第二新卒におすすめの転職エージェント14選!比較ランキングもご紹介

第二新卒におすすめの転職エージェント14選!比較ランキングもご紹介

新卒採用で入社したものの、実際に働いてみるとミスマッチを感じ、転職を考える人も少なくありません。

社会人経験の少ない第二新卒とされる人たちは、転職エージェントを利用することをおすすめします。

本記事では、第二新卒向けの転職について解説します。

この記事でわかること
  • 第二新卒におすすめの転職エージェント
  • 第二新卒で転職するメリット・デメリット
  • 第二新卒向け転職エージェントの選び方
  • 第二新卒で転職を成功させるコツ

公開求人数を比較したおすすめ転職エージェントランキングもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

第二新卒におすすめの転職エージェント比較表

転職エージェント第二新卒

転職エージェントはキャリアアドバイザーからマンツーマンの転職サポートを受けることができるので、初めての転職の際はぜひ利用しましょう。

第二新卒向けイチオシ転職エージェント

→業界最大級の求人数、年収交渉の代行も可能

→キャリアアドバイザーの質に定評あり

→未経験歓迎の求人多数!正社員就職に強い

    まずはおすすめ転職エージェントを比較表で確認しましょう!
    リクルート
    エージェント
    マイナビ
    エージェント
    ハタラクティブ
    doda
    マイナビジョブ20's
    DYM就職
    UZUZ(ウズキャリ)
    パソナキャリア
    就職shop
    ワークポート
    リクルートエージェント
    マイナビエージェント
    ハタラクティブ
    doda
    マイナビジョブ20s
    DYM就職
    UZUZ
    パソナキャリア
    就職shop
    ワークポート
    公開求人数
    117,600
    27,352
    2,300件以上
    84,259
    2,618
    非公開
    およそ360
    35,272
    非公開
    40,536件
    非公開求人数
    177,389
    109,408
    -
    35,646
    非公開
    非公開
    -
    10万件以上
    非公開
    約93,000件
    対象年代
    20代〜50代
    20代〜30代
    20代
    20代〜50代
    20代
    20代
    20代
    20代〜50代
    20代
    20代〜30代
    対応エリア
    全国
    全国
    東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・福岡
    全国
    全国
    全国
    東京・大阪
    全国
    全国
    全国
    得意分野
    総合求人
    第二新卒など
    20代の求人
    フリーター・既卒
    第二新卒の就職
    総合求人
    20代の転職サポート
    第二新卒・フリーター・既卒・ニートの正社員就職
    第二新卒・既卒・スキルに自信のない20代への転職サポート
    総合求人
    スキルや経験に自信がない人
    第二新卒の正社員就職
    営業職・ゲーム業界・エンジニア職の転職
    イチオシ機能
    年収交渉の代行
    未経験職種への
    転職サポート
    未経験業種への転職サポートが充実
    年収交渉の代行
    年収査定診断
    20代向けの無料転職セミナーを各地で開催中!アドバイザーから20代ならではの転職ノウハウを受けられる
    内定後も退職・入社手続きのサポートが受けられる
    模擬面接など手厚い先行サポートを受けられる
    キャリアアドバイザーの親身なサポート体制
    応募した求人は書類選考免除で面接に進める
    業界ごとに専門のコンシェルジュに相談可能!

    第二新卒におすすめの転職エージェント14選

    第二新卒を積極的に採用している企業は多々あります。今回ご紹介する第二新卒向けのおすすめ転職エージェントは、以下の通りです。

    それぞれの転職エージェントの特徴やサービスなどを比較して、自分にぴったりの転職エージェントを利用してみましょう。

    リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントは、業界最大級の非公開求人数を保有※1する大手転職エージェントです。

    おすすめポイント
    • 業界最大級の非公開求人数
    • 独自の転職支援専用システムを採用
    • 独自に分析した業界の情報などを提供
    • サービス利用は無料

