正しい会社の辞め方・すぐに退職する手順や退職理由の伝え方を紹介

正しい会社の辞め方・すぐに退職する手順や退職理由の伝え方を紹介

入社前とのギャップに不満がある場合や他にやりたいことが見つかった場合など、キャリアチェンジや年収アップを目指して転職を検討している方は多いのではないでしょうか。

しかしながら、今在籍している会社を辞めなければ次のステップへ進むことはできません。今すぐにでも会社を辞めて転職先を探したいと考える方もおられるでしょう。

しかし、衝動的に退職すると会社へ迷惑をかけてしまう恐れがあるため注意が必要です。円満に退職日を迎えるためにも、できるだけスマートに会社を辞めるよう努力する必要があります。

そこで今回は、スマートな会社の辞め方について、退職までの手順や退職理由の伝え方などを解説していきます。円満に退職したい方・すぐに会社を辞めたい方は、参考にしてみてください。

「新卒からベテラン社員まで使える内容です。転職活動のポイントも紹介していますよ。」

【新卒でも使える】正しい会社の辞め方・すぐに辞める手順

会社を辞める決意をしたら、退職日までに何をするべきなのかを把握することから始めましょう。退職までの大まかな流れを把握しているだけでも、計画を立てやすくなります。

ここでは、退職から入社までの流れを以下の手順で解説します。

「退職・入社の流れ」
  1. 退職のプランを立てる
  2. 退職を報告する
  3. 退職願を提出する
  4. 引継ぎを行う
  5. 退職日を迎える
  6. 転職先へ入社する

①退職プランを立てる

記入する

退職を決めたら、会社を辞めるためのプランを立てましょう。法律では、退職の意思は退職日から2週間前までに伝えなければならないとされています。

 企業の就業規則によっては、1~2ヶ月前までに退職する意思を伝えなければならないと決められている場合があるため、注意が必要です。

ただ基本的には、退職の意思表示をすれば原則的には2週間後に退職することが可能です。

「有給の残り日数も忘れずに確認しておきましょう。」
※参照https://srsoumu.jp/952.html

②上司に退職の意思を伝える

資料

退職プランを立てたら、上司に退職の意思を伝えます。

 しかし、退職の意思を伝えた途端に強く引き留められ、会社を辞められなくなってしまうケースもあるようです。

期間に定めのない労働契約を結んでいる場合は、前述したように2週間前までに退職の意思を伝えていれば、たとえ引き留められたとしても退職をすることができます。

期間を定められた労働契約を結んでいる場合は、契約期間中は原則的に働く義務がありますが、一定の条件を満たせば労働者の意思で退職することが可能です。

「どうしても退職を認めてもらえないなどのトラブルがあれば、管轄の労働基準監督署に相談してみましょう。」

※参照https://www.houterasu.or.jp/app/faq/detail/01285

退職交渉のポイント

会議

退職の意思表示を伝えると、上司や人事担当者との話し合いの場が設けられることがあります。

自分の希望も叶えつつスマートに辞めるには、誠意を見せながらも自分の意見をしっかり伝えることが大切です。

「退職交渉のポイント」
  • 引き継ぎをしっかり行う誠意を見せる
  • 引き留められても自分の意思を貫く

退職交渉の席では「会社にいてもらわないと困る」「後任の決まる○月までは働いてほしい」という申し出があるかもしれません。

また、不満点を解消するという理由で好条件を提示されることがあるかもしれません。説得に応じて会社に残ったとしても、希望が叶うとは限らないため、しっかり検討しましょう。

