転職後のミスマッチはなぜ起こる?原因やリスク、対策まで徹底解説

転職後のミスマッチはなぜ起こる?原因やリスク、対策まで徹底解説

思い切って転職の一歩を踏み出したものの、想定と違ったというケースは少なくありません。「思った業務内容でなかった」「転職したけどもう辞めたい」など、転職後のミスマッチで悩んでいる人もいるでしょう。

また、「転職してこんなはずじゃなかったと思う事態になるかも…」という不安から、転職活動に進めない人もいるかもしれません。

ミスマッチを防ぐためには、まずミスマッチを感じる原因と対処法を把握しておくことが大切です。

今回は転職後にミスマッチを感じる原因・対策について解説します。

この記事でわかること
  • 転職後にミスマッチを感じる原因
  • ミスマッチが生じて早期退職をするリスク
  • 転職後のミスマッチを防ぐ方法

さらに、ミスマッチを防ぎながら希望の転職を叶えてくれるおすすめの転職エージェントも紹介します。転職後に不安を感じているなら、ぜひチェックしてみてください。

転職後にミスマッチが生じる4つの原因

パソコンの前でぐったりする女性

原因①スキルがマッチしない

ミスマッチが生じるひとつめの原因は、求められるスキルが自分とマッチしていないことが挙げられます。転職したものの仕事についていけず、向いていないと感じることになるでしょう。

 転職したいという一心で自分の経験やスキルを盛ってしまうと、スキルの不一致に陥る可能性があります。

必死に努力して自分のスキルを高めることができれば成長にもつながりますが、ついていけず転職を考えるケースも少なくありません。

自己分析不足が引き起こすミスマッチと言えるでしょう。

原因②企業側の情報提供不足

パソコンとノートを広げて勉強する人

ミスマッチが生じる原因のふたつめは、企業側からの開示情報が足りないことが挙げられます。

企業によっては採用人数を確保する目的で、考えられるデメリットまでしっかり伝えていない可能性もあるでしょう。

 働き始めて知った悪い条件があった、想像よりも大変など、伝えられていない情報が転職者を苦しめることも考えられます。

伝えられていなかった情報の内容にもよりますが、場合によっては大きなデメリットである可能性も。「知っていたら転職はやめていた……」なんてケースもあるかもしれません。

原因③労働条件が希望とマッチしない

労働条件が希望していた内容とマッチしていないことも、ミスマッチが生じる原因です。想定していた仕事内容と違っていた残業や休日出勤があるといった場合にミスマッチを感じるでしょう。

 特に、残業や休日出勤ばかりといった状態には、ミスマッチを感じる人が多いようです。

たとえ好きな仕事だったとしても、忙しくて休みが取れないと、体が疲弊してしまい辛くなってしまいます。

情報収集が足りなかった、そこまで注目していなかったという可能性や、会社側が情報開示していなかったという可能性、どちらのケースもありえるでしょう。

仕事へのやる気が出なくなったり、プライベートに影響を与えたりすることも考えられるミスマッチです。

原因④労働環境が自分とマッチしない

上司に怒られる男女

労働環境にミスマッチを感じるケースもあります。多いのは人間関係を原因としたものです。働く人と話が合わない苦手な人がいる上司との相性が悪いといったケースが挙げられるでしょう。

多くの仕事では人間関係も重要なポイントです。自分に直接害はなくても、会社の雰囲気が悪い、罵倒する声が聞こえるといった環境にストレスを感じることもあるかもしれません。

 人間関係が上手くいかないと、仕事もスムーズに進まなかったり、仕事に行くのが嫌になってしまったりすることもあります。

人間関係をはじめとする職場環境は入社の段階では分かりにくい点でもあるため、入社してミスマッチを感じてしまう理由になりやすいようです。

合う、合わないは人それぞれなので、ミスマッチを事前に防ぐのが難しい点でもあります。

転職後のミスマッチ……早期離職は不利になる?

