インフラエンジニアの平均年収は?将来性や役立つ資格なども解説

インフラエンジニアの平均年収は?将来性や役立つ資格なども解説

働くうえで、高年収となる職種に就きたいと考える人は少なくありません。数ある職種のなかでも、インフラエンジニアになると高年収を獲得できる場合があります。

高年収を目指して転職を検討している人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、インフラエンジニアの平均年収について調査し、詳しく解説します。

この記事でわかること
  • インフラエンジニアの平均年収
  • インフラエンジニアで平均年収1,000万円を目指す方法
  • インフラエンジニアの年収アップに活かせる資格

インフラエンジニアに求められるスキルや、インフラエンジニアの将来性についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

インフラエンジニアとは?

インフラエンジニアとは?

インフラエンジニアとは、サーバーの選定や設計、さらには構築やテストなどの運用業務全般を担う職種です。

 生活するうえで欠かせない水道・電気・ガスなどをインフラというように、IT分野においてはシステムの動作に欠かせないサーバーやネットワークがインフラに該当します。

インフラエンジニアの主な仕事内容について、詳細を見ていきましょう。

仕事内容
  • 設計
  • 構築
  • 運用

設計

サービスを運営するために、どれくらいの規模となるインフラをどの程度の予算で作るかを考えます。仕様書や設計書を作成し、作るべき機能を記載することが第一の業務です。

 予算・スケジュールなどを設計の段階で決定するため、完成に向けて重要度の高い工程となります。

想定されるユーザー量や通信量などを踏まえ、ネットワークの設計を設計しなければいけません。

構築

インフラエンジニアとは?

設計の段階で作成した仕様書や設計書をもとに、ハードウェアを繋いでミドルウェアの設定をします。簡単に言うと、実際にインフラを作り上げていく作業です。

物理サーバーにさまざまな機能をインストールし、ネットワークに繋ぐための配線をしていきます。

 身近なものに例えると、自宅でPC等を使う際にWi-Fiの接続設定やGoogleChromeのアプリインストールなどの設定を、大きな規模で実施するイメージです。

扱うデータ量は非常に多いため、機器を触ることが好きな人にとってはやりがいを感じられる仕事と言えるでしょう。

運用

ITインフラでは、設計から構築を経て運用しているサーバーが、常に正常に動作しているかを確認しなければいけません。

サーバーが許容できるアクセス量を大きく上回ってしまうと、サーバーがダウンをしたりシステムトラブルを起こしたりする可能性があります。

必要に応じてサーバートラブルの原因を特定して対処することも、インフラエンジニアの重要な表無の一つです。

ネットワークのトラブルはいつでも起こり得るため、常に確認し問題発生時は迅速に対応できることが重要です。

インフラエンジニアの平均年収は?

インフラエンジニアの平均年収は?

インフラエンジニアの平均年収について、2021年10月2日時点の求人ボックスによるデータでは約546万円(※1)となります。

国税庁による発表では、日本の平均年収は461万円(※2)となります。インフラエンジニアの年収は日本の平均年収よりも高く、安定して稼げる職種であることがわかります。

 インフラエンジニアの月収は約45万円、初任給は21万円程度のようです。また、派遣社員の場合は平均時給2,493円で、アルバイト・パートの平均時給は1,199円となります。

なお、年収幅は320万円~879万円となり、勤務する企業や過去の経験等で変動しますが高年収を狙える職種です。

(※1:求人ボックス
(※2:国税庁

インフラエンジニアで平均年収1,000万円を目指すには?

