技術職への転職は難易度が高い?成功のコツや転職事情も徹底解説

技術職への転職は難易度が高い?成功のコツや転職事情も徹底解説

「技術職に転職したい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。技術職とひと口に言っても、さまざまな仕事があります。よって、自分の適性や強みを活かせる仕事を選ぶことが大切です。

ただ、技術職に転職する方法は、一般的な転職活動と異なるのか気になる人もいるでしょう。

そこで本記事では、技術職の転職に関する以下の項目を解説します。

この記事でわかること
  • 技術職の種類
  • 技術職の転職事情
  • 技術職の転職を成功させる方法
  • 技術職におすすめの転職エージェント

この記事を読めば技術職の転職を成功させる方法がわかるだけでなく、技術職におすすめの転職エージェントまで把握できます。

技術職へ転職を本格的に考えている人はもちろん、技術職に興味がある人もぜひ参考にしてみてください。

【転職前にチェック】主な技術職の種類

パソコンを入力する人

そもそも、技術職にはどのような種類があるのでしょうか。おもな技術職の種類をご紹介します。

技術職の種類
  • IT・通信・電機
  • 土木・建築
  • 製造業

IT・通信・電機

技術職と聞くと、エンジニアを連想する人も多いでしょう。IT・通信・電機はまさに、エンジニアと呼ばれる職種が多く見受けられます。

 例えば、システムの開発に携わるシステムエンジニアやサーバーの運営・保守を行うサーバーエンジニアが代表的です。

そのほかにも、ネットワークのシステム設計・構築などを担当するネットワークエンジニアも含まれます。

プログラムのコードを書くプログラマーもIT・通信・電機の技術職といえるでしょう。

土木・建築

建築現場

土木・建築の技術職は、建築関連技術に分類されます。そのなかでも、おもに3種類の技術職に細かく分かれているのが特徴です。

 1つ目は道路や公園など、施設の設計を行う土木設計です。おもに国や地方自治体から依頼される場合が多く、大規模な仕事を任される場合があります。

また、注文住宅の設計を行う住宅設計も技術職のひとつです。依頼者の希望に合致するよう、建築士とやりとりしながら設計を進めていきます。

そのほかには、公共施設やビル・マンションを設計する建設設計も土木・建築の一部です。

土木設計と同様に、スケールが大きい仕事ができる場合があります。

製造業

製造業は技術職のなかでも、さまざまな職種に分けられるのが特徴です。例えば、製品の材料や技術を研究する研究職が挙げられます。

 研究職のなかでもさらに種類が分かれています。未知の領域を研究する基礎研究・基礎研究で開発された材料・技術を製品化へつなげる応用研究です。

また、研究で得た知見をさらに活かし、製品を新たに開発する開発・設計職があります。自社のオリジナリティーを出さなければならず、難易度が高い職種です。

製品化されたあとの課題を解決するのが、生産技術職の役目といえます。

製品が効率的に市場へ出回るための施策を考えるのがおもな仕事です。

【転職前にチェック】技術職の平均年収

転職

ここからは上記で紹介した主な技術職の平均年収を紹介します。転職の際に年収アップ・キャリアアップが見込めるか参考にしてみてください。

技術職の種類
  • IT・通信・電機
  • 土木・建築
  • 製造業

IT・通信・電機の平均年収

厚生労働省「賃金構造基本統計調査」によるとシステムエンジニアの平均年収は568万9,000円です。

国税庁「令和元年分民間給与実態統計調査」では日本人の平均年収は441万円なので、約127万円平均年収が高いことがわかります。

平均年収
2015年 592万円
2016年 547万円
2017年 551万円
2018年 551万円
2019年 569万円

過去5年におけるシステムエンジニアの平均年収の推移では、2017年に下がってしまったものの、現在まで右肩上がりです。

デジタル化が進んでいる中、IT・通信・電機業界のニーズが高まっていることが要因として考えられ、今後もニーズは伸び続けるでしょう。

年収アップを目指すなら、IT・通信・電機業界は狙い目です。

土木・建築の平均年収

転職

国税庁「令和元年分民間給与実態統計調査」によると、土木・建築を含む「建設業」では平均年収が491万円となっています。

日本人の平均年収が441万円なので、およそ50万円ほど年収が高いことがわかります。

 ひとくくりに土木・建築業といっても、住宅設計や建設設計など大きく3種類に分かれています。

種類によって平均年収も異なるので、自分が就きたい技術職を決めておき、年収アップできるかどうか確認してみましょう。

一般的に「設計」の技術職が年収が高い傾向にあります。

製造業の平均年収

国税庁「令和元年分民間給与実態統計調査」によると、「製造業」では平均年収が513万円となっています。

日本人の平均年収が441万円なので、およそ72万円ほど年収が高いことがわかります。

年齢や企業の規模でも平均年収は異なるので、製造業の転職を検討している方は、違いに着目してみましょう。

気になる技術職の転職事情とは?