    業界に精通した実績豊富なアドバイザーが、自己アピールポイントを把握し、ぴったりのキャリアプランを提案してくれます。

    これまで気づかなかった強みや適性を明確にしてくれるので、新しい自分を発見できるかもしれません。

    内定後の年収交渉入社日の調整など、自分では対応が難しい部分のサポートも代行してくれます。

     提出書類の添削や面接対策などのサポートはもちろん、独自に分析した業界の情報も教えてくれます。
    運営会社 株式会社リクルート
    主なサービス
    • 求人検索
    • エージェントサービス
    • 転職ノウハウ
    • 内定後のサポート
    • 退職交渉
    • 転職イベントの開催
    公開求人数※2021年7月4日時点 116,525件

    出典:公式サイト ※1公式サイト ※2公式サイト

    マイナビエージェント

    マイナビエージェント

    マイナビエージェントは、転職活動に不慣れな20代に信頼されている転職エージェントNo.1に輝いた転職エージェントです。

    おすすめポイント
    • 他のエージェントでは取り扱いのない企業も多数
    • 業界別の専任アドバイザーがサポート
    • 企業担当アドバイザーも在籍
    • 無料でサポート

    各業界の転職事情に詳しい専任アドバイザーが、キャリアプランに最適な求人を提案してくれます。

     全体の約8割が非公開求人です。マイナビエージェントのみで取り扱っている求人も多数あります。

    また、企業担当のアドバイザーが求人票だけでは分かりにくい職場の雰囲気などの情報を教えてくれるので、入社後のミスマッチを防ぐことができるでしょう。

    転職活動を行っていく上での手続きや交渉は、すべてアドバイザーが代行してくれるので、初めての転職でも効率よく進められます。
    運営会社 株式会社マイナビ
    主なサービス
    • 求人検索
    • エージェントサービス
    • 転職ノウハウ
    • 転職お役立ち情報の配信
    公開求人数※2021年7月4日時点 27,466件

    ハタラクティブ

    ハタラクティブ

    おすすめポイント
    • 未経験歓迎・若手歓迎の求人が多い
    • 基本的なビジネスマナー・面接マナーも教えてくれる
    • 利用者の2/3が正社員未経験

    ハタラクティブは、20代で正社員未経験でも正社員を目指せる転職エージェントです。

    利用者の2/3が正社員で働いた経験がないにもかかわらず、内定率は80%を超えているので、希望を持って転職活動に臨めます。

     就活アドバイザーによる面接対策も手厚く、自分の強みを生かしたアピール方法を考えてくれます。

    一緒に将来のことを含めて転職活動をサポートしてくれるので、フリーターから正社員になりたいと考えている人に特におすすめです。

    公式サイトには転職ノウハウやよくある相談集などのコラムが満載なので、転職活動の息抜きに読んでみてはいかがでしょうか。

    公式サイトより

    運営会社 レバレジーズ株式会社
    主なサービス
    • エージェントサービス
    • 転職ノウハウ
    公開求人数 約2,000件
    拠点 東京/神奈川/埼玉/愛知/大阪/福岡

    出典:公式サイト

    doda

    doda転職サイト

    dodaエージェントは、約10万件以上という業界最大級の求人数を扱う転職サービスです。

    おすすめポイント
    • 業界トップクラスの求人数
    • 専門スタッフによるプロ視点のサポート
    • 面接の日程調整
    • 応募書類・面接の対策やサポート
    • サービスは完全無料

    業界はもちろん職種やエリア別の動向にも精通したプロのアドバイザーが専任で担当し、転職活動をサポートします。

    キャリアカウンセリングから内定まで、1人のアドバイザーが担当してくれると信頼関係ができやすいので、安心して転職活動を行えるでしょう。

    電話やメール、LINEを利用して気軽に相談することもできます。

     エージェントサービスの他にも企業からのスカウトサービスも利用可能です。

    非公開求人からのオファーが届くこともあります。

    運営会社 パーソルキャリア株式会社
    主なサービス
    • エージェントサービス
    • スカウトサービス
    • パートナーエージェントサービス
    • メルマガ配信サービス
    公開求人数※2021年7月4日時点 88,404件

    出典:公式サイト ※公式サイト

    マイナビジョブ20’s

    マイナビジョブ20's

    マイナビジョブ20’sは、第二新卒を含めた20代の転職活動に特化した転職エージェントです。

    おすすめポイント
    • 20代の転職支援に特化したサービス
    • 客観的な適性診断が可能
    • 企業からのスカウトオファーもあり
    • サービスの使用はすべて無料