 ただし、転職先が決まっている場合、退職日をずらすことで迷惑がかかることがあるため、退職日の延長交渉は断るようしましょう。

転職先が決まっていない場合は、退職によって収入減を失うリスクを防ぐために退職日を延長する選択肢もあります。

ただし、その場合も無期限で延長するのではなく、期間を定めた上で応じることがおすすめです。

「上司の意見や提案に流されず、自分の意思をはっきりと伝えましょう。」

③退職願・退職届を提出する

画像

退職の交渉が終わったら、退職願・退職届を提出します。これらの書類を提出するタイミングは退職交渉を終えたあとです。

 自分の好きなタイミングで出せるものではないため、ご注意ください。

また、退職願・退職届のどちらを提出すればよいのか分からない場合は、就業規則に明記されていないか確認してみましょう。

「会社によっては、書類を提出せずに手続きを進める場合もありますよ。」

④業務の引継ぎを行う

会社 

退職手続きと同時進行で、担当業務の引き継ぎも行いましょう。

両立するとタイトなスケジュールになってしまうかもしれませんが、余裕をもって引き継ぐためにも早めに取り掛かることが大切です。

「後任者が理解しやすいよう、資料やメモを残すのも効果的ですよ。」

⑤必要書類を提出し、退職日を迎える。

メモ

引き継ぎが完了したら会社に備品を返却し、退職日を迎えます。退職時に受け取る書類と返却する備品は、主に以下の通りです。

「会社に返却する備品例」
  • 身分証明書
  • 名刺
  • 健康保険証
  • 書類・パソコン・データなど
  • その他の消耗品など
「退職後に受け取る書類例」
  • 離職票
  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票

必要な書類や受け取る書類の種類を把握しておけば、よりスムーズに退職・転職できます。

 

 

「会社により異なる場合があるため、必ず各自でご確認ください。」

⑥転職先へ入社する

ネクタイ

転職先の入社時にも、さまざまな書類が必要となるため、早めに準備しておきましょう。転職先の入社時に必要となる書類は、主に以下の通りです。

「入社時に必要な書類例」
  • 扶養控除(異動)申告書
  • 健康保険被扶養者(異動)届
  • 給与振込届
  • 健康診断書
  • 入社承諾書・入社誓約書・内定承諾書
  • 身元保証書
  • 免許や資格の証明書
  • 退職証明書

入社時に必要な書類の中には、前もって手元に用意しおかなければならないものもあります。どの書類が手元にあって、どれを用意する必要があるのか確認しておきましょう。

「こちらも会社により異なる場合があるため、必ず確認が必要です。」

退職理由を伝える際のポイント

スムーズに退職するためには、退職の理由の伝え方が重要です。退職理由は人それぞれですが、実際に上司との交渉の場ではすべてをありのままに伝えるのが望ましいとは限りません。

そこで、ここでは退職理由を伝える際に伝えても良いこと・伝えない方が良いことをまとめました。

伝えても良いこと

画像

交渉の場で伝えても良いことには、主に以下のようなものがあります。

「伝えても良いこと」
  • 前向きなキャリアプラン
  • やってみたい仕事がある
  • 体調不良
  • 家庭の事情

交渉の場で伝えるべきことは「退職する理由」です。前向きな理由や、やむおえない理由であれば相手の同意を得られやすいでしょう。

 

 

 

 

 

「夢の実現に向けた前向きな理由や、やむを得ない事情がある場合は伝えやすいですね。」

伝えない方が良いこと

静か

反対に、たとえ事実であったとしてもできるだけ伝えない方が良いことには、以下のようなものがあります。

「伝えない方が良いこと」
  • 今の仕事への不満
  • 会社への不満・批判
  • 職場の人間関係

円満に会社を辞めるのであれば、なるべく会社に対してネガティブなことを言わないようしましょう。ちょっとした発言がきっかけでトラブルに発展する可能性もゼロではありません。

「円満退職のためには、これらの理由はできるだけ伏せておくことをおすすめします。」

電話で退職意思を伝える注意点

画像

転職の意思を伝える際は、上司と対面して直接伝えるのが一般的です。しかし、以下のような理由で直接伝えることが難しい場合もあるでしょう。

「直接伝えられないケース」
  • 体調不良
  • 身内の看護・介護で離れることができない
  • 上司によるパワハラなどが原因で出社が難しい

どうしても直接伝えられない場合の対処法として、電話で退職意思を伝えるケースも考えられます。

電話で退職意思は伝えられる

結論から述べると、電話で伝えることも可能です。

 曖昧な言い方では退職の意思が伝わらず無断欠勤扱いになってしまう可能性があるため、はっきりと自分の意思を伝えましょう。

また、相手によっては電話で退職の意思を伝えることを不快に感じるかもしれません。したがって、直接伝えられない事情を説明し、謝罪の言葉も添えましょう。

「謝罪の気持ちを伝えるだけでも、相手の印象を良くすることができますよ。」

書類は郵送で処理することも可能

封筒

電話で退職の意思を伝えた場合でも、書類上の手続きは規定通り行われます。書類の返却や提出時にも出社が難しい場合は、郵送でやり取りを行うことも可能です。

「出社が難しいことを伝えた上で、郵送でのやり取りを希望する旨を伝えましょう。」

退職届の書き方

即日退職を希望する人

会社を辞めるために退職届を書く際、大きく分けて以下4つのフローが必要になります。

退職届・退職願・辞表の違いを把握する

まず会社の辞め方を考える時、同時に退職届・退職願・辞表の違いを正確に把握しましょう。

退職願 退職を会社にお願いするための書類で、直属の上司に提出することが一般的。
退職届 退職が確定した後、上司に相談し人事や経営陣に渡す。
辞表 社長や取締役など、雇用関係のないレイヤーが役職を辞める際に提出する書類。

