【最新版】行政書士の通信講座おすすめ紹介!選び方やメリットも解説

【最新版】行政書士の通信講座おすすめ紹介!選び方やメリットも解説

行政書士は、法律の専門家として独占業務を行うこともできる人気の国家資格です。難易度が高いと言われているため、独学より「通信講座で効率よく学びたい」という人も少なくありません。

しかし「通信講座が多くて何を比較して通信講座を選べばいいか分からない」という人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、行政書士合格のためにおすすめの通信講座を比較しながら紹介し、通信講座の選び方についても詳しく解説していきます。

この記事でわかること
  • 行政書士の勉強におすすめの通信講座
  • 行政書士のための通信講座を選ぶポイント
  • 行政書士の勉強で通信講座を利用するメリット

それぞれの通信講座のサービスや特徴を詳しく解説していきますので、これから行政書士の勉強を始める人は、ぜひ参考にしてください。

行政書士合格のためのおすすめ通信講座5選を比較!

フォーサイト

フォーサイト

おすすめポイント
  • 豊富な図とイラストで分かりやすいフルカラーテキスト
  • テキストも講義もダウンロード可能なeラーニング
  • フォーサイト受講者の行政書士試験合格率38.0%※公式サイトの文言による

フォーサイトの特徴

フォーサイトは、テキストや過去問題集、講義動画など、すべてパソコンやスマホ、タブレットで学べるeラーニング「ManaBun(マナブン)」に力を入れている通信講座です。

 ManaBunはテキストや問題集を持ち歩く必要がないため、通勤時間や休憩時間、家事・育児の合間など、スキマ時間にも学習できます。

また、すべての講義動画・音声がいつでも視聴できる上に、講義データのダウンロードも可能です。

事前にダウンロードしておくことで、外出先でも通信環境やパケット代を気にせずに学べます。

さらに、条件を満たせば不合格時に「全額返金保証」もあるため、教材を信じて勉強に打ち込めます。

行政書士講座の特徴

フォーサイトの行政書士講座

フォーサイトの行政書士講座は、2021年度行政書士試験では200名が合格しており、その合格率は全国平均11.18%に対し、フォーサイトは38.0%と高い合格率を誇ります。

その高い合格率を支えるのが、フォーサイトこだわりの「フルカラーテキスト」です。

 満点ではなく「合格点主義」のテキストは、出るところだけ勉強できるフォーサイトオリジナルの「テキスト分析・改訂システム」に基づいて製作されています。

重要度が高い論点は重点的に解説をし、逆に出題頻度がとても低い問題は掲載しない、という効率を重視した作りとなっています。

勉強量をムダに増やさず、効率よく学べる工夫がされています。

講座の価格例(税込)
  • 【バリューセット1】
    54,800円(基礎+過去問講座)
  • 【バリューセット2】
    76,800円(基礎+過去問+直前対策講座)
  • 【バリューセット3】
    94,800円~(基礎+過去問+直前対策+答練+過去問一問一答演習)
  • 【単科講座】
    10,800円~
主なサポート体制
  • 合格者スタッフによるフォローシステム
  • ライブ配信講座あり
  • 合格返金保証制度
合格実績
  • 2021年行政書士試験 合格者200名
  • フォーサイトの合格率38.0%(全国平均合格率の3.4倍)
運営会社 株式会社フォーサイト

出典:フォーサイト
※公式サイトの文言による

アガルートアカデミー

アガルート

おすすめポイント
  • 最小限の講義で合格に必要な力を身に着ける講座体系
  • パソコン・タブレット・スマホ等でオンラインで講義を受講できる
  • USBメモりオプションを利用すると、視聴期限のない閲覧専用USBメモリが付属

