経理の求人に強い転職エージェント10選!総合型・特化型をご紹介!

経理の求人に強い転職エージェント10選!総合型・特化型をご紹介!

経理の仕事に転職したい」「経理の転職支援に強い転職エージェントが知りたい」そのような悩みを持つ方は、経理の求人に強い転職エージェント選びが大切です。

一人で経理を目指して転職活動をするよりも、内定率がアップするでしょう!

今回は、経理の転職エージェントに関する以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • 経理の求人に強い総合型転職エージェント
  • 経理の求人に強い特化型転職エージェント
  • 経理業界の転職エージェント
  • エージェントの選び方
  • エージェントの利用の流れ
  • 経理転職を成功させるコツ

経理への転職を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね!

経理の求人に強いおすすめ転職エージェント比較表

経理への転職を目指すなら、転職エージェントの利用がおすすめです。条件の良い非公開求人の紹介や、企業への年収交渉の代行などを行ってくれます。

当サイトイチオシの経理に強い転職エージェントの比較表をまずはご紹介します。
リクルート
エージェント
MS-JAPAN
doda
マイナビ
エージェント
パソナキャリア
リクルートエージェント
MSJAPAN
doda
マイナビエージェント
パソナキャリア
公開求人数
117,600
5,568
84,259
27,352
35,272
非公開求人数
177,389
非公開
35,646
109,408
10万件以上
対象年代
20代〜50代
20代〜50代
20代〜50代
20代〜30代
20代〜50代
対応エリア
全国
全国・海外
全国
全国
全国
得意分野
総合求人
経理・財務・人事・総務・法務・公認会計士などの求人に特化
総合求人
第二新卒など
20代の求人
総合求人
イチオシ機能
年収交渉の代行
管理部門の転職ノウハウを生かしたサポートを受けられる
年収交渉の代行
年収査定診断
未経験職種への
転職サポート
キャリアアドバイザーの親身なサポート体制

経理の求人に強い【総合型・特化型】転職エージェント5選

まずは、経理の求人の強い総合型の転職エージェントを厳選して5つ紹介します。経理の求人を多く取り扱っているものを集めました。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
  • 高年収の経理求人もあり
  • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 完全無料

リクルートエージェントは、各業界に精通したキャリアアドバイザーが内定獲得までをサポートしてくれる転職エージェントです。

提出書類の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供などの転職サポートが充実しています。

 経理の非公開求人はなんと1万件以上保有しています。

保有している経理の求人のなかには年収2,000万円を狙える求人もあります。年収アップ・キャリアアップも達成することができるでしょう。

転職成功ガイドでは、プロが教える!転職の進め方とポイントが公開されています。
運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
経理の公開求人数 4,760件※2021年6月23日現在
拠点 全国対応可

東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

MS-JAPAN

MS-JAPAN

おすすめポイント
  • 管理部門特化型エージェント業界最大級の求人数!
  • 創業30年のノウハウを生かした高いマッチング力が魅力!
  • 成功体験者では100万円以上の年収アップも!

MS-JAPANは、経理・財務・人事・総務・法務・会計事務所・弁護士・公認会計士・税理士などに特化した転職エージェントです。

 管理部門・士業特化型エージェント採用決定率No.1の実績を誇っています。

創業から30年以上の信頼と実績があり、業界に精通した経験豊富なキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

求人情報誌等では得られない、企業風土や部署の人員構成等を教えてもらえますよ。
運営会社 株式会社MS-Japan(エムエス ジャパン)
主なサービス(機能)
  • セミナー・個別相談会
  • 転職ノウハウ
  • 面接アドバイス
  • 個別面談
経理の公開求人数 1,847件※2021年12月3日現在
拠点 東京/横浜/名古屋/大阪

※公式サイト参照:https://www.jmsc.co.jp/

doda

doda転職エージェント

おすすめポイント
  • 転職サイトと転職エージェントの機能を併用できる!
  • 大手から中小企業・ベンチャー企業まで幅広い求人を用意!
  • 年収査定で自分の給与相場がわかる!
  • 完全無料!