会社を辞めることが確定してから作成する書類が退職届となるため、退職願と混同しないように注意して下さい。

 退職届を提出したからには、退職が確定します。

上記3つの違いが把握できた後、実際に退職届を作成していきましょう。

役職や立場、状況で提出する書類は変わるため注意して下さい。

就業規則に目を通す

書類添削

退職届を書き始める際、まずは会社の就業規則を確認しましょう。

基本的には企業ごとに、退職日のどれくらい前に申告しなければならないか決められているケースが一般的なため、退職届を出して次の日に辞められるわけではありません

 法律上では14日前と定められていますが、企業によっては1~2ヶ月前の申告を義務付けているケースもあります。

もしも規則に沿っていないタイミングだと、退職が引き止められるなど、スムーズにことが運ばないケースも珍しくありません。

就業規則を把握していないと、退職届を出してからトラブルになるケースもあるため要注意。

退職届を準備する

規則の確認ができたら、退職届の作成に必要なものを用意します。

退職届を作成する際に必要なもの
  • 白い便箋
  • 封筒(白の無地が好ましい)
  • 黒色のボールペン(鉛筆・消えるボールペンは会社側から作成し直しを命じられるケースもあります。)

会社を辞める書類となるので書き損じの可能性なども考慮し、便箋や封筒は予備も用意すると良いでしょう。

上司に確認した後、会社が定める部署に退職届を提出して下さい。

退職届の内容

退職届は縦書き・横書きどちらでも良いですが、以下の内容を順番に記載しましょう。

退職届に書く項目
  1. 書き出し:私儀と記入。
  2. 退職理由:自己都合で退職する場合「一身上の都合」と記入。
  3. 退職日:上司と話し合い、決まった退職日を記入。
  4. 文末:「退職いたします」と事実を記入。
  5. 提出年月日:退職届を提出する日を記入。
  6. 所属部署・氏名:自分の所属部署・氏名を記入。
  7. 宛名:最高執行責任者の名前・役職を記入。(一般的には代表取締役社長)

手書き・パソコン問わず、内容は上記の流れで作成しましょう。その後便箋を三つ折りにし、封筒に入れると退職届の作成完了となります。

後は会社に提出して、話を進めていき全行程が終了となります。

退職代行とは?利用はおすすめ?

サポート

退職代行とは、その名のとおり会社を辞める際に一連の業務を代わりに行ってくれるサービスです。

「会社の辞め方がわからない」「会社を辞める言い方がいまいち浮かばない」など、自分で退職を切り出すことが難しい人からは、評価の高いサービスのため利用してみると良いでしょう。

退職代行のメリット

退職代行の利用をおすすめする理由として、以下3つのメリットがあります。

退職代行のメリット
  • 自分で会社に辞めることを伝えなくて良い
  • 確実に退職できる
  • メンバーと合わなくて良い

多くの人が退職を切り出す際に気まずさを感じると思いますが、退職代行を経由することで精神的負担を減らせます。

また退職は法律で守られている権利のため、執拗な引き止めに合うブラック企業であったり、退職相談が難航したりしても確実に退職が可能です。

 精神的負担・相談にかかる時間など面倒なことを全て代わりに行ってもらえる点は大きな魅力。

退職代行を利用することで上司や社長など会社の人と会う必要がないため、「どのように伝えよう」「なんと切り出そう」と辞め方や理由の言い方を考えずに済みます。

精神的負担を軽減し、確実に辞められる退職代行は辞め方に困っていてすぐ退職したい人におすすめです。

退職代行のデメリット

デメリット

一方でデメリットしては、以下2つのが挙げられます。

退職代行のデメリット
  • 利用のために費用がかかる
  • 悪質な退職代行もゼロではない

まず最初に退職代行の有料のサービスのため、約3~5万円ほど費用がかかります。

会社をやめることにお金をかけて良いかどうか人により価値観は変わるため、場合によってはコストがかかることが大きなデメリットと感じるでしょう。

 確実に会社を辞められる退職代行ですが、そこにお金を払う価値を感じるか考えてみましょう。

また稀に悪質な退職代行業者も存在し、退職が難航し会社に出向かなければいけなかったり、時間がかかったりするケースもゼロではありません。

退職代行を利用する際は口コミや評判なども確認し、複数社比べてから利用するサービスを決めることを推奨します。

評判の高い退職代行も、一定のデメリットがあるため事前に確認しましょう。

退職代行で辞めることは失礼?

