キャリトレの評判や口コミは?利用するメリットや注意点を徹底解説!

キャリトレの評判や口コミは?利用するメリットや注意点を徹底解説!

「キャリトレの評判や口コミが知りたい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。

キャリトレは20代に特化した転職サイトです。第2新卒で転職を考えている人にうってつけですよ。

しかし、いざキャリトレを活用して転職しようと思っても、評判や口コミがわからないと戸惑ってしまうでしょう。

そこで本記事では、キャリトレの評判に関する以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • キャリトレの基本情報
  • キャリトレの評判・口コミ
  • キャリトレのメリット・注意点
  • キャリトレを使用する流れ

この記事を読めばキャリトレの評判がわかるだけでなく、キャリトレのメリットや注意点まで把握できます。

キャリトレに登録するか迷っている人はもちろん、自分に合った転職サイトを知りたい人もぜひ参考にしてみてください。

キャリトレの基本情報

キャリトレ

求人数※2022年2月9日現在 要問い合わせ
おもなサービス
  • 求人検索
  • スカウト機能
  • 転職お役立ち情報
エリア 全国
運営会社 株式会社ビズリーチ

※出典:キャリトレ

キャリトレは20代に特化した転職サービスです。20代でキャリアチェンジ・キャリアアップしたい人はもちろん、第2新卒にも向いています。

 キャリトレでは、優良ベンチャーから大手企業までさまざまな求人を取り扱っています。自分に合った求人が見つかりやすいでしょう。

これまで転職サービスを使用しても、いまひとつ成果が出なかった20代に検討してみてほしい転職サイトです。

完全無料で転職サービスを利用できるのも、おすすめポイントのひとつです。

キャリトレの特徴①20代向けの求人が豊富

キャリトレは20代に特化した転職サイトなので、20代でもチャレンジできる優良ベンチャー企業から大手企業まで幅広く求人を掲載しています。

 高いスキルや経験が求められやすいスカウト型転職サイトですが、キャリトレでは未経験から申し込める求人も少なくはありません。

第二新卒歓迎の求人も増えているので、キャリアチェンジで新しい業種に挑戦してみたいと考えている方もおすすめできる転職サイトです。

求人のレベルも高いので、給与や福利厚生などの待遇も良い企業が掲載されています。

キャリトレの特徴②レコメンド機能が使いやすい

キャリトレの機能の一つにレコメンド機能があります。これは、企業に「興味がある」「非表示」で選ぶことができる機能です。

 企業を振り分けることで、サイト内のAIが自動で条件を学習し、表示される企業の条件一致率が高くなるという仕組みです。

スキマ時間で選択をすることができ、振り分けをすればするほどAIの精度も上がるため、転職活動にかける時間の短縮に繋げることができます。

「興味がある」を選択された企業は、経歴情報の一部を閲覧することができるので、「興味がある」を選択するとその企業からスカウトが来る場合あるでしょう。

タップで気軽に気になる企業へアピールすることができるのは嬉しいポイントです。

キャリトレの評判・口コミ

パソコンを開いて操作する人

ここからは、キャリトレの評判・口コミをご紹介します。キャリトレに登録するか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

キャリトレの良い評判・口コミ

スカウトがたくさん来る!

求職者が登録した情報を企業が見て、スカウトをもらえるのがメリットです。特に、プラチナスカウト制度はとても魅力的でした。ほぼ確実に面接へ進めるので、転職活動がスムーズに進みました。

焦らずに仕事探しができる!

