既卒の就活は難しい?成功のポイントやおすすめ転職エージェントも紹介

既卒の就活は難しい?成功のポイントやおすすめ転職エージェントも紹介

「既卒の就活は難しい?」「既卒でも、就活成功できるか心配…」と不安を覚えている人も多いのではないでしょうか。

既卒の就活は新卒の就活と異なる点も多々あります。不安を抱えるのも無理はありません。

しかし、いざ既卒で就活しようにも、さまざまな情報が飛び交っていて何を信じたらいいか迷ってしまう人もいるでしょう。

そこで本記事では、既卒の就活に関する以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • 既卒の就活が難しいといわれる理由
  • 既卒の就活を成功させるポイント
  • 既卒の就活方法
  • 既卒におすすめの転職エージェント

この記事を読めば既卒の就活方法がわかるだけでなく、既卒におすすめの転職エージェントまで把握できます。

既卒の就活を本格的にスタートしている人はもちろん、就活の情報収集をしたい人もぜひ参考にしてみてください。

そもそも既卒とは誰を指すの?

疑問

新卒や第二新卒という言葉はよく耳にしますが、「既卒とは何か」「自分が既卒かどうか」を正しく理解できていない人も多いのではないでしょうか。

この章では、既卒が具体的に誰を指すのかについて詳しく解説します。

卒業して正社員経験のない人

既卒とは、一般的に「大学や短大、専門学校などを卒業した後に、正社員として働いた経験がない人」を指す言葉です。

卒業後、パートやアルバイトなど非正規雇用されて働いている人なども該当します。 

 「既卒」は法律では定義されておらず、採用市場の中で使われるようになった言葉です。 

フリーターも同じく「パートやアルバイトとして働いている人」を指しますが、既卒同様に法律で明確に定義されておらず、この場合は一般的に既卒・フリーターの両方に該当することになります。

既卒は、多くの場合「卒業3年前後の人」を指すのも特徴です。

一度でも正社員経験があれば、その後にパートやアルバイトをしても、既卒には該当しません。

第二新卒とは違うので注意

注意

既卒と似ている言葉に「第二新卒」がありますが、この2つは意味が異なります。

第二新卒は一般的に「大学や短大、専門学校などを卒業した後に、一度でも正社員経験があり、1〜3年以内に退職した人」を指す言葉です。 

 正社員経験の有無が、既卒と第二新卒の大きな違いです。 

求人に「第二新卒歓迎」と記載されている場合は、既卒でも応募可能か事前に確認するとよいでしょう。

第二新卒がライバルになる場合は、熱意やポテンシャルなど、既卒ならではのアピールポイントを前面に打ち出すようにしましょう。 

既卒の支援に特化したサイトやサービスもあるので、ぜひチェックしてみてください。

既卒の就活が厳しいといわれる理由とは?

頬杖ついている女性

既卒の就活は本当に厳しいのでしょうか。既卒の就活が厳しいといわれている理由をひとつずつ解説します。

既卒の就活が厳しいといわれる理由
  • 新卒採用と比べると企業の優先順位が低い
  • 社会人になった友人と比較して落ち込んでしまう
  • 誰にも相談できず孤立してしまう

新卒採用と比べると企業の優先順位が低い

既卒の就活が厳しい理由として、新卒採用よりも企業の優先順位が低いことが挙げられます。新卒と既卒の内定率を確認していきましょう。

 2021年10月時点で新卒の内定率は71.2%(※1)なのに対し、既卒の内定率は2021年9月後半時点で42.4%(※2)に留まっています。

新卒採用に力をいれている企業が多い一方、既卒を中心に採用する企業は少ないでしょう。そのため、既卒の就活は新卒よりも厳しいと感じる場合があります。

人間性や将来性を評価してくれる企業に絞って、就活を進める方法がおすすめです。

※1出典:文部科学省
※2出典:マイナビキャリアリサーチLab

社会人になった友人と比較して落ち込んでしまう

暗い部屋で頭抱えている人

既卒就活が厳しいといわれている理由には、メンタル面も含まれます。既卒就活していると、周りの友人と比べて落ち込んでしまう人も少なくありません。

 就活の気分転換として大学時代の友達と遊んでも、友達は社会人・自分は就活生の立場だと溝を感じてしまいがちです。

また、昨今はSNSによって簡単に友達の近況がわかります。社会人として活躍している姿をSNSで確認するたびに、「自分は何をしているんだろう」と落ち込むこともあるでしょう。

しかし、社会人デビューが1,2年遅れたからといって、あなたの人生が友達よりも劣るわけではありません

就活のタイミングが周りの人と異なるだけなので、過度に落ち込みすぎないようにしましょう。

誰にも相談できず孤立してしまう

誰にも相談できず、孤立してしまう人もいるでしょう。特に、「既卒=恥ずかしい」と感じている人にありがちです。

 家族や友人に話すのはもちろん、大学のキャリアセンターに相談することにも抵抗を感じてしまうと、孤立感を一層強めてしまいます。

孤立してしまうと、就活で困ったときに頼る人がいなくなるので注意が必要です。既卒の就活を恥ずかしく思わず、頼れる人に頼りましょう。

大学のキャリアセンターは卒業生も利用できる場合がほとんどです。一度足を運んでみてください。

既卒の就活を成功させるポイントは?

