JALの平均年収は?基本情報から口コミ・評判や転職難易度も解説!

JALの平均年収は?基本情報から口コミ・評判や転職難易度も解説!

JALは大手の航空業界であり、人気の就職・転職先として知られています。

「年収はどれくらいなのか」「職種別で給料に違いがあるのか」など、給与について気になる方も多いでしょう。

そこで本記事では、気になる明治の平均年収・転職難易度について紹介していきます。

この記事でわかること
  • JALの平均年収(職種別・年齢別)
  • JALの転職難易度
  • JALの口コミ・評判

JALへ転職を目指す人向けにおすすめの転職エージェントも厳選して紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

【転職前にチェック】JALの基本情報

JALはANAと双璧をなす、日本トップの航空会社で業界をリードする企業です。

新卒・中途問わず人気が高い企業で、航空業界を目指す人のほとんどがエントリーするほどの知名度があります。

会社概要

JALの会社概要の詳細は以下の表を参考にして下さい。

社名 日本航空株式会社
設立 1951年8月1日
資本金 5,395億4,100万円
代表者 赤坂 祐二
従業員数 13,787人
所在地 東京都品川区東品川二丁目4番11号 野村不動産天王洲ビル
事業内容
  • 定期航空運送事業及び不定期航空運送事業
  • 航空機使用事業
  • その他附帯する又は関連する一切の事業