クエスチョン

転職後ミスマッチを感じて早期に辞めることになった場合、どんなリスクがあるのでしょうか。企業側としては採用にはコストをかけているため、最も避けたいのが採用後すぐに辞められてしまうことです。

そのため、早期離職の可能性があると判断されると、敬遠されやすくなってしまいます

 辞めるに至った理由をきちんと説明して、納得してもらえない限り、不利になってしまう可能性が高いでしょう。

ただし、転職理由によっては採用に影響がないこともあります。例えばパワハラを受けたブラック企業だったなどといった、合理的な理由が挙げられます。

また、ポジティブな理由で転職に至り、長く働きたいということがきちんと説明できる場合も、採用につながりやすいでしょう。

不利になるかどうかは理由と合理的な説明にかかっています。不利をはねのけられる可能性も十分にあるでしょう。

ミスマッチを感じつつ転職しないリスクもある

注意マークと虫眼鏡

「辞めたい……」と思いつつも、「転職したばかりで転職すると不利になるから……」などと、ミスマッチを感じつつも転職に踏み切れず、そのまま働き続ける人も少なくないでしょう。

しかし、嫌だなという想いを抱きつつも働き続けることにもリスクもあります。

 仕事へのモチベーションが上がらず効率が下がり、その他のミスマッチが生じる可能性もあるでしょう。

負のループに陥ると、抜け出すのが難しくなってしまうことも考えられます。また、ミスマッチを感じながら過ごすことにより、ストレスを抱えてしまう人も少なくありません。

ストレスを感じながら過ごすことにより、精神的な病気になる恐れもあります。ストレスが大きいと感じるなら、できるだけ早急に行動する方が得策かもしれません。

ミスマッチで生じるストレスは人それぞれですが、我慢を続けることには注意が必要です。

転職後のミスマッチを最小限にする方法は?

チェックという文字と虫眼鏡

転職する際には、ミスマッチを最小限にすることを意識したいところです。どんな対策が取れるのか、確認していきましょう。

転職エージェントを活用する

転職サイトを使って自分で転職活動を進める場合、情報収集は全て自分でする必要があります。

その点転職エージェントを利用すれば、業界や企業の情報に精通しているキャリアアドバイザーのサポートを受けながら転職活動を進めることができます。

 職場や社内の雰囲気、人間関係など、リサーチが難しい部分もキャリアアドバイザーが教えてくれる可能性もあるでしょう。

転職エージェントを利用する際は、受け身ではなく主体的に行動すること、そして本音で相談することが大切です。

希望をきちんと伝えてキャリアアドバイザーに正しくサポートしてもらうことで、ミスマッチの少ない転職につながります。

自己分析で譲れない条件を明確にする

ノートに書かれたチェック項目

まずは、転職で何を叶えたいのかという軸を明確にしておくことが大切です。

あれもこれもとたくさん挙げてしまう人もいるかもしれませんが、目標が多くなるほど叶えるのが難しくなることに加え、すべてを備える求人を見つけるのは難しいでしょう。

転職活動をする間に何となく妥協してしまい、内定がもらえそうな企業に目標を合わせて自分を納得させてしまうこともままあることです。

 ミスマッチのない転職を叶えるために、自己分析して譲れない軸を定めておく必要があるでしょう。

自分のスキル、大切にしたいこと、これからどうなりたいのかを明確にする課程で、自分の軸が見えてくるはずです。転職活動の際には必ず自己分析の時間を確保し、行動指針を作りましょう。

企業研究を怠らない

自己分析と併せて企業研究も重要です。きちんと情報収集しておくことで、合わない企業を排除することにもつながります。

基本情報や特色、募集条件などをピックアップしていくことで整理しやすくなるでしょう。

 企業研究することで、企業の求めている人材も理解でき、選考を有利に進めることにもなります。

企業研究をきちんとしていると判断されれば、選考でも好印象を与えることができるでしょう。

気になる企業はきちんと情報収集して、自分に合うか合わないかを判断して応募するかどうかを決めましょう。

採用面接でしっかり質問し入社前に疑問を解消しておく

面接

採用面接も、企業の情報収集の重要な場です。企業研究をきちんとしていても、会社の雰囲気を感じたり社員と直接話したりすることで、印象が変わることもあり得ます。

 面接での逆質問には、実際に働いたときのイメージがつくような質問を準備しておきましょう。

ホームページに掲載されているような内容でも、話を聞くとより詳しくわかることもあります。

面接を突破したら実際に働くということを念頭に置き、好印象を与えることだけに重点を置かず積極的に質問しておきましょう。

入社前の疑問が残らないよう、気になることはできるだけ確認しておくのがおすすめです。

転職後のミスマッチを起こさないために!活用すべき転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 豊富な求人を誇る転職サービス
  • 転職のミスマッチを防ぐべく求人先の詳細な情報を提供
  • 応募や進捗状況の確認ができる機能が使える
  • 面接を突破するためのセミナーがある

