保育士から一般企業への転職は可能?おすすめの仕事やメリットも解説

保育士から一般企業への転職は可能?おすすめの仕事やメリットも解説

保育士として働いている中で「労働時間が長い」「給料が安い」などの理由により、転職を決める人も少なくありません。

厚生労働省のデータによると、保育士から保育業界に転職した人の割合は53.1%、他業界に転職した人は30.0%、他福祉業界に転職した人は16.9%でした。

つまり、保育業界以外に転職した人の割合は全体の46.9%にも上ることが分かります。

しかし、保育士が一般企業に転職することが本当に可能なのか、不安な人も多いのではないでしょうか。

この記事では、保育士が一般企業に転職するメリットやデメリット、またおすすめな職種を5つご紹介します。

この記事でわかること
  • 保育士が一般企業への転職を意識する理由
  • 保育士が一般企業に転職するメリット・デメリット
  • 保育士が一般企業への転職で活かせるスキル
  • 保育士におすすめの転職先

保育士から一般企業への転職を成功させるポイントについても解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

※出典: 保育士の現状と主な取組 |厚生労働省

保育士が一般企業に転職できる?

子どもの世話をする女性

保育士としてずっと働いてきたものの、想像以上に仕事がきつく、その割に給料が安いなどにより、保育士として働くことを辞めようと考える人も少なくないようです。

しかし、いざ一般企業に転職するとなると「経験がないのに転職できるの?」「パソコン関係の資格を何も持ってない…」などを理由に、退職にふんぎりがつかない方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、保育士が一般企業に転職することは十分可能です。

 先の厚生労働省のデータでも分かるように、退職した保育士の中で、再び保育業界を選ばず、他業界への転職を決めている人が全体の半数近くいます。

つまり、保育士を辞めたあと、保育業界以外に転職できている人が実際とても多いことが分かります。

保育士の「経験」を活かせる

保育士が一般企業に転職することは可能ですが、保育士資格が一般企業に転職する場合に評価されるケースは多くはありません。

しかし、資格は使えなくとも、保育士として働いてきた経験は十分活かせます。例えば、保育士の仕事を通して身につけられるスキルは、主に以下の通りです。

保育士が活かせるスキル例
  • コミュニケーションスキル
  • 視野の広さ
  • 細やかな気遣い
  • マルチタスクスキル
  • リーダーシップ
  • 傾聴スキル

特に、コミュニケーションスキルや視野の広さ、マルチタスクスキル、リーダーシップなどは一般企業への転職面接で評価されやすい強みでもあります。

 業務日誌や連絡帳、お便りの作成などでパソコンを使用していれば、ExcelWordなどの基本的なPCスキルもアピールポイントになるでしょう。

また、転職先によっては保育士ならではの体力が役立つ可能性もあります。

「保育士の経験しかないから」「保育士資格しか持っていないから」などとマイナス思考になるのではなく、これまでの経験を思い返しながら自分自身のスキルを洗い出してみてください。

多くの園児や保護者、同僚と接しているため、コミュニケーションスキルは大きな武器になりそうですね。

保育士が一般企業への転職を意識する主な理由

保育園

保育士を辞めて一般企業への転職を考える理由には、どのようなものが考えられるのでしょうか。

ここでは、保育士の主な退職理由として以下の6を紹介します。

保育士が転職を意識する理由
  • 年収が低い
  • 職場の雰囲気や人間関係
  • 体力的な負担が大きい
  • 保護者対応がストレス
  • 労働時間が長い
  • 休日が少ない

それでは、順に見ていきましょう。

年収が低い

厚生労働省が発表した「保育士の現状と主な取組」によると、保育士の平均年収は平成25年以降右肩上がりとなり、年収は363.5万円となっています。

しかし、全職種の平均年収と比較するとその差は137万円ほどあり、日々の仕事量を考えると給料が見合わないと感じている保育士も多いようです。

満足な収入を得られないことがきっかけで転職を意識する保育士もいるかもしれませんね。

出典:保育士の現状と主な取組|厚生労働省

職場の雰囲気や人間関係

保育園

職場の雰囲気や人間関係も、一般企業への転職を考える理由として挙げられます。

例えば、ベテラン保育士に対して新人保育士が意見を言えない雰囲気が漂っていたり、業務に関する悩みがあっても気軽に相談できる関係を築けていなかったりと、風通しの悪い職場もあるかもしれません。