dodaは、大手・優良企業から、未経験者歓迎などの求人も多数保有している転職エージェントです。登録すれば、スカウトサービスを利用できます。

 職務経歴書の書き方完全ガイドでは、経理のサンプルテンプレートが公開されています。

通過率が上がる、 書類の書き方や面接対策を受けられるので、希望の内定を獲得可能です。

経理の専門サイトでは、経理向けの合格診断や平均年収、転職市場予測、転職準備の流れなどが見れますよ。
運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • スカウト
  • パートナーエージェントサービス
  • 転職ノウハウ
  • 転職Q&A
経理の公開求人数 2,512件※2021年6月23日現在
拠点 全国対応可

丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • アドバイザーや担当者の対応がよく、親身に相談に乗ってくれる!
  • 各企業の情報を分析し、手厚い選考対策で内定率UP!
  • 経歴に自信がない方でも正社員転職が目指せる!
  • 全国の転職に対応!WEB面談も可能
  • 完全無料

マイナビエージェントは、全求人のうち非公開求人が80%の転職エージェントです。人気のリモートワーク、在宅勤務の求人もあります。

年収交渉や入社日調整まで、 内定後もバックアップしてくれるので、転職に慣れていない方も安心です。

 業界ごとに特設サイトがあり、経理の求人は「管理部門」で見れます。

経理を積極採用中の企業特集や経理の職務経歴書の書き方などが公開されているので、チェックしましょう。

転職ノウハウでは、経理(経理事務)と財務の違いなどについて解説されていますよ。
運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
経理の公開求人数 708件※2021年6月23日現在
拠点 京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

パソナキャリア

パソナキャリア

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 企業との取引実績16,000件以上
  • オリコン顧客満足度転職エージェント部門第1位
  • 年収アップに強い転職エージェント

パソナキャリアは、取引実績企業16,000社以上の実績がある転職エージェントです。オリコン顧客満足度(R)調査 転職エージェントでは、3年連続第1位(2019年〜2021年)を獲得しています。

※公式サイト参照:https://www.pasonacareer.jp/

 マンツーマンで 書類添削や模擬面接などを受けられます。

年収700万円以上のハイクラス向け管理部門(経理・人事・法務など)向け の、転職アドバイザー逆指名サービスも用意されています。

転職成功体験者の声では、経理の転職事例が多数掲載されているので、見てみてくださいね。
運営会社 株式会社パソナ
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • スカウト
  • キャリアカウンセリング
経理の公開求人数 1,845件※2021年6月23日現在
拠点 全国対応可

札幌/青森/盛岡/仙台/秋田/山形/福島/郡山西/茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京/神奈川/新潟/長野/山梨/静岡/愛知/三重/岐阜/富山/石川/福井/滋賀/京都/大阪/奈良/兵庫/和歌山/鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄

KOTORA(コトラ)

KOTORA(コトラ)

おすすめポイント
  • 金融や管理部門・バックオフィスの転職に強い!
  • 業界の動向を分析しながら、転職に役立つアドバイスをもらえる
  • 職務経歴書の添削も可能!

KOTORA(コトラ)は、金融・管理部門・バックオフィス業界の実務経験者のサポートが受けられる転職エージェントです。

 現場の詳細や空気感、ディテールを元に転職者と企業双方が満足できる高いマッチングを行っています。

選べる職種が豊富なので、より専門的な希望に合う求人を見つけられるでしょう。

運営会社 株式会社コトラ
主なサービス(機能)
  • 面接ノウハウ
  • 転職体験記
  • 面接の質問事例
  • 業界情報/用語辞典
経理の公開求人数※2021年11月19日時点 850件
利用可能地域 東京/神奈川/埼玉/千葉/愛知/大阪/福岡/海外

出典:https://www.kotora.jp/

Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

おすすめポイント
  • 各職種に精通したプロフェッショナルが集結
  • 企業との連携によりリアルな情報を提供
  • 多国籍なコンサルタントによるグローバルな求人紹介
  • 完全無料!

