仕事に行きたくない・会社を辞めたい時の対処法は?理由も詳しく解説!

仕事に行きたくない・会社を辞めたい時の対処法は?理由も詳しく解説!

ふとした瞬間「仕事に行きたくない」「会社を辞めたい」と思ったら、スルーせずに自分の心の声と向き合って見ても良いかもしれません。

自分では軽い気持ちのつもりかもしれませんが、心がSОSを出していたら早急に対処する必要があります。

毎日泣くほど辛いのに無理をしてそのまま働き続けたら、心も体も壊してしまうかもしれません。今回は以下の項目を徹底解説します。

この記事でわかること
  • 仕事に行きたくない・会社を辞めたい時の対処法
  • 仕事に行きたくないと感じる理由・原因
  • 会社を辞めたいと考えている人におすすめの転職エージェント

一人で悩まずに、この記事をぜひ参考にしてみてください。

仕事に行きたくない・会社を辞めたいと感じたら転職を考えよう

doda
リクルート
エージェント
パソナキャリア
マイナビ
エージェント
JAC
リクルートメント
リクルート
ダイレクトスカウト
ビズリーチ
doda
リクルートエージェント
パソナキャリア
マイナビエージェント
JACリクルートメント
リクルートダイレクトスカウト
ビズリーチ
公開求人数
84,259
117,600
35,272
27,352
11,204
69,304
約127,000
非公開求人数
35,646
177,389
10万件以上
109,408
16,806
非公開
116,752
対象年代
20代〜50代
20代〜50代
20代〜50代
20代〜30代
30代〜50代
30代〜50代
30代〜50代
対応エリア
全国
全国
全国
全国
全国
全国
全国
得意分野
総合求人
総合求人
総合求人
第二新卒など
20代の求人
外資系企業など
グローバル求人
ハイクラス求人
ハイクラス求人
イチオシ機能
年収交渉の代行
年収査定診断
年収交渉の代行
キャリアアドバイザーの親身なサポート体制
未経験職種への
転職サポート
グローバルネットワークを駆使した
海外転職事業
優秀なヘッドハンターからのスカウトサービス
企業やヘッドハンターからのスカウトサービス

仕事に行きたくない・会社を辞めたいと感じる理由や原因

まずは、仕事に行きたくない理由と向き合ってみましょう。

仕事に行きたくない理由
  1. 人間関係に悩んでいる
  2. 拘束時間が長い
  3. 仕事で結果を出しても正当な評価を受けられない
  4. 満員電車が苦痛
  5. やりたくない仕事がある
  6. 体調が悪い

重症化しないためにも、早めの対応がおすすめです。

①人間関係に悩んでいる

仕事に行きたくない・家にいたい理由(人間関係など)

仕事に行きたくない理由として多いのが、人間関係のトラブルです。

パワハラ・セクハラなどのハラスメントや、同じ部署に相性の合わない人がいるなど、職場内で人間関係に問題が生じていれば仕事にも集中できないでしょう。

 人間関係は、職場の良し悪しを見極める上でも重要なポイントです。

職場の人間関係が良ければ、辛い業務も乗り切れるかもしれません。

②拘束時間が長い

仕事に行きたくない・家にいたい理由(人間関係など)

残業が当たり前の環境にいると、長時間拘束されることによりプライベートな時間が極端に減ってしまいます。

朝早くに出勤して夜遅くに帰るという変わり映えのない日常に嫌気が差してしまうかもしれませんね。
 2~6ヶ月の残業時間が平均80時間を超えると、健康障害のリスクが高まると言われています。

残業時間が毎月80時間を超える日々が続くようなら、あなたの心と体の健康を失いかねません。

今一度、直近数ヶ月間の残業時間を振り返り、自分自身の心の声に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

出典:https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11202000-Roudoukijunkyoku-Kantokuka/0000138040_1.pdf

③仕事で結果を出しても正当な評価を受けられない

仕事に行きたくない・家にいたい理由(人間関係など)

「仕事に行きたくない」という気持ちは、肉体的疲労やハラスメントだけでなく、自分の取り組んだ仕事が正当に評価されないときにも出てくる感情です。

 真剣に取り組んだ仕事で結果を出して会社に貢献したとしても、ボーナスや昇給に反映されなければ仕事に対するモチベーションも低下してしまうでしょう。

そのマイナスの感情が引き金となり、仕事に行きたくない気持ちが芽生えてしまうことがあります。

④満員電車が苦痛

仕事に行きたくない・家にいたい理由(人間関係など)

