非公開求人とは?非公開の理由やメリット、応募方法まで徹底解説

非公開求人とは?非公開の理由やメリット、応募方法まで徹底解説

「非公開求人ってなに?」「非公開求人が気になる!」と考えている人も多いのではないでしょうか。

非公開求人とはその名の通り、公には掲載されていない求人を指します。企業・求職者それぞれメリットを得られる求人です。

しかし、非公開求人へ応募することで、実際にどのようなメリットを得られるのか気になりますよね。

そこで本記事では、非公開求人に関する以下の項目を解説します。

この記事でわかること
  • 企業が求人を非公開にする理由
  • 非公開求人のメリット・デメリット
  • 非公開求人に応募する方法

この記事を読めば非公開求人がなにかわかるだけでなく、非公開求人に応募する方法まで把握できます。

非公開求人に応募しようか迷っている人はもちろん、非公開求人をこれまで知らなかった人もぜひ最後まで読んでみてください。

そもそも非公開求人とは?

パソコンに文字を打ち込む人

非公開求人とは、一般的な転職サイトに掲載されていない求人を指します。そのため、求職者は簡単に非公開求人を閲覧することはできません。

 非公開求人は社名やポジションを伏せている場合が多く、応募してはじめて社名・ポジションなどが明らかになる可能性が高いです。

また、非公開求人を扱っているのは、転職エージェントのみです。そのため、非公開求人に応募するには、転職エージェントの登録が必須です。

非公開求人は簡単に閲覧できませんが、どのようなメリットを得られるのか気になりますよね。

企業が求人を非公開にする理由

スーツ姿の男性

ここからは、企業があえて求人を非公開にする理由をご紹介します。それぞれひとつずつ確認していきましょう。

企業が求人を非公開にする理由
  • プロジェクト内容を競合他社に知られたくないから
  • 採用ルートを競合他社に知られたくないから
  • 応募者が殺到するのを防ぎたいから
  • 重要ポストの採用を社内の人間に知られたくないから

プロジェクト内容を競合他社に知られたくないから

企業が求人を非公開にする理由として、プロジェクト内容を競合他社に知られたくないことが挙げられます。

 求人を公開し、誰でも閲覧できるようになると、極秘にしているプロジェクト内容が競合他社へ漏れてしまう可能性もゼロではありません。

極秘プロジェクトが競合他社に漏れた場合、自社の利益を損なうかもしれません。そのため、企業はあえて求人を非公開にし、プロジェクト内容を漏らさないよう、徹底しています。

求人を公開すると、プロジェクト内容が他社に漏れてしまうこともあるんですね。

採用ルートを競合他社に知られたくないから

交渉が成立した瞬間

企業にとって、採用は大きなプロジェクトのひとつといえます。優秀な人材を採用できれば、企業に利益をもたらすからです。

 そのため、どのような方法で優秀な人材を採用するか、採用担当者が頭を悩ませているケースも少なくありません。

非公開求人のように採用ルートが限定的であれば、競合他社に知られることなく優秀な人材を確保できます。

迅速に優秀な人材を採用するため、転職エージェントに非公開求人を依頼するケースも多数見受けられますよ。

応募者が殺到するのを防ぎたいから

応募者が殺到するのを防ぐために、求人を非公開にしている場合もあります。特に、大手企業や有名企業によく見られる傾向です。

 企業にもよりますが、中途採用は新卒採用と異なり、数名規模で募集をかける場合がほとんどです。

しかし、大手企業や有名企業にもなると、数名の採用枠に数百名の応募者が殺到することもあります。

 数百名の応募者が殺到すると、書類選考だけで大幅に時間を割かなくてはなりません。

そのため、非公開求人にして窓口を狭くしているのです。

求人が公開されていなければ、候補者が殺到するのを防げますね。

重要ポストの採用を社内の人間に知られたくないから

ミーティング

企業が求人を非公開にしている理由として、重要ポストの採用を社内の人間に知られたくないことも考えられます。

 例えば、経営にかかわる重要ポストの採用計画が社内に知れ渡った場合、社員が混乱する可能性もゼロではありません。

「現在の経営層が近々退職するかもしれない」「経営がうまくいってないのだろうか」など、さまざまな憶測が飛び交うことで、社員の不安を招く恐れもあります。

社員に余計な不安を抱えさせないためにも、求人を非公開にする必要があるのです。

非公開求人のメリット

スーツを着た女性二人

非公開求人に応募するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。気になるメリットは以下のとおりです。

非公開求人のメリット
  • 高待遇の求人に出会える
  • 大手企業・人気企業の求人に応募できる
  • ライバルが少ない
  • 自分に合う仕事を見つけやすい

