Google(グーグル)へ転職する方法!成功のポイントや年収も解説

Google(グーグル)へ転職する方法!成功のポイントや年収も解説

「ググる」という言葉も生まれるほど、我々の生活に密接な会社である「Google」。時価総額も大きな会社で、世界中のインターネット業界の先進企業です。

そんなGoogleですが、日本人も転職することが可能なのをご存知ですか?

そこで今回は、Googleの転職事情について、難易度や口コミ・評判など詳しく解説します。

この記事でわかること
  • Googleの企業内容
  • Googleの転職難易度
  • Googleの口コミ・評判
  • Googleの面接でよく聞かれること

Googleを目指す人におすすめの転職エージェントも紹介するため、ぜひチェックしてみてください。

手厚い就職支援を受けるならDYM就職
DYM就職
  • 未経験の業種への転職を目指す方におすすめ!
  • スキルに自信がなくても丁寧なカウンセリングで優良企業を紹介してもらえる
  • 第二新卒・既卒・就職経験のない方への就職サポートが充実!
  • 書類添削・模擬面接など手厚い選考対策を実施!選考通過率アップを目指せる
DYM就職の基本情報
運営会社 株式会社DYM
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • カウンセリング
  • 選考対策
拠点 東京/札幌/仙台/名古屋/京都/大阪/福岡
オンライン対応

転職前に知っておこう!Google(グーグル)の基本情報

転職する前に知っておこう!Googleの基本情報

Googleに転職しようと意気込む前に、まずは企業について知っておくことが重要です。ここでは、企業概要と年収について紹介します。

企業概要

Googleとは、インターネットの関連事業を主軸としたIT企業です。本拠地はアメリカ合衆国ですが、日本では「GoogleJapan」として拠点が存在します。

 アメリカ本社への転職も可能ですが、日本人はGoogle Japanへ転職する人がほとんどです。

また、2020年度は新型コロナウイルスの影響により、採用に対し消極的なコメントを発表していましたが、情勢が落ち着き次第採用が復活する可能性もあるでしょう。

会社名 GoogleJapan
所在地 東京都渋谷区渋谷3-21-3 渋谷ストリーム
設立 1998年9月
資本金 不明
※日本法人非公開
従業員数(世界) 約1万9,000人
※日本法人非公開

出典:https://careers.google.com/

平均年収

転職する前に知っておこう!Googleの基本情報

GoogleJapanでは平均年収を公表していませんが、社員からの口コミによるとGoogleの平均年収は1,541万円と言われています※1

基本給のほかに、ボーナスは年に一回あるそう。評価制度は上司だけでなく同僚や他部署からの評価も加味されるようです。

 給与とボーナスのほかに、自社株式も付与されているようです。

Googleの株価は上昇傾向のため、予想以上の利益を生みだせることもあるでしょう。国税庁の調査によると、日本の平均年収は436万円です※2

Googleの平均年収は、日本の平均年収の約3倍という結果になりました。

※1open work
※2国税庁

Google(グーグル)への転職難易度は?

Googleへの転職難易度は?

Googleへの転職難易度は、非情に高いといわれています。世界的にも有名な企業であるため、スキルや学歴が最低限必要になるでしょう。

 難易度が高いのに加え、応募者も多いため転職は狭き門だよ予測されます。

よって、Googleへの転職を目指す場合はしっかりと事前準備が必要です。

情報収集もそのひとつですね!

Google(グーグル)で働く人の口コミ・評判

Googleで働く人の口コミ・評判

転職を検討したとき、企業の採用ページに書いてある情報のほかに、口コミをチェックするのがおすすめです。

公式サイトだけでは伝わらない、実際に働く人から見た職場の雰囲気や体制、働きやすさがわかります。

Googleで働く人の評判・口コミ
  • 風通しが良く、上司とのコミュニケーションもとりやすい
  • 新しい技術や発見が毎日あるので刺激的で仕事のやりがいもひとしお
  • 過渡期は忙しいがそれ以外はプライベートも充実させられる
  • 業務は細分化されているので毎日同じことの繰り返し、事業全体に関わりたい人は向いていないと思う
  • 良い意味で男女平等、女性の昇進にも積極的

