転職活動をスムーズに行う流れは?内定から退職までの手順も紹介

転職活動をスムーズに行う流れは?内定から退職までの手順も紹介

新型コロナウイルスの影響で、在宅ワークが脚光を浴びています。この機会に、在宅ワークができる企業に転職を考える人も少なくありません。

また、キャリアアップのためや不満の多い職場環境から抜け出すために、転職したいと思う人も多いでしょう。

このように、転職を考えるきっかけは人それぞれです。しかし、実際に転職を決めて行動する際の大まかな流れは、転職理由に限らずほとんど同じです。

そこで今回は、転職活動の流れや手順を解説します。内定をもらった時や退職時の手続きについても解説するため、転職活動を始める前にチェックしてみてください。

おすすめの転職エージェントもご紹介しますよ。

転職活動の流れ(内定をもらうまで)

ステップアップ

転職には、主に4つの段階に分けられます。まずは大まかな転職活動の流れについて、解説します。

目安の期間も併記しているので、転職活動の参考にしてくださいね。

①転職をするかどうか検討する段階(目安期間:不定)

チャレンジ1つ目は、転職をするかどうか検討する段階です。転職を考える理由は、人により異なります。

 どのような理由であっても、転職をする際には「将来の自分像」をできるだけ具体的に思い描くことが大切です。

なぜなら、「なんとなく今の環境から逃げたい」という理由では、転職してもまた同じことの繰り返しになりかねないからです。

転職活動を始める前には何のために転職をするのかをしっかりと考え、目的を明確にしておきましょう。

②転職準備の段階(目安期間:2週間前後)

パソコンとメガネ

2つ目の段階は、転職の準備を行う段階です。転職に必要は準備は以下の3つです。

転職に必要な準備
  • 自己分析
  • 情報収集
  • 転職計画

自己分析は、自分にどのような強みがあるのかを振り返るために必要です。

 転職の目的を明確にしておくと、面接時にも落ち着いて自分の意思を伝えることができます。

また、情報収集も重要です。求人をチェックする際には、以下のようなポイントを参考に情報収集をしてみましょう。

「情報収集のポイント」
  • 求人を行っている企業の種類
  • 良いと思った企業の評判
  • 採用条件や業務内容
  • 応募したい企業が扱う商品

転職活動に使える期間は人それぞれですが、転職活動をだらだらと長引かせるのはよくありません。したがって、あらかじめ期間を設定しておくのがおすすめです。

現職場を辞める日を決め、その日を目標に転職活動を計画するとスムーズですよ。

③本格的に転職活動する段階(目安期間:1〜2ヶ月)

面接3つ目は、本格的に転職活動を進める段階です。転職活動の際には、履歴書や職務経歴書の作成から始めます。

「履歴書・職務経歴書は自分をアピールできる重要な書類です。しっかりと作り込みましょう。」

応募書類を作成できたら、なるべく早めに応募するのがおすすめです。

 応募を迷っているうちに募集が締め切られてしまう可能性もあるため、応募はスピードと数がポイントとなります。

書類審査に通ったら、いよいよ面接です。面接は第一印象が大切なので、清潔感のある身だしなみで臨みましょう。

話し方のトーンや表情など、面接の練習をしておくのもおすすめですよ。

④内定・退職手続きの段階(目安期間:1〜2ヶ月)

退職届4つ目は、内定・退職の手続きをする段階です。内定をもらうと、嬉しくてすぐに受諾の返事をしたくなるかもしれませんが、まずは受諾する前に就業条件をよく確認しましょう。

 面接時に企業から提示された条件のメモを残しておき、内定の連絡をもらったらすぐに確認できるようにしておくとスムーズです。

労働条件入社日などを確認し、問題がなければ受諾の返事をします。

「内定の連絡をもらったら、内定のお礼とともに24時間以内に返信をすることを心がけましょう。」

受諾の返事をしたら、いよいよ現職場の退職準備です。

転職活動の流れ(内定後から退職まで)