JALの平均年収

JALの平均年収は678万円となっており、国内のトップ企業としては高くないものの、航空業界の中ではトップクラスの金額となっています。

また、職種別の平均年収は以下の詳細を確認して下さい。

有価証券報告書より

客室乗務員の平均年収

スーツケース

客室乗務員の平均年収は455万円となっており、JALの職種の中では比較的低いほうです。※

経験を積み年数を重ねることで昇給も狙えますが、最高値でも約650万円前後となっています。

 給与が低いとしても、やりがいや夢を持ち応募してくる人が多数存在します。

特に新卒で客室乗務員を目指す人が多く、倍率は非常に高くなります。

また新卒時に内定が獲得できなかったものの、第二新卒として応募したり、別の航空会社で経験を積んだ後に再チャレンジする人も少なくありません。

 結果的にキャリア採用の倍率も高くなるため、事前対策は重要です。

このように、客室乗務員は給与よりも自分の夢ややりがいを軸に応募してくる人が多い点が特徴です。

客室乗務員を目指すのであれば、キャリアにおける明確な夢や目標をしっかり確立すると良いでしょう。

Openworkより

企画職の平均年収

次に企画職の年収ですが、574万円と客室乗務員と比較して100万円以上高い結果となっています。

JALの企画職は大きく以下の3つに分けれらており、それぞれで業務内容が異なるため注意して下さい。

JALの企画職
  • 事務系
  • 数理・IT系
  • 技術系

実際に空港や飛行機の中に入ることは少なく、いわば裏から運営を支える存在。

多様な業務を取り扱うため仕事内容も多岐にわたります。

 一般的にイメージされる空港の仕事よりかは、一般企業のような動き方が求められるでしょう。

企画職は最大で年収800万円あたりが目指せるポジションのため、年収にこだわりを持って転職活動をする人も、満足のいく給与が目指せるでしょう。

昇給に関しては勤続年数も影響するため、長期的に勤める事によって安定的な昇給が見込めます。

Openworkより

総合職の平均年収

パソコン

総合職は平均年収602万円と高く、JALの職種の中でも高い給与が狙えるポジション。

人によっては1,000万円を超えている社員もおり、賞与が多いこともポイントです。

 総合職のため、様々な業務を通し適性を見出されるていく部署です。

主に新卒で入社する際にまず総合職に配属され、その後適正に応じて業務が振り分けられています。

グランドハンドリングや事務系の業務など多岐にわたり、総合職を通して航空業界に必要なスキル・知識が一通り身につけられるでしょう。

客室乗務員やパイロットと違い、専門的なスキルが必要ない分、比較的未経験からでも挑戦しやすい職種です。
Openworkより

営業の平均年収

営業職はJALの中でも特に平均年収が高く、630万円となっており、勤続年数や成果次第で最も1,000万円以上を狙いやすいポジション。

実際の社員からの口コミを見ていると、最高で1,200万円を超える社員も存在します。

 営業職は成果が数字として現れるため、給与アップや賞与査定で高い評価を得やすいです。

業界最大手のJALでは競合も少ないため、比較的提案が進めやすい点もポイント。

しっかりと経験を積むことで、着実な営業力が身につき、高い年収を目指せます。

JALというブランドを最大限利用することで、成約率も高まり着実な年収アップが期待できます。

JALの転職難易度

グラフ

JALの転職難易度は比較的高い一方、部署によっては第二新卒から採用を行っているケースもあります。

そのため、原則として転職難易度は高いものの、狙う部署によっては比較的低い難易度で入社が目指せるでしょう。

人気企業である

大前提として航空業界の最大手企業であるJALは、新卒・中途問わず人気が高いため、応募者の数は他の企業と比較しても多く倍率が上がります。

そのため内定を獲得するためには、多くのライバルに競り勝ち、採用担当に自分の強み・長所をアピールすることが必要です。

 数多くの応募者の中に埋もれないよう、自分ならではの強みや印象深いエピソードを用意しましょう。

そもそも求められる要件も高いことに加え、倍率が高いこともあり相対的に見て転職難易度はトップクラス。

一人で対策を取ることが難しければ、転職エージェントを活用するなど、事前準備の質を上げていきましょう。

他者と比較して、以下に自分の能力が優れており、採用することでメリットが生まれるかアピールできるかが鍵を握ります。

採用枠が極めて少ない

書類

次のポイントは極めて重要で、そもそもJALの中途採用枠が少ない点は、転職難易度が高くなる大きな要因です。

合計で5職種の募集がありますが、その中でも自社養成パイロット以外の職種は現在募集が行われていません。

JALのキャリア採用職種
  • 業務企画職(地上職・事務系)
  • 業務企画職(地上職 数理・IT系)
  • 業務企画職(地上職 技術系)
  • 自社養成パイロット
  • 客室乗務職

 

