神奈川県の転職事情は?平均年収やメリット、成功のポイントも解説

神奈川県の転職事情は?平均年収やメリット、成功のポイントも解説

神奈川県で転職を考えている人にとっては、神奈川県で上手く転職先が見つかるか不安だという人も多いのではないでしょうか。

神奈川県は日本で2番目に人口の多い県のため、求人数が多い反面、求職者も多いというデメリットもあります。

そこでこの記事では、神奈川県の転職事情や地域特性とあわせて、神奈川県で転職するメリット・デメリットについても解説していきます。

この記事でわかること
  • 神奈川県の転職事情
  • 神奈川県の地域特性
  • 神奈川県で転職するメリット・デメリット
  • 神奈川県の転職を成功させるポイント

神奈川県での転職におすすめの転職エージェントもご紹介していきますので、神奈川県でこれから転職を考えている人は、ぜひ参考にして下さい。

※出典:わたしたちの神奈川県|神奈川県

神奈川県の転職事情を紹介|求人倍率・平均年収

神奈川県横浜市

神奈川県は、日本で東京都に次ぐ人口の多い都道府県です。そのため、地方と比較すると求人数が多く「転職しやすいのでは?」と考える人も多いかもしれません。

しかし、人口が多いとそれだけ仕事を求める人も多くなるため、条件の良い案件ほど、競争率も高くなりやすいです。実際に神奈川県の転職事情はどのようになっているのでしょうか?

まずは、神奈川県の有効求人倍率と、平均年収について確認していきましょう。

神奈川県の有効求人倍率

面談する人物

まず、神奈川県はどのぐらい就職しやすいのか、有効求人倍率を参考に紹介していきます。

 有効求人倍率とは、求職者一人につき何件の求人があるのかを示す数値で、値が大きいほど就職しやすい状況となります。

神奈川県の2022年5月時点の有効求人倍率※は、0.88でした。有効求人倍率が1以下ということは、求職者一人につき一件の仕事がないことになります。

つまり、企業の求人数よりも求職者の方が多い状況となり、いわゆる「買い手市場」であると言えます。

神奈川県は有効求人倍率が2021年5月から0.8前後を推移しており、1を上回ることがない状況が続いています。ちなみに、東京都の2022年5月時点の有効求人倍率は、1.44でした。

有効求人倍率だけを見ると、東京都の方が一人当たりの求人数が多く、就職しやすい状況と言えるでしょう。

※出典:職業紹介-都道府県別有効求人倍率|独立行政法人労働政策研究・研修機構 

神奈川県の平均年収

では、神奈川県の平均年収についても確認していきましょう。2021年の厚生労働省「賃金構造基本統計調査」(※1)によると、神奈川県の平均月収は368,400円です。

年収で換算すると、約542万円(※2)となりました。全国で比較すると、東京都が全国で最も高く585万円となっており、神奈川県はそれに次ぐ全国でも2番目に高い年収となっています。

