【2022年最新】保育士の志望動機の書き方・例文とは?作成のコツも紹介

【2022年最新】保育士の志望動機の書き方・例文とは?作成のコツも紹介

保育士の転職活動において、志望動機は重要なポイントです。

保育士はスキルやキャリアよりも「子どもや保護者に好かれる人柄」や「自園の保育方針にフィットする人材かどうか」を重視される傾向にあります。

採用側は志望動機が希薄な保育士をたくさん採用するよりも、志望動機がしっかりした安心して任せられる保育士をひとり採用したいと考えています。

希望の園への転職を成功させるためには、採用担当者に熱意が伝わる志望動機が必要です!

そこで今回は、保育士の志望動機の書き方についてご紹介していきます。

この記事でわかること
  • 志望動機と自己PRの違い
  • 受かる保育士の志望動機作成のコツ
  • 保育士の志望動機例文
  • 保育士の志望動機の注意点

保育士の志望動機の例文や、志望動機に悩んだ際に活用したいおすすめの転職エージェントもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

保育士の志望動機とは?自己PRとの違いを解説

メモ用紙

志望動機とは、その園を選んだ理由や園の方針への理解度、応募者の熱意や意欲を伝えるものです。そのため、その園で保育士として働きたい理由を具体的に述べる必要があります。

また、園の情報収集や分析をした上で、その園が求めている人物像とマッチしていること、入職後にどのようなスキルで園に貢献ができるかを伝えることも重要です。

 一方で自己PRとは、自分のスキルやこれまでのキャリア、強みを言語化して園に自分の人物像を知ってもらうための項目です。

具体的なエピソードを使って今までの実績や評価されたポイントを伝えて、入職後の仕事に活かせることを中心に文章を組み立てます。

書き方によっては似たような内容になってしまうため、注意が必要です。

志望動機は、自分のスキルや経験が入社後のどのように貢献できるかを「相手目線の文章」で書き、自己PRは自分の過去の実績や成果を「自分目線の文章」で書く、という風に意識的に書き分けるのがおすすめです。

ただし、自己PRと志望動機の重複を避けるあまり、一貫性のない人物像になってしまうと採用担当者に自分を印象づけることができません。

自己PRと志望動機に一貫性を持たせつつ、別エピソードや別の具体例を盛り込むようにしましょう。

保育士の転職で志望動機に書く項目例

メモ

採用担当者は志望動機をみて、園が求めている人材とマッチしているかどうか、自園への熱意があるかどうかをチェックしています。

そのため、保育士の転職で志望動機に書く内容は下記の2点に重点をおくと良いでしょう。

保育士の仕事を選んだ理由

保育士を志したきっかけを振り返り、どのような保育士になりたいかを書きましょう。「子どもが好き」という理由で保育士になった人は多いと思います。

しかし、子ども好きは保育士に必須の要素となるため、それだけでは採用担当者の目には留まりません。

 「どうして子どもが好きなのか」まで掘り下げて書くことが大事です。

また、経験者は保育士の仕事の「どの部分にやりがいを感じるか」もあわせて記載しましょう。「保育士のどこによりやりがいを感じるか」は、園側が求めている保育士かどうか判断する材料になります。

なぜこの園を志望したのか

保育園

保育士になりたいのはもちろん、どうしてこの園を志望したのかも明確に伝えることが重要です。

 園を志望する理由には「園に魅力を感じるポイントとその根拠」「自分のスキルや希望と園の方針がマッチしている点」の2点を意識するのがおすすめです。

今までの保育経験や自分の価値観に基づいた志望理由を伝えることで、ほかの応募者との差別化が図れます。

また、今までの経験で培ったスキルで、園にどのような貢献ができるかも具体的に書きましょう。

入職後の自分の活躍を採用担当者に印象付けることが必要です。

受かる!保育士の志望動機を作成するコツ

志望動機を考えるときは、なるべく受かりやすいポイントを押さえて書くのがおすすめです。

しかし、慣れない転職ではわからないことも多いでしょう。受かる保育士の志望動機は、具体的に5つのポイントがあります。

受かる保育士の志望動機を作成するコツ
  1. 丁寧に読みやすい字で書く
  2. その園で自分がチャレンジしたいことを書く
  3. 自分の目指す保育士像を明確にする
  4. 園の保育理念を的確に捉える
  5. 自分なりの経験談を盛り込む

