人事への転職は未経験でも可能?成功のコツや役立つ資格も紹介

人事への転職は未経験でも可能?成功のコツや役立つ資格も紹介

就職、転職活動で必ず出会うのが「人事」という部署です。人事は、転職後のキャリアアップが可能なので、転職市場では人気の職種になります。

ただし、人事といっても担当業務によって仕事内容は異なります。人事の仕事に興味があり、転職を検討されている方は、まずは人事という職業について理解を深めるのがおすすめです。

想像以上に幅広い人事の業務に、転職後後悔しないためにも仕事内容を理解しておきましょう。

そこで今回は、人事の仕事内容や、人事への転職に向いている人の特徴などを詳しく解説します。

この記事でわかること
  • 人事の仕事内容や年収
  • 人事への転職を成功させるポイント
  • 人事への転職に役立つ資格
  • 人事を目指す人におすすめの転職エージェント

人事への転職活動における志望動機のコツなども紹介するため、人事への転職に興味のある方はぜひ参考にしてみて下さい。

転職前に知っておきたい!人事の仕事とは

転職前に知っておきたい!人事の仕事とは

人事とは、人材の確保や配置、活用、またそれに関わる入退社の手続き、保険や申請書類作成など、会社内での適切な人材計画、管理を行う仕事です。

人材に関連する幅広い業務があるため、それらを理解しておくことで求人検索がスムーズに進みます。ここでは人事の仕事や年収について紹介します。

仕事内容

人事の仕事は多岐に渡ります。会社の規模にもよりますが、一般的な人事の業務は以下の4つです。

人事の仕事内容
  • 人材の採用
  • 人材教育、研修
  • 労務関係
  • 人事制度設計や運用

会社に必要な人材確保のための採用活動や、採用後の研修、教育も人事の仕事です。

 入社後には適性を見極めた配属先の決定や社内評価制度作成など、透明性や公平性を考慮した人材制度計画の推進も期待されます。

採用した人材が能力を発揮できる仕組み作りのほかに、労働時間の管理や福利厚生業務を行い、社員が安心して長く働ける会社の基盤を築くことも人事の役割です。

社員にとっては相談相手、会社にとっては、パートナー的重要ポジションといえるでしょう。

平均年収

転職前に知っておきたい!人事の仕事とは

転職において重要な要素となるのが年収ではないでしょうか。人事は担当する業務が広範囲であり、かつ「人材管理」という会社にとって重要な役割を担うことから、ほかの部署よりも年収が高い傾向にあります。

年齢別に人事の平均年収を見ていきましょう。

年齢 平均年収
~24歳 361.3万円
25~29歳 432.5万円
30~34歳 553.0万円
35~39歳 665.0万円
40~44歳 708.4万円
45~49歳 812.3万円
50~54歳 886.9万円

参考:https://www.pasonacareer.jp/jb200/column/210601/

企業規模によっても異なりますが、人事は経理や総務などほかの部署と比較すると、年齢による年収の上がり幅が大きく、部署内でのポジションや仕事内容によっても年収に差が出るのが特徴です。

人事の仕事の中でも上流部分となる「採用計画の立案」や「制度設計」、「労務企画」など、人事業務全体や会社全体に影響を与える重要なポジションにキャリアアップすることで年収アップが期待できます。

高収入を狙いたい人はキャリアアップが必須です!

未経験から人事への転職は可能?

未経験から人事への転職は可能?

人事の仕事は組織内の重要な部署であるため、未経験からの転職は難しいというイメージがあるかもしれません。

しかし、ベンチャー企業などは組織拡大に伴う人手不足が大きな課題であり、人員確保のための「人材採用」と、人材投入に比例して増える「労務」の担当者を中心に人事の求人を増やしています

 そのため、人事部門の中でも人材採用と労務関係の分野では、未経験歓迎の求人が多く傾向にあります。

それぞれの仕事内容は以下の通りです。

人事採用の主な仕事
新卒採用/中途採用/パートアルバイト採用/派遣社員採用/求人メディアの選定/求人要項・求人票の作成/応募者対応/書類選考・面接選考の段取り/内定者フォロー
労務の主な仕事
社員の勤怠管理/給与計算/健康保険・厚生年金・雇用保険・労災などの加入/退出手続き/保険申請代行