神奈川県は上場企業数も多く存在しているため、全国でも東京に次ぐ高年収の県であることが分かります。

※1出典:令和3年賃金構造基本統計調査|厚生労働省
※2:※1のデータを参考に「きまって支給する現金給与額」×1
2に「年間賞与その他特別給与額」を足して算出

神奈川県の地域特性

神奈川県横浜市

神奈川県の特徴

神奈川県は関東平野の南西部に位置し、北には東京都、西には山梨県、静岡県があります。

 神奈川県の面積は全国でも5番目(※1)に小さく、人口は日本で2番目なため、小さな面積に大勢の人が住んでいる県です。

神奈川県を代表する都市は、県庁所在地ともなっている横浜市で、神奈川県の中でも最も多い人口(※2)の都市です。

次いで人口が多い都市は、川崎市、相模原となっています。また、神奈川県には、たくさんの観光都市もあります。

国際港や中華街のある横浜市、歴史のある鎌倉市、美しい自然のある箱根・丹沢など、国内外から多くの観光客が訪れています。

※1出典:わたしたちの神奈川県|神奈川県
※2出典:神奈川県の人口と世帯|神奈川県

神奈川県の主な産業

京浜工業地帯

次に、神奈川県の主な産業について紹介していきます。

 神奈川県では、サービス業や卸業、小売業などの第3次産業で働く人の人数がもっとも多く、年々増加傾向にあります。

一方で、工業・建設業・製造業など第2次産業で働く人の割合は、年々減少しています。

ただし、働く人の割合は減っているものの、神奈川県は工業が盛んな都市で、出荷額は2018年のデータでは愛知県に次いで2位です。

特にトラックや自動車などの輸送機の出荷が最も多くなっています。

川崎市や横浜市の京浜工業地帯では、石油コンビナートや自動車工業が立ち並び、日本の中でも工業が特に盛んな地域となっています。

また、横浜港は貿易も盛んで、2020年の横浜港の貿易額は、全国でも4位となっています。横浜港からは、主に自動車やその部品などを多く輸出しているのが特徴です。

※出典:わたしたちの神奈川県|神奈川県

神奈川県の交通事情

JR東日本

神奈川県は、鉄道や道路などの交通網も発達しています。神奈川県内の鉄道(※1)は、JRが13路線、その他私鉄24路線のほか横浜市営地下鉄が3路線と、多くの鉄道会社が乗り入れしています。

 また、新横浜と小田原には東海道新幹線の駅もあり、さらに羽田空港や成田空港へとつながる路線もあるため、どこへ行くにも便利でしょう。

また、神奈川県の道路(※2)については、管理路線数は134路線と、かなりの本数の道路が通っています。東名高速道路や中央自動車道を通じて、全国のさまざまな地域とつながっています。

東京都や県外だけでなく、海外にもつながる、発達した交通網が魅力です。

※出典:わたしたちの神奈川県|神奈川県
※出典:神奈川の道路|神奈川県

神奈川県で転職するメリット

神奈川県は産業、工業、貿易、交通網などが発達しています。そのため、地方の県よりも求人件数が格段に多く、選べる職種の選択肢も豊富です。

ここでは、神奈川県で転職をする具体的なメリットについて紹介していきましょう。

企業数が全国でもトップクラスに多い

横浜税関

神奈川県は人口が日本で2番目というだけでなく、企業数も全国トップクラスで多い県です。2016年の中小企業庁のデータによると、それぞれの都道府県にある大企業の数は、東京が最も多く4,580社でした。

2位が大阪の1,062社、3位が愛知県の638社で、次いで4位に神奈川県の587社となっています。

 また、中小企業の数についても神奈川県は、東京、大阪、愛知に次ぐ4番目に多い数となっています。

企業の数が多いと、それに伴って求人数も多くなるため、求人サイトでも神奈川県の求人数はかなり多く見つけられます。

※出典:都道府県・大都市別企業数|中小企業庁

選べる職種・業種が多い

神奈川県は企業数が多いため、それだけ求人も多く、選べる職種や業種の選択肢も豊富です。地方では思ったような条件の求人が見つからない場合でも、神奈川県なら見つかることも多いでしょう。

 ただし、条件が良い案件はライバルも多いことを忘れてはいけません。

他の応募者と差別化できるような応募書類を作成し、企業側の目に留まるように上手くアピールすることが大切です。

東京よりは通勤ラッシュがひどくない

電車のホーム

朝の通勤で悩まされるのは「通勤ラッシュだ」という人も多いのではないでしょうか?特に東京の通勤電車の乗車率はひどく、ピーク時には乗車率200%程度になるとも言われています。

しかし、神奈川県であれば、東京と比較するとそこまで通勤ラッシュがひどくなく、ある程度ゆとりをもって乗れることもあります。

自分が乗ることになる路線がどこか、事前に調べておくようにしましょう。

神奈川県で転職するデメリット

それでは逆に、神奈川県で転職するデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?ここからは、神奈川県で転職する具体的なデメリットをいくつか紹介していきます。

有効求人倍率が低め

二人の男性

先にも紹介したように、神奈川県の有効求人倍率は、1に満たない値が続いています。

参考までに、2022年1月から5月までの東京都との有効求人倍率を比較をしてみましょう。

神奈川県 東京都
2022年1月 0.77 1.26
2022年2月 0.80 1.28
2022年3月 0.82 1.34
2022年4月 0.87 1.39
2022年5月 0.88 1.44