高待遇の求人に出会える

非公開求人のメリットとして、高待遇の求人が多いことが挙げられます。前述したように、非公開求人は重要ポストの求人が多い傾向です。

 そのため、年収アップ・キャリアアップしたい人にとって、まさに非公開求人はチャンスの宝庫だといえるでしょう。

また、非公開求人を掲載しているということは、転職エージェントに高額の採用報酬を支払っています。

 裏を返せば、高額の採用報酬を支払えるほど、潤沢な資金がある企業ということです。

潤沢な資金があれば、社員に給料として還元されやすいでしょう。

高待遇の求人に出会える背景には、上記のような理由も含まれています。

大手企業・人気企業の求人に応募できる

パソコン画面を見ている女性

大手企業や人気企業の求人に応募できるのも非公開求人のメリットです。大手企業や人気企業は採用工数を減らすため、非公開求人を掲載している可能性があります。

 大手企業・人気企業に入社したいなら、非公開求人をチェックしてみると良いでしょう。

思いもよらない企業に出会える可能性があります。特に、一般的に公開されている転職サイトで、いまひとつ良い求人が見つからない人におすすめしたい方法です。

これまで出会えなかった掘り出し物の求人に出会えるチャンスですよ。

ライバルが少ない

非公開求人へ応募するメリットとして、ライバルが少ない点が挙げられます。なぜなら、非公開求人は一般的な求人よりも公開範囲が限定的だからです。

 例えば、誰もが知るような大手転職サイトの場合、求人を閲覧している人数・応募する人数ともに多い傾向です。

しかし、非公開求人であれば、そもそも求人を閲覧する人数が限られるため、ライバルが少ない環境で転職活動を進められます。

ライバルが少なければ、その分選考を通過しやすいでしょう。効率的に転職活動を行いたい人にもおすすめです。

自分に合う仕事を見つけやすい

笑顔の女性

自分に合う仕事を見つけやすいのも、非公開求人に応募するメリットのひとつだといえます。なぜなら、非公開求人は転職エージェントを経由して応募できる求人だからです。

 転職エージェントは求職者の希望条件やこれまでの実績をヒアリングし、求職者に合った求人を紹介してくれるサービスです。

非公開求人であっても、求職者の希望条件や実績を判断したうえで紹介してくれるため、自分に合った企業と出会える確率が高まります

企業のニーズと求職者の希望条件と合致する場合が高く、ミスマッチを防止できるのもメリットです。

非公開求人のデメリット

ソファで頭を抱えている男性

一方、非公開求人にデメリットはあるのでしょうか。それぞれ詳しく確認していきましょう。

非公開求人のデメリット
  • 応募のハードルが高い
  • 募集期間が短い

応募のハードルが高い

非公開求人に応募するデメリットとして、応募ハードルの高さが挙げられます。

 非公開求人は高待遇の求人が多い一方、これまで高い実績を積み上げてきた人や専門的なスキルがある人のみ募集する可能性が高いです。

そのため、未経験で非公開求人に応募しようと思っても、そもそも応募資格を満たしていないケースも多々あるので注意しましょう。

無理に応募しようとせず、実績やスキルを積み上げてから再チャレンジする方法がおすすめです。

募集期間が短い

非公開求人は募集人数が数名程度と、非常に限定的である場合が多数見受けられます。また、企業側もすぐにでも採用したいケースがほとんどです。

 そのため、候補者がいれば募集期間を待たずして、すぐに募集を締めきってしまうこともあるので注意しましょう。

気になる非公開求人があればすぐに転職エージェントへ相談し、応募してみることをおすすめします。

ただし、転職活動において焦りは禁物です。焦って行動しないように注意しましょう。

非公開求人へ応募するには転職エージェントの登録が必須!

握手をしている人

非公開求人へ応募するには、転職エージェントの登録が必須です。ここからは、転職エージェントを利用する流れをご説明します。

転職エージェントを利用する流れ
  1. 転職エージェントに登録
  2. キャリアアドバイザーとの面談
  3. 求人紹介
  4. 求人の応募
  5. 選考対策
  6. 面接
  7. 内定