これらの分野では未経験歓迎の求人も見つけやすい傾向にあります。

未経験でも採用や労務の仕事に関連する業務経験がある人は、転職しやすいでしょう。

人事への転職に役立つ資格

人事の仕事をするために、必ずしも資格が必要というわけではありません。しかし、資格取得を目指して自発的に勉強しているという、学びに前向きな姿勢は、評価ポイントになるでしょう。

そこで、人事への転職および人事担当者としてのキャリアアップに役立つ資格を4つ紹介します。

人事への転職に役立つ資格
  • ビジネス能力検定
  • 社会保険労務士
  • DCプランナー
  • キャリアコンサルタント

ビジネス能力検定

未経験から人事への転職に有利な資格

ビジネス能力検定は、文部科学省後援検定のひとつです。

さまざまな職種、業種のビジネスマンにとって必要な仕事の能力を評価する試験で、人材育成の課題である問題発見力、提案力、発信力などが身につきます。

1級はすべての問題が記述式です。高度なビジネス用語の理解力はもちろん、確実な知識と論理的思考力、表現力などが求められます。

新卒者の入社研修や、ビジネスマンのスキルアップ研修で採用する企業も多いですよ。
主催 一般財団法人職業教育・キャリア教育財団
受験資格 なし
受験料(税込) 1級:8,500円(2級合格者が定める期間内に受験する場合1回限り5,500円)
2級:4,200円
3級:3,000円
※2級、3級は併願可能
技能の概要
  • 時事用語、ビジネス用語が分かる
  • ビジネスマナー、コミュニケーションの基本が分かる
  • 新聞記事の内容理解が進む
  • 表やグラフから問題発見、分析ができる
  • ケーススタディが可能になる

出典:https://bken.sgec.or.jp/

社会保険労務士

未経験から人事への転職に有利な資格

社会保険労務士とは、労働問題と社会保険制度の国家資格です。難易度の高さと合格率の低さから難関試験といわれています。

 中小企業などは、雇用に関わる高度な保険関連手続きを社会保険労務士に外注する場合もあります。

外注する業務が企業で行えるようになることから、特に中小企業の人事部門でニーズの高い人材といえるでしょう。弁護士や税理士などの「八士業」のひとつに数えられる特別な資格のため、学歴に関する受験資格が設けられています。

難易度の高い資格ですが、人事への転職に有利なだけでなく、社会保険労務士として独立することも可能です。
主催 全国社会保険労務士会連合会
受験資格 あり(学歴、実務経験、試験合格など)
受験料(税込) 15,000円
技能の概要
  • 労働保険、社会保険、雇用保険など提出書類の作成・申請代行
  • 給与計算
  • 人事雇用・労務に関する相談と指導
  • 各種助成金の申請と相談

出典:https://www.sharosi-siken.or.jp/

DCプランナー

未経験から人事への転職に有利な資格

DCプランナーとは、確定拠出年金の専門家です。資格取得により、企業内で福利厚生担当者として年金制度の仕組みやメリット・デメリットなどを正しく説明できる知識が身につきます。

 企業型年金とは、厚生年金基金や確定給付企業年金のことを指します。

企業型年金は、原則、社員全員が加入しなければいけません。そのため、企業内での年金に関わる実務も多く、企業規模によってはDCプランナーのニーズが高い場合があります。

DCプランナーの試験は難易度が比較的低く、独学でも資格取得できるのが特徴です。
主催 一般社団法人金融財政事情研究会
受験資格 なし
受験料(税込) 1級:4,400円
2級:6,600円
技能の概要
  • 確定拠出年金に関する専門家
  • 年金制度全般の知識普及
  • ライフプランアドバイス
  • コンプライアンス・受託責任を果たす

