看護師の転職時期はいつがおすすめ?月別ごとの状況を徹底解説!

看護師の転職時期はいつがおすすめ?月別ごとの状況を徹底解説!

「看護師の転職時期はいつがおすすめ?」と疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。

転職時期を考慮しておくと円満退職できるだけでなく、転職先にもタイミングよく入社できます。

しかし、インターネット上にはさまざまな情報があふれており、一体どのタイミングで転職すればいいか迷ってしまう人もいるでしょう。

そこで本記事では、看護師の転職時期に関する以下の項目についてご紹介します。

この記事でわかること
  • 月別ごとの看護師の転職時期
  • 職場や臨床経験による転職時期
  • 看護師が転職前にしておくべきこと

この記事を読めば看護師の転職におすすめな時期がわかるだけでなく、看護師が転職前にしておくべきことも理解できます。

看護師を転職することがすでに決まっている人はもちろん、転職を視野にいれている人もぜひ参考にしてみてください。

月別ごとにチェック!看護師の転職時期

1月のカレンダー

まずは看護師の転職時期を月別に確認していきましょう。それぞれ詳しく説明するので、退職時期を決めかねている人は参考にしてみてください。

転職におすすめの時期
  • 1月
  • 6月
  • 9月
  • 11月

1月

1月は看護師にとって、転職するのにおすすめのタイミングです。1月は看護師の求人が増えるタイミングということもあり、さまざまな求人を見比べられるでしょう。

 一方、求職者の動きはさほど活発ではありません。ライバルが少ないなかで、効率的に転職活動を進められるのがメリットです。

1月はボーナスが支給されたタイミングなのも嬉しいポイントといえます。

ボーナスを受け取ったあと、転職したい人におすすめです。

2月

2月は1月ほど求人数が多くなるわけではありません。しかし、転職市場にも人があまりおらず、1月同様ライバルが少ない状況です。

 また、2月は看護現場がさほど忙しくありません。そのため、転職したあとにゆっくり時間をかけてフォローしてもらえるでしょう。

若手看護師や第二新卒など、経歴が浅い看護師におすすめの転職時期です。

しっかりサポートしてほしい人は2月転職を検討してみてください。

3月

桜

3月は年度末ということもあり、現場は比較的忙しい傾向です。年度末退職の人が有給をとっている場合が多く、人手不足の職場も多いでしょう。

 そのため、3月の入社は看護師として長く働いてきた人に向いています。適応力に自信がある人にもおすすめです。

なお、3月の求人数は少ない傾向にあります。

あらゆる求人を見比べたい人にとって、やや不向きな転職時期です。

4月

4月は新卒の看護師が入社してくるタイミングです。職場内でも、新人の教育・サポート体制を徹底的に固めています。

 新卒入職組と一緒に研修を受けられる場合があるので、20代の若手看護師や第二新卒の看護師にうってつけです。

ただ、新卒看護師が入職してくることにより、人手が足りている職場がほとんどです。

この時期に求人を出している職場への転職は、慎重に考えたほうがよいでしょう。

5月

5月は新卒で入職した看護師の教育が本格的に行われている時期です。そのため、中途採用者にフォローが行き届かない可能性があります。

また、5月の大型連休によって、看護現場が慌ただしくなることもあるでしょう。

 しっかりとしたフォローを期待しているのなら、5月の転職は不向きな場合があります。

なお、5月は公立病院の採用活動がスタートするタイミングです。

公立病院への転職を目指しているなら、出遅れないようにしっかり情報を集めましょう。

6月

雨が降ってるなかで赤い傘をさす人

6月は新卒看護師の教育がひと段落するタイミングです。中途採用者にもフォローが行き届くため、転職するにはうってつけの時期といえるでしょう。

 また、6月はボーナス支給時期でもあります。ボーナスをもらったあとに転職したい人が増えるため、求人も増加傾向です。