一般企業に比べると保育園は少人数のため、窮屈に感じてしまい転職を決意する保育士もいるようです。

また、保育士には女性が多いため、女性特有の空気感が苦手な人もいるでしょう。

体力的な負担が大きい

保育士は子供と接する仕事のため、楽しいイメージがあるかもしれません。しかし、実際は園児を抱き上げたり保育園の中を動き回ったりと、体力仕事が多い職種です。

休む暇なく園児への対応をするため、腰や肩を痛めてしまう人も少なくありません。

体力的な負担を考えて「長期的に働き続けるのは難しい」と考え、一般企業への転職を意識する保育士もいるでしょう。

保護者対応がストレス

相談

保育士は、保護者への対応も仕事の一部です。保護者の中には、子どもを大切に思うあまり理不尽なクレームを言ってしまう人もいます。

 保育士は立場上保護者に意見をするのが難しい場合があり、園長や経営者に相談しても保育士よりも保護者の意見を優先されてしまうケースもあります。

積もり積もったストレスが、「保育士を辞めて一般企業へ転職しよう」と決意するきっかけにもなり得ます。

また、保護者と良い関係を築けず苦痛に感じてしまう保育士もいるかもしれません。

労働時間が長い

保育士の仕事は子供と接するだけではなく、保育計画書の作成や連絡帳の記入、保護者への対応、イベントの準備など多岐にわたります。

予定通りに仕事を進められるケースは少なく、園児同士のトラブルが発生して日中に時間を確保できなければ、残業をして作業しなければなりません

時には持ち帰り仕事をして帰宅後も業務の続きをしたり、休日にも自宅で作業をしたりと、業務外で働かざるを得ない保育士もいるようです。

休日が少ない

カレンダー

保育業界は、人手不足が課題となっています。厚生労働省の調査によると、9割以上の都道府県において有効求人倍率が1倍を超えているとのデータもあります。

つまり、限られた人数で保育園を運営しなければならず、ひとりあたりの業務負担が増えた結果、十分に休日を確保できていない職場もあるようです。

 休日出勤をしなければならない保育士や、休みが取れず連勤が続いている保育士のほか、上述したように自宅に帰ってから作業しなければ仕事が間に合わない保育士もいます。

日々の業務で疲労が溜まっている上に満足のいく休みも取れないとなれば、不満が溜まって転職を意識するのも仕方がないかもしれません。

出典:保育キャンペーン資料|厚生労働省

保育士が一般企業に転職する5つのメリット

保育士が現在の職場を退職したあとは「同じ業界に転職する方が楽だ」と感じる人も多いかもしれません。しかし、保育士が一般企業に転職することには、メリットもあります。

ここでは、保育士が同じ業界に転職せず、まったく別の一般企業に転職するメリットを確認していきましょう。

1.保育士ならではの心や体への負担が少なくなる

幼稚園

保育士の仕事は子供の保育だけでもとても気を遣いますが、それ以外にも保育日誌や行事のための製作、準備、掃除、洗濯、会議、研修など、多岐にわたります。

また、保護者とのやり取りや同じ保育現場にいる先輩などとの人間関係にも気を遣い、心身ともに疲れることが原因で退職する人も多いようです。

しかし、一般企業に転職すれば、掃除や洗濯などはする必要がない職場がほとんどですし、子供を預かるという緊張感もなく、保護者に気を遣うこともないため、ぐっと心や体への負担は楽になるでしょう

2.業種によっては残業時間が少なくなる

保育士の仕事は先にも紹介したように、子供の保育をしながら日々たくさんの仕事をこなす必要があるため、どうしても予定通りに作業が進まないことも多いです。

 子供の保育中にはできない作業も多く、子供たちが帰宅したあとにさまざまな作業をこなす必要があり、残業時間も多くなりがちです。

しかし、一般企業では転職する業種や職種にもよりますが、ほとんど残業がないという職場もあるため、転職時に残業が多い職場を避ければ、ほとんど定時で帰宅できる職場に転職することもできるでしょう。

