看護師で年収1000万円稼ぐ方法は?転職時のチェックポイントも解説

看護師で年収1000万円稼ぐ方法は?転職時のチェックポイントも解説

看護師として働き、年収1,000万円を稼ぎたいと思っている人は少なくありません。しかし、看護師で年収1,000万円を稼ぐことは難しいと考えている人も多いのではないでしょうか。

どうすれば年収1,000万円を目指せるのか、具体的に知りたいですよね。

そこで今回は、看護師で年収1000万円稼ぐ方法や、転職時のチェックポイントなどを解説します。

この記事でわかること
  • 看護師は年収1000万円を稼げる?
  • 看護師が年収1000万円を稼ぐ方法
  • 看護師が年収1000万円を目指せるおすすめの転職先

看護師として年収1000万円を稼ぐうえでおすすめの職場も紹介するため、現在の年収と比較し無理だと諦めず、ぜひチャレンジしてみてください。

看護師で年収1000万円は可能?

看護師で年収1000万円は可能?

結論から言うと、看護師で年収1,000万円を稼ぐことは可能です。ただし簡単に1,000万円を稼げる訳ではありません。

実際に、今現在看護師はどの程度の年収を得ているのか調査したため紹介します。

給与内訳 フルタイムの正規職員・非管理職の看護師
給与総月額 352,157円
基本給月額 254,583円
賞与総額 891,909円

上記のデータから年収を計算すると、352,157円×12ヶ月に、プラス賞与分の891,909円を足すと、5,117,793円となります。年収1,000万円には程遠いですが、これは役職についていない看護師の平均年収です。

日本看護協会調べによる看護師長・副看護師長・主任等相当職などの中間管理職、および監督職の給与は以下になります。

給与内訳 看護師長・副看護師長・主任等相当職などの中間管理職および監督職
給与総月額 431,338円
基本給月額 322,786円
賞与総額 1,245,754円

計算をすると、431,338円×12ヶ月に、賞与総額1,245,754円をプラスすると、6,421,810円となります。

看護師長、副看護師長、主任等相当職などの中間管理職および監督職になると大幅な年収アップを図れるため、年収1,000万円まではあとおよそ350万円です。

給与額を上げれば賞与額も上がり、月収を65万円~70万円になれば賞与は給与の2.5ヶ月分となりおよそ170万円になります。すると、70万円×12ヶ月に170万円がプラスされ、トータル1,010万円です。

簡単ではありませんが、年収1,000万円を目指すことも夢ではありません。

出典:日本看護協会

看護師で年収1000万円を稼ぐ方法

看護師で年収1000万円を稼ぐ方法

役職に就く

看護師としてキャリアを重ねていき、役職に就けば年収1,000万円も可能です。看護師としてキャリアを重ねれば、ゆくゆくは役職に就くことができるかもしれません。

 役職に就くとそれなりの手当てが期待できるため、年収アップを図れる可能性があります。

看護師にはいくつもの役職がありますが、なかでもトップが総看護師長です。その下が看護副師長、さらにその下には各病棟をまとめる看護師長、そして副看護師長・看護主任が続きます。

役職に就くと役職手当が給与に加算されるため、上になるにしたがってどんどん手当てが高くなるのです。その結果、満足いく年収が得られるようになるでしょう。

時間こそかかるかもしれませんが、十分高年収を獲得できる職業ということがわかります。

経営者クラスになる

看護師で年収1000万円を稼ぐ方法

看護師の中のトップである総看護師長は、多くの看護師をまとめるだけではなく病院側の経営の立場に近い役職であり、一般企業で言うと部長クラスの役職にあたります。

このような役職に上りつめると、多くの年収を得ることが可能です。ただし、一つの病院で一つしかないポジションなので、総看護師長などの役職に就くことは簡単ではありません。

 キャリアを重ねることはもちろん、勤務先からの絶大な信頼が必要と言っても過言ではありません。日々の業務をいかに大事にして働くかが問われます。

仕事への姿勢だけでなく能力も問われることになるため、他の看護師と同じように働いていては役職に就くことは難しいでしょう。

資格を取得する

看護師で年収1000万円を稼ぐ方法

看護師として働くことに満足せず、もっと上を目指したいと思う人はスキルアップのために資格取得を目指すことをおすすめします。

理由は、資格を取得することで専門性が高い職に携わることができるように年収アップが図れる可能性があるからです。その結果プラスの手当てが得られ、収入アップに繋がるのです。

