キーエンスの年収はなぜ高い?給与の制度や高年収の理由を解説!

キーエンスの年収はなぜ高い?給与の制度や高年収の理由を解説!

上場企業における平均年収ランキングで、多くの大企業をおさえ、安定的に上位の常連になっているのがキーエンスです。

キーエンスは、テレビやCMなどでの露出が少ないため、一般的には浸透していない社名かもしれません。

しかし、2021年に日本一高額な年収として話題となり、にわかに注目を集めています。

そこで今回は、高年収が期待できるキーエンスついて、平均年収口コミ・評判などを詳しくまとめました。

この記事を読んでわかること
  • キーエンスの企業情報
  • キーエンスの平均年収
  • キーエンスの年収と一般企業の年収比較
  • キーエンスの年収に関する口コミ・評判

キーエンスを目指す人におすすめの転職エージェントや、年収をアップさせる方法についても紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

転職の前にチェック!キーエンスの企業概要

キーエンス

キーエンスは一般的な知名度こそ低いものの、世界45か国200拠点で事業を展開している超一流企業です。時価総額は15兆超(※2021年9月20日時点)で、日本市場で上位に君臨しています。

同じく上位には、トヨタやソニーなど大手企業が並んでいますよ。

元々キーエンスは、1974年に兵庫県尼崎市にて「リード電気株式会社」として設立された企業です。

その後1986年に「Key of Science(科学の鍵)」を握りたいという夢を込めて、社名を「キーエンス」に変更しています。

会社名 株式会社キーエンス
設立 1974年5月27日
資本金 306億3,754万円
売上高(2020年度) 5,381億円
株式上場 東京証券取引所市場第一部上場
本社 大阪市淀川区

出典:https://www.keyence.co.jp/company/
※https://r.nikkei.com/markets/ranking/caphigh

キーエンスのボーナス

キーエンスの年収が高額になるのは、利益の一部が年4回(3月・6月・9月・12月)、業績賞与として社員に還元される仕組みにあるといわれています。

また、営業利益の10%が新入社員を含む、全社員にボーナスとして分配されます。

 2020年度のキーエンスの単体売上高が5,381億円で、その10%にあたるのが約530億円です。

2021年6月の株主総会で従業員数が2,607人と発表されていたため、単純計算をしても一人当たり約2,000万円近くが支給される計算となります。

新入社員でここまでボーナスが出る企業は日本でも珍しいのではないでしょうか。

出典:https://www.keyence.co.jp/company/financial-info/

主な事業

キーエンスの企業概要

キーエンスの事業内容はセンサ、画像処理機、制御、計測機器などの製造販売です。

中でも主力製品はファクトリー・オートメーション(工場自動化)用のセンサで、製造業における労働力不足や高精密組立ニーズを背景に、今後も需要の拡大が見込まれています。

 また、単なるモノの販売に留まらず、キーエンスの製品を購入することで得られる体験や感動、ソリューション提供に積極的に取り組んでいます。

今後も、加速するIoT・サービス社会でも業界平均を上回る利益を生み続けることが期待されるでしょう。

キーエンスの技術や製品は、日本のモノづくりの現場を支えています。

主な職種

キーエンスはその事業内容の幅広さから、さまざまな職種がありますが、給与テーブルによって報酬ベースが決定されるため、職種による年収の差は大きくないといわれています。

キーエンスでは、職種よりも実績によって年収に大きな開きが出るようです!

なお、それぞれの職種のおける主な仕事内容は以下の通りです。

ビジネス職 営業・海外・マーケティング・生産管理・人事・経理・総務
エンジニア職 商品開発・ソフトウェア開発・生産技術・コンサルティングエンジニア
S職 事務専任職 営業事務・人事・経理・総務・販売促進・購買・生産管理

キーエンスの平均年収

キーエンスの初任給や年収は、一般企業と比較するとどの程度の差があるのでしょうか。

ここではキーエンスの年収について、初任給や男女比などを、一般企業のものと比較しながらご紹介していきます。

初任給

キーエンスの平均年収

キーエンスの2020年4月初任給実績によると、修士了で24万円学部卒で22万円となっています。※1

厚生労働省が公開している令和二年度の「賃金構造基本統計調査」をもとに一般企業の初任給と比較してみました。※2

キーエンス修士了初任給 24万円
キーエンス学部卒初任給 22万円
一般企業の大卒平均初任給 22万7,000円(通勤手当含む)