「リクルートエージェント」は、豊富な求人数を誇る転職エージェントです。保有求人はもちろん、それを上回る数の非公開求人を保有しており、転職先の選択肢を増やすためには欠かせません。

業界に精通したキャリアアドバイザーが担当につき、求職者を全面的にサポート。ミスマッチを防ぐために、転職のノウハウや求人の詳細な情報を提供しているのが特徴です。

 採用のミスマッチを防ぐべく、求人先企業の正しい情報提供を掲載企業側に呼び掛けています。

自分の提示した条件に合わせた求人を提案してくれるため、初期段階時点でのミスマッチを防ぎやすいでしょう。

応募や進捗状況の確認がひとつでできる機能を使えたり、面接を突破するためのセミナーに参加できたりと、転職活動をスムーズに進めることができるサービスが充実しているのも魅力のひとつ。

キャリアの棚卸しもサポートしてくれるため、自分の希望を見つめ直すこともできるかもしれません。

公開求人数※2022年11月6日時点 295,180件
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人提案
  • スカウトサービス
  • 職務経歴書作成機能
  • スケジュール管理機能
  • 応募書類の添削
  • 模擬面接
  • 年収交渉
  • 転職セミナー
  • 個別相談会
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

出典:リクルートエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 各業界専任のキャリアアドバイザーが転職をサポート
  • 企業への営業担当が企業側の要望を求職者に積極的に提供
  • 回数、期間に関わらず夜間や土日の相談もできる
  • 面接対策では回答を通して伝えるべき情報を的確にアドバイス

「マイナビエージェント」は、各業界専任のキャリアアドバイザーが希望に合わせた最適な求人を提案してくれる転職サービスです。

人材サービスを提供するマイナビの太いパイプを活かした、ここでしか出会えない求人も多く保有しています。

マイナビエージェントの強みは、企業と求職者双方の意見や希望をしっかり確認することによるマッチング力。企業への営業を担うリクルーティングアドバイザーが企業側の要望を共有してくれます。

 社内の雰囲気、働く人の様子など、求人票だけでは分からない情報を教えてくれるため、ミスマッチが起こりにくいでしょう。

内定後の企業からのフィードバックにより、内定が出た人でなかった人の人物像を把握していることも、マッチング力が高い理由です。

回数や期間に関わらず、夜間や土曜日にも相談可能。WebやLINEでも気軽に相談できるため、困ったときに頼りやすい点もポイントです。仕事をしながらの転職活動でも安心でしょう。

面接対策に特に注力しており、過去の質問などをもとに求職者から伝えるべき情報を的確に教えてくれます。

公開求人数※2022年11月6日時点
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人提案
  • 職務経歴書作成機能
  • 模擬面接
  • 応募書類の添削
  • 年収交渉
  • 転職セミナー
  • 個別相談会
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社マイナビ

出典:マイナビエージェント

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 職務経歴書を登録しスカウトを受け取る受動的な転職サービス
  • ハイクラス転職や幹部職、管理職求人に特化
  • 企業のスカウト以外に優秀なヘッドハンターからのスカウトもある
  • 有料会員であれば使えるコンテンツが増え情報収集に役立つ

「ビズリーチ」は職務経歴書を登録しスカウトを受け取る、スカウトがメインの転職サービスです。どんな企業からどのくらいスカウトが届くのかにより自分の市場価値を把握することにもつながります。

取扱いのある企業は、年収1,000万円越えの求人が1/3以上と、ハイクラス求人や幹部職・管理職求人に特化。スキルに自信がある、キャリアアップを目指しているという人におすすめです。

 企業からのスカウト以外に、ヘッドハンターからスカウトが届くことも。転職をサポートしてくれる心強い存在です。

スカウトを受け取るためには、職務経歴書にこだわる必要があります。その過程で自己分析することにもつながり、自分の希望を明確にすることができるでしょう。

有料会員である「プレミアムステージ」ではすべての求人の閲覧が可能です。また情報収集に役立つ「シゴト観検索」や「ビズリーチキャリアコンシェルジュ」などのコンテンツを利用することができます。

ミスマッチを防ぐには、プレミアムステージでしっかり情報収集するのがポイント。上手く活用してハイクラス転職を叶えましょう。

公開求人数※2022年11月6日時点 84,067件
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 優良企業からのスカウト
  • ヘッドハンターからのスカウト
  • 適職診断
  • 転職コンテンツ
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社ビズリーチ

出典:ビズリーチ

転職後にミスマッチを感じたらどうすべき?