    経験豊富な専任アドバイザーがカウンセリングから内定後のフォローまで代行してくれるので安心して、転職活動が行えるでしょう。

    利用者は、世界中で利用されている信頼性の高い適性診断で、客観的な自己分析カウンセリングが受けられます。

    主観的なカウンセリングは、転職の成功にはつながらない可能性があるでしょう。
    企業からのスカウトオファーも利用できるので、自身では探せない企業と出会うチャンスです。
    運営会社 株式会社マイナビワークス
    主なサービス
    • 求人検索
    • エージェントサービス
    • スカウトサービス
    • 適性診断
    • セミナー・個別転職相談会の開催
    公開求人数※2021年7月4日時点 2,273件

    DYM就職

    DYM就職

    DYM就職は、第二新卒などの若い世代の転職に特化した転職エージェントです。

    おすすめポイント
    • 第二新卒、既卒など、若年層の転職に特化
    • オンラインで面談も可能
    • 面談満足度90%
    • 転職成功まで無料でサポート

    DYM就職の強みは、採用担当者や社長と直接交渉ができるため、書類選考なしで面接が可能です。

    企業との強いパイプがあるため、面接の傾向やよく聞かれる質問なども熟知しています。

    面接に自信がなくても手厚いサポートが受けられるので安心できるでしょう。

    非公開求人を含めると2,000社以上の優良企業の求人から、希望に沿った最適な求人を紹介してくれます。

    運営会社 株式会社DYM
    主なサービス
    • 企業検索
    • エージェントサービス
    • 面接サポート
    • 内定獲得後のフォロー
    公開求人数※2021年7月4日時点 2,500社以上

    出典:公式サイト ※公式サイト

    ウズキャリ(UZUZ)

    ウズウズ

    おすすめポイント
    • 求職者に合わせたマンツーマンのサポート体制!
    • 模擬面接など、選考対策が手厚い!
    • ウズキャリを利用して転職した人の入社後半年の定着率は96%以上!

    ウズキャリ(UZUZ)は20代に特化した転職エージェントです。第二新卒や既卒の正社員就職の丁寧なサポートに定評があります。

    担当するコンサルタントの多くが元第二新卒・元既卒です。同じ経験をしたコンサルタントと二人三脚で就活を進めることができます。
    模擬面接などの選考対策も手厚く、内定獲得率は86%と高い数字を誇っています。
    さらに、その後入社半年の定着率も96%となっているので、ウズキャリを利用した人のほとんどが、就職先にギャップを感じることなく、働けているということですね。
     IT系・営業職の求人を多く取り扱っていますので、これらの職種を希望する人にもおすすめのエージェントです。
    運営会社 株式会社UZUZ
    主なサービス
    • エージェントサービス
    • 面接対策
    • IT系の就業支援スクール
    公開求人数
    対応エリア 東京・大阪

    出典:公式サイト

    キャリアスタート

    キャリアスタート

    キャリアスタートは会社の設立以来、第二新卒やフリーターに特化したサービスを提供している転職エージェントです。

    おすすめポイント
    • 新卒・第二新卒の就職支援に特化
    • マンツーマンでサポート
    • オリジナル「転職成功BOOK」の贈呈
    • 転居サポートも実施

    転職活動に不慣れな若い世代の不安に寄り添い、転職を成功させるためのサポートだけではなく、入社後の手厚いサポートも特徴です。

    キャリアスタートが定期的に開催する交流会では、転職検討中の人から転職後の人までが参加できます。

    転職が成功したら終わりではなく、困ったときに相談できたり、サポートしてもらえたりできるのは安心ですね。

    転職祝いの贈呈や転職のため東京に来る人向けの住居面サポートも行っています。

    運営会社 キャリアスタート株式会社
    主なサービス
    • 求人検索
    • エージェントサービス
    • 転職交流会の開催
    公開求人数 非公開※会員登録後、ログインが必要

    出典:公式サイト

    パソナキャリア

    パソナキャリア

    パソナキャリアは、業界別専任アドバイザーが第二新卒の転職をサポートします。

    おすすめポイント
    • 業界ごとの専任キャリアアドバイザーが在籍
    • 転職後の給与アップ率67.1%
    • 女性の転職サポートが充実
    • 転職サポートは無料