看護師の主な資格
  • 認定看護師
  • 専門看護師
  • ケアマネージャー
  • 呼吸療法認定士

認定看護師

ある特定の分野に関する高い専門性を身に着けている看護師です。試験の難易度はそれほど高くありませんが、実務経験5年以上など認定看護師になるには条件をクリアしておく必要があります。

専門看護師

特定の専門分野の技術や、豊富な知識を身に付けている人です。認定看護師に比べると、より高い技術や知識が求められます。

ケアマネージャー

介護分野の資格で、要介護者に対して心身の状況に応じたサービスを行う専門職です。高齢化が進んでいる現代において、取得すると役立つ資格と言えるでしょう。

呼吸療法認定士

呼吸療法が必要な患者に対してケアを行うことができます。治療手段の一つとして大きな柱である呼吸療法は、その重要性を高めることで一層の普及に期待がかかる分野です。

看護師資格を持つ人が、さらに専門性を極めるために呼吸療法認定士の資格取得を目指すケースは少なくありません。

給与水準の高い企業に勤める

看護師で年収1000万円を稼ぐ方法

看護師が活躍できるのは医療機関に限ったことではありません。実は、看護師として一般医企業に勤める人もいます。

医療機関よりも給与の高い優良企業などに看護師として就職すると、年収1,000万円が得られる可能性も期待できるのです。

独立開業をする

看護師の資格を活かして独立開業をすると年収アップに繋がる可能性があります。

主な独立開業例
  • 保健師として開業
  • 助産院を開業
  • 訪問看護ステーションを開業
  • グループホーム開業

上記はあくまで一例ですが、経営者となって手腕を発揮し、うまく事業が軌道に乗れば看護師時代の年収を大幅に上回ることが可能です。

看護師で年収1000万円を稼ぐうえでおすすめの転職先は?

看護師で年収1000万円を稼ぐうえでおすすめの転職先は?

大学病院など規模が大きいところ

規模が大きい病院は、規模が小さい病院に比べて給与が高い傾向にあります。病院の規模が大きいと病床数も多く、それに伴い外来患者数も多いです。

もちろんその分規模の小さい病院に比べて忙しく、勤務することは大変となる可能性はありますが、病院内へ入ってくるお金が多いため結果的に給与額も多くなる期待が持てます。

少しでも多くの給与を得たいときは、大学病院など規模が大きいところの求人を検索しましょう。

美容外科

看護師で年収1000万円を稼ぐうえでおすすめの転職先は?

美容外科は病院と比較して給与が高いと言われています。美容外科では美容系の施術を実施することがメインですが、その他にも化粧品の売買などもしているのです。

つまり、医療行為以外の収入が多くあるため、それが看護師の給与に反映され病院よりも高い給与を得やすくなります。

美容外科は都市部を中心に多く開院されているため、勤務先を探しやすくなっています。

臨床開発モニター

臨床開発モニターに勤務すると、初年度で年収400万円~500万円が得られると言われています。

転職・求人dodaに記載されている臨床開発モニターの転職・求人検索結果を見ると、CRAで年収680万円、CRA・内勤CRAで年収660万円、医薬品の開発業務で年収400万円~700万円です。

 このように、初年度から多くの年収が得られることから、看護師の年収と比較しても初年度から稼げることが分かります。

また、5年10年と勤続年数が長くなるに伴って年収が上がるため、年収1,000万円も夢ではないのです。

訪問看護ステーションの管理者

看護師で年収1000万円を稼ぐうえでおすすめの転職先は?