キーエンスの初任給は、一般企業の初任給と比較しても大差ないように思われます。しかし、一般企業ではキーエンスのような定期的な昇給がない場合もあります。

将来的に昇給が見込めない一般企業の大卒社員とは、大きな格差が生れるでしょう。

※1https://job.rikunabi.com/2022/company/r791700026/employ/
※2厚生労働省

平均年収

ここ数年、日本企業の中でも高年収ランキングの常に上位を走っていたキーエンスは、2021年に年収ランキング1位に躍り出ました。※1

高年収であることは理解できますが、一般企業の平均年収とはどの程度かけ離れているのでしょうか。

国税庁が発表している平均給与のレポートをもとに、両者を比較してみましょう。
キーエンスの平均年収※2 1,930万円 (過去5年の平均)
一般企業の正社員平均年収※3 436万円(令和元年)
出典一覧
1:https://toyokeizai.net/articles/-/445627?page=2
2:doda
3:国税庁

男女比

キーエンスの平均年収

キーエンスは年齢や性別にこだわらず実績の高い人材を平等にを評価する風土があります。そのため、年収に男女の差はなく、完全な実績評価主義といえるでしょう。

一方、一般企業では、女性の平均年収が男性よりも低い傾向にあり、女性のキャリアアップの難しさが伺えます。

女性でも能力に応じてキャリアアップできる環境があるようです。

キーエンスの社員の年収に対する口コミ・評判

キーエンスの社員の年収に対する口コミ・評判

一般企業より高額な年収を貰っているキーエンスの社員は、その額に満足しているのでしょうか。

ここでは、実際にキーエンスで働いたことのある人からの口コミをご紹介していきます。

キーエンス社員の年収に対する口コミ
  • 昇給ペースに差はあるが、そもそものベースとなる給料が高いため気にならない
  • 前払い退職金制度で給料に上乗せしているので、長く働くほど有利と感じる
  • 完全成果主義なので、できる人とできない人に年収の格差はありそう
  • 出した成果がそのまま給料として返ってくるため仕事のやりがいを感じる
  • 圧倒的な仕事量だがそれに見合うだけの高収入というイメージ通り

このように、年収に関してはおおむね高評価の口コミが多数見られました。

やればやるだけ給料に反映されるので、ハードワークでも前向きに取り組む社員が多い様子が伺えます。

ただし退職金前払い制度により退職時の支給はほぼゼロのため、自分で蓄えておく必要があります。

キーエンスの年収が高い理由とは

キーエンスの年収の高さの理由は、どこからくるのでしょうか。ここでは、キーエンスの経営スタイルから年収の高さの理由を探っていきます。

自前の生産設備を持たないファブレス経営

キーエンスの年収が高い理由とは

キーエンスはメーカーでありながら、製造を行う「工場」を所有していません。

工場を持たない「ファブレス経営」によって、工場の維持のために発生する管理コストなどの固定費をカットできます。

 工場の稼働率優先の製品開発ではなく、自由な商品開発が可能となり、同業他社と差がつきます。

つまり、キーエンスは製造を外部委託し労務費と経費コストを削減することで原価率を下げ、純利益を増やしているのです。

前述のとおり、キーエンスは利益の10%を報酬として還元しているため、純利益が高ければ高いほど、従業員の年収が高額になります。

経営方針がボーナスに直接影響していますね!