ハイタッチしている男女

既卒の就活を成功させるためには、どのようなポイントに気をつければいいのでしょうか。いくつかご紹介します。

既卒の就活を成功させるポイント
  • いつまでに就職するか目標をたてる
  • 譲れない条件を明確にする
  • 情報収集を行う
  • 転職サービスに複数登録する

いつまでに就職するか目標をたてる

まずは、いつまでに就職するか目標をたてましょう。目標が定まらないと、だらだら就活を続けてしまうので注意が必要です。

 「◯◯年◯月までに就職する」のように、できる限り明確にスケジュールを立てておくことで、目標から逆算して行動できます。

目標がないままやみくもに就職活動してしまうと、過度に焦ってしまったり、怠けてしまう場合があるので気をつけましょう。

むやみに高い目標をたてると挫折しやすくなります。現実的な目標をたてるよう意識しましょう。

譲れない条件を明確にする

勉強中の人

既卒の就活を成功させるためには、譲れない条件を明確にしましょう。既卒の就活は焦るあまり、「内定をくれるならどの企業でもいい」と偏った思考になりがちです。

 しかし、企業から内定を得るのは通過点であり、ゴールではありません。

入社後に後悔しないように、業務内容や条件面などは確認する必要があります。

また、譲れない条件として給与や福利厚生などを挙げがちですが、社内の雰囲気や働き方の柔軟性などもチェックしておくとよいでしょう。

譲れない条件が明確になると、求人を絞りやすくなるのでおすすめですよ。

情報収集を行う

既卒の就活を成功させるポイントとして、情報収集を徹底的に行うことが挙げられます。

 企業サイトやパンフレットなどをよく読み込み、業界・企業研究を入念に行うとよいでしょう。

また、必要であれば、企業の口コミを閲覧するのもおすすめです。社内の雰囲気や人間関係を掴みやすいので、参考材料にしてみてください。

しかし、口コミサイトの情報は鵜呑みしすぎないように注意が必要です。

転職サービスに複数登録する

パソコン画面を見ている女性

転職サービスに複数登録するのも、既卒の就活を成功させるために欠かせません。既卒向けの転職サービスをピックアップしておきましょう。

 転職サービスに登録すると、自分に合った企業を紹介してくれます。求人探しが難航している人に、ぜひ利用してみてほしいサービスです。

また、エージェントによる選考サポートもメリットです。応募書類の書き方や面接対策をしてくれるので、はじめての就活でも安心できます。

転職サービスは無料で利用できるものがほとんどなので、積極的に活用してみてくださいね。

既卒の転職アピールポイント

「既卒の転職は厳しい」と思われがちですが、人柄や取り組み姿勢など、応募企業にマッチする人材であることをアピールすることで、十分に転職を目指せます。

この章では、既卒の就活でアピールできる4つの点について詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

既卒の転職アピールポイント
  • 年齢の若さ
  • 1年目で身につけたビジネススキル
  • 成長性・ポテンシャル
  • やる気・熱意

年齢の若さ

カレンダー

年齢の若さは、将来性や柔軟性、成長意欲といったポテンシャルを感じさせる強みになります。

特に、前向きさや素直さを求めている企業へ応募する際は、年齢の若さは重要なアピールポイントです。

 募集ポジションや求める人材像によっては、若さが強みにならないこともあるので注意が必要です。

 アピールするときは、企業が求職者に期待しているスキルや人柄に合わせることがポイント。

これまでの経験やスキルを活かしてキャリアアップを目指す意欲や、新しい気持ちで仕事に取り組む柔軟性や適応力など、める人材像にマッチした内容でアピールしましょう。 

単に年齢が若いことをアピールするのではなく、若いからこそできることなどを掘り下げて、自分の言葉で伝えることが重要です。

1年目で身につけたビジネススキル

卒業後に身に付けたスキルもアピールポイントのひとつです。

「自分にどんなスキルがあるか分からない」という人は、アルバイトや学生生活などで経験した内容を洗い出して、できたことや工夫点、評価されたことなどを整理してみましょう。 

 採用側は「社会人として活用可能な経験やスキルがどのくらいあるのか」を見ているので、細かいこともしっかりとアピールすることがポイントです。

たとえば接客業の場合、レジ打ちや棚卸、発注作業など、具体的な経験や実績を伝えることも、ビジネススキルのアピールにつながります。

さらに、「配置やPOPを工夫して売上が●%アップした」などの具体的なエピソードがあると、採用側がどの程度の経験や実績があるのか判断しやすくなるのでおすすめです。

まずは職務や学歴の棚卸を行い、自分の経験やできることを整理しましょう。

成長性・ポテンシャル

グラフ

前向きな成長意欲も既卒ならではのアピールポイント。

成長性やポテンシャルのアピールでは、「長く働き続けてもらえそう」「仕事の●●の分野で活躍しそう」など、採用側が体的にイメージできる内容にすることが大切です。 

 特に頑張りたい仕事内容や、将来的に目指したいポジションなど、求人内容や企業の求める人材像と照らし合わせて考えるとよいでしょう。 

転職後のビジョンを明確にすることで転職先での目標が立てやすくなり、どのように成長したいかといった将来像が見えてきます。

目標や将来のビジョンを伝えることが、成長性やポテンシャルの効果的なアピールにつながるでしょう。

やる気・熱意