簿記3級に必要な勉強時間は?効果的な勉強方法やおすすめ通信講座も紹介

簿記3級に必要な勉強時間は?効果的な勉強方法やおすすめ通信講座も紹介

簿記3級の勉強時間は?」「簿記3級の効果的な勉強方法とは?」簿記試験に興味がある人なら、こういった疑問を感じたこともあるでしょう。

簿記の資格があれば転職に有利になりますし、試験勉強で得た知識は様々なビジネスシーンで生きてきます。

本記事では主に、以下のような内容について解説していきます。

本記事で分かること
  • 簿記3級を取得するための勉強時間
  • 簿記3級の勉強方法
  • 簿記3級の勉強に必要なもの

簿記3級試験対策におすすめの通信講座も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

簿記3級の試験内容・合格基準は?

疑問

簿記3級の合格基準は100点満点のうち、70点以上となっているため、ハードルは高くまとまった勉強時間の確保が必須。

他の資格では相対評価で合格点が変わるケースもありますが、簿記3級は70点以上のスコアを取得できれば確実に合格できます。

簿記3級の試験内容
  • 第1問:仕訳
  • 第2問:戡定記入・補助簿・適語補充
  • 第3問:決算

第1問:仕訳

最初の簿記3級の試験内容は仕訳で、45点分の問題が設定されています。仕訳は最も配点が多いため、勉強時間をしっかりと確保することがおすすめです。

 45点分の配点があるため、35点以上を目指しましょう。

また仕訳の内容は基礎的な知識がベースとなっているため、テキストを中心に反復学習を進めていくことで、ある程度の点数は確保できるでしょう。

1問1答形式の出題されるため、知識をすぐに引き出せるようになるまでテキストを暗記し、なるべく時間をかけずに第1問を駆け抜けるように進めて行くと良いです。

第1問は1問1答のため、効率よく時間と点数を稼いでいけるように、できるだけ多くの知識をインプットしましょう。

第2問:勘定記入・補助簿・適語補充

勉強

次の簿記3級の試験内容は勘定記入・補助簿・適語補充となっており、20点分の問題が用意されています。

全3問のうち配点が20点と最も少ないですが、完全に捨てることはリスキーなため、ある程度の勉強時間は確保するようにしましょう。

 出題内容が広いため、浅く広く網羅するように学習を進めていくことがおすすめ。

具体的な試験内容としては、勘定記入をベースに帳簿記載の一連の流れが問われます。

第1問とは違い、時間をかけずに突破することは難しいため、しっかりと問題の本質を理解し13点程獲得できれば合格も近づくでしょう。

配点が少ない上に出題範囲が広いため、薄く広く学習を進めていくことがおすすめ。

第3問:決算

最後は決算に関する設問で、合計で35点分の配点があります。難易度の高いパートで、ただ単に知識の出し入れではなく、実際に決算書を本質的に理解することは必須。

 時間も多くはないため、ある程度のスピードも求められます。

決算整理に関する問題が出されますが、未処理事項と決算整理の仕訳の2パターンの理解が必要です。さらに決算整理仕訳に関しては、以下のようなパターンで出題されます。

第3問で問われる知識
  • 現金過不足
  • 当座借越の振替
  • 商品棚卸
  • 貸倒見積り
  • 減価償却
  • 貯蔵品棚卸
  • 収益・費用の前受け・前払いと未収・未払い

