【2022年】フリーランスエージェントおすすめ!選び方も解説

【2022年】フリーランスエージェントおすすめ!選び方も解説

近頃、会社や団体などに属さず「フリーランス」として働くことを選択する人が増えています。

しかし、フリーランスは「継続した仕事が入らない…」「収入が安定しない…」という不安を抱える人も少なくありません。

内閣官房日本経済再生総合事務局が行ったフリーランス実態調査によると、フリーランスとして働く上での障壁として、もっとも多い回答だったのが「収入が少ない・安定しない」というものでした。

このように、仕事が安定しないと悩むフリーランスにおすすめなのが「フリーランスエージェント」です。

そこでこの記事では、フリーランスにおすすめのエージェントについて詳しく解説していきます。

この記事でわかること
  • おすすめのフリーランスエージェント
  • フリーランスエージェントの選び方
  • フリーランスエージェントのメリット・デメリット
  • フリーランスエージェントを活用するコツ

フリーランスエージェントを利用する流れも解説するため、ぜひ最後までご覧ください。

※出典:フリーランス実態調査|内閣官房日本経済再生総合事務局

おすすめのフリーランスエージェント6選

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス

おすすめポイント
  • 業界トップクラスの高単価を実現※公式サイトの文言によります。
  • エンジニア専門のため、業界に精通したエージェントが担当
  • 大手企業からの直請案件多数

レバテックフリーランスは、エンジニアに特化したエージェントサービスです。累計契約社数5,000社以上の案件数を誇り、その多くが大手企業からの直請案件です。

 直請をすることで余分な手数料が発生せず、業界トップクラスの高単価を実現します。

また、エンジニア専門という強みを活かして業界の動向に常にアンテナを張り、フリーランスのエンジニア独自のキャリアを的確にカウンセリングした上で、希望に合わせた案件を提案してもらえます。

高い契約更新率を誇り、継続した仕事を獲得し安定収入も期待できます。
公開案件数※2022年7月22日時点 38,371件
主な案件例
  • ファッションEC管理システム開発
  • Webアプリケーション開発
  • 金融システム開発
対応エリア 東京、大阪、福岡、愛知
運営会社 レバテック株式会社

出典:レバテックフリーランス公式サイト

Midworks(ミッドワークス)

ミッドワークス

おすすめポイント
  • フリーランス協会の保険や福利厚生サービスなどを年会費無料で受けられる
  • リモート案件、週2~3回案件も多数
  • 業界の動向を熟知した専任のコンサルタントがサポート

Midworksは、IT系のフリーランスエンジニアやデザイナー専門のエージェントサービスです。業界に精通した専任のコンサルタントのサポートにより、一人一人の条件に合わせた案件を紹介してもらえます。

またMidworksには、フリーランスでも正社員並みの手厚い保障が受けられるという特徴があります。

 例えばフリーランスのための保険・所得補償制度・福利厚生サービスを提供している「フリーランス協会」のサービスを年会費無料で受けられます。

ほかにも、freeeまたは弥生会計の無料利用などの「経理支援」、交通費や書籍代を支援する「経費補助」、映画やレストランが割引される「リロクラブ」への加入などの様々なサービスが用意されています。

リモート案件や週3日案件など、様々な働き方にあわせた案件が豊富に用意されています。
公開案件数※2022年7月22日時点 6,197件
主な案件例
  • iOSアプリ開発
  • サーバorネットワーク構築
  • 基幹系システムの運用保守
対応エリア 東京周辺、大阪周辺
運営会社 株式会社 Branding Engineer

出典:ミッドワークス公式サイト

フォスターフリーランス

フォスターフリーランス

おすすめポイント
  • サービス開始から25年以上の豊富な実績を誇る
  • 元ITエンジニアやIT業界を熟知したコーディネーターが担当
  • 直請・高単価な案件が豊富

フォスターフリーランスは、1996年にサービスを開始してからこれまで25年の間に、20,000人を超えるITエンジニアに案件を紹介してきた実績があるエージェントです。