多くの求人を見ながら転職先を決定したい人に向いています。

ただし、現職でボーナスをもらいたい人は退職日に注意が必要です。

7月

6月に退職者が増加する分、7月は求人数が増える傾向です。さまざまな求人を見比べたい人に向いています。

 しかし、7月は夏季休暇を取得する看護師が増えるので注意が必要です。7月に入職するとフォロー体制が整っていない場合があります。

これまで看護師としての実績がある人は問題ありません。

しかし、きちんと研修を受けたい人にはやや難しいタイミングといえるでしょう。

8月

8月は世間がお盆休みに入る時期です。また、7月に引き続き夏季休暇を取得する看護師も多く、現場は常に人手不足な傾向にあります。

 そのため、8月に転職すると教育やフォローを十分に受けられない可能性があるでしょう。

即戦力として最初からバリバリ働きたい人におすすめです。

求人数自体は多いものの、採用側が忙しく手が回らないケースも多数見受けられます。

8月から転職活動を始めるなら、長期的なスケジュールをたてるとよいでしょう。

9月

青空の下の紅葉

9月は年末の繁忙期に向けて、人員補充を考える職場が多い傾向です。そのため、求人数も増加していくでしょう。

 特に、採用の人数制限を設けず、即戦力となる看護師をできるだけ採用する職場が増えます。

即戦力として働ける看護師は重宝されるでしょう。一方、若手看護師や経歴の浅い看護師は採用を見送られるケースも見受けられます。

採用側が求める人材像をしっかり把握することが大切です。

10月

10月は人事異動が行われるタイミングです。職場内の人事が再編されるため、研修や勉強会などもさかんに行われます。

 この時期に転職すると、異動してきた人と同じタイミングで研修を受けられる場合があります。

事前に研修を受けたあと、業務をスタートしたい人におすすめです。また、9月同様に年末年始に向けて人員補充が行われています。

興味のある求人には積極的に応募するとよいでしょう。

11月

11月は年明けの人員補充のため、求人数がより増加しやすいタイミングです。多種多様な求人を見たい人におすすめの時期といえます。

ただ、看護現場はやや忙しい傾向です。

 異動者の教育が本格的に行われており、中途採用者のフォローまで手が回らない可能性があります。

研修やフォローは必要最低限でいい人なら問題ありません。

しかし、入念に研修やフォローを受けたい人は期待に応えてくれないこともあるでしょう。

12月

雪がつもっている杉の木

年末年始を控えている12月は看護現場にとって繁忙期でもあります。長期休暇を取得している看護師も多く、人手不足の職場も多い傾向です。

そのため、12月の転職はよほどベテラン看護師でない限り、おすすめしません。

 無理に12月に転職するのではなく、年明けのタイミングを待ったほうがよいでしょう。

また、12月はボーナス支給時期です。

ボーナスを支給されてから退職したい人は、退職日をよく考える必要があります。

職場や臨床経験によって転職時期を決めよう

防具服をきてモニターを見る看護師

職場や臨床経験によって転職時期を決めるのもおすすめです。今回ご紹介する職場の特徴や臨床経験は以下のとおりです。

職場や臨床経験によって転職時期を決める
  • 総合病院・大規模病院
  • 個人クリニック
  • 訪問看護師
  • 臨床経験3年未満

総合病院・大規模病院

総合病院・大規模病院は求職者からの人気が高く、ライバルが多い傾向です。そのため、入念な情報収集と長期的な転職スケジュールの考案が欠かせません。

 4月から総合病院・大規模病院で働きたいなら、前年度の5月から転職活動をスタートさせるのがおすすめです。

夏までには内定をもらえるように動いておくと、転職活動をスムーズに進められます。

余裕をもって転職活動を終えられるようにしましょう。

個人クリニック

病院内でカルテを見せる女性医師