訪問看護ステーションの管理者は、給与で40万円~60万円、年収では600万円以上が得られるでしょう。

管理者になると利用者からの苦情対応や市町村にある保健・医療・福祉との連携など、一看護師として病院に勤務していた時とは異なり、大きな責任ある業務を行うことになります。

大きな責任がある業務になるので、それに伴い給与も高くなっているのです。

看護師で年収1000万円を稼ぐには副業もおすすめ

看護師で年収1000万円を稼ぐには副業もおすすめ

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、インターネット上で仕事を得られる今主流と言っても過言ではない副業です。

 ネット上には記事作成・アンケート・WEBデザインなど、企業が不特定多数の人を対象に仕事を発注しています。

依頼を受けたなかから自分でも取り組めそうなものを選択し、企業から正式に依頼されれば業務に取り掛かるという流れです。

はじめは看護師の仕事と比較すると時間と手間がかかっているにも関わらず、それほど収入が得られないと感じるかもしれません。

しかし、経験と実績が蓄積されていけば徐々に単価の良い仕事が舞い込むようになるため、根気よく続けることが大事です。

投資

看護師で年収1000万円を稼ぐには副業もおすすめ

株式投資やFX、不動産など、ある程度の知識は必要ですが放置していても収入を得られる可能性があります。

もちろんリスクも伴いますが、副業として取り組むうまく稼いでいる人がいることも事実です。

少額から始められる投資もいくつかあるため、まずは慣れるまでリスクを軽減しながら取り組むことをおすすめします。

短期バイト

看護師の仕事が休みのときに、短期バイトをして副収入を得ることも可能です。ネット上には短期バイトの仕事を紹介しているサイトがいくつもあるため、マメにチェックしてみてください。

主な短期バイト
  • 引っ越し作業員
  • 工場の軽作業員
  • 配達員
  • コールセンタースタッフ

上記はあくまで一例ですが、短期バイトは自分の都合が良い時だけ働くことが可能なため、副業としておすすめです。

私物を売る

看護師で年収1000万円を稼ぐには副業もおすすめ

以前購入していらなくなった、ブランド品のバッグや洋服、貴金属などをメルカリやオークションなどで売ってお金にすれば副収入が得られます。

 最近では手軽にアプリで私物を売れるサービスが増えているため、メインの仕事に支障をきたすことなくお金を稼ぐことが比較的容易です。

自分自身で売値を決めれるサービスも多いため、断捨離も込めて売却することも検討してみましょう。

スキルを売る

副業として、スキルを売るサービスがあります。これは、WEBデザインや文章作成、データ入力などのビジネス的なスキルだけではなく、自分の特技などを売れる魅力的なものです。

例えば、看護師で培った経験を活かした文章作成などのスキルを売り、お金を得られる可能性もあります。

依頼内容は幅広いため、副業を考えている人は要チェックです。

看護師が転職の際にチェックすべきポイント

看護師が転職の際にチェックすべきポイント

夜勤手当

夜勤がある業務を選択した場合、夜勤手当が得られます。勤務する医療機関によって夜勤の回数は異なりますが、月に5~6回が多いです。

 夜勤の相場は、三交代制準夜勤で4,149円、三交代制深夜勤で5,066円、二交代制夜勤で10,999円となります。

夜勤手当が多いとそれだけ給与が多くなるため、少しでも多く稼ぎたい場合は夜勤手当の割合が大きい勤務先を選ぶと良いです。

出典:https://www.nurse.or.jp/up_pdf/20180502103904_f.pdf

残業手当

看護師が転職の際にチェックすべきポイント

看護師の不満の一つに残業手当があります。身を粉にして勤務して勤務時間を大幅にオーバーしたとしても残業手当を申請しにくいという職場は多くあるのです。

このため、残業手当はきちんと出るのかは要チェックポイントとなります。残業代としてしっかりと稼げると、年収アップに繋がります。

資格手当

スキルアップのために忙しい時間の合間を縫って資格を取得し、専門性の高い業務を行っているにも関わらず、資格手当が出ないと看護師業務へのモチベーションが低下してしまいます。

資格を取得した後はきちんと資格手当が出るのかを確認しておくべきです。求人詳細を確認するだけでなく、転職エージェントを利用する場合はキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

年収を上げたいなら転職サイト・エージェントの利用がおすすめな理由

年収を上げたいなら転職サイト・エージェントの利用がおすすめな理由

転職サイト・エージェントの利用がおすすめな理由
  • 効率良く理想の職場を探すことができる
  • 条件の良い非公開求人を抱えている可能性がある
  • サポートが充実している
  • 施設の内情を教えてもらえる

