行政書士試験は独学で合格できる?必要な勉強時間や勉強法のポイントも解説

行政書士試験は独学で合格できる?必要な勉強時間や勉強法のポイントも解説

「行政書士試験の難易度はどのくらい?」「行政書士試験を独学で合格するためのポイントとは?」行政書士に興味がある人なら、こういった疑問を感じたこともあるのではないでしょうか?

行政書士の資格を持っていれば転職に有利になりますし、知見が深まれば開業することも可能です。

本記事では、独学で行政書士試験合格を目指す人行政書士に興味がある人に向けて、主に以下のことについて解説していきます。

本記事で分かること
  • 行政書士試験の難易度
  • 行政書士試験に合格するための勉強時間
  • 独学で行政書士試験合格を目指すためのポイント
  • 独学で行政書士試験の勉強をする注意点

通信講座を利用して行政書士試験の勉強をするメリットや、おすすめの通信講座も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

独学でも行政書士試験に合格できる?難易度を解説

独学で勉強する人

本項では、合格率合格基準から見る行政書士試験の難易度について解説していきます。

過去10年の行政書士試験合格率は以下の通りです。

年度 合格率
令和3年度 11.18%
令和2年度 10.72%
令和元年度 11.48%
平成30年度 12.70%
平成29年度 15.72%
平成28年度 9.95%
平成27年度 13.12%
平成26年度 8.27%
平成25年度 10.10%
平成24年度 9.19%

過去10年の間で合格率が最も高い平成29年度は15.72%の受験者が合格していますが、平均的な合格率は11%程度です。

単純に考えると受験者10人のうち一人しか合格できない確率です。ただし、行政書士試験に関しては、必ずしも「合格率=難易度」の式が成立するわけではありません。

 行政書士試験は年齢・性別・学歴・国籍に関係なく誰でも受験できる公平な試験です。

この点を加味すれば、法律の勉強に慣れていない人や、実力試しで受験する人が合格率を下げているという見方もできます。

合格率と難易度は、完全な相関関係にあるわけではありません。したがって、合格率だけで難易度一概に判断することはできませんが、決して簡単な試験ではないと言えるでしょう。

出典:一般財団法人 行政書士試験研究センター 

行政書士試験の合格基準

行政書士試験は、行政法や民法などに関する知識が問われる法令科目と、政治・経済・社会・に関する知識や文章理解が問われる一般知識科目があります。

合格するには、以下の基準を全て満たす必要があります。

合格基準
  • 法令科目で計244点のうち122点以上の得点
  • 一般知識科目で計56点のうち24点以上の得点
  • 試験全体の計300点のうち180点以上の得点

合計得点が180点を上回っていても、法令科目か一般知識科目のいずれかが基準を満たしていなければ不合格です。

 幅広く知識を身に付けなくては、合格点をとることは困難です。

行政書士試験は、綿密な学習計画を立て要点を押さえて勉強しなければ合格できない難関資格と言えます。

出典:一般財団法人 行政書士試験研究センター 

独学で行政書士試験に合格するための勉強時間とは

時計

初学者が行政書士試験に独学で合格するためには、800~1000時間ほどの勉強時間が必要になると言われています。

1日2時間勉強時間を確保しても、合格までに1年~1年4カ月ほどの期間を要することになります。

 行政書士試験では、憲法、基礎法学、民法、行政法、商法、会社法などに関する問題が出題されるため、幅広く法律に関する知識を身に付けなくてはなりません。

法律的な知識だけでなく、各国の政治制度、国際問題、金融政策などに関する理解も求められます。試験範囲が広く求められる理解のレベルが高い分、時間をかけて対策する必要があるのです。

しかし、仕事をしながら勉強する場合には、残業や休日出勤などで思うように勉強時間を確保できないこともあるでしょう。

そういったことも考慮して学習計画を立て、余裕を持って勉強することが大切です。

独学に不安がある場合には、合格に必要な知識を効率よく身に着けられる通信講座を利用するのも手です。通信講座であれば、勉強時間を600時間ほどに短縮することが期待できます。