    1.転職エージェントに登録

    まずは、転職エージェントに登録することからスタートです。転職エージェントの公式サイトで無料登録を済ませましょう。

     登録は氏名や住所・メールアドレスなど基本情報のほかに、転職を希望している時期やこれまで経験した業種・職種を入力する場合があります。

    登録自体にさほど時間はかからないので、仕事が忙しい人でも安心です。

    通勤時間や休憩時間などのスキマ時間を活用しましょう。

    2.キャリアアドバイザーとの面談

    相談している女性

    転職エージェントの登録が完了したら、キャリアアドバイザーとの面談を行います。対面のほかに、オンラインや電話面談も受け付けている転職エージェントもあります。

     キャリアアドバイザーとの面談では、おもに職務経歴の深掘りや希望条件のヒアリングなどを行うのが一般的です。

    事前に職務経歴や希望条件を整理しておくと、スムーズに面談が進みます。

    転職にあたって譲れない条件を整理しておくとよいでしょう。

    3.求人紹介

    キャリアアドバイザーとの面談後に、求人紹介にうつります。事前に非公開求人を紹介してほしい旨を伝えておくとよいでしょう。

     求人を紹介されたら、わからないことや不安点がないか確認しておきましょう。

    この時点で不明な点があれば、遠慮なく相談してみてください。なお、求人を紹介されたからといって、応募必須なわけではありません

    あまりにも希望とかけ離れていたら、応募を控えても問題ないですよ。

    4.求人の応募

    パソコンを操作する人

    気になる求人が見つかれば、求人に応募しましょう。応募したい旨をキャリアアドバイザーに話すと、手続きを進めてくれます。

     非公開求人はすぐに候補者がうまってしまう可能性もあるため、迅速に行動することが大切です。

    また、一つの求人だけに応募するのではなく、複数の求人に応募して同時進行するのもよいでしょう。

    キャリアアドバイザーと戦略を練りながら、転職活動を進めてください。

    5.選考対策

    求人に応募したあとは、選考対策を行います。選考対策に関しても、キャリアアドバイザーが親身に寄り添ってくれるでしょう。

     選考対策の一例として、履歴書・職務経歴書の書類添削が挙げられます。採用担当者の目を惹くような書類を作成しましょう。

    また、面接対策も欠かせません。実際の面接で想定される質問をキャリアアドバイザーが教えてくれます。

    入念に面接準備をしておくと、本番は緊張せずに臨めます。

    6.面接

    店内で相談する男性

    選考対策を十分に行ったら、いよいよ面接本番です。選考対策で練習した成果を十分発揮できるように、リラックスして臨みましょう。

    面接時では、明るく・ハキハキとした話し方が好まれます。

     緊張してしまうと早口になりがちですが、明るく・ハキハキとした話し方を心がけましょう。

    また、面接は身だしなみも重要ポイントです。

    髪型や服装に乱れがないか、面接本番前にきちんと確認しておくことをおすすめします。

    7.内定

    すべての選考に通過したら、無事に内定です。内定後は採用通知書をよく読みこみ、年収や職務内容を確認しましょう。

    また、転職が決まったら、現職を円満退職する必要があります。

     現職の就業規則を再度確認し、ベストなタイミングで退職を申し出ましょう。

    もし円満退職の仕方がわからなければ、キャリアアドバイザーに相談するのもおすすめです。

    転職前に余計なトラブルを生まないように、最後まで気を抜かないでくださいね。

    非公開求人への応募も可能!おすすめ転職エージェント3選

    リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    おすすめポイント
    • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
    • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
    • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
    • 完全無料
    リクルートエージェントは16万件以上※1の非公開求人を持つ転職エージェントです。

     非公開求人は公開すると応募が殺到してしまうような好条件求人である場合がほとんどです。
    自分のアピールポイントや、どのような仕事がわからない、といった場合でもキャリアアドバイザーとの面談を通して、自分にぴったりの求人を見つけることができます。

    応募書類の添削や、面接の対策も受けることができます。
    企業の分析も細かく行っているため、求人を紹介する段階から、企業について詳しく教えてもらえます。入社後のミスマッチを防ぐことができますよ。
    運営会社 株式会社リクルートキャリア
    主なサービス(機能)
    • エージェントサービス
    • 職務経歴書エディター
    • 面接力向上セミナー
    • 担当者面談
    公開求人数 114,943件※2021年6月10日時点
    拠点 全国対応可 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

    マイナビエージェント

    マイナビエージェント

    おすすめポイント
    • アドバイザーや担当者の対応がよく、親身に相談に乗ってくれる!
    • 各企業の情報を分析し、手厚い選考対策で内定率UP!
    • 経歴に自信がない方でも正社員転職が目指せる!
    • 全国の転職に対応!WEB面談も可能
    • 完全無料
    マイナビエージェントはアドバイザーの質の評価が高い転職エージェントです。

    ハードルが高く感じる面談も非常にスムーズで、信頼できる担当者に出会えたという利用者の声が多数あります。 また、大手企業であるマイナビの太いパイプを生かした各企業の分析は選考対策の際に役立ちます。
     マイナビエージェントはスキルや経験が少ない20代の転職をメインターゲットとしていますので、スキルに自信がなくても正社員として転職できる可能性は大いにあります。
    未経験業種への転職を目指している方や、転職に不安を抱えている方はぜひマイナビエージェントに登録をしましょう!
    運営会社 株式会社マイナビ
    主なサービス(機能)
    • エージェントサービス
    • 履歴書添削サービス
    • 面接対策
    • サポート期間は無期限
    公開求人数 28,152件※2021年8月17日時点
    拠点 全国対応可 京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