上記7項目から出題されるため、一通り学習を進め自分の得意不得意を理解しておくと良いです。

全7項目の仕訳に関する知識が問われるため、勉強時間をしっかりと確保しておきましょう。

簿記3級を取得するための勉強時間

時計

簿記3級を取得するための勉強時間は100時間ほど必要になると考えられています。

毎日3時間コツコツ勉強していけば、1カ月ほどで合格できる可能性があるため、比較的チャレンジしやすい資格です。

 とはいえ、簿記自体を理解していなかったり、勉強方法を誤っていたりすれば、100時間以上かかる可能性も考えられます。

反対に、簿記の勉強経験がある人や、経理関係の仕事をしたことがある人なら、勉強時間を短縮することも十分に可能です。

これまでに身につけた知識や経験によって、簿記3級の合格に必要な勉強時間は変わると言えます。

以下では、「じっくり勉強したい人」と「短期集中で合格したい人」に向けて、必要な勉強時間や勉強スケジュールを解説していきます。

じっくり勉強したい人

じっくり勉強したい人は、1日1時間ほど勉強して約3カ月で合格を目指すのがおすすめです。

仕事がある日には、朝と夜で30分ずつ勉強するのが理想ですが、残業などで思ったように勉強時間を確保できない場合もあるでしょう。

そういった場合には、休日を有効活用し平均1日1時間勉強時間を確保するようにしてください。

1日1時間勉強して3カ月で合格を目指す場合の、勉強スケジュールは概ね以下の通りです。

期間 勉強内容
勉強開始~1カ月半 参考書を読み込み、内容を理解する
1カ月半~2カ月半 予想問題や過去問を繰り返し、試験の出題傾向や自分の得意・苦手分野を把握する
2カ月半~3カ月 苦手な分野は参考書で復習し、どのような問題が出ても対応できる状態にする

短期集中で合格したい人

勉強する人

短期集中で合格したい人は、1日6時間ほど勉強時間を確保して約2週間~1カ月で合格を目指すのがおすすめです。

この場合の勉強スケジュールは、概ね以下の通りです。

期間 勉強内容
勉強開始~1週間目 参考書を読み込み、本番試験に対応するための基礎知識を定着させる
1週間~2週間目(前半) 予想問題や過去問題で問題に慣れる
1週間~2週間目(後半) 直近の過去問題を解き、確実に合格点をとれるようにする

苦手な部分は復習し基礎知識を見直す

簿記3級を取得するための勉強内容

独学での勉強

簿記3級を獲得するために、まとまった勉強時間を確保し効率よく勉強を進めることが必要です。

大きく分けて必要な勉強内容としては、合計で4つあるため事前に把握しましょう。

簿記3級を取得するための勉強内容
  • 過去問を解く
  • 仕訳に力を入れる
  • アウトプットのスピードを上げる
  • もう一度過去問を解く

過去問を解く

まず最初に過去問を購入し一通り解き、自分の得意分野と苦手分野を判別しましょう。

またその際、最初に解いた際の合計点数を把握し、そこからどれくらい伸ばしていく必要があるか把握しておくことがおすすめです。

 最初に解いた過去問の点数は低くて当たり前。気負いせずに合格点まで逆算し、勉強時間をどう振り分けていくのかスケジュールを立てましょう。

また同時に参考書も購入し、基礎知識のインプットにも力を入れ、点数アップに努めましょう。参考書で反復的に学習を続け、地道に点数を稼ぐために知識をつけていくことが重要です。