基本的にJALへ転職を検討している人は、上記のパイロット以外の職種でしょう。

しかしJALは通年採用を行っておらず、人材が必要になったタイミングでまとまって採用活動を開始します。

 随時採用ページやニュースを確認し、中途採用開始のタイミングを逃さないようにして下さい。

また採用が行われたとしても、大量採用ではなく若干名の採用が一般的ですが、応募者の数は極めて多いです。

採用タイミングの少なさに対して多くの希望者がいることから、JALの転職難易度は高いと言えるでしょう。

自分のタイミングで転職ができないため、いつ採用がスタートしても良いように万全の対策をしておきましょう。

コロナウィルスが大きく影響している

グラフ

多くの業界に言えることですが、特に航空業界はコロナウィルスの影響が大きく、JALも例外ではありません。

JALは一時期新卒採用をストップするなど、採用面においても大きな打撃を受けました。

 中途採用も同じく、採用を控えるため更に転職難易度は高まります。

2022年には3年ぶりに新卒採用を再開し、徐々に採用にも前向きになってきましたが、未だ油断は出来ません。

旅行といった贅沢な趣味を演出する航空業界は、景気に左右されるため今のタイミングだと内定を獲得することは簡単にはいかないでしょう。

過去にはリーマンショックの影響を受けるなど、景気に左右されやすいため、外的要因で転職難易度が上下します。

第二新卒歓迎の求人がある

前述では転職難易度が高いと言いましたが、時期によっては転職サイトを利用し第二新卒歓迎の求人を掲載していることもあります。

応募要件を見ても未経験OKとなっているため、比較的他の職種よりも転職難易度は低いでしょう。

 ハードルが低いからこそ、JALを目指す多くの求職者が集まることが考えられます。

しかし依然として人気企業であることには変わりないため、倍率は高くなります。

未経験OKの第二新卒求人だからといって油断せず、事前対策に力を入れて選考に臨むことで、内定獲得率が高くなります。

第二新卒OKの求人が出ることは多くないため、転職エージェントへ登録し、公開後紹介してもらえるよう手配しておくことがおすすめ。

JALの口コミ・評判

iX転職の口コミ・評判を調べる人

JALの口コミは3.57点(5点満点)と高く、上位2%と極めて高いレベルです。

平均残業時間が11時間、有給消化率は80%以上と労働環境においては満足している社員が多い結果となりました。

Openworkより

良い口コミ・評判

JALの良い口コミ・評判としては、以下のような声が挙げられています。

良い口コミ・評判
  • 企業理念が浸透しており、社員に一体感がある
  • 昔ながらの文化がある一方で、ペーパーレスに対応するなど柔軟な姿勢がある
  • グローバルな動きができるため、市場価値を上げられる
  • 残業が少なく休みが多いため、ワークライフバランスは保ちやすい
  • 以前に比べキャリア成長のスピードは早くなった

 

歴史が長いJALは良くも悪くも文化・理念が浸透していますが、一方で若手のキャリアップやペーパーレスなど、時代の流れに合わせて柔軟に変化しているとの声が多数。

古き良き文化や安定性を残しつつ、取り入れるべき部分は取り入れるなど会社の方針に関しては高い評判が目立ちます。

 安定性を求めるばかり凝り固まった文化が浸透するのではなく、変化をいとわない体制は若手からも支持されています。

また労働環境にも良い口コミが集まっており、ワークライフバランスは高水準なため、仕事のオンオフはしっかりと分けられています。

シフト勤務で不規則なポジションもありますが、全体的な休日日数を確保するように勤めるなど、プライベートを確保できる点はJALの大きな特徴です。

特に労働環境の良さに対しては良い口コミが挙がっており、社員から高い評判を集める大きな要因と言えるでしょう。

悪い口コミ・評判

デメリット

一方で悪い口コミとしては以下のような意見が上がっています。

JALの悪い口コミ・評判
  • グランドハンドリングは給与が上がりづらい
  • 海外へ渡航すると生活リズムが保ちづらい
  • 景気に左右される業界のため、将来が不安

 

