ブラック企業の見分け方は?求人・説明会・面接のパターン別に徹底解説

ブラック企業の見分け方は?求人・説明会・面接のパターン別に徹底解説

「ブラック企業に入りたくない!」と考えている人は多いのではないでしょうか。

ブラック企業は社員のやりがいを搾取します。入社してしまうと、心身共に疲弊してしまうでしょう。

しかし、実際にどのような方法でブラック企業を見極めたらいいのか、迷ってしまう人もいるでしょう。

そこで本記事では、ブラック企業の見分け方に関する以下の項目を解説します。

この記事でわかること
  • ブラック企業の特徴
  • ブラック企業の見分け方
  • ブラック企業に入社しないためにできること

この記事を読めばブラック企業の見分け方がわかるだけでなく、ブラック企業に入社しないヒントを得られます。

ブラック企業を避けて転職活動を行いたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

ブラック企業とは?

机で頭抱えている男性

ブラック企業に明確な定義はありません。しかし、「社員を酷使して働かせる企業」という共通認識があります。

共通認識を踏まえて、ブラック企業の特徴をいくつか確認していきましょう。気になるブラック企業の特徴は以下のとおりです。

ブラック企業の特徴
  • 残業時間が長い・サービス残業がある
  • 社員の権利が守られていない
  • セクハラ・パワハラが横行している
  • 故意に人事権が使われている

残業時間が長い・サービス残業がある

残業時間が極端に長い企業は、ブラック企業の可能性があります。やみくもに残業時間を増やし、社員の労力を搾取している企業は要注意です。

 残業時間の目安として、月45時間の残業が常に行われていたら気をつけましょう。

会社が社員に命じられる残業時間は月45時間と法律で定められています。

また、残業をしているのにも関わらず、残業代が支払われないのもブラック企業の特徴です。タイムカードの機能がきちんとあるか確認しておきましょう。

残業時間が長いと心身共に疲弊してしまい、不調を招く原因にもなります。

社員の権利が守られていない

パソコン画面を見ている男性

ブラック企業の特徴として、社員の権利が守られていない点が挙げられます。社員を人間ではなく、1つの駒として扱う企業に見られる傾向です。

 例えば、有給休暇が取得できない企業は気をつけましょう。有給取得は社員の権利であるにも関わらず、取得を認めないのは大きな問題です。

また、休憩時間がないのもブラック企業の特徴といえます。6時間を超える労働時間の場合は最低45分・8時間を超える労働時間の場合は1時間の休憩が必要です。

もし45分以下の休憩時間もしくは、休憩時間がそもそもない場合はブラック企業の可能性が高まります。

セクハラ・パワハラが横行している

セクハラ・パワハラが横行している企業は、ブラック企業と認定せざるを得ません。社員の人権を軽視していることに他ならないからです。

 セクハラ・パワハラが横行している企業では、たとえ自分が直接被害を受けていなくても、その場にいるだけで消耗してしまいます。

また、ブラック企業の場合、セクハラ・パワハラの被害を相談できる窓口が設けられていない可能性があるので、注意が必要です。

もし会社に相談窓口がなければ、第三者機関に頼りましょう。味方になってくれる人は必ずいます。

故意に人事権が使われている

画面を見ている女性

故意に人事権が使われているのも、ブラック企業の特徴です。特に、中小企業のような規模が小さい企業によく見られます。

例えば、会社に逆らうと降格や転勤が命じられるのは顕著な例です。従順な社員のみを必要としているブラック企業にとって、反骨精神のある社員は左遷されがちです。

また、退職届を提出しても辞めさせてもらえない場合もあります。

 常に人手不足状態のブラック企業では、社員が1人でも欠けてしまうと業務が回らなくなるからです。

不当に人事権が行使されるのは、企業のあるべき姿とは言えません。

もし困ったことがあれば、第三者機関へ相談してみてください。

【求人編】ブラック企業の見分け方

パソコン画面を見ている金髪の女性

ここからは、求人に潜むブラック企業の見分け方を解説します。求人が手元にある人は、項目ごとにチェックしてみてください。

求人でわかるブラック企業の見分け方
  • 求人内容をうやむやにしている
  • 長期間求人を掲載している
  • 提示されている給料が圧倒的に高い
  • 年間休日が105日以下