効率良く理想の職場を探すことができる

年収を上げたいなら転職サイト・エージェントの利用がおすすめな理由、1つ目は効率良く理想の職場を探すことができるからです。

転職サイトや転職エージェントでは、利用者の希望をヒアリングし、それに最も近い職場を紹介してもらえます。

 自分で理想の職場を探すとなると膨大な時間と手間がかかります。

転職サイト・転職エージェントに在籍しているアドバイザーは転職のプロなので、安心して任せることができます。

短期間で効率良く理想の職場を探すためにも、アドバイザーにはしっかり希望条件を伝えるのがおすすめです。

特に初めて転職をするという方は、利用すると良いでしょう。

条件の良い非公開求人を抱えている可能性がある

年収を上げたいなら転職サイト・エージェントの利用がおすすめな理由、2つ目は条件の良い非公開求人を抱えている可能性があるという点です。

多くの転職サイト・転職エージェントは非公開求人を抱えており、登録すると紹介してもらえます。

 非公開求人とはネット上に公開されていない求人情報のことで、公開すると応募が殺到してしまう可能性があるくらい条件が良いことも多いです。

非公開求人の紹介を受けることができれば、看護師として年収を上げることにもつながりますので積極的に狙っていくと良いでしょう。

転職エージェントによっては保有求人の8割が非公開だったりします。

サポートが充実している

年収を上げたいなら転職サイト・エージェントの利用がおすすめな理由、3つ目はサポートが充実しているという点です。

転職サイトや転職エージェントでは、利用者の転職を手助けしてくれるようなサポートが豊富に用意されています。

 書類添削、面接対策、求人情報紹介、企業との交渉、入社後サポートなどがあります。

また看護師特化型の転職サイト・転職エージェントを利用すれば、各医療機関に合ったサポートをしてくれることも多いです。

サポートは基本的に無料で受けられるので非常にお得です。

施設の内情を教えてもらえる

年収を上げたいなら転職サイト・エージェントの利用がおすすめな理由、最後は施設の内情を教えてもらえるという点です。

「人間関係」「休みの取りやすさ」「残業の多さ」などの内部事情は、1人で転職活動を行なっていても掴みにくいでしょう。

 ネットの口コミだけでは信憑性に欠けます。

転職サイトや転職エージェントは各施設の内部情報にも詳しいので、利用者に合っているか教えてくれます。

また看護系に特化した転職サイト・転職エージェントの場合、施設の見学に対応してくれることもあるので、1度見学に行くのがおすすめです。

自分がその施設で働いているイメージを掴みやすくなります。

看護師の給与の決め方を解説

看護師の給与の決め方を解説

基準は勤務先によって異なる

基本的に看護師の給与は勤務先の就業規則や給与規定、給与表によって決定されます。もし自分の給与がどのような基準で決まっているのかを知りたいのであれば、それらを参照しましょう。

 昇給条件やどのようなステップを踏む必要があるのかなど、しっかり把握しておきましょう。

看護師の給与は基本給にプラス手当などが出されます。給与アップを狙いたいのであれば基本給を上げることが不可欠だと言えるでしょう。

基本給の仕組みを知っておくと、将来設計やキャリアプランの設定にも役立つので、確認しておくことをおすすめします。

基本給については次章で解説していきます。

基本給の決まり方

看護師だけに留まらず、多くの業種の給料の中で最も比重が高いのが基本給です。

看護師の場合、基本給の基準は勤務先によって異なりますが、「属人給」「仕事給」のどちらかが取り入れられていることが非常に多いです。

 どっちも採用しているパターンも珍しくはありません。

「属人給」「仕事給」について詳しく解説していきます。

属人給

属人給を取り入れている職場の場合、「年功給」という基準が採用されていることが多いです。

 「年功給」は学歴・勤続年数といった観点と能力をリンクさせて給与を決定する基準を指します。

年功給の場合、高学歴・勤続年数が長いと給料が高くなる傾向にあります。また勤めていれば給料は上がるため、安定した生活を送りやすいです。

一方で能力や仕事量には関係ないため、不満を抱く方もいるでしょう。

仕事給

仕事給を取り入れている職場の場合、「職務給」「職能給」「業績給」の3パターンを基準にしている施設が多いです。「職務給」「職能給」「業績給」について簡単にまとめてみました。