キャリトレは自分のペースで求人を探せるので、マイペースに転職活動を進められます。AIが好みを判断して、求人をピックアップしてくれるのがポイントです。

好条件の求人を多く保有している

求人を見てみると、好条件の求人がたくさんありました。しかし、なかには応募資格が厳しい求人もあります。専門的なスキルがある人・特別な資格を持っている人に向いている転職サイトだと思いました。

ミスマッチを最大限に防げる

20代の若手に特化した転職サイトということもあり、20代若手を対象にした求人ばかりです。お互いのミスマッチがある程度防げる点がメリットだと思いました。
一方、転職エージェントのように選考サポートがなかったのが残念な点です。

キャリトレの悪い評判・口コミ

iX転職の口コミ・評判を調べる人

スカウトメールが多い
登録をして24時間以内で20通以上のスカウトメールが届き、それから毎日のようにスカウトメールが届きました。スカウトに積極的な点は良かったが、ユーザー側からすると少しうんざりしてしまいました。
年齢がネックで書類で落ちた
未経験でもスカウトが来やすいと聞いたので30代でしたが登録してみました。案の定、応募リクエストに応募すると全て書類で落ちてしまいました。若い層に向けたサイトでした。
もっと探せば良い企業があったかもしれない
自動で企業をレコメンドしてくれるので自分で企業を探したりすることがなくなりました。積極的に求人を探せば、もっと自分に合った企業や、待遇が良い企業を見つけることができたのではないかと不安になってしまいました。
専門的な業種は少ない
デザイン・クリエイティブ系の求人を探していたのですが、かなり少なかったです。私は偶然タイミングが良く希望に合った企業があり、内定をいただくことができました。デザイン・クリエイティブ系に限らず、専門的な業種の求人が少ない印象でした。

キャリトレを利用するメリット

談笑する人

キャリトレを利用すると、どのようなメリットを得られるのでしょうか。気になるメリットをいくつかご紹介します。

キャリトレを利用するメリット
  • 20代若手向けの求人が豊富
  • 企業の採用担当者と直接やりとりできる
  • レコメンド機能がある
  • 転職活動の情報収集がしやすい

20代若手向けの求人が豊富

キャリトレは20代の若手に特化した転職サイトです。そのため、20代を対象にした求人がほとんどの割合を異めています

 20代若手を対象にしているため、未経験でも応募できる求人が揃っています。

異業種・異職種にキャリアチェンジしたい人にもうってつけです。

企業側も若手を採用して育成したいと考えているため、転職後もミスマッチなく働けるでしょう。

全年齢向けの転職サイトよりも、自分に合った求人を探しやすいでしょう。

企業の採用担当者と直接やりとりできる

店内で相談する男性

キャリトレに登録すると、企業の採用担当者と直接やりとりできます。スムーズ・効率的に転職活動を進めたい人におすすめです。

 一般的に、転職エージェントは企業と求職者の間にエージェントがいるため、企業とのやりとりに時差が発生する可能性があります。

しかしキャリトレなら、「興味ある」ボタンを押すと、すぐに企業の採用担当者へ通知が届きます。企業と求職者がマッチすれば、すぐに面接へ進める場合も少なくありません。

スピーディーに転職活動を進めたい人に向いていますね。

レコメンド機能がある

キャリトレには、レコメンド機能があります。レコメンド機能とは、求職者の趣向をAIが学習し、希望条件に合致した求人を紹介してくれる機能です。

レコメンド機能は使えば使うほど精度が高くなります。

 そのため、キャリトレを活用する頻度が増えるにつれ、自分に合った求人に出会えるチャンスも増えるでしょう。

キャリトレでは、レコメンド機能を活用した求人が毎日届きます。自分で求人を探す時間がとれない人でも、キャリトレなら問題ありません。

時間を有効的に使いたい人も、キャリトレの登録が向いているということですね。

転職活動の情報収集がしやすい

パソコンを操作する人

転職活動の情報収集がしやすいのも、キャリトレに登録するメリットです。キャリトレでは、転職お役立ち情報を定期的に配信しています。

 例えば、「履歴書職務経歴書の書き方」「転職準備から内定までの流れ」など、転職活動中に知っておきたい情報が満載です。

また、人気の職業や業界に焦点をあてたキャリアインタビューも必見です。実際に働く人のリアルな意見を知れるので、業界・企業研究に役立てられるでしょう。

記事だけでなく、動画も配信しています。自分に合った方法で情報収集してみてください。

キャリトレを利用する前に知っておきたい注意点

ソファで頭を抱えている男性

一方、キャリトレを利用する前に知っておきたい注意点もあります。それぞれ詳しく確認していきましょう。

キャリトレを利用する前に知っておきたい注意点
  • 30代後半以上の求職者には不向き
  • 選考サポートを実施していない
  • 地方の求人は少ない場合がある