求人内容をうやむやにしている

求人内容をうやむやにしている場合は、注意が必要です。求人を読んでも、いまひとつ理解できない場合は応募を控えたほうがよいでしょう。

 例えば、「アットホームな職場」「圧倒的成長」など、体のいい言葉で濁している求人はブラック企業の可能性が高いです。

一方、ホワイト企業の場合は業務内容を詳しく掲載しているほかに、育休取得率や残業時間の少なさなど具体的に掲載しています。

抽象度の高い求人ではなく、数字や社員の声を拾った具体的な求人に応募すると、ブラック企業を避けられます。

長期間求人を掲載している

スマホ画面を操作する人

長期間求人を掲載している企業も気をつけましょう。なぜなら、長きに渡って求人を掲載している理由に、求職者が集まらないケースが考えられるからです。

 ブラック企業は入社後の大量離職に備え、大量採用を行う傾向にあります。そのため、求人を数ヶ月に渡って掲載しているのです。

3ヶ月以上同じ求人が掲載されていないか、確認しておくとよいでしょう。採用活動は遅くとも2ヶ月で決まる場合が多いため、3ヶ月以上掲載されている求人は要注意です。

なかには、募集要件が高くて候補者が集まらない求人もあるので、一概にブラック企業と言えません。

提示されている給料が圧倒的に高い

提示されている給料が圧倒的に高い企業は要注意です。給料の高さで求職者の目を惹かせ、応募を促すねらいがあります。

 しかし、あまりにも給料が高すぎる場合は慎重に求人を確認しましょう。まず基本給のほかに、固定残業代が含まれていないか確認してください。

固定残業代は一定の残業時間分の給与が先に支払われる制度です。例えば、固定残業代45時間分の場合、45時間を超えるまでは新たに残業代は支払われません。

また、業績給として給料が高めに設定してあるケースもあります。

年間休日が105日以下

オフィスでパソコン画面を見ている人

年間休日が105日以下の場合、ブラック企業である可能性が高まります。働き方改革が叫ばれているにも関わらず、年間休日が105日以下の企業は避けたほうが無難です。

 年間休日が105日以下となると、祝日は休めません。大型連休や長期休暇も期待できないでしょう。

ブラック企業を避ける目安として、年間休日120日以上の企業がおすすめです。125日以上の企業であれば、ホワイト企業の可能性がより高まります。

休日が少ないと、仕事に支障をきたします。なるべく年間休日が多い企業を選びましょう。

【説明会編】ブラック企業の見分け方

マイク持って登壇している人

続いて、説明会時点でブラック企業を見分ける方法を解説します。今後説明会を控えている人はチェックしてみてください。

説明会でブラック企業を見分ける方法
  • 説明会に社長・若手社員しかいない
  • 精神論を強調している
  • 業務内容や給料の説明が不明確

説明会に社長・若手社員しかいない

説明会に社長・若手社員しかいない場合は注意しましょう。企業の説明会は人事・採用担当者が前に出て話す方法が一般的です。

 しかし、ブラック企業の場合、人事・採用担当者が会社のデメリットを言わないよう、あえて社長だけが登壇する場合があります。

また、中堅社員が退職してしまい、説明会に登壇する社員がいないのも特徴です。毎回社長と若手社員しか説明会にいないなら、注意深く観察する必要があるでしょう。

なかには例外もありますが、ブラック企業のひとつの指標として抑えておいてください。

精神論を強調している

小さな部屋でプレゼンしている男性

精神論を強調している企業もブラック企業の可能性があります。ブラック企業では厳しいノルマが課せられるケースも多く、精神論で乗り越えさせがちです。

 例えば、「根性」「死ぬ気でやれ」など、精神論にありがちな言葉を羅列している企業は気をつけたほうがいいでしょう。

また、体力に自信がある人や体育会系を優遇する発言をしている企業も注意してください。体育会系と精神論は相性がいいため、社員にしようと考える企業も見受けられます。

