管理栄養士の転職におすすめの転職エージェント・サイト8選

管理栄養士の転職におすすめの転職エージェント・サイト8選

管理栄養士は高齢者や病気を患っている人に対して、栄養指導・管理などを行っています。

活躍できる場が多いことから、転職先を探す際は転職サービスを活用しなら幅広い選択肢から求人を探すのがおすすめです。

しかし、どのような転職サービスを使えば良いか迷っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、管理栄養士におすすめの転職エージェント・転職サイトを紹介します。

この記事でわかること
  • 管理栄養士におすすめの転職エージェント
  • 管理栄養士におすすめの転職サイト
  • 転職サービスの選び方

管理栄養士が活躍できる転職先も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

管理栄養士におすすめの転職エージェント4選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 転職エージェントの中での公開求人、非公開求人が多い
  • 転職をサポートしてくれるツールが充実
  • 細かい条件での求人検索が可能

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも豊富な公開・非公開求人を保有しています。

 さまざまな業界から管理栄養士の求人を見つけられることができます。

首都圏だけではなく地方の求人も豊富にあるため、Uターン転職などでも活用できる点が魅力です。

各業界に詳しい専任のアドバイザーが、転職活動の悩みや不安を解決してくれるでしょう。

公開求人数※2021年11月30日時点 148,401件
管理栄養士の取り扱い求人数※2021年11月30日時点
  • 公開:194件
  • 非公開:ー
主なサービス・機能
  • 履歴書、職務経歴書の添削
  • 転職サポートツール
  • 非公開求人の提供
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

出典:リクルートエージェント公式

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • キャリアアドバイザーが一緒に志望動機や自己PRを考えてくれる
  • 面接後にアドバイザーからフィードバックを受けられる
  • 国内だけではなく、海外の求人にも対応している

マイナビエージェントは、キャリアアドバイザーと一緒に志望動機や自己PRを考えながら対策を練ることができます。

 専任アドバイザーと企業担当アドバイザーが在籍しています。

内定獲得までの転職活動をサポートしてくれるため、スピード感を持って進めたい方におすすめです。

企業担当アドバイザーは各業界に精通しているため、転職に役立つの情報を得ることができるでしょう。

公開求人数※2021年11月30日時点 32,375件
管理栄養士の取り扱い求人数※2021年11月30日時点
  • 公開:59件
  • 非公開:260件
主なサービス・機能
  • 転職お役立ち情報
  • 模擬面接
  • WEB面談
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社マイナビ

出典:マイナビエージェント公式

栄養士のお仕事

栄養士のお仕事

おすすめポイント
  • 施設形態から管理栄養士の勤務先を絞ることができる
  • ブランクのある方も歓迎している求人が多い
  • キャリアアップを目的とした転職にも強い

栄養士のお仕事は、管理栄養士や栄養士の転職に特化した転職エージェントです。

 管理栄養士として働ける業界を、施設形態から絞ることができます。

「早朝勤務なし」や「ブランクありOK」など、条件での検索もできるため、家庭の事情などで勤務時間に制限のある方にもおすすめです。

栄養士のお仕事では、登録することで非公開の求人も確認することができます。
公開求人数※2021年11月30日時点 非公開
管理栄養士の取り扱い求人数※2021年11月30日時点
  • 公開:580件
  • 非公開:ー
主なサービス・機能
  • お仕事Magazine
  • 転職ガイド
  • 求人検索
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社ウェルクス

出典:栄養士のお仕事公式

栄養士転職ナビ

栄養士転職ナビ

おすすめポイント
  • 業界専門のコンサルタントが転職活動を徹底的に支援
  • 条件面や給与面などの言いにくい交渉を代理でしてくれる
  • 求人の条件面を細かく検索できる

栄養士転職ナビは、栄養士や調理師の転職に強い転職エージェントです。

 保育園や病院、給食会社などの求人を扱っています。

給与面や勤務時間、職場の雰囲気など働く環境をヒアリングして、悩みに合わせた求人を紹介してくれます。

業界専門のコンサルタントが、就業後までしっかりサポートしてくれることが特徴です。
公開求人数※2021年11月30日時点 5,386件
管理栄養士の取り扱い求人数※2021年11月30日時点
  • 公開:631件
  • 非公開:ー
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • コラム
  • コンサルタントサービス
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社プレアデス