画像

会社を辞めることを決めたら、最初に退職日まで何をすべきなのか把握しておくことが大切です。ここからは会社を辞めるときの基本的な流れをご紹介しましょう。

①退職の計画を立てる

カレンダーまずは、退職の時期を考えることから始めましょう。退職をすると残っている有給休暇を消化できないため、有給を消化する計画も必要です。

「退職を決めたときには、有給の残り日数・」就業規則を確認しておきましょう。」

また、転職活動をする場合、退職のタイミングには以下の2つがあります。

「退職のタイミング」
  • 内定が出るまで退職をせず、会社に在籍しながら転職活動をする
  • 先に会社を退職してから転職活動をする

会社に在籍しながらの転職活動は、収入源を失わずに転職活動を行えるため、経済的に余裕を持って仕事を探すことができます。しかし、仕事と転職活動の両立は容易なものではありません

 退職をして転職活動をする場合は時間に余裕があるため、転職活動に専念することができます。

その反面、貯金を崩して生活しなければならないため経済的な負担がある上、職務経歴にも空白期間ができてしまうので注意しましょう。

どのタイミングで退職するのが良いか、じっくりと検討すると良いですね。

②退職の意思を伝える

メモ ライター退職するまでの計画を立てたら、直属の上司に退職の意思を伝えます。法律では、退職の意思は退職日から2週間前までに伝えるよう定められています。

 法律では2週間前と定められていますが、企業によっては退社の1ヶ月前までに退職の意思を伝えなければならない場合もあります。

職場の環境や就業規則の内容によっては、なかなか退職を受け入れてもらえず、強引な引き留めに遭う可能性もあるので注意しましょう。

どうしても退職できない場合は、管轄の労働基準監督署に相談するのも一つの手です。

③退職日を設定し、退職願を提出する

退職届上司に退職する旨を伝えたら、上司と相談して退職日を設定します。

 話をスムーズに進めるためにも、前もって退職日までのスケジュールを立てておきましょう。

通常であれば、退職日から逆算して1ヶ月前に伝えれば十分です。しかし、業務内容や忙しさによっては「退職日は〇日くらいにして欲しい」と退職日の延長を提案されるケースもあります。

できるだけ退職日を自分の予定に合わせるためにも、スケジュールに余裕を持って退職を伝えるようにしましょう。

退職願は企業によって提出有無が異なるため、退職願が必要かどうかもご確認ください。

④業務の引き継ぎを行う

引継ぎ退職することが決まったら、同時進行で後任者への引き継ぎをしていきます。

引き継ぎも、スケジュールを決めて計画的に進めていきましょう。業務の優先度やデータの保管場所、業務に関わる担当者の連絡先など、細部までしっかりと伝えることが大切です。

フローチャートや資料を作成するのも良いですね。

⑤退職の手続きを行い、退職日を迎える

退職日引き継ぎが終わったら、会社から書類を受け取ったり備品などを返したりなど退職の手続きを行いましょう。

 受け取るべき書類を退職日までにももらえない場合には、いつ、どのようにもらえるのかをしっかりと確認しておく必要があります。

退職するときに受け取る書類は、主に以下の4つです。

退職時に受け取る書類
  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票
  • 離職票(雇用保険被保険者離職票)

制服など、会社への返却物の有無も併せて確認しておきましょう。

転職にかける期間の目安はどのくらい?

ここでは、転職にかかる期間の目安や、離職期間(ブランク)が転職に与える影響を解説します。

ポイント
  • 目安は「準備期間+3ヶ月」
  • 離職期間(ブランク)が転職に与える影響

目安は「準備期間+3ヶ月」

転職 活動 準備期間

転職活動の流れを簡単にまとめると、以下の通りとなります。

転職活動の流れ
  • 転職準備(約2週間~1ヶ月程度)
  • 応募・面接(約1ヶ月半程度)
  • 内定・引き継ぎ・退職(約1ヶ月半程度)

転職活動は、基本的に「応募→書類選考→面接(筆記試験)→内定→退職→入社」の流れで進みますが、応募から転職先への入社までの平均的な期間は「おおよそ3ヶ月程度」とされています。

 転職活動の期間については「○ヶ月活動すれば転職できる」という基準がありません。しかし、平均的な期間を把握することで、スケジュールを効率よく立てられるようになります。