規模の小さい個人クリニックでは、欠員が出た場合のみ求人を出すケースが多数見受けられます。

 規模の大きい病院のように、定期的に求人が出ているわけではありません。こまめに求人情報をチェックすることが大切です。

特に、4月・5月や9月~11月にかけて募集される場合が多いでしょう。

これらの時期に合わせて、転職スケジュールの考案をおすすめします。

訪問看護師

在宅医療を希望している人が増えるにつれ、訪問看護師の需要も高まっています。高齢化社会の日本では、ますます訪問看護師が求められるでしょう。

 訪問看護師の需要が高まりを見せているため、求人も増加傾向です。以前は臨床経験が10年以上ないと難しいと言われていました。

しかし、昨今は臨床経験が浅い看護師の教育に力をいれている事業所も増えています。

訪問看護師になりたい人は、応募資格をよく確認しておくとよいでしょう。

臨床経験3年未満

聴診器を構えた看護師

臨床経験が3年未満の看護師は若手看護師として位置づけられます。職場によっては、新人看護師と差があまりないと認識されるでしょう。

 臨床経験が3年未満の場合は、新卒看護師を同じタイミングで入職するのがおすすめです。

研修やサポートを新卒看護師と同じように受けられる場合があります。一方、即戦力としての働きが期待される夏・冬の繁忙期に転職するのはおすすめしません。

繁忙期の職場では十分なサポートが受けられない場合があります。

看護師が退職する時期はいつがいい?

カレンダーと時計

看護師が転職を検討する際、「求人が多い時期」「落ち着いて転職が出来る時期」など、いくつか狙い目のタイミングが存在します。

看護師の求人が多い時期:6~7月

6~7月は看護師がちょうどボーナスを受け取り転職を考える時期で、事業所が求人を出すには絶好のタイミングです。

そのため各事業所も転職活動が盛んになる時期に合わせて動くため、求人が多い傾向にあります。

 応募者も多く転職倍率は高まるため、事前準備には時間をかけましょう。

この時期は一気に求人が増えるため、ある程度希望条件が多かったりと、慎重に多くの事業所を比較したい看護師にとってもおすすめです。

ただ退職日を見誤るとボーナスが受け取れないこともあるため、上手くスケジュールをたてて転職活動を進めると良いでしょう。

最も求人数が増える6~7月は、転職を考える看護師にとって絶好のタイミングです。

落ち着いて転職が出来る時期:2月

面接

一方、2月は転職を考える看護師が減るため、採用担当もひとりひとりの応募者に対してしっかりと向き合う時間が作れます。

求人数こそ少ないものの、目当ての事業所が中途採用を行っていれば応募すると良いでしょう。

 他の応募者が少なく倍率が低いため、狙い目の時期とも言えます。求人数が少ないからと言って、転職が難しい時期とは限りません。

ただこの時期は求人が少ないため、多くの事業所を比較しながら転職活動を進めたい看護師とは相性がよ良くありません。

じっくりと転職をするのであれば2月、様々な事業所を見たいのであれば 6~7月と状況に合わせたスケジュールを組むと良いでしょう。

場合によっては狙い目の事業所もあるため積極的にリサーチしましょう。

教育体制が整っている時期:4月、8月、12月以外

スキルや経験が浅く、一定の教育環境が必要な人は4月、8月、12月と言った事業所が忙しい時期を避けることがおすすめです。

4月、8月、12月の各事業所の状況
  • 4月:新卒の研修がメイン
  • 8月:6~7月に採用した即戦力の入社手続きが必要
  • 12月:年末に入社する人が少なく研修が盛んではない

つまり上記以外の時期であればある程度研修に時間を割く余裕があるため、経験が浅い看護師でも入社後に付いていけるでしょう。

このように転職を検討している看護師は、自身の状況にあわせた時期・タイミングを見計らうことで、転職成功確率が高くなります。

求人票をチェックする際「研修制度あり」「OJT制度あり」など、教育面も気にしながら調べましょう。

看護師の転職がベストなのは経歴何年目?