    パソナキャリアでは、女性の転職を全面的にバックアップするサービスが充実しています。

    女性が働きやすい求人の紹介だったり、働く女性に向けてのセミナーを開催したりと女性のキャリアアップを支援するサービスが豊富です。

    女性アドバイザーが多数在籍しているので、相談しやすいでしょう。
    運営会社 株式会社パソナ
    主なサービス
    • 求人検索
    • エージェントサービス
    • スカウトサービス
    • 転職成功ノウハウ
    • セミナー、相談会の開催
    公開求人数※2021年7月4日時点 35,266件

    出典:公式サイト ※公式サイト

    JAIC(ジェイック)

    ジェイック

    おすすめポイント
    • 既卒、第二新卒の就職支援
    • 年齢、経歴不問の優良求人
    • 未経験OKの企業求人だけの紹介

    JAICは、中退者、年齢・学歴・経歴不問の優良企業求人を取り扱う転職エージェントです。

     30代のフリーターを対象にした就職支援講座「30代カレッジ」も利用できるため、年齢に合った転職活動をスタートできるでしょう。

    今まで正社員として働いたことがない、短期間で辞めた職歴が多いなど経歴に不安がある場合も、働く意欲があれば年齢や経歴不問の求人を見つけられます。

    中退者に特化した就職支援講座で、中退という経歴を活かせる就職活動のノウハウを学ぶことも可能です。

    就職カレッジを受講すれば、書類選考免除で優良企業20社前後と面接が受けられます。

    運営会社 株式会社ジェイック
    主なサービス
    • エージェントサービス
    • 独自の就職支援講座
    • 面接対策
    • 1年超の入社後サポート
    公開求人数※2021年7月14日時点 非公開
    対応エリア 全国

    出典:公式サイト

    就職Shop

    就職Shop

    就職Shopは、未経験や第二新卒など若手の育成に力を入れた企業を紹介する転職エージェントです。

    おすすめポイント
    • 未経験者対象の求人多数
    • 利用者はほぼ20代
    • 100%直接取材した企業の求人
    • 書類選考なし
    • サービスはすべて無料

    就職Shopの利用者の9割は20代です。取り扱う求人は、100%直接訪問し取材を行った企業のため、安心して選考を受けられるでしょう。

    書類選考がないためスムーズに面接に進めますよ。

    転職活動が初めてという人でも、安心して任せられるサポートが充実しています。

    運営会社 株式会社リクルート
    主なサービス
    • エージェントサービス
    • 面接対策、セミナーの開催
    公開求人数 非公開

    ワークポート

    マイナビジョブ20's

    ワークポートは、転職コンシェルジュによってマンツーマンでサポートを行う転職エージェントです。

    おすすめポイント
    • エージェントサービス
    • 無料転職活動支援アプリでサポート
    • オンラインで書類作成可能な無料ツール

    ワークポートでは、転職支援アプリ書類作成ツールを無料で利用可能です。

    無料講座や無料エンジニアスクールといった転職サービスも充実していますよ。

    ITや建設といった各業界別に経験豊富な専門のコンシェルジュが転職をサポートします。

    運営会社 株式会社ワークポート
    主なサービス
    • エージェントサービス
    • 求人検索
    • 転職活動支援アプリ
    • 書類作成ツール
    • 転職講座、スクールの開催
    公開求人数※2021年7月4日時点 40,618件

    出典:公式サイト

    第二新卒エージェントneo

    第二新卒エージェントneo

    おすすめポイント
    • 職務経験無しの転職支援実績10,000人※1
    • 20代に限定した求人紹介
    • 専任の就活アドバイザー

    第二新卒エージェントneoは、第二新卒や既卒、フリーター、中・高・大中退など、若年層向けに特化した転職エージェントです。

     若年層の悩みや状況を理解した就活アドバイザーが転職サポートにあたり、18~28歳までの就職支援実績は2万人を超えています(※2)。

    サイトでは就職、転職に関する悩みに、転職エージェントneoの利用者が答える匿名相談サービス年収診断ツールなど魅力的なコンテンツが利用可能です。

    運営会社 株式会社ネオキャリア
    主なサービス
    • エージェントサービス
    • 提出書類の添削
    • 面接対策
    • 転職Q&A
    公開求人数※2021年7月14日時点 非公開
    対応エリア 全国