3.収入が上がる可能性もある

お金

前述したように、保育士の給料は一般的な企業よりもやや低いと言われています。先ほど紹介した厚生労働省の調査によると、全職種の平均賃金は年収換算すると500.7万円だったのに対し、保育士は363.5万円でした。

一般企業に転職したからといって収入が必ず上がるわけではないですが、業種や職種によっては、転職先で今よりも収入が上がる可能性も十分あります。

さらに、今よりも資格やスキルを取得することで、キャリアアップも目指せるでしょう。

出典: 保育士の現状と主な取組 |厚生労働省

4.有給休暇を取りやすくなることもある

保育士の仕事は毎日多忙なため、人手不足の保育施設ではなかなか休暇が取れない場合も多いようです。

「先輩も取らないから取りにくい…」「人が足りなくてとても休める状況ではない」などにより、有給休暇も満足に取れないという場合もあるあるようです。

しかし一般企業では、業種や職種にもよりますが、繁忙期などを避ければ比較的有給休暇を取得しやすい企業もあります。

「有給休暇を取ったことがない…」などと現状に大きな不満がある場合は、転職も検討してみましょう。

5.新たな適性が見つかる可能性がある

パソコンで作業する女性

「自分には保育士しか向いていない」「他の仕事はできない」と思い込んでいる人でも、実は他業種の仕事の方が向いているという可能性もあります。

 思い切って仕事を変わることで、自分の新たな可能性に気付くこともあるのです。

保育士として働いている現状に不満があり、自分が前から気になっている職種の仕事があるのなら、思い切って一度転職して他の仕事を体験してみるのもおすすめです。

保育士にこだわらず、さまざまな職種に視野を広げてみましょう。

保育士が一般企業に転職する4つのデメリット

保育士が一般企業に転職することにはメリットも多いですが、いくつか事前に知っておいた方がいいデメリットもあります。

具体的にはどのようなデメリットがあるのか、順番に確認していきましょう。

1.一から覚えなくてはならないことが多い

仕事をする女性

保育士からまったく関係のない他業種に転職する場合、当然ですが一から色々な仕事を覚えなくてはなりません

例えば、保育士から事務職への転職を考える場合、今までパソコンをほとんど使っていなかったという人は、まずパソコンでの書類作成などの操作から勉強する必要があります。

ほかにも、電話対応や来客対応、メールのやり取り、様々なデータ入力、備品管理など、学ぶことばかりで、はじめはとても苦労するかもしれません

事務職は一度経験すればスキルが身に付きやすくなりますので、まずはさまざまな業務を経験することが大切です。

2.デスクワークに飽きる・疲れる人もいる

保育士から事務職などのデスクワークがメインの仕事に転職する場合、一日中座っていることに慣れず、疲れてしまうケースや、単調な作業の繰り返しに飽きてしまう人もいるようです。

保育士のように子供を相手にする仕事は子供の機嫌や体調などにより、毎日違うことが起きることもありますが、デスクワークは特に毎日変わったことが起きるわけではなく、単調な毎日の繰り返しになる場合が多いです。

 このような単調な仕事が向いていない場合は、事務職に転職することが苦痛になる可能性があります。

しかし、人の適正は違っているため、逆に案外単調なデスクワークの方が向いていた人もいるでしょう。

一概に全員が「デスクワークが飽きる」というわけではなく、どんな仕事にも人によって向き不向きがあると考えておきましょう。

3.保育士よりも良い環境に転職できるとは限らない

会社

保育士の仕事の「残業の多さ」「給料の安さ」などに不満がつのり、一般企業への転職を考えたとしても、転職先の企業が好待遇とは限りません

 転職先が、保育士の時よりもさらに残業時間が多く、給料も安いといった可能性も0ではないのです。

これはどんな職業からの転職でも同じことですが、前職の方が待遇がましだったことで「これなら転職しなければよかった…」といった後悔をするリスクは転職には必ずつきまといます。