疑問

転職を考えている看護師にとって、何年目で転職するのがよいのか迷っている方も多いでしょう。

看護師の転職活動におすすめの時期やタイミングについて以下で紹介していくので、「いつ転職すべきか」考えている人は参考にしてください。

最適なタイミングは3年目以降

3年目に入った看護師は、基本的な知識や技術は身についているものとされ、即戦力として扱われます。

急性期の医療機関では3年の勤務経験を条件としている求人が多く、若くて体力があることから転職市場において3年目の看護師は評価が高いです。

 看護師の基礎スキルがあり、転職先に重宝される存在となります。

20代後半〜30代前半は、結婚や出産などの理由で退職者が多く人手不足となり、3年目の看護師は「新人看護師を指導できる人材」として期待されることも多いです。

ただし、専門性の高い職場ではより経験がある看護師を優先して採用する可能性が高いため、戦略的に職場を選びましょう。

転職エージェントを利用し、希望に合った求人を見つけてもらう方法もおすすめです。

第二新卒に転職活動をしてもOK

スケジュール帳と時計とメモ

看護師という仕事柄、まだ経験が足りない段階での転職は不安も多いでしょう。

しかし、指導する側からすると他の病院で身につけた経験や癖などを持たない第二新卒は、育てがいのある良い人材として重宝されることも多いです。

 看護師の基本は身についているため、完全にゼロからのスタートにはなりません。

第二新卒は、看護師としての医療行為の基本やマナーが身についているため、その分教育担当者の負担を減らせます。

また、若く体力のある人材を求める職場も多く、その点をアピールしての転職活動もおすすめです。

医療現場に適応している実績があり、独特な癖がついていないのは第二新卒ならではのメリットと言えます。

10年目以降は即戦力になれる

看護師としての経験やスキルは十分身についており、即戦力となれる人材と評価され良い条件での転職が可能です。

さらに、役職やリーダーを任されていた経験があればざまざまな医療機関から重宝されるでしょう。

 経験豊富なベテランとして有利に転職を進めることが可能です。

転職先によっては、今までと違う専門性が求められたり、覚えないといけない業務も多く出てきます。

その場合でも看護師としての基礎知識を持っていることで吸収スピードが早く、比較的即戦力になりやすい点はアドバンテージとなるでしょう。

自身のキャリアや価値観に応じて、適切な求人を探しましょう。

看護師が転職する前にしておくべきことは?

聴診器でハートをつくる看護師

看護師が転職する前に何をしておくべきなのでしょうか。ひとつずつ詳しくご説明するので、参考にしてみてください。

看護師が転職する前にしておくべきこと
  • 退職理由を明確にする
  • キャリアの棚卸しを行う
  • 志望先の職場の情報収集を行う
  • 転職サービスに登録する