独学で行政書士試験の合格を目指す勉強法のポイント

独学で行政書士の合格を目指すためのポイントとしては以下のようなものが挙げられます。

独学で行政書士を目指すポイント
  • 学習計画を立てる
  • 自分に合った教材を選ぶ
  • 頻出箇所・法改正の情報を知る
  • 繰り返し過去問を解く

それぞれ見てきましょう。

学習計画を立てる

勉強

独学で合格を目指すなら学習計画を立てることが重要です。

行政書士試験には、法令科目と一般知識科目で構成されると述べました。先に軽く触れましたが、法令科目には基礎法学」「憲法」「行政法」「民法」「商法・会社法」があります。

なお、行政法には「行政手続法」「行政不服審査法」「行政事件訴訟法」「国家賠償法」「地方自治法」が含まれます。

様々な法律に関する知識を満遍なく身に付けなくてはなりません。

独学でこれらの試験範囲を網羅しようとすると、手当たり次第テキストを読み込み、ひたすら過去問を解くという学習スタイルになりがちです。

 しかし、計画的に勉強しなければ、試験までに対策が間に合わないといった状況に陥るケースも想定されます。

試験日から逆算し、各科目の勉強時間や優先順位などを事前に決めておくことが肝心です。

自分に合った教材を選ぶ

基本的な内容が勉強できるテキストや、試験対策に特化した問題集、過去の試験問題が掲載された過去問題集など、行政書士試験対策用の教材には様々なものがあります。

教材によっても違いがあり、図や表が多めに用いられているものもあれば、専門性が高く文章量が多いもののあります。

 前者は、初学者が基礎的な知識を定着させるのに役立ち、後者はより法律に関する理解を深めたい受験経験者に重宝されるでしょう。

教材ごとに強みがあるため、効果的に勉強を進めるには、自分に合った教材を選ぶことが大切です。

頻出箇所・法改正の情報を知る

ペンを持つ人

前述したように、行政書士試験では様々な法律に関する知識が求められます。

 満遍なく知識をつけることは重要ですが、全科目に均等に勉強時間を割くのは効率的とは言えません。

重要なのは、頻出箇所を重点的に勉強することです。頻出箇所を知るために効果的なのは、過去問題集や予想問題集を読み分析することです。まずは、問題や解説に一通り目を通し出題傾向を把握しましょう。

出題傾向だけでなく、法改正情報を把握しておくことも大切です。

改正点が反映されていない古いテキストを使用していると、実践的な対策ができない可能性があるため注意しましょう。

繰り返し過去問を解く

テキストを読み込むだけで得点アップを図るのは困難です。

 ある程度基礎知識が身についてきたら、過去問を繰り返し解いて実際の問題に慣れながら記憶の定着を深めていきましょう。

過去問を解く際は問題と解答を丸暗記するのではなく、条文や判例などを深く理解することを意識すると、様々な問題に対応できる応用力を身に着けやすくなります。

行政書士試験の合格率を上げる勉強内容

行政書士の合格率を上げるためには、大きく分けて4つのポイントが存在します。

行政書士の合格率をあg
  • 行政法と民法は全体の75%
  • 基礎法学の配点はわすか8点のみ
  • 憲法は2番目に配点が多いパート
  • 商法はある程度捨てても良い