朝夕の通勤・通学ラッシュで、満員電車やバスに揺られるのが苦痛という人も少なくありません。

 混み合った車内に長時間閉じ込められ、知らない人に圧迫される状況は、かなりのストレスになります。

また、香水や柔軟剤の香り、タバコや体臭など、満員電車の臭いもストレスの原因となることがあります。

満員電車を回避できる地方に移住したり、在宅でできる仕事に転職したりするのもおすすめですよ。

⑤やりたくない仕事がある

仕事に行きたくない・家にいたい理由(人間関係など)

「面倒な仕事がある」「繁忙期で目が回るほど忙しい」という日は、仕事に行きたくなくなります。

 仕事が忙しく、休憩時間もなかなか取れないという状況では、息抜きができず、ストレスも溜まります。

やりたくない仕事が積み重なってしまった時には、自分ひとりで解決しようとせず、職場のフローを見直したり、作業を効率化できるようなシステムを取り入れたるなどの提案をしてみましょう。

作業自体がスムーズになるように業務を効率化するのも、有効な解決手段です。

⑥体調が悪い

仕事に行きたくない・家にいたい理由(人間関係など)

本来なら、体調が悪い日は休まなければなりません。しかし、慢性的に人手不足の職場に勤めていると、体調が悪くても仕事を休めない場合があります。

 「自分が休むと大きな迷惑をかけてしまう」と思ってしまいがちですが、体調不良をそのままにするのはリスクが大きいです。

人間は体が資本です。体調を大きく崩してしまうと仕事ができなくなり、生活も苦しくなってしまいます。

体調不良を感じたら、無理をせずに思い切って仕事を休んで病院に行って安静にしましょう。

仕事に行きたくない・会社を辞めたい時の対処法

思ったよりも状況が深刻な場合は、早めに対処する必要があります。さまざまな対処法を試して、自分に合ったリフレッシュ方法を見つけましょう。

対処法
  1. 仕事帰りの楽しみを見つける
  2. 有給休暇を利用して長期休暇を取得する
  3. 自分のルーティンを崩してみる
  4. 休職する
  5. 自分へのご褒美を用意する
  6. 瞑想やヨガで頭を空っぽにする
  7. 運動をする
  8. 人間関係や業務を改善する

自分一人で解決ができない場合は、専門家のサポートを受けることも大切ですよ。

①仕事帰りの楽しみを見つける

仕事に行きたくない・会社を辞めたい時の対処方法

仕事へのモチベーションを上げるためには、仕事帰りや週末に楽しみを作ることも有効な手段の一つです。

習い事を始めたり、週末に家族や友人とともに外食を楽しんだりと、仕事とは関係のない人と時間を過ごすことで、気分転換になり前向きになれるかもしれません。

②有給休暇を利用して長期休暇を取得する

仕事に行きたくない・会社を辞めたい時の対処方法

1日の休みではゆったり過ごすことができない方は、有給休暇を利用して長めの休みを取り、のんびりと過ごしてみてはいかがでしょうか。

 旅行に出かけて、何もしない贅沢を楽しむことも心と体を休めるためには有効です。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて旅行が難しい場合は、家で映画を観たり料理を楽しんだりと、家でゆっくりと過ごすのも良いでしょう。