退職理由を明確にする

まずは、退職理由を明確にしましょう。退職理由があいまいなままだと、後悔してしまう事態にもつながりかねません。

 人間関係・給料・業務量の多さなど、できるだけ具体的に整理するのがポイントです。

頭の中で考えず、紙に書き出してみると思考が整理されます。

退職理由が明確になれば、次の職場へ求める条件も明確になるのがメリットです。

転職の軸を定めやすいので、効率的に転職活動を進められますよ。

キャリアの棚卸しを行う

勉強中の人

転職前に時間を見つけて、キャリアの棚卸しを行うのもおすすめです。キャリアの棚卸しとは、今まで行ってきた業務と培ったスキルを整理する方法を指します。

 キャリアの棚卸しを行うことで、得意業務・苦手業務がはっきりとするでしょう。特に、自分の強みがわからない人におすすめです。

自分の強みが明確になると、履歴書・面接時の自己PRに役立てられます。

じっくりと時間をかけて行うことで、自分でも気づかなかった一面が出てくるかもしれません。

志望先の職場の情報収集を行う

志望先の職場に関する情報収集も欠かせません。求人が出たあとは、募集要項や応募資格を入念にチェックしておくとよいでしょう。

また、病院・クリニックの方針や看護観も確認してみてください。

 方針や看護観を確認しておくことで、採用側が求めている人材像のヒントを得られる場合があります。

共感したポイントがあればまとめておくのもおすすめです。

方針や看護間は志望動機を考える際、大いに役立てられます。

転職サービスに登録する

パソコンを操作する女性

看護師の転職に特化した転職サービスの登録もおすすめです。看護師の転職を熟知したアドバイザーが在籍しているため、転職時期のアドバイスをしてくれます。

 また、希望条件に合った求人を提案してくれるのもメリットです。

自ら求人を探す手間が省けるので、効率よく転職活動したい人に向いています。

履歴書・職務経歴書の添削や面接対策も魅力です。特に、はじめて転職する人にとって、心強い味方になってくれるでしょう。

求人紹介や選考サポートなどすべて無料で受けられる転職サービスがほとんどです。

ぜひ積極的に活用してみてください。

看護師の転職の流れを解説

階段

看護師が転職活動を行う際、以下4つの流れが必要となります。

転職スケジュールの設定

マイナビ転職によると、大前提として看護師の平均転職活動は約1ヶ月とされており、一般企業の目安となる3カ月よりも相当短い期間となっています。

そのため転職希望日を決めたら、すぐに逆算をしそれぞれの作業にどれほどの時間がかかるか目安を付けましょう。

看護師の転職スケジュール例
  • 事前準備(転職エージェント・求人探し):1週間
  • 選考対策:1週間
  • 応募・選考:1~2週間
  • 内定

特に事前準備がしっかりしないとスケジュールも全体的に後ろ倒しになるため、エージェント選びや求人探しはしっかりと時間を取るようにしてください。

基本的に短期決戦となるため、それぞれにあまり多くの時間を割くことは難しくなります。

転職エージェント・求人探し

書類添削

次に自分と相性の合う転職エージェント、気になる求人を探します。

転職エージェントではスキルや希望を伝えると、自分に合う求人をコンサルタントが紹介してくれるため登録すると良いでしょう。

 普段残業や夜勤が多い看護師は積極的に求人紹介を利用し、時間の効率化を図ることをおすすめします。

どんなに優秀な看護師でもすべての希望を叶えることは難しく、ある程度の妥協は必要になります。

事前に希望条件を整理するなどして、効率よく求人を探してもらえるよう準備しておきましょう。

スキルや能力によっては、好待遇な非公開求人を紹介してもらえることもあります。

選考対策・応募

実際に応募したい求人が見つかった跡は、事前対策を行い応募のタイミングを伺います。

転職エージェントでは以下のサポートが無料で受けられるため、積極的に利用していくと良いでしょう。

転職エージェントで受けられる無料サポート
  • 応募書類の添削
  • 面接対策
  • 年収交渉

転職期間が約1ヶ月とスケジュールが短い看護師の場合、積極的にサポートを受け時間の短縮化を図ると良いです。

生まれた時間を対策に当てるなど有効に使うことで、内定獲得率も高まります。

転職エージェントから受けられる無料サポートは大きなメリットです。

内定

握手

上記全ての流れが完了し内定が貰えれば転職活動終了です。さらに内定後コンサルタントへ依頼することで、年収交渉を代行してもらえます。

 年収を上げたいものの自分から切り出しづらい場合、コンサルタントへ依頼してみてください。

また転職エージェントによっては、内定後のトラブルの相談にも乗ってくれるため、引き続き何かあれば連絡してみると良いでしょう。

ここまでくれば転職完了です。後は現職の退職日の取り決めなど準備を進めましょう。

看護師の転職を有利に進めるコツ

転職をしたくても、どのように転職活動を進めればいいかわからないと困るケースも少なくありません。

そこで以下のパートで、看護師が転職する際のコツや注意点を解説していきます。

看護師の転職を有利に進めるコツ
  • 自己分析に力を入れる
  • 希望条件を明確にする
  • 転職エージェントを利用する

自己分析に力を入れる

書類作成

自己分析をしっかり行ってから転職することで「こんなハズじゃなかったのに」といった不満が出にくくなります。

 

まずは転職する理由を見つめ直し、希望条件に合った転職先を見つけていきましょう。

 

 ミスマッチを防ぐためにも、自己分析は何よりも大切な作業です。

自分自身をきちんと理解しておくことで、自分の気持ちを伝えやすくなるため、面接にも役立ちます。

 