    出典:公式サイト ※1-2公式サイト

    レバテックキャリア

    レバテックキャリア

    レバテックキャリアは、ITエンジニアの転職に特化した転職エージェントです。

    おすすめポイント
    • ITエンジニア・デザイナーの求人に特化
    • 電話・オンラインカウンセリング
    • LINE相談も可能

    エンジニアの技術や市場などを知りつくしているため、希望条件にあったキャリアプランや求人を提供してくれます。

    キャリアアドバイザーがマンツーマンでの徹底サポートをします。LINEを使っての相談も可能です。

    1週間という短い期間で内定が決まったという実績もありますよ。
    ズレのないマッチング精度は、初回内定率90%や年収のアップ率60%などの確かな実績に繋がっています
    運営会社 レバテック株式会社
    主なサービス
    • 求人・キャリア紹介
    • 面接対策、書類添削
    • 内定先企業との交渉
    公開求人数※2021年7月4日時点 11,208件

    第二新卒におすすめ転職エージェント求人数比較ランキング

    第二新卒におすすめ転職エージェント求人数比較ランキング

    転職エージェントを選ぶ基準として、求人数の多さは気になるところではないでしょうか。

    求人数が多ければ多いほど、転職における選択の幅が広がりますよね。

    ここまででご紹介した転職エージェントを求人数の多さで比較してランキング形式で紹介します。

    ※公開求人数の多いものを上位にしています。

    ※情報は2021年7月4日時点のものです。最新情報とは異なる可能性があります。

    第1位:リクルートエージェント(公開求人数:116,525件)

    リクルートエージェント

    おすすめポイント
    • 業界最大級の非公開求人数
    • 独自の転職支援専用システムを採用
    • 独自に分析した業界の情報などを提供
    • サービス利用は無料

    第2位:doda(公開求人数:88,404件)

    doda

    おすすめポイント
    • 業界トップクラスの求人数
    • 専門スタッフによるプロ視点のサポート
    • 面接の日程調整
    • 応募書類・面接の対策やサポート
    • サービスは完全無料

    第3位:ワークポート(公開求人数:40,618件)

    ワークポート

    おすすめポイント
    • エージェントサービス
    • 無料転職活動支援アプリでサポート
    • オンラインで書類作成可能な無料ツール

    第二新卒で転職するメリット・デメリット

    第二新卒として転職活動を行うことに不安を感じる人もいるかもしれません。ここからは、第二新卒で転職するメリット・デメリットを解説します。

    第二新卒で転職するメリット

    第二新卒で転職するメリット・デメリット

    第二新卒で転職するメリットには、以下のようなものがあります。

    第二新卒での転職するメリット
    • 最低限のビジネスマナーがある
    • 社会人経験がある
    • 会社に馴染みやすい
    • 入社後のミスマッチが起こりにくい