30代後半以上の求職者には不向き

キャリトレは、20代に特化した転職サイトです。そのため、30代後半以降の人が登録しても、自分に合った求人が見つからない可能性が高いでしょう。

 多くの企業が20代の人材を欲している背景には、若手人材を育成したいという理由も多く含まれています。

その点、30代後半以降になると、企業によっては中堅ポジションになってしまうのが現状です。

育成ポジションではなく、即戦力としての働きが期待されるため、キャリトレのターゲット層に合いません

30代後半で転職を考えているなら、全年齢向けの転職サービスへ登録するとよいでしょう。

選考サポートを実施していない

シャッター越しに外を見つめる男性

選考サポートを実施していないのも、キャリトレ登録前に知っておきたいポイントです。応募書類の書き方や面接対策などは行っていません。

 特に、はじめて転職活動を行う人にとって、選考サポートがないと不安になるかもしれません。

自分で情報収集できなければ、転職活動の一歩を踏み出すことは難しいでしょう。しかし、キャリトレでは記事や動画などで、応募書類の書き方や面接のポイントをわかりやすく解説しています。

事前に記事や動画を見ておくだけでも、転職活動をスムーズに進められるでしょう。

地方の求人は少ない場合がある

地方の求人が少ないのも注意ポイントです。キャリトレに関わらず、人口が少ない地方では、そもそも求人を募集していないケースが多数見受けられます。

 そのため、地方で転職を考えているなら、焦らずに転職活動することが大切です。長期的な転職スケジュールを立てましょう。

また、地方へ転職する際は、より入念な情報収集が必要です。必要であれば、地方に根差した転職サイトも併用してみてください。

転職サイトの併用は悪いことではありません。2〜3つ登録しておくとよいでしょう。

キャリトレとビズリーチの違い

iX転職の口コミ・評判を調べる人

企業から直接スカウトを受け取ることができる転職サイトとしてキャリトレとビズリーチが印象的ですが、具体的な違いについて解説していきます。

違いとは
  • ターゲットの年齢層が違う
  • 仕組みが違う

ターゲットの年齢層が違う

ターゲットの年齢層
  • キャリトレ:20代
  • ビズリーチ:30代以降

キャリトレビズリーチの大きな違いがターゲットの年齢層です。キャリトレは20代を中心とした若い層に特化した転職サイトです。

 20代に特化した転職サイトのキャリトレは、未経験でも申し込める求人が幅広く掲載され、これからキャリアを積んでいく若者のスカウトに力を入れている転職サイトです。

ターゲットの年齢層の違いのため、ビズリーチは経験やスキルを武器とする即戦力になる人材のスカウトに力を入れている転職サイトといえます。

キャリトレは20代でも活躍できる企業やプロジェクトの配属の可能性が高い求人も豊富です。

仕組みが違う

iX転職の口コミ・評判を調べる人

仕組み
  • キャリトレ:スカウト専用
  • ビスリーチ:求人を紹介してもらいながらスカウトも受け取れる

キャリトレスカウト専用の転職サイトですが、ビズリーチでは求人を紹介してもらいながらスカウトも受け取ることができます。

 完全スカウト型ですが、気になる求人は「興味がある」好みではない求人は「非表示」で選択ができます。

キャリトレのスカウト方法は、職務履歴書を確認したスカウトが採用されているので、経歴が浅い20代でも内定の確率も高くなりやすいといえるでしょう。

一方で、ビズリーチは登録までに厳しい審査が設けられているので、企業の条件も非常によく、直接スカウトの場合は書類審査なしで面接に進むことができます。

キャリトレは「興味がある」「非表示」を選ぶことで、AIが掲載求人の精度をアップさせます。

キャリトレを利用する流れ

パソコンを見て考える男性

ここからは、キャリトレを利用する流れを解説します。キャリトレに登録するか迷っている人は参考にしてみてください。

キャリトレを利用する流れ
  1. キャリトレの公式サイトから無料登録
  2. WEB履歴書・職務経歴書の作成
  3. 求人を閲覧しながら「興味がある」ボタンを押す
  4. 企業側からスカウトが届く
  5. 面接に進む
  6. 内定