    ビズリーチ

    ビズリーチ

    おすすめポイント
    • 年収1,000万円以上の求人が3分の1を占める!
    • 優秀なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!
    • ハイクラス求人多数!登録後は企業・ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ
    • 優良企業と直接コンタクトを取ることも可能!
    ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が3分の1※2以上を占める転職エージェントです。

    年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1※1に輝いています。
    ビズリーチでは「プラチナスカウト」というものがあり、一流のヘッドハンターがユーザーの情報を見てスカウトを送ります。スカウトが届くと、確実に面接へ進める仕組みです。

    厳選された優秀なヘッドハンターが約4,600人在籍※2しているので、優良企業とのマッチングを待ちながら転職活動を行えるでしょう。 ※1 転職サービスに関する調査/調査会社:シード・プランニング/調査期間:2019年1月〜2月/調査対象:年収600万円以上で、転職意欲がある人 ※2参照 公式サイト
    運営会社 株式会社ビズリーチ
    主なサービス(機能)
    • エージェントサービス
    • タレント・ハイクラス会員制度
    • ヘッドハンター
    • スカウト
    公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
    拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡
    出典:公式サイト

    よくある質問

    非公開求人への応募におすすめの転職エージェントは?

    リクルートエージェントやdoda、マイナビエージェントなどがおすすめです。いずれも大手転職エージェントのため保有する求人数が多く、非公開求人も豊富に取り扱っています。無料で利用できるため、ぜひチェックしてみてください。

    なぜ企業は非公開求人を出すの?

    企業が非公開求人を出す理由は以下のとおりです。

    ・プロジェクト内容を競合他社に知られたくないから
    ・採用ルートを競合他社に知られたくないから
    ・応募者が殺到するのを防ぎたいから
    ・重要ポストの採用を社内の人間に知られたくないから

    特に、大手企業や有名企業であればあるほど、応募者が殺到するのを防ぎたい可能性が考えられます。

    非公開求人に応募するメリットは?

    非公開求人に応募するメリットは、下記を参照してみてください。

    ・高待遇の求人に出会える
    ・大手企業・人気企業の求人に応募できる
    ・ライバルが少ない
    ・自分に合う仕事を見つけやすい

    非公開求人は公開されている範囲が限定的なので、ライバルが少ない環境で転職活動を進められるのは大きなメリットです。

    非公開求人に応募するデメリットは?

    非公開求人に応募するデメリットは、下記のとおりです。

    ・応募のハードルが高い
    ・募集期間が短い

    非公開求人は高待遇の求人を募集しているケースが多いため、応募のハードルが高いデメリットがあります。

    非公開求人の応募に向いている人の特徴は?

    非公開求人の応募に向いている人の特徴は、下記を参照してみてください。

    ・目指したいキャリアが明確な人
    ・実績やスキルに自信がある人
    ・キャリアアップを目指している人

    特に、目指したいキャリアが明確な人は、非公開求人で自分に合う仕事が見つかりやすいでしょう。

    非公開求人の応募を控えたほうがいい人の特徴は?

    非公開求人の応募を控えたほうがいい人の特徴は、以下のとおりです。

    ・経歴が浅い人
    ・やりたいことが明確でない人
    ・未経験職種にチャレンジしたい人

    ほとんどの非公開求人は、即戦力となる経験者を募集しています。そのため、未経験者や経歴が浅い人は向いていないでしょう。

    非公開求人に応募するためにはどうすればいい?

    非公開求人に応募するためには、転職エージェントの登録が必須です。転職エージェントの登録や利用は無料な場合がほとんどなので、気兼ねなく利用してみてください。また、求人を紹介してもらう際、「非公開求人に興味がある」旨を伝えるとよいでしょう。あなたに合った非公開求人を紹介してくれる可能性が高まります。

    非公開求人は誰でも紹介してもらえるの?

    残念ながら、誰でも非公開求人を紹介してくれるとは限りません。求職者が培ってきた実績や適性・企業のニーズなどをキャリアアドバイザーが総合的に判断し、紹介するか否かを決めるからです。もし非公開求人が紹介されなくても諦めることなく、実績・スキルを積み上げてから再チャレンジしてみてください。

    まとめ

    非公開求人は企業・求職者双方にメリットがある求人です。一般的な転職サイトには掲載されていない求人が多く、高待遇の求人に出会えるでしょう。

    また、ライバルが少ない環境で転職活動を進められるメリットもあります。

    効率よく転職活動を進めたいなら、ぜひ非公開求人をチェックしてみてください。

    非公開求人に応募するためには、転職エージェントの登録が必須です。転職エージェントの登録・利用は完全無料な場合がほとんどなので、気兼ねなく活用しましょう。

    ぜひこの記事を参考にしながら、自分にぴったりの非公開求人に応募し、転職活動を成功させてください!

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事