    第二新卒で転職するメリットは、ある程度のビジネスマナーや経験があることです。

    即戦力となるため、早い段階で業務にとりかかることもできますよ。

    社会人としてある程度のものは身に付いているため、新卒採用のように研修やマナー教育に多くの時間がかかりません。

    新卒のような初々しさも残っているので、会社の社風や雰囲気に馴染みやすいのもメリットのひとつですね。

    他にも、転職活動を通してキャリアアップへのビジョンを明確にしていることから、入社後のミスマッチも起こりにくいと考えられます。

    第二新卒で転職するデメリット

    第二新卒で転職するメリット・デメリット

    一方、デメリットには以下のようなものがあります。

    第二新卒での転職するデメリット
    • 「長続きしない」「忍耐がない」などマイナスイメージをもたれがち
    • スキルや経験不足

    第二新卒のデメリットは、「長続きしない」というイメージを持たれがちです。

    第二新卒では、社会人としての未熟さを実感することもあるかもしれません。

    また、社会人経験が少なく在職期間も短いため、「採用してもすぐに辞めてしまうのでは?」という懸念をもたれる可能性があります。

    しかし、第二新卒の募集をかけている企業は、スキルや経験不足は承知の上です。

    「長続きしないイメージ」や「スキルや経験不足」をカバーする方法は、転職エージェントが教えてくれるでしょう。

    【第二新卒向け】転職エージェントの選び方

    【第二新卒向け】転職エージェントの選び方

    いざ、転職エージェントに登録しようと思ったら、その数の多さに驚くのではないでしょうか。

    転職に失敗しないためにも、転職エージェントはひとつに絞らずいくつか登録するとよいでしょう。

    第二新卒が転職エージェント選ぶ際に意識したいポイントを以下にご紹介します。

    転職エージェントを選ぶポイント
    1. キャリアアドバイザーの有無
    2. 非公開求人・独占求人の有無
    3. アドバイザーの実績
    4. 主観ではなく客観的な意見をくれるアドバイザーの有無

    ①キャリアアドバイザーの有無

    【第二新卒向け】転職エージェントの選び方

    第二新卒の転職エージェント選びにおいて、キャリアアドバイザーは重要です。

    転職の成功率は、キャリアアドバイザーで決まるといっても過言ではないでしょう。

    キャリアアドバイザーがいるだけではなく、信頼できるアドバイザーかどうかも重要になります。

    ②非公開求人・独占求人の有無

    【第二新卒向け】転職エージェントの選び方

    転職エージェントの求人数が多ければ多いほど、選択の幅は広がるでしょう。

     非公開求人や独占求人は、一般に公開されていない求人のため転職エージェントを利用しなければ見ることはできません。

    非公開求人には大企業や有名企業などからの募集、専門的スキルを持った人や幹部候補の募集など、他では出会えない好条件の求人が含まれていることがあります。

    そのため、「採用率が高い」「競争率が低い」「採用までの流れがスムーズ」などのメリットがあります。

    第二新卒のキャリアアップにぴったりな求人が見つかる可能性が高いでしょう。

    ③アドバイザーの実績で判断する

    【第二新卒向け】転職エージェントの選び方

    アドバイザーの相性の良し悪しの判断がつかない場合は、実績で判断するのもおすすめします。

    多数の求職者を採用に導いた実績があったり、アドバイザー自身が転職経験者であったりすると、信頼できるかどうかの判断材料となるでしょう。

    公式サイトでは、各アドバイザーの得意分野や実績をチェックできることもありますよ。

    ④主観ではなく客観的な意見をくれる

    【第二新卒向け】転職エージェントの選び方

    自身の経験など主観で話をするアドバイザーは避けた方が無難です。

    なぜなら、転職理由や希望する条件はさまざまであり、経験談だけでカバーできるとは限りません。

    業界の動向や最新事情などのデータを元に客観的意見をくれるアドバイザーは信頼できるしょう。

    明確な数字をもとにしたデータや、最新の新聞記事の内容など、誰が見ても分かるものを根拠にアドバイスがもらえると安心できますね。

    第二新卒の転職を成功させるコツ

    チェックリスト
    ここでは、転職を成功させる3つのコツを解説します。

    転職を成功させる3つのコツ
    • 第二新卒だからこそ重視されるポイントを意識する
    • 転職したい理由を分析し、転職後のビジョンを明確にする
    • 転職理由の正しい伝え方を理解する

    昨今、新型コロナウィルスの影響によって、有効求人倍率は大きく減少しています。しかし、以下の理由から、第二新卒の転職市場価値はいまだ高いというのが実情です。

    コロナ禍以降、「人件費・採用コストを削減する企業」「即戦力を求める企業」が増え、第二新卒のニーズが高まっているという背景があります。

    このことを踏まえ、第二新卒の転職を成功させるコツをみていきましょう。

    第二新卒だからこそ重視されるポイントを意識する

    注目
    第二新卒の採用基準で重視されるポイントは、以下の3つです。

    重視されるポイント
    • 基本的なビジネスマナーや社会人基礎力の有無
    • 自社の社風や理念を理解した上で応募しているか
    • 入社の意欲や熱意や十分あるか