しかし、だからといって転職を思いとどまるのではなく、今の待遇に不満があるなら、積極的に転職を考えることも間違いではありません。

転職先を探すときは、自分の希望する待遇面と一致するのかをしっかり確認することが大切です。

4.保育士に復帰したい時にブランクができる

保育士から一般企業に転職する場合、しばらく他業種で仕事をすることになるため「やっぱり保育士の方が向いている」と、数年後に保育士に復帰する時にブランクができてしまいます。

どんな仕事でもブランクがあると採用で不利に働いてしまうため、次の保育士としての働き先が思ったほどスムーズに決まらないという可能性も否定できません。

ブランクは長くなるほど影響が大きくなるため、「保育士の方がよかった」と思った場合は早めに決断することをおすすめします。

一般企業を目指す保育士におすすめの転職先5選

仕事

それではここからは、一般企業への転職を目指す保育士におすすめの転職先を5つご紹介していきます。

保育士からの転職がおすすめな理由もあわせて紹介していきますので、ぜひ参考にして下さい。

1.販売職

保育士からの転職におすすめな転職先の一つは、アパレル関係や化粧品、服飾品などの販売職です。

子どもだけでなく、保護者とも円滑にコミュニケーションをとってきた保育士であれば、お客様相手の販売職にも向いている可能性があります。

 お客様相手のトラブルがあった場合でも、今までの保育士としてさまざまなトラブルに対応してきた能力で、うまく立ち回れることもあるでしょう。

また、保育士としてはあまりおしゃれができなかったという人も、転職を機会に洋服などにこだわれるようになるため、もともとおしゃれが好きな人に特に向いている転職先だと言えます。

販売職は、経験でも採用してもらえる場合が多いこともメリットと言えます。

2.介護職

介護の仕事をする女性

保育の現場での経験を福祉の現場で活かしたいという方には、介護職がおすすめです。

子どもたちと毎日コミュニケーションを取り、丁寧な対応してきた保育士の経験は、高齢者や体に障害がある方への対応にもきっと活かせるはずです。

 介護職は高齢化社会の中でますます需要が伸びていますので、未経験でも比較的就職しやすい業界です。

ただし、保育士よりも体力面できつくなる可能性がある点には注意が必要です。

3.一般事務職

未経験からの転職先としては、一般事務職への転職もおすすめです。保育士として働いている間にある程度のパソコンのスキルを身につけておけば、未経験でも採用してくれる企業は存在します。