「5年後や10年後の自分はどうなっていたいのか」といった考えを常に持ち、自己分析をすることであなたの今後の人生にも活かしていきましょう。

転職という場面だけでなく、人生を豊かにするためにも自己分析は大切です。

希望条件を明確にする

希望条件が漠然としていると求人探しで無駄に時間を費やしてしまったり、希望とズレた選択をしてしまう可能性も高くなります。

看護師の求人数はいつも多いことから、どんな働き方をしたいか希望条件をはっきりさせておくことが大切です。

 100%条件にマッチさせることは難しいため、条件に優先順位をつけましょう。

給料面や残業時間などの条件を具体的にしておくことも重要です。

「年収○○○万円」「残業時間は月○時間」など、これらを決めておけば求人票で確認ができます。

完璧でなくてもよいので、できるだけ具体的にしておきましょう。

転職エージェントを利用する

握手

転職を考えてはいても1人ではなかなか進められない方も多いでしょう。

また、給与や勤務形態などは求人情報に明記されていますが、人間関係や内部事情まで把握することは難しいです。

 その場合、多くの職場をよく知っているプロに相談するという方法もあります。

看護師の仕事は忙しく、転職活動をしている暇がないような現場が多いのは確かです。

しかし、ほとんど休みが取れなくて困っていた看護師が働きながら内定を獲得していることもよくあります。

転職エージェントを上手く利用し、効率的に転職を進めましょう。

看護師におすすめの転職エージェント3選

看護roo!

看護roo!

おすすめポイント
  • 完全無料!
  • 応募せずに相談だけするのも可能!
  • 登録不要で求人検索可能
  • 公開求人数5万件以上
  • 非公開求人取り扱いあり
看護roo!は、看護師の気持ちに寄り添った求人サイトです。看護roo!の魅力は、会員登録不要で気軽に転職先を探すことができる点です。

 自分の都合の良い時間に条件を電話で話すと、希望にあった求人が届きます。求人には良い点・悪い点・内部情報まで記載されています。
求人に迷った場合は看護師転職のプロからアドバイスをもらうこともできます。必ず応募をしなければいけないというわけではないので、相談だけするのも可能です。

転職サポートサイトのコンテンツとして、「転職手続きガイド」や、職場別の看護師のコラムなどを読むこともできます。ぜひ参考にしてみましょう。
運営会社 株式会社クイック
公開求人数※2021年6月28日時点 55,856件
非公開求人 あり
主なサービス内容
  • 看護師の転職サポート
  • 看護師向けのニュース配信
  • LINE・メールでのアドバイス

看護のお仕事

看護のお仕事

おすすめポイント
  • 「ともだちに勧めたいサービスランキング」にて1位獲得経験あり
  • 働きやすさを重視
  • 職場の雰囲気が伝わるインタビューがある職場あり
  • LINEで求人情報が届く
看護のお仕事では、年間4,000回を超える訪問取材を実施して働きやすい職場を紹介してくれます。

訪問取材することで現場の雰囲気などをより理解できますね。
登録は無料で、事前のヒアリングにより自分に合った求人情報が届きます。求人情報はメールのほかにLINEでも受け取り可能です。
運営会社 レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数※2021年6月28日時点 120,333件
非公開求人 あり
主なサービス内容
  • LINEで相談可能
  • 条件交渉のサポート
  • インタビューによるweb職場見学
  • 転職後のアフターフォロー
公式サイト

ナース人材バンク

ナース人材バンク

おすすめポイント
  • 会員限定の非公開求人を掲載
  • ハローワーク非公開多数
  • 年間利用者10万人以上の実績
  • 全国から勤務地を選択
  • キャリアパートナー在籍
ナース人材バンクは、ハローワークなどで取り扱いのない貴重な求人を取り扱う求人サイトです。転職条件から個々に合った求人を紹介してくれるのが魅力の一つです。
看護師だけでなく、准看護師や保健師の転職も紹介していますよ。
「託児所あり」「電子カルテあり」など、さまざまな条件を設定して求人を探すことができます。
運営会社 株式会社エス・エム・エス
公開求人数※2021年6月28日時点 32,216件
非公開求人 あり
主なサービス内容
  • 全国の勤務地から選ぶことができる
  • 転職のサポートあり
  • 大手法人施設への転職
  • 転職先のweb見学会

よくある質問

看護師の転職におすすめの転職エージェントは?