過去問はあまり古いと傾向が読みづらく対策が立てづらいため、直近3年以内の簿記3級過去問がおすすめです。

仕訳に力を入れる

勉強

次に必要な学習は、仕訳に関する知識を身に着け、基礎を固めることです。

簿記3級において仕訳に対する理解は必須となるため、取引ひとつひとつのルールに対する理解力が必要になります。

 裏を返すと、仕訳に関する理解力が高まれば、ある程度簿記3級の合格が近づいてきます。

特に第1問の仕訳問題は45点分とボリュームが多く、1問1答形式のため点数の稼ぎどころです。

最初で躓くと時間配分やモチベーションもうまく調整できなくなるため、最初の仕訳で好スタートを切れるためにも、まとまった勉強時間を確保しておくと良いでしょう。

簿記3級において仕訳は基礎であり、最も重要なパートです。

アウトプットのスピードを上げる

ある程度知識が身についた後は、その知識を素早く引き出せるよう定着させることが必要です。

簿記3級の試験時間は60分となっており、その中で第3問まで進めていかなければなりません。

 闇雲に回答を進めていくと終盤に時間が足りなくなることも。そのため、事前に時間配分を考えて

仕訳はもちろんですが第2問、第3問でも解答スピードを上げておくことは必須。

最後に見直しの時間を確保するためにも、余裕を持って試験が終えられるようすぐに知識をアウトプットできるようにしましょう。

スピードをあげることは必要ですが、雑に回答を進めることとは別なので要注意。

もう一度過去問を解く

勉強

上記3つの勉強内容を完了した後は、簿記3級の過去問をもう一度ときます。

目安としては3~5回ほど過去問を解き、その平均点が当日の点数とシミュレーションして良いでしょう。

 ここまで来ると最終段階。7割以上獲得できるよう、しっかりと仕上げていきましょう。

またもしも、合格点に届かないとしても焦る必要はありません。

過去問を解き点数が取れない部分を重点的に勉強し、苦手克服に1~2週間ほど準備ができれば、試験当日までには仕上がるでしょう。

この段階で点数が8割以上であれば、簿記3級の合格はほぼ確定したと思って良いです。

簿記3級の基本的な勉強方法

ここまで、簿記3級の合格に必要な勉強時間や勉強スケジュールについて解説してきました。本項では、具体的な勉強方法について解説していきます。

簿記を知る

積まれたコイン

初学者は、まず簿記とは何か知るところから始めましょう。

簿記とは?
一連の経済活動における資産や負債の計算、帳簿への記録など、決算書を作成するための一連の作業を指します。

参考書を読んで「仕訳」や「複式簿記」「借方・貸方」などの専門用語を理解し、簿記の概要を掴み、土台となる知識を定着させることが肝心です。

簿記一巡を理解する

基本的な簿記の知識が身に付いたら、次は簿記一巡についての理解を深めていきます。

簿記一巡とは、簡単に言えば開始仕訳から貸借対照表と損益計算書の作成までの一連の作業の流れのことです。

具体的な流れは以下の通りです。

簿記一巡
  1. 取引の仕訳
  2. 仕訳を総勘定元帳に転記
  3. 試算表の作成
  4. 決算整理の実施
  5. 財務諸表の作成

簿記一巡を理解していると、作業の流れや時期が分かり、問題を解くために必要な情報を見極められるようになります。

勘定科目を覚える

電卓

勘定科目とは、企業の取引内容やそれに伴うお金の出入りを分かりやすく分類するための簿記の科目を指します。

簿記の勘定科目は主に、資産、負債、純資産、収益、費用の5つに大別されます。

勘定科目 概要 具体例
資産 企業が支配する経済的資源 現金、売掛金、建物、土地、投資有価証券
負債 将来的に引き渡す義務がある経済的資源 買掛金支払手形借入金、前受金
純資産 資産から負債を除いた金額 資本金新株予約権
収益 取引に応じて得た利益 売上、受取利息
費用 取引に応じて発生した消費される金銭 仕入、水道光熱費、人件費

勘定科目が理解できれば、仕分けも問題も解きやすくなります。

仕分ルールを覚える

仕分とは、取引に基づいたお金の流れを勘定科目に振り分けることを言います。

取引内容を簿記の帳簿に記帳する際には、仕分のルールに従う必要があります。仕分けルールを覚える際は、前述した簿記一巡を参考にして勉強している箇所を把握するようにしましょう。