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.丁寧に読みやすい字で書く

試験勉強

保育士は保護者とのやり取りを手書きのノートで行う場面も多くあります。そのため、字が丁寧で読みやすいことは重要なポイントです。

バス送迎で園の様子や保育士の人柄があまり見えない保護者にとっては、ノートでのやり取りが保育士の人柄を知る唯一の手段となるため、丁寧に書けないといけません。

丁寧で読みやすい字を書くことは、それだけで人柄のアピールになります。

小学校教師や、保育士はきれいな字が書けるイメージがあり、読みにくいくせ字やくずした字は、マイナスな印象を与えてしまうかもしれません。

 また、園によっては小学校入学準備として年長児にひらがなを教えるケースもあり、その場合は字がきれいなことが保育士の必須条件となります。

きれいな文字をすぐに書くのは難しいので、丁寧で読みやすい楷書で書くことを心がけましょう。

2.その園で自分がチャレンジしたいことを書く

面談

保育士として、将来自分がチャレンジしたいことを具体的に書くのもおすすめです。

 新卒や未経験の場合は「子どもの体力づくりに関連するレクリエーションを企画したい」「毎月の保育だより作成に関わりたい」などの実現可能な身近な目標でも大丈夫です。

保育士から保育士の場合は「保育士をまとめるリーダー的な存在を目指したい」「得意な英語を活かしてリトミックを教えたい」など、保育士としてのスキルアップや専門性を高める内容でも良いでしょう。

応募する園の保育現場で役に立つ資格取得にチャレンジする姿勢も好印象を与えます!

「幼児教育・保育英語検定」や「リトミック指導員」「保育カウンセラー」「チャイルドマインダー」など、保育現場で役に立つ資格はたくさんあります。

園の保育方針にマッチした資格取得に積極的であればより歓迎されるはずです。

3.自分の目指す保育士像を明確にする

おもちゃ

園は応募者の目指す保育士像と、自園の保育方針に親和性がある人を採用したいと考えています。

志望動機で無理に応募する園に合わせた人物像を作り上げると、面接で追及されたときに上手に対応ができません。

面接官は履歴書に書かれた志望動機をもとに面接を行います。

志望動機と面接時の印象にギャップが生まれないように、自分の保育スタイルはどういったものかを明確にしておきましょう。

 自分の目指す保育士像は、「保育士のどこにやりがいを感じるか」という自己分析と「どの仕事で一番評価されたか」という他者からの評価をもとに整理していきましょう。

自分の目指す保育士像を明確にすることは、志望動機だけでなく転職活動全体を通して重要な軸となります。

転職活動で時間がかかるとされる応募先選びも、自分の目指す保育が実現できる園を選ぶことに集中することで、スムーズになるでしょう。

4.園の保育理念を的確に捉える

保育園

志望動機に書く内容の軸となる「なぜその園を志望したのか」を考えるために役に立つのが、園の掲げる保育理念です。

一般企業の社風や企業理念と同様に、幼稚園や保育園にも指針となる保育理念があります。

しかし保育理念は「あたたかい保育」や「ゆたかな体と心」など、抽象的な言葉を使う園も多いです。そのため、見る人によって捉え方に差が出る可能性もあります。

そこで、保育理念を的確に理解していることが伝わる志望動機を作成すると、ほかの応募者に差をつけられます。

とはいえ、抽象的な保育理念をいきなり理解するのは困難です。まずは園の保育活動を調べ、保育理念を実現するために「どのような保育が日常で行われているか」を知ることからはじめましょう。