悩む男性

どんなに事前に対策していても、実際に働いてみないとわからないこともたくさんあります。転職後にミスマッチを感じることは多少なりともあるでしょう。

まずは、感じたミスマッチが時間や環境の変化で解決する可能性について考えてみてください。人間関係の場合、異動の可能性や人員の入れ替えなどがあれば変わる可能性も十分にあるでしょう。

 人間関係は少しの変化で大きく環境が変わります。転職してすぐにミスマッチ捉えるのは時期尚早である可能性も。

なんだかうまくいかないからといってすぐにミスマッチと判断せず、いい方向に転換する方法がないかどうか考えてみましょう。

しかし、どうあがいても環境が変わらないと感じるなら、早めに見切りをつけることも大切です。

転職後は多少なりともストレスがありますが、大きすぎると感じたら早めに転職を検討するのもひとつの方法でしょう。

よくある質問

転職後のミスマッチを防ぐにはどうすべき?
転職後のミスマッチの対策としてまず初めにチェックしたい項目が、自己分析で譲れない条件を明確にすることです。あれもこれもとたくさん挙げてしまう人もいるかもしれませんが、目標が多くなるほど叶えるのが難しくなることに加え、すべてを備える求人を見つけるのは難しいでしょう。自分のスキル、大切にしたいこと、これからどうなりたいのかを明確にする課程で、自分の軸が見えてくるはずです。転職活動の際には必ず自己分析の時間を確保し、行動指針を作りましょう。
転職後のミスマッチはなんで起こる?
転職後のミスマッチが起きてしまう要因として最も大きなポイントが、自分のスキルが企業とマッチしていないことです。転職したものの仕事についていけず、向いていないと感じることになるでしょう。必死に努力して自分のスキルを高めることができれば成長にもつながりますが、ついていけず転職を考えるケースも少なくありません。
転職でミスマッチを感じたらすぐに退職するべき?

企業側としては採用にはコストをかけているため、最も避けたいのが採用後すぐに辞められてしまうことです。そのため、早期離職の可能性があると判断されると、敬遠されやすくなってしまいます。辞めるに至った理由をきちんと説明して、納得してもらえない限り、不利になってしまう可能性が高いでしょう。

転職でミスマッチを感じたらすぐに辞めても良い理由は?
転職後のミスマッチでの早期退職は次の転職でも不利になりやすい傾向があります。ですが、転職理由によっては採用に影響がないこともあります。例えばパワハラを受けたブラック企業だったなどといった、合理的な理由が挙げられますまた、ポジティブな理由で転職に至り、長く働きたいということがきちんと説明できる場合も、採用につながりやすいでしょう。
転職後にミスマッチを感じたら転職しない方が良い?
転職後にミスマッチを感じながら「嫌だな」という想いを抱きつつも働き続けることにもリスクもあります。仕事へのモチベーションが上がらず効率が下がり、その他のミスマッチが生じる可能性もあるでしょう。ストレスを感じながら過ごすことにより、精神的な病気になる恐れもあります。ストレスが大きいと感じるなら、できるだけ早急に行動する方が得策かもしれません。
転職後のミスマッチを防ぐために転職エージェントを使うのは得策?

転職サイトを使って自分で転職活動を進める場合、情報収集は全て自分でする必要があります。その点転職エージェントを利用すれば、業界や企業の情報に精通しているキャリアアドバイザーのサポートを受けながら転職活動を進めることができます。職場や社内の雰囲気、人間関係など、リサーチが難しい部分もキャリアアドバイザーが教えてくれる可能性もあるでしょう。

どんな人が転職後のミスマッチが起きやすい?
転職後にミスマッチを感じる人の特徴としてまず挙げられるのが、自己分析が不足している人です。自己分析が十分でないと、転職の軸が不明確なままになり、自分がどのような条件や企業に合うか、どのような仕事をしたいかがあやふやな状態で、企業選びをしてしまうことになりますこのような自己分析の不足さが仕事のミスマッチを引き起こす原因になってしまいます。

まとめ

今回は転職後のミスマッチについて、詳しく解説しました。転職後のミスマッチはどうしても起こり得ることですが、転職前の事前準備で軽減することはできるでしょう。

転職エージェントを活用して、求人票以外の企業情報を教えてもらい、合う合わないの判断材料にするのがおすすめです。

選考を有利に進めるサポートもあり、活用しない手はありません。

自己分析や企業研究を念入りにして、転職後のミスマッチをできるだけ最小限に抑えた希望の転職を叶えてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事