精神論はもはや廃れつつあるのに、未だに強調している企業はブラック企業の可能性が高いです。

業務内容や給料の説明が不明確

求人と同様に、業務内容や給料の説明が不明確な場合も注意が必要です。説明を聴いても業務内容がわからない場合、都合の悪いことを隠している可能性があります。

 また、給料の説明をはぐらかすのもブラック企業の典型例です。給料相場をしっかり確認しておくとよいでしょう。

説明会で福利厚生の話をさほどしない企業も注意深く観察しましょう。育休取得率や有給取得率をあいまいに濁す企業は、ブラック企業の可能性が高いです。

説明会のあとに求職者の質問へ真摯に答えているかどうかも、ブラック企業を見極めるポイントです。

【面接編】ブラック企業の見分け方

オンライン面接を行う男性

面接の場でブラック企業を見分ける方法はあるのでしょうか。気になるポイントは以下のとおりです。

面接でブラック企業を見分ける方法
  • 圧迫面接をされる
  • 面接時間・回数が少なすぎる
  • その場で内定が出る

圧迫面接をされる

ブラック企業は社員を大事にしない傾向があります。そのため、自社へ応募した候補者のことも大事にしない可能性が高いでしょう。

 候補者のことを大切にしない企業では、圧迫面接をしばしば行います。圧迫面接とは、面接官が候補者に対して威圧的な態度をとる面接です。

例えば、候補者の話を聞く態度ではない・投げやりに質問される・罵倒されるなどの態度をとってくる面接官には気をつけましょう。

面接は企業と候補者をマッチングさせる場です。

マッチングの認識がない企業に入社すると、ブラック企業の可能性があります。

面接時間・回数が少なすぎる

面接受けている女性

面接時間や回数が少なすぎる企業の場合、ブラック企業の可能性が大いに考えられるでしょう。ブラック企業は採用を急ぐあまり、採用プロセスを簡略化しています。

 中途採用であれば、基本的に面接回数は2〜3回です。しかし、ブラック企業では面接を1回で済ませてしまうケースも多々見受けられます。

また、面接時間もチェックしましょう。面接は20〜30分ほどの時間をかけて、じっくり行うのが一般的です。一方ブラック企業では、5分ほどで簡単に済ませてしまう場合があります。

あまりにも面接時間が短い企業は注意が必要です。

その場で内定が出る

その場で内定が出る企業は、ブラック企業の可能性があります。ブラック企業は「誰でもいいから早く採用したい」気持ちが強く、その場で内定を出しがちです。

 内定が出ると喜んでしまい、冷静な判断を欠いてしまいます。しかし、その場で内定が出ても、すぐに承諾しないほうがよいでしょう。

可能であれば、どのようなことが評価されて内定に至ったのか聞いてみるのもおすすめです。ブラック企業なら、回答に詰まってしまう可能性が考えられます。

もしホワイト企業なら、面倒な顔をせずに快く教えてくれるでしょう。

ホワイト企業の見分け方

ポイント

この章では、ホワイト企業の見分け方を紹介します。転職先候補選びとして参考にしてください。

若手の離職率を見る

ホワイト企業か見極めるためには、その企業の若手の離職率を確認しましょう。その企業で3年以上働いている人がどれくらいいるのかを知ることでもホワイト企業なのかを知る上で非常に役に立ちます。

 実はIT業界だけでなく、新卒の約3割が3年以上同じ会社で働き続ける人が少ないです。

企業がブラックなのかホワイトなのかを判断するためには、入社した人がどれだけ退職したかがわかる離職率もチェックしておきましょう。

離職率が高い企業は、労働条件に不満を感じている社会人が多い可能性があります。

もし離職率が公表されていない場合は、会社の説明会や面接の際に会社全体を見渡して、若手の割合をチェックしておくと、ある程度の空気をつかめるでしょう。

給料を時給換算する

時計

ブラック企業か見極めるためには、求人票に記載されている基本給をチェックしましょう。基本給でみると高年収もしれませんが、月平均の残業期間が多いと結局のところ安月給である可能性が高いです。