まとまった休みがあれば、仕事へのモチベーションも取り戻せるかもしれません。

③自分のルーティンを崩してみる

仕事に行きたくない・会社を辞めたい時の対処方法

職場と自宅の往復で日々の生活がルーティン化している方は、少しずつ変化をさせてみてはいかがでしょう。

例えば、月に数回はカフェで朝食を取ったり、一駅手前で下車して歩いて帰宅したりと、普段とは違うリフレッシュ方法を試してみるのもおすすめです。

無意識のうちに一日のルーティンが決まっていると、負のスパイラルからなかなか抜け出せなくなってしまう可能性があります。

④休職する

仕事に行きたくない・会社を辞めたい時の対処方法

さまざまな方法を試してみたものの改善の兆しがない場合は、医療機関を受診してみましょう

もしかすると、長期休暇が必要なほど疲労が溜まっているのかもしれません。

会社に在籍しながら、健康な心と体を取り戻すためには、思い切って休職するのも有効な手段です。

 気力・体力を回復させるためには、医療機関からの診断書を提出して休職し、一定期間しっかり休むことが大切です。

⑤自分へのご褒美を用意する

仕事に行きたくない・会社を辞めたい時の対処方法

頑張っている自分にご褒美を用意するのも有効な手段です。

残業を頑張った日や行きたくない日に出勤した時には、ちょっと高級なスイーツを買って帰ったり、欲しかったアクセサリーなどをネットで購入したりなど、プチ贅沢を楽しみましょう

しかし、毎日頑張りすぎていて、毎日ご褒美が必要になってしまう状況は良くありません。

 自分へのご褒美は一時的には満足しますが、根本的な解決にはなりません。

「毎日頑張りすぎていて毎日仕事に行くのがツラい」という場合には、思い切って休むか、転職を検討してみるのがおすすめです。

⑥瞑想やヨガで頭を空っぽにする

仕事に行きたくない・会社を辞めたい時の対処方法仕事で心身ともに疲れた時には、瞑想やヨガなどで頭の中を空っぽにするとリフレッシュできる場合があります。

精神的にリラックスできれば、気持ちに余裕ができ、うまく行かなかった仕事も調子が良くなっていく効果も期待できます。

 気持ちの切り替えが必要だと感じたら、頭を空っぽにしてイライラした気持ちを落ち着けましょう。

頭の中を空っぽにしてもやはり気持ちが切り替えられないなら、疲れ切ってしまっているのかもしれません。

⑦運動をする

仕事に行きたくない・会社を辞めたい時の対処方法

運動をすると、ストレス解消につながります。体を動かすと脳の血流がよくなり、幸せホルモンとして知られる「セロトニン」が分泌されると言われています。

 セロトニンは、やる気が出たり気分を安定させたりする効果があると言われている、神経伝達物質です。

セロトニンの分泌には、リズム運動が良いとされています。ウォーキングやジョギング、縄跳びなどの運動を30分程度続けるのがおすすめです。

いきなり30分の運動はハードルが高いという人は、毎日少しずつでも生活に運動を取り入れてみてはいかがでしょうか。

無理な運動は逆効果になる可能性もあるので、無理せず自分のペースで運動を継続させましょう。

 

⑧人間関係や業務を改善する

仕事に行きたくない・会社を辞めたい時の対処方法仕事に行きたくない、辞めたい理由が人間関係忙しさなら、状況を改善できる余地があります。

 上司に相談して配置換えをしてもらったり、人間関係を円滑にするために人との接し方を変えてみたりすると、徐々に過ごしやすい職場に変わる可能性があります。

また、業務が忙しい、自分には合っていないという場合には、部署の変更希望を申し出たり、業務効率化のアイデアを提案したりなど、自分から状況を変えるように動いてみましょう。

しかし、こうした努力は必ずしも受け入れられるとは限りません。

根気強く交渉するのも悪くありませんが、自分の心が疲れ切ってしまう前に見切りをつけて諦める勇気も必要です。

朝に泣くほど仕事に行きたくない時はうつの可能性も?

朝に泣くほど仕事に行きたくない時はうつの可能性も?

過労というと肉体的疲労を思い浮かべてしまうかもしれませんが、ストレスなどによる精神的疲労が知らず知らずのうちに溜まると、場合によってはうつ病を発症してしまう可能性があります。

うつ病の発症については正確な原因が分かっていませんが、精神的・身体的ストレスなどが指摘されるケースが多いようです。
 ストレスだけが原因なのではなく、就職や引越し、身体の病気、内科治療薬などが原因となる場合もあるため、仕事のストレスだけが発症につながると言い切ることはできません。

出典:https://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_depressive.html

うつ病のサイン

朝に泣くほど仕事に行きたくない時はうつの可能性も?