Googleは、世界規模の大企業だけに、風通しの良さやプライベートを尊重する動きも盛んです。

また、女性だけでなく男性も積極的に育児に参加できる取り組みもしているため、長く働ける職番環境といえるでしょう。

 事業全体に関わりたい場合、Googleからベンチャー企業へ転職する人も少なくないようです。

「社内で互いに切磋琢磨しながら努力できる」という声も多々見られました。

仲間と一緒に仕事で成果を出したい人に向いている職場のようですね。

Google(グーグル)で転職できる職種例

Googleで転職できる職種例

Googleでは、さまざまな職種の人材を募集しています。また、複数の職種に同時に応募することができるため、気になったものはチェックしておきましょう。

なお、応募できるのは、30日ごとに3つの職種までとされています。

Googleで募集されている職種例
  • エンジニア
  • デザイナー
  • 営業
  • マーケティング
  • 人事
  • ファイナンス
  • ファシリティ

ここでは、上記7つの職種について紹介します。

エンジニア

Googleのエンジニアは、ソフトやアプリの開発、システム制御などを担当します。業務は基本的にチームで行うため、コミュニケーション能力や成長心が必要です。

 エンジニアの中でもソフトウェアやシステム、エレクトリカルなどの分野が設けられています。

人口知能(AI)を使用した開発に力を入れているため、未来的思考が重要です。

世界の中でも最先端技術を誇るため、既存のエンジニアではなく新しいものを生み出すことが大切です。

デザイナー

Googleで転職できる職種例

Googleのデザイナーは、グラフィックやモーション、ビジュアルなどに細分化されています。

いずれの職種も、ユーザーに焦点が当てられているため、常に利用者の立場に立って考えられる人が向いているでしょう。

デザイナーもチームで意見を出し合い仕事を行っていきます。

営業

Googleの営業は、セールスだけでなくサービスやサポートも行います。

新規顧客獲得のための営業分野のほか、既存のプロジェクトの計画促進、パートナーシップなど、さまざまな分野が存在しています。

 お客様に必要なサービスを与えられることが業務のなかでも重要です。

副社長のセバスチャン・マロット氏も、お客様に対する理解についての重要性を語っています。

セールスに長けた人材は重宝されるでしょう。

マーケティング

Googleで転職できる職種例

Googleのマーケティング職の業務は、広報やアナリスト、コピーライターなど多岐に渡っています。

普段の生活からマーケティングスキルを磨くことを推奨しており、さらなる成長に余念がありません。トレンドや分析が得意な人に向いている職種と言えるでしょう。

人事

Googleの人事の業務内容は、優秀な人材を幅広く確保することや成長させていくことです。

人事の中でも採用やプログラムマネージャー、学習・開発などがあり、働く人のサポート体制もしっかりしています。

人事の募集ページでは、面接方法を紹介しているコンテンツもありますよ。

ファイナンス

Googleで転職できる職種例

Googleのファイナンス職種では、会計やコンプライアンス、プロジェクトの管理などを行います。アナリストや監査など、専門的な知識が必要になる職種でしょう。

公認会計士の募集もしているため、資格がある人は有利に働く可能性があります。

ファシリティ

ファシリティでは、全世界を対象に新しい取り組みや企画、進行までを行っていきます。主に海外のチームと仕事をするため、ビジネスレベルの英語力が必須です。

枠にとらわれない発想や行動力、計画ができる人材が求められるでしょう。

Google(グーグル)への転職で求められるスキル

Googleへの転職で求められるスキル

Googleの場合、実績やスキルがないと転職は難しいでしょう。ここでは、必要最低限のスキルを紹介します。

英語などの語学力

Googleの本社はアメリカにあるほか、さまざまなプロジェクトを海外のチームと行っていきます。そのため、英語の語学力はビジネスレベルが必須です。

 希望する職種によっては、海外赴任もあるため異動先の言語も必要になるでしょう。

TOEICなどの英語基礎力だけでは、ビジネスとしては物足りない可能性もあります。

コンピュータサイエンスの知識

Googleへの転職で求められるスキル

エンジニアなどの専門職への転職を希望する場合、コンピュータサイエンスの学位は不必要とされています。

しかし、実際はコンピュータサイエンスの高い知識が必須です。

 学位は不必要でも、知識は必須のため勉強は欠かせません。

また、コンピュータサイエンスだけでなく、幅広いジャンルの知識を合わせてつけておくと良いでしょう。

学歴・実務経験

Googleへの転職は、ほとんどの職種で学歴・経験の応募条件を提示しています。学歴は学士号、経験は該当の職種により異なり、2年~10年と幅広くなっています。