上記のように、神奈川県はずっと0.8%前後で推移しているのに対し、東京は1.3%前後と、1%を切ることがありません。

神奈川県は東京都に次ぐ人口の多い県ですが、東京の方が一人当たりの求人数は多い、ということになります。

いくら求人数が多くとも、応募する人数も多い場合は、競争率が高くなり、なかなか転職先が決まらない原因になります。

場所によっては交通の便が悪い

神奈川県は通勤時間がかかることで知られています。

 総務省が2011年に調査した「通勤・通学時間が長い」ランキング※では、1日当たりの通勤・通学時間が1時間40分として、全国の中でも1位となっています。

神奈川県から東京などへ通勤をしている人の中には、2時間近く通勤にかかる人もいるようです。通勤時間が苦にならない人は問題ないのですが、通勤時間が長いのは苦手な人は注意が必要です。

※出典:通勤・通学時間がながいランキング|総務省統計局

家賃が都心部並みに高い場合もある

お金

神奈川県は、家賃が高いことでも知られています。

 総務省が行った調査によると、家賃平均の高さは、東京が1位、それに次ぐ2位に神奈川県がランクインしています。

ちなみに、東京の家賃平均は81,001円、神奈川県は68,100円です。関東で家賃平均がもっとも低いのは群馬県の42,601円ですが、神奈川県とは約2万円近く差があります

東京ほどは高くないものの、全国でも東京に次ぐ2番目に家賃が高い県であることを認識しておく必要があるでしょう。

※出典:平成30年 住宅・土地統計調査 調査の結果|総務省

神奈川県で未経験でも転職するためには?

未経験の職種や業種に転職することは、年齢が上がるほど難しくなります。しかし「未経験だと転職できない」わけではなく、対策を考えれば未経験でも転職は可能です。

ここでは、神奈川県で未経験の職種や業種に転職するためのポイントについて、解説していきます。

前職の経験を活かせる職種・業種を探す

オフィス

未経験であっても、第二新卒など比較的年齢が若いうちは、企業側も積極採用してくれる場合が多いです。

20代後半や30代以降となると、企業側も「即戦力」を求めるようになり、未経験だと採用が難しくなります。ただし、前職の経験を上手く活かせる職種や業種を探せば、転職できる可能性があるでしょう。

 例えば、前職が営業職だった場合、医薬品の営業を行うMR職への転職は、営業の経験を活かせるので、転職しやすいと言われています。

また、普通の一般事務職から、医療事務介護事務職も、資格などを取得して積極的に活動すれば、十分転職は可能です。

このように、前職の経験や資格取得をアピールできれば、未経験でも転職できる職種や業種はあります。

未経験でも転職しやすい職種・業種を選ぶ

未経験では転職が難しい職種も多いですが、中には、未経験であっても積極採用している職種・業種もあります。

未経験でも比較的転職しやすい職種には下記のような職種があります。

未経験でも転職しやすい職種
  • 営業職
  • 販売・サービス職
  • 介護職
  • ITエンジニア

営業職は、経験がなくとも、コミュニケーション能力や積極性などを重視して採用するケースが多い職種です。

また、販売職、介護職は若い世代が近頃避ける職種となっていて、人手不足の状態が続いています。

 特に介護職はこれからますます需要が増える職種ですので、30代でも転職しやすい職種の一つです。

ITエンジニアについては未経験だと難しいイメーじがありますが、拡大するIT需要に対して人手不足の状態が続いています。エンジニアの種類によっては、未経験でも募集している企業が多く見られます。