 一般事務職では、保育士としてさまざまなトラブルに臨機応変に対応してきた経験や、コミュニケーション能力を活かせます。

一般事務職は募集数も多い職種ですので、若い年齢で転職する場合は特におすすめの転職先です。

ただし、一般事務職でも、業界によっては残業がとても多い場合がありますので、転職先の条件をしっかりと確認する必要があるでしょう。

4.病院での医療事務

病院の受付をする女性

保育士からの転職として次におすすめなのは、医療事務の仕事です。医療事務のメリットは、募集数が多く比較的就職先を見つけやすいことです。

さまざまな患者さんとのコミュニケーションが必要になる職場ですので、保育士としていろいろな子供や保護者に対応してきた経験を存分に活かせるでしょう。

 特に若いうちは無資格で未経験でも採用してもらえる可能性があり、長く続けられる職業の一つとも言えます。

できれば保育士をしている間に、医療事務に関係する資格を一つでも取得しておけば、さらに転職先が見つかりやすくなるでしょう。

5.営業職

人前で話すことが得意だという人であれば、営業職もおすすめの転職先の一つです。

たくさんの子供たちの前で毎日話をしたり、指導をしたり、演技をしたりといった経験は、営業の現場で顧客へのプレゼンなどにも活かせるはずです。

 また、営業職は未経験者でも積極的に採用する企業が多いため、一般企業での経験がない保育士にとってはおすすめの転職先です。

ただし、営業職には企業や業種によってはノルマが設定されている場合もあります。

保育士よりも精神面でさらに負担が大きくなる可能性もあることに注意が必要です。

保育士資格を活かせるおすすめの転職先

保育士から一般企業へ転職する際、以下の業種・職種であれば保育士資格や経験が活かせるのでおすすめです。

保育士資格を活かせる転職先
  • 子供服売り場の販売員
  • 幼稚園・保育園の運営
  • 子供向け講師
  • 子供向けテーマパークのスタッフ

子供服売り場の販売員

子育てのために看護師を辞めたい...子供がいる看護師の働き方とは?の子供の画像

まず1つ目が子供服売り場の販売員で、客層が子供に集中されているため、接客において保育士資格が最大限活かせます。

買うかどうかは親が決めることですが、まずは子供が服に興味を持ってくれるか、どんな服が良いのかなどコミュニケーションは必須です。

 子供目線に立って接客できることは、販売員をする上で大きな武器になります。

商品の配置やディスプレイ、季節ごとの装飾など、子供心を理解した店舗運営にも保育士の経験は活かされます。

そもそも子供と接することが好きな保育士であれば、業務上のストレスも抱えづらく、長期的に販売員として子供服売り場で活躍できるでしょう。

子供への接客は通常の接客と大きく異なるため、保育士の経験は最大限活用できます。

幼稚園・保育園の運営

次におすすめの職場は、保育士としてではなく、運営側に周り保育園や幼稚園を支えるポジション。

事務や人事などバックオフィス業務ですが、自身が保育士を経験していることで、より良い施設づくりに貢献できます。

 特に採用面接を担当する人事であれば、現場目線で活躍できる保育士を見抜けるでしょう。

また人間関係や長時間労働など、現場で悩みを抱えることが多い保育士ですが、自身の経験をもとに良いメンターとしても活躍できます。

子供は好きだけど現場の労働環境に疲れた場合、運営側に周り裏から保育園を支えることも一つの選択肢です。

保育士の経験があれば、運営側の面接が有利になるため、比較的スムーズに転職活動が進められます。

子供向け講師

幼稚園

子供向け塾講師やピアノ教室など、子供を対象とした講師も保育士資格が活かせる職種で、保育士から転職を検討した際に視野にいれると良いでしょう。

人気の高い子供向けの習い事
  • ピアノ
  • 英語
  • スポーツ
  • 書道

技能的な指導はもちろん、それ以上に子供の習い事は「成長家庭に必要なこと」を学ぶ側面が大きいため、いかに子供と向き合えるかが重要。

 企業によっては教える分野に対しての専門知識が求められるケースもあります。

技術指導の際も成人とは違い、子供にも理解できるよに言語化したり、モチベーションを管理したりと、子供との接し方が求められます。

そのため、保育士として指導経験が多ければ、子供向け講師に転職しても良いキャリアが築けるでしょう。

最近は習い事を早くから始める子供も多いため、子供向け講師の求人は比較的見つけやすいです。

子供向けテーマパークのスタッフ

最後におすすめなのは、子供向けのテーマパークやレジャースポットのスタッフで、子供を楽しませたい気持ちがあれば良いスタッフとして活躍できます。

また保育士と違い教育的な側面は少なく、純粋に子供を楽しませることが仕事のため、比較的肩の力を抜いて子供と接することができるでしょう。

 子供を楽しませる上で、「子供が何を考えているのか」を正確に把握できれば、子供とのコミュニケーションも取りやすくなります。

また楽しませるだけではなく、子供への安全配慮もスタッフの仕事のため、業務中は常に子供に気を配り危険を察知しなければなりません。

保育士として子供と触れ合う時間がながければ、事前に「何が危険か」を察知し、安全性の高い施設運営ができるでしょう。

子供の気持ちが理解できる保育士であれば、子供が最大限楽しめるよう接することができます。

保育士から一般企業への転職を成功させる4つのポイント

笑っている女性

保育士から一般企業に転職する場合、保育業界へ転職するよりも転職先を決めるのが難しくなるため、事前にしっかりと対策を取っておく必要があります。

ここでは、一般企業への転職を成功させるための具体的なポイントについて解説していきます。

1.転職エージェントを活用する

保育士から一般企業に転職する場合は、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントを利用するメリットには以下のようなものがあります。