 学士号がない場合、同等の職歴で代用できる職種も存在。

応募条件から見ても、未経験や知識がないと応募できないでしょう。

Googleへの転職で使える志望動機例文

試験勉強

Googleは難易度が極めて高い企業ですが、以下のように志望動機を明確にすることで成功率を高められます。

志望動機1.企業理念とビジョンの一致

Googleは世界各国から優秀な人材が集まる多様性があるからこそ、企業理念と社員が持つビジョンの整合性を重要視しています。

貴社の求人を拝見した際、全世界の人々が平等にインターネット上で必要な情報を得られることが重要と気づきました。私は国内に向けたウェブ開発をしておりますが、さらにワンステップ上を目指し、視野を世界に向けています。私自身も今の日本のように、多くの国で自由にインターネットへアクセスできる環境を作りたい思いから、今回貴社の求人へ応募させていただきました。

自分が持つビジョンとGoogleの理念の共通点を見つけ、共感していることを志望動機に落とし込むと良いです。

加えてそのビジョンの実現が、Google以外の企業ではかなわないことであればより一層差別化された志望動機の作成へと繋がります。

多国籍企業でダイバーシティーが進んでいるからこそ、経営理念やビジョンと言った共通認識が重要視されます。

志望動機2.採用・組織開発に対するアプローチ

多くの企業が経験年数を応募条件に定めていますが、Googleの求人広告には能力・スキル重視と記載があります。

多くのエンジニア採用では実務経験何年と制限がある中、貴社の求人広告では能力を優先的に評価すると記載があったため応募いたしました。エンジニアの経験が5年と長くはありませんが、スタートアップ企業で自社サービスを4つリリースし、いずれもプロジェクトリーダーを務めました。この経験を活かしたいことはもちろん、年数にとらわれず能力をフェアに判断する貴社の評価制度にも深く共感しております。

特に中途のエンジニアなどは能力が求められることから、経験にとらわれないフェアな判断基準で採用を行っていることも志望動機に結び付けられるでしょう。

 経験ではなく実力が求められるGoogleでは、実績に自信があれば過去の取り組みをアピールすると良いでしょう。

加えて評価制度の透明性や方針に共感している姿勢を見せることで、Googleの理念とマッチすると採用担当に思われます。

自信を持ってアピールするだけではなく、組織開発の方向性に共感していることも伝えましょう。

志望動機3.グローバル思考と結びつける

グローバル

Googleは職種問わず英文レジュメの提出が求められるため、グローバルに視野を向けた志望動機を確立すると良いです。

私は世界の最新技術を日本に、日本が誇るサービスを世界へ発信したい思いがあり、現在年の半分は海外の現地法人に出向しています。2カ国間で業務を進めることで、今までの価値観が変わりより多くの情報を両国に発信したいと思っています。そこで貴社の持つIT技術の高さ、世界各地に展開している事業の両面が魅力に感じ今回応募致しました。入社後は今よりも速いスピードで、さらにクオリティの高いITサービスをより多くの人へ届けます。

外資系企業であるGoogleは、国境を問わず能力を発揮できる人を求めています。

そのため過去の経験から、世界に対してどの様なビジョンを向けているかを志望動機に落とし込むと良いでしょう。

外資系企業の突破にはTOEICなど、英語力が証明できる資格で選考が有利になります。

Google(グーグル)の転職面接のプロセス・よく聞かれること

Googleの転職面接のプロセス・よく聞かれること

Googleの転職では、テストや面接が難しいといわれています。なかでも面接は複数回実施されることもあり、採用の要となるでしょう。

採用までのプロセス

Googleの採用プロセス
  1. 自己分析
  2. オンライン応募
  3. 面接:複数回実施
  4. 選考

Googleの転職面接は、複数回実施されます。

オンラインでの評価、数分のバーチャル面接をクリアしたあとプロジェクトの作業を行い、詳細の面接を一日に3~4回行います。

面接をコンスタントにクリアしていく対策が必要になるでしょう。

Googleの面接でよく聞かれること

Googleの転職面接のプロセス・よく聞かれること

以前は難易度の高い質問を行っていたGoogleですが、面接において重要でないことがわかったことから、難しい問題は出題していません

以下のように基本的な内容を問われる可能性が高いため、落ち着いて回答できるようシミュレーションをしておきましょう。

Googleの面接でよく聞かれること
  • 入社後なにをしたいのか
  • 仕事をしてきたうえで、一番成し遂げた成果はなにか
  • 好きなGoogleのプロダクトはなにか
  • 履歴書に書いていないことを教えてください