出典:https://www.kinzai.or.jp/

キャリアコンサルタント

未経験から人事への転職に有利な資格

キャリアコンサルタントは国家資格であり、資格取得することでキャリアアドバイザーとして活動できます。

キャリアドバイザーの業務内容は、個人の適性や経験に応じた職業設計を行い、職業選択や、職業能力開発に関する適切なアドバイスをすることです。

 企業内では、人事担当として従業員のキャリア形成支援をメインに行います。

また、職種のマッチングに関するスキルを持つため、社員の適材配置業務なども可能です。また、キャリアコンサルタントは守秘義務の責任が課せられています

キャリアコンサルタントの資格を持つことで、個人情報を多く取り扱う人事担当者として必要な適性を有していることの証明にもなります。

資格取得することで一般企業、学校、人材紹介会社など、エントリーできる求人の幅が広がります!
主催 特定非営利活動法人日本キャリア開発協会
受験資格 あり(実務経験、試験合格など)
受験料(税込) 学科:8,900円
実技:29,900円
技能の概要
  • 適性や特性をもとにした人材配置
  • 社員と企業のマッチング
  • キャリア形成のアドバイス
  • 就職支援、進路相談

出典:https://www.jcda-careerex.org/

人事への転職に向いている人の特徴

人事の仕事が自分に向いているかどうか、不安に思う人も多いかもしれません。ここでは人事の仕事に向いている人の特徴を紹介します。

人事への転職に向いている人の特徴
  1. コミュニケーション能力がある人
  2. 口が堅い人
  3. 管理能力がある人
  4. 情に流されず厳しい判断ができる人

1.コミュニケーション能力がある人

人事への転職に向いている人の特徴

さまざまな立場の人と接する機会が多い人事の業務において、コミュニケーション能力は不可欠です。

社員に長く働いてもらうため、人事担当者には社員の企業に対する不満や抱える課題をヒアリングしながら調整する能力が求められます。

 部署間、社員間、経営陣と社員、それぞれの関係を損なわず、調整しながら問題解決する力が必要です。

また、採用の場面で自社の魅力を伝えるなど応募者対応を行うため、コミュニケーションスキルのほかにプレゼン能力やビジネスマナーも必要です。

2.口が堅い人

人事では、全社員の給与額や人事評価、退職理由、マイナンバーなど、流出してはいけない個人情報を多く取り扱います

 業務に不必要な個人の情報を調べたり、口外してしまうことは絶対にあってはなりません。

人事業務の経験が浅いと、知らないうちに個人の重要情報を雑に取り扱ってしまうというケースもあるため、注意が必要です。

人事の仕事において口が堅いことは特に重要視される要素ですね。

3.管理能力がある人

人事への転職に向いている人の特徴

人事の業務のほとんどが人と向き合う仕事です。仕事のスケジュールは臨機応変に調整が必要なため、管理能力がなければ務まりません。

また、保険や年金などの社員の手続き代行を行う際には、該当社員へ必要書類を期日までに提出してもらう必要があります。

 自分のスケジュール管理だけでなく、社員のスケジュールの管理をする必要もあります。

さまざまな仕事を並行してこなす人事の仕事は、管理能力が高い人ほど効率的に業務が行えます。

4.情に流されず厳しい判断ができる人

人事の仕事では、ときに冷徹な判断が必要とされます。正社員の解雇や、契約・派遣社員の契約打ち切りなど、人員削減を実行する場面で情に流される人では、重要な仕事を任せられません。

