看護師が退職するときの流れとは?退職理由もあわせてチェック!

看護師が退職するときの流れとは?退職理由もあわせてチェック!

「看護師を退職したい場合はどうすればいいの?」と疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。

看護師を退職するまでにしておくべきことなどは、事前に知っておきたいですよね。

そこで本記事では、看護師の退職に関する以下の項目についてご紹介します。

この記事でわかること
  • 看護師のおもな退職理由
  • 看護師が退職する流れ
  • 看護師が退職を告げるのにベストなタイミング
  • 看護師が退職前にしておくべきこと

この記事を読めば看護師が退職までにしておくべきことがわかるだけでなく、退職を告げるのにベストなタイミングまで把握できます。

看護師の退職を本格的に考えている人はもちろん、転職を視野にいれている人もぜひ参考にしてみてください。

看護師に多い退職理由とは?

聴診器を構えた看護師

そもそも、看護師はどのような理由で退職する人が多いのでしょうか。おもな退職理由をチェックしていきましょう。

人間関係

看護師が退職を考える理由のひとつは人間関係です。人間関係がギクシャクしていると、職場を離れたくなります。

 特に、先輩・上司との人間関係が悪化している場合は要注意です。わからないことがあっても相談しにくくなってしまいます。

また、いわゆる「お局」の存在も気がかりです。理不尽に怒られたり、嫌味を言われながら仕事をしてもストレスがたまってしまいます。

人間関係は一度こじれると修復がなかなか難しく、退職を選択してしまいます。

医療ミスへのプレッシャー

看護師は患者さんの命を預かる仕事です。そのため、医療ミスへのプレッシャーを感じてしまう人も少なくありません。

 適度な緊張感は必要ですが、あまりにもプレッシャーを感じすぎると業務に支障をきたします。

また、過度なプレッシャーが日常生活に影響することもあるでしょう。不眠・食欲減退・おなかがゆるくなるなど、いつもと違う症状が出ている人は気をつけてください。

医療ミスへのプレッシャーが大きくなるにしたがって、看護師を辞めたい思いも強くなりがちです。

給料が仕事に見合わない

丸まっている札束

給料が仕事に見合わない人も看護師を辞めたいと考えがちです。看護師は一般的な企業よりも平均年収は高い傾向にあります。

 しかし、看護師の仕事は想像以上にハードです。専門的な知識やスキル、体力や判断力が大いに求められます。

そのため、給料と仕事が見合っていないと感じる人も少なくありません。年功序列制度の多い看護師は、すぐに昇給できないのも退職理由のひとつです。

仕事量と給料のバランスがとれた職業に転職したいと考える人が多いでしょう。

業務量・残業時間が多い

看護師の退職理由には業務量・残業時間が多いことも挙げられます。看護師の業務が多岐に渡るため、余裕をもって働くのが難しい状況です。

 看護師のなかには、月60時間以上も残業する人がいます。プライベートや家族で過ごす時間が少なくなってしまうでしょう。

また、業務量・残業時間が多いと体調・メンタル面に支障をきたしてしまいがちです。自身の健康を守るためにも、転職を決断する看護師がいます。

体調・メンタル面の不調はなかなか気づきにくいかもしれないので、注意が必要です。

夜勤で体調を崩す

看護師として働いていくうちに、夜勤で体調を崩して退職してしまう人も見受けられます。

 夜勤は別途手当が支給されるので、稼ぎたい人にとっては魅力です。しかし、生活リズムが大きく崩れやすい点には気をつけてください。

生活リズムが崩れると自律神経が乱れ、さまざまな症状に悩まされます。例えば、やる気がおきない・イライラする・勝手に涙が出てくるなどの症状です。

夜勤のない職業に就くことで、体調面が改善される場合があります。転職は有効な方法です。

研修・サポート体制の不足

屋外で話している男性

研修・サポート体制が不足していると、看護師の退職を考える人が増えます。特に、若手看護師の場合は周囲からのサポートが不可欠です。

 手厚いサポートがなければ、いつまで経っても1人前の看護師になることは難しいでしょう。業務の幅が限られてしまいます。

また、看護師がステップアップするには研修が欠かせません。研修がほとんどない職場は看護師のスキルを磨きにくい傾向にあります。

特に小規模の病院・クリニックで研修やサポート体制の不足しがちです。

評価制度に対する不満

看護師が退職を考える理由の一つに、評価制度に対する不満が挙げられます。評価制度は昇給・ボーナス査定額を左右する項目です。

 そのため、評価制度に納得がいっていないと、そのまま給与・ボーナスにまで悪影響を及ぼす可能性が考えられます。

もし評価制度に不満があれば、まずは上司や人事部へ問い合わせる方法がおすすめです。しかし、すぐに評価制度が変わる可能性は低いでしょう。

自分が納得できる評価制度の職場へ転職を検討する看護師も少なくありません。