出典:栄養士転職ナビ

【要修正】管理栄養士におすすめの転職サイト4選

doda

doa

おすすめポイント
  • 転職サイトと転職エージェントの機能を併せ持っている
  • 求人の更新頻度が週2回
  • スカウトサービス限定のオファーが受けられることもある

dodaは、さまざまな業界・職種の求人を多く掲載してることが特徴です。

 転職サイト・転職エージェントの両機能を併せ持っています。

自己PR診断や書類作成ツールが充実しているため、自己分析しながら管理栄養士の転職を進められるでしょう。

スカウトサービスを利用することで、面接確約の限定オファーを受けられることもあります。

公開求人数※2021年11月30日時点  109,364件
管理栄養士の取り扱い求人数※2021年11月30日時点
  • 公開:247件
  • 非公開:ー
主なサービス・機能
  • 転職Q&A
  • 面接スケジュール調整
  • スカウトサービス
利用可能地域 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

出典:doda公式

リクナビNEXT

リクナビNEXT

おすすめポイント
  • 会員限定機能を活用して、転職活動の効率化を図れる
  • 職務経歴などの要約をデータとして保存しておける
  • 自分に似た転職者をレコメンドできる

リクナビNEXTは、転職業界の中でも豊富な求人数を抱えている株式会社リクルートが運営する転職サイトです。

 転職活動の効率化を図れるコンテンツが充実しています。

職務経歴などの基本情報をデータとして保存しておけるため、面接のたびに書き直す手間を省けることが特徴です。

自分に似た転職者の情報をチェックできるレコメンド機能も備わっています。

公開求人数※2021年11月30日時点 15,790件
管理栄養士の取り扱い求人数※2021年11月30日時点
  • 公開:48件
  • 非公開:ー
主なサービス・機能
  • レコメンド機能
  • スカウト登録
  • 新着求人情報
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

出典:リクナビNEXT公式

コメディカルドットコム

コメディカルドットコム

おすすめポイント
  • 医療福祉系の転職サイトの中で、求職者支持率NO.1
  • 転職のイロハが分かる情報が詰まったコンテンツが充実している
  • スキルや希望条件の入力するだけでオファーが来るスカウト機能

コメディカルドットコムは、医療福祉系の転職で支持率NO.1を誇る転職サイトです。

 転職に関する基礎知識や円満退社の方法などを記載した、転職マニュアルがあります。

また、各業界の豆知識もあるため、業界理解を深めたうえで転職活動ができるでしょう。

直接オファーが届くスカウト機能は、自分の市場価値を把握することにも使えます。
公開求人数※2021年11月30日時点 98,214件
管理栄養士の取り扱い求人数※2021年11月30日時点
  • 公開:1,789件
  • 非公開:ー
主なサービス・機能
  • 転職成功マニュアル
  • 医療、福祉業界の豆知識
  • AIによる求人検索
利用可能地域 全国
運営会社 セカンドラボ株式会社

出典:コメディカルドットコム公式

エイチエ

エイチエ

おすすめポイント
  • 栄養士・管理栄養士のみの求人を掲載している
  • 業務をしていくうえで役立つ情報が豊富
  • 会員登録をすることで、悩みや相談なども行える

エイチエは、栄養士・管理栄養士の求人掲載に特化した転職サイトです。

 転職サイトだけではなく、栄養士・管理栄養士のコミュニティとしても活用できます。

献立レポなど、業務をしていくうえで参考になる情報も整えています。

栄養士・管理栄養士に関する様々な情報を網羅できるでしょう。
公開求人数※2021年11月30日時点 1,055件
管理栄養士の取り扱い求人数※2021年11月30日時点
  • 公開:142件
  • 非公開:ー
主なサービス・機能
  • 献立レポ
  • 求人情報
  • Q&A
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社エス・エム・エス