    選考対策を立てる際はこの3つのポイントを意識し、自分が企業に求められる人材であるかどうか、客観的に判断することが大切です。

    「自分の実績やスキル」「転職先に抱く熱意はどの程度あるか」など自己分析し、足りない部分があれば見直し・改善しましょう。

    なお、採用で重視される「社会人基礎力」とは、経済産業省が提唱する「人生100年時代の社会人基礎力」を指します。より具体的な内容は、経済産業省のページから確認できます。

    転職したい理由を分析し、転職後のビジョンを明確にする

    自己分析
    第二新卒の転職では、転職理由や転職後のビジョンを明確にすることが何より大切です。その主な理由は次の2つです。

    ビジョンを明確にする理由
    • 転職活動のモチベーションが上がる
    • 面接の場で転職後のビジョンをしっかりと伝えられる

    第二新卒に限ったことではありませんが、転職活動を成功に導く大切な要素のひとつに「モチベーションの維持」があります。

    転職したい理由や将来のビジョンが明確になると、「転職先で○○に力を入れて活躍したい!」といった目標が立つため、やる気やモチベーションを維持しやすくなります。

    転職理由や目標が定まっていないと、転職活動中心のブレや迷いがでてしまい、モチベーションが下がってしまいがちです

    また、目標やビジョンを面接でしっかりアピールできれば、採用担当者に「自社で長く働いてもらえそう」「将来を見据え、前向きに行動できる人材だ」といった、好印象を与えられます

    転職理由はポジティブな内容にする

    ポジティブな理由
    書類選考や面接では、転職理由から応募者の人間性や柔軟性、将来性、仕事に対するスタンスなど、非常に様々な点がチェックされます。

      転職理由として「前職の給与や待遇に不満があったため」などネガティブな理由を挙げると、採用担当者にも面接官にもよい印象を与えられません。

    転職理由を伝える際は、ポジティブな内容に受け止めてもらえるよう、表現や内容を工夫するようにしましょう。

    転職理由がネガティブな内容であった場合、採用側は「仕事に対する意欲が低く、強みも少ない」と判断します。

    第二新卒で大手に転職するのは難しい?

    大手転職難しい
    結論から書くと、第二新卒が大手に転職するのは難しいというのが実情です。

    これは第二新卒に限らず、コロナ禍以降、大手企業が人件費と採用コスト削減のために採用を控えたり、実績豊富な即戦力の人材を求めたりしているため、全体的に採用ハードルが上がっていることが理由です。

      今の転職市場において第二新卒のニーズは高まりをみせています。リーマンショックなどで若手の採用を絞ったことも影響し、この数年、大手企業も若手人材確保のため第二新卒採用に積極的です。

    現状を踏まえると、適切な求人情報の収集と転職活動を行えば、大手に転職できる可能性は十分あると考えられます。

    ただし、大手企業や優良企業ほど、即戦力・ポテンシャルが高い有能な人材を求めるため、その求人は非公開求人となるケースが大半です。

    第二新卒が大手企業への転職を目指す場合、非公開求人の情報をいかに多く集めるかが転職成功の鍵となります。

    第二新卒の転職のやり方・流れ

    転職やり方 流れ
    第二新卒の転職活動の基本的な流れは、以下の通りです。

    第二新卒の転職活動の基本的な流れ
    • 転職活動に入る前の準備
    • 希望条件に合った求人情報を探す
    • 企業に応募する
    • 面接を受ける
    • 内定後、入社日・待遇・給与の交渉
    • 入社

    第二新卒の転職では、転職活動に入る前の準備が非常に重要です。転職を決めたら、転職活動の事前準備として次の5つに着手しましょう。

    転職活動の事前準備
    • 自己分析して将来のビジョンを明確にする
    • 自分の内面を深掘りして、転職理由を固める
    • 転職活動開始から内定・入社までのスケジュールを作成する
    • 業界研究し、転職先の選択肢を拡げる
    • 転職サイト・転職エージェントの選定・登録
        自己分析や業界研究などの事前準備を十分に行わない転職活動は、羅針盤のない航海のようなものです

      また、自分一人で転職活動する場合、内定が決まるまでの期間、以下のようにめまぐるしく動き回る必要があります。

      • 履歴書・職務経歴書の作成
      • 企業への応募
      • 面接の対策・練習
      • 面談日の交渉
      • 入社日・待遇・給与の交渉
      • 退職手続き・引き継ぎ

      在職中に転職活動を進める場合、これらを仕事に影響を出さずに進めるというのは非常に難しいという問題があります。

      その問題を解決できるのが、応募書類の作成や面接対策、各種交渉のサポートを行う転職エージェントの存在です。

      転職前の職場を円満に退職するためにも、仕事と転職活動の両立を目指し転職エージェントを上手に活用しましょう。

      【人事担当者に聞いた!】第二新卒を採用して満足?