仕事が合っていないと感じる

そもそも、仕事が合っていないと感じ、看護師を退職する人も多く見受けられます。特に若手の看護師によく見られる傾向です。

看護師だけでなく、どの職業においても向き・不向きは誰にだってあります。

 実際に看護師として働いてみて、「やっぱり向いてなかった」と考えるのも自然なことです。

ただ、看護師の仕事が向いていなからといって、どの仕事も適正がないわけではありません。

必ず自分に合った仕事が見つかります。あまり悲観的になりすぎないことが大切です。

看護師は退職金をもらえる?

お金をひろげる人

看護師を退職すると退職金はもらえるのでしょうか。結論から言うと、すべての看護師に退職金が支給されるわけではありません。

 一般的に、退職金は同じ職場で3年以上働いた看護師に支給されます。1~2年以内に辞めてしまうと退職金が支払われない可能性が高いです。

また、退職金の支給は法的に定められた制度ではありません。そのため、退職金制度を設けていない職場も多数見受けられます。

現在働いている職場に退職金制度があるか、しっかり確認しておきましょう。

看護師が退職する流れは?

ポストイットに記入する人

実際に、看護師の退職はどのような流れで進むのでしょうか。ひとつずつ流れをチェックしていきましょう。

1.就業規則をチェック

退職が決まったら、まずは就業規則を確認してください。上司に退職を伝えるタイミングをしっかり把握しておきましょう。

 一般的には1ヶ月前に伝える職場が多いようです。しかし、なかには3~4ヶ月も前に伝えておかなければならない職場もあります。

就業規則に記載されている通りに退職を進めないと、トラブルの元になりがちです。事前に確認したうえで退職の手続きを進めてください。

就業規則を読んでわからないことがあれば、信頼できる人事部の社員に質問してみるとよいでしょう。

2.退職の意思を上司に伝える

就業規則を読んだあとは、退職の意思を上司に伝えましょう。希望している退職日時とセットで伝えるのがベストです。

 上司へ退職を伝える際に悩んでいるような素振りをみせると、引き留めに合う可能性が高くなるので気をつけてください。

毅然とした態度で退職の意思を伝えることが重要です。必要であれば、退職の意向を示す退職願を持参するのもよいでしょう。

非常に勇気がいりますが、後回しにすると余計言いづらくなります。

3.退職日の調整

書類を見ながら話し合う女性

無事に上司へ退職の意向を伝えられたら、退職日の調整を行います。退職日の希望がある人は事前に伝えておきましょう。

 特に、次の職場の入社日が決定している人は注意が必要です。

入社前に引越しをはじめとした予定があるなら、きちんと組み込んでおきましょう。

退職日を調整する際に、退職日を引き延ばされてしまうケースも多数見受けられます。必ず最初に設定した退職日で退職できるように働きかけましょう。

なかなか退職日を設定してくれない場合は、第三者機関に相談するのもおすすめです。

4.退職届の提出

退職日が無事に決定したあとは、退職届を提出します。退職届は職場によってフォーマットを設けている場合があるので、事前にチェックしてみてください。

 なお、退職届は一度受理されてしまうと、原則撤回できない書類です。退職日に誤りがないか入念に確認しましょう。

混同されがちな書類として退職願があります。退職願は退職届と違って、退職の意思を伝えるための書類です。

退職願と退職届は提出するタイミングが異なるので、混同しないようにしましょう。

5.後任へ仕事を引き継ぐ

パソコンの前に座る女性

退職日時や退職届の提出が完了したら、後任へ仕事を引き継ぎましょう。退職した後も滞りなく仕事が進むようにしておく必要があります。

 例えば、今まで自分が行ってきた業務を整理して、マニュアルを作成するのも引継ぎの一貫です。

もし患者さんへの対応に工夫していたことがあれば、あわせて伝えておくことをおすすめします。

後任の看護師だけでなく、患者さんが不安にならないようにしっかり準備しておきたいですね。

6.退職のあいさつ

最後に、退職のあいさつを行います。心配な人は事前に退職のあいさつ文を考えておくとよいでしょう。

 また、お世話になった先輩や仲の良い同僚には、事前に退職することを伝えておくのもおすすめです。

退職に関して、受け持っている患者さんに伝える看護師もなかにはいるようです。職場ごとに方針が異なるため、確認してみてください。

円満退職できるように、最後まで気を抜かずに行いましょう。

看護師が退職を伝えるのにベストなタイミング

病院で座りこむ看護師

看護師が退職を伝える際、どのタイミングがベストなのでしょうか。それぞれ詳しく確認していきましょう。

看護師が退職を伝えるのにベストなタイミング
  • 年度末
  • 人事異動の時期
  • 看護師の求人が増加するタイミング
  • ボーナス支給時期(1月・7月)
  • 委員会やプリセプターが落ち着く時期