簿記3級の勉強に必要なもの

簿記3級の勉強に必要なものは、概ね以下の通りです。

簿記の勉強に必要なもの
  • 電卓
  • テキスト・演習問題集
  • 過去問題集
  • 予想問題集

それぞれ見ていきましょう。

電卓

電卓を打つ人

簿記3級試験は計算問題も出題されるため、電卓は必須です。ただし、試験当日に持参できる電卓には制限があることを留意しておかなくてはなりません。

具体的には、以下のような機能がついている電卓を持ち込むことは禁止されています。

持ち込みができない電卓の機能
  • 印刷機能
  • 音が出る機能
  • プログラム機能
  • 辞書機能

こういった機能が無い電卓であれば、試験に持ち込むことが可能です。

出典:試験科目・注意事項|日本商工会議所

テキスト・演習問題集

テキスト(参考書)や演習問題集も必須です。とはいえ何冊も買う必要は特になく、それぞれ一冊あれば十分だと言えます。

簿記3級の試験は、基本的な簿記の知識が問われる問題が多く出題されます。そのため、難解な専門書ではなくわかりやすく解説されているテキストを選ぶのがおすすめです。

 特に初学者であれば、まずは簿記の勉強に慣れるために、図表やイラストが多くストレスなく読めるものを使うのが良いでしょう。

また、簿記の試験範囲は数年ごとに改定されるため、演習問題集は最新の出題範囲に対応しているものを選ぶことが重要です。

過去問題集

問題を解く人

簿記三級試験にかかわらず、大半の試験には一定のパターンや傾向があります。過去問題集は、そうした試験問題の出題傾向を掴むために必要になってきます。

 試験科目を1から10まで勉強するよりも、基礎知識をつけたうえで過去問題集に取り組み、ある程度範囲を絞って実戦対策をするが効率的です。

前述したように簿記の試験範囲は定期的に改訂されます。数年前の過去問題集は現在の試験範囲と異なる可能性があるため、直近の過去問題集を選ぶのが無難です。

予想問題集

予想問題集では、過去の本番試験の傾向をもとに次の試験で出る可能性が高いと予想される問題を解くことができます。

過去問題集で問題のパターンを把握し、予想問題集でより実践に即した対策をすることで、合格率を格段に高めることが期待できます。

予想問題集を選ぶ際は、最新年度版のものであるか確認しましょう。

簿記3級は独学でも合格できる?おすすめの勉強方法

本項では、簿記3級試験のおすすめの勉強方法や、各勉強方法が向いている人の特徴について解説していきます。

独学

勉強

簿記3級の合格率は45%ほどであり、必要な勉強時間も約100時間とそれほど多くないため、独学で合格を目指すことも可能です。

独学が向いている人の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

独学が向いている人の特徴
  • 費用を安く抑えたい人
  • 自分のペースで勉強したい人
  • 効率良く勉強できる人

独学の大きなメリットは、費用を安く抑えられることです。前述したように、簿記の勉強に必須なのは、電卓と数冊のテキストや問題集のみなので、勉強費用は1万円程度で済むケースが大半です。

勉強する場所や時間も自由です。仕事の合間に勉強したい人や、他人に学習進捗を管理されたくない人は独学が向いていると言えます。

このように独学なら自由に勉強できますが、学習計画も自分で立てなくてはなりません。

計画を立てるのが苦手であったり、モチベーションが保てずに計画通り勉強できない場合には、通常よりも多く勉強時間が必要になる可能性も考えられます。

また、試験問題を暗記することに専念してしまい、実践的なスキルが身につかない場合があるのも独学の難点です。

通学講座

通学講座を利用して本格的に指導を受けるのも手です。通学講座が向いている人の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

