第二新卒で転職を成功させるコツは?おすすめ転職エージェントもご紹介

第二新卒で転職を成功させるコツは?おすすめ転職エージェントもご紹介

転職を検討している第二新卒の人の中には、「社会経験が少ないので不利になるのでは?」と不安に感じている人もいるかもしれません。

しかし、最近では第二新卒を歓迎する求人も増えつつあり、第二新卒を求める企業も見られるようになってきました。

とは言え、第二新卒で転職活動をする際にはいくつかのコツがあります。

そこで今回は、第二新卒の転職事情や、転職時の注意点などを詳しく解説します。

この記事でわかること
  • 第二新卒の転職事情
  • 第二新卒が求められる理由
  • 第二新卒が転職を成功させるコツ
  • 転職時の注意点

第二新卒に強いおすすめの転職エージェントも紹介するため、ぜひ転職のヒントにしてみてください。

第二新卒とは?転職事情を解説

第二新卒とは?転職事情を解説

第二新卒で転職活動をするにあたって、第二新卒とはどういった人を指すのか・いつまで第二新卒と名乗れるのかを知っておく必要があります。

第二新卒と呼ばれる人の特徴
  • 新卒入社後3年未満
  • 25歳程度まで
  • 短期間でも社会に出たことがある

第二新卒の定義は明確ではなく、曖昧です。しかし、社会経験があることが前提のため、新卒採用と中途採用の中間のような位置づけとなっています。

また、卒業後3年が経過したあとは第二新卒と呼ばれなくなり、一般的には中途採用扱いになることが多いでしょう。

最終学歴によって第二新卒と呼ばれる年齢は、人により異なります。

新卒採用の離職率

第二新卒とは?転職事情を解説

2020年10月に厚生労働省が公表したデータによると、2017年3月に大学を卒業し、新卒採用で就職した人の就職後3年以内の離職率は全体で32.8%でした。

 つまり、2017年4月に入社した人の約3人につき1人が、2020年10月までの間に退職していることになります。

離職率は、事業所の規模によっても異なります。以下のように、2017年4月からの3年間は、事業所の規模が小さくなるにつれて離職率が高まっていることが分かります。

事業所の規模 大学卒の離職率
1,000人以上 26.5%
500~999人 29.9%
100~499人 33.0%
30~99人 40.1%
5~29人 51.1%
5人未満 56.1%

また、5人未満の事業所を除いてすべて前年比よりも離職率が上がっており、新卒採用者の離職率は企業にとっても課題であると言えるでしょう。

出典:https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177553_00003.html

第二新卒での転職を決意する背景

第二新卒とは?転職事情を解説

厚生労働省が公表した「平成30年度雇用動向調査結果の概要」に基づき、第二新卒として転職を決意した背景を見ていきましょう。

第二新卒の人が前職を辞めた理由には、以下のようなものがあります。

前職を辞めた理由
  • 仕事の内容に興味を持てなかった
  • 労働時間・休日等の条件が合わなかった
  • 収入が少なかった
  • 職場の人間関係が好ましくなかった

このように、職場環境労働条件を理由に退職して転職活動を始めた人が多いようです。

出典:https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/19-2/dl/kekka_gaiyo-04.pdf

第二新卒が転職市場で求められる理由

第二新卒が転職市場で求められる理由

離職率が30%を超えていることからも、第二新卒での転職は「入社してもすぐに辞めるのではないか」と良いイメージを持たれないように思えるかもしれません。

しかし、実は第二新卒を歓迎する企業や求人は増えつつあります。よって、第二新卒が求められる理由を知っておきましょう。

第二新卒者が必要とされる理由を知ることは、第二新卒者の強みを把握することにもつながりますね。

例えば、第二新卒が求められる主な理由は以下の通りです。

第二新卒が求められる理由
  • 新卒のようなフレッシュさを持っている
  • 一度社会経験をしているため、基本的なビジネススキルが身に付いている
  • 企業の色に染まっていないため、教育しやすい
  • 慢性的な人材不足に悩む企業が多い
  • 将来的な世代交代を見据えて、若い人材を確保できる