インフラエンジニアで平均年収1,000万円を目指す方法

インフラエンジニアとして高年収を目指したいと考えている人も多いでしょう。その1つの目標が平均年収1,000万円ではないでしょうか。

ここからは、インフラエンジニアとして平均年収1,000万円を目指すための方法を解説していきます。

大手企業に勤める

インフラエンジニアとしてより多くのお金を稼ぐためには、いわゆる大手企業に勤務する方法があります。大手企業は平均年収が高い傾向にあるため、高年収が狙いやすいのです。

 国税庁による事業規模別の平均年収でも、従事員10人未満では355万円に対し、従事員5,000人以上では606万円と倍近い金額となっています。

さらに、企業の規模別では資本金2,000万円未満の株式会社では平均年収409万円に対し、資本金10億円以上の株式会社では629万円です。

これらから、大手企業に勤めると平均年収は高くなることが期待できます。

出典:国税庁

外資系企業に勤める

インフラエンジニアで平均年収1,000万円を目指す方法

高年収を狙うには、外資系企業に勤務をしてインフラエンジニアとして働くという方法もあります。外資系企業は実力主義の傾向にあるため、成果をあげれば高収入が期待できるのです。

 外資系企業に勤務し実績をあげ続けていれば、いずれ平均年収1,000万円を超えることも期待できるでしょう。

外資系企業でマネージャーといった管理職を目指す方法も、実力主義という点を踏まえて高年収を獲得できる人の特徴となります。

フリーランスエンジニアとして独立する

企業に勤務し実績を積んだ後は、フリーランスのエンジニアとして独立することも高年収を獲得するための手段です。

フリーランスとして仕事を受けるには過去の実績が非常に重要となりますが、企業という枠に捉われず自分で経営することで、給与面も大幅にアップすることが期待できるでしょう。

独立する前に、まずは企業に属して経験を積むことが大切ですね。

インフラエンジニアの年収アップに活かせる資格

インフラエンジニアの年収アップに活かせる資格

ここからは、インフラエンジニアの年収アップに活かせる資格について詳しく紹介していきます。

インフラエンジニアに活かせる資格
  • ITパスポート
  • メーカー認定資格
  • データベーススペシャリスト(DB)
  • ネットワークスペシャリスト試験(NW)
  • 情報処理安全確保支援士試験(SC)

資格の取得は自分自身のスキルアップにつながるだけでなく、転職時などにスキルの証明としても有効なため、ぜひチェックしておきましょう。

ITパスポート

ITパスポートとは、ITに関する基礎的知識を証明する経済産業省認定の国家資格です。

インターネットが当たり前の時代になっていることから、技術者だけではなく幅広い層に正しい知識が必要であるとして2009年4月に新設された資格になります。

 多くの企業が推奨する資格で、年代を問わず需要が高いです。IT系の入門資格であり、パソコン・インターネットを利用するうえで備えておく知識を学べます。

ITパスポートは受験資格に制限がなく、学歴や社会経験などを問いません。試験は年間を通じて全国各地で実施されているため、受験しやすい点も特徴です。

メーカー認定資格

インフラエンジニアの年収アップに活かせる資格

メーカー認定資格とは、サーバーやネットワーク機器を製造するメーカーが実施しているものです。

主なメーカー認定試験
  • Cisco技術者認定試験
  • Linux技術者認定試験
  • VMware技術者認定試験

Cisco技術者認定試験

ネットワーク製品として高いシェアを持つCisco社の認定資格で、Cisco社製品を使いネットワークの設計スキルや構築スキル、運用スキルを証明できます。

試験は難易度が分かれているため、自分に適したものを受験可能です。

Linux技術者認定試験

インフラエンジニアの年収アップに活かせる資格

LPI-Japanが提供する、Linuxをベースとしたシステム構築・運用の基礎が学べる民間資格になります。

LinuxのサーバーはWindowsのサーバーと並び高いシェアを誇り、インフラエンジニアにとっては重要な知識です。

VMware技術者認定試験

ヴイエムウェア株式会社が運営する資格で、5つのレベルに分かれています。資格に有効期限はないことから、一度取得すると自身のスキルとしてアピールできるものになります。

VMwareソリューションの導入・展開のための技術を有することを認定する資格プログラムです。

データベーススペシャリスト(DB)

インフラエンジニアの年収アップに活かせる資格

データベースに関係する固有技術を活用して、情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守などへの技術支援をする資格です。

企業活動を支える膨大なデータ群を管理し、パフォーマンスの高いデータベースシステムを構築する作業に取り組む人にとっては、必要な知識を身に付けられます。

顧客のビジネスに活用できるデータ分析基盤を提供するデータベース管理者を目指す人にも最適です。

ネットワークスペシャリスト試験(NW)