出典:エイチエ公式

管理栄養士向け転職サービスの選び方

お皿に盛ったサラダ

これまでは管理栄養士におすすめの転職エージェント・転職サイトを紹介しました。しかし、さまざまなサービスの中からどれを選べば良いか分からない人も多いでしょう。

そこで、ここからは管理栄養士向け転職サービスの選び方を4つ紹介します。

管理栄養士向け転職サービスの選び方
  • 求人数が豊富なのか
  • 業界や職種に特化しているか
  • 業界に詳しいキャリアアドバイザーが在籍しているか
  • サポート体制が充実しているか

では、ひとつずつ解説していきます。

求人数が豊富なのか

求人数が豊富な転職サービスでは、自分の条件や希望に合った企業と出会いやすくなります。

 管理栄養士として活躍できる業界を、数多く見つけることも可能です。

転職サービスによって、さまざまな特徴があるため、複数の転職サービスを利用して可能性を広げることも転職活動では大切になります。

同時に3〜5社ほど登録して、必要な情報を上手く照らし合わせると、より効果的に転職活動が進んでいくでしょう。

業界や職種に特化しているか

野菜を切る人

業界や職種に特化した転職サービスは、業界事情を詳しく把握しています。

 特化型転職サービスだから見つけられる求人もあります。

特化型の転職エージェントであれば、管理栄養士の転職支援実績のあるキャリアアドバイザーからのサポートも受けられるでしょう。

管理栄養士の転職であれば、「栄養士のお仕事」や「栄養士転職ナビ」が特化型転職サービスに当てはまります。

業界に詳しいキャリアアドバイザーが在籍しているか

管理栄養士として活躍できる業界に詳しいキャリアアドバイザーが在籍していれば、応募書類の作成や面接対策を一緒に行いながら転職活動を進められます。

 業界の転職事情などを共有してもらうことができます。

キャリアアドバイザーは転職エージェントでのみ活用できるサービスのため、転職活動を始めるにあたり1つは登録しておくといいでしょう。

転職活動を一人で進めるのが不安な方におすすめです。

サポート体制が充実しているか

ハイタッチをする男女

サポート体制が充実している転職サービスでは、よりスピード感を持って転職活動を進められるでしょう。

 各転職サービスでサポート体制が大きく異なります。

「履歴書や職務経歴書のテンプレートがある」「スカウト機能がある」など、それぞれの転職サービスの特徴を理解することで、安心感のある転職活動が期待できます。

転職を進めるうえで、どのようなサービスが自分には必要かを把握しておくことが大切です。

管理栄養士が活躍できる転職先

管理栄養士には、活躍できる場が多くあります。管理栄養士が活躍できる転職先として、主に以下の3つが挙げられます。

管理栄養士が活躍できる転職先
  • 学校・保育園
  • 病院・介護施設
  • 食品メーカー
  • レストラン・飲食店

それぞれの違いを知って自分に合った転職先を選びましょう。

学校・保育園

ランチセット

学校や保育園では、献立の作成や調理、食材の発注を主に担当します。

 子供たちが食事で栄養を取れるように献立を作成することが大切です。

子供たちの反応を確認して、次回の献立作成や調理に反映することも重要な業務になります。

時には子供たちに食事の理解と関心を深めるために、栄養指導などを行う場合もあります。

病院・介護施設

病院、養護老人ホームやグループホームなどの介護施設でも管理栄養士は活躍できます。

 患者さんや老人の健康状態に合わせて献立を考えることが大切です。

きざみ食や流動食といった調理方法を考え、美味しく食べてもらえる工夫をすることも重要になってきます。

食事を楽しんでもらうためのアイディアを考えることも業務内容です。

食品メーカー

お弁当

食品メーカーでの管理栄養士の役割は、企画の立案や食品研究です。

 学校や病院などと違い、売れ筋を調べる市場調査も必要になります。

既存の食品の機能分析や、新商品の開発など、幅広い範囲を担当します。