やりがいや夢を追いかけられる職場な一方、現実的に見て給与が上がりづらい点は低い評判が集まっています。

またコロナウィルスの影響を大きく受けたことにより、将来の安定性に関して不安の声も集まっている点も忘れてはいけません。

航空業界は景気に左右されやすいため、将来性に不安を感じる人も少なくないようです。

JALの転職を成功させるコツ

ノートに貼ったポイントのふせんと虫眼鏡

JALへ転職を成功支えるためには、以下4つのコツをおさえると効果的です。

採用開始のタイミングを逃さない

まず第一に、不定期で行われるJALの中途採用が開始されるタイミングを逃さないことは極めて重要です。

そもそもチャンスが少ないため、中途採用が開始された際にすぐ動けるよう、随時ホームページをチェックしたり転職エージェントと連携を図るようにしましょう。

 一度タイミングを逃すと、次の採用開始まで期間があくため、一回のチャンスがとても重要。

また不定期に始まるため、採用開始後に事前対策を始めていては間に合わないケースもあるでしょう。

そのため、ある程度事前に準備を進められることは済ませておき、中途採用が始まったタイミングですぐにエントリーできるようにしておくと良いです。

新卒採用が再開された今、今後中途採用のタイミングも増えていくことが予想されます。

自分だけの強みを理解する

書類

次に、応募者が多いJALの選考を勝ち抜くためには、自分にしかない唯一無二の武器を見つけること。

長所をアピールする際は、現職での成果や実績を数値やデータで表すなど、客観的に第三者が見ても納得できるように用意すると良いでしょう。

 実績や成果は時間経過とともに変化するため、常に最新の強みをアピールできるよう準備しておいて下さい。

また実体験をもとに長所をアピールすることも効果的なので、具体的なエピソードがあるとなお良いでしょう。

自己分析に時間を掛けることで、自分の強みやアピールポイントが見えてきます。一人で上手く進められない場合、転職エージェントのアドバイスも受けると良いでしょう。

採用担当に「他の応募者とは一味違う」とアピールし、印象付けられることで内定獲得率は高まります。

一度経営破綻していることを理解する

JALへ転職を検討しているのであれば、一度経営破綻していることを理解しましょう。

2010年に一度経営破綻したJALは、株価は一桁第まで落ち込み多額の負債を抱えました。

 経営破綻をした企業にも関わらず、なぜJALに入社したいのかを伝えられるかは大きなポイントです。

過去に面接では「経営破綻したのになぜ入社を希望するのか」と問われた人もいますが、事前準備をしておかないととっさに適切な回答をすることは難しいです。

コロナの影響も受け経営状況も大きく変化したJALですが、現在は新卒採用を再開するなど回復傾向。

 中途採用も今後増えていくことが予想され、求職者にとって追い風となるでしょう。

このように景気に左右されやすい航空業界で一度経営破綻したJALですが、その事実を念頭に入れ質問が来ても対応できるよう準備しておくことをおすすめします。

転職エージェントを利用する

握手するビジネスマン

最後のポイントは転職エージェントを利用し、適切なサポートを受けることです。

過去に第二新卒歓迎の求人を掲載していましたが、転職エージェントへ登録しておくと求人情報が最速で届きます。

 JALへの入社を考えていることを伝えると、随時情報を共有してもらえます。

特に各転職エージェントで非公開求人を取り扱っていますが、その内容はさまざまです。

複数の転職エージェントを利用することで、得られる情報量が多くなるため、中途採用の枠が少ないJALも攻略しやすくなるでしょう。

 転職エージェントの登録は無料。情報量を増やすためにも気になる転職エージェントは複数登録しておくことがおすすめです。

また面接対策や書類対策といったサポートも整っており、第三者目線で受けられるプロのアドバイスは効果的です。

転職エージェントごとに得意とするサポートや担当者の人柄はさまざまです。複数のサービスを利用し、自分が使いやすいと思うものを見つけましょう。

事前準備や対策の質も上がるため、JALから内定を獲得できる確立が一気に高まるでしょう。

高年収を目指すならまずは年収査定を受けてみよう

自分の年収を上げたい...と感じている人はまず、自分がどれくらいの年収をもらう価値があるのか、適正年収を知る必要があります。

適正年収が自分の今の年収よりも高ければ、転職によって年収アップの可能性があるでしょう。
dodaの年収査定サービスでは、無料の会員登録だけですぐに年収査定の診断を受けることができます。doda会員の186万人のビッグデータから算出された数字なので、信頼感もあります。
dodaの年収査定でわかること
  • 今の年収から何円アップするか
  • あなたの適正年収の求人
  • 転職によって年収がどう推移するか
診断結果のサンプルは以下のようになっています。

年収査定 今の年収から何円アップするかは以下のように表示されます。dodaは転職サイト・エージェントの機能もありますので、そのまま転職を開始することもできますよ。

年収診断

自分の市場価値を知ることは年収アップの近道になるでしょう。ぜひ年収査定を利用して、年収アップを達成しましょう。

JALの転職を目指す方におすすめな転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
  • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 完全無料
リクルートエージェントは16万件以上※1の非公開求人を持つ転職エージェントです。

 非公開求人は公開すると応募が殺到してしまうような好条件求人である場合がほとんどです。
自分のアピールポイントや、どのような仕事がわからない、といった場合でもキャリアアドバイザーとの面談を通して、自分にぴったりの求人を見つけることができます。