年度末

年度末は看護師が退職を伝えるのにベストなタイミングです。異動者や定年退職者が決定する年度末は、人事編成しやすいタイミングといえます。

 病院・クリニック内でチームは編成されるので、新しいチームが編成される前に退職を申し出るとよいでしょう。

年度末で職場を退職すると、4月から新しい職場で働けます。4月は期が変わる職場が多く、転職のタイミングとしてベストです。

まずは年度末を目標にして、退職スケジュールを組むとよいでしょう。

人事異動の時期

スケジュール帳とペン

人事異動の時期も退職するのにねらい目です。その時期に合わせて、退職を申し出ることをおすすめします。

 人事異動のタイミングなら、チーム編成が活発に行われます。退職者を考慮してチーム編成してくれるので、退職を申し出やすいでしょう。

人事異動の時期は職場によってバラバラです。現在勤めている職場がどのタイミングで人事異動されるのか、しっかり確認しておきましょう。

入念に情報収集しておくことによって、ベストなタイミングで退職を伝えられます。

看護師の求人が増加するタイミング

看護師の求人が増加するタイミングで退職を申し出るのもおすすめです。看護師の求人が増えるタイミングとして、1~2月・7月が挙げられます。

 この時期に合わせて転職活動を行うと、希望に合った職場が見つかりやすい点がメリットです。

あらゆる求人を見比べられるため、転職活動の情報収集もしやすくなるでしょう。

転職活動のしやすさで退職のタイミングを決めるなら、看護師の求人が増えるタイミングをチェックしてみてください。

ボーナス支給時期(1月・7月)