 園の掲げる保育理念が、どのように保育士に理解され、日々の保育活動に役立てられているかを知ることでその園の保育方針を的確に理解することができます。

保育理念の理解を深めることは、入職後のミスマッチを防ぐことにも繋がります。

自分なりの経験談を盛り込む

ポイント

保育士を目指した動機、この園を選んだ動機、どちらも似たり寄ったりな文章になりがちです。

採用担当者は何人もの応募者の志望動機を読むため、志望動機の定型文のような内容では自分を強く印象づけることができません。

 しかし「子どもが好きだから」という一般的な動機も、自分なりの経験談やエピソードにもとづいていれば他の応募者と差別化は可能です。

「子どもが好きだから」よりも「小学生の頃から甥っ子の食事からおむつ交換、寝かしつけまで一人で見るほど子どものお世話が好きだから保育士になった」という方が、よりリアルな印象を与えます。

【雇用形態別】保育士の志望動機例文

医師

雇用形態によって採用側が求める人材像が異なるように、アピールポイントも異なります。

採用側にマッチするような志望動機で転職を有利に進めましょう。

雇用形態別の志望動機例文
  • 正社員の場合
  • 派遣社員の場合
  • アルバイト・パートの場合

正社員として転職する場合の志望動機例文

正社員の転職
これまでパートとして4年間保育士として勤務してきましたが、子どもたちとよち密に関わりたいと感じ、正社員を志望いたしました。これまでの経験を活かし、いずれはクラス担任として貢献したく思います。他の保育士の意見に誠実に耳を傾け、協力し合える保育園づくりを実現させたいです。

正社員は保育業務の他に、クラス担任や保護者対応も行うため「長時間働くことは可能か」「責任感はあるか」「保護者との円滑なコミュニケーションが取れるか」に注目しているケースが多いです。

保育士は残業が多い傾向にあるため、採用側は特に勤務時間を気にしているでしょう。

派遣社員として転職する場合の志望動機例文

パソコンを操作する女性

派遣社員は直接雇用契約を結ぶのは派遣会社となるため、保育園に履歴書を送ったり、志望動機を送ることは基本的にはありません。

園見学などで職員から志望動機を聞かれる場合もあるので、簡単に志望動機を答えられるようにしておきましょう。

派遣社員の転職
小学生の子どもがおり、小学校卒業までは育児と両立しながら保育士として働きたいと考え、派遣社員を志望いたしました。以前も5年ほど保育士として認可外保育園で務めておりました。貴園の応募要項に記載されていました週4、9:00〜15:00のシフトで対応可能です。

派遣社員、はスキルや経験を求められることが多いため、ブランクがある場合でも積極的にアピールしましょう。

また、契約期間内に休まずに出勤できるかも見られています。

アルバイト・パートとして転職する場合の志望動機例文

アルバイト・パートの転職
以前、正社員保育士として7年ほど務めておりましたが、出産を機に退職しました。子育てが一段落し、もう一度保育の仕事に携わりたいと考え、パートとして志望いたしました。子どもも学校で外出しているため、応募要項の8:00〜18:00のシフトに対応でき、急なお休みをいただくことは少ないかと思います。また、自宅も近くにあるため、突然の出勤にも対応できます。

アルバイト・パートの保育士は、正社員保育士の補助を行う場合もありますが、基本的には子どものサポートがメインの業務です。

また、正社員保育士のように研修が用意されていないこともあるため、即戦力となる人材を求めているケースも多いです。

【年代別】保育士向け志望動機のポイント・例文

書類

保育士が志望動機を考える際、年代別に抑えるポイントが異なります。志望理由書を記入する時は、以下3つの例文を参考にしてください。

年齢別の志望動機例文
  • 20代
  • 30代
  • 40代

20代の志望動機例文

20代の保育士が志望動機を確立する際、「そもそもなぜ保育士を目指したのか」などの、熱意や根本的なビジョンを明確に伝えましょう。

短大時代・高校生時代など、保育士を志望した頃を思い出してください。

20代の転職
もともと子供と関わることが好きで、保育士の資格を取得し現在新卒で入社した保育園で4年間勤務をしました。ただ規模が大きいため、ひとりひとりの子供と向き合う時間は正直あまり取れていません。私自身、大好きな子供の成長をもっと身近で感じたいと思い、園児の人数が多くない貴園を志望いたしました。人数が少ないため、よりひとりひとりの園児と向き合い、しっかりと子どもたちの成長を後押ししたいと思います。