アガルートアカデミーの特徴

アガルートアカデミーは、テキストも講義もオンラインで持ち歩けるため、いつでもどこでも使いやすい受講環境が整っています。

また、USBメモリオプションを利用すれば、視聴期限がない閲覧専用のUSBメモリが付属します。

 USBメモリオプションは、インターネット環境がない場所でも視聴できるメリットがあります。

また、アガルートアカデミーオリジナルのフルカラーテキストは、常に講師が出題傾向を分析し、重要な分野や知識を洗い出してテキストに反映しています。

合格に必要な情報しか掲載していないため、効率よく学習を進められます。

行政書士講座の特徴

アガルートの行政書士講座

アガルートアカデミーの行政書士講座は、初受験者合格率37.97%※1複数回受験者の合格率が46.15%※2という高い合格率を誇る通信講座です。

講座には「入門」「中上級」「上級」の3つのコースがあり、自分の学習レベルに合わせて選択できます。

 特に入門講座では、講義の担当講師を2名のうちのどちらにするか自分で選択できるという特徴があります。

また、行政書士講座の教材では、最新の法改正・最新判例を講義動画とテキストへ反映しています。

2021年度試験の出題カバー率は93.48%※3で、法令等科目の記述式問題も的中した実績があります。

さらに、講師に何度でも質問ができる「Facebook質問対応」や、直前期に無料公開される「直前ヤマ当てフェス」など、サポート体制も充実しています。

講座の価格例(税込)
  • 【入門総合講義(約164~188時間)
    117,600円
  • 【入門総合ライトカリキュラム(約266時間)
    208,000円(パックの場合)
  • 【入門総合フルカリキュラム(約340時間)
    238,000円(パックの場合)

など

主なサポート体制
  • 電話・メール・Zoomでの相談受付
  • 行政書士試験再受験割引制度あり
  • 合格特典アリ
合格実績
  • 2021年行政試験 合格者174名以上
  • 初受験者合格率37.9%
  • 複数回受験者46.15%
運営会社 株式会社アガルート

出典:アガルートアカデミー
※1-2出典:公式サイトの文言によります

STUDYing

STUDYing

おすすめポイント
  • 講義動画、テキスト、問題集などすべてマルチデバイス対応
  • 暗記ツール、スマート問題集などスマホで学べるツールが豊富
  • 添削課題はオンラインでスピード添削してもらえる

STUDYingの特徴

STUDYingは、テキストや講義動画、問題集などがすべてオンライン対応のため、パソコンだけでなく、スマホやタブレットなどで外出先でも学べます。

 STUDYing独自の「暗記ツール」「スマート問題集」はスマホ対応しており、外出中のスキマ時間にも効率よく学べるツールが豊富に用意されています。

さらに自分だけのオリジナルノートがWeb上で作れる「マイノート機能」は、オンライン上で講座を視聴しながら、簡単・自由に自作の「まとめ」を作れる便利なツールです。

マイノート機能は自由に穴埋めテストが作れる「暗記ツール」付きなので、さらに効率よく学習できます。

また「勉強仲間機能」など、同じ資格を目指す仲間と学習時間や学習内容を投稿したり、勉強仲間を作ってコメントをしたりといったコミュニケーションツールも活用できます。

行政書士講座の特徴

STUDYingの行政書士講座

STUDYingの行政書士講座は、短期間で合格した人の勉強方法を徹底研究して開発したオンライン講座です。

仕事などで忙しい人でも効率的に勉強ができるよう、スマホでも学べるツールを活用し、スキマ時間を活かした学習に最適化されています。

 問題練習や過去問練習、記述式対策など試験対策講座も充実しており、最適な順番で学べるように学習システムが組まれています。

また動画講座は、初心者にも理解しやすいように、図や具体例などを使ってわかりやすく解説されています。

「合格に関係ない事にかかるコスト」を徹底して省くことで、受講料が安く抑えられているのもSTUDYingの特徴です。

講座の価格例(税込)
  • 【行政書士合格コース】
    34,980円~(2022+2023年度合格目標)
  • 【冊子版オプション】
    13,200円(2022度合格目標)
主なサポート体制
  • 添削サービス
  • 学習レポート
  • 勉強仲間機能
合格実績 非公開
運営会社 KIYOラーニング株式会社

出典:STUDYing

たのまな

たのまな

おすすめポイント
  • 分からないことはプロの講師に何度でも質問できる
  • 受講サポート期間の無料延長可能
  • 就職・転職についてカウンセラーに相談できる