行政法と民法は全体の75%

グラフ

行政書士の試験範囲は広いため、まずどの分野を抑えればよいのかを判断しましょう。

結論から言うと、配点の多い行政法と民法は行政書士の合格には欠かせない分野です。

 行政法が112点分に対し、民法は76点分という配分になっています。

行政書士試験は合計244点満点ですが、行政法と民法だけでも約75%の割合を占めています。

つまりこの二つは避けて通れないと同時に、裏を返すとこの2つを極めるだけでも全体の75%のスコアが記録できます。

よく出る問題
  • 行政手続法
  • 行政不服審査法
  • 地方自治法

行政法と民法の中でも、特に上記3つの項目は頻出される問題なので、まずは頻出される3つの分野から始めていき、少しずつ知識量を増やしていくことがポイントです。

それぞれに関する条文を暗記し、テスト当日はすぐに引き出せるよう定着させましょう。

まずは条文の暗記が最低限必要。その後応用力を鍛えていき、あらゆるシチュエーションに対応できるようにしましょう。

基礎法学の配点はわずか8点のみ

次は逆に、配点が少なくそこまで時間を割くべきではないパートを見極めましょう。

行政書士試験において、基礎法学の配点は合計8点と少なく、さらには専門性が極めて高い問題がでてくるため、むしろ捨てるくらいの気持ちでも良いでしょう。

 年度によっては法律を専門的に学んだ人でさえもわからない問題が出題されるので、基礎法学は時間的コストパフォーマンスが良くないため、あとに回しても良いパートでもあります。
ただし完全に無視すると、そもそも必要な基礎知識が身につかないため、ある程度は参考書を見て知識を身に着けましょう。
まずは行政法や民法の学習時間を確保し、優先的に学習を進めていくことも戦術の一つです。

時間を掛けるべきポイント、かけなくても良いポイントを見極めることで、より効率的な学習が進められます。

憲法は2番目に配点が多いパート

パソコンとノートを広げて勉強する人行政法、民法に続き憲法の配点は多く、28点分の設問があります。

出題傾向としては条文の暗記力を問われるものから、応用力を効かせた問題などさまざま。

 民法はただ暗記するだけではなく、本質を理解しないと解けない応用問題も出題されます。

条文をただ暗記すればよいわけではないため、学習時間は多くかかりますが、それでも配点が多いパートなので無視はできません。

基本的には条文を暗記しつつ過去問を解き、覚えた条文をアウトプットできるか実力を確認しましょう。

配点の多さ的に考えて、行政法と民法をある程度覚えたら、次は憲法に手を付けると良いです。

商法はある程度捨てても良い

最後のポイントは商法で、配点が20点と少ないにも関わらず、必要な条文が1000以上もあることから効率の悪いパート。

あまり時間をかけずに、他の分野に学習時間を割いて良いでしょう。

 しかし配点が20点と極端に少ないわけではないため、完全に無視することはおすすめしません。

また1000以上の条文から20点分しか出題されない商法ですが、直近の過去問題を見てくと株式会社の設立手続、取締役に関する問題は出題される傾向が強いです。

そのため上記2つは最低でも把握しておき、残りのパートはそこまで重点的に進めず、他の分野に時間を割くと良いでしょう。

配点と必要知識から考慮しても効率が悪い商舗のパートは、あまり時間をかけず、他のパートに時間を回すと良いです。

独学で行政書士試験の勉強を進める際の注意点

書籍

独学で行政書士試験合格を目指すことも不可能ではありませんが、独学にはいくつか注意点があります

具体的な注意点としては、以下のようなものが挙げられます。

独学の注意点
  • 知識にムラが出やすい
  • 自分の実力を客観視しにくい
  • 学習計画の管理・モチベーション維持が難しい

それぞれ見ていきましょう。

知識にムラが出やすい

独学ではどうしても学習範囲が偏りがちです。

 計画を立て頻出箇所を重点的に勉強すること重要である述べましたが、誰からのサポートも受けずピンポイントで重要な部分のみを勉強するのは簡単ではないでしょう。

結果的に知識にムラが出てしまい、ある程度点数はとれるようになったものの、法令科目、一般知識科目のいずれかが基準点に届かず試験に合格できないといった状況を招く懸念があります。

自分の実力を客観視しにくい

積み上げられた本

一人で勉強をする分、自分の実力を客観視しにくいことも独学の難点です。

講座を受けていれば、選任講師からのFBを受けることで現状を客観的に把握できますが、独学の場合には過去問などの点数を参考に合格までの距離を測るしかありません。

過去問を反復して解いているものの点数が安定しないといった場合に、自分に足りない点を明確化しにくい側面が独学にはあります。

学習計画の管理・モチベーション維持が難しい

独学の課題点として、学習計画の管理やモチベーションの維持が難しい点も挙げられます。

独学の場合には、学習進捗を管理・把握するための指標を自分で作る必要がありますし、思ったように学習成果が出ない時も自分自身を鼓舞してモチベーションを維持しなくてはなりません。