 基本給を計算するときは、月平均の残業時間も加味して計算しなければいけません。

例えば、基本給が21万円以上と聞くとホワイト企業に見えますが、実際に内訳を計算してみると「「基本給168,000円(所定労働時間168時間)+残業代43,750円(1,250円×35時間)」ということも。

時給に換算してみると1,000円ほどとなり、最低賃金ギリギリだったという可能性も高いです。

都道府県によっては最低賃金を下回っているケースもあるため、基本給から時給に換えて計算することは重要となってきます。

経営理念を見る

企業が掲げる経営理念や社訓からでも、実はブラックなのかホワイトなのか見極めることが可能です。ブラック企業の社訓や経営理念の中には、ブラックを匂わせるキーワードが使われていることが多いケースがあります。

 このように、抽象的かつきれいな言葉だったり、従業員を煽ぎ立てるような言葉を社訓や経営理念に全面的に押し出している企業というのは、ブラックである可能性が高いです。

ブラック企業が掲げる経営理念の中には、挑戦や想像、誇り、感謝、チャレンジなどが多い傾向にあります。中には、毎日の朝礼の中で、みんなで大声で社訓や経営理念を読み上げるような企業も。

経営理念や社訓にブラックを匂わせるような言葉が使われている場合は、口コミサイトで労働状況を確認することをおすすめします。

ブラック企業に入社しないためにできること

笑顔の女性

ブラック企業に入社しないためには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。それぞれ詳しくご説明します。

ブラック企業に入社しないためにできること
  • 事業内容をしっかり確認する
  • 口コミサイトにも目を通す
  • 転職スケジュールには余裕を持たせる
  • 転職エージェントに登録する