たのまなの特徴

たのまなは、受講生に対するサポート体制が充実している通信講座です。

分からないことは何度でもプロの講師に質問ができますし、毎月開催されるプロの講師による無料のオンラインセミナーにも参加できます。

 資格取得後は、アドバイザーが就職・転職をサポートしてくれるサービスも活用できます。

さらに、勉強の進め方などを相談できる「ヒューマンアカデミーコミュニティ」に参加し、さまざまな情報交換も可能です。

講座終了後は終了証書を発行してもらえるため、学んだことが形として残ります。

行政書士講座の特徴

たのまなの行政書士講座

たのまなの行政書士講座は、これまでの受講生のデータを分析し、無駄なく学習できるように、合格必要得点範囲に的を絞ったカリキュラムが組まれています。

 合格得点を短期間で確実に習得できるよう、量より質の教材となっていて、早期から過去問対策が可能な合理的な学習ができます。

また、インターネットで講義動画を視聴するスタイルのため、パソコンやスマホ、タブレットなどを活用して、24時間いつでも講義を受講できます

「1000問ノックWeb答案」「過去問Webテスト」「記述論点集Web100選」など、スマホ対応のコンテンツも充実しています。

さらに、勉強に関して分からないところがあった場合は、Eメール・FAX・質問票による質問サポートが受けられます。

質問の回数はサポート期間中無制限で利用できるので、安心して受講できます。

講座の価格例(税込) 221,500円
主なサポート体制
  • サポート期間無料延長制度
  • 就職・転職サポート制度
  • 再チャレンジ制度
合格実績 非公開
運営会社 ヒューマンアカデミー株式会社

出典:たのまな

資格のキャリカレ

資格のキャリカレ

おすすめポイント
  • 講師に直接質問できるマンツーマン指導
  • 過去問を徹底分析した「試験対策法」で初学者でも短期間で合格を目指せる
  • 不合格の場合でも全額返金保証でリスクなしで学習できる(※条件に該当した場合)

資格のキャリカレの特徴

資格のキャリカレは、不合格時の全額返金保証や、教材到着から8日以内の返品保証など、受講生のことを考えたサポート体制が充実しています。

 受講中の資格が見事合格した場合は次の講座が無料で受講できるため、複数の資格を取得したい人にもおすすめです。

また、就職・転職のサポートも充実しており、キャリアコーディネートサポーターが、資格に直結した求人を紹介。利用料無料で、さまざまな広告媒体から求人情報を提案してもらえます。

さらに、学習内容に関して、利用回数に制限なく何度でも講師に質問ができます。

受講生専用ページも用意されているので、同じ資格を目指す人との情報交換に活用しましょう。

行政書士講座の特徴

資格のキャリカレの行政書士講座

資格のキャリカレの行政書士講座は、初学者でも4ヶ月でムリなく試験対策法を身につけることができるように工夫されています。

試験の出題範囲と出題形式に則った対策法がしっかりと学べ、講師に直接質問もできるマンツーマン指導が受けられます。

 また、万が一行政書士試験に不合格だった場合も、受講料全額返金制度があるため、安心して受講できます。

受講費用が比較的安いため、気軽に受講しやすいのもキャリカレのメリットと言えます。

講座の価格例(税込) 49,600円
主なサポート体制
  • 不合格時の全額返金保証
  • 合格したら2講座目が無料
  • 質問・添削サポート
合格実績 非公開
運営会社 株式会社キャリアカレッジジャパン