また、転職しやすい業種としては、運送業、小売業、IT業、介護業、サービス業、専門商社などがあります。

比較的、人手不足の業界は、未経験者でも転職するチャンスだと言えるでしょう。

志望動機を明確にする

書類作成

未経験者に対して企業が知りたいのは「なぜ未経験の職種に転職しようと思ったのか?」という点です。

 履歴書や面接の際に、なぜ未経験の職種なのに転職を考えたのか、説得力のある志望動機を書くこと、また面接で明確に答えることが大切です。

自分の強みを活かせる仕事だと考えた、人の役に立つ仕事をしたいと思ったなどの理由とともに、具体的なエピソードを交えて話すとアピールしやすいでしょう。

ネガティブな理由にはせず、できるだけポジティブな理由で未経験の職種にチャレンジしたい理由をアピールしましょう。

神奈川県での転職を成功させる4つのポイント

神奈川県で転職活動をしていても「なかなか転職先が決まらない…」などで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

ここでは、神奈川県での転職を成功させるための4つのポイントについて解説していきます。

少しでも早く転職先を見つけたいという人は、ぜひ参考にして下さい。

転職エージェントを利用する

相談をする女性

効率よく自分にあった転職先を見つけたいなら、転職エージェントの利用をおすすめします。

 転職エージェントは、自分の経験やスキルにあった転職先を見つけて紹介してくれるサービスです。

企業との仲介役や、面談の日程調整なども代行してくれるため、仕事を続けながらでも効率よく転職活動ができます。

また、一般の求人には掲載されていない非公開求人も紹介してもらえるため、自分一人で活動をしていても見つけられなかった求人に出会える可能性もあります。

転職活動の方法がわからない、求人を探す時間がないという人は、転職エージェントに登録してみることをおすすめします。

経験やスキルが活かせる企業を選ぶ

転職活動をスムーズに進めるなら、できるだけ前職の経験やスキルが活かせる企業を選ぶことをおすすめします。

先にも紹介したように未経験でも転職は可能ですが、どうしても待遇が今より下がってしまう可能性が高いです。

 今よりもステップアップを考えているなら、現状の経験・スキルを転職先で発揮して活躍が期待できる職種や企業を選択しましょう。

「自分の何が強みなのか分からない」という人は、これまでの経験・実績を改めて棚卸して、自分の強みを明確にしてみてください。

自己分析をすることで気づかなかった自分の強みがわかり、履歴書や面接でのアピールポイントも明確になります。

条件にこだわりすぎない

パソコンで調べる人物

転職するからには、今よりも好条件であることや、待遇面に希望がある人も多いでしょう。しかし、あまりに好条件にこだわりすぎると、選べる企業の選択肢が大きく狭まってしまいます。