また、応募前の段階である準備期間は、転職の成否を大きく左右する重要な時間です。

準備期間は「転職活動の方向性」を定める大切な期間となるため、最低でも2週間、できれば1ヶ月程度の時間を確保しておきましょう。

準備期間は、徹底的な自己分析やキャリアの棚卸しなどを行い、転職したい理由や目的、自分の強みなどを明確にする大切な時間です。

準備段階をおろそかにしてしまうと「転職活動中に転職の目的がぶれる」「転職先を妥協する」といったおそれがあるので、注意が必要です。

離職期間(ブランク)が転職に与える影響

転職 活動 離職期間

しっかり準備を整えて転職活動をはじめたにもかかわらず、転職先がなかなか決まらないケースもあります。そんな時に不安になるのが「離職期間(ブランク)」が転職に与える影響です。

 採用担当者は、履歴書や職務経歴書でブランクが長引いていることを確認すると「この期間何をしていたのか」と疑問に思い、ネガティブな印象を抱く傾向にあります

採用側は、離職期間(ブランク)の期間自体ではなく、「なぜ、ブランクが長引いているのか」という理由や背景を気にします。

そのため「離職期間が生じた理由」を具体的に説明することで、不利な状況を挽回できる可能性が高まります。

「資格の取得や情報収集に時間を費やした」「介護など家族の事情があった」など、採用側が納得できる理由を説明できれば、不採用の可能性は低くなります

面接などで離職期間の理由を聞かれた場合は、後ろ向きな回答は避け、前向きな理由を説明するよう心がけましょう。

会社を退職する際のポイント

女性 立ち話

転職活動が上手くいけば、退職をする流れになります。退職の際の注意点は以下の4つです。

退職時の注意点
  • 引継ぎ
  • 支給物の返還
  • 有給休暇の消化
  • 社内外の挨拶回り

現職場に迷惑をかけないように円満に退職するには、遅くても1ヶ月前を目安には退職の申し出をすることをおすすめします。

 職場によっては、申し出をする時期に規定がある場合もあります。

「あらかじめ社内規定を確認しておきましょう。」

また、後任者への引継ぎはしっかりと行い、退職日まで手を抜かないように誠実な対応が大切です。

 社内外への挨拶を済ませ、退職日には健康保険証や入館証、名刺などの返還も忘れずに行いましょう。

なお、引継ぎの進捗状況によっては有給を消化できない可能性もあります。有給の消化は上司とよく相談し、計画的に進める必要があります。

転職先への入社時に必要な書類

印鑑転職先に入社する際に必要になる書類は、主に以下の3つです。

入社するときに必要な書類
  • 扶養控除等(異動)申告書
  • 健康保険被扶養者(異動)届
  • 給与振込先届

扶養控除等申告書は必ず提出する書類となります。扶養家族がいるかどうかを申告する書類のため、一人暮らしなどで扶養する家族がいない場合でも提出が必要です。

健康保険被扶養者届は、扶養家族がいる場合に提出が必要になります。給与振込先届は給料の振込先口座を指定する書類です。

 企業によっては銀行や支店を指定されるケースもあるため、きちんと確認しておきましょう。

スムーズに手続きをするためにも、入社前に確認しておくのが望ましいですね。

なお、企業によっては以下の5つの書類が必要な場合があります。提出を求められた場合は、入社日に忘れることがないよう早めに必要書類を備しておきましょう。

企業によって提出が求められる書類
  • 健康診断書
  • 入社承諾書・入社誓約書・内定承諾書
  • 身元保証書
  • 免許や資格の証明書
  • 退職証明書