20代の保育士は即戦力として見られるよりも、将来のポテンシャルや成長性が見込めるため、「保育士になった明確な理由」が将来活躍出来ることに繋がります。

まず第一に、なぜ保育士になったのかは明確に伝え、加えてその軸に沿った志望動機を確立しましょう。

保育士を目指した志望動機を見失ったら、「初めて保育士になろうと決意した時」を思い出してみましょう。

30代の志望動機例文

保育園

30代保育士の志望動機で重要なポイントは、「前職で何を学び、どう活かせるか」です。

身についたスキルや知識を明確にし、転職先でどのように貢献できるか、具体性を持たせた志望動機を確立しましょう。

30代の転職
学生時代から子供が好きだったため、現職では幼稚園教諭として3~5歳までの園児の担任を持ち、日々子供の成長と向き合っています。ただその中で、乳幼児として過ごした期間が今後の成長に大きく関わると感じました。子供が成長する上で、極めて大事な乳幼児期間から成長に向き合い、子供の将来を明るいものにしたいと思い、保育士への転職を決意しました。

面接官に志望動機を伝える際、培ったスキルを基に「どのように活かしていきたいのか」「なぜ転職が必要だったのか」など、明確にアピールするように意識してください。

30代で保育士を目指すのであれば、すでに何年間かは経験を積みある程度のスキルや知識も身についているでしょう。

自分のスキルや知識を整理し、転職後どのように活かせるのかしっかりと落とし込みましょう。

40代の志望動機例文

40代保育士の場合は即戦力としてはもちろん、マネジメント能力も求められます。

そのため志望動機に「管理職としての経験」や「新卒の指導経験」など、周りを巻き込んだ経験を織り交ぜると良いでしょう。

40代の転職
現在の職場では子どもたちと向き合うだけではなく、新卒の指導も行いより良い保育園づくりにも従事しています。今年で新卒の教育担当は5年目となりますが、良い保育園を作り上げ子供の成長を見守るために、優秀な先生の存在は欠かせないと思います。そこで今回貴園の新拠点での募集へ応募いたしました。今後新卒採用も行われるとのことでしたが、ゼロから良い保育園を作り上げたいと思い、新卒の指導を含め貢献して行きたく思います。

特に先生全体をまとめるリーダーとしての働き、新卒など若手先生の指導など、保育園全体にメリットをもたらせる様な存在であれば市場から重宝されます。

40代保育士が志望動機を確立する際、自分ひとりの活躍ではなくいかに周りに影響をもたらせるかは大きなポイントです。

今まで保育士として培ってきたスキルを、保育園全体に広げられるような志望動機を確立しましょう。

【未経験】保育士向け志望動機のポイント・例文

作業タスク

今までに保育経験がない未経験の場合は、アピールできる経験やスキルが少ない代わりに、保育に対する情熱や、保育士の仕事に必要な「元気」や「体力」があることをアピールしましょう。

未経験の志望動機例文
  • 実習経験のある園へ応募する場合
  • 異業種から転職する場合

実習経験のある園へ応募する場合の志望動機例文

実習経験のある園への応募
私が貴園を志望した理由は、保育士の方が園児一人ひとりに向き合っていることを実感したからです。貴園の保育実習で送迎バスに乗せて頂いたことがあります。

その際保護者と離れることに寂しさを感じた園児が泣き出すという場面がありました。先生はその園児が落ち着くまで園バス内はもちろん、バスを降りてからもずっと抱っこをして優しい声掛けを続けていました。

その姿から、保育士を目指すきっかけとなった幼い頃に通っていた保育園の憧れの先生を思い出しました。

理想の保育士像である先輩方と一緒に園児に寄りそう保育を実現させたいと思い、志望いたしました。

実際に園で保育実習をした経験がある場合は、具体的なエピソードを交えて志望動機を組み立てると良いでしょう。

先輩保育士とも上手くやっていける素直さは、新人保育士の重要なアピールポイントです。

異業種から転職する場合の志望動機例文

異業種からの転職
私は、事務員として働いていましたが、幼い頃の夢であった保育士になるために資格を取得しました。

資格取得を目指すきっかけとなったのが、プライベートで長年続けていたダンスを子どもたちにレクチャーしたことです。自由にのびのび踊る子どもたちに私自身がいつも勇気づけられました。