      第二新卒の転職は会社側からどのような印象を持たれているのでしょうか。Spring転職エージェントで実施した人事担当者へのアンケートを元に、第二新卒の採用について解説します。

      第二新卒の採用経験の有無について

      第二新卒の採用

      第二新卒はスキルや経験は乏しいものの、ポテンシャルや意欲に期待を持って採用を決める企業が多いようです。

      アンケートの結果からもわかるように、「第二新卒の採用経験がある」と回答した企業は約半数の46.6%でした。

      多くの企業が第二新卒採用に意欲的であるということですね。

      第二新卒・既卒の採用に満足しているか?

      第二新卒・既卒の採用に満足しているか

      実際に第二新卒を採用してみて、就業態度や、業績などの人事評価の満足度はどれくらいなのでしょうか?

      人事担当者の回答によると、「満足」「どちらかといえば満足」という回答が半数以上にのぼりました。

       第二新卒は意欲があり、向上心が高いという評価が多くされているようです。

      よくある質問

      新卒の就職活動と第二新卒転職活動の情報の集め方に違いはありますか?
      違いはあります。新卒の就活では、大手人材紹介会社の専門サイトや企業説明会などで一気に求人情報を集めますが、第二新卒の転職活動では、転職サイトや転職エージェントが主な求人の情報源となります。
      新卒の就職活動と第二新卒の転職活動の選考時期に違いはありますか?
      選考時期も、新卒の場合どの企業もほぼ同じタイミングで実施されますが、第二新卒は中途採用となるため、企業ごとにスケジュールに違いがあります。
      新卒と第二新卒は応募書類に違いはありますか?
      応募書類については、第二新卒の場合、社会人経験や培った実績・スキルを伝えるための「職務経歴書」を作成する必要があります。
      今の仕事を辞めてから転職活動をはじめる方がいいでしょうか?
      退職後の転職活動は、十分な貯金があるなどのケースを除き、おすすめしません。
      転職先が決まる前に退職してしまうと、転職成功までの期間の収入が途絶える、離職期間が長くなる可能性があるといったリスクがあるためです。
      また、経済的に追い詰められ「一刻も早く転職しなければ」という意識がはたらき、妥協して転職先を決めてしまうケースも少なからず見られます。とはいえ、「働きながらの転職活動」「退職してからの転職活動」この2つには、それぞれメリットデメリットがあり、向き不向きは、その人の経済状況や勤務環境などによって異なります。
      どちらの方法がよいか迷ったら、キャリアアドバイザーやコンサルタントに相談することをおすすめします。
      転職エージェントからすすめられた求人は、必ず応募しなくてはいけませんか?
      自分の希望や意に添わない求人であった場合、応募する必要はありません。
      また、応募をしない理由をキャリアアドバイザーにしっかり説明することで、ミスマッチを防ぐこともできます。希望や意見ははっきり伝えましょう。

      まとめ

      今回は、第二新卒におすすめの転職エージェントや、第二新卒で転職をするメリット・デメリット、転職を成功させるコツなどを解説しました。

      第二新卒に期待する企業は増加傾向にあるため、採用ニーズも高まっています。

      第二新卒の転職活動で転職エージェントを活用すれば、希望の業界や職種に転職できる確率がグッと上がるでしょう。

      幅広い選択肢の中から求人を探したい場合は、記事内で紹介した公開求人数ランキングも参考にしてみてください。

      転職エージェントを上手く利用して、希望通りの転職を叶えてみませんか。

      関連記事

      こちらの記事も合わせて読みたい
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
      ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
      ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
      おすすめの記事