円満な退職・転職には転職エージェントの利用がおすすめ

オフィス

転職活動をしながら退職する場合は、転職エージェントを利用がおすすめです。

転職エージェントを利用すれば、転職活動をスムーズに行えるので余計な負担を軽減できるでしょう。無料で利用できる点も大きな魅力です。

ここからは、転職エージェントがおすすめの理由を紹介しましょう。

自分の希望に合った求人を紹介してくれる

書類とビジネスマン転職エージェントを利用すると、希望条件を伝えるだけで自分に合った求人を紹介してもらうことができます。

 転職エージェントによっては、ヘッドハンターから面接を確約したスカウトを受けられるものもあり、書類選考が免除される可能性もあります。

転職サイトを使って自力で求人を探すこともできますが、多くの情報の中から自分に合った求人を探すのは時間と労力がかかってしまいます。

転職エージェントを利用すれば、豊富な知識と経験を持つ転職のプロが自分に合った求人を探してくれるため、時間を有効活用できるでしょう。

自力では見つけられない求人と出会えるのも魅力の一つですね。

応募書類の添削や面接対策などのサポートを受けられる

握手するビジネスマン転職エージェントでは、求人を紹介してもらえるだけでなく、履歴書・職務経歴書なの応募書類の添削や、面接対策などのサポートも受けられます。

 転職の成功率が高まるだけでなく、効率的な転職活動にもつながるでしょう。

内定後も入社日・年収など希望条件の交渉を行ってくれるため、希望の条件も伝えやすいですよ。

退職に関する相談に乗ってもらえる

資料を見る女性転職エージェントでは、転職だけでなく退職に関する相談にも乗ってもらうことができます。自分一人で退職の準備を進めるのが不安な方も多いでしょう。

退職時の伝え方やスケジュールなどもプロがサポートしてくれるため、計画的に円満退社を目指すことができます。

退職時期や上司への伝え方など、悩みがあれば相談してみてください。

働きながらの転職活動にもおすすめ!転職エージェント4選

※情報は2021年4月16日現在のものです。最新の情報とは異なる可能性があります。

パソコンを持つ女性転職エージェントにはさまざまな種類があります。どのサービスが良いかわからない場合は、幅広い求人情報を扱う総合型の転職エージェントの利用がおすすめです。

まずは、転職者全般におすすめの転職エージェントについて紹介します。

自分に合った転職エージェント選びの参考にしてみてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントのここがおすすめ!
  • 求人数は10万件以上!自分にぴったりの求人をおすすめしてくれる
  • 応募先との面接日程の交渉などを代わりにやってくれる!
  • 求職者は全て無料で手厚いサービスを受けられる!

リクルートエージェントは、業界最大級の求人数を保有しており、転職支援実績No.1の転職エージェントです。

保有している求人数は10万件以上あり、全国各地に拠点があるため面談も行いやすいのが特徴です。

 応募書類の添削・面接対策が充実しているだけでなく、独自に分析した業界・企業情報も提供しています。

各業界に精通したキャリアアドバイザーが的確にサポートしてくれるため、安心して利用できますね。
運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
公開求人数 約100,000件
得意分野 全業種実績有
拠点 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/中四国(岡山)/中四国(広島)/福岡
出典:https://www.r-agent.com/

doda

doda

dodaのここがおすすめ!
  • 年収査定サービスなど、診断ツールが盛り沢山!
  • 転職に関するコンテンツも充実
  • 企業の目線でスタッフが求人をアドバイスしてくれる

dodaは、約10万件の求人を扱う転職エージェントです。面接に備えて企業視点でアドバイスしてくれるので、有効な自己PRを行うこともできます。

専任のキャリアアドバイザーが、転職活動をしっかりと支えてくれますよ。

応募書類の添削サポートもあり、求人企業にはdodaを経由して応募書類を提出するため、転職活動が初めての方も安心して利用できるでしょう。

※参照:https://doda.jp/consultant/?usrclk=PC_logout_serviceIntroductionArea_agent

運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • スカウト
  • パートナーエージェントサービス
  • 転職ノウハウ
  • 転職Q&A
公開求人数 約100,000件
得意分野 全業種実績有
拠点 丸の内本社/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

出典:https://doda.jp/

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアのここがおすすめ!
  • 非公開求人を豊富に扱っている
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 退職の交渉もサポート!内定後のフォローも充実

パソナキャリアは、人材サービスの業界大手企業である株式会社パソナが運営している転職エージェントです。

 オリコン顧客満足度調査の転職エージェント部門において、3年連続1位(※)を獲得しているほど、満足度の高いサービスを提供しています。

さらにパソナキャリアを通じて転職した方の年収アップ率は67.1%と高く、年収を増やしたい方におすすめです。

人材サービスの大手企業として蓄積してきた25万人分の転職ノウハウをもとにサポートを受けられます。

※参照:https://www.pasonacareer.jp/

運営会社 株式会社パソナ
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • スカウト
  • キャリアカウンセリング
公開求人数 約30,000件
得意分野 全業種実績有
拠点 東京/大阪/名古屋/横浜/静岡/広島/福岡