また、面接での質問の中には、経営学やエンジニアに関すること、広告の打ち出し方などについて聞かれることもあるようです。

自分の応募したい職種に関して知識を深めておきましょう。

不採用の場合、エンジニアは1年以上実績を積んでから再度応募できるため慎重に挑みたいですね。

Google(グーグル)への転職を成功させるコツ

Googleへの転職を成功させるコツ

Googleへの転職は難易度が高い分、しっかり対策をして挑むことが大切です。ここでは、Googleへの転職を成功させるコツを3つ紹介します。

1.自己分析を行う

Googleでは、応募の前のステップとして「自己分析」を挙げています。これは、多くの人がパスしがちではあるが、最も重要なプロセスだと考えているからです。

 求人を探す前に自己分析を推奨しています。

自己分析が行われていないと、キャリアアップも難しく仕事を楽しめずやりがいも見いだせないとのこと。

今まで自分が学んできたこと、チームワークに関すること、自分が楽しいと思える仕事など、視覚化しましょう。

この時点でGoogleの求める人材とマッチしなければ、応募を見送る方が良いでしょう。

2.経験・実績を積んでから応募する

Googleへの転職を成功させるコツ

Googleへの転職では、実績やスキルが重視されます。そのため、実績に不安が残る人は、まず誇れる実績を作ってから応募しましょう。

また、面接では実際にプロジェクト作業のテストがあります。テストをクリアするためにも実績は必要不可欠です。

 応募した職種以外に適正がある場合、ほかの職種への応募の連絡がくることもあります。

Googleではひとつの職種の中にも細分化された部門があるため、実績や経験に合う部署があればほかでの採用も期待できるでしょう。

なお、エンジニア職では一度不採用になると、その後1年以上の実績を積まなければ応募できません。

ンジニア職以外は1年の期限が設けられていないため、応募可能ですよ。

3.転職エージェントを活用

Googleへの転職は、転職エージェントからの応募も可能です。転職エージェントを活用した転職は、公式サイトからの応募ではない魅力がたくさんあります。

転職エージェントを利用するメリット
  • 書類添削・面接対策が行える
  • 自分に合った職種を教えてもらえる
  • 企業との交渉を代行してもらえる
  • 非公開求人が受けられる
  • アドバイザーによるサポート

公式サイトから応募する場合、自分で書類の作成や面接対策を行う必要がありますが、転職エージェントでは専門のアドバイザーがいっしょに対策をしてくれます。

また、Googleへの転職が難しい場合でも、実績を積むための転職先やスキルを身につけるための方法などを教えてくれます。

最短でGoogleへの転職に挑めるでしょう!

自分に合った仕事を見つけるなら適職診断がおすすめ

仕事が辛いと感じたら、今の仕事は自分にとって適職でない可能性があるでしょう。そんな方はまず、適職診断を受けてみましょう。

適職診断でわかること
  • 自分にはどんな仕事が適しているのか
  • どんな社風の会社が自分に適しているのか
  • 自分のパーソナリティ・性格
dodaの適職診断は無料の会員登録をするだけで、すぐに受けることができます。

 診断結果を元に、実際に自分に合っている企業名を見ることもできますので、転職の第一歩も踏み出しやすくなるでしょう。
パーソナリティの診断結果のサンプルはこちらです。会員登録のみの完全無料でかなり詳しく診断をしてくれるので、ぜひ受けてみましょう。

dodaキャリアタイプ診断 次にキャリア診断結果のサンプルです。自分がどのような仕事スタイルなのかが、ひと目でわかります。

dodaキャリアタイプ診断 さらにdodaでは年収査定診断も受けることができます。今の仕事の給与に不満があるのなら、一度年収査定診断を受けてみて、自分の適正年収を調べてみましょう。

自分の適正年収が今の給与よりも高ければ、自分の能力を正しく評価してくれる会社への転職を検討しましょう!
 

