転職に役立つ自己分析とは?5つのステップでやり方をチェック!

転職に役立つ自己分析とは?5つのステップでやり方をチェック!

転職活動を成功させるためには、書類選考や面接をクリアする必要があります。その際、ほかの応募者と差をつけなければ、採用は難しいでしょう。

企業から採用してもらうためには、書類添削や面接対策などの事前の準備で、周りと差をつけることができます。

より効果的にアピールするためには、自己分析が欠かせません。

そこで今回は、転職を成功させるために必要な自己分析について解説します。

この記事でわかること
  • 転職に自己分析が必要な理由
  • 自己分析の5ステップ
  • 自己分析に強い転職エージェント4選

自己分析を強化して理想の転職を成功させたい人は、ぜひ参考にしてください。

転職時に自己分析が欠かせない3つの理由とは?

資料

「転職を検討するなら、まずは自己分析から」という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?転職先や職種・業種を探る前に、自己分析をしなければ、転職活動は成功しにくいのが現状です。

では一体、なぜ自己分析が重要なのでしょうか。ここでは、自己分析が重要な3つの理由を紹介します。

ライバルとの差をつけるため

転職活動をしているのは自分だけではなく、周りにたくさんのライバルがいることを忘れてはいけません。転職先に自分を見つけてもらうためには、ライバルに差をつける必要があります。

 過去のスキルや実績、性格から、採用するメリットを挙げるために、自己分析は欠かせません。

自己分析で自分を偽ってライバルを差をつけると、入社後にミスマッチを起こすため、性格が自己分析が大切です。

ライバルより秀でている点を自己分析で見つけましょう。

自分に合った転職先を見つけるため

書類を渡す人

自己分析をせずに転職先を探し始めてしまうと、自分に合った企業を見つけることができません。転職は入社がゴールではなく、入社後が重要です。

 自分の経験が活かせる企業か、性格に合った働き方ができるか、自分の優先したい事項はどこなのかなどを把握してから転職先探しをしましょう。

入社後にミスマッチが発覚すると、早期転職を繰り返すことにもなり得るため、転職先を探す前に自己分析が必要です。

転職の目的を明確にするため

仕事をする人

転職しよう!という気持ちのままに転職活動を進めていくと、当初と目的が変わってしまうことも少なくありません。転職の目的を明確にするためにも、自己分析は大切です。

 まずは、転職したいと思ったきっかけは何だったのかが振り返ってみることが重要です。

就業時間や給与、待遇、年間休み、勤務地など、今の職場で改善できる場合は、無理に転職する必要はないでしょう。

本当に転職が必要なのか、一度立ち止まって考えてみましょう。

転職時の自己分析を5つのステップでチェック!

転職活動前に自己分析をしようと思っても、どのような工程から行えば良いのか迷うことも珍しくありません。

そこで、以下のようにいくつかのステップに沿って自己分析を行うのがおすすめです。

自己分析を行う5つのステップ
  1. 転職で実現させたいことを書き出す
  2. やりたくないことや苦手なことを書き出す
  3. スキルや経験・資格を書き出す
  4. 趣味や好きなことから仕事に繋がるものを書き出す
  5. 自己分析ツールを使って診断する

それぞれを具体的に見ていきましょう。

1.転職で実現させたいことを書き出す

デスク

転職したいと思ったきっかけは、自己分析するときに役立ちます。その際、なぜ転職を決意したのか、転職してなにを実現したいのかを明確にしておきましょう。

転職目的の例
  • やりたかった職種・業種への挑戦
  • キャリアアップを目指す
  • 休日や福利厚生を優先

転職で目指すものが明確でないと、転職活動をしていくうちに軸がぶれて、目的とは異なった転職先に決めてしまうことになります。

目的を明確にしておくだけで、企業選びも絞り込めますね。

2.やりたくないことや苦手なことを書き出す

自己分析をする過程では、やりたい仕事や入りたい企業は浮かぶ人が大半です。しかし、やりたい仕事や得意なことと同じくらい、やりたくないことと苦手なことを分析しましょう。

 やりたくないこと、苦手なことを明確にしておくことで、選定企業を消去法で選ぶことができます。

入りたい企業であっても、自分が担当する部署で苦手な作業ややりたくない業務がある場合は、転職を避けた方が賢明です。過去の仕事内容やこれまでの経験から洗い出しておきましょう。

3.スキルや経験・資格を書き出す

タブレットを操作する人

転職における自己分析では、スキルや経験、資格の棚卸が必須です。今までの経験から自己分析を行っていくことで、得意とすることや自分が目指すキャリアが明確になることもあります。