ネクタイを直す人

技術職へ転職するにあたり、転職事情を事前に確認するのがおすすめです。気になる技術職の転職事情は以下のとおりです。

技術職の転職事情
  • 職種によって求人倍率が異なる
  • 即戦力が必要とされている
  • 最新の技術が常にアップデートされている

職種によって求人倍率が異なる

技術職は職種によって求人倍率が異なります。求人倍率とは、求職者1人あたりにどれくらい転職先があるかを示す指標です。

 求人倍率が1を上回れば、求職者よりも企業のほうが上回り、転職先の候補が選べる状態です。

dodaの「転職求人倍率レポート」によると、IT・通信系の求人倍率が9.93倍なのに対し、化学・食品の求人倍率は1.03倍に留まっています。

ひと口に技術職といっても、職種によって求人の数が異なることがわかるでしょう。

転職活動前に、求人倍率をチェックしてみてください。

※出典:doda『転職求人倍率レポート』

即戦力が必要とされている

オフィスでパソコン画面を見ている人

技術職は専門的な知識・スキルが大いに必要です。そのため、求人を出している企業は即戦力を求めている傾向が高いという現状があります。

 経験職種であれば選考は有利に進むでしょう。これまで積み上げてきた知識やスキルを存分にアピールしてみてください。

一方、未経験から技術職に応募したい場合は注意が必要です。企業の募集要件に「経験者のみ」と記載があれば、応募を控えたほうがよいでしょう。

なかには未経験可能の求人もあるので、粘り強く探してみることが大切です。

最新の技術が常にアップデートされている

技術は常に進化しています。3年前に教わった最新技術が今では誰もが知る一般常識、もしくは廃れた技術になる可能性も考えられるでしょう。

 技術職を目指すなら、最新の技術を常にアップデートすることが求められます。勉強を欠かさずにいれば、会社から重宝される人材になり得ます。

一方、アップデートを怠っていては、活躍できる人材になれません。それどころか、「技術職なのに勉強しない人だ」と不信感を持たれてしまうでしょう。

どの職種でも勉強は必須ですが、特に技術職は日々のアップデートが求められる傾向です。

技術職の転職で考えたいおすすめの他業種

4.工場勤務

技術職から転職をを考える際、未経験から挑戦するのであれば以下5つの業種がおすすめです。

Webマーケティング

特にエンジニア・プログラマーといった、IT技術者出身の場合スキルや知識が発揮できるWebマーケティングがおすすめです。

Webマーケティングでは主にWebサイトを中心に市場調査を行い、売上や集客を増やすためのソリューションを企画します。

 IT業界の経験があれば、別業界のマーケーターとしても活躍できるでしょう。

飲食や証券など取り扱う所品が異なったとしても、各企業売上を伸ばすためマーケティングに力を入れるケースも少なくありません。

未経験からでもマーケティングは目指せますが、全くIT分野の仕事ができないよりもエンジニアやプログラマーなど、基礎知識がある方が有利になるでしょう。

IT技術者だからこそ得られた知識は、Webマーケティングで大いに活用できます。

ドライバー・物流

物流

特に土木・建築や製造業など、大型機械を取り扱ったことのある技術者には、ドライバーや物流業界がおすすめです。

大型バスやトラックの運転には資格が必要ですが土木・建築、製造業出身であればすでに免許を持っている人も多くいるでしょう。

 資格手当のある企業であれば年収アップにも繋がります。