病気の前触れや小さなサインに気付くためにも、うつ病の主な症状を把握しておくことが大切です。うつ病は心の症状だけでなく体にも症状も現れることがあります。

心の症状として考えられるのは、主に以下のようなものです。

うつ病の心の症状例
  • 表情が暗くなる
  • 自分を責めてばかりいる
  • 以前よりも涙もろくなった
  • 落ち着きがない

また、体の症状として考えられるのは、主に以下のようなものです。

うつ病の体の症状例
  • 睡眠障害(眠れない、過度に寝てしまうなど)
  • 食欲の減退
  • 疲労感・倦怠感
  • 動悸・めまい
  • 口が渇く

見落としてしまいそうな小さなサインが、うつ病の前触れである可能性もあります。
 上記の症状があるからと言ってうつ病であると自己判断をするのは良くありません。また、うつ病でも上記以外の症状が出る可能性もあります。

よって、少しでも異変を感じた場合は、かかりつけのクリニックや心療内などを受診し、医師に相談しましょう。

出典:https://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_depressive.html

仕事が辛いと感じたら、今の仕事は自分にとって適職でない可能性があるでしょう。そんな方はまず、適職診断を受けてみましょう。

適職診断でわかること
  • 自分にはどんな仕事が適しているのか
  • どんな社風の会社が自分に適しているのか
  • 自分のパーソナリティ・性格
dodaの適職診断は無料の会員登録をするだけで、すぐに受けることができます。

 診断結果を元に、実際に自分に合っている企業名を見ることもできますので、転職の第一歩も踏み出しやすくなるでしょう。
パーソナリティの診断結果のサンプルはこちらです。会員登録のみの完全無料でかなり詳しく診断をしてくれるので、ぜひ受けてみましょう。

dodaキャリアタイプ診断 次にキャリア診断結果のサンプルです。自分がどのような仕事スタイルなのかが、ひと目でわかります。

dodaキャリアタイプ診断 さらにdodaでは年収査定診断も受けることができます。今の仕事の給与に不満があるのなら、一度年収査定診断を受けてみて、自分の適正年収を調べてみましょう。

自分の適正年収が今の給与よりも高ければ、自分の能力を正しく評価してくれる会社への転職を検討しましょう!
 

仕事に行きたくない・会社を辞めたい時のNG行動

仕事に行きたくない・会社を辞めたい時にやってはいけないこと(無断で休むなど)

身体を休めるサインでもある「仕事に行きたくない・会社を辞めたい」という気持ちは、決してスルーしてはいけません

ただし、中にはNG行動もあるのでご注意ください。ここでは、社会人として避けるべき行動をご紹介します。

NG行動
  1. 無断で休む
  2. 突然会社を退職する
  3. 過度なストレス発散
  4. 我慢し続ける

①無断で休む

仕事に行きたくない・会社を辞めたい時にやってはいけないこと(無断で休むなど)

突然会社を辞めたくなったからといって、無断欠勤だけはしないようにしましょう。

 連絡せずに会社を休むと社会人としての評価が下がるだけでなく、懲戒処分の対象になってしまうかもしれません。

どのような場合も、社会人として必ず連絡するよう心がけましょう。

②突然会社を退職する

仕事に行きたくない・会社を辞めたい時にやってはいけないこと(無断で休むなど)

「仕事に行きたくない」「会社を辞めたい」という気持ちが大きくなり過ぎてしまうと、突発的に退職してしまうことがあります。

 急に辞めてしまうと会社に迷惑をかけるだけでなく、自分自身が転職する場合に不利になってしまう場合もあります。

会社を辞めたい気持ちを一度リセットして、心を落ち着かせた後で計画的に会社を辞めるようにしましょう。

一時的な感情をコントロールできなかったことを、後々後悔してしまうかもしれません。

③過度なストレス発散

仕事に行きたくない・会社を辞めたい時にやってはいけないこと(無断で休むなど)

仕事での不満がたまってしまったら、心のバランスを保つためにもストレスを発散させることが大切です。

しかし、飲み過ぎ・食べ過ぎのように体に負担をかける発散のさせ方は、おすすめできません。

 飲食は一時的にストレスを発散できますが、過度に行うと内臓に負担をかけ、最終的に大きな病気になってしまうリスクがあります。

身体を壊すようなストレス発散は、控えましょう。

④我慢し続ける

仕事に行きたくない・会社を辞めたい時にやってはいけないこと(無断で休むなど)

