければなりません。

そのため、コストパフォーマンスが良い通信講座を利用するのがおすすめです。学習への取り組みやすさがあるため、働きながらでも学べます。

自分に合った学習方法・通信講座を選び、学習を進めてみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事