このように、第二新卒の採用は企業にとってもさまざまなメリットがあることがお分かりいただけるでしょう。

上記の理由は第二新卒の強みとも言えるため、転職活動時にはアピールポイントとしても役立つはずです。

第二新卒の転職は難しい?やり方・流れを解説

相談

第二新卒での転職は初めてのことばかりで不安が残るでしょう。ここからは、第二新卒の転職の難易度と流れについて解説していきます。

難易度

難易度
  • 新卒入社から1年以内:厳しい
  • 新卒入社から2〜3年:転職しやすい

新卒入社から1年以内の勤続年数の場合、採用担当は「またすぐに辞めてしまうのでは?」という目で見られてしまうため、このケースは転職が厳しいとされています。

ただし、通信業界などの新規開拓営業など客観的に見ても厳しい環境での勤務だった場合は、新卒入社から半年以上の勤続年数でも評価されることもあります。

 勤続年数が2〜3年だと前職で一定のスキルや経験を積んだ人材として評価されるため、比較的転職しやすいとされています。

育成コストや年収を抑えて採用できるため、一定のスキルや経験を積んだ人材を求めているという傾向もあるようです。

第二新卒で転職をするなら新卒入社3年目が良いチャンスです。

流れ

資料を探す女性

転職活動の大まかな流れは以下の通りです。

転職の流れ
  • 転職の準備をする
  • 求人を探す
  • 応募をする
  • 面接をする
  • 内定

転職の準備をする

まずはじめに転職の準備として自己分析を行いましょう。自己分析を徹底して行うことでろ歴書や面接に備えることもできます。

第二新卒の転職で最も注意深くならなければならないのが「またすぐに辞めてしまうのではないか」と採用担当に思わせないことです。

 そのため、なぜ転職をするのかについて突き詰めて言語化・話せるようにしておく必要があります。

加えて「自分の強みはなにか」「今後のキャリアはどうなりたいか」「どんな業務をしたいか」なども自己分析で振り返ってみましょう。

自己分析を行った結果、転職しなくても解決できるというケースも有り得ることなので、自己分析は在職中に行いましょう。

自己分析が一人で不安な場合は、転職エージェントを活用して相談してみましょう。

求人を探す

メモ

自己分析を終えたら求人を探します。

求人を探すツール
  • ハローワーク
  • 転職サイト
  • 転職エージェント

どちらも求人を担当者から紹介してもらうことができます。ですが、ハローワークは求人を探したり紹介してもらう場合ハローワークへ行く必要があります。

転職サイトや転職エージェントはインターネット上で求人を探すことができ、メールにて求人を紹介してもらうことができます。

 転職エージェントの場合は、無料で求人を紹介してもらうことができる上に、カウンセリングや履歴書添削・面接対策こ行ってくれます。

転職が初めての第二新卒は、書類の書き方や面接対策・条件交渉などを任せられる転職エージェントがおすすめです。

求人を探すだけでも利用できるので、明確に転職を決めていない方でも登録しておくと便利です。

応募をする

応募方法
  • 転職サイト・エージェントから応募
  • 企業ホームページから直接応募

応募方法は上記の2つがあります。応募の際には履歴書や職務経歴書の提出が求められることが多いです。

転職エージェントでは提出書類の添削を行ってくれるので、書類の作成に自身がない方でも書類選考通過しやすい書類を制作できます。

応募までに自己分析を基に志望動機などまとめておきましょう。

面接をする

面談

面接は個人面接か集団面接か企業によるので断言はできませんが、面接回数は複数回実施されることが一般的とされています。

面接担当者も企業によってさまざまで、人事採用が面接を担当する場合もありますし、初回面接から社長が担当する場合もあります。

転職エージェントでは面接対策で、面接を受ける企業に沿ったアピール方法も指導してくれます。

内定

面接を通過したら内定です。内定通知書が届いたら条件や入社時期に間違いがないかをしっかり確認しましょう。

在職中に転職活動を進めた場合は、退職届を提出します。

第二新卒で転職を成功させるコツ

第二新卒での転職は、社会経験のない新卒や経験・スキルがある中途採用とは異なります。

第二新卒での転職のコツを押さえておくことで成功しやすくなるでしょう。

ここでは、第二新卒で転職を成功させるコツについて解説します。

転職を成功させるコツ
  1. 転職活動のスケジュールを明確にする
  2. 第二新卒向けの転職フェアやイベントに参加する
  3. 退職理由はポジティブなものにする
  4. 転職しやすい時期を狙う
  5. 自己PRは複数用意する
  6. 得意分野や成功体験を見つける