書き出すときには、資格取得した年月日や経験した年度なども合わせて書き出しておくと、履歴書や面接のときに役立ちます。

時系列に合わせて飲食的な出来事も紐づけておくと、面接でスマートに受け答えできますよ。

4.趣味や好きなことから仕事に繋がるものを書き出す

転職活動における自己分析では、プライベートの経験や好きなことが仕事に活きることがあります。

 社会人経験が少ない人や、同じ仕事に長い間従事しており、ほかの経験が少ない人は、普段の自分を分析してみるのもおすすめです。

ただ、趣味がそのまま仕事になることは少ないため、そこから得意を導き出す必要があります。自分で強みがわからない人は、周りに聞いたり転職エージェントなど転職支援のプロに聞くのがおすすめです。

SNSを見るのが好きや、ゲーム好きなど趣味が仕事に活かせることも多いですよ。

5.自己分析ツールを使って診断する

デスクワーク

自分一人で自己分析をしようと思うと、なかなか先に進めずつまずいてしまうことがほとんどです。また、どのように分析を進めていけば良いのか悩むことも多いでしょう。

そこで役立つのが、自己分析ツールです。

 自己分析ツールは、心理テストのように質問に答えていくことで分析されるため、短時間で向ている仕事や性格などさまざまな要項がわかります。

自己分析ツールは、ネット上で専用のワークシートがダウンロードできたり、転職サイトで利用できたりします。

無料のものがほとんどなので、手軽に試せるのも魅力ですね。

自己分析に悩んだら転職エージェントの利用が吉

握手をする人

転職エージェントの中には、登録者が自由に自己分析できるようにツールを提供しているものもあります。

 職種やキャリア、性格や悩みやすい項目など、さまざまな角度から診断してもらえるので、ぜひ利用するのがおすすめです。

また、自己分析ツールはデータをもとに個人を当てはめてカテゴライズしますが、データだけでは一人ひとりにマッチしにくい部分があるのも事実です。

そこで活躍するのが、アドバイザーの存在です。実際に転職希望者とやりとりして、ツールだけではわからない潜在意識などを明らかにしてくれます。

自己分析ツールと合わせて活用するのが転職成功のカギになるでしょう。

自己分析におすすめの転職エージェント4選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 実績豊富な転職アドバイザーが担当してくれる
  • 自己分析セミナーの受講可能
  • ケースに合わせた転職支援を実施

リクルートエージェントは、株式会社リクルートが運営する日本の大手転職エージェントです。リクルートエージェントでは、実績が豊富なアドバイザーによる自己分析のサポートを受けることができます。

 求人は公開求人のほかに、非公開求人が多数あり、登録者にしか紹介されない仕組みになっています。

担当するアドバイザーは各業界に精通しているため、自分が希望する職種・業種に特化した分析やアピール方法を提案してくれます。

自己分析セミナー

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、自己分析セミナーを随時開催しています。転職に欠かせない、企業選びから自己PR、志望動機に特化したセミナーです。

初めて転職をしようと思っている人はもちろん、なかなか理想の転職ができない人は、自己分析が間違っていることが原因かもしれません。

 効率良く転職活動を進めたい人や、自分の強みやアピールポイントを見つけたい人におすすめのセミナーです。

参加は無料でオンラインで実施されるため、場所を選ばず参加することができます。参加には会員登録が必須なので、事前に登録しておきましょう。

正しい自己分析をすれば、転職活動もスムーズにいきますよ。

公開求人数※2022年8月2日時点 248,626件
非公開求人数※2022年8月2日時点 284,322件
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 転職ノウハウ
  • セミナー開催
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

出典:リクルートエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 年齢や転職回数に応じたサポートが充実
  • 転職ノウハウが充実
  • 知りたい情報をキャリアアドバイザーが提供してくれる

マイナビエージェントは、転職者の年齢や転職回数に応じた転職支援を行っている転職エージェントです。サポートしてくれるのは、業界に通じたアドバイザーと企業担当者であるため、入社前に企業のことを深く知ることができます。

 また、転職先を探す前のヒアリングに力を入れており、キャリアプランや希望などを自己分析しながら相談することができます。

アドバイザーと話しているうちに自己分析が明確になることもあるため、まずは相談して自分のことを伝えることが重要です。

アドバイザーとの自己分析ののち、ノウハウを活用したいですね。

ビズキャラ性格診断

ビズキャラ診断

マイナビエージェントでは、12匹・60種類の動物でビジネスタイプや適職を知れる「ビズキャラ性格診断」を利用できます。

 生年月日をもとに、個性心理学に基づいて人間の個性を12種類の動物と60種類のキャラクターで表現した個性分析ツールです。

診断ツールはあくまでも簡易的なものですが、性格や適職、責任感、金銭感覚、キャリアアップ方法などが分かるため、自分の隠れた性格を知るきっかけになるかもしれません。

公開求人数※2022年8月2日時点
非公開求人数※2022年8月2日時点
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 転職ノウハウ
  • 書類添削・模擬面接
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社マイナビ