通学講座が向いている人の特徴
  • 講師から直接勉強を教えてもらいたい人
  • 勉強時間を確実に確保したい人
  • 同じも目標に向かう仲間が欲しい人

通学講座であれば、指導経験豊富な講師から直接勉強を教えてもらえます。

 疑問点はすぐに質問できますし、講師のとのコミュニケーションは自分の弱点や本質的な課題を知るきっかけにもなります。

通学さえすれば勉強時間を確実に確保できるため、勉強に苦手意識がある人でも継続しやすいでしょう。

同じスクールや予備校に通う受講生との出会いがあるのも、通学講座ならではのメリットです。

勉強につまずいた時も、同じ目標に向かう仲間がいればモチベーションを維持しやすくなります。

通信講座

パソコンと文房具

通信講座であれば、インターネットを介して場所や時間に囚われず講座を受けることが可能です。

通信講座が向いている人の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

通信講座が向いている人の特徴
  • 自分のペースで受講したい人
  • 効率的に勉強したい人
  • 費用を抑えつつ質の高いサポートを受けたい人

通信講座は、通学講座とは異なり事前に撮影された講義映像を視聴する形式で受講するのが一般的です。

 講義映像は、基本的にスマートフォンやPCへのダウンロード可能であり、24時間いつでも視聴できます。

講座は、効率良く知識を身に着け短期間で合格を目指すためのカリキュラムが組まれているため、初学者や自分で計画を立てるのが苦手な人でも高い学習効果が得られます。

また、簿記三級の通信講座は1,000円~30,000円ほどが相場であり、独学よりは費用がかかるものの通学講座に比べればリーズナブルな価格帯となっています。

費用を抑えつつ質の高いサポートを受けたい人には、通信講座が最適です。

簿記3級の勉強におすすめの通信講座3選

スタディング簿記講座

スタディング簿記講座

おすすめポイント
  • 低価格講座でコスパ良く資格取得を目指せる
  • マルチデバイス対応のテキストでちょっとしたスキマ時間で勉強できる
  • インプットとアウトプットで効率よく記憶に定着・短期合格を目指す
  • 本試験と同じ形式のテスト教材付き
  • 実際の簿記試験の傾向がわかる無料講座・無料セミナーあり
スタディングは、通信講座の中でも価格帯が低く「簿記3級・2級セットコース」は19,800円で受講できるため、あまりコストをかけずに資格取得を目指したい方におすすめの通信講座です。※キャンペーン価格

簿記初学者でも学びやすいコースに加えて、商業簿記や工業簿記の上級者向けのコースも短期間合格を目指した学習カリキュラムが組まれています。

 長年の学習フローの研究から、記憶の定着に最適なタイミングでアウトプットとインプットを促してくれるので、無理なく学習を続けられます。
簿記講座の全てのコースでも問題集が充実しており、本試験と同様形式・近いレベルのテスト教材で実力を随時確認することもできます。

模試試験や直前対策もパックに含まれているので、簿記試験を想定しながら学習を進められ、試験ギリギリまで対策を練ることができます。

簿記3級・2級セットコース/簿記2級合格コース申し込みで受講料2,200円OFFキャンペーン実施中ですよ。
講座の価格例(税込)
  • 簿記3級・2級セットコース:19,800円※キャンペーン適用
  • 簿記2級合格コース:17,600円※キャンペーン適用
  • 簿記3級合格コース:3,850円
  • 簿記1級合格コース:64,900円
主なサポート体制
  • マルチデバイス
  • マイノート機能
  • 問題横断復習機能
  • 学習レポート
  • AI検索
  • スタディングアプリ
  • メモ機能
  • 勉強仲間機能
  • 保有資格登録機能
合格実績 記載なし
運営会社 KIYOラーニング株式会社
出典:公式サイト

ユーキャン簿記講座

ユーキャン簿記講座

おすすめポイント
  • 学習開始月に合わせた自分専用の学習スケジュールを作ってくれるから最短コースで学習できる
  • 簿記3級は最短3ヶ月で合格を目指せる
  • 学習時間は1日30分〜だから無理なく続けられる
  • 豊富な演習問題で実践力が身につく
  • オリコン顧客度満足度調査2年連速第1位※公式サイト
ユーキャンの簿記講座は、オリコン顧客満足度調査2年連続第1位を獲得している通信講座です。

学習月に合わせて一番近い試験日から逆算して、自分だけの学習スケジュールを組んでくれるため最短ルートで合格を目指せます。

 簿記3級講座では、初学者でもたった3ヶ月で合格を目指せます。
簿記2級講座でも合格に近づくポイントを抑えたカリキュラムなので無理なく6ヶ月で合格を目指せます。

学習時間は1日30分からなので、まとまった学習時間を確保できない方や、短期集中型の方などスキマ時間で学習を進められます。

演習問題も豊富に用意されているため、実践的な力も身につきます。
講座の価格例(税込)
  • 簿記3級講座:39,000円
  • 簿記2級講座:49,000円
主なサポート体制
  • 映像講義
  • 演習問題
  • 添削指導
  • 専用スケジュール
  • 指導サポート延長
合格実績 記載なし
運営会社 株式会社 ユーキャン
出典:公式サイト