自己管理があまり得意ではない人にとっては、独学で行政書士試験合格を目指すのはハードルが高いかもしれません。

その点、通学講座であれば、同じ目標に向かう仲間の存在がモチベーションの維持に繋がるでしょう。

通信講座であれば、学習カリキュラムの達成度合いや講師からの評価などにより学習進捗を把握することが可能です。

短期間で行政書士試験の合格を目指すなら通信講座がおすすめ

PCを見る人

より短期間で行政書士試験の合格を目指すなら独学で勉強するよりも、通信講座を利用するのがおすすめです。

通信講座を利用するメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

通信講座を利用するメリット
  • 短期間で合格するためのカリキュラムが組まれている
  • サポート体制が充実している
  • 自分のペースで勉強できる

それぞれ解説していきます。

短期間で合格するためのカリキュラムが組まれている

実績がある通信講座は、過去問の出題傾向などを徹底分析することで必要な箇所を重点的に学習できる教材を制作しています。

知識が定着しやすく得点力を向上させやすい学習カリキュラムに沿って勉強できることから、短期間での合格が目指すには最適です。

サポート体制が充実している

グッドサインを出すスーツの人物

学習中のサポート体制が充実しているのも、通信講座のメリットです。

例えば、選任講師に分からない箇所を質問できたり、丁寧な添削指導が受けられたり、モチベーションを維持するための応援メールが定期的に届いたりと、さまざまなサポートが受けられます

 受講開始から数カ月間は無料学習サポートが受けられる場合もあるため、どのように勉強を進めれば良いから分からない人も安心です。

中には、学習中のサポートだけでなく、資格取得後の就職・開業までサポートしてくれる通信講座もあります。

自分のペースで勉強できる

教室まで足を運ばなくては勉強できない通学講座とは異なり、通信講座はオンラインによる動画講座・音声講座がメインです。

音声講座をダウンロードしておけば、通勤中や隙間時間を有効活用できます。前述したようなサポートを受けつつも、自分のペースで勉強を進められるのは通信講座ならではのメリットと言えるでしょう。

インターネット環境さえあればいつでも講座を受けられますよ。

独学よりも効率的!行政書士試験合格におすすめの通信講座3選

フォーサイト

フォーサイト

おすすめポイント
  • フォーサイト受講者の合格率平均は38.0%※1
  • 視覚的に理解しやすいフルカラーテキスト
  • 不合格の場合には受講料を全額返金してもらえる

フォーサイトは、国家資格や高難易度の資格で毎年全国平均より高い合格率を輩出している、確かな実績を持つ通信講座です。

行政書士試験の合格率全国平均11.18倍に対して、フォーサイト受講者の合格率平均は38.0%です。

 重要箇所を直感的・視覚的に把握できる「フルカラーテキスト」がフォーサイトの高い合格率を支えています。同テキストの受講生満足度は95%です※2。

独自のシステムを用いて過去問を徹底分析することで製作された同テキストは、出題頻度が著しく低い論点を掲載せず、重要度が高い論点を重点的に学習できる構成となっています。

満点を目指すのではなく、合格に必要な点数を確実にとるためのカリキュラムを組んでいるフォーサイトなら短期間での合格が目指せるでしょう。

不合格の場合には、受講料を全額返金してもらえます。

講座数※2022年6月2日時点 20講座
学べる資格例
  • 行政書士
  • 社会保険労務士
  • 宅地建物取引士
  • FP
  • 簿記2級・3級
運営会社 株式会社フォーサイト
※1弊社集計の受講生アンケートに基づくデータです。
※アンケート対象は2021年行政書士試験合格者200名です。

アガルートアカデミー

画像アガルート

おすすめポイント
  • 資格予備校支持NO.1
  • 令和3年度行政書士試験の出題カバー率93.48%※1
  • 豊富な学習サポート機能

アガルートは、「資格予備校支持NO.1」「資格予備校口コミ評価NO.1」「資格予備校サポート体制NO.1」を獲得※2した人気通信講座です。

令和3年度行政書士試験におけるアガルートアカデミー受講生のうち初受験者の合格率は37.9%です。複数回受験者の合格率にいたっては46.15%にも上ります。

 最新の法改正・判例を反映した講義動画とテキストにおける令和3年度行政書士試験の出題カバー率は驚きの93.48%。

アガルートなら、無駄を省いた効率的な学習が実現します。

講義動画には、「8段階の倍速機能」や、学習したい部分だけを視聴できる「しおり機能」、テキスト同時表示、音声ダウンロードをはじめ学習をサポートしてくれる機能が多数搭載されています。