管理栄養士の知識を武器に、営業や広報としてキャリアアップを目指すことも可能です。

レストラン・飲食店

レストランや飲食店での管理栄養士の主な役割は、メニューの開発です。

 管理栄養士が考案したメニューは、顧客の安心感にも繋がります。

開発したメニューは、お品書きやカロリー表示までを計算する必要があるため、その知識も必要になってくるでしょう。

健康に重視した食事に関心のある昨今では、レストランや飲食店での管理栄養士の需要が高まっています。

管理栄養士におすすめの他業種の転職先

不動産業界に転職する人

管理栄養士から他の業種に転職したいと考えている方もいるでしょう。ではどのような業種が良いのでしょうか?この章では管理栄養士におすすめの他業種の転職先について解説していきます。

管理栄養士におすすめの他業種の転職先
  • スポーツ業界
  • 事務職
  • 営業職
  • WEB・IT業界

スポーツ業界

管理栄養士におすすめの他業種の転職先として挙げられるのがスポーツ業界です。栄養士の資格があればスポーツジムや実業団への転職で有利になる可能性が高いです。

スポーツ業界に転職すると所属選手の栄養管理やサポートをする仕事に就くことができます。これまでの経験も役立つでしょう。

 やりがいのある仕事ですが、難易度は高めです。

またスポーツジムなどに転職すると、利用者の栄養管理を行うという道も見えてきます。多くのスポーツジムでは日々の食生活のアドバイザーが常駐しています。

ジムの場合トレーナーと栄養管理を兼任する場合が多いです。

事務職

「全く違った仕事がしてみたい」という方の転職先としておすすめなのが事務職です。未経験でも可能な仕事なため、ハードルはそこまで高くはないでしょう。

 場合によっては資格が必要な場合もあります。

WordやExcelなどのソフトを使ったオフィスワークが多く、そこまで業務も難しいものではありません。「人と話すのは少し苦手」という方でも、十分取り組みやすい仕事だと言えるでしょう。

パソコンスキルに不安を感じる方はMOSなどの資格にチャレンジしましょう。

営業職

管理栄養士から転職する業種として多いのが、営業職です。営業職は未経験でもOKな企業が多く、特に資格も必要ありません。

 コミュニケーション能力は求められます。

様々な企業を周り商談をしていくので、人とのコミュニケーションを苦痛に感じない人であればやりがいを感じられるでしょう。

ノルマを課したり、長時間労働を強いられるブラック企業も非常に多いので、そのような会社に入社してしまわないように気をつけましょう。

WEB・IT業界

将来的に在宅ワークで稼いでいきたいという方にはWEB・IT業界もおすすめです。WEB・IT業界に就職してからフリーランスとして生計を立てている方も多く存在します。

特にWEBメディアを運営している企業は、未経験でもOKという企業も多いので転職はしやすいでしょう。

 エンジニアなどの職種は知識や経験が必須となる場合が多いです。

未経験からエンジニアやWEBデザイナーを目指す方の多くは、専門学校やオンラインスクールなどに通ってから転職します。

WEB・IT業界は年収も比較的高い傾向にあるため、まとまったお金を払って学習しても、転職が成功すれば元は取れるでしょう。

ゆくゆくはフリーランスという道も見えてきます。

管理栄養士の転職事情を解説

管理栄養士の転職事情を解説

管理栄養士から転職を考えている方も多いかと思いますが、実際転職事情はどのようになっているのでしょうか?

この章では管理栄養士の転職事情について解説していきます。解説するトピックは以下の通りです。

管理栄養士の転職事情
  • 管理栄養士が転職を考える理由は?
  • 管理栄養士の需要
  • 若い方が転職はしやすい?

管理栄養士が転職を考える理由は?

どのような理由で転職を考えるかは人によって異なります。では管理栄養士が転職を考える理由として多いのはどのような理由なのでしょうか?