ドライバーと言っても具体的には以下のような種類が存在するため、自分の興味ある業界や条件の合うものを探してみて下さい。

おすすめのドライバー・物流業界
  • タクシードライバー
  • トラックの運転手
  • 引越し業者
  • バスの運転手

自動車を運転する業界ですが、タイプは様々異なるため自分の資格が活かせる業界や、将来のキャリアビジョンが叶えられるものを選ぶと良いでしょう。

一度取得した免許は異業種でも活用できます。自分の資格が通用する業界を選ぶと良いでしょう。

営業

営業職は個人や法人に向けて自社のサービスや商品売る仕事ですが、技術者時代に顧客折衝やプロジェクト進行をしていた人なら活躍できるでしょう。

サービスを売る際に顧客とのコミュニケーションが必要となるため、普段から人と接することで得たスキルは活かせます。

 扱う商品が違えどコミュニケーションスキルは必須。日頃多くの人と関わりを持ってきた技術者は営業職がおすすめです。

また営業職は挑戦する際に難しい資格や経験が問われることが少ないため、技術職から未経験でも挑戦しやすいです。

入社後の評価も売上などの成果が重要視されるケースが一般的なため、成績次第ではさらなるキャリア・年収アップも狙えるでしょう。

個人向け営業と法人向け営業では仕事のスタイルが大きく変わるため、自分が得意だと思う方を選択するようにして下さい。

専門商社

専門商社では特定の業界や商品を取り扱うため、IT技術や土木・建築、製造業問わず専門知識機があればおすすめの業界です。

顧客との関わり方や仕事のスタイルは異なるものの、取扱商品が前職で関わりを持っているものであれば、専門知識はすでに高いレベルにあるでしょう。

 細かい専門スキルの取得には時間がかるため、すでに保有していれば大きな武器になります。

その他のスキルは入社後に身につけられため、前職での経験を活かした職場を探しているのであれば専門商社も検討してみると良いでしょう。

一見ハードルが高そうに見える専門商社ですが、専門知識があれば未経験からでも十分にチャンスはあります。

サービス業

技術職から全くの異業種へ挑戦したい人は、サービス業がおすすめです。

サービス業はコミュニケーションスキルやビジネスマナーがあれば挑戦しやすく、特別なスキルや経験よりも今後のやる気や熱意を評価する企業が多い傾向にあります。

 スキルが求められないから簡単というわけではなく、明確なキャリアビジョンは必要です。

またサービス業とひとことで表しても、以下のような種類が存在ます。

技術職におすすめのサービス業一覧
  • 携帯ショップ・旅行代理店などのカウンターセールス
  • アパレル・家電製品などの接客販売
  • 飲食・アミューズメントなどの接客サービス

上記の業界から自分の興味があるもの、自分と合いそうなものを選択すると良いでしょう。

人と関わること、直接人の役に立ちたい人にサービス業がおすすめです。

技術職の転職を成功させるコツ・方法は?

スーツを着た女性二人

技術職の転職を成功させるには、どのような方法があるのでしょうか。成功させる方法を具体的にご紹介します。

技術職の転職を成功させる方法
  • 転職エージェントを活用する
  • 転職理由を明確にする
  • 譲れない条件を整理する
  • キャリアの棚卸しを行う
  • 情報収集を徹底する

転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用するのも、技術職の転職を成功させるポイントです。転職エージェントでは、自分に合った求人を紹介してくれるメリットがあります。