Spring転職エージェントは、専門職毎にその分野に精通するコンサルタントが在籍している転職エージェントです。

 経理部門では、年収100万円アップの転職に成功した事例も掲載されています。

経理・財務職の分野に精通したコンサルタントが、求職者のキャリアをしっかりと見極めるため、キャリアアップを伴う難易度の高い転職も数多くの成功実績を残しています。

経験豊富なコンサルタントと二人三脚で転職を進めることができるエージェントです!
運営会社 アデコ株式会社
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • セミナー・個別相談会
  • 面接対策
  • コンサルタントブログ
経理の公開求人数※2021年11月19日時点 1,206件
利用可能地域 全国

出典:https://www.springjapan.com/

経理の求人に強い【特化型】転職エージェント3選

経理の求人の強い特化型の転職エージェントを厳選して3つ紹介します。経理の転職支援実績が豊富なものを集めています。

ジャスネットキャリア

ジャスネットキャリア

おすすめポイント
  • 会計、税務、経理・財務分野特化型の転職エージェント!
  • 5,000社以上の取引実績あり!
  • 企業ごとに選考対策を受けることができる!

ジャスネットキャリアは、5,000社以上の取引実績のある会計、税務、経理・財務分野特化型の転職エージェントです。

 経理職のための無料メルマガ「経理の薬」を配信しています。

登録すれば、経理実務に役立つ通学セミナーの受講や、約200タイトルの動画の閲覧などのサービスが受けられます。非公開求人や企業HPでは読み取れない、“生の情報”を知れる点が魅力です。

模擬面談では、企業ごとの質問傾向の対策を受けられますよ。
運営会社 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社
主なサービス(機能)
  • 無料メルマガ
  • オンラインセミナー
  • キャリアプランの相談
  • 模擬面談や質問傾向の対策
経理の公開求人数 1,278件※2021年6月23日現在
拠点 東京/大阪/名古屋

経理エージェント

経理エージェント

経理エージェントは、創業21年の経理人材に特化した転職エージェントです。取引実績は1,000社以上あり、求人案件の90%以上が経理実務者を求める企業です。

 経理専門のベテラン・エージェントが担当してくれるので、安心して活動できます。

キャリアアドバイザーは全員が経理専門の転職サポートを「10年以上」、人材業界では「通算15年以上」の実務経験を有しています。

求人は、「簡易検索」と「こだわり検索」の2種類から検索できます。
運営会社 株式会社ビジネスビジョン
主なサービス(機能)
  • 個別面談
  • 推薦状の作成
  • 内定後のフォロー
  • 転職成功事例
経理の公開求人数 非公開※2021年6月23日現在
拠点 東京

経理転職.com

経理転職.com

経理転職.comは、経理・財務の求人に特化した転職エージェントです。求人全体の70%は非公開求人となっています。

サポートが充実している点も経理転職.comの魅力です。以下の2種類の活用方法から、サポート内容を選べます。

サポート内容
  • すぐに転職したい方:求人紹介とアドバイスの転職サポート
  • じっくり転職したい方:コンサルタントにキャリアプラン相談

コンサルタントに「現在の転職市場動向」「各社の方針や将来性」 など、業界の内部情報を教えてもらえます。

25年以上の実績があり、高い専門性を持った300名以上のコンサルタントが、内定獲得までを手厚くサポートしてくれる点が強みです。
運営会社 株式会社ジェイエイシーリクルートメント
主なサービス(機能)
  • 転職市場情報提供
  • 適職発見・診断
  • 適職紹介
  • 書類選考、面接突破支援
  • 入社決定支援
経理の公開求人数 785件※2021年6月23日現在
拠点 東京/北関東/横浜/名古屋/静岡/大阪/京都/神戸/中国

経理業界の転職事情は?

経理とは、日々の入出金管理や記帳、決算などを行う仕事です。 経費の精算や、経営成績と財政状態を表す試算表の集計など、さまざまな業務があります。

経理職はどの業界・会社にもなくてはならない仕事であり、あらゆる業種にニーズがあります。

経理の転職事情

経理業界の転職事情は?