事業内容をしっかり確認する

まずは、応募したい企業の事業内容をしっかり確認してください。企業のパンフレットや企業サイトに目を通しましょう。

 事業内容がわかりにくい・あいまいな企業は要注意です。都合の悪いことを隠している可能性が考えられます。

具体的に事業内容が掲載されているかはもちろん、売上高や利益なども確認しておくとブラック企業への入社を防げるでしょう。

事業内容をしっかり確認しておくと、面接の場でも役立てられるメリットがあります。

口コミサイトにも目を通す

スマホを見ている女性

口コミサイトを閲覧することも忘れずに行ってください。口コミサイトでは、現在働いている社員の貴重な意見を手軽に知ることができます。

 特に、残業時間や休日出勤などの口コミはよく確認しておきましょう。あまりにも求人の情報と乖離していたら、応募を控えるべきです。

また、有給取得に関する項目もチェックが必要です。有給を申請したら承認されるのか否か、口コミで判断できる場合があります。

ただ、口コミはあまり鵜呑みしすぎないように、参考程度に留めておくのがおすすめです。

転職スケジュールには余裕を持たせる

転職スケジュールに余裕があると、ブラック企業へ入社する可能性を低くできます。なぜなら余裕が持てないと、内定が出た企業へ焦って入社を決めてしまうからです。

 前述したように、ブラック企業は「誰でもいいから入社してほしい」と内定をすぐに出す傾向があります。

転職先をすぐに決めたいと焦るあまり、「誰でもいいから入社してほしい」と考えるブラック企業に入社してしまうのです。おすすめなのは、在職しながらの転職活動です。

じっくり企業を吟味できれば、ブラック企業へ誤って入社することを防げるでしょう。

転職エージェントに登録する

屋外で商談する人

ブラック企業へ入社するのを防ぎたいなら、転職エージェントに登録するのもおすすめです。

 転職エージェントに登録すると、専任のキャリアアドバイザーから企業の雰囲気や人間関係などの情報を入手できます。

求人票に掲載されていない情報を掴めるので、ブラック企業へ入社するのを防げるでしょう。また、自分に合った求人を提案してくれるのもメリットです。

求人探しに時間をかけられない人に向いています。

ブラック企業になりやすい業界

デスクワーク

この章では、ブラック企業になりやすい業界を紹介します。実際に、これから紹介する業種は一般的にブラック企業になりやすいと言われています。

どの企業も必ずブラック企業であると言い切れるわけではありませんが、念頭に入れた上で転職活動を行うといいでしょう。

IT業界

IT業界はブラック企業になりやすいと言われている業界として有名です。IT業界の場合は急成長を続けているため、人が足りないという状況も考えられます。

 長時間労働を余儀なくされているブラック企業の代表格みたいな会社もあれば、ワーク・ライフバランスを重視して、従業員に過度な負荷をかけることのないように配慮している会社も存在します。

IT業界にもSE以外に、営業や広報、マーケティングのような部門もあれば、経理や総務、人事などの間接的に関わる部門もあります。

当然ながら部署によって仕事内容が異なるため、IT業界=残業が多いと言うイメージとは無縁な場合も少なくありません。

ただし、いわゆるブラック企業も残念ながら存在するため、異業種からIT業界へ転職する人は注意しましょう。

土木・建築業界

不動産

土木・建設業界は大手企業ならホワイトが多いですが、中小の建設企業はブラック企業が多いです。中小の建設企業になってくると、大手建設会社のような形で仕事を受ける事も少なくありません。

 下請けになればなるほど、報酬もどんどん下がってしまいます。

大きな達成感を得られる仕事ですが、日当制が多いため休んだらその分給料は減ってしまうため、少々体調が悪くても無理して出勤する人が多いです。

厚生労働省が出している「新規学卒者の離職率状況」では、建設業界は3年後の離職率が27,8%となっています。

どうしても土木・建設業界に入社したいという人は、大手建設会社がおすすめです。

新規学卒者の離職率状況より

介護業界

仕事内容の理解が違った

介護業界もブラック企業になりやすいということで有名です。

求人ボックスが発表している「介護福祉士の仕事の年収・時給・給料情報」によると、介護福祉士の平均年収は308万円と賃金が極めて安いです。

 これに加えて、看護師は勤務時間が複雑で肉体労働が多いため、体調を崩す可能性も高いです。

日本では現在、超高齢社会が原因で少子化が進み、高齢者を介護する人数は減っています。そのため、残業時間もかなり多くなっていることが原因で労働時間がかなり長くなってきました。

日本は高齢者の割合が世界で最も高い国であることでもわかるように医療先進国ではありますが、現在の介護士の給料は明らかに低すぎます。

介護福祉士の仕事の年収・時給・給料情報より

ブラック企業を避けたい人におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
  • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 完全無料
リクルートエージェントは16万件以上※1の非公開求人を持つ転職エージェントです。

 非公開求人は公開すると応募が殺到してしまうような好条件求人である場合がほとんどです。
自分のアピールポイントや、どのような仕事がわからない、といった場合でもキャリアアドバイザーとの面談を通して、自分にぴったりの求人を見つけることができます。

応募書類の添削や、面接の対策も受けることができます。
企業の分析も細かく行っているため、求人を紹介する段階から、企業について詳しく教えてもらえます。入社後のミスマッチを防ぐことができますよ。
運営会社 株式会社リクルートキャリア
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
公開求人数 114,943件※2021年6月10日時点
拠点 全国対応可 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • アドバイザーや担当者の対応がよく、親身に相談に乗ってくれる!
  • 各企業の情報を分析し、手厚い選考対策で内定率UP!
  • 経歴に自信がない方でも正社員転職が目指せる!
  • 全国の転職に対応!WEB面談も可能
  • 完全無料
マイナビエージェントはアドバイザーの質の評価が高い転職エージェントです。