 どうしても譲れない条件以外は、ある程度柔軟に考えることで、幅広く選べるようになります。

ただし、条件を譲渡しすぎると入社後に後悔する可能性があるため、自分の希望条件がぶれすぎないように注意しましょう。

企業リサーチを徹底する

志望動機を書く時や、面接での答え方を考える上でも、企業リサーチをすることはとても重要です。企業の何に惹かれて志望したのかという質問は、面接でも必ず聞かれます。

 ありきたりな理由ではなく、自分でリサーチして考えた独自の理由を話すことで、ライバルと差をつけられるでしょう。

また、企業リサーチは、転職後に「こんな会社とは思わなかった」など後悔するリスクを避けることもできます。

自分でリサーチするのが苦手な人は、転職エージェントに登録して企業情報を確認するという方法もおすすめです。

神奈川県への転職で転職エージェントを利用するメリット

相談をする人物

神奈川県での転職活動をスムーズに進めるためには、転職エージェントの利用をおすすめします。ここでは、転職エージェントを利用する具体的なメリットをご紹介します。

非公開求人にも応募できる

転職エージェントに登録すると、一般には公開されていない非公開求人からも紹介してもらえます。

一般の求人サイトから探しても「なかなか見つからない…」という人でも、多くの非公開求人の中から企業を紹介してもらえる場合もあるのです。

 さらに、転職エージェントのスカウトサービスも併用すれば、企業から直接スカウトされる可能性もあります。

出会える企業の幅を広げるためにも、転職エージェントに登録しておいて損はないでしょう。

基本的には無料で利用できる

オンラインで相談をする女性

転職エージェントは効率よく転職活動ができると聞いても「お金がかかるなら嫌だな…」という人も多いはずです。

実は転職エージェントは、基本無料で利用できるところがほとんどです。そのため、転職エージェントに登録しても応募料や登録料を請求される心配もありません。

転職エージェントの併用も問題ないため、転職活動を始めるときには、複数社の転職エージェントに登録しておくことをおすすめします。

スカウトサービスを活用すれば効率よく活動できる

転職エージェントの中には、スカウトサービスを利用できるところもあります。

 スカウトサービスは、登録しておくだけで、企業から直接スカウトを受けとれるサービスです。

企業からスカウトを受けた場合は、書類審査を飛ばして面談を確約してもらえる場合がほとんどです。書類審査からのスタートだと、面談まで進めるとは限らず、効率が悪くなります。

面談からスタートできるスカウトサービスは、書類審査の時間を節約し、効率よく転職活動が進められるでしょう。

提出書類の添削や面接指導なども受けられる

アドバイスを受ける女性

転職エージェントの独自のサービスの一つに、企業への提出書類の添削や、面接の指導を受けられることがあります。

 提出書類はそれほど時間をかけずに適当に書いてしまう人も多いですが、面接まで進むためにも、提出書類の内容がとても重要です。

転職エージェントであれば、担当のアドバイザーが提出書類をチェックし、修正点を指摘してくれます。

面接で効果的な答え方や自己アピールの方法なども教えてくれるため、自分の面接での対応の悪い点に気付けます。

求人票では分からない情報も教えてもらえる

転職エージェントには、企業の人事と直接やり取りを行っている担当もあります。

 人事とやり取りをしている担当者であれば、求人票には掲載されていない、実際の職場の雰囲気や、職場の情報などを教えてもらえます。

一人で転職活動をしていても企業の内部情報は分からないため、転職前に職場の雰囲気などを聞けるのは、転職エージェントの大きなメリットと言えるでしょう。

神奈川県での転職におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 神奈川県の非公開求人数が2万件以上(2022年12月現在)
  • 業界や職種に精通した専任のキャリアアドバイザーが担当
  • 転職支援ツールを豊富に利用できる

リクルートエージェントの特徴

リクルートエージェントは、公開求人数が30万件以上、非公開求人数が20万件以上と、多数の求人数を誇る転職エージェントです。(2022年12月15日現在)

 担当のキャリアアドバイザーとの面談では、共にこれまでの経験を振り返り、キャリアの「棚卸し」を実施してもらえるため、自分でもわからなかった「強み」に改めて気づくこともあります。

面談後は転職先の条件や希望などを確認し、キャリアアドバイザーが一人ひとりにあわせた求人を紹介してくれます。

自分ではしづらい年収や待遇の交渉や、入社日の調整まですべてキャリアアドバイザーが担当してくれるため、安心ですね。

神奈川県での転職でリクルートエージェントを利用するメリット

パソコンを操作する人

リクルートエージェントは豊富な求人数を誇る転職エージェントのため、全国の求人を多数取り扱っています。

 中でも神奈川県の求人数を確認すると、公開求人で2万件以上 、非公開求人も2万件と多数の求人を取り扱っているため、他では出会えなかった求人が見つかる可能性もあります。

また、神奈川県での転職が初めての方のために、エージェントしか知らない求人企業の風土や職場環境などの情報提供もしてもらえるため、面接前にしっかりと対策ができます。

提出書類の書き方や面接のアドバイスなどのサポートも充実。「面接力向上セミナー」に参加すればより自信を持てますよ。

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
得意分野・特徴 多数の非公開総合求人を誇る充実のサポートが強み
公開求人数 311,566件※2022年11月25日現在
利用可能地域 全国
拠点 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

出典:リクルートエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 業界を熟知したキャリアアドバイザーが専任で担当
  • 企業の内部情報を知るリクルーティングアドバイザーも在籍
  • 応募書類の添削や模擬面接など転職サポートも充実