資格取得後、子どもに接する仕事がしたいと転職活動をしていたところ「体を動かし、心身共に健やかな保育」を目指す貴園の理念に共感して応募いたしました。

日常的に体を動かす保育をおこなっている貴園で、自分のダンスの知識が活かせれば、と思っております。

異業種から未経験の保育士への転職の場合は、「保育士に転職した理由」「自分のスキルで園に貢献できること」を具体的に提示しましょう。

また、異業種から保育士に通じるポイントを見つけるのも重要です。

未経験でも志望動機次第では即戦力な人材であることをアピールできそうですね。

【中途採用】保育士向け志望動機のポイント・例文

メモ

保育士として働いた経験がある場合は、より専門的な目線で志望した動機を伝えましょう。中途採用の保育士の場合、さまざまな状況での転職が考えられます。

ここでは、状況別にいくつか保育士の志望動機例文をご紹介します。
中途採用の志望動機例文
  • 保育士から保育士へ転職する場合
  • ブランクありの場合

保育士から保育士へ転職する場合の志望動機例文

保育士から保育士への転職
現在働いている園でもやりがいを感じていますが、より子どもそれぞれの個性を大切にできる保育に関わりたいと思い転職を決意しました。

貴園では基本的にクラス替えをしない「縦割り保育」をおこなっているため、子どもたちの入園から卒園までの3年間を担任として見守れることに大きな魅力を感じ、志望いたしました。

保育士から保育士への転職の場合は、「今の園では実現できない保育を、応募する園では実現できるから」など、前向きな転職目的をアピールしましょう。

 地域によっては園長同士の横のつながりが強く、情報共有が活発な可能性もあり現在勤めている園から情報伝わる場合があります。

できるだけ全職場にマイナスとなる表現は避けるのがおすすめです。

ブランクありの場合の志望動機例文

ブランクありの転職
私は一度、出産、育児に集中するため保育士の仕事から離れました。子育てが一旦落ち着いたため、また保育士として働きたいと思い復職を決意しました。

自分が子どもを保育園に預けた経験もあり、親の立場になってはじめてわかることも多かったです。今なら保護者の方の悩みにも経験者として誠意を持って対応できると自負しています。

子どもたちが安心して園で生活できるように保育者、親の両方の目線で見守りたいと思っています。

育児経験がある場合は「共感力」を活かした保護者対応も期待されます。

保育士としてのブランクがあってもほかの面で活かせるスキルがあることをアピールしましょう。

ワークライフバランスをとるための転職の場合の志望動機例文

ワークライフバランスをとるための転職
結婚を機に今までとは違う働き方をしたいと思い、転職を決意しました。

貴園の「子どもが自発的に遊びや一日のスケジュールを考える」という保育方針に共感したのはもちろん、保育士が家庭とのバランスを保ちながら長く働ける環境作りに積極的に取り組んでおられるのを知り、応募しました。

過去に新任保育士の教育担当、保護者対応の窓口をしていた経験を活かして、若手が保育に専念できる職場環境作りに貢献したいとも思っています。

保育士の定着率の低さは深刻な問題のため、どの園も長く働いてくれる保育士の確保や職場環境改善には前向きに取り組んでいます。

 待遇や働く環境で選んだ場合もそこだけに終始せず、園全体のメリットを考えて働くことができる旨をアピールしましょう。

また、職場の人間関係を円滑にする若手とベテラン、経営者の間を取り持つバランサー的な役割ができる人材は、どの園でもニーズが高い傾向にあります。

経験者やベテラン保育士には上手な保護者対応や職場環境の改善も期待されます。

【異業種からの】保育士の志望動機のポイント・例文

書類作成

保育士経験がない場合には、専門知識やスキル以外のアピールが重要です。この章では、志望動機の例文やポイントについて紹介します。

【異業種からの】保育士の志望動機例文
  • やる気・熱意をアピールする例文
  • 将来性・ポテンシャルをアピールする例文

やる気・熱意をアピールする例文

やる気・熱意をアピールする例文
わたしは5年間接客業で働いていましたが、接客の中で子供と触れ合う時間がとても楽しいと感じ、保育士資格を取得しました。目指そうと思ったきっかけは、保護者の方からお礼の言葉をいただいたことです。