元ITエンジニアやIT業界を長年経験しているコーディネーターが担当してくれるため、エンジニア経験やスキルにあわせた案件を探して提案してくれます。

 WEBサービスやゲームなどのBtoC企業に常駐する「直請案件」や、大手Slerのプロジェクトに参画して銀行や公共などの業務を行う「プライムSler案件」など、やりがいのある案件の紹介も可能です。

また、働き始めてからのトラブルに関してもコーディネーターがしっかりフォローしてくれます。

職務経歴書の見直しや、面談で話す内容などを一緒に考えてもらうことも可能です。
公開案件数※2022年7月22日時点 2,074件
主な案件例
  • AWS 小売業向けシステム再構築案件
  • Adobe XD Webデザイナー
  • Swift IoTアプリ開発業務全般
対応エリア 関東中心
運営会社 株式会社フォスターネット

出典:フォスターフリーランス公式サイト

クラウドテック

クラウドテック

おすすめポイント
  • リモートワーク案件を多数用意
  • 週3日、4日の案件も多数で掛け持ちも可能
  • 案件提案から契約締結、勤怠管理までオンライン完結

クラウドデックは、クラウドソーシングサービス大手のクラウドワークスが運営するフリーランスエージェントサービスです。

 サービス創設以来リモートワークに力を注いでおり、利用者の88%がリモートワークで稼働中です。

そのため「リモートワークで働きたい」と希望する人におすすめのエージェントです。

また、複数の案件を並行したい人や、プライベートを両立したいといったそれぞれの希望に合わせて、週3日や週4日から働ける案件も豊富に揃えています。

案件提案から契約締結までのすべてがオンラインで完結できるため、来社での手続きが必要がありません。
公開案件数※2022年7月22日時点 939件
主な案件例
  • WEBデザイン業務案件
  • Web3関連プロジェクト業務案件
  • アプリケーションの開発業務案件
対応エリア 全国
運営会社 株式会社クラウドワークス

出典:クラウドテック公式サイト

ギークスジョブ

ギークスジョブ

おすすめポイント
  • 案件の80%がリモート可能案件
  • エンド直の高単価案件多数
  • 幅広いラインナップを誇る福利厚生サービス

ギークスジョブは、東証プライム上場企業であるギークス株式会社が運営するフリーランスエージェントサービスです。

フリーランスのエンジニアに特化して、さまざまな案件を取り揃えています。

 案件の80%がリモート可能な案件のため、完全リモート案件や、週3~4日案件など希望に合わせたリモート案件から選べます。

また、福利厚生サービス「フリノベ」により、健康診断を優待価格で受けることができたり、人気のホテルレストランをお得に利用できたりといったさまざまなサービスも充実しています。

フリーランスのためのオンライン無料セミナーも多数開催しているため、初めてフリーランスとしてスタートする人にもおすすめです。
案件数※2022年7月22日時点 2,355件
主な案件例
  • Android Java/メーカーアプリ開発
  • AWS/医療保険データ分析システムの設計・構築
  • Kotlin/次世代POSレジアプリ開発
対応エリア 関東、関西、中部、九州
運営会社 ギークス株式会社

出典:ギーグスジョブ公式サイト

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズ

おすすめポイント
  • IT起業家・フリーランスの自立をサポート
  • 利用企業2,000社以上
  • 週2からの求人など自由なシフトの案件・求人多数掲載あり
  • 高単価な案件・求人が多い