出典:https://www.pasonacareer.jp/

マイナビエージェント

マイナビ エージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェント」でNo.1に選ばれている転職エージェントです。

※参照:https://mynavi-agent.jp/

担当者が丁寧に転職活動をサポートしてくれるため、初めて転職活動をする方でも安です。

 マイナビエージェントは業界ごとの専任性を採用しているため、希望する業界に詳しいエージェントから求人を紹介してもらうことができます。

さらに企業担当のアドバイザーもおり、職場の雰囲気のような求人票に載っていない情報もわかるので、戦略的に選考を進められるでしょう。

「社会経験の少ない若手の方にもおすすめですよ。」
運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
公開求人数 非公開
得意分野 全業種実績有
拠点 京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

出典:https://mynavi-agent.jp/

よくある質問

キャリアの棚卸しがうまくできません

キャリアの棚卸しは「これまで自分が何をやってきたのか」を洗い出し、分析する作業です。ただ、キャリアの棚卸しのやり方やフォーマットは多種多様なため、人によって合う方法、合わない方法があります。

独力でキャリアの棚卸しをしていて「上手くいかない」と感じる場合、自分に合わない方法を選んでいる可能性があります。その場合は、他の方法を試してみたり、キャリアエージェントに相談したりしてみると良いでしょう。

企業分析とは、具体的にどんなことをすればよいのですか?

企業の公式サイトやプレスリリース、当該企業を報じた過去の新聞記事などを読み込むことが基本となります。その上で、会社概要や事業内容、沿革、社長や重役の経歴、企業の最新ニュースなどを確認し、必要なデータを暗記するのがおすすめです。

また、転職サイトや転職エージェントの中には、企業分析・企業研究用のフォーマットを配布しているところもあるので、ぜひチェックしてみてください。

応募書類をスムーズに作成するコツはなんですか?

まず、履歴書や職務経歴書など、応募書類それぞれの役割を正しく把握することからはじめましょう。ただ「応募に必要な書類だから」という認識で書類を書き始めてしまうと、何を書けばよいのか迷ったり、わからなくなってしまったりしてしまいます。

具体的な書き方が知りたい場合は、転職サイトのセミナーや転職エージェントの応募書類の添削サポートなどを活用してみてください。

転職理由や志望動機に書くべきことが整理できません。

転職理由や志望動機を上手くまとめられない場合、自己分析が不十分な可能性があります。改めて自分と向き合い「なぜ転職したいと思ったのか」という点を明確にした上で、転職理由や志望動機を考えてみましょう。

また、応募する企業にフィットした志望動機や転職理由を書きたい場合は、キャリアアドバイザーなど、転職のプロから情報提供やアドバイスを受けるのがおすすめです。

転職エージェントは退職交渉でどんなサポートをしてくれますか?

退職交渉の具体的なサポート内容は、転職エージェントによって異なります。転職エージェントは、転職サポートを通じて「円満退社」を実現させるためのノウハウも蓄積しているため、各社とも基本的に「退職交渉に関する相談」には対応していると考えてよいでしょう。

詳細なサポート内容を知りたい場合は、各転職エージェントに問い合わせをすることをおすすめします。

まとめ

今回は、転職の流れや手順、おすすめの転職エージェントなどをご紹介しました。納得のいく転職を実現するためには、十分な準備と対策が重要です。

効率良く転職活動を進めるためには、まず転職活動全体の大まかな流れを把握しておくとスムーズです。希望の退職日から逆算して、計画的に転職活動を始めましょう。

また、転職エージェントサイトを利用すれば、業界に精通したプロのサポートを受けられ、より円滑に転職活動が可能です。

転職エージェントは無料で利用できるのため、転職を思い立ったらまずは転職エージェントに登録してみるのがおすすめです。

今回解説した内容を参考にしながら、退職や転職の段取りを考え、スムーズで円満な転職を成功させましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事