どんなに疲れていても、真面目で責任感の強い方なら「自分が休むと他の人に迷惑がかかってしまう」と我慢し続けてしまう傾向があります。

多少の我慢なら、早い段階で上手くリフレッシュをすれば体も回復するかもしれません。

 しかし、限界まで我慢し続けると、ストレスで体に影響を与える恐れもあるため注意が必要です。

我慢する状態が長期化する場合は、休暇を取ったり負担の少ない部署に移ったりと対策を考えましょう。

毎日仕事に行きたくない・会社を辞めたいなら転職を検討

どうしても仕事に行きたくない、会社を辞めたいと思ったら、転職を視野に入れることがおすすめです。ここからは、転職をするメリットや転職活動の流れを解説します。

転職するメリット

毎日仕事に行きたくない・会社を辞めたいなら転職を検討

転職をするメリットとしては、以下のようなものがあります。

転職をするメリット
  1. 年収アップが目指せる
  2. 新しい環境で人間関係を築ける
  3. 他業種・業界に挑戦できる
  4. 視野を広げられる

①年収アップが目指せる

今まで培った知識や経験が評価されれば、年収アップが期待できるかもしれません。

仕事内容は同じでも、大企業や外資系に転職することで年収アップに成功するケースもあります。

上のポストが空いていれば、入社してすぐに責任のある業務を任せてもらえる可能性もあるでしょう。

 転職がきっかけで新しいキャリアの形成にも繋がる可能性があります。

②新しい環境で人間関係を築ける

毎日仕事に行きたくない・会社を辞めたいなら転職を検討

今の職場の人間関係で悩んでいた方は、転職をすることで価値観の合う同僚、信頼できる上司に出会うことができるかもしれません。

実際人間関係をストレスに感じている社会人は多く、中には我慢しすぎて鬱になってしまう方もいます。

従業員の士気が低く、モチベーションが上がらない方は、社員に成長意欲のある会社が良いでしょう。

 やる気がアップすることで、一層仕事に熱中することができます。

③他業種・業界に挑戦できる

毎日仕事に行きたくない・会社を辞めたいなら転職を検討

今の業種・業界に不満を感じている、業界自体が縮小しているなどの場合には、思い切って異業種に挑戦するのも良いでしょう。

異業種に挑戦する場合も、全くの未経験よりは少しでも今までの経験を生かせる職種がおすすめです。

例えば、介護現場経験のある方が、介護製品の営業職に転職するなどが挙げられます。

自分にとって天職を見つければ、人生の転機にもなるでしょう。

 1日のうち長い時間を過ごす職場であるからこそ、自分に合った仕事を見つけることが大切です。

④視野を広げられる

毎日仕事に行きたくない・会社を辞めたいなら転職を検討

環境や人間関係が一新することで、今まで当たり前に感じていたことを改めて見直すことができます。自分を客観的に見つめ直す良い機会でもあります。

スキルや仕事に対する自分の価値観や目標など、視野を広げることが可能です。

視点が変われば見方が変わるのはよくある話です。

 辞めたいと思っていた仕事に対する気持ちも変わるかもしれません。

転職エージェントの利用がおすすめ

毎日仕事に行きたくない・会社を辞めたいなら転職を検討

転職活動は一人で求人サイトを利用して行うこともできます。しかし、効率よく活動を進めるには転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントを利用するメリットとしては、以下のものがあります。

主なメリット
  • 一般では公開されていない非公開求人を紹介してくれる
  • 自分のキャリアや経験、希望に合わせた求人を探し出してくれる
  • 企業に対し、自分では言いずらい年収などの条件交渉を代行してくれる
  • 応募書類の添削や面接対策をしてくれる
  • 転職にまつわる相談をすることができる

転職エージェントは採用時に企業から報酬をもらう成果報酬型の仕組みであるため、求職者は上記のサービスを全て無料で利用することができます。

特に初めての転職活動の際には、心強い味方となってくれるでしょう。

個別面談を受ければ、自分では気付かなかった強みやアピールポイントを見つけてくれるかもしれません。

 転職を成功させるためにも、積極的に活用するようにしましょう。

年収アップの裏技をご紹介!