接客業ではお子様連れのお客様が多く、お子様の遊び相手になることがありました。保護者の方から「安心して買い物ができました。」と言っていただき、とても嬉しかったことを覚えています。

転職活動をする中で、園児一人ひとりに向き合って保育する姿勢に深く共感をして、応募いたしました。接客業を通じて培った一人ひとりに寄り添う丁寧な対応を活かして、ぜひ貴園へ貢献したいと考えています。

異業種から転職を目指す場合には、「保育士を目指す理由」「活かせる経験やスキル」を具体的に記載しましょう。

保育実習などで子供と接した経験も、アピールポイントとなる大切な要素です。

将来性・ポテンシャルをアピールする例文

グラフ

将来性・ポテンシャルをアピールする例文
大学卒業後に保育士資格を取得しましたが、家業の事務職へ就職しました。家業が落ち着いてきたため、夢だった保育士として働きたいと考えております。

わたしは3人姉弟の長女で、小さな頃から子供や赤ちゃんのお世話をしてきました。子供の成長を見守ることに感動と喜びを感じていたのを覚えています。 これまで事務職の経験が10年あるので、パソコン操作が得意です。

イベントや行事に力を入れている貴園で、類作成などの事務作業でも貢献したいと思い、応募いたしました。事務職で培ったスキルを活かして、子どもと保護者の方をサポートできる保育士になれるよう努めます。また、ライフステージの変化にも対応しながら、長く働き続けたいと考えております。

経験がなくても働きながら成長していきたいという意欲や、すぐに諦めないという将来性をアピールしましょう。

保育士として働くうえで必要な素質を把握し、アピールポイントに入れるとさらに響くのでおすすめです。

【経験年数別】保育士の志望動機のポイント・例文

書類添削

保育士経験があり、他の園へ転職したい方に向けて、保育士経験年数別の志望動機の例文とポイントを紹介します。

【経験年数別】保育士の志望動機例文
  • 保育士3年以内の例文
  • 保育士10年以内の例文
  • 保育士10年以上の例文

保育士3年以内の例文

保育士3年以内の例文
新卒から3年間、園児数の多い園で保育士として働いておりました。さまざまな子供と接することはやりがいがありましたが、一人ひとりに密に寄り添った保育をしたいと考えるようになりました。

転職活動中、子供や家庭の意志を尊重して保育をされている貴園のホームページを拝見しました。子供や家庭が多様化する現在、園の考えや方法を一方的に押し付けるのではなく、子供や保護者と一緒に園や保育を作り上げている点にとても感銘を受けて、応募いたしました。

採用側の立場に立ち、「園の方針に合っている」「園をより良くしてくれそう」と感じる内容を入れるのがおすすめです。

3年以内だと体力や柔軟性があるので、保育現場からのニーズも高いです。

保育士10年以内の例文

面接対策・書類添削サービスを利用する

保育士3年以内の例文
9年間保育士として働いてきましたが、子育てとの両立がはかれる環境で長く働き続けたいという思いが強くなり、転職を考えるようになりました。

貴園は子育て中の職員をサポートする制度が充実しており、子育て中の保育士が多く活躍している様子をホームページで拝見しました。家庭との両立のために、保育士一人ひとりが意見を積極的に出し合い、長く働ける環境づくりに取り組んでいる姿にとても共感しました。

9年間の保育経験で得た知識やスキルを活かし、ぜひ貴園の保育に貢献したいと考えております。また、子供や保護者だけでなく、働く職員のことも考えて、全員が笑顔で過ごせる環境づくりができるよう努めます。