経理は黙々とPCと向き合って作業するイメージを持つ方もいるでしょう。しかし、経理の仕事では、コミュニケーションスキルが必要です。

他の部門から相談を受けた時に経理の目線でアドバイスができれば、頼りにされるでしょう。

求人数は比較的多め

さまざまな業種でニーズのある仕事であるため、求人数が多く転職先が見つかりやすい特徴があります。

 首都圏の企業の経理であれば、年収600万円以上の求人も少なくありません。

年齢が若くても、経験やスキルがあればキャリアアップが目指せる職種です。

経理の転職に役立つ資格

経理業界の転職事情は?

経理としての転職をスムーズに進める方法のひとつとして、資格の取得がおすすめです。以下の資格を持っていれば、企業にスキルがアピールできます。

経理の転職に役立つ主な資格
  • 日商簿記検定
  • 公認会計士
  • 税理士
  • BATIC(国際会計検定)
  • 経理・財務スキル検定(FASS検定)
  • 給与計算実務能力検定
  • ファイナンシャルプランニング技能検定(FP技能検定)

国家資格から民間資格まで、さまざまな難易度の資格があります。ひとつずつ見ていきましょう。

日商簿記検定

日商簿記検定とは、簿記検定の中でも一番有名な資格で取得していると経理の仕事をする上でとても役立ちます。

 簿記とは会社の経営活動を記録・計算し、経営の面で会社を管理する技能です。

日商簿記検定はその習得度ごとにレベル分けして技能を測る検定試験です。レベルは1級、2級、3級、初級の4つの級があり、難易度は以下のようになっています。

日商簿記検定の級ごとの難易度

初級:簿記の仕組みや基本用語を理解する

3級:ビジネスレベルの社会人に必要な知識を身に付ける

2級:財務諸表の数字を読み解く力を身に付ける

1級:会計士、税理士などの国家資格を目指す方向けであり、合格すると税理士試験の受験資格が得られる

履歴書や転職などで記入できるのは3級からで、経理未経験の方や初めて受験する方は3級から目指す方が多いです。

日商簿記検定の資格を持っていれば、経営管理能力に優れているということが証明でき、経理を担当する上での信頼にもつながるでしょう。

スキルで言うと、簿記2級を取得していると履歴書で評価されやすいと言われています。

公認会計士試験

公認会計士とは、会計の専門家として、会計や監査、税務、コンサルティングなどを行います。公認会計士になるには、公認会計士試験の合格が必須です。

大学で経済学を学んできた人は資格取得が有利でしょう。

簿記の資格を取得してから公認会計士の勉強を始める人も多いと言われています。

税理士

税理士とは国家資格を持った会計・税務のプロフェッショナルとして、企業の税務・会計業務の管理を行います。

税理士と公認会計士はどちらも業務が似ていますが、以下のような違いがあります。

公認会計士 税理士
独占業務 税務業務 監査業務
クライアント 大手企業 中小企業
受験資格(年齢・学歴等) 特になし ・大学、短大、高等専門学校を卒業、もしくは専修学校の専門課程を修了し、法律学および経済学に属する科目を1科目以上取得している人
・大学3年以上の学生で、法律学および経済学に属する科目を含め62単位以上を取得している人 など※その他にも条件が多く存在

BATIC(国際会計検定)

BATIC(国際会計検定)は会計を英語で理解することができる人を対象とした、英語での会計処理を行う能力を測る検定試験です。

日商簿記検定の英語版と捉えることもできます。
結果は400点満点のスコア制で決まり、得点に応じて照合が付与されます。
認定基準
  • 初級レベル(50%)・・・Entry
  • 中級レベル(80%)・・・Middle
  • 上級レベル(90%)・・・Advanced
経理のプロとして、グローバルに活躍したい方にはおすすめの資格です。

経理・財務スキル検定(FASS検定)