①転職活動のスケジュールを明確にする

第二新卒で転職を成功させるコツ

転職活動を成功させるコツは、スケジュールを明確にすることです。

 具体的な日付や目標の就職先・業種などを設定しましょう。

仕事をしながら転職活動を進める場合は現在勤めている会社があるため、明確な目標がないとダラダラ過ごしてしまうことになります。

したがって退職の申し出期間も加味した上で、具体的なスケジュール設定が必要です。

長く転職活動を続けると、怠けたり飽きたりすることも考えられますね。

転職活動は、転職先への入社日から逆算して以下のようなスケジュールを組むことが多いようです。

6~5カ月前 今後の展望を自己分析
4~3カ月前 転職先へ応募・面接
2~1カ月前 現職への退職の意思を伝える

ただし、会社によっては退職の意思を3カ月前に伝えなければならないなど規定がある可能性もあるため、早めに確認しておきましょう。

②第二新卒向け転職フェアやイベントに参加する

第二新卒で転職を成功させるコツ

転職エージェントなどに登録をしていると、転職フェアやイベントに参加することができます。

 新卒・中途の転職フェアではなく、第二新卒向けに的を絞りましょう。

第二新卒向けの転職フェアでは、新卒や中途採用とは異なり、第二新卒の人材を求める企業が集まります。

第二新卒者に求められる人物像なども把握することができますね。

転職フェアやイベントに参加すると、転職活動を行う上で有利な情報が得られることもあります。よって、第二新卒者で転職を検討している人はぜひ一度参加してみるのがおすすめです。