ハードルが高く感じる面談も非常にスムーズで、信頼できる担当者に出会えたという利用者の声が多数あります。 また、大手企業であるマイナビの太いパイプを生かした各企業の分析は選考対策の際に役立ちます。
 マイナビエージェントはスキルや経験が少ない20代の転職をメインターゲットとしていますので、スキルに自信がなくても正社員として転職できる可能性は大いにあります。
未経験業種への転職を目指している方や、転職に不安を抱えている方はぜひマイナビエージェントに登録をしましょう!
運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
公開求人数 28,152件※2021年8月17日時点
拠点 全国対応可 京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1を占める!
  • 優秀なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!
  • ハイクラス求人多数!登録後は企業・ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ
  • 優良企業と直接コンタクトを取ることも可能!
ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が3分の1※2以上を占める転職エージェントです。

年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1※1に輝いています。
ビズリーチでは「プラチナスカウト」というものがあり、一流のヘッドハンターがユーザーの情報を見てスカウトを送ります。スカウトが届くと、確実に面接へ進める仕組みです。

厳選された優秀なヘッドハンターが約4,600人在籍※2しているので、優良企業とのマッチングを待ちながら転職活動を行えるでしょう。 ※1 転職サービスに関する調査/調査会社:シード・プランニング/調査期間:2019年1月〜2月/調査対象:年収600万円以上で、転職意欲がある人 ※2参照 公式サイト
運営会社 株式会社ビズリーチ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • タレント・ハイクラス会員制度
  • ヘッドハンター
  • スカウト
公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡
出典:公式サイト

よくある質問

ブラック企業を避けたい人におすすめの転職エージェントは?

リクルートエージェントやマイナビエージェント、dodaなどがおすすめです。いずれも豊富な求人数を誇り、経験豊富なキャリアアドバイザーが親身に相談に乗ってくれます。ブラック企業の見分け方についてもアドバイスをもらえるため、ぜひチェックしてみてください。

ブラック企業の特徴は?

ブラック企業の特徴は以下のとおりです。

・残業時間が長い・サービス残業がある
・雇用者の権利が守られていない
・セクハラ・パワハラが横行している
・故意に人事権が使われている

ブラック企業に入社しないためにはどうすればいい?

ブラック企業に入社しないためには、以下のポイントを確認しておきましょう。

・事業内容をしっかり確認する
・口コミサイトにも目を通す
・転職スケジュールには余裕を持たせる
・転職エージェントに登録する

口コミサイトはどこまで信用していいの?
口コミサイトは便利なツールですが、あくまで参考程度に留めましょう。実際に、説明会や面接などで感じた空気感を第一に考えるのがおすすめです。
企業サイトからブラック企業を見極めるコツは?
企業サイトからブラック企業を見分ける際、サイトの質をチェックしてみてください。誤字脱字が多い・リンク切れの企業はおすすめしません。
説明会・面接で給料や休日の質問をしてもいい?

説明会・面接で給料や休日の質問をしても問題ありません。しかし、人によっては「仕事のやる気がないのか?」と判断されがちです。そのため、「御社で長く働きたい」ことを全面にアピールし、そのうえで給料や休日の質問をしましょう。

ホワイト企業の特徴は?

ホワイト企業の特徴は以下のとおりです。

・年間休日数が120日以上
・住宅手当や育児支援制度などの福利厚生が整っている
・残業代が満額支払われる
・残業時間が月20時間以下

転職エージェントはブラック企業を教えてくれるの?

転職エージェントは必ずしもブラック企業を教えてくれるわけではありません。なぜなら、人によってブラック企業の捉え方が異なるからです。もし心配なら、残業時間や社内の雰囲気を事前に質問してみてください。質問の回答次第で、ブラック企業かどうか判断できる場合があります。

まとめ

働き方改革が叫ばれているにも関わらず、残念ながらブラック企業はまだ存在しています。

そのため、求職者はブラック企業の特徴を知り、ブラック企業へ入社しない方法を知ることが大切です。

ブラック企業に入社しないために、おすすめな方法のひとつが転職エージェントの登録です。

求人票に掲載されていない情報を知り得るので、ブラック企業を判断するひとつの材料になるでしょう。

ぜひこの記事を参考にして、ブラック企業を見分ける方法を掴んでください!

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事