 専属のキャリアアドバイザーから希望条件を詳しくヒアリングされるため、求人を探さなくても自分に合った求人が見つかるでしょう。

また、応募書類の添削や面接対策などの選考サポートを行ってくれるのも魅力です。特に、はじめて転職する人にとって、心強い味方になってくれます。

転職エージェントは無料で利用できる場合がほとんどです。気兼ねなく利用してみてくださいね。

転職理由を明確にする

まずは、転職理由を明確にすることからはじめましょう。転職理由があいまいなままだと、転職活動の軸をうまく定められません。

 例えば、キャリアアップを考えている・給料や待遇をアップしたい・自分の強みを活かしたいなど、転職理由は人それぞれです。

現職に足りないものを洗い出してみましょう。現職に足りないものを踏まえたうえで、新しい職場に期待することを整理すると転職理由が明確になります。

転職理由を考える際は、紙に書き出してみると思考がクリアになるのでおすすめです。

譲れない条件を整理する

パソコンを操作する人

譲れない条件を整理するのも、技術職の転職を成功させるためには欠かせません。転職先に何を求めるのかしっかり考えておきましょう。

 譲れない条件の一例として、給料・業務内容・勤務エリア・会社の規模などが挙げられます。

しかし、忘れてはならないのが、譲れない条件をすべて網羅できる企業は限られてしまう点です。譲れない条件のほかにも、譲歩していい条件も決めておくとよいでしょう。

絶対に譲れない条件と譲歩してもいい条件に目途が立つと、求人を探しやすくなるはずです。

キャリアの棚卸しを行う

キャリアの棚卸しを行うと、自分の強みが明確になります。キャリアの棚卸しとは、これまで行ってきた業務・業務で培ったスキルを整理する方法です。

 例えば、システムエンジニアとして働いている人は、クライアントとの折衝やシステム開発などが業務として挙げられます。

クライアントとの折衝では、コミュニケーション力や課題解決力がスキルとして身につくはずです。このように、ひとつずつ業務とスキルを整理していきましょう。

整理し終えたら、得意な業務と苦手な業務を分けて考えると、自分の強みや弱みがはっきりしますよ。

情報収集を徹底する

メモをとる人

技術職の転職を成功させるには、情報収集は必須項目です。応募したい企業のパンフレットや企業サイトは入念にチェックしましょう。

また、昨今では求人サイトに社員インタビューを掲載している企業もあります。社員インタビューを読むと、社内の雰囲気を掴みやすくなるのでおすすめです。

 業界のトレンドを把握するために、業界に特化した雑誌や記事を読むのもよいでしょう。面接の場で役立つかもしれません。

情報収集を徹底的に行うことで、業界・企業の理解が深まります。

ぜひ時間を見つけて、トライしてみてください。

技術職を目指す人におすすめの転職エージェント5選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界最大級の非公開求人を保有
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍
  • 独自に分析した業界や企業レポート

さまざまな求人を見比べたいなら、リクルートエージェントがおすすめです。リクルートエージェントは業界最大級の非公開求人を保有しています。

 非公開求人はほかの転職サイトに掲載されていない求人が多く、ライバルが少ない環境で転職活動を進められるのが特徴です。

特に、有効求人倍率が低い技術職に転職を考えているなら、非公開求人に応募して効率的に転職活動を行うとよいでしょう。

キャリアアドバイザーに非公開求人に興味があることを、事前に伝えてみてください。

また、独自に分析された業界や企業レポートをまとめてくれるので、業界・企業研究に役立てられます。

公開求人数※2022年6月3日現在 196,994件
技術職の公開求人数※2022年6月3日現在 105,178件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート

※出典:リクルートエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 社内の雰囲気や働く人の様子などがわかる
  • 転職がはじめての人でも安心できるサポート
  • 信頼できるマッチング精度

求人票に掲載されていない情報を知りたいなら、マイナビエージェントがおすすめです。マイナビエージェントには、企業へ直接足を運んでいるリクルーティングアドバイザーがいます。

 リクルーティングアドバイザーが企業の雰囲気や社内の人間関係などを直接見ているので、企業のソフト面を知りたい人は大いに活用できるでしょう。

また、転職がはじめての人でも安心できるサポート体制が整っています。技術職の転職で何をしたらいいかわからない人も安心してください。

マッチング精度にも長けているので、技術職のどのような職種がいいか迷っている人でも安心です。

公開求人数※2022年6月3日現在 37,814件
技術職の公開求人数※2022年6月3日現在 22,192件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
エリア 全国
運営会社 株式会社マイナビ

※出典:マイナビエージェント

doda

doda

おすすめポイント
  • 企業から直接スカウトを受け取れる
  • 充実した転職コンテンツ
  • 転職セミナーやイベントを定期的に開催

自分から企業に応募する手間を省きたいなら、dodaがおすすめです。dodaには登録した履歴書・職務経歴書を確認した企業から、直接スカウトを受け取れる機能があります。