年収アップの裏技は「転職エージェント」の利用です。多くの人が転職の際にとりあえず登録する「転職サイト」と違い、転職エージェントはアドバイザーがあなたの転職をサポートしてくれます。

リクルートエージェント」は完全無料で利用可能な転職エージェントで、利用者の60%以上が年収アップを成功させたという実績があります。 ※https://www.r-agent.com/service/data/
経験豊富なキャリアアドバイザーはあなたの希望年収を企業と代わりに交渉してくれます!希望の年収はアドバイザーに事前に相談しておきましょう。
リクルートエージェントの強みは非公開求人の多さです。保有する非公開求人はなんと10万件以上!紹介してもらえる求人の幅も広がります。
 非公開求人は一般に公開すると応募が殺到してしまう好条件の求人であることが多いです。
内定獲得のための選考対策も充実しています。年収を上げたいと考えているなら、ぜひリクルートエージェントに登録しましょう!
リクルートエージェント


おすすめポイント
  • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
  • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 完全無料

仕事に行きたくない方へおすすめの転職エージェント3選

最後に、転職活動をする際に利用したいおすすめの転職エージェントをご紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
  • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 完全無料
リクルートエージェントは16万件以上※1の非公開求人を持つ転職エージェントです。

 非公開求人は公開すると応募が殺到してしまうような好条件求人である場合がほとんどです。
自分のアピールポイントや、どのような仕事がわからない、といった場合でもキャリアアドバイザーとの面談を通して、自分にぴったりの求人を見つけることができます。

応募書類の添削や、面接の対策も受けることができます。
企業の分析も細かく行っているため、求人を紹介する段階から、企業について詳しく教えてもらえます。入社後のミスマッチを防ぐことができますよ。
運営会社 株式会社リクルートキャリア
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
公開求人数 114,943件※2021年6月10日時点
拠点 全国対応可

東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

doda転職エージェント

doda転職エージェント

おすすめポイント
  • 転職サイトと転職エージェントの機能を併用できる!
  • 大手から中小企業・ベンチャー企業まで幅広い求人を用意!
  • 年収査定で自分の給与相場がわかる!
  • 完全無料!
dodaは転職サイトと転職エージェントの両方の機能を持っています。

 自分で求人を探しながら、キャリアアドバイザーのサポートも受けられるということです。
アドバイザーは求職者のキャリアやスキルとともに、企業の目線から見て、その人が企業が求める人材かどうかを見極めます。これにより、選考に通過する確率もアップしますね。

また、簡単な質問に答えるだけで、自分の適正年収がわかる「年収査定」や手軽に職務経歴書を作ることができる「レジュメビルター」など、診断ツールが充実しています。
スキマ時間に転職活動を進めることができますね。
運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • スカウト
  • パートナーエージェントサービス
  • 転職ノウハウ
  • 転職Q&A
公開求人数 84,814件※2021年6月10日時点
拠点 全国対応可

丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • アドバイザーや担当者の対応がよく、親身に相談に乗ってくれる!
  • 各企業の情報を分析し、手厚い選考対策で内定率UP!
  • 経歴に自信がない方でも正社員転職が目指せる!
  • 全国の転職に対応!WEB面談も可能
  • 完全無料
マイナビエージェントはアドバイザーの質の評価が高い転職エージェントです。ハードルが高く感じる面談も非常にスムーズで、信頼できる担当者に出会えたという利用者の声が多数あります。

また、大手企業であるマイナビの太いパイプを生かした各企業の分析は選考対策の際に役立ちます。

 マイナビエージェントはスキルや経験が少ない20代の転職をメインターゲットとしていますので、スキルに自信がなくても正社員として転職できる可能性は大いにあります。
未経験業種への転職を目指している方や、転職に不安を抱えている方はぜひマイナビエージェントに登録をしましょう!
運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
公開求人数 28,152件※2021年8月17日時点
拠点 全国対応可

京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

まとめ

「仕事に行きたくない」「会社を辞めたい」と感じたら、あなたの心と体が悲鳴を上げているサインです。

精神的な疲労は体調を崩す原因となる可能性が高いため、なるべく早めに対処することをおすすめします。まずは自分の疲れの原因を見つけ、早急に対策を講じましょう。

自分で解決するにはハードルが高い場合、思い切って転職し、環境を変えてみるのも有効な手段です。

「仕事に行きたくない」「会社を辞めたい」という気持ちをネガティブに捉えるのではなく、自分を見つめ直すチャンスだと捉え、新たなステージにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事