ネットワークの固有技術からサービス動向まで幅広く精通し、目的に適合した大規模かつ堅牢なネットワークシステムを構築し運用できる知識を習得します。

 ネットワークに精通したプロフェッショナル資格で、インフラエンジニアとして必要な知識を習得できるものの難易度は高いです。

情報処理技術者試験を主催する情報処理推進機構では、ネットワークスペシャリスト試験はスキルレベル4に設定しており難易度は高い部類に該当します。

情報処理安全確保支援士試験(SC)

インフラエンジニアの年収アップに活かせる資格

情報処理安全確保支援士試験(SC)は、情報セキュリティに携わるプロフェッショナルの資格です。すべてのITエンジニアにとって必要な資格と言えます。

サイバーセキュリティ分野の資格では唯一の国家資格で、毎回受験者数も多い点が特徴です。ITインフラはシステムの基盤となるため、セキュリティに関する知識は欠かせません。

インフラエンジニアに求められる3つのスキル

インフラエンジニアに求められる3つのスキル

高年収を目指すためにも、インフラエンジニアに求められるスキルをしっかりと理解しておきましょう。ここでは、インフラエンジニアにとって欠かせない3つのスキルを紹介します。

1.サーバー・ネットワークに関する知識

インフラエンジニアとして働くうえで、サーバーやネットワークに関する知識は欠かせません。

サーバーのOSはLinux・Unix・Windowsが主流であり、そのなかでもLinuxのサーバーは業務用として利用される頻度が高いものになるため知識量は求められるでしょう。

 ネットワークを繋ぐための知識も重要になるため、スイッチやルーター、あるいはファイアウォールなどを扱うスキルはインフラエンジニアにとって必須となります。

なお、通信速度が遅いといったトラブルは、インフラエンジニアが解決する問題です。

よって、原因を突き止めて対処するための知識を有していることは活躍するにあたって必要となります。

2.セキュリティに関する知識

インフラエンジニアに求められる3つのスキル

インターネット上に溢れる情報は、年々電子化が進むにつれて機密度は高くなっています。情報を抜き取ろうと考えている立場の人は、サーバーのセキュリティの抜け穴を常に狙っているのです。

 つまり、インフラエンジニアとしてセキュリティに関する知識・スキルを豊富に有していなければ、顧客の大切な情報を守れません。

仮にインフラの弱い部分、つまり抜け穴を突き止められてしまうと、システムが改善するまで環境を使用できず、関連するシステムはすべてストップしてしまいます。

顧客からの信頼を失いかねない「セキュリティ面」という重要な役割を担っているため、情報を守るための知識量・スキルは必須と言えるでしょう。

3.クラウドに関する知識

今では、ITインフラをクラウド上に構築するIaaS(Infrastructure as a Service=クラウドで提供されるインフラ)を利用した設計が増加しています。

 高額なハードウェアを購入することなく初期投資が抑えられるため、開発はクラウド前提で進めるプロジェクトも少なくありません。

インフラエンジニアとして、AWS・GCP・Azureなどの知識を身に付ける必要があるでしょう。

インフラエンジニアは将来性がある?

インフラエンジニアは将来性がある?

現在の世の中はインターネットの普及により、ネットワークを使用しないビジネスはほとんど存在しないといっても過言ではありません。

また、このインターネット社会は今後もより発展・進化していくことが想定されるため、インフラエンジニアは需要がある将来性の高い仕事と言えます。

 ITの進化により人材不足となっているため、未経験からでもインフラエンジニアを目指すことが可能です。

インフラエンジニアに必要な資格や知識は、通信講座で学べるものもあります。

インターネットの時代を活かし、自分の時間をうまく確保して知識習得を目指してみましょう。

高年収を目指すなら年収査定を受けてみよう

自分の年収を上げたい...と感じている人はまず、自分がどれくらいの年収をもらう価値があるのか、適正年収を知る必要があります。

適正年収が自分の今の年収よりも高ければ、転職によって年収アップの可能性があるでしょう。
dodaの年収査定サービスでは、無料の会員登録だけですぐに年収査定の診断を受けることができます。doda会員の186万人のビッグデータから算出された数字なので、信頼感もあります。
dodaの年収査定でわかること
  • 今の年収から何円アップするか
  • あなたの適正年収の求人
  • 転職によって年収がどう推移するか
診断結果のサンプルは以下のようになっています。