どんな状況でも会社を守るために冷静で厳しい判断ができる人が、人事の仕事に向いています。

人事が判断を迷ったり、誤ったりすることで会社に大きなダメージを与える可能性があります。

人事への転職に使える志望動機

人事への転職に使える志望動機

志望動機は、書類選考や面接の合否に関わる重要なポイントです。ここでは人事の転職に使える志望動機の作り方のポイントを、例文と合わせて紹介します。

人事の転職に効果的な志望動機を作成して、企業にアピールしましょう。

人事経験者の転職の場合

人事の求人では、人事特有の専門知識やスキルが求められることがあります。

人事の職務経験がある人は優遇されやすいため、志望動機で人事部に所属していた経験や、人事関連の業務経験を具体的事例とともにアピールしましょう。

経験者の志望動機ポイント
  • これまでの経験や実績の洗い出し
  • なぜこの会社なのか
  • 自分がどのような形で会社に貢献できるのか

人事部門の共通事項である社内評価や労務に関する実務経験があれば、即戦力としてのアピールが可能です。

また、未経験の採用業務への志望動機に関しても、人事職での経験が根拠となっていることで説得力がアップします。

人事経験者の志望動機例
前職では人事部門で社内評価業務や労務業務に携わっていました。

労務業務では保険関連の書類作成・申請などを行っており、業務をスムーズに行うために日ごろから部署間の垣根を越えてコミュニケーションをとることを大切にしてきました。

社内評価業務では社員と企業の温度差が一番の問題点と感じました。問題の多くが採用時の説明で解決できるのでは、と考えるようになりました。

採用を人事部の最重要項目として掲げておられる貴社の考え方に魅力を感じ、志望いたしました。

未経験から人事への転職の場合

人事への転職に使える志望動機

人事部経験がない場合は、企業が募集している人事業務に関連する知識やスキルをアピールしましょう。

自分のスキルが入社後に人事のどのような業務で貢献できるか、また、将来的にどのようになっていきたいかを具体的に伝えることが重要です。

未経験者の志望動機ポイント
  • 人事職で活かせるスキルや経験を挙げる
  • なぜ人事として働きたいかを考える
  • 企業の求める人物像との一致
  • 企業における具体的なキャリアプランを挙げる

人事職未経験でも自分の強みや、人事で活かせる経験を中心に志望動機を組み立てることで、自己アピールが可能です。入社後の将来的な目標などを入れることで、仕事への意欲が伝わる志望動機になります。

人事未経験者の志望動機例
前職では求人広告会社の営業を行ってきました。

営業活動では多くの人事、採用担当者の方と接する機会があり、人事業務全般の知識を指導していただきました。その経験や知識を貴社の人事部門で活かしたい考え、応募しました。

採用活動では求職者と企業のマッチングが重要と感じているため、将来は面接などの短時間でも求職者の本音を引き出せる採用担当者として貢献したいと思っています。

人事への転職で使える自己PR例文

人事への転職で使える自己PR例文

人事職への転職をする際、自己PRを入念に作成すると内定にグッと近づきます。しかし「自己PRをどう書いていいのか分からない」という方も多いでしょう。

この章では人事への転職で使える自己PR例文を3つほどご紹介していきたいと思います。人事職への転職を目指す方は、ぜひ参考にしてみてください。

人事職転職の自己PR例文①

人事職転職の自己PR例文①
私は前職で社員研修の企画・運営を担当し、講師や会場の手配、研修プログラムの企画、参加者のアフターフォローなどに取り組んでいました。
新人社員研修では100名規模の企画・運営を行った時に、参加者にアンケートを取り、研修に対するフィードバックをもらう取り組みを行いました。
そこで出された意見を参考にし、研修のクオリティを上げていくことを意識した結果、次年度の新入社員研修では概ね満足いただけるようになりました。

こちらは前職で企画・運営を担当していた方の自己PRです。

前職で自分はどのような業務をどのような考えで取り組んでいたか、どのような結果が出たかといった部分を盛り込むと自分の仕事に対する姿勢をアピールすることができます。

人事職転職の自己PR例文②

人事職転職の自己PR例文②
私は前職で本社の人事担当として、社員入社・退社時の社会保険加入、脱退手続き、給与計算などを約10年間行ってきました。
前職の会社では年末調整時期になると、わからないことを聞きにくる社員が大勢おり、手が回らないほど忙しくなってしまうという課題を抱えていました。
そこで私を含む同僚数人で、社内のネットインフラに社員からよく寄せられる質問や知っておくと便利な情報などを定期的に発信することで、窓口業務の効率化に成功しています。
私はこれまでの一貫した人事職としての経験から、御社でも人事業務全般に即戦力として貢献できる人材だと考えております。