月90時間以上の残業代を支給している

キーエンスは、マネージャー未満の社員に対して、月90時間以上の残業代を支給しています。

基本的には早めの退社を推進していますが、業務量は変わらないため、どうしても月に90時間程度の残業があるようです。

 残業代は基本給をベースに時給を割り出し、そこに25%上乗せした額で算出します。

したがって、基本給が高くなればなるほど、一か月に支給される90時間の残業代も高額になると予想されます。

年収は上がる?キーエンスの将来性とは

年収は上がる?キーエンスの将来性とは

enライトハウスによる調査では、「成長性・将来性がある会社154社ランキング」で、キーエンスは堂々4位にランクインしています。

このランキングは、売上高や、営業利益の増加率などの業績数字ではなく、その企業の中で働く社員が評価を行っているのが特徴です。

 数字だけでは分からない、社員のモチベーションの高さもランキングに反映されています。

ランキングでキーエンスは、製造業のオートメーション化が進むにつれ、今後ますます需要が高まる会社であると評価されています。

また、時代背景や勢いだけでなく、会社の永続を基本理念の一番目に掲げている、安定性の高い経営基盤に強みを感じている人が多いようです。

キーエンスを含む上位にランクインした企業のほとんどが、グローバル企業となっています。

※https://en-hyouban.com/company/00006069738/

キーエンスと競合他社の平均年収を比較

キーエンスと競合他社の平均年収を比較

キーエンスが高年収なのは、センサ業界全体の好景気によるものであれば、ほかの同業種も高収入だと考えられます。

ここでは、同業種の平均年収もキーエンス並みに高いのかどうか、キーエンスと競合する他社の平均年収をご紹介していきます。

キーエンス平均年収※1 1,752 万円
オムロン平均年収※2 804万円
SUNX平均年収※3 735万円

同業種で競合するオムロン、SUNXも、一般企業の平均年収を比較すると高水準にあります。

 しかし、キーエンスの年収の高さには到底及びません。

つまり、キーエンスの年収が高いのは、景気や業界自体の好調よりも、独自のビジネススタイルによるものと推察できます。

実際、同業他社と比べてもキーエンスの「売上高」自体は目立っていません。

同業種であっても同じ水準まで引き上げることは困難のようですね!
出典一覧
1:https://www.keyence.co.jp/company/financial-info/#securitiesreport
2:https://www.omron.com/jp/ja/ir/irlib/yukahoukoku.html
3:Panasonic有価証券報告書

年収を上げるための4つのコツ

年収を上げるための4つのコツ

キーエンスの年収には追いつかないまでも、年収を上げるためにできることは少なからずあります。

将来の蓄えを少しでも増やすために、できることをいくつかご紹介します。

年収を上げる4つのコツ
  1. 今の職場で昇進する
  2. 副業をする
  3. 投資する
  4. 転職エージェントを活用する

年収アップを目指す人は、参考にしてみてください。

1.今の職場で昇進する

今いる会社でも、昇進によって年収をアップすることが可能です。

給与テーブルは企業や所属部署、職種によって異なりますが、非役職から、係長クラスへの昇進があった場合、20代後半で平均75万円、30代前半で平均115万円の年収アップが見込めます。

ただし、年功序列の傾向が強い日本では、昇進による年収アップはほかの方法より時間がかかるかもしれません。

※https://www.e-stat.go.jp/dbview?sid=0003084561

2.副業で稼ぐ

年収を上げるための4つのコツ

副業OKの会社であれば、サラリーマンの収入とは別に、副業で稼いで年収をアップすることが可能です。

例えばクラウドソーシングの受注などで、現職のスキルを活かして稼げる仕事を見つけるのもおすすめです。

 最近では、公務員の副業も徐々に解除されています。

はじめのうちは受注金額は安いかもしれませんが、件数をこなしてスキルが身につけば金額アップが見込めるほか、独立の足がかりにもなります。

副業を禁止している企業もあるため、社内規則などを確認してからスタートさせましょう!

3.投資する

今まで貯蓄していたお金の一部を、投資にまわして年収を上げることもできます。投資とは、投資信託や株式購入などの運用で、お金を増やす方法です。

スマホアプリなどでできる初心者向けの少額投資で勉強しながら、徐々に額を増やすのがおすすめです。

 ただし、投資は元本割れのリスクがあること、投資についてある程度の知識が必要になります。

投資についての勉強が苦にならず、昇進や副業が難しい状況の場合には魅力的な方法といえるでしょう。

今では国もNISAやiDecoで投資を推奨する時代になりましたね。

4.転職エージェントを活用する

年収を上げるための4つのコツ

年収アップのために、今より高収入が期待できる企業に転職するのもおすすめです。

しかし、転職初心者が膨大な求人情報の中から自分一人で希望の条件がそろった企業を見つけるのは難しいかもしれません。

そのようなときは、転職のプロのサポートを上手に利用しましょう。

転職エージェントのメリット
  • 無料で登録できる
  • 自分に合った求人を紹介してもらえる
  • 企業からスカウトもある
  • 年収などの交渉はアドバイザーが代行

転職エージェントのほとんどは無料で利用できるほか、書類添削や面接対策も行ってくれるため、転職を有利にすすめられます。

 中には、年収600万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェントも存在しています。

自分の転職スタイルに合わせていくつかのエージェントを掛け持ち登録して、効率よく転職活動が行うのがおすすめです。

自分では行いにくい年収交渉は、アドバイザーが代わりに行ってくれますよ!