出典:資格のキャリカレ

行政書士のための通信講座を選ぶ6つのポイント

行政書士の資格取得のためには、通信講座の選び方が大切です。効率よく学べるもの、またさまざまなサポートが受けられるものなど、通信講座の選び方を6つご紹介します。

通信講座の何を比較すればいいかわからない、なかなか決められないという人はぜひ参考にして下さい。

1.テキストと問題集が連動しているものを選ぶ

パソコンをみる女性

行政書士の勉強を効率よく進めるには、テキストと問題集が連動しているものがおすすめです。

 テキストで学んだ箇所と過去問題が連動していると理解度も深まりやすく、問題が分からなかった場合にはテキストにもどって振り返り学習ができるメリットがあります。

テキストの内容を無料お試しで見れる講座も多いですので、事前に確認しておくと安心です。

連動するテキストや問題集のページが分かりやすく記載されている講座も多いですよ。

2.動画講座の質が高いものを選ぶ

通信講座の魅力は、動画でプロの講師による講座をいつでも繰り返し見れることです。そのため、通信講座は動画の講座のクオリティが重要なポイントとなります。

 短時間でも分かりやすい講座であること、図などを利用した工夫された講座であることなど、自分が理解しやすい講座を選ぶことが大切です。

多くの通信講座ではお試しで講義を見れるため、契約前に必ず動画の講義を試しに視聴してみることをおすすめします。

3.スキマ時間も使える教材を選ぶ

パソコンで講義を受ける女性

通信講座のメリットは、オンライン教材などの活用で、スキマ時間も効率よく使って学べることです。

そのため、できるだけテキストや問題集、動画講座などすべてがスマホに対応した通信講座を選びましょう。

 スマホで学習できることで、仕事の通勤中や休憩時間、家事や育児のスキマ時間などを利用して、いつでも好きな時に学べます。

通信が使えない環境でも学びたい人は、オフライン環境でも動画が視聴できる講座を選びましょう。

4.サポートの内容を確認する

通信講座はテキストや問題集、動画講義の内容も重要ですが、それ以外にどのようなサポートサービスが付属しているのかも講座選びのポイントとなります。

 テキストの内容が分からない場合には何度でも講師に質問ができるサービスや、資格取得後の就職・転職サポートがある通信講座もあります。

自分が特に使いたいと思うサポートサービスが付属している通信講座を選び、比較検討してみることをおすすめします。

受講生同士が交流できるコミュニケーションサービスが用意されている講座もあります。

5.添削指導があるか確認する

メモ

通信講座はスクールのように講師に直接指導を受けられないため、添削指導がある通信講座を選ぶことで、講師からのアドバイスを受けられます。

 近頃はオンラインで添削指導をしてもらえる講座も多いため、手軽に添削指導が受けられるようになりました。

間違えた箇所については丁寧に指導をしてもらえるため、特に初学者で自信がない場合は、添削指導がある通信講座を選ぶことをおすすめします。

自分の間違いを客観的に指摘してもらえるので、学習がスムーズに進みますよ。

6.再受講割引や返金サービスなどを確認する

通信講座のサービスの中には「不合格時に全額返金保証」「再受講割引」「延長保証」などが付帯している場合があります。

不合格時の全額返金保証は、受けられる条件が決められているものの、いまいち自信が持てない人にとってはありがたいサービスと言えるでしょう。

 また再受講割引や延長保証は「途中でリタイヤしてしまった」「事情があって勉強が中断してしまった」という人には、メリットのあるサービスです。

必ずこのようなサービスが付属している通信講座を選ぶ必要はないですが「仕事が忙しくて途中で挫折しそう…」という場合は、延長保証や再受講割引がついている講座を選んでおくと安心でしょう。

行政書士の勉強で通信講座を利用するメリット

タブレットを操作する女性

行政書士の勉強に通信講座を選ぶことには、どのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、行政書士の資格取得の勉強を通信講座でする具体的なメリットを紹介していきます。

通信講座か独学か、スクールかで迷っている人は、ぜひ参考にして下さい。

費用や期間を抑えられる

通信講座の大きなメリットは、スクールに通うよりも大きく費用を抑えられることです。

スクールに通う場合はまとまった費用がかかりますし、ある程度長期間通う必要があるケースも多いです。

 その点、通信講座ならスクールに通う手間も時間もかからず、学習期間も数カ月といった短期間で取得できるようなスケジュールが組まれている講座も多いです。

独学に比べると費用はかかってしまいますが、テキストだけではなく動画でプロの講師の講義が視聴できる通信講座は、初学者でも分かりやすく学べるメリットがあります。

仕事や家事と両立できる

スマホを見る男性

通信講座は、スクールのように決まった日に時間が拘束されることがなく、自由にスケジュールを組むことができます。

そのため、仕事が忙しい人や家事・育児で外出しにくい人でも、通信講座なら自分のペースで学習ができるメリットがあります。

独学でも自分のペースで学習できますが、独学はスケジュールを自分で決めて、実行していく強い意志が必要です。

また、テキストや問題集などはすべて自分で選んで購入しなければなりません

 その点、通信講座ならある程度のスケジュールは講座で決まっており、学習がどの程度すすんでいるのかを管理できるツールが用意されている講座もあります。

また通信講座は、動画、テキスト、問題集などがスマホでも見れるため、通勤中や休憩時間、家事・育児の手があいている時など、ちょっとしたスキマ時間でも効率よく学べる工夫がされています。