ITプロパートナーズは、IT起業家やフリーランスなどのIT業界で自立した副業・転職をしたい方に特化した転職エージェントです。

企業や自社のサービスを立ち上げて、一定の収入を確保したい方や、受託案件の余り時間を使って収入アップを目指している方におすすめのサポートが充実しています。

 最低勤務日数は2日の案件・求人から掲載しているため、フリーランスとして転職・副業しやすい案件・求人を見つけることができます。

案件・求人の紹介は直接クライアントと契約しているため、高単価な案件・求人が多い点も特徴的です。

もちろん専属のエージェントからのエージェントサポートも受けられるため、契約交渉・債権管理なども代行してくれます。

スタートアップ・ベンチャーの案件も多いのでスピード感を持った案件を熟したい方には嬉しいですね。
公開案件数※2022年7月22日時点 約4,100件
主な案件例
  • エンジニア
  • デザイナー
  • マーケター
  • 事業責任者・プロデューサー
対応エリア 全国
運営会社 株式会社hajimari

出典:公式サイト

フリーランスエージェントの選び方

安定した仕事獲得のためにフリーランスエージェントを利用すると決めても、どのフリーランスを選択すればいいか分からないという人も多いのではないでしょうか。

ここでは、フリーランスエージェントの選び方について詳しく解説していきます。

エージェントごとのマージン率に注意する

パソコンで検索する人物

マージンとは、フリーランスエージェントを利用し、案件を受注する際に支払わなければならない手数料のことです。

マージン率はエージェント毎に定められており、マージンが引かれた金額が利用者が受け取る報酬となります。

 マージン率の決め方にはさまざまなケースがあり、受注金額や契約回数によって変動する場合や、それらに関係なくマージン率が一律という会社もあります。

マージン率を公開している会社は少ないものの、一般的には10%~20%前後と言われています。

よって、複数社のエージェントの案件を確認し、どの程度のマージンを取っているのかを比較してみることをおすすめします。

「同じような案件なのに報酬が少ない」と感じる場合は、マージン率を高く設定している可能性があります。

サポート内容や支払いサイトを確認する

各エージェントごとに、利用できるサービスに違いがあります。例えば、フリーランスのための無料セミナーや確定申告のサポートなど、具体的にどのようなサービスが利用できるのか必ずチェックしておきましょう。

また、支払いサイトも必ず確認が必要です。支払いサイトとは、締め日から実際に報酬が入金されるまでの期間のことです。

 フリーランスにとっては、受注する案件の報酬金額も大切ですが、働いたお金がいつ入金されるのかもとても重要なポイントとなります。

支払いサイトが長すぎるとその間に資金がショートしてしまう可能性があるため、できれば30日以内の支払いサイトに設定しているエージェントを選択しましょう。

レバテックフリーランスは支払いサイトが15日なため、支払いサイトの短いエージェントを希望する人におすすめです。

福利厚生の内容をチェックする

コインの上に座る男性のフィギュア

フリーランスエージェントの中には、充実した福利厚生を受けられる場合もあります。

例えば、各種保険のサービスや、経理支援サービス、健康診断をお得に受けられるサービスなど、エージェントによって利用できるサービスが異なります。

利用する前に、各エージェントがどのような福利厚生サービスを用意しているのか、事前にチェックしておくことをおすすめします。

複数社に登録して比較する

フリーランスエージェントのサービスは各社でまったく違っているため、一社だけに登録するのではなく、複数社に登録してサービス内容を比較するのがおすすめです。

 特に、コーディネーターとの相性や、自分にあった案件を紹介してくれるのかといったところは、実際に利用してみなければ分からない場合も多いです。

登録を複数社するのは面倒かもしれませんが、自分に合ったエージェントを探すためにも、複数社に登録し、さまざまな視点から比較することをおすすめします。

フリーランスエージェントを利用するメリット

パソコンを操作しながら笑顔を見せる女性

フリーランスにとって、フリーランスエージェントを利用することにどのようなメリットがあるのでしょうか?