年収査定 今の年収から何円アップするかは以下のように表示されます。dodaは転職サイト・エージェントの機能もありますので、そのまま転職を開始することもできますよ。

年収診断

自分の市場価値を知ることは年収アップの近道になるでしょう。ぜひ年収査定を利用して、年収アップを達成しましょう。

インフラエンジニアを目指す人におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
  • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 完全無料

リクルートエージェントは16万件以上※1の非公開求人を持つ転職エージェントです。

 非公開求人は公開すると応募が殺到してしまうような好条件求人である場合がほとんどです。

自分のアピールポイントや、どのような仕事がわからない、といった場合でもキャリアアドバイザーとの面談を通して、自分にぴったりの求人を見つけることができます。

応募書類の添削や、面接の対策も受けることができます。
企業の分析も細かく行っているため、求人を紹介する段階から、企業について詳しく教えてもらえます。入社後のミスマッチを防ぐことができますよ。
運営会社 株式会社リクルートキャリア
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
公開求人数 176,080件※2022年3月24日時点
拠点 全国対応可

東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

doda転職エージェント

doda転職エージェント

おすすめポイント
  • 転職サイトと転職エージェントの機能を併用できる!
  • 大手から中小企業・ベンチャー企業まで幅広い求人を用意!
  • 年収査定で自分の給与相場がわかる!
  • 完全無料!

dodaは転職サイトと転職エージェントの両方の機能を持っています。

  自分で求人を探しながら、キャリアアドバイザーのサポートも受けられるということです。

アドバイザーは求職者のキャリアやスキルとともに、企業の目線から見て、その人が企業が求める人材かどうかを見極めます。これにより、選考に通過する確率もアップしますね。

また、簡単な質問に答えるだけで、自分の適正年収がわかる「年収査定」や手軽に職務経歴書を作ることができる「レジュメビルター」など、診断ツールが充実しています。

スキマ時間に転職活動を進めることができますね。
運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • スカウト
  • パートナーエージェントサービス
  • 転職ノウハウ
  • 転職Q&A
公開求人数 129,686件※2022年3月24日時点
拠点 全国対応可

丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

出典:公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • アドバイザーや担当者の対応がよく、親身に相談に乗ってくれる!
  • 各企業の情報を分析し、手厚い選考対策で内定率UP!
  • 経歴に自信がない方でも正社員転職が目指せる!
  • 全国の転職に対応!WEB面談も可能
  • 完全無料

マイナビエージェントはアドバイザーの質の評価が高い転職エージェントです。ハードルが高く感じる面談も非常にスムーズで、信頼できる担当者に出会えたという利用者の声が多数あります。

また、大手企業であるマイナビの太いパイプを生かした各企業の分析は選考対策の際に役立ちます。

 マイナビエージェントはスキルや経験が少ない20代の転職をメインターゲットとしていますので、スキルに自信がなくても正社員として転職できる可能性は大いにあります。

未経験業種への転職を目指している方や、転職に不安を抱えている方はぜひマイナビエージェントに登録をしましょう!

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
公開求人数 35,078件※2022年3月24日時点
拠点 全国対応可