経理・財務スキル検定(FASS)検定とは、経済産業省によって開発された、経理や財務スキルを測る検定試験です。

結果は合否ではなくA~Eの5段階評価で行われます。自分の経理や財務スキルを測るのには適している検定です。

レベル スコア 評価
A 689点~ 経理・財務分野の業務全体を正確に理解し、経理・財務部門の業務を遂行できる能力がある。
B 641点~688点 経理・財務分野のほとんどの業務を理解し、業務を遂行できる能力がある。分野により知識の正確さに個人差はあるもの適切に対応できる能力がある。
C 561点~640点 経理・財務分野で日常の業務を行うための基本的なスキルが身についているが、自己の経験以外の業務への対応力について差が見られる。日常の業務であれば、業務を理解して支障なく対応できるスキルをもっている。
D 441点~560点 分野によって知識の正確性に差があり不十分な部分が多いが、支援を受けながら、最低限の業務を行うスキルをもっている。
E ~440点 経理・財務分野について、部分的にしか理解できていない。今後の努力を期待する。

給与計算実務能力検定

給与計算実務能力検定とは、企業の経理や総務部門において、給与計算業務に関する知識と実務能力を測る資格です。
 給与計算とは、従業員の給付支給額を計算する業務で、従業員の手取り額を計算します。
給与計算実務能力があれば、企業の中の重要な業務の1つである給与計算業務を任されることもあるでしょう。

フィナンシャルプランニング技能検定(FP技能検定)

FASS検定は、経産省が開発した経理・財務の実務に特化した検定です。資産・決算・税務・資金、の4つの分野から出題されるため、日商簿記よりも実務的なスキルが身につきます。

 結果発表は合否ではなく、それぞれの分野をA~Eの5段階評価されます。

実践的な内容の出題と分野ごとの5段階評価で、受験者の課題が一目でわかる検定です。そのため、FASS検定を人材育成の一環として受験推奨する企業も増加しています。

扱っている分野が幅広いのであらゆるお金のエキスパートとして活躍することができるでしょう。

TOEIC

外資系企業やグローバル企業に就職した場合は、TOEICのスコアが必要になるでしょう。また、英語が得意でTOEICのスコアがあれば他の応募者との差別化を図れることが期待されます。

自分の得意分野があれば、それに特化した資格を持つことでキャリアアップが目指せるでしょう。

未経験から経理を目指すコツは?

経理業界の転職事情は?

経理の仕事は専門性が高く、未経験からの転職が難しいのではないか?と思う方もいるでしょう。しかし、実際に未経験から経理の転職を成功させている方はたくさんいます。

未経験から経理を目指すコツは主に以下の2つがあります。

未経験歓迎の求人に応募する

企業によっては、未経験歓迎の求人があります。経験者を求める求人に比べればハードルが下がるので、採用されやすい可能性が高いです。

しかし、未経験歓迎の求人はライバルも多く、しっかりと自己アピールをする必要があります。

 なぜ未経験から経理の仕事を目指しているのか、明確に説明できなければなりません。

日商簿記の資格を取得しているなど、アピールポイントがあれば強いでしょう。

事業規模が大きい会社を選ぶ

経理業界の転職事情は?

事業規模が小さい会社の経理は、一人でこなす業務内容が幅広く、未経験から対応するのは大変です。

一方、事業規模が大きい会社なら、担当業務が細分化されており、未経験でも仕事を覚えやすいメリットがあります。

経理担当者の人数が多ければ、業務内容の相談もしやすいでしょう。

経理転職エージェントのおすすめの選び方

経理に転職する際、転職エージェントはどのように選べば良いのでしょうか。ここでは経理転職におすすめのエージェントの選び方を3つ紹介します。

1.特化型・総合型で選ぶ

経理転職エージェントの選び方

転職エージェントには、幅広い分野の求人を取り合う総合型と、経理の転職支援に特化した特化型の2種類があります。総合型には求人数が多い、大企業なのでサポートが手厚いなどのメリットがあります。