仕事給の基準
  • 職務給:業務の難易度・責任の大きさによって給料が変動する
  • 職能給:資格などを設定し、その資格の難易度によって給料を決める施設が多い
  • 業績給:役割の大きさ・達成度に応じて給料が決まる

基本的には2つ以上の基準を組み合わせて利用する施設が多い傾向にあります。

昇給の基準が明確にされている場合が多いので、看護師として給料を上げたいのであれば、絶対にチェックしておきましょう。

出典:日本看護協会

看護師として年収アップを目指せる?年収査定を受けてみよう

自分の年収を上げたい...と感じている人はまず、自分がどれくらいの年収をもらう価値があるのか、適正年収を知る必要があります。

適正年収が自分の今の年収よりも高ければ、転職によって年収アップの可能性があるでしょう。
dodaの年収査定サービスでは、無料の会員登録だけですぐに年収査定の診断を受けることができます。doda会員の186万人のビッグデータから算出された数字なので、信頼感もあります。
dodaの年収査定でわかること
  • 今の年収から何円アップするか
  • あなたの適正年収の求人
  • 転職によって年収がどう推移するか
診断結果のサンプルは以下のようになっています。

年収査定 今の年収から何円アップするかは以下のように表示されます。dodaは転職サイト・エージェントの機能もありますので、そのまま転職を開始することもできますよ。

年収診断

自分の市場価値を知ることは年収アップの近道になるでしょう。ぜひ年収査定を利用して、年収アップを達成しましょう。

看護師におすすめの転職エージェント3選

看護roo!

看護roo!

おすすめポイント
  • 完全無料!
  • 応募せずに相談だけするのも可能!
  • 登録不要で求人検索可能
  • 公開求人数5万件以上
  • 非公開求人取り扱いあり
看護roo!は、看護師の気持ちに寄り添った求人サイトです。看護roo!の魅力は、会員登録不要で気軽に転職先を探すことができる点です。

 自分の都合の良い時間に条件を電話で話すと、希望にあった求人が届きます。求人には良い点・悪い点・内部情報まで記載されています。
求人に迷った場合は看護師転職のプロからアドバイスをもらうこともできます。必ず応募をしなければいけないというわけではないので、相談だけするのも可能です。

転職サポートサイトのコンテンツとして、「転職手続きガイド」や、職場別の看護師のコラムなどを読むこともできます。ぜひ参考にしてみましょう。
運営会社 株式会社クイック
公開求人数※2021年6月28日時点 55,856件
非公開求人 あり
主なサービス内容
  • 看護師の転職サポート
  • 看護師向けのニュース配信
  • LINE・メールでのアドバイス

看護のお仕事

看護のお仕事

おすすめポイント
  • 「ともだちに勧めたいサービスランキング」にて1位獲得経験あり
  • 働きやすさを重視
  • 職場の雰囲気が伝わるインタビューがある職場あり
  • LINEで求人情報が届く
看護のお仕事では、年間4,000回を超える訪問取材を実施して働きやすい職場を紹介してくれます。

訪問取材することで現場の雰囲気などをより理解できますね。
登録は無料で、事前のヒアリングにより自分に合った求人情報が届きます。求人情報はメールのほかにLINEでも受け取り可能です。
運営会社 レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数※2021年6月28日時点 120,333件
非公開求人 あり
主なサービス内容
  • LINEで相談可能
  • 条件交渉のサポート
  • インタビューによるweb職場見学
  • 転職後のアフターフォロー
公式サイト