管理栄養士が転職を考える理由として、多かったものをまとめてみました。

管理栄養士が転職を考える理由
  • 業務量が多い
  • サービス残業が多い
  • 待遇面に不満がある
  • 人間関係の問題
  • 業務時間が不規則

管理栄養士は数多くのスタッフの中に1人だけ配置されているケースも多く、1人で抱えなければいけない業務・責任も大きくなってしまいます。

そのため業務量や待遇面に不満を感じて転職を考える方が少なくありません。

なかなか休みが取りづらいという問題もあります。

管理栄養士の需要

管理栄養士は比較的離職率の高い職業です。しかし管理栄養士という国家資格を持っている点から需要は非常に高い職業と言えるでしょう。

管理栄養士の転職事情としては管理栄養士としての経験や知識を活かして転職する人もいれば、全くの別業種に転職する人もいます。

 管理栄養士の資格を活かした方が転職しやすいのが現状です。

管理栄養士は専門性の高い仕事のため、全くの別業種に転職する場合は、これまで培った知識や経験が役に立たない場合が多いので、ハードルは高くなるでしょう。

管理栄養士の転職は同業種内が定番となっています。

若い方が転職はしやすい?

管理栄養士から転職する場合、他の業種と同様に若い方が転職は成功しやすい傾向があります。特に他業種への転職を考えているという場合は、20代のうちに行動することをおすすめします。

しかし同業種で転職する場合、これまでの実績が評価対象になってくるため、30〜40代でも転職を成功させている例が多いです。

いつどんな業種に転職するかが非常に重要な鍵を握るでしょう。

よくある質問

管理栄養士の転職におすすめ転職サービスは?
転職エージェントとしてはリクルートエージェント、マイナビエージェント、栄養士のお仕事、栄養士転職ナビなどがおすすめです。管理栄養士の資格を活かした業界や、希望条件にマッチする企業を紹介してくれます。
転職サイトとしては、doda、リクナビNEXT、コメディカルドットコム、エイチエなどがおすすめです。自分のペースで転職活動を進めたい人にもおすすめです。
転職サービスを使うメリットは?
豊富な求人数があったり、業界に特化していたりすると希望に合う企業が見つかりやすくなります。各転職サービスごとに特徴が違うため、並行して利用することでスムーズに転職活動を進められます。
転職サービスの選び方は?
「サポート体制が充実か」「キャリアアドバイザーに相談できるか」などを踏まえて選ぶといいでしょう。また自分のペースで進めたい方は転職サイト、転職活動のサポートを受けたい方は転職エージェントがおすすめです。
未経験からでも管理栄養士へ転職できる?
未経験からでも管理栄養士への転職はできます。ただし管理栄養士は即戦力を重視して募集している企業が多いため、求められる人物像を考え、適切にアピールしていくことが大切になります。
管理栄養士の業務内容は?
献立の作成・調理、栄養指導などを主に担当します。ただし勤務先によっては、任される業務内容も変わってくる場合があります。転職の際は業務内容を理解したうえで、自分の経験を活かせるかもしっかり確認するといいでしょう。
管理栄養士はどの業界で活躍できる?
学校や保育園、医療・介護施設、食品メーカーなどで活躍できます。食品メーカーでは市場調査や研究開発など、高度な技術と知識が求められる場合もあります。
管理栄養士と栄養士は何が違うの?
管理栄養士は国家資格で、専門的な知識のもと栄養指導や管理を行うことができます。一方、栄養士は都道府県知事の免許を受けた資格で、比較的健康な人を対象に栄養指導などを行います。

まとめ

この記事では、管理栄養士におすすめの転職エージェント・転職サイト、その選び方を紹介してきました。

管理栄養士への転職は、業界特化型の転職サービスやキャリアアドバイザーからのサポートを受けられる転職エージェントを選びましょう。

管理栄養士の転職エージェント・転職サイトは数多くありますが、転職の軸を定め、効果的に進めるためには何が必要かを考えることが大切です。

また勤務する職場によって業務内容も異なるため、転職活動を始める前にリサーチしておくことで入社後のギャップを防ぐことができます。

転職サービスを最大限活用して、満足のいく転職に結びつけましょう。
当サイトでは転職に関する独自のアンケート調査を行っております。アンケート調査の結果はこちらのページを御覧ください。アンケート調査結果はこちら

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事