一方、特化型は経理の転職事情を熟知したキャリアアドバイザーのサポートが受けられる点がメリットです。

 総合型と特化型、どちらが自分に向いているかよく比較して検討するようにしましょう。

迷った時には、複数の転職エージェントの併用もおすすめです。

2.求人数を見る

経理転職エージェントの選び方

求人数は転職エージェントによってさまざまです。求人の数が多いほど、選択肢は広がります。

一般では公開されていない非公開求人が豊富であれば、質の高い求人に出会える可能性がアップするでしょう。

 未経験歓迎の経理求人が多いのか、即戦力を求める経理求人が多いのかもチェックすることが大切です。

キャリアアップを目指す方なら、ハイクラス向けの転職エージェントを選ぶのがおすすめです。

3.支援実績を見る

経理転職エージェントの選び方

今までの経理の転職支援実績は一体どのようなものがあるのか、公式ホームページで見ることができます。転職成功事例や取引企業、転職支援者数などを比較してみましょう。

 特に転職成功者へのインタビューを見れば、利用後のイメージを明確に持てます。

自分と似ている経歴の方の転職事例がないか、ぜひチェックしてみてください。

経理業界専任のキャリアアドバイザーが担当してくれるエージェントなら、業界の動向などの内部情報を知れるメリットがあります。

経理転職の参考に!転職エージェント利用の流れ

経理転職の流れをまとめると以下のようになっています。

経理向け転職エージェント利用の流れ
  1. 転職エージェントに登録する
  2. アドバイザーとの面談
  3. 求人を紹介してもらう
  4. 気に入った求人があれば募集する
  5. 選考に進む

ひとつずつ見ていきましょう。

1. 転職エージェントに登録する

まずは、自分の気になる転職エージェントに登録しましょう。申し込みの際に、以下の項目を記入する必要があります。

登録に必要なキャリア情報
  • メールアドレス
  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所
  • 職業
  • 年収
  • 面接希望日程 など

記入ミスや無記入などがあると申し込みできない場合もあるのでしっかり確認しましょう。

2. キャリアアドバイザーとの面談

事前に希望した面接日程をもとにキャリアアドバイザーとの面談が設定されます。基本的にキャリアアドバイザーとの面談で話す内容は以下の通りです。

面談内容
  • 転職活動の現状確認
  • 職業経歴
  • 希望の業界、業種
  • 転職先の希望条件
  • 悩み相談
  • 求人紹介

経理転職の知識や情報に優れているキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので、分からないことや悩み事は面談で聞いておくと良いでしょう。

面談での情報をもとにアドバイザー側が自分に合った求人を選んでくれるので、自分のことは細かく正直に話しましょう。

    3. 求人を紹介してもらう

    キャリアアドバイザーとの面談が終わったら、キャリアアドバイザーがその情報をもとに自分に合う求人を紹介してくれます。

     転職エージェントでは一般的には公開されていないレアな非公開求人を紹介してもらうこともできます。

    転職エージェントを利用することで、自分では探せなかった求人が見つかる可能性も十分にあるので、より広い選択肢の中から仕事を選ぶことができるでしょう。

    また、転職エージェントによって紹介される求人も違ってくるので、複数社のエージェントを利用して選ぶこともおすすめです。

    4. 気に入った求人があれば応募する

    キャリアアドバイザーは企業の社風や年収、業務内容など、ホームページ上だけでは分からない企業の詳しい情報も提供してくれます。

    自分の満足のいく求人があったら積極的に応募しましょう。

    気に入った求人がなかった場合は正直にキャリアアドバイザーにその旨を伝え、別の求人を紹介してもらいましょう。

    5. 選考に進む

    求人に応募したらいよいよ選考に進みます。

     基本的に、選考の流れは書類選考→面接→内定になります。

    転職エージェントでは履歴書書き方や添削面接練習なども全てキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

    第3者から客観的に見てもらうことで、自分では気づきにくい視点のアドバイスがもらえることでしょう。

    経理転職を成功させるコツ

    企業の中の管理部門として欠かせない役割である経理は、求人数も多い分人気の企業はすぐに埋まってしまうこともあります。

    ですので、この機会に経理の転職を成功させるコツを抑えて転職活動に備えましょう。

    経理の転職を成功させるコツ
    1. 説得力のある志望動機をつくる
    2. 経理の転職時期を把握する
    3. 転職エージェントを利用する

    1.説得力のある志望動機をつくる

    企業側は、志望動機の部分で自社への理解度や入社意欲を確認しています。そのため、応募した企業でなぜ働きたいのかを明確にする必要があります。

     経理未経験者であれば「なぜ経理を目指すのか」も説明できなければなりません。

    事前の企業研究はもちろん、自分は経理として会社にどう貢献できるのかといった、企業側が一緒に働きたいと思えるような志望動機を準備しましょう。

    志望動機の例文

    経理のスキルを身に付けたいと思い、仕事をしながら日商簿記2級の資格を取得しました。前職の飲食店では、店舗の責任者として売上の記帳・仕入や経費の管理・アルバイトの勤怠管理など、さまざまな経理業務を担当してきました。前職で培った経理業務経験を生かして、御社を経理の面で支えたいと考えております。