1.キャリトレの公式サイトから無料登録

まずは、キャリトレの公式サイトから無料登録を行います。転職希望時期やこれまでの実績などを案内に沿って、記入していきましょう。

また、社風ややりがいなどのアンケートも同時に行います。

現時点で自分が思い描いている理想の転職をイメージしながら、ひとつずつ回答していきましょう。

2.WEB履歴書・職務経歴書を作成

契約書にサインする人

キャリトレに登録したら、WEB履歴書・職務経歴書を作成しましょう。詳しく記載しておくことで企業からスカウトが届きやすくなります。

もし書き方に迷ってしまったら、キャリトレが配信している書き方動画を確認してみてください。

きっと、履歴書・職務経歴書の書き方に関するヒントを得られます。

3.求人を閲覧しながら「興味がある」ボタンを押す

応募書類を作成できたら、求人をチェックしていきましょう。キャリトレレコメンド機能が充実しているので、自分に合った求人が見つかりやすいメリットがあります。

もし気になる求人があれば、「興味がある」ボタンを押してみてください。

企業の採用担当者に通知が届き、次のアクションへつながります。

4.企業側からスカウトが届く

交渉が成立した瞬間

企業とマッチングしたら、スカウトが届きます。面接確約のスカウトが届く場合もあるので、スカウトが届いたらすぐに内容を確認しましょう。

面接へ進む場合は、キャリトレ上で企業と面談日時のやりとりができます。

2~3候補ほど面接の希望日時を伝えておくとスムーズです。

5.面接に進む

いよいよ面接に進みます。面接が不安な人は、キャリトレが公開している記事や動画などで、面接のポイントを確認しておくとよいでしょう。

面接には、リラックスした姿勢で臨むことをおすすめします。

明るく・ハキハキとした対応を心がけましょう。

6.内定

スーツ姿の男性

すべての選考に無事通過すれば、内定です。内定後は採用通知書を確認し、再度給料や職務内容などの条件を確認しましょう。

また、内定を得た後は内定承諾が必要です。

複数の企業に応募している場合は、内定承諾期間をあらかじめ聞いておくとよいでしょう。

キャリトレを利用しながら転職を成功させるコツ

スーツを着た女性二人

キャリトレを利用しながら転職を成功させるには、どのようなコツがあるのでしょうか。気になるコツをそれぞれご紹介します。

キャリトレによる転職成功のコツ
  • レコメンドの振り分けをこまめに行う
  • WEB履歴書や職務経歴書を丁寧に記入する
  • 譲れない条件を明確にする

レコメンドの振り分けをこまめに行う

キャリトレに登録したら、レコメンドの振り分けをこまめに行いましょう。レコメンド機能はAIが学習・分析して、求職者に届ける仕組みです。

 そのため、レコメンド機能をこまめに振り分けておくとAIが学習し、より希望条件に合った求人を届けてくれます。

なお、レコメンドの振り分けにはさほど時間はかかりません。

通勤時間や休憩時間のようなスキマ時間で十分対応できます。

WEB履歴書や職務経歴書を丁寧に記入する

メモをとる人

キャリトレに登録したあとは、WEB履歴書・職務経歴書を丁寧に記入しましょう。丁寧に記入してあると、採用者の目に留まりやすくなります。

 採用者の目に留まれば、面接を確約する「プラチナスカウト」を受け取れる可能性が高くなるでしょう。

特に、効率的に転職活動を進めたい人にうってつけです。

定期的に履歴書・職務経歴書をブラッシュアップするのもおすすめですよ。

譲れない条件を明確にする