サポート体制が充実している

パソコンを操作する女性

独学の場合は、自分で学んでいてわからないことがあっても、誰にも聞けずそのまま進めていくしかないデメリットがあります。

その点通信講座は、講師から直接指導が受けられない代わりに、分からないことを講師に質問できるサービスや、テストの添削指導でフォローしてもらえる体制が充実しています。

 合格後に就職・転職のサポートをしてもらえる講座や、合格したら他の講座が割引、または無料になる通信講座もあります。

行政書士の勉強をより充実させるために、それぞれの通信講座のサービスを比較してみることをおすすめします。

行政書士試験は通信講座と独学どっちがおすすめ?

行政書士試験は非常に難関なため、独学で勉強を続けるのは難しいとされています。

通信講座であれば講師に質問できるといったメリットがありおすすめです。

通信講座を利用するメリット
  • 効率よく学習ができる
  • 的確に得意不得意がわかる
  • 学習計画が明確になる
  • モチベーションが保てる

効率良く学習ができる

時計

通信講座は効率よく学習ができるのがメリットである一方、独学の場合は自分でテキストを購入して学習を進めていきますが、わからない部分は自力で調べる方法しかありません。

通信講座であれば講師にすぐに質問できるため、時間を無駄にせず、効率の良い学習ができるのです。

 行政書士試験の学習には500〜800時間の確保が必要といわれています。

また、通信講座は自宅で学習でき移動時間がかからない点もメリットで、その分、学習時間に費やすことができ、より効率のよい学習ができます。

仕事のすきま時間や移動時間に学習できるため、仕事との両立もしやすいのが特徴です。

通信講座はスマホやタブレットなど、さまざまなデバイスに対応しているのが嬉しいですね。

的確に得意不得意がわかる

行政書士の通信講座にはさまざまなタイプがありますが、手厚いサポートやカウンセリングが付帯している教材であれば、自分の得意・不得意を見極めやすいメリットもあります。