③退職理由はポジティブなものにする

第二新卒者に限らず、転職理由は前向きなものにする必要があります。

 特に第二新卒者は短期間での退職・転職になるため、退職理由には注意が必要です。

退職理由によっては「長く続かない人」「採用してもすぐ辞めてしまうのでは?」と思われてしまうかもしれません。

第二新卒の転職では、短期間での転職について理由を質問されることも多いです。

④転職しやすい時期を狙う

第二新卒で転職を成功させるコツ

求人募集は基本的に一年中ありますが、時期によって求人の数には差があります。例えば、求人が増えやすいのは以下の時期です。

転職求人が増える時期
  • 3~4月
  • 9~10月

3~4月は期末ということもあり、退職者が出やすい時期です。そのため、人材を補充したい企業も増えると考えられます。

新卒者とまとめて研修を行えることも、求人増加の理由でしょう。

9~10月は、上半期の結果から足りない人材を募集したいと考える企業が多いことが原因とみられています。

また、求人数・応募者が少ない7~8月は穴場といえるでしょう。したがって、転職者のライバルが少ない7~8月を狙うのもおすすめです。

参考:https://doda.jp/guide/ranking/039.html

⑤自己PRは複数用意する

第二新卒で転職を成功させるコツ

転職活動において、自己PRなど自分をアピールするものを用意しておくことは必須です。

自己PRを複数用意するメリット
  • 面接官からの質問に備えられる
  • 回答例を複数用意しておける
  • 企業から興味を持ってもらえる

面接官は、自己PRを深堀して聞いてくることもあります。そのとき、複数用意しておくことでスムーズな受け答えができるでしょう。

 質問の仕方によって回答も変わってくるため、2つではなく複数用意しておくことが重要です。

また、転職エージェントを利用する場合は登録内容に自己PRを記載しておくことで、企業から興味を持ってもらえる機会も増えます。

自己PRは深堀されても応えられる内容に絞りましょう。

⑥得意分野や成功体験を見つける

第二新卒で転職を成功させるコツ

第二新卒者は社会に出て間もないため、中途採用者と比べるとアピールする実績に限りがあります。そのため、得意分野を早く見つけることや、成功体験が重要です。

未経験業種への転職の場合は、入社後に活きる得意分野を見つけておきましょう。

面接で過去の成功体験について聞かれる場面もありますよ。

学生時代やこれまでに経験したアルバイトを振り返り、成功体験を用意しておきましょう。

第二新卒での転職における注意点

第二新卒者が転職する場合、いくつか注意したいポイントがあります。ここからは、第二新卒での転職における注意点について解説していきます。

注意点
  1. 転職先を決める前に退職しない
  2. 将来設計がないまま転職活動を始めない
  3. 第二新卒・新卒の違いを理解しておく

①転職先を決める前に退職しない

机

第二新卒者のなかには、転職先を決めずに勢いで退職してしまう人も少なくありません。

 退職は、内定・入社日が決定してから行いましょう。

現職の雇用契約により、あらかじめ伝える期限引継ぎ時期も確認してから次の会社に入社するのがおすすめです。

先に退職してしまうと、次の仕事が決まらないまま無職になってしまう可能性もあります。

②将来設計がないまま転職活動を始めない

第二新卒者の中には、社会に出てまだ若いため後先考えずに転職活動をしてしまう人も後を絶ちません。

短いスパンで転職をすると、再び自分に合わずに転職を繰り返してしまうことになります。よって、転職活動は10年後を見据えて行うようにしましょう。

長く働ける条件を自分で洗いだしてから転職を始める方が良いですね。

自分が長く働けるであろう職種・待遇・給与などを想定しておくと良いでしょう。イメージから逆算して転職活動を始めると、スムーズに活動しやすいためおすすめです。

③第二新卒・新卒の違いを理解しておく

メモ

第二新卒者の中には、新卒者と変わらないと踏んで転職活動をしてしまうことがあります。

 第二新卒者は少なからず社会を経験しているため、新卒者とは違います。よって、新卒者気分でいると転職に失敗してしまうかもしれません。

初めて社会へ出る新卒者と一度でも社会を経験している第二新卒者では、求められることや評価されることが異なります

社会に出てからの実績や第二新卒ならではの自己PRを意識しましょう。

第二新卒は転職エージェントの利用もおすすめ

握手

第二新卒で転職を検討する場合、ひとりで行うのは大変と感じることも多いでしょう。そんなときは転職エージェントの力を借りるのもおすすめです。

転職活動を使用するメリットには、主に以下のようなものがあります。

転職エージェントのメリット
  • 就職内定率が高い
  • 応募の対策ができる
  • 希望の条件に合ったきゅじんを探してもらえる
  • 非公開求人へ応募できる
  • 退職や転職後のサポートも可能
  • 企業からスカウトが届く場合もある
  • 入社日や給料の交渉をしてもらえる
  • 客観的な自己分析ができる

自分ひとりでは解決できない問題も専門のアドバイザーが指導してくれるため、転職がスムーズに行えます。

先方との交渉を代行してくれるのも魅力ですね。

第二新卒に強い転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 転職支援の実績が豊富
  • 非公開求人が充実
  • 専門のコンサルタントによるサポートあり

リクルートエージェントは、新卒・中途のほか第二新卒向けの転職にも力をいれています。

 第二新卒向けのイベントも開催されることもあるため、公式サイトで最新情報をチェックしておきましょう。

実際に転職すべきかどうか迷っている段階でも相談でき、相談したからと言って必ず転職活動をしなくても良いという点も、気軽に利用できるポイントです。

専門家に話を聞いてもらうことで、新たな考えが生まれるかもしれませんね。
公開求人数※2021年7月15日時点 117,622件
第二新卒歓迎の公開求人数※2021年7月15日時点 4,222件※1
主な機能
  • 転職成功のためのノウハウ
  • 求職者に合う求人の紹介
  • 専属キャリアアドバイザーによる面談
  • 書類作成支援
運営会社 株式会社リクルート

出典:https://www.r-agent.com/ ※1「第二新卒」のフリーキーワードで検索した場合

doda

doda

おすすめポイント
  • 第二新卒求人が充実している
  • 東証一部上場企業を含む大手企業との取引実績あり
  • 希望の条件から選択可能

dodaは中途採用だけでなく、第二新卒の転職にも強いサイトです。非公開求人も充実しているため、自分では見つけられなかった求人と出会えるかもしれません。

 第二新卒の求人だけで約2万件あります。

会員登録後はチャットを使って気軽に相談できるほか、オンラインセミナーなどの受講も可能です。

サポート体制が充実しており、第二新卒の転職で不安な人にとっても心強いですね。
公開求人数※2021年7月15日時点 90,710件
第二新卒歓迎の公開求人数※2021年7月15日時点 35,289件
主な機能
  • 第二新卒向けの求人紹介
  • 転職に関する情報発信
  • オンラインセミナー開催
運営会社 パーソルキャリア株式会社