アガルートの講座はオンライン配信が主であり、購入後、開講している口座はすぐに受講可能です。
講座数※2022年6月2日時点 53講座
学べる資格例
  • 行政書士
  • 司法試験・予備試験
  • 司法書士
  • 弁護士
  • 公務員試験全般
運営会社 株式会社アガルート
注釈一覧
※1:公式サイトに記載された数値です。
※2:実施委託先:日本コンシューマーリサーチ 調査期間:2021年9月15日~9月17日 調査概要:資格予備校10社を対象としたブランド名イメージ調査/調査方法:インターネット調査 調査対象:18歳~60歳の方501名

STUDYing

STUDYing

おすすめポイント
  • 合格者の勉強法を徹底分析することで作られた最適な学習カリキュラム
  • 図や具体的を用いて分かりやすく解説してもらえる
  • 最適な学習フローで勉強が進められる

STUDYingの行政書士講座は、短期合格者の勉強方法を徹底的に解析することで最適な学習カリキュラムが構築されています。

 初学者の人が無理なく学習できるよう、講義に図や具体例を意図的に取り入れたビデオ講座が用意されているのも嬉しいポイント。倍速版や音声講座もあるため、自身の理解度に合わせて学習スタイルを選択できます。

ビデオ/音声講座によるインプット後、「スマート問題集」で学習の土台となる知識を固め、次に「過去問解法講座」で実戦に慣れ、「セレクト過去問」で得点力を向上させるといった、試験に合格するための最適な学習フローが組まれているのも特徴です。

「記述式解法講座」では多くの受験生の悩み種となる記述試験の対策もできます

講座数※2022年6月2日時点 31講座
学べる資格例
  • 行政書士
  • 司法書士
  • 中小企業診断士
  • 建築士
  • ITパスポート
運営会社 KIYOラーニング株式会社

よくある質問

行政書士の合格点は?
行政書士の合格点は合計180点以上となっています。加えて法令等科目の得点が122点以上、一般知識等科目の得点が24点以上も超えている必要があるため、どちらか一方だけでは合格できない点には注意して下さい。
行政書士試験はどれくらい難しい?
極めて難しい試験で、直近の合格率は11.2%となっています。ただ社労士試験が6.8%であることを考慮すると、士業の試験の中ではやや取得が狙いやすいと言えるでしょう。
行政書士を獲得すると、年収はどれくらい上がる?
企業により異なりますが、資格手当として月収に1~2万円上乗せされるケースが多いです。そのため年間で12万~24万円ほどの給与アップが狙えます。
どれくらいの時間勉強すれば行政書士に合格できる?
もともと法律に関する知識がある人で約500時間、全くの未経験であれば1000時間ほど必要とされています。特に初学者の場合は1年弱の学習期間が必要になるため、対策は早めに進めておくと良いでしょう。
まずは何から学習すれば良い?
配点的に見ていくと行政法と民法に力を入れると良いです。最も配点が多い分野のため、必然的にこの2つを抑えておかないと合格はかなり厳しくなります。

まとめ

今回は、行政書士試験の難易度や、独学で合格するためのポイントなどについて解説しました。行政書士は試験の平均的な合格率が11%程の難関資格です。

試験範囲が広く、幅広い法律知識に加え政治や経済に関する理解も求められるため、効率的に勉強しなければ資格取得までに膨大な時間ががかかってしまいます。

 独学で行政書士試験合格を目指すなら、頻出箇所や法改正の情報を知り現実的な学習計画を立てて勉強を進めましょう。

より短期間で合格を目指すなら通信講座を利用するのが効果的です。

通信講座であれば、着実に合格点を取る力を身に着けるためのノウハウが凝縮された学習カリキュラムに沿って勉強を進められます。

記事内では行政書士試験の合格を目指す人におすすめの通学講座を紹介したため、独学に不安がある人は通信講座の利用を検討してみてください。

出典:一般財団法人 行政書士試験研究センター 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事