特に記述式問題などは自分の不得意な部分がわかりにくいものです。添削指導のある講座を選ぶことで、自分が間違えやすいポイントを把握できます。

 自分の不得意をなくしていくことが合格への第一歩です。

通信講座を料金の安さで決めてしまうのは要注意で、行政書士の学習時間は長期にわたるため、質問サービスや添削指導など、手厚いサポートがあるかどうかを確認しましょう。

学習のモチベーションアップにもつながります。

行政書士試験への合格には、通信講座の手厚いサポートが欠かせません。

学習計画が明確になる

カレンダー

行政書士試験に受かるために必要な学習時間は、500〜800時間とも言われており長期にわたる学習となるため、学習計画をしっかり立てることも重要です。

通信講座によっては学習計画や進捗管理を行なっているサービスもありますので、ぜひ活用しましょう。

 なんとなく学習を進めるよりも、学習計画を立てて進める方がモチベーションアップにつながります。

また、通信講座の学習計画サービスは、勉強の進め方に不安がある人にもおすすめのサービスです。

自分のライフスタイルに合わせて無理なく学習を進められるため、仕事や家庭との両立がしやすくなっています。

モチベーションが保てる

勉強

独学では、学習計画やモチベーションの維持など、全て自分1人で行う必要があり、学習の壁にぶつかった時も相談相手がいないため、挫折してしまいがちです。

通信講座の場合は、サポーターに悩み相談や質問ができるため、孤独を感じにくく、学習のモチベーションを保ちやすいメリットがあります。

 独学は自由なぶん自分1人の責任も大きく、孤独な環境での学習になりがちです。

自分が思っているよりもモチベーションの維持は難しいものです。

自分1人だけで学習を進める自信がないという人は通信講座の利用がおすすめです。

学習時間が長いからこそ、悩みを相談できるサポーターを利用してモチベーションを維持することが重要なポイントになります。

行政書士資格を通信講座で目指す際の注意点

注意

行政書士の学習には通信講座がおすすめですが、たくさんのサービスがあり、どれを選べばいいのか迷ってしまうもの。

行政書士資格を通信講座で目指す際の注意点について解説します。

通信講座を選ぶ際の注意点
  • おすすめを一通りチェックする
  • ランキングを比較する

おすすめを一通りチェックする

まずは、ブログやメディア記事から行政書士の通信講座のおすすめを一通りチェックします。

「料金が安い」「サポートが充実している」「返金制度がある」といった、おすすめの理由もチェックしておくと良いでしょう。

 「おすすめの通信講座」が、自分にも合っているのかをきちんと考慮しましょう。

通信講座の講義時間や料金は会社によって異るため、自分が1日にどれだけの時間を学習に費やせるのかを考慮しながら、通信講座を選ぶようにしましょう。

また、通信講座体験者のブログなどを参考にするのもおすすめで、体験者だからこそわかるリアルな意見を知り、今後の通信講座選びに活かしてください。

自分がどんな学習スタイルを目指しているのか、あらかじめ決めておくと通信講座選びが楽になります。

ランキングを比較する

ランキング

Webメディアやブログでまとめられている通信講座ランキングを比較する方法もおすすめです。

ランキングでは「料金」「カリキュラム」「講義時間」「合格率」「サポート体制」などを網羅しているため、数多くの通信講座を比較できます。

 ランキングやおすすめ記事を参考にする場合は、その情報が正しいのかを確かめる必要があります。

気になる通信講座があった場合、評判や体験者の声を調べてみると良いでしょう。

ランキンングやおすすめ記事では見えなかったリアルな意見を把握できます。

料金や合格率など、自分が一番重視したいポイントをあらかじめ決めておきましょう。

よくある質問

通信講座を使うと行政書士試験に合格しやすくなる?
行政書士試験の合格率を上げるためには、行政書士試験の知識と傾向を把握する必要があります。通信講座では、行政書士試験の傾向を研究し、頻出度の高い項目や重要なキーワードに重点を当てて学習を進めることができます。満点を目指すのではなく、合格ラインを目指すカリキュラムを取っている通信講座が多く、独学よりも学習量を少なくして合格を目指すことができます。
行政書士のための通信講座の最適な選び方は?
まずはじめにチェックすべき項目は、テキストと問題集が連動しているかを確認することです。テキストで学んだ箇所と過去問題が連動していると理解度も深まりやすく、問題が分からなかった場合にはテキストにもどって振り返り学習ができるメリットがあります。テキストの内容は、無料お試しで見ることができるので、気になった方は資料請求をおすすめします。
行政書士になるために通信講座を使うメリットは?
大きなメリットは場所・時間問わずに自分のペースで学習できる点です。通信講座の映像講義はスキマ時間を活用しやすいように倍速再生や1講義15分ほどで作られている場合が多いです。仕事や家事、学業などの間に資格取得を目指せるように、テキストや問題集はあらゆるデバイスと接続可能な点も嬉しいポイントです。スキマ時間を活用したい方だけではなく、短期集中型の方にも通信講座は向いています。
通信講座は直接質問ができない?
通信講座は担当講師に直接質問や相談ができるサポートが付いているものがほとんどですので、わからないところを自力でどうにかしなければならないとうことはありません。ですが、対面にて相談を受け付けている通信講座は少なく、メールや専用アプリなどで質問を受け付けている場合が多いです。そのため、返答に時間がかかってしまうことも想定されるため、不便に感じてしまう方もいるでしょう。
通信講座は途中で辞めてしまったらまた講座を全額購入からスタートしないといけない?
多くの通信講座には「不合格時に全額返金保証」や「再受講割引」「延長保証」などのサポートが付帯しています。一度通信講座を途中で辞めてしまっても、各通信講座が定めている期間内であれば、全額購入よりも安く講座を受講することが可能です。「試験が不合格だった」「途中でリタイヤしてしまった」「事情があって勉強が中断してしまった」という人には、メリットのあるサービスです。

まとめ

今回は、行政書士の勉強におすすめの通信講座について紹介してきました。通信講座で学習するメリットは、自分の好きな時間に好きな場所で学べるツールが選択できることです。

独学ではテキストだけで学ぶしかないですが、通信講座では動画で講師の講座を見れますし、講師に質問ができるなど、通信講座ならではのサービスを活用できます。

どの通信講座がいいか迷っている人は、それぞれの通信講座の無料教材を試してみることをおすすめします。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事