譲れない条件を明確にするのも大切です。譲れない条件が明確であれば、転職活動の軸が定めやすくなるでしょう。

 例えば、フレキシブルな働き方をしたいなら、「リモートワーク可能」「フレックスタイム制導入」のような企業がおすすめです。

キャリトレでは、登録時に譲れない条件をアンケート形式で回答します。

自分の気持ちに素直になることで、譲れない条件が見えてきますよ。

キャリトレを活用すべき人

岐阜の転職情報を調べる

ここからは、キャリトレはどんな人におすすめなのか、実際にキャリトレを活用すべき人について解説していきます。

キャリトレを活用すべき人
  • 忙しい20代の方
  • 転職するか決まっていないが情報を集めておきたい方

忙しい20代の方

キャリトレは「5分でできる転職活動」とも呼ばれ、登録や機能がわかりやすくシンプルなものが多いという特徴ゆえ、転職活動に時間を割けられない方におすすめです。

 転職エージェントのように、面談の日程を組む必要もなく、どんどん求人を紹介されることもありません。

登録し、スカウトを待つだけで転職活動を進めることができ、比較的に自分のペースで続けられるので、スキマ時間でも活用しやすいでしょう。

スカウトで自分の市場価値の確認もできる点では、スカウト型の転職サイトのメリットでもあります。

転職するか決まっていないが情報を集めておきたい方

転職エージェントでは、登録後すぐに電話た面談、求人紹介と慌ただしく転職活動が進みますが、スカウト型の転職サイトでは、自分のペースで転職活動を進めることができます。

 さらに、スカウト型は明確な転職理由がなくても登録することができるので、転職するか決まっていない方でも使いやすいでしょう。

スカウトの内容で自分の市場価値を把握することができ、自分が活かせるスキルや経験を確認することができるので、転職活動を本格的に始める際に活用することもできます。

転職について情報を集めるだけでも利用できる点が、エージェント型の転職サイトとは異なるポイントです。

キャリトレと併用したい!おすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
  • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 完全無料
リクルートエージェントは16万件以上※1の非公開求人を持つ転職エージェントです。

 非公開求人は公開すると応募が殺到してしまうような好条件求人である場合がほとんどです。
自分のアピールポイントや、どのような仕事がわからない、といった場合でもキャリアアドバイザーとの面談を通して、自分にぴったりの求人を見つけることができます。

応募書類の添削や、面接の対策も受けることができます。
企業の分析も細かく行っているため、求人を紹介する段階から、企業について詳しく教えてもらえます。入社後のミスマッチを防ぐことができますよ。
運営会社 株式会社リクルートキャリア
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
公開求人数 114,943件※2021年6月10日時点
拠点 全国対応可 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • アドバイザーや担当者の対応がよく、親身に相談に乗ってくれる!
  • 各企業の情報を分析し、手厚い選考対策で内定率UP!
  • 経歴に自信がない方でも正社員転職が目指せる!
  • 全国の転職に対応!WEB面談も可能
  • 完全無料
マイナビエージェントはアドバイザーの質の評価が高い転職エージェントです。