マイナビエージェントの特徴

マイナビエージェントは、各業界の情報を熟知したキャリアアドバイザーが専任制で担当する転職サービスです。

 キャリアアドバイザーが面談を通じて、利用者の経験やスキルを確認した上で強みや価値観を第三者視点で確認し、それぞれに適した企業を紹介してもらえます。

また、キャリアアドバイザーとは別に、企業の営業も行っているリクルーティングアドバイザーも在籍しているため、企業側の要望や社内の雰囲気など求人情報には掲載されていない詳細な情報も提供してもらえます。

職務経歴書の添削サービスや模擬面接サービスなど、内定が決まるまでしっかりと転職をサポートしてもらえます。

神奈川県での転職でマイナビエージェントを利用するメリット

パソコン

マイナビエージェントは全国に支店があり、それぞれの支店に法⼈営業担当者を配置し、⼤⼿上場企業や中⼩企業、ベンチャー企業など多数の優良企業との繫がりがあります。

 もちろん神奈川県にも支店があるため、電話での相談だけでなく、直接支店を訪問して相談を求人情報の提供をしてもらえるメリットがあります。

また、リクルーティングアドバイザーは神奈川県の各企業の情報も熟知しているため、神奈川県で紹介してもらった企業の求人情報には掲載されていない深い情報も提供してもらえます。

マイナビエージェント神奈川支社は、JR横浜駅から徒歩1分とアクセスの良さも魅力です。

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
得意分野・特徴 IT・WEBサービスエンジニア・モノづくりエンジニア・営業職の求人
公開求人数 ※2022年11月25日現在
利用可能地域 全国
拠点 京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

出典:マイナビエージェント

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 年収1,000万円以上といったハイクラス求人を3分の1以上用意
  • 審査を通過した優秀なヘッドハンターが多数在籍
  • ヘッドハンターだけでなく企業からも直接スカウトが届く

ビズリーチの特徴

ビズリーチは、ハイクラス案件を多数取り扱う転職スカウトサービスです。

 全体の3分の1以上が年収1,000円以上のため、ハイクラスな求人を探している人に特におすすめのサービスです。

また、一定の審査をクリアしたヘッドハンターのみが在籍しており、ヘッドハンターからのスカウトが直接届くため、スカウトから転職活動をすすめられる上に、自分の転職市場での価値も見出せます。

企業から届く「プラチナスカウト」では書類審査が免除になるケースもあるため、転職活動を効率よく進められます。

神奈川県での転職でビズリーチを利用するメリット

パソコンを操作する人

ビズリーチは全国や海外の求人も取り扱っており、神奈川県の一般公開求人数は7,000件以上(2022年12月現在)と多数取り扱っています。

 またビズリーチでは一般求人では公開されない「非公開求人」も多数取り扱っているため、今まで見つからなかった神奈川県内のハイクラスな求人のスカウトが届く可能性もあります。

また、ビズリーチは一部の求人への応募やプラチナスカウトの閲覧・返信であれば無料ですが、すべてのスカウトを閲覧できません。

ビズリーチのすべての機能を使いたい人は「プレミアムステージ」の会員になることをおすすめします。

ログイン日時が新しい人ほど上位に表示されてスカウトが届きやすくなるため、頻繁にログインしておくことをおすすめします。

運営会社 株式会社ビズリーチ
主なサービス(機能)
  • プラチナスカウト
  • 求人検索
  • ヘッドハンター情報閲覧・検索
得意分野・特徴 厳選された企業から直接ハイクラススカウトが届く
公開求人数 84,488件※2022年11月25日現在
利用可能地域 全国
拠点 東京/名古屋/大阪/福岡/静岡/広島

出典:ビズリーチ

まとめ

神奈川県は人口も多く、産業、工業も発達し、企業数も日本でもトップクラスの県です。そのため、地方よりも求人数は圧倒的に多いものの、求職者の数も多いため、競争率が高くなってしまいます。

良い条件の企業ほど競争率が高くなるため、自分の経験やスキルをアピールしやすい企業を選ぶことが大切です。

もし神奈川県での転職活動が難しいと思ったら、転職エージェントの利用をおすすめします。転職エージェントは基本無料で利用でき、スキルや経験にあわせた企業を紹介してももらうことも可能です。

一人で転職活動をしても上手くいかない人は、一度転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか?

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事