応募書類の添削や、面接の対策も受けることができます。
企業の分析も細かく行っているため、求人を紹介する段階から、企業について詳しく教えてもらえます。入社後のミスマッチを防ぐことができますよ。
運営会社 株式会社リクルートキャリア
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
公開求人数 114,943件※2021年6月10日時点
拠点 全国対応可 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • アドバイザーや担当者の対応がよく、親身に相談に乗ってくれる!
  • 各企業の情報を分析し、手厚い選考対策で内定率UP!
  • 経歴に自信がない方でも正社員転職が目指せる!
  • 全国の転職に対応!WEB面談も可能
  • 完全無料
マイナビエージェントはアドバイザーの質の評価が高い転職エージェントです。

ハードルが高く感じる面談も非常にスムーズで、信頼できる担当者に出会えたという利用者の声が多数あります。 また、大手企業であるマイナビの太いパイプを生かした各企業の分析は選考対策の際に役立ちます。
 マイナビエージェントはスキルや経験が少ない20代の転職をメインターゲットとしていますので、スキルに自信がなくても正社員として転職できる可能性は大いにあります。
未経験業種への転職を目指している方や、転職に不安を抱えている方はぜひマイナビエージェントに登録をしましょう!
運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
公開求人数 28,152件※2021年8月17日時点
拠点 全国対応可 京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1を占める!
  • 優秀なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!
  • ハイクラス求人多数!登録後は企業・ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ
  • 優良企業と直接コンタクトを取ることも可能!
ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が3分の1※2以上を占める転職エージェントです。

年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1※1に輝いています。
ビズリーチでは「プラチナスカウト」というものがあり、一流のヘッドハンターがユーザーの情報を見てスカウトを送ります。スカウトが届くと、確実に面接へ進める仕組みです。

厳選された優秀なヘッドハンターが約4,600人在籍※2しているので、優良企業とのマッチングを待ちながら転職活動を行えるでしょう。 ※1 転職サービスに関する調査/調査会社:シード・プランニング/調査期間:2019年1月〜2月/調査対象:年収600万円以上で、転職意欲がある人 ※2参照 公式サイト
運営会社 株式会社ビズリーチ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • タレント・ハイクラス会員制度
  • ヘッドハンター
  • スカウト
公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡
出典:公式サイト

よくある質問

JALのパイロットの年収はいくら?
有価証券報告書によると、2019年時点でJALのパイロットの平均年収は2,110万円と極めて高額です。
現在中途採用が積極的に行われていない中でも、自社養成パイロットのみ採用が行われているため、極めて重要なポジションと言えるでしょう。
JALのCA(客室乗務員)の年収は低い?
JALの他の職種と比較すると、客室乗務員の年収は高くありません。
しかし平均で455万円となっているため、全体と比較すると極端に低いわけではなく、ある程度の水準で生活できるでしょう。
JALのグランドスタッフになるにはどうしたら良い?
JALのグランドスタッフは、正確には業務企画職(地上職 事務系)に分類されます。
現在中途採用が行われていないため、募集開始のタイミングを待ち、公開されたら選考に進むと良いでしょう。
JALで給与を上げるためにはどうすれば良い?
JALの評価基準は成果はもちろん、勤続年数も関わってきます。
長期にわたり勤務することで段階的に役職が上がるため、年収を上げるためには腰を据えてJALでキャリアを築いていくと良いでしょう。
JALの整備士の年収は高い?
JALの整備士は業務企画職(地上職 技術系)に分類され、企画職全体の年収は574万円となっています。
整備士に限った場合は、574万円の中でも差が生じるため約500万円強が給与のラインと言えるでしょう。

まとめ

今回はJALの平均年収や転職難易度・おすすめの転職エージェントについて紹介しました。

JALの平均年収は678万円となっており、国内のトップ企業としては高くないものの、航空業界の中ではトップクラスの金額となっています。

JALの転職を成功させるためには、転職エージェントの活用がおすすめです。

今回紹介した転職エージェントはいずれも無料で利用できるため、明治へ転職を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事