出典:マイナビエージェント

doda

doda

おすすめポイント
  • 転職に役立つセミナーを随時開催
  • 年収査定や仕事力、転職タイプなど独自の分析ツールが豊富
  • 専用アプリで快適な転職活動ができる

dodaは、転職サイトとエージェントのどちらの側面も併せ持つ転職エージェントです。月曜と木曜の週に2回新着求人を更新しており、常に新しい情報を手に入れることができます。

 働き方や休日、福利厚生に職場環境など、細かい条件をもとに仕事探しができるのが特徴です。

また、自己分析の診断ツールが豊富なので、自分の理解度を深めるためにも役立ちます。

転職タイプ診断

転職タイプ診断

転職タイプ診断では、仕事のどんなところにやりがいを感じるのかなど、現状と理想を照らし合わせてわかる診断です。

 今の仕事に対する満足度もチャートで可視化できるため、自分自身が何に満足しているのか・不満を感じているのかも一目でわかります。

仕事の探し方や、本当に転職が必要なのか悩んでいる人におすすめです。

キャリアタイプ診断

doda キャリアタイプ診断

キャリアタイプ診断は、120の質問に答えることで、転職の可能性やキャリアを多角的に判断してくれる診断ツールです。適した働き方や企業の特徴に迷っている人におすすめです。

診断でわかること
  • 性格・気質
  • 能力傾向
  • 行動基準
  • 仕事スタイル
  • 企業風土

総合して自分を理解することで、自己PRや企業選びに役立ちます。サービスの利用には、dodaの会員登録が必要です。

目先の転職だけでなく長期のキャリアを考えるうえでは、診断した方が得策ですね。

公開求人数※2022年8月2日時点 150,009件
非公開求人数※2022年8月2日時点 非公開
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 転職ノウハウ
  • 分析ツール提供
利用可能地域 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

出典:doda

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20's

おすすめポイント
  • 20代に特化した転職サービス
  • 世界を対象とした自己分析の適性試験がある
  • 未経験可能の仕事を70%以上保有

マイナビジョブ20’sは20代に特化した転職サイトで、登録者の70%以上が社会人経験3年以内の20代です。未経験OKの仕事も全体の70%以上あるため、社会人経験の浅い20代にはメリットでしょう。

すぐに転職したい人以外に、転職に迷っている時点での登録も可能です。

 自己分析に役立つ適性試験では、世界中で年間数千万人が受験しており、データの多さと信頼性が魅力です。

また、転職実績の豊富なマイナビグループのサービスであるため、ノウハウが充実しており転職を有利に進めることができます。

30代の転職希望者は、マイナビの利用ができますよ。

マイナビジョブ20’s 適性診断

マイナビジョブ20's 適性診断

マイナビジョブ20’sでは、自分のパーソナリティを9つの側面からチェックできる「適性診断」を利用できます。

 キャリア診断を受けることで、キャリアアドバイザーからより具体的なアドバイスや主観的な診断を受けることが可能です。

自分の行動スタイルと照らし合わせながら仕事上の強み・弱みを分析できるため、強みを活かせる仕事選びや面接でのアピールポイント探しにも役立つでしょう。

公開求人数※2022年8月2日時点
非公開求人数※2022年8月2日時点
主なサービス・機能
  • 求人紹介
  • 転職ノウハウ
  • 適性試験
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社マイナビワークス

出典:マイナビジョブ20’s

まとめ

今回は、転職時に自己分析が欠かせない理由や自己分析を行うための5つのステップ、自己分析におすすめの転職エージェントなどを解説しました。

転職を成功させるためには、自己分析は欠かせません。また、転職に迷っていて、現時点では転職しない決断をしたとしても、自己分析結果から、キャリアの方向性や働き方の工夫などができます。

自己分析は自分でわかるものではないため、第三者に判断してもらうことや、ツールを用いて判断することで、客観的に見ることができます。

転職エージェントでは、自己分析ツールが用意されていることが多いほか、アドバイザーの意見から自分を正しく導けるでしょう。

記事内でご紹介した転職エージェントでは、無料でさまざまな自己分析ツールを利用できます。それぞれのツールを比較しながら、自分に合ったサービスを活用して自己分析・転職活動をしてみてください。

複数のエージェントを併用して色々な自己分析ツールを活用するのもおすすめですよ。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事