    2.経理の転職時期を把握する

    経理の求人数が一番集中する時期は1~2月です。日本企業は3月末決算の企業が多く、税務申告期限の5月末までの4月・5月が決算業務となります。

     多くの企業経理が繁忙期となる4月手前の1~2月に求人募集を行います。

    求人案件が多い時期に狙いを定めて転職活動を行うことで、より希望に合った転職先を見つけられる確率が高くなります。ただし、企業によって繁忙期はこの限りではありません。

    3.転職エージェントを利用する

    転職エージェントを利用すれば、転職活動を総合的にサポートしてくれるので、自分で調べる手間が省け、効率よく転職活動が行えます。

    経理の求人が出るタイミングや面接や履歴書の書き方も転職エージェントではすべてを把握しているので、転職活動において何をしたらいいか分からないという問題はなくなるでしょう。

    転職活動を満足させるためにも、是非転職エージェントの利用を参考にしてみてくださいね。

    よくある質問

    経理の求人に強い総合型の転職エージェントは?
    大手・優良企業から、未経験者歓迎などの求人も多数保有しているdodaが良いでしょう。経理の専門サイトでは、経理向けの合格診断や平均年収、転職市場予測、転職準備の流れなどが見れます。登録すれば、スカウトサービスを利用できます。
    経理の求人に強い特化型の転職エージェントは?
    創業21年の経理人材に特化した経理エージェントがおすすめです。取引実績は1,000社以上あり、求人案件の90%以上が経理実務者を求める企業です。経理専門のベテラン・エージェントが担当してくれるので、安心して活動できます。
    経理の仕事とは?
    経理とは、日々の入出金管理や記帳、決算などを行う仕事です。 経費の精算や、経営成績と財政状態を表す試算表の集計など、さまざまな業務があります。どの業界・会社にもなくてはならない仕事であり、あらゆる業種にニーズがあります。
    経理の転職事情は?
    経理は黙々とPCと向き合って作業するイメージを持つ方もいるでしょう。しかし、経理の仕事では、コミュニケーションスキルが必要です。他の部門から相談を受けた時に経理の目線でアドバイスができれば、頼りにされるでしょう。
    経理の求人数は?
    さまざまな業種でニーズのある仕事であるため、求人数が多く転職先が見つかりやすい特徴があります。首都圏の企業の経理であれば、年収600万円以上の求人も少なくありません。年齢が若くても、経験やスキルがあればキャリアアップが目指せる職種です。
    経理転職エージェントの選び方は?
    幅広い分野の求人を取り合う総合型と、経理の転職支援に特化した特化型のどちらが自分に向いているか、比較して検討しましょう。一般では公開されていない非公開求人が豊富であれば、質の高い求人に出会える可能性がアップします。
    未経験から経理を目指すコツは?
    企業によっては、未経験歓迎の求人があります。経験者を求める求人に比べればハードルが下がるので、採用されやすい可能性が高いです。しかし、未経験歓迎の求人はライバルも多く、しっかりと自己アピールをする必要があります。

    まとめ

    経理の転職に強い転職エージェントを総合型・特化型にそれぞれ分けて8選紹介しました。求人数やサービス内容、支援実績などを比較して自分に合うものを選びましょう。

    経理の転職事情や業務内容に詳しいキャリアアドバイザーなら、具体的なアドバイスを受けることができます。

    将来のキャリア設計を行いつつ、希望に合った職場を見つけましょう。

    関連記事

    こちらの記事も合わせて読みたい
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事