ワーク・ライフ・バランスを重視した働き方は、とても注目されています。しかし、権利だけを主張するのはよい印象を与えないので、義務を果たす姿勢が伝わるような志望動機を考えるようにしましょう。

「採用することで園にどのようなメリットがあるか」が伝わるよう、園の特徴とマッチしたスキルや考え方を記載するのが重要です。

保育士10年以上の例文

保育士3年以内の例文
保育士として13年間勤務してきましたが、キャリアアップを目指したいと思い転職を決意しました。

貴園のキャリアアップ制度が充実している点に惹かれて、志望いたしました。わたしは前職で5年間新入社員の教育担当として従事し、教育を通じて園の運営や環境をよりよくするサポートをしてきた経験があります。

社員の声を積極的に取り入れている貴園の様子を伺い、貢献したいと感じました。保護者の方にも安心して預けていただけるよう、働いていきたいと考えております。

キャリアアップを目指したい場合は、具体的にどのようなキャリアアップを考えているかを示すことが重要です。

キャリアアップを目指したい場合は、具体的にどのようなキャリアアップを考えているかを示すことが重要です。

保育士の志望動機の注意点

プレゼンテーション

転職理由をポジティブな言葉にする

勤めていた園に不満があって転職を希望する場合でも、そのまま正直に伝えるのは控えましょう。

転職理由については「そこでの経験をもとに、より自分の理想の保育スタイルを追及したいと思った」など、伝え方を工夫することでポジティブな姿勢をアピールできます。

また、保育士は体力が必要な仕事です。

ケガや病気など体の不調が理由で退職した場合は、現在は完治していること、保育の仕事に支障がないことをきちんとアピールしましょう。

もし体調面、体力面に不安がある場合は無理をせずに今の状況と、できることとできないことを事前に申告しておくことも重要です。

 ケガや病気で体力面がほかの応募者より劣っていたとしても、採用するメリットが感じられれば園側も無理せず仕事をはじめられるように対応してくれるでしょう。

どこにでも通用する志望動機はNG

保育

いくつかの園に応募する場合、園ごとに志望動機を考えるのは一苦労です。しかし、どの園にも通用する内容にしてしまうと、志望動機がありがな内容になります。

 効率を重視してどの園にも使える志望動機にすることで、選考通過率がダウンしてしまうかもしれません。

時間がかかっても、それぞれの園に合った内容の志望動機を考えるようにしましょう。

園に合わせた志望動機を考える過程で、園の特徴や自分のスキルが活かせる分野など、適切に捉えた志望動機が仕上がるはずです。

転職後のミスマッチを防ぐという観点からも重要な工程となります。

保育士の志望動機で悩んだら転職エージェントの活用がおすすめ

相談

保育士の志望動機で悩んだら、保育士転職サポートのプロである転職エージェントに相談してみましょう。

曖昧だった志望動機を、保育士業界に精通しているキャリアアドバイザーが、転職先にアピールできるよう言語化してくれます。

採用に有利な志望動機を作るためには、志望する園が求める人物像などの情報収集が必要です。

保育士の転職に特化している転職エージェントは、保育園の採用担当者と直接やり取りができるため、リアルな採用ニーズを知ることができます。

 転職活動のフォローはもちろん、転職するかどうかを含めたキャリアカウンセリングも無料で受けられます。

すぐには転職を考えていない人も、今後のキャリアプランをどのように叶えていくか、一度保育士専門のキャリアアドバイザーに相談してみるのがおすすめです。

志望動機に悩む保育士におすすめの転職エージェント3選

保育士ワーカー

保育士ワーカー

おすすめポイント
  • さまざまな職場の保育士求人を扱っている
  • 残業時間や有給消化率が事前にわかる
  • 専任アドバイザーによる徹底したサポート
さまざまな職場の保育士求人をチェックしたいなら、保育士ワーカーがおすすめです。保育士ワーカーでは保育所だけでなく、病院や企業内施設の保育士求人も多数扱っています