ここでは、フリーランスエージェントに登録する具体的なメリットついて解説していきます。

継続した受注が見込める

フリーランスエージェントに登録することで、コーディネーターが自分の希望にあった案件を探して紹介してくれる上に、現在の案件が終わりそうな時期に、また次の案件を紹介してもらうことも可能です。

 現在の案件が終わる時期に、自分一人でまた新たに案件を探して面談をし、契約をするという活動には手間がかかります。

その点、フリーランスエージェントにお任せしておけば、次の案件をすぐに探して用意してくれるため、自分は仕事に集中しながら、継続して安定した受注を見込めるでしょう。

手間をかけずに営業活動ができる

フリーランスとして仕事をしていると、継続して案件を受注するために、仕事を続けながら営業活動も並行して行う必要があります。

 その点、フリーエージェントにお任せしておけば、自分の条件にあったものを探してくれますし、面談のスケジュール調整などもすべて代行してくれます。

自分は仕事に集中しながら、営業活動はフリーランスエージェントがしてくれるため、手間も時間もかけずに仕事を受注できるというメリットがあります。

条件交渉や契約などもお任せできる

パソコンを見ながら会議中の男性

フリーランスエージェントに依頼すると、案件獲得後の業務委託契約手続きや、報酬の条件交渉などについてもすべてお任せできます。

 また、受注後の請求手続きや、万が一支払いがされないといったトラブルについても、エージェントが代行してくれます。

請求に関するトラブルは個人では対応しにくいため、エージェントが間に入ってくれることで、安心して仕事をすることができるでしょう。

仕事の選択肢が増えて幅が広がる

フリーランスとして個人で活動していると、個人で営業をかける範囲はどうしても狭くなるため、選べる仕事の選択肢も少なくなってしまいます。

その点、フリーランスエージェントに依頼することで、自分一人では営業をかけられないような大企業の案件に関われる可能性もあり、仕事の選択肢が大きく広がります。

個人での活動に限界を感じている人は、一度フリーランスエージェントの利用を検討してみましょう。

フリーランスエージェントを利用するデメリット

パソコンを見て悩んでいる男性

フリーランスエージェントにはメリットしかないように感じてしまいますが、事前に知っておきたいデメリットもいくつか存在します。

ここでは、フリーランスエージェントを利用する場合のデメリットについていくつか紹介していきます。

常駐案件の場合は自由度が下がる

フリーランスエージェントからの紹介案件が、企業での「常駐案件」の場合、仕事の自由度が大きく下がる可能性が高いです。

常駐案件には、継続した受注が見込めるというメリットがあるものの「週3日の案件が欲しい」「フルリモート案件を希望している」という人には不向きです。

他にも案件を抱えている、リモートでの仕事がいいという場合は、事前にその旨を担当者に伝えておくようにしましょう。

マージンや仲介手数料が発生する

お札を持つ人物

フリーランスエージェントを利用することで案件を紹介してもらったり、さまざまなサポートを受けられるといったメリットがある一方で、報酬からマージンや仲介手数料が引かれてしまうというデメリットもあります。

マージンや手数料は報酬の10~20%程度と言われていますが、事前に公開している会社は少ないです。

実際に案件を受注するときには、実際に受け取れる報酬がいくらなのかを事前にしっかり確認することが大切です。また、複数社のエージェントに登録して、報酬額を比較してみるのもおすすめです。

未経験者が案件獲得をすることが難しい

フリーランスエージェントを通して仕事の獲得を考えている場合、どうしてもその職種でのこれまでの経験が大きく影響します。

 フリーランスエージェントに依頼したとしても、経験が少ない人よりどうしても実績豊富な人に優先して仕事をまわすため、経験が少ない人にはなかなか仕事がまわってこない可能性が高いです。

そのため、少なくとも1年程度は経験を積んでから、エージェントに登録することをおすすめします。

未経験から仕事を獲得したい場合は、エージェントが運営している専門のスクールなどで学ぶことで、卒業後に案件を優先してまわしてもらえる場合もあります。

利用できるエリアが決まっている

フリーランスエージェントは、それぞれのエージェントごとに得意とするエリアが違っています。

首都圏中心の案件が多いエージェントや、大都市の案件のみ取り扱っているエージェントなどもあるため、自分の住んでいるエリアの案件を取り扱っていない可能性もあります。

そのため、登録前にどのエリアの案件を取り扱っているのかを事前に調べておく必要があります。ただし、フルリモート案件であればエリアに関係なく受注できる可能性もあるでしょう。