こちらは前職でも人事部で仕事をしていた人の自己PR例文です。やはり人事経験者の方が即戦力としてみられるため、未経験者に比べると有利になります。

こちらも前職でどのような成果を上げたかという実績・経験をアピールすると良いでしょう。

人事職転職の自己PR例文③

人事職転職の自己PR例文③
私は前職で3年間人事職として勤務していました。
取り組んできた業務内容としては中途採用入社の社員向けの新人研修の企画・運営、入社後の人事評価・フォローアップ、部署移動などです。
前職では中途採用者社員が非常に多く入社してきており、そのような人たちが働きやすい環境を作っていきたいと考え、昨年キャリアコンサルタントの資格を取得いたしました。
資格取得によって得た知識は、中途社員の研修やフォローアップで非常に役立ちました。

こちらは取得した資格をアピールする自己PR例文です。資格を取得しておくと、その業務に対する熱意をアピールすることができます。

資格をアピールする際には、その資格がどのような役に立ったかなどにも触れておくと良いでしょう。

人事への転職後のキャリアアップ例

人事への転職後のキャリアアップ例

人事への転職は決してゴールでは有りません。人事という職種は、経営戦略と現場業務を結びつけることで、組織の成長に大きく貢献することが可能です。

転職後に経営戦略に関わる実績を積み上げれば、将来的に会社の重要なポストに就くというキャリアプランも夢ではありません。ここでは、具体的な2つのキャリアパターンを紹介していきます。

1.キャリア拡張タイプ

キャリア拡張タイプは、幅広い人事の業務を網羅しながらキャリアを積むパターンです。入社後に採用担当者に配属された場合は、新卒採用担当から人事のキャリアがスタートします。

 その後、中途採用、新人研修を経験し、採用計画や研修計画の立案、実施を任されるようになります。

そこから人事計画や人事評価制度などを担当する管理職を経て、経営の一員を目指すことが可能です。

中小企業やベンチャー企業などでは管理部門の人員が少ない為、人事が総務や経理、法務などの幅広い業務を兼任する場合があります。

その場合、さまざまな業務に関わるなかでスキルを磨き、企業のバックオフィス業務全般を取り仕切る総合管理職へのキャリアアップを目指せます。

経験を積んでからキャリア拡張のために再度転職することも考えられるでしょう!

2.スペシャリストタイプ

人事への転職後のキャリアアップ例

スペシャリストタイプは、スタートする人事の業務に特化した専門家としてキャリアアップするパターンです。

採用担当からスタートした場合はリクルーター職へのキャリアアップを、労務担当からスタートした場合は社会保険労務士へのキャリアアップをします。

 転職を視野に入れたキャリアアップが多いでしょう。

とくにメディカル業界や、IT、ゲーム業界などでは人材確保に特殊な知識やネットワークが必要なため、採用のスペシャリストであるリクルーターが高く評価される傾向にあります。

スペシャリストタイプのキャリアアップは、独立することも可能です。

人事を目指す人におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 転職支援実績No.1
  • 非公開求人も豊富に扱っている

リクルートエージェントは、業界最大級の非公開求人を扱う転職エージェントです。一般公開されていない求人を10万件以上保有しているため、自分では見つけられなかった好条件の求人と出会えるかもしれません。

 人事の求人数は2021年9月10日時点で8,000件を超えるため、希望する条件と照らし合わせながらじっくりと応募先を選べるでしょう。

応募書類の添削や面接対策のサポートも利用できるため、人事の経験が浅い方でも安心して選考に臨むことができます。

内定後にも年収交渉や入社日の調整をしてもらえますよ。
公開求人数※2021年9月10日時点 128,809件
人事の公開求人数※2021年9月10日時点 8,408件
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • キャリアカウンセリング
  • 書類添削・面接対策
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

出典:https://www.r-agent.com/

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 業界に精通した専任アドバイザーによるサポート
  • 企業担当アドバイザーも在籍している

マイナビエージェントは、求人探しから内定後まで専任アドバイザーによる手厚いサポートを受けられる転職エージェントです。

 各業界に精通した専任アドバイザーから、人事の転職動向や好印象を与えられる応募書類の作成などを教わることができます。

また、各企業の人事担当者とのパイプを持つ企業担当アドバイザーも在籍しているため、興味のある企業の人事職についてのリアルな情報も得られるでしょう。

アドバイザーとの面談は、WEBでも行っていますよ。
公開求人数※2021年9月10日時点 29,074件
人事の公開求人数※2021年9月10日時点 876件
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • キャリアカウンセリング
  • 書類添削・面接対策
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社マイナビ