 求人のなかには希少性の高い求人もあるので、バラエティに富んだ求人をチェックしたい人にうってつけです。
また、残業時間や有給消化率などが事前にわかるのも、保育士ワーカーを利用するメリットです。ワークライフバランスを重視したい人は利用を検討してみてください。

専任アドバイザーによる徹底したサポートを受けられるので、はじめての転職でも安心です。
公開求人数※2022年2月24日現在 40,531件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
エリア 全国
運営会社 株式会社トライト
※出典:保育士ワーカー

マイナビ保育士

マイナビ保育士

おすすめポイント
  • 徹底した選考対策
  • 面接日程の調整や条件交渉の代行
  • 入職後のアフターフォロー
手厚いサポートを受けたいなら、マイナビ保育士がおすすめです。マイナビ保育士に登録すると、キャリアアドバイザーによるマンツーマンのサポートを受けられます。

 例えば、履歴書や職務経歴書を添削してくれるので、選考書類の書き方がわからない人でも安心して転職活動を進められるでしょう。
また、面接日程の調整や条件交渉を代わりに行ってくれます。企業との煩雑なやりとりをせず、負担がかかる心配もありません。

入職後のアフターフォローも実施しているので、困ったことがあれば気軽に相談してみてください。
公開求人数※2022年2月24日現在 20,242件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
  • アフターフォロー
エリア 全国
運営会社 株式会社マイナビ
※出典:マイナビ保育士

保育士人材バンク

保育士人材バンク

おすすめポイント
  • 独自ルートから最新の求人を掲載
  • 保育士転職に詳しいキャリアパートナーによるサポート
  • プライバシーに配慮している
質の高い求人を探しているなら、保育士人材バンクがおすすめです。保育士人材バンクでは、独自ルートによって全国各地から質の高い保育士求人を取りそろえています

 また、保育士の転職事情に詳しいキャリアパートナーが在籍しているのも魅力です。キャリアに関する悩みや不安にしっかり寄り添ってくれます。
履歴書や職務経歴書の添削・面接対策だけでなく、内定後の条件交渉も代行してくれます。自分からは言い出しにくい給料交渉もお任せできるのがメリットです。
プライバシーマークを取得しているので、外部に知られることなく転職活動ができる安心感がありますよ。
公開求人数※2022年2月24日現在 10,501件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考対策
エリア 全国
運営会社 株式会社エス・エム・エス
※出典:保育士人材バンク

よくある質問

短大卒・大学卒で志望動機の書き方は変わる?
中途採用の場合、短大卒と大卒で大きな差はありません。
それよりも今の職場で何を学んだのか、どの様なスキルを身につけたかを全面に押し出しましょう。
パートとして保育士を目指す時の志望動機は?
正社員ではなくパートを希望する理由を正確に伝えましょう。
「自分の子供と向き合う時間がほしい」など、パートでないといけない理由が伝わると選考も有利に進みます。
面接官に刺さる志望動機とは?
まずはなぜ保育士になったのか明確な理由を、学生時代のエピソードなどと合わせて伝えましょう。
加えて保育士となってから何を学んだのか、転職後にどの様な活躍が出来るか未来像もしっかりアピールできると良いです
志望動機を作成する際、例文を参考にしても良い?
例文を参考にしても良いですが、あくまで「型」を参考にし内容はオリジナルのものにしましょう。
自分自身の体験やビジョンなどを、正しい型に当てはめていくことで、選考を突破しやすい志望理由書が完成します。

まとめ

保育士の志望動機についてご紹介してきました。保育士の転職を成功させるためには、応募前の段階で志望動機を明確にしておくことが重要です。

転職をする動機、その園を選んだ動機をハッキリさせないままに転職してしまうと、入職後に自分の理想とする保育士像とのギャップに悩む可能性があります。

志望動機を確立させておけば転職後のミスマッチも防げるでしょう!

保育士専門の転職エージェントは多くの保育士の転職支援実績があるため、志望動機に関してもプロ目線のフィードバックを得られます。

転職活動の時短のためにも無料で志望動機作成のアドバイスがもらえる転職エージェントを上手に活用しましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事