ナース人材バンク

ナース人材バンク

おすすめポイント
  • 会員限定の非公開求人を掲載
  • ハローワーク非公開多数
  • 年間利用者10万人以上の実績
  • 全国から勤務地を選択
  • キャリアパートナー在籍
ナース人材バンクは、ハローワークなどで取り扱いのない貴重な求人を取り扱う求人サイトです。転職条件から個々に合った求人を紹介してくれるのが魅力の一つです。
看護師だけでなく、准看護師や保健師の転職も紹介していますよ。
「託児所あり」「電子カルテあり」など、さまざまな条件を設定して求人を探すことができます。
運営会社 株式会社エス・エム・エス
公開求人数※2021年6月28日時点 32,216件
非公開求人 あり
主なサービス内容
  • 全国の勤務地から選ぶことができる
  • 転職のサポートあり
  • 大手法人施設への転職
  • 転職先のweb見学会

よくある質問

年収アップを目指す看護師におすすめの転職エージェントは?
リクルートエージェントやdoda転職エージェント、マイナビエージェントなど大手の総合転職エージェントがおすすめです。また、看護師求人に特化した転職エージェントとして看護roo!や看護のお仕事、ナース人材バンクなども挙げられます。いずれも経験豊富なアドバイザーが無料で転職活動をサポートしてくれるため、ぜひチェックしてみてください。
看護師で年収1000万円は可能?
看護師で年収1,000万円は可能です。少数になりますが、実際に年収1,000万円を得ている看護師はいます。ただ単に何もせずに、同じ業務を継続しているだけでは年収1,000万円は目指せません。スキルアップをしていくことで年収を上げることが可能です。
看護師で年収1000万円を稼ぐ方法は?
看護師で年収1,000万円を稼ぐには、看護師としての経験と実績を積み、さらに勉強も欠かせません。総看護師長などの役職に就く・資格を取得しキャリアアップを図る・給与が高いところに転職をするなど、さまざまな方法で年収1,000万円を目指せます。
看護師で年収1000万円を稼ぐうえでおすすめの転職先は?
看護師で年収1,000万円を稼ぐには、大学病院など大きな医療機関への転職がおすすめです。美容外科・臨床開発モニター・訪問看護ステーションの管理者も転職先として検討できる先として挙げられます。
看護師で年収1000万円を稼ぐうえでおすすめの副業は?
副業をプラスして年収1,000万円を目指すには、クラウドソーシング・投資・短期バイト・私物を売る・スキルを売るなどの副業がおすすめです。投資にはリスクがありますが、それ以外はリスクは少ないため、取り組んだ分だけ収入が得られます。
看護師が転職の際にチェックすべきポイントは?
転職の際は「夜勤手当」「残業手当」「資格手当」の3つの手当てがあるかをチェックしましょう。病院によって手当ての金額は異なります。少しでも多く年収を得るためには、手当てが多いところがおすすめです。どれか一つでも手当てが無い転職先は、なるべく選択しないことが重要になります。
看護師の主な仕事内容は?

看護師の主な仕事内容は血圧、体温、脈拍の測定(バイタルチェック)・巡回、注射、点滴、採血患者の移送・入院患者の食事・ベッドメーキング・体位交換など身のまわりのお世話が挙げられます。仕事内容は勤務する病院や診療科によって異なりますが、基本的な業務内容はどこも変わりません。

看護師のスキルアップにおすすめの資格は?
看護師のスキルアップにおすすめな資格として、認定看護師・専門看護師・ケアマネージャー・呼吸療法認定士が挙げられます。これらの資格を取得すると、専門性の高い業務に就けることに繋がるため、資格手当も得られると給与アップが期待できます。キャリアアップにも有効なため、何か資格を取得することは自分の知識が身に付く点もメリットであり、仕事への意欲にも繋がります。

まとめ

この記事では、看護師で年収1000万円稼ぐ方法や、転職時のチェックポイントなどを解説しました。

結論から言うと、看護師として年収1,000万円を目指すことは可能で、少数ですが、実際に年収1,000万円を得ている看護師もいます。

年収アップのためには、役職に就く、資格を取得する、大手の病院など年収が高い勤務先へ転職する、独立開業をする、副業をするなどが挙げられます。

年収アップを図るうえで、各種手当がきちんと付くかが重要です。

記事内では転職時に活用したいおすすめの転職エージェントも紹介したため、上手く活用しながら年収アップを目指してみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事