出典:https://doda.jp/

キャリアスタート

キャリアスタート

おすすめポイント
  • 転職交流会を毎月開催している
  • 大手企業の求人も充実している
  • 寮や引越し相談、転居サポートも行っている

キャリアスタートでは、未経験からでも就職・転職できる企業を紹介しています。

 前職では職種が合わなかった人も安心して転職活動ができるでしょう。

転職によって全国各地から東京に引越す場合には、寮や住宅補助のある求人紹介や、初期費用が不要な物件相談なども行っています。

初めて東京で働く方も安心して都心部での転職活動が行えますね。
公開求人数※2021年7月15日時点 63件
※求人の一部のみ公開。求人検索をするには、会員登録後にログインが必要。
第二新卒歓迎の公開求人数※2021年7月15日時点 40件
※求人の一部のみ公開。求人検索をするには、会員登録後にログインが必要。
主な機能
  • 第二新卒向けの転職支援
  • 面接・履歴書の添削サポート
運営会社 キャリアスタート株式会社

出典:https://careerstart.co.jp/

DYM就職

DYM就職

おすすめポイント
  • 第二新卒、フリーター、ニート向けの求人に強い
  • アドバイザーからの手厚いサポートを受けられる!
  • 数多くの就職支援実績

DYM就職は、コロナ渦の現在でも採用を継続している求人が多数あります。また、未経験業種への就職も可能です。

 採用担当者や企業社長との直接交渉も可能です。

DYM就職独自の研修制度では、未経験者でもプロフェッショナルになるサポートを受けられます。社会人未経験者の採用を強化しているため、それまでの経歴に左右されずに転職活動を行えるでしょう。

利用者からの高い満足度を誇る転職エージェントです。
運営会社 株式会社DYM
主なサービス
  • エージェントサービス
  • 提出書類添削
  • 面接対応
  • 研修制度
公開求人数
対応エリア 全国

出典:https://talk.dshu.jp/3863/ 公式サイト

よくある質問

そもそも第二新卒とは?
第二新卒の定義は明確ではなく、曖昧です。しかし、社会経験があることが前提のため、新卒採用と中途採用の中間のような位置づけとなっています。
一般的に以下の項目で判断されます。

  • 新卒入社後3年未満
  • 25歳程度まで
  • 短期間でも社会に出たことがある

第二新卒が転職市場で求められる理由は?

大きな理由として考えられるのは、新卒のようなフレッシュさを持っていることと、一度社会経験をしているため、基本的なビジネススキルが身に付いていることです。
第二新卒の強みとも言えるため、転職活動時にはアピールポイントとしても役立つはずです。

第二新卒で転職を成功させるコツは?

転職活動を成功させるコツは、スケジュールを明確にすることです。体的な日付や目標の就職先・業種などを設定し、退職の申し出期間も加味した上で、具体的なスケジュールを組みましょう。
また、転職エージェントなどに登録をしていると、転職フェアやイベントに参加することができるので活用してみましょう。
転職しやすい時期は?
一般的に7~8月が転職しやすい時期と言われています。
3~4月は期末ということもあり、退職者が出やすい時期のため、人材を補充したい企業も増えると考えられます。9~10月は、上半期の結果から足りない人材を募集したいと考える企業が多いことが原因とみられています。

第二新卒での転職における注意点は?

まず転職先を決める前に退職しないことです。現職の雇用契約により、あらかじめ伝える期限引継ぎ時期も確認してから次の会社に入社するのがおすすめです。
また、短いスパンで転職をすると、再び自分に合わずに転職を繰り返してしまうことになります。よって、転職活動は10年後を見据えて行うようにしましょう。

まとめ

今回は、第二新卒の転職事情や転職時の注意点、第二新卒が求められる理由などを解説しました。

新卒で入社した会社が合わず、第二新卒者として転職をすることも珍しくありません。その場合は、早めに転職活動を開始し、自分に合った仕事に就く方がストレスも少なく済むでしょう。

第二新卒者での転職は、コツや注意点を心得ておく必要がありますよ。

また、転職エージェントを利用することで、スムーズな転職活動が行えます。

応募書類の添削や面接対策など幅広くサポートしてもらえるため、第二新卒者で転職を考えている人はぜひ利用してみてください。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事