転職エージェントのメリット
  • 一般企業への転職について不安なことを相談できる
  • 自分のスキルにあった企業を探してもらえる
  • 書類の書き方や面接対策など具体的なアドバイスをもらえる
  • 企業とのやり取りを代行してくれる

    保育士から一般企業への転職では、どのような企業に転職すべきか分からないという人も多いでしょう。

     転職エージェントでは、利用者の希望を聞き取った上で、その人にあわせた企業を探して紹介してもらえます。

    また、企業との面接のやり取りなどもすべて代行してくれるため、手間がかかりません。

    書類作成や面接のコツなどのアドバイスも聞けるため、一般企業での面接が初めてだという人に特におすすめです。

    2.自己分析をしっかりと行う

    保育士から転職を考え始めたときに、まずは自己分析をしっかり行うことが大切です。

    「保育士の仕事でどんなスキルが身についたのか」「どんな経験をしたのか」「自分が得意な作業はなにか」など、今までの経験やスキルを思い出し、自分のあっている仕事を分析する作業をしてみましょう。

     自己分析により、自分に向いている職種などを決める参考にもなりますし、転職先に何をアピールすればいいのかもわかってきます。

    色々な経験やスキルなどをメモに書き上げていくことで、職務経歴書の作成にも活用できます。

    3.前向きな転職理由を準備する

    ノートにメモをする女性

    保育士から転職する場合、応募先の企業からは「なぜ保育士を続けないのか」という理由を必ず聞かれるでしょう。

    その場合に「残業が多すぎるから」「給料が安いから」といったマイナスな転職理由ではなく、マイナスをプラスに言い換えた転職理由を用意しておきましょう。

     例えば給料の安さが転職理由であれば、「自分の仕事を正当に評価してもらえる企業で自分の力を試したい」と言い換えることで、前職の愚痴ではなく、前向きで意欲があることをアピールできます。

    保育士は待遇が悪いという愚痴にならないように、上手くアピールすることが大切です。

    4.未経験者でも応募可能な企業を選ぶ

    保育士から未経験の一般企業への転職を選ぶ場合は、できるだけ「未経験者OK」という条件のある企業へ応募することをおすすめします。

    なぜなら、未経験者がNGな企業に応募をしても、先方が希望する経験がないだけで経歴など確認せず、即落とされ可能性が高いためです。

    ただし、未経験者OKな場合は給与面が低いなど、待遇に満足できない可能性もあります。

    自分の条件に合うのか、しっかりと確認してから応募しましょう。

    一般企業を目指す保育士におすすめの転職エージェント3選

    リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    おすすめポイント
    • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
    • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
    • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
    • 完全無料
    リクルートエージェントは16万件以上※1の非公開求人を持つ転職エージェントです。

     非公開求人は公開すると応募が殺到してしまうような好条件求人である場合がほとんどです。
    自分のアピールポイントや、どのような仕事がわからない、といった場合でもキャリアアドバイザーとの面談を通して、自分にぴったりの求人を見つけることができます。

    応募書類の添削や、面接の対策も受けることができます。
    企業の分析も細かく行っているため、求人を紹介する段階から、企業について詳しく教えてもらえます。入社後のミスマッチを防ぐことができますよ。
    運営会社 株式会社リクルートキャリア
    主なサービス(機能)
    • エージェントサービス
    • 職務経歴書エディター
    • 面接力向上セミナー
    • 担当者面談
    公開求人数 114,943件※2021年6月10日時点
    拠点 全国対応可 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

    マイナビエージェント

    マイナビエージェント

    おすすめポイント
    • アドバイザーや担当者の対応がよく、親身に相談に乗ってくれる!
    • 各企業の情報を分析し、手厚い選考対策で内定率UP!
    • 経歴に自信がない方でも正社員転職が目指せる!
    • 全国の転職に対応!WEB面談も可能
    • 完全無料
    マイナビエージェントはアドバイザーの質の評価が高い転職エージェントです。