悩み

会社を辞める際、直接言わずに退職代行を経由しても失礼には当たりません。

お世話になった上司や同僚の気持ちを考えるケースも分かりますが、現在の市場では退職代行を利用する人も多いので安心して下さい。

 退職代行を利用し、直接言い出せない環境だった企業側にも問題があるでしょう。

個人的にどうしてもお礼をしたい人などがいれば、個別で連絡を入れるなどして対応すると良いです。

退職代行を利用することは悪いことではないので、特に不安な気持ちを持つこと無く利用しましょう。

会社を辞めたい方向け!転職活動のポイント

会社を辞める決意をしたら、転職活動をして次の仕事を見つける必要があります。ここでは、転職活動のポイントや知っておきたい知識を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

転職活動のパータン

転職活動は、以下の2パターンがあります。

「転職活動のパターン」
  • 仕事を続けながら転職先を探す
  • 退職してから転職先を探す

仕事を続けながら転職先を探すと、経済的に安定した状態で転職活動を行えるため、気持ちにゆとりを持って理想の転職先を探すことができるしょう。

 しかし、仕事と転職活動の両立に負担を感じやすいため、長期的に両立するのはおすすめではありません。

また、先に退職をしてから転職活動をする場合は時間に余裕があるため、多くの企業と面談をするなど時間をかけて転職活動を進めることができます。

 その反面、収入源を失っていることから貯金を崩しながら生活しなければならず、精神的に焦りが出てしまう恐れもあります。
どちらのパターンにもそれぞれメリット・デメリットがあるため、自分に合った方法で転職活動を進められるよう見極めることが大切です。

「どちらが自分に合っているか、慎重に検討しましょう。」

おすすめは転職エージェントの利用

画像

一人で求人を探すこともできますが、仕事と転職活動の両立に負担を感じる方もおられるかもしれません。

そこで、転職活動の際には転職エージェントを利用するのがおすすめです。転職エージェントを利用するメリットには、主に以下のようなものがあります。

「転職エージェントを利用するメリット」
  • 自分の希望に合う転職先を紹介してもらえる
  • 転職に向けてさまざまなサポートを受けられる
  • 応募書類を添削してもらえる
  • 面接対策をしてもらえる
  • 退職の相談にも乗ってもらえる

転職エージェントによっては、企業からスカウトを受けられたり、転職後の相談に乗ってもらえたりと独自のサポート体制を持っている場合もあります。

 また、非公開求人を多く扱う転職エージェントを利用すれば、転職サイトでは出会えなかった好条件の求人や大企業の求人に出会える可能性も高まります。

「転職エージェントを利用すれば、転職のプロにサポートをしてもらいながら求人探しや応募ができるため、一人で行うよりも効率良く進められるでしょう。」

退職に不安を抱えているなら、転職エージェントを利用しよう

転職エージェントは転職をスムーズに進めるためのお手伝いをしてくれるサービスです。好条件の非公開求人の紹介や、年収交渉の代行を行ってくれたりします。

しかし、転職エージェントのサポートは転職活動時だけにとどまりません。
業界最大級の求人数を誇る「リクルートエージェント」は退職時のサポートも行っています。
退職時サポート
  • 退職意思のスマートな伝え方
  • 辞めることを引き止められた場合のフォロー
  • 退職に手間取ったときの、転職先へのフォロー

このように多くの人が退職時に不安に感じるところは、ほぼすべてエージェントがフォローを行ってくれます。ぜひ利用してみましょう。

おすすめの転職エージェント4選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントのここがおすすめ!
  • あなたのアピールポイントをプロが見極め、おすすめの求人を提案してくれる!
  • 求人サイトには載っていない非公開求人が約10万件!自分にぴったりの求人が見つかる!
  • エージェントが日取りなどをサポートしてくれる!