看護roo!や看護のお仕事、ナース人材バンクなど、看護師の転職に特化した転職エージェントがおすすめです。いずれも無料で利用できるため、ぜひ上手く活用しながら転職活動を進めてみてください。

看護師の転職時期はいつがおすすめ?

看護師の転職時期におすすめなのが、1月・6月・9月・11月です。これらの時期は求人数も増加傾向にあり、さまざまな求人を見比べたい人におすすめです。
また、比較的現場が忙しくない時期でもあります。そのため、研修やサポートを丁寧に受けられるでしょう。本格的な業務の前に、しっかりとサポートしてほしい人におすすめです。

転職するのにベストな看護師歴な何年目?

転職するのにベストな看護師歴は5年目です。5年目ならほとんどの職場において、中堅看護師として認識されます。
中堅看護師は即戦力として働くことが期待されているため、転職活動でも有利になる可能性が高いです。可能であれば、5年目以降に転職することを目指してみてください。

すぐにでも転職したほうがいい職場や人の特徴は?

すぐにでも転職したほうがいい職場や人の特徴は以下のとおりです。

・セクハラ・パワハラが横行している
・職場環境が劣悪
・身体・メンタル面に影響を及ぼしている
・転職しようか半年以上迷っている

特に、セクハラ・パワハラが横行している職場はすぐにでも転職しましょう。この様な職場に耐えたところで、メリットはひとつもありません。また、身体・メンタル面に影響が出ている人も要注意です。すぐに職場を離れ、休息をとることを第一に考えてください。

看護師が転職する前にしておくべきことは?

看護師が転職する前にしておくべきことは下記を参照してください。

・退職理由を明確にする
・キャリアの棚卸しを行う
・志望先の職場の情報収集を行う
・転職サービスに登録する

まずは退職理由を明確にしておくことが大切です。退職理由があいまいなままでは、仮に転職したとしても後悔してしまう場合があります。また、志望先の職場に関する情報収集も必ず行いましょう。特に、病院・クリニックの方針や看護観は入念にチェックすることが大切です。

面接で「いつから働けるか」聞かれたらどうしたらいい?

入職日はある程度の期間を設けて回答するのがおすすめです。もし現職との折り合いがつかない場合、入職日を先延ばしするよう依頼しなくてはなりません。余計なトラブルを回避するためにも、なるべく余裕を持って回答するとよいでしょう。少なくとも、1ヶ月以上は様子を見てください。

総合病院や大規模病院に転職するためには?

総合病院や大規模病院に転職するには、入念な情報収集と長期的な転職スケジュールが必須です。4月入職を考えているなら、前年度の5月から転職活動をスタートさせましょう。総合病院や大規模な病院は知名度があるため、ライバルが増加する可能性が考えられます。後悔しないように、早いうちから動き出すのが大切です。

転職サービスに登録するメリットは?

転職サービスに登録すると、看護師の転職を熟知したアドバイザーから有益なアドバイスを得られます。転職事情にも詳しいので、おすすめの転職時期を教えてくれるでしょう。
また、応募書類の添削や面接対策を行ってくれるのもメリットです。特に、はじめての転職でわからないことが多い人は積極的に活用してみてください。

まとめ

今回は、看護師の転職におすすめの時期や転職する前にしておくべきことなどを中心にご紹介しました。

看護師の転職は1月・6月・9月・11月が特におすすめです。

求人数が増加するタイミングなので、さまざまな求人を見比べたい人に向いています。

看護師が転職する前に、転職サービスの登録をしておくとよいでしょう。看護師の転職を熟知したアドバイザーから有益なアドバイスをしてくれます。

転職事情にも詳しいので、一人ひとりに合わせた転職時期を教えてくれるでしょう。さらに、応募書類の添削や面接対策を実施してくれるのもメリットです。

ぜひこの記事を参考にしながら、看護師の転職時期を検討してみてください!

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事