出典:https://mynavi-agent.jp/

type転職エージェント

type転職エージェント

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 非公開求人を豊富に扱っている
  • 31万人以上の豊富な転職支援実績がある

type転職エージェントは、充実した非公開求人数が魅力の転職エージェントです。人事の公開求人数は2021年9月10日時点で533件ですが、非公開求人を合わせると1,800件を上回ります

 各求人情報では、人事の業務内容が細かく記載されているため、事前に仕事をイメージすることで転職後のミスマッチも防げるでしょう。

キャリアアドバイザーから書類添削・面接対策などのサポートを受けられる上、公式サイトでも転職ノウハウを掲載しているため情報収集にも役立ちます。

利用者からの満足度も高いので、エージェントの利用が初めてでも安心できますね。
公開求人数※2021年9月10日時点 8,443件
人事の公開求人数※2021年9月10日時点 533件
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 書類添削・面接対策
  • キャリアカウンセリング
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター

出典:https://type.career-agent.jp/

よくある質問

人事の業務内容にはどのようなものがありますか?
人事の業務内容としては人材の採用・人材教育、研修・労務関係・人事制度設計や運用などが挙げられます。
人事の平均年収はどれくらいですか?
人事部の平均年収は他の部署よりも高い傾向にあります。20代でも400万円前後、50代になると約900万円にも上ります。
未経験者でも人事に転職することは可能ですか?
ベンチャー企業などは組織拡大に伴う人手不足が大きな課題を抱えており人事部の求人を出していることも多いです。未経験者であればこのような求人を狙うと良いでしょう。
人事への転職で役立つ資格はありますか?
人事への転職で役立つ資格としてはビジネス能力検定、社会保険労務士、DCプランナー、キャリアコンサルタントなどが挙げられます。
人事への転職にはどのような人が向いていますか?
人事への転職が向いている人の特徴としてはコミュニケーション能力がある人、口が堅い人、管理能力がある人、情に流されず厳しい判断ができる人などが挙げられます。
人事経験者が志望動機で押さえるべきポイントはありますか?
人事経験者が志望動機を作成する際はこれまでの経験や実績の洗い出し、なぜこの会社なのか、自分がどのような形で会社に貢献できるのかというようなポイントを意識して作成しましょう。
人事未経験者が志望動機で押さえるべきポイントはありますか?
人事未経験者が志望動機を作成する際は人事職で活かせるスキルや経験を挙げる、なぜ人事として働きたいかを考える、企業の求める人物像との一致、企業における具体的なキャリアプランを挙げるなどのポイントを意識しましょう。
人事に転職した後はどのようなキャリアを歩めますか?
人事に転職した後のキャリアとしては幅広い人事の業務を網羅しながらキャリアを積む「キャリア拡張タイプ」、スタートする人事の業務に特化した専門家となる「スペシャリストタイプ」が考えられます。
人事に転職するのにおすすめの転職エージェントはありますか?
人事に転職するのにおすすめの転職エージェントとしてはリクルートエージェント、マイナビエージェント、type転職エージェントなどが挙げられます。

まとめ

今回は、人事の仕事内容や転職のコツ、役に立つ資格などを紹介しました。会社の規模や携わる業務によって仕事内容は異なるため、自分のスキルやキャリアプランに合わせた会社選びが重要です。

未経験でも人事の職種によっては求人が多く、将来的にはキャリアアップも期待できるかもしれません。

ただし、人事の業務内容は想像以上に幅広いのも現実です。転職後に後悔しないためにも応募企業選びは慎重に行いましょう。

そのためには転職エージェントを活用して自分に合った求人を紹介してもらうのがおすすめです。無料で利用できる転職エージェントも多いため、ぜひ上手く使いながら人事への転職を目指してみてください!

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事