京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

type転職エージェント

type転職エージェント

おすすめポイント
  • 27年の転職支援実績の信頼度
  • 独占求人・非公開求人多数!
  • 若い世代をターゲットにした転職サポートが充実
  • 利用者満足度87%※1

type転職エージェントは、主に都市部(東京・神奈川・埼玉・千葉)の求人に力を入れており、手厚い転職支援サービスを行っている転職エージェントです。

 27年間の転職実績とIT企業との結びつきが強いことから、IT系の業務を目指している方にはおすすめの転職エージェントです。

ベテランのアドバイザーが在籍しているので、ITについて専門知識を保持していることはもちろん、非公開求人も豊富なので活用するメリットは大きいでしょう。

20代を中心とした若い年齢層をターゲットにしているので、「20代初めての転職相談会」が開催され、20代ならではの悩みを配慮してくれます。

若い層をターゲットにしているということは、未経験歓迎の求人もある可能性が高いです。
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 応募書類の添削・面接対策
  • IT専任アドバイザーによるキャリアカウンセリング
  • 非公開求人の紹介
公開求人数 24,000件※2022年3月24日時点
拠点 全国・海外

よくある質問

インフラエンジニアとして働くうえでおすすめの転職エージェントは?
リクルートエージェントやdoda、マイナビエージェントなどの大手転職エージェントでは、インフラエンジニアを募集する求人が多数掲載されています。IT業界について熟知したキャリアアドバイザーが転職をサポートしてくれるため、転職に不慣れな人でも安心して取り組めるでしょう。
インフラエンジニアとはどのような仕事?
インフラエンジニアとは、サーバーの選定や設計、さらには構築やテストなどの運用業務全般を担う職種です。IT分野においてはシステムの動作に欠かせないサーバーやネットワークがインフラに該当し、それらを設計・構築・運用することがインフラエンジニアの主な業務となります。
インフラエンジニアの平均年収は?
インフラエンジニアの平均年収は、2021年10月2日時点の求人ボックスによるデータでは約546万円と公表されています。年収幅は320万円~879万円と幅広く、経験や実績を積めば高年収を獲得できる職種です。なお、国税庁によると日本の平均年収は461万円と発表されているため、インフラエンジニアはそれを上回っていることから安定して収入を得られる仕事と言えます。
インフラエンジニアとして平均年収1,000万円を目指すことは可能?
平均年収1,000万円を目指すには、大手企業に勤めて経験を積み、昇給・昇格するという方法があります。大手の方が多くの案件を担当できる傾向にあるため、ゆくゆくはフリーランスとして活躍し多くの収入を得たい人にとっても最適です。また、外資系企業の場合は実力主義の傾向にあるため、実績をあげ続けることで昇給が期待でき、年収1,000万円超えも夢ではありません。
インフラエンジニアの年収アップに活かせる資格は?
ITパスポート・データベーススペシャリスト(DB)・ネットワークスペシャリスト試験(NW)・情報処理安全確保支援士試験(SC)などが挙げられます。また、Cisco・Linux・VMwareなどのメーカー認定試験もあるためチェックしておきましょう。
インフラエンジニアに求められるスキルは?
サーバー・ネットワークに関する知識やセキュリティに関する知識、クラウドに関する知識は習得しておく必要があります。もちろんどれも必須の知識となりますが、なかでもインターネット社会が進むにつれて情報の機密度は高くなっていることから、セキュリティ面についての知識は重要と言えるでしょう。
インフラエンジニアは将来性のある仕事?
インターネットの普及により、ネットワークを使用しないビジネスはほとんど存在しないといっても過言ではありません。今後もインターネット社会のさらなる発展が予想されることから、インフラエンジニアは需要がある将来性の高い仕事と言えます。

まとめ

この記事では、インフラエンジニアの平均年収について調査し、必要なスキル・将来性なども解説したうえで、年収アップに活かせる資格についても紹介しました。

 インフラエンジニアの平均年収は約546万円となり、日本の平均年収よりも100万円ほど高い数字です。

サーバー・ネットワーク、セキュリティ、クラウドに関する知識はインフラエンジニアとして働くうえで欠かせません。

また、年収アップを図るうえで、ITパスポートやメーカー認定資格、データベーススペシャリスト(DB)などは活かせる資格として挙げられます。

インターネット社会はより発展していくと予想されるため、インフラエンジニアは将来性のある仕事と言えます。

インフラエンジニアへの転職を検討した場合は、転職エージェントを活用してみましょう。

記事内で紹介した転職エージェントに登録すると無料でさまざまな転職サポートを受けられるため、ぜひこの機会に登録してみてください。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事