札束を手に持っている人

ボーナス支給時期も退職を伝えるのにおすすめなタイミングといえます。一般的なボーナス支給時期は1月・7月です。

 ボーナス支給後に退職できるのがメリットといえます。退職後に引越しをはじめとしたライフイベントが控えている人にうってつけです。

しかし、ボーナスに合わせて退職すると、「ボーナスのもらい逃げ」だと非難してくる人もなかにはいます。

ボーナスのもらい逃げと言われないためにも、円満退職を目指しましょう。

委員会やプリセプターが落ち着く時期

委員会やプリセプターに所属している人は、これらの活動が落ち着くタイミングで退職を申し出るのがおすすめです。

 中途半端なタイミングで退職すると、ほかの人の仕事量が増えてしまう可能性があります。

余計なトラブルを防ぐためにも、委員会・プリセプターが落ち着くタイミングを見計らいましょう。

しかし、体調やメンタル面が不調な人はすぐにでも退職を検討してください。

看護師が退職前にしておくべきこと

パソコンを操作する女性

看護師が退職前にしておくべきこととして、どのようなものが挙げられるでしょうか。ひとつずつチェックしていきましょう。

看護師が退職前にしておくべきこと
  • 退職理由を整理する
  • 奨学金の規定を確認する
  • 転職サービスに登録する

退職理由を整理する

まずは退職理由をしっかり整理することが重要です。あいまいなまま退職してしまうと、後悔してしまう恐れがあります。

 人間関係や給料、残業時間などポイントごとに退職理由を洗い出しましょう。考えを整理するために、紙に書き出すのもおすすめです。

退職理由が明確になれば、新しい職場を探す際にも役立ちます。職場に求める希望条件を見出しやすくなるでしょう。

自分に嘘をつくことなく、素直な気持ちで退職理由を考えることが大切です。

奨学金の規定を確認する

書類とペン

過去に奨学金を借りていた看護師が退職する際は、奨学金の規定をしっかり確認しましょう。

 特に、定められた期間中に働いていれば奨学金返還を免除される「お礼奉公」中の看護師は注意が必要です。

お礼奉公中でも退職はできるものの、奨学金は返還しなければなりません。奨学金の規定をチェックしておきましょう。

退職後の返還方法を職場側と話し合う際に必要です。

転職サービスに登録する

退職前に、看護師に特化した転職サービスに登録するのがおすすめです。転職サービスでは自分に合った求人を紹介してくれます。

 希望条件をエージェントに伝えると、希望条件に合致した求人を提案してくれるのが魅力です。

転職活動にさほど時間を割けない人に向いています。

また、応募書類の添削や面接対策など選考サポートを行ってくれるのがメリットです。

 はじめての転職でも心強い味方になってくれるでしょう。

転職サービスは無料で利用できる場合がほとんどです。

選考サポートも無料で行ってくれるので、ぜひ積極的に活用してみてください。

【看護師向け】退職届の書き方を解説

看護師が引き止めにあい「半年転職できない」「円満退職できない」といった事態を避けるためにも、正しい退職届の書き方を把握しておきましょう。

封筒の書き方

封筒

まずはじめに退職届を提出する封筒を準備します。自己都合で退職するのであれば「退職願」、会社都合で退職するのであれば「退職届」と記載して下さい。

 どちらの理由かで「退職願」「退職届」と変わってくるので注意しましょう。

また裏側には以下の項目を記載します。

記載項目
  • 所属部署
  • 名前

 

基本的には上記2項目のみとなっており、両方とも黒色のボールペンで記入しましょう。

基本的に白色の封筒であればOKです。

退職届の書き方

退職届を書く際、縦書きであれば上から、横書きであれば右から順に以下の項目を記載します。

退職届に記載する内容
  1. 書き出し:退職願、もしくは退職届と記載
  2. 提出年月日:退職日ではなく提出日を記載
  3. 宛先:最高執行責任者のフルネームと役職を記載
  4. 所属・氏名:所属部署・役職を省略せず正式名称で記載
  5. 文の書き出し:謙譲語の「私儀」と記載
  6. 退職理由:特段特別な理由がなければ「一身上の都合:と記載
  7. 退職日:実際に退職する日を記載

基本的には上記7項目を記載すれば退職届は完成します。もしも自分自身で書くことに不安を感じる場合は、転職エージェントに相談すると良いでしょう。

 退職届けの書き方などアドバイスが貰えますが、退職代行サービスは行っていないので注意して下さい。

転職に退職は付き物ですので、転職エージェントで転職に伴う退職に関してアドバイスを受けてみるのもおすすめです。

そのため「引き止めにあい退職が出来ない」「円満退職をするためにはどうすれば良い?」など、疑問点は一度聞いてみると良いでしょう。

対応力の高い転職エージェントでは、可能な範囲で退職のサポートも行っています。

封筒の入れ方

手紙

退職届が書き終わったら書類を三つ折りにし、封筒に入れて提出します。基本的には下から上に向かって三分の一を折り、最終的に上から下へ折り曲げて完成です。

 封筒に入れる際、見やすさを考慮して便箋の書き出しが上に来るようにしましょう。

最後にのり付けを行い、「〆」と記載すれば完了です。

その後は正しい流れで退職届けを提出しましょう。

退職届を提出する流れ

退職届を提出するタイミングは、基本的に退職希望日の2カ月前が良いとされています。

他の職員へ自身の業務を引き継いだり、抜けたポジションの採用など企業側も対応が必要だからです。

 法律上2週間前で良しとされていますが、円満に退職し後任に迷惑をかけないためにも、なるべく早く提出することが望ましいです。

実際の提出先は基本的に師長となるため、事前に時間をもらうよう相談しましょう。退職届が正式に受理されれば一連の流れは完了です。

次の職場に向けて気持ちを切り替えましょう。

退職届を提出する時期・タイミング

カレンダー

退職届を出すタイミングに関しては、賞与も考慮することをおすすめします。

退職日が5月や6月の賞与日前の場合、賞与を受け取れないまま退職するケースも避けられません。

 一刻も早く辞めたい理由がなければ、賞与を受け取ってから退職することも一つの手段です。

退職を検討している理由にもよりますが、1~2カ月待てるのであれば賞与をもらってから退職すると良いでしょう。

場合によっては転職活動に思いの外お金がかかるケースも珍しくないので、計画的なスケジュールを立てるようにして下さい。

賞与を受け取った後、求人数が増える6月を狙って転職活動を開始することもおすすめです。

看護師におすすめの転職エージェント3選

看護roo!

看護roo!