自分の市場価値を知るために年収査定を受けよう

自分の年収を上げたい...と感じている人はまず、自分がどれくらいの年収をもらう価値があるのか、適正年収を知る必要があります。

適正年収が自分の今の年収よりも高ければ、転職によって年収アップの可能性があるでしょう。
dodaの年収査定サービスでは、無料の会員登録だけですぐに年収査定の診断を受けることができます。doda会員の186万人のビッグデータから算出された数字なので、信頼感もあります。
dodaの年収査定でわかること
  • 今の年収から何円アップするか
  • あなたの適正年収の求人
  • 転職によって年収がどう推移するか
診断結果のサンプルは以下のようになっています。

年収査定 今の年収から何円アップするかは以下のように表示されます。dodaは転職サイト・エージェントの機能もありますので、そのまま転職を開始することもできますよ。

年収診断

自分の市場価値を知ることは年収アップの近道になるでしょう。ぜひ年収査定を利用して、年収アップを達成しましょう。

キーエンスを目指す人におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
  • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 完全無料
リクルートエージェントは16万件以上※1の非公開求人を持つ転職エージェントです。

 非公開求人は公開すると応募が殺到してしまうような好条件求人である場合がほとんどです。
自分のアピールポイントや、どのような仕事がわからない、といった場合でもキャリアアドバイザーとの面談を通して、自分にぴったりの求人を見つけることができます。

応募書類の添削や、面接の対策も受けることができます。
企業の分析も細かく行っているため、求人を紹介する段階から、企業について詳しく教えてもらえます。入社後のミスマッチを防ぐことができますよ。
運営会社 株式会社リクルートキャリア
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
公開求人数 114,943件※2021年6月10日時点
拠点 全国対応可 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • アドバイザーや担当者の対応がよく、親身に相談に乗ってくれる!
  • 各企業の情報を分析し、手厚い選考対策で内定率UP!
  • 経歴に自信がない方でも正社員転職が目指せる!
  • 全国の転職に対応!WEB面談も可能
  • 完全無料
マイナビエージェントはアドバイザーの質の評価が高い転職エージェントです。

ハードルが高く感じる面談も非常にスムーズで、信頼できる担当者に出会えたという利用者の声が多数あります。 また、大手企業であるマイナビの太いパイプを生かした各企業の分析は選考対策の際に役立ちます。
 マイナビエージェントはスキルや経験が少ない20代の転職をメインターゲットとしていますので、スキルに自信がなくても正社員として転職できる可能性は大いにあります。
未経験業種への転職を目指している方や、転職に不安を抱えている方はぜひマイナビエージェントに登録をしましょう!
運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
公開求人数 28,152件※2021年8月17日時点
拠点 全国対応可 京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1を占める!
  • 優秀なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!
  • ハイクラス求人多数!登録後は企業・ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ
  • 優良企業と直接コンタクトを取ることも可能!
ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が3分の1※2以上を占める転職エージェントです。

年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1※1に輝いています。
ビズリーチでは「プラチナスカウト」というものがあり、一流のヘッドハンターがユーザーの情報を見てスカウトを送ります。スカウトが届くと、確実に面接へ進める仕組みです。

厳選された優秀なヘッドハンターが約4,600人在籍※2しているので、優良企業とのマッチングを待ちながら転職活動を行えるでしょう。 ※1 転職サービスに関する調査/調査会社:シード・プランニング/調査期間:2019年1月〜2月/調査対象:年収600万円以上で、転職意欲がある人 ※2参照 公式サイト
運営会社 株式会社ビズリーチ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • タレント・ハイクラス会員制度
  • ヘッドハンター
  • スカウト
公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡
出典:公式サイト

まとめ

今回は、キーエンスの年収について、他社との比較や口コミ・評判などをご紹介しました。

高年収のキーエンスは少数精鋭で実績重視のため、有能な人材の中途採用を積極的に行っています。

主にエンジニアなどの専門職の募集が多いので、気になる方はキーエンスの公式HPで採用情報をチェックしてみると良いでしょう。

HPからの直接応募も可能ですが、転職エージェントを活用すればスムーズに転職できますよ。

また、転職エージェントはキーエンスに限らず、自分のスキルやキャリアプラン、希望年収に合わせた求人を紹介してくれます。

紹介された求人の条件を確認すれば、自分の市場価値を図る目安にもなるでしょう。

記事内で紹介した転職エージェントはいずれも無料で利用できるため、上手く活用しながら今より高年収の企業への転職を成功させてくださいね。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事