リモートでの業務を希望している場合は、リモート案件が多いエージェントなのかもしっかり確認しておきましょう。

フリーランスエージェントを上手く活用するコツ

パソコン

フリーランスエージェントを始めて利用する場合は、どのように活用すれば仕事を受注しやすいのかよく分からないという人も多いのではないでしょうか。

ここでは、フリーランスエージェントの上手な活用方法について解説していきます。

1社だけで決めてしまわない

フリーランスエージェントに登録してすぐに案件を紹介してもらえたとしても、1社だけ見てすぐに受注するのはできるだけ避けましょう

特に初めて利用する場合は、自分のスキルや経験値でどのような案件をまわしてもらえるのか分からない場合が多いでしょう。

そのため、他のエージェントからの紹介案件も確認しつつ、より条件のよい案件を受注できるように比較検討することをおすすめします。

自分の希望条件や報酬金額をしっかり伝える

相談する女性

フリーランスエージェントに登録したあとは、担当のアドバイザーに、自分の働き方の条件や希望の報酬金額などをしっかりと伝えておきましょう。

希望条件がしっかりと決まっていないと、アドバイザーも紹介する案件を絞りづらくなります。

ミスマッチを防止するためにも、希望条件やNGな案件などは、事前にはっきりと伝えておくことが大切です。

担当者とはこまめにやり取りをする

エージェントの担当者とは、初めての登録時に希望条件のヒアリングなどで面談を行います。

 それだけではなく、担当者とは普段からこまめに連絡を取っておくことで、本気で仕事を探していること、受注したいという気持ちが強いことが伝わり、優先的に紹介してもらえる可能性もあります。

ただし、希望の条件に合わない案件ばかりを紹介してくるなど担当者と相性が合わない場合は、担当者の変更をお願いすることも可能です。

今の担当者が自分に合わないと思ったら、早めに変更を依頼してみましょう。

フリーランスエージェントの登録から利用までの流れ

打ち合わせをしている男性

それでは、実際にフリーランスエージェントに登録してから利用するまでの流れについて、簡単に紹介しておきます。

フリーランスエージェントの利用の流れ
  1. フリーランスエージェントに登録する
  2. エージェントの担当者と面談をする
  3. エージェントから紹介された案件にエントリーする
  4. 企業と面談をする
  5. 条件交渉をする
  6. 契約をする
  7. 仕事の稼働開始

    フリーランスエージェントに登録すると、まず専任の担当者との面談があります。自身のこれまでの経歴、所有するスキル、希望の報酬額などを伝えると、条件にあった案件を担当者が探してくれます。

    担当者からの紹介があった案件に納得したらエントリーをし、その後企業との面談が行われます。

     先方の条件と自身の条件が合わない場合は、担当者に条件交渉を依頼することも可能です。

    契約内容に納得がいったら契約を締結し、仕事がスタートします。

    他社のエージェントにも複数社登録しておくことで、より仕事の選択肢が広がるでしょう。

    まとめ

    今回は、おすすめのフリーランスエージェントや、フリーランスエージェントの選び方などを詳しく解説しました。

    フリーランスは継続した案件を自分自身で探すことが難しく、仕事をしながら営業活動も行うことには大きな労力がかかります。

    その点、フリーランスエージェントを利用することで、仕事を探す手間がなくなり、自分では受注できない大企業の案件に関われる可能性もあります。

    条件交渉や契約締結なども代行して行ってくれるため、面倒な手続きをせずに仕事を受注できるというメリットがあります。

    ただし、エージェントによって利用できるサービスやマージン率などに違いがあるため、複数社のフリーランスエージェントに登録して比較してみることをおすすめします。

    今回の記事を参考に、ぜひ自分に合ったサービスを見つけてみてください。

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事