おすすめポイント
  • 完全無料!
  • 応募せずに相談だけするのも可能!
  • 登録不要で求人検索可能
  • 公開求人数5万件以上
  • 非公開求人取り扱いあり
看護roo!は、看護師の気持ちに寄り添った求人サイトです。看護roo!の魅力は、会員登録不要で気軽に転職先を探すことができる点です。

 自分の都合の良い時間に条件を電話で話すと、希望にあった求人が届きます。求人には良い点・悪い点・内部情報まで記載されています。
求人に迷った場合は看護師転職のプロからアドバイスをもらうこともできます。必ず応募をしなければいけないというわけではないので、相談だけするのも可能です。

転職サポートサイトのコンテンツとして、「転職手続きガイド」や、職場別の看護師のコラムなどを読むこともできます。ぜひ参考にしてみましょう。
運営会社 株式会社クイック
公開求人数※2021年6月28日時点 55,856件
非公開求人 あり
主なサービス内容
  • 看護師の転職サポート
  • 看護師向けのニュース配信
  • LINE・メールでのアドバイス

看護のお仕事

看護のお仕事

おすすめポイント
  • 「ともだちに勧めたいサービスランキング」にて1位獲得経験あり
  • 働きやすさを重視
  • 職場の雰囲気が伝わるインタビューがある職場あり
  • LINEで求人情報が届く
看護のお仕事では、年間4,000回を超える訪問取材を実施して働きやすい職場を紹介してくれます。

訪問取材することで現場の雰囲気などをより理解できますね。
登録は無料で、事前のヒアリングにより自分に合った求人情報が届きます。求人情報はメールのほかにLINEでも受け取り可能です。
運営会社 レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数※2021年6月28日時点 120,333件
非公開求人 あり
主なサービス内容
  • LINEで相談可能
  • 条件交渉のサポート
  • インタビューによるweb職場見学
  • 転職後のアフターフォロー
公式サイト

ナース人材バンク

ナース人材バンク

おすすめポイント
  • 会員限定の非公開求人を掲載
  • ハローワーク非公開多数
  • 年間利用者10万人以上の実績
  • 全国から勤務地を選択
  • キャリアパートナー在籍
ナース人材バンクは、ハローワークなどで取り扱いのない貴重な求人を取り扱う求人サイトです。転職条件から個々に合った求人を紹介してくれるのが魅力の一つです。
看護師だけでなく、准看護師や保健師の転職も紹介していますよ。
「託児所あり」「電子カルテあり」など、さまざまな条件を設定して求人を探すことができます。
運営会社 株式会社エス・エム・エス
公開求人数※2021年6月28日時点 32,216件
非公開求人 あり
主なサービス内容
  • 全国の勤務地から選ぶことができる
  • 転職のサポートあり
  • 大手法人施設への転職
  • 転職先のweb見学会

よくある質問

2週間前に退職を伝えれば大丈夫?
法律的には大丈夫ですが、医療現場での引き継ぎを考えると2週間は十分とは言えないでしょう。
後任の準備やスムーズな引き継ぎ、円満退職を考えるのであれば2カ月前辺りから退職したいとを伝えることをおすすめします。
引き止めにあいなかなか転職できない場合はどうすれば良い?
転職エージェントでは退職におけるアドバイスを行っているため、一度相談してみると良いでしょう。
もしそれでも解決しなければ、退職代行サービスの利用も検討してみて下さい。
円満退職をするコツはある?
できるだけ早く退職の意向を伝えることで、現場の準備も進み円満な退職に繋がります。
ネガティブな要因よりも、これから先の目標や新たな夢を転職理由にすることで、円満退社出来る可能性は高まります。
体調不良で看護師を退職することはあり?
結論体調不良も退職理由の一つとして捉えてよいでしょう。
夜勤や長時間労働など、過酷な現場で体調不良を起こす看護師も少なくないため、ワークライフバランスが保てる職場を探すとよいです。
入社半年で退職するとキャリアに悪影響はある?
退職理由により悪影響が出る可能性はゼロとは限りません。
「イメージと違った」「人と合わなかった」などネガティブな理由を避け、早期退職が必要だった明確な理由を用意することで、採用担当から悪いイメージが持たれづらくなります。

まとめ

今回は、看護師が退職を考えるおもな理由や看護師が退職する流れ、退職前にしておくべきことなどをご紹介しました。

看護師はやりがいがもてる仕事である一方、医療ミスへのプレッシャーを感じてしまいがちな職業です。

業務量と給与が見合っていないと感じる人や人間関係に悩む人、夜勤によって生活リズムが崩れてしまう人も少なくありません。

看護師を退職する前には、看護師に特化した転職サービスへの登録がおすすめです。自分に合った求人を紹介してくれるだけでなく、選考サポートを通じて効率的に転職活動できます。

ぜひこの記事を参考にしながら、看護師の退職に役立ててみてください!

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事