Google(グーグル)を目指す人におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 豊富な転職支援実績
  • 非公開求人の取扱い多数
  • エンジニアなどの専門職求人豊富

リクルートエージェントは、公開求人のほかに非公開求人も豊富に取り扱う大手転職エージェントです。また、転職実績も豊富のため、転職活動経験の少ない人でも安心して任せられるでしょう。

 面談結果をもとに、キャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

エンジニアやデザイナーなどの専門職の求人を多く取り扱っているため、Googleに必須の実績を積むことができるでしょう。

未経験の人はもちろん、応募にあたって実績不足だと思う人におすすめです。

Googleへの応募だけでなく、応募を目指したキャリアアップも期待できます。
公開求人数※2021年9月27日時点 130,398件
Googleの求人取り扱い実績 非公開
主なサービス・機能
  • 求人紹介
  • 転職イベント開催
  • 書類添削・模擬面接
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

出典:https://www.r-agent.com/

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 無料で利用できる(有料プランもあり)
  • 優良企業から直接スカウトあり
  • 年収1,000万円以上の求人が豊富
  • 優秀なヘッドハンターに相談可能

ビズリーチでは、年収や条件ともにハイクラスの求人紹介が受けられます。企業からのスカウトのほか、優秀なヘッドハンターがいるため好条件の企業へ転職ができるでしょう。

 Googleへの転職の強みになる大手企業も多数求人しています。

Googleへの転職には明確な実績が必要なため、好条件の大手企業への転職を経ての応募もおすすめです。

また、求人企業はすべて非公開のため、登録しておけばGoogleの求人情報が得られる可能性もあります。

好条件の求人はGoogleはもちろんキャリアアップ目的の転職も叶います。
公開求人数※2021年9月27日時点 65,478件
Googleの求人取り扱い実績 非公開
主なサービス・機能
  • 求人紹介
  • スカウト機能
  • ヘッドハンター在籍
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社ビズリーチ

出典:https://www.bizreach.jp/

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 若い世代への転職支援実績多数
  • 書類添削・模擬面接などの転職支援サポート
  • 企業の担当アドバイザーも在籍

マイナビエージェントは、専門のアドバイザーのほかに企業担当のアドバイザーも在籍している転職エージェントです。

各業界に精通したアドバイスが得られるため、転職を成功させやすくなるでしょう。

 20代・30代の転職実績も豊富で、転職経験が少ない人でも安心です。

非公開求人のなかには上場企業も多く含まれているため、Googleへの転職に期待できるほか、キャリアアップのための転職も叶うかもしれません。

公開求人にGoogleがなくても非公開求人にある場合もあるようです。
公開求人数※2021年9月27日時点 29,668 件
Googleの求人取り扱い実績 非公開
主なサービス・機能
  • 求人紹介
  • 書類添削・模擬面接
  • 転職ノウハウ
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社マイナビ

出典:https://mynavi-agent.jp/

よくある質問

Googleへ転職するには英語力が必要?
英文レジュメが必須であること、最終面接に海外の経営者が出席することを考慮すると英語力は必須です。
ビジネスレベルで意思疎通ができる、もしくはTOEIC850点以上あれば選考をスムーズに進められるでしょう。
Googleのエンジニア採用のレベルは高い?
世界トップクラスの企業であるGoogleは、エンジニアに求める能力も相当高いです。
ただ経験年数よりも何を開発してきたか、入社後何が開発できるかが重要視されるためポートフォリオの作成に注力すると良いでしょう。
40代からGoogleに入社は可能?
年齢制限などは無いため、40代からも入社可能です。
40代となると即戦力や管理能力が求められるため、マネジメント経験やプロジェクト管理の経験をアピールしていきましょう。
未経験でもGoogleに転職できる?
未経験であればカスタマーサポートやヘルプセンターなど、募集ハードルが高くないものがおすすめです。
入社後にスキルを身に着けていけばキャリアアップも狙えるため、自身の能力と照らし合わせ応募する職種を決めると良いです。
楽天からGoogleへ転職するコツは?
楽天では出来ず、Googleであれば出来ることを整理しましょう。
両企業ともITサービスのトップ企業であるため、業務内容は近しいものがあります。
その中でもあえてGoogleを選ぶのであれば、差別化された志望動機が必要です。

まとめ

今回は、Googleへの転職について難易度や口コミ・評判などを解説しました。

世界的にも大企業の「Google」は、転職のハードルも高く採用されるにはさまざまな条件をクリアする必要があります。

また、基本的に実績が必須になるため、希望の職種での明確な実績がない人は、まず実績作りの転職が必要です。

最終目標はGoogleに絞り、そこに向かった転職活動も視野に入れましょう!

また、Googleへの転職は数々の面接やテストを乗り越えなければいけません。一人では困難になるため、転職エージェントを活用し、アドバイザーといっしょに転職成功を目指すことでモチベーションが保たれるでしょう。

記事内で紹介した転職エージェントは無料で利用できるため、ぜひ上手く活用しながらGoogleへの転職成功に向かって精進していってくださいね。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事