クレアール簿記講座

クレアール簿記講座

おすすめポイント
  • 完全通信講座制で余計なコストがかからないからリーズナブルで講義を提供できる
  • 合格に必要な範囲だけを学習する「非常識合格法」
  • 余分なオプション料金なしで全てのデバイスで講義動画を視聴できる
  • テキスト・問題集はPDFダウンロードできるから復習し放題
  • 豊富なプランで自分の学習目標に合った講座が見つけやすい


  クレアールは完全通信講座のみの講義を提供しているため、教室運営に必要な設備関連費用や講師料などが一切かからず、リーズナブルな講義を受けることができます。

キャンペーンも豊富に用意されているので、通常価格よりもかなり安く講義を受講できます。

 学習フローは合格に必要な知識を最低限に抑えたカリキュラムで、最小値式で合格を目指します。
学習しなければならない知識量が少なくなるので、無理なく続けられますし、合格率も格段に上がりやすくなります。

マルチデバイスのテキストを利用しているため、学習ツールに縛られることなく、自分の学びやすいシチュエーションで試験合格を目指せるのは通信講座ならではのメリットです。

テキストや問題集はPDFでのダウンロードもできるので、満足できるまで復習できます。
講座の価格例(税込)※キャンペーン適用時
  • 3級パックWeb通信:9,620円
  • 2級パックWeb通信:34,450円
  • 3級・2級目標講義パックWeb通信:32,500円
  • 3級・2級目標マスターWeb通信:37,700円
  • 1級講義パックWeb通信:89,760円
  • 1級ストレートフルパックWeb通信:98,600円
  • 1・2級マスターWeb通信:109,200円
主なサポート体制
  • マルチデバイステキスト
  • 質問サービス
  • 質問会
合格実績 記載なし
運営会社 株式会社 クレアール
出典:公式サイト

よくある質問

簿記3級の合格率は?
簿記3級の合格率は45%ほどとなっており、受験者の半数は合格します。一方で、簿記2級からは合格率が20%と一気に低くなるため、今後2級の受験も視野に入れている人は起訴を固めるためにも、まずは3級の合格を目指しましょう。
簿記3級に必要な勉強時間は?
簿記3級を突破するためには、約100時間の勉強時間が必要です。1日2~3時間の勉強時間が確保できれば、約1カ月で突破できる計算となるため、難易度はそこまで高くないと言えるでしょう。
簿記3級は独学でも合格できる?
結論から言うと独学での合格も可能で、通信講座や教材を上手く活用することがおすすめ。必要な勉強時間も100時間と長くはないため、学習方法次第では十分に合格できます。
簿記3級を持っていると転職は有利になる?
経理や総務など、バックオフィスへの転職の際に、簿記3級は武器になります。企業によっては必須条件として定めていたり、待遇が良くなるなどメリットもあるため、簿記3級は取得しておいて損はないでしょう。
簿記3級は年収アップにつながる?
企業の給与制度にもよりますが、簿記3級を持っていれば3,000~1万円ほどの月給アップが望めます。転職の軸が年収アップの場合、事前に資格手当がどれくらいなのか、確認しておくことがおすすめです。
簿記3級に合格できれば、2級の合格も近い?
簿記3級と2級の壁は高く、2級からは難易度が急激に上がります。合格率も約20%となっているため、3級を取得しそのままの勢いで合格は難しいでしょう。簿記2級の取得を目指すのであれば、また改めて勉強時間を確保し、しっかりと対策を取ることがおすすめです。

まとめ

今回は簿記3級の勉強時間や勉強方法、試験対策におすすめの通信講座などについて解説しました。簿記3級試験に合格するには100時間ほどの勉強が必要になると言われています。

1日1時間でも勉強時間を確保できれば約3カ月で合格することも可能であるため、比較的チャレンジしやすい資格だと言えるでしょう。

簿記3級は独学で合格することも可能ですが、短期間で合格し、仕事の現場でも生かせるノウハウをより高いレベルで身つけたい場合には通信講座を利用するのもおすすめです。

記事内ではおすすめの通信講座を紹介したため、簿記3級の合格を目指して勉強を始めたい人はぜひチェックしてみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事