ハードルが高く感じる面談も非常にスムーズで、信頼できる担当者に出会えたという利用者の声が多数あります。 また、大手企業であるマイナビの太いパイプを生かした各企業の分析は選考対策の際に役立ちます。
 マイナビエージェントはスキルや経験が少ない20代の転職をメインターゲットとしていますので、スキルに自信がなくても正社員として転職できる可能性は大いにあります。
未経験業種への転職を目指している方や、転職に不安を抱えている方はぜひマイナビエージェントに登録をしましょう!
運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
公開求人数 28,152件※2021年8月17日時点
拠点 全国対応可 京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1を占める!
  • 優秀なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!
  • ハイクラス求人多数!登録後は企業・ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ
  • 優良企業と直接コンタクトを取ることも可能!
ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が3分の1※2以上を占める転職エージェントです。

年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1※1に輝いています。
ビズリーチでは「プラチナスカウト」というものがあり、一流のヘッドハンターがユーザーの情報を見てスカウトを送ります。スカウトが届くと、確実に面接へ進める仕組みです。

厳選された優秀なヘッドハンターが約4,600人在籍※2しているので、優良企業とのマッチングを待ちながら転職活動を行えるでしょう。 ※1 転職サービスに関する調査/調査会社:シード・プランニング/調査期間:2019年1月〜2月/調査対象:年収600万円以上で、転職意欲がある人 ※2参照 公式サイト
運営会社 株式会社ビズリーチ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • タレント・ハイクラス会員制度
  • ヘッドハンター
  • スカウト
公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡
出典:公式サイト

よくある質問

キャリトレを利用するのに費用はかかる?
キャリトレを利用するのに費用はかかりません。求人検索・スカウト機能・企業とのやりとりすべて、無料で利用できます。
キャリトレを利用するメリットは?

キャリトレを利用するメリットは以下のとおりです。

・20代若手向けの求人が豊富
・企業の採用担当者と直接やりとりできる
・レコメンド機能がある
・転職活動の情報収集がしやすい

特に、20代若手向けの求人を豊富に取り扱っているのが魅力です。未経験の応募を受け付けている企業も多数あるため、キャリアチェンジしたい人にも向いています。

キャリトレを利用する前に注意しておくべきことは?

キャリトレを利用する前に注意しておくべきことは、下記を参考にしてみてください。

・30代後半以上の求職者には不向き
・選考サポートを実施していない
・地方の求人は少ない場合がある

キャリトレでは、選考サポートを実施していません。しかし、記事や動画などで選考書類の書き方や面接成功のコツを紹介しています。

WEB履歴書や職務経歴書はなぜ詳しく記入する必要があるの?

WEB履歴書・職務経歴書を詳しく記入しておくと、企業の採用担当者の目に留まりやすくなります。また、これらの書類を詳しく書いておくことで、面接時に役立つでしょう。ぜひ時間を見つけて、丁寧に記入してみてください。

プラチナスカウトってなに?

プラチナスカウトとは、面接が確約されたスカウトを指します。企業の採用意欲度が高いという特徴があります。プラチナスカウトをもらうためには、WEB履歴書・職務経歴書を丁寧に書くことが求められます。

キャリトレが向いている人の特徴は?

キャリトレが向いている人の特徴は以下のとおりです。

・20代若手で転職を考えている人
・スピーディーに転職活動を終えたい人
・企業の採用担当者と直接やりとりしたい人

キャリトレは一般的な転職エージェントと異なり、企業の採用担当者と直接やりとりできます。そのため、スピーディーに転職活動したい人にうってつけです。

在職しながらキャリトレに登録できる?
在職しながらキャリトレに登録できます。現在働いている職場に知られることはまずないので、安心して転職活動を進めてください。

まとめ

キャリトレは、20代に特化した転職サイトです。20代でキャリアチェンジを考えている人はもちろん、第2新卒の転職にも向いています。

キャリトレに登録した際は、WEB履歴書・職務経歴書を丁寧に記入しましょう。丁寧に記入しておくと、企業の採用担当者の目に留まりやすくなります。

また、面接を確約するプラチナスカウトを受け取れるので、スピーディーに転職活動を終えたい人にうってつけです。

ぜひこの記事を参考にして、キャリトレの登録を検討してみてください!

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事