    ハードルが高く感じる面談も非常にスムーズで、信頼できる担当者に出会えたという利用者の声が多数あります。 また、大手企業であるマイナビの太いパイプを生かした各企業の分析は選考対策の際に役立ちます。
     マイナビエージェントはスキルや経験が少ない20代の転職をメインターゲットとしていますので、スキルに自信がなくても正社員として転職できる可能性は大いにあります。
    未経験業種への転職を目指している方や、転職に不安を抱えている方はぜひマイナビエージェントに登録をしましょう!
    運営会社 株式会社マイナビ
    主なサービス(機能)
    • エージェントサービス
    • 履歴書添削サービス
    • 面接対策
    • サポート期間は無期限
    公開求人数 28,152件※2021年8月17日時点
    拠点 全国対応可 京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

    ビズリーチ

    ビズリーチ

    おすすめポイント
    • 年収1,000万円以上の求人が3分の1を占める!
    • 優秀なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!
    • ハイクラス求人多数!登録後は企業・ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ
    • 優良企業と直接コンタクトを取ることも可能!
    ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が3分の1※2以上を占める転職エージェントです。

    年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1※1に輝いています。
    ビズリーチでは「プラチナスカウト」というものがあり、一流のヘッドハンターがユーザーの情報を見てスカウトを送ります。スカウトが届くと、確実に面接へ進める仕組みです。

    厳選された優秀なヘッドハンターが約4,600人在籍※2しているので、優良企業とのマッチングを待ちながら転職活動を行えるでしょう。 ※1 転職サービスに関する調査/調査会社:シード・プランニング/調査期間:2019年1月〜2月/調査対象:年収600万円以上で、転職意欲がある人 ※2参照 公式サイト
    運営会社 株式会社ビズリーチ
    主なサービス(機能)
    • エージェントサービス
    • タレント・ハイクラス会員制度
    • ヘッドハンター
    • スカウト
    公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
    拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡
    出典:公式サイト

    よくある質問

    保育士から一般企業へ転職できる?
    結論から言うと可能です。販売職や介護職などの職種・業種であれば、保育士資格や経験が最大限生かせるため、面接時のアピールポイントとなります。
    一般企業へ転職するための志望動機が思いつきません。
    原則として、人間関係や労働環境への不満といったネガティブなものにすることは禁物。一般企業で何に挑戦したいのか、新しい夢は何かなど、未来に支店を向けた志望動機を確立しましょう。
    転職エージェントは利用すべき?
    もしも一人で転職することが不安であれば、転職エージェントの利用をおすすめします。転職エージェントでは、志望動機の確立や面接対策といったサポートが用意されているため、初めての転職の際は心強いサービスとなるでしょう。
    一般企業へ転職したら年収は上がる?
    転職先の企業にもよりますが、年収が上がる確率は高いです。保育士の平均年収が370万円前後である一方、一般企業であれば入社初年度でも400万円を超える募集も多く掲載されています。
    未経験業種への挑戦も可能?
    未経験歓迎や研修制度ありなど、項目を絞って企業を探すことで、未経験からの転職も可能です。特に注意したいポイントが研修制度で、座学や長期的なOJTがある企業であれば、未経験から入社しても中長期的にスキルが身につけられます。

    まとめ

    今回は、保育士から一般企業への転職について、メリットやおすすめの仕事などを解説しました。

    保育士から一般企業への転職は、資格などを所有していなくとも十分可能です。面接では、保育士として得た経験やスキルを活用できることをしっかりアピールしましょう。

    もしも転職が不安な場合は、転職エージェントの利用がおすすめです。

    転職エージェントでは、自分の希望にあった企業を探してくれるだけでなく、一般企業での面接対策や書類の作成方法なども相談ができます。

    記事内ではおすすめの転職エージェントをもご紹介したため、保育士から一般企業への転職を考えている人は、ぜひ転職のプロに相談してみてはいかがでしょうか。

    保育士の転職に関連する記事

    保育士におすすめ人気転職エージェント・サイト19選!求人数比較ランキング

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事