※2020年8月時点

リクルートエージェントは、業界最大級の非公開求人数※1を誇る転職エージェントです。

 10万件以上の非公開求人を扱っているため、一人では見つけられなかった好条件の求人と出会える可能性も高いでしょう。※2

また、リクルートエージェントではITエンジニアやものづくりエンジニア、ハイクラス・高年収領域など専門領域に特化した転職支援も行っています。

これまでの経験やスキルを活かした転職を目指す方にもぴったりですね。

※1:参照https://www.r-agent.com/
※2:2021年4月時点

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書の添削
  • 担当者面談
公開求人数※2021年4月13日現在 109,107件
拠点 東京(本社)/北海道/東北/宇都宮/さいたま/千葉/西東京/横浜/静岡/名古屋/京都/大阪/神戸/中四国(岡山)/中四国(広島)/福岡

出典:https://www.r-agent.com/

doda転職エージェント

doda転職エージェント

おすすめポイント
  • 転職サイトと転職エージェントの機能を併用できる!
  • 大手から中小企業・ベンチャー企業まで幅広い求人を用意!
  • 年収査定で自分の給与相場がわかる!
  • 完全無料!

dodaは転職サイトと転職エージェントの両方の機能を持っています。

 自分で求人を探しながら、キャリアアドバイザーのサポートも受けられるということです。

アドバイザーは求職者のキャリアやスキルとともに、企業の目線から見て、その人が企業が求める人材かどうかを見極めます。これにより、選考に通過する確率もアップしますね。

また、簡単な質問に答えるだけで、自分の適正年収がわかる「年収査定」や手軽に職務経歴書を作ることができる「レジュメビルター」など、診断ツールが充実しています。

スキマ時間に転職活動を進めることができますね。
運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • スカウト
  • パートナーエージェントサービス
  • 転職ノウハウ
  • 転職Q&A
公開求人数 84,814件※2021年6月10日時点
拠点 全国対応可

丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

マイナビエージェント

スクリーンショット

マイナビエージェントは、求人紹介や書類添削、模擬面接などのサポートを無料で利用できる転職エージェントです。

20代に信頼される転職エージェントとしても知られているため、社会経験の少ない若手の方も安心して利用できます。

 マイナビエージェントには、さまざまな業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しています。

よって、現在の業界でさらなるステップアップを目指したい方はもちろん、違う業界にチャレンジしたい方も的確なアドバイスを受けることが可能です。

「各企業の人事担当者とのやり取りも行っているため、リアルな情報を聞くこともできますよ。」

※参照https://mynavi-agent.jp/

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
公開求人数※2021年4月13日現在 24,763件
拠点 京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

出典:https://mynavi-agent.jp/

パソナキャリア

スクリーンショット

パソナキャリアのここがおすすめ!
  • 利用者のカウンセリングを丁寧に行うので、それぞれにピッタリの求人が見つかる!
  • 業界ごとに専任のアドバイザーからのサポートを受けられる!
  • 模擬面接など、選考対策も充実!

パソナキャリアは、オリコン顧客満足度調査で4年連続No.1※1を獲得した実績を持つ転職エージェントです。

これまで取引を行った企業数は28,000社以上※2にも上ります。中には以下のように知名度の高い大手企業も含まれているため、キャリアアップを目指したい方にもおすすめです。

過去の取引先例
  • トヨタ自動車株式会社
  • アマゾンジャパン合同会社
  • 清水建設株式会社

また、転職後の年収アップ率は67.1%※3と半数を超えており、今の収入に満足していない方も収入アップが実現できる可能性があるでしょう。

利用者の転職への考えに寄り添ったサポートを受けることができます!

※1.2.3:参照https://www.pasonacareer.jp/

運営会社 株式会社パソナ
主なサービス
  • キャリアカウンセリング
  • 書類添削
  • 面接対策
  • 退職交渉
公開求人数※2021年4月13日現在 31,783
拠点 東京/大阪/名古屋/横浜/静岡/広島/福岡など

出典:https://www.r-agent.com/

まとめ

今回は、会社を辞めるための流れや退職理由の伝え方などを解説しました。

法律に従って退職の意思を伝えれば退職が認められるとは言え、できれば会社に迷惑をかけずに円満に退職日を迎えたいものです。

円満に会社を辞めるためには、きちんと退職までのスケジュールを立て、時間に余裕を持って引き継ぎや退職手続きを行うことがポイントとなります。

会社へ返却する備品や受け取る書類、転職先に提出する書類など用意すべきものも多いため、不備のないよう落ち着いて進めましょう。

また、一人で転職先を探すのが難しい場合は、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職のプロによるサポートを受けることで、今よりも条件の良い職場と出会えたり、自分自身のキャリアアップの機会を得たりとさまざまなメリットがあります。

今回解説した内容を参考に、スマートな退職の実現を目指してみてください。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事