 例えば、プログラマーとして働いているなら、取得した言語や実績などを詳細に記載しておくと、企業の目に留まりやすくなるでしょう。

また、転職セミナーイベントを定期的に開催しているのも魅力です。企業の採用担当者から直接話を聞けるイベントもあり、企業研究に役立てられます。

年収査定や適職診断など、転職に役立つコンテンツが充実しているのもありがたいですね。

公開求人数※2022年6月3日現在 138,308件
技術職の公開求人数※2022年6月3日現在 78,171件
おもなサービス
  • 求人検索
  • スカウト機能
  • 転職お役立ちサービス
エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※出典:doda

TechClipsエージェント

TechClipsエージェント

おすすめポイント
  • ITエンジニアに特化した転職エージェント
  • 高年収かつ高待遇の求人を多数保有
  • 現役エンジニアによるカウンセリング

ITエンジニアに絞って求人を探しているなら、TechClipsエージェントがおすすめです。大手・ベンチャー企業問わず、さまざまなITエンジニア求人を保有しています。

 また、扱っている求人のほとんどが高年収かつ高待遇の求人なのも魅力です。

年収500万円以上を目指すなら、TechClipsエージェントの利用を検討してみるとよいでしょう。年収アップ・キャリアップを目指して転職したい人に向いています。

ほかにも、現役エンジニアによるカウンセリングを実施しているのがメリットです。エンジニア特有の悩み相談もでき、心強い味方になってくれるでしょう。

紹介先の企業は事業会社に特化しているので、腰を据えて長く働くことが可能です。

公開求人数※2022年6月3日現在 193件
技術職の公開求人数※2022年6月3日現在 193件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
エリア 東京
運営会社 notari株式会社

※出典:TechClipsエージェント

メイテックネクスト

メイテックネクスト

おすすめポイント
  • 企業ごとの内情を踏まえたアドバイス
  • 土日祝日の対応も可能
  • 自分でも気づきにくい適職を教えてくれる

現職で忙しく、なかなか転職活動に手が回らない人はメイテックネクストがおすすめです。メイテックネクストでは、土日祝日でも対応してくれます

 専属のコンサルタントが企業ごとの内情を踏まえたアドバイスをしてくれるのが魅力です。

求人票に掲載されていない情報を知り得るチャンスといえるでしょう。転職後のミスマッチが心配なら、メイテックネクストの登録を検討してみてください。

また、自分でも気づきにくい適職を教えてくれるメリットがあります。エンジニア転職のプロがしっかり分析してくれるため、適職がわからない人はぜひ利用を考えてみるとよいでしょう。

大手自動車メーカーやメガベンチャーなど、幅広く求人を扱っているのもポイントですね。
公開求人数※2022年6月3日現在 2,318件
技術職の公開求人数※2022年6月3日現在 2,318件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
エリア 全国
運営会社 株式会社メイテックネクスト

※出典:メイテックネクスト

よくある質問

技術職の転職に関しては以下のような質問が挙げられています。

技術職への転職は難しい?
専門知識が求められるため、他の職種よりも難しいです。ただ知識やスキルがあれば転職後に好待遇を受けられるため、独学で知識を身に付けると良いでしょう。
公務員から技術職は目指せる?
結論可能ですが、専門知識を身につけた方が選考は有利に進みます。退社後や休日に上手く時間を作り、独学を進めると良いでしょう。
女性だと技術職を目指しづらい?
選考において性別が影響することはありません。技術力が重要視されるため、女性も高い技術力があれば内定を獲得できます。
転職エージェントを利用したほうが技術転職は有利?
人によりますが求人紹介や転職サポートがあるため、有利と感じるシーンは多いです。転職活動に不安があれば、転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

まとめ

技術職とひと口に言っても、ITや土木・建築、製造業などさまざまな職種があります。有効求人倍率もそれぞれ異なるため、応募したい職種の正確な情報収集が欠かせません

技術職の転職を成功させたいなら、自分の強みや譲れない条件をしっかり把握しておくとよいでしょう。

転職後のミスマッチを防止することにも役立ちます。

また、転職エージェントの登録もおすすめです。希望条件に合った求人を専属のキャリアアドバイザーが紹介してくれるため、求人を探す手間が省けます。

そのほかにも、履歴書・職務経歴書などの応募書類添削や面接対策をしてくれるのもメリットです。

特にはじめて技術職へ転職を考えている人は、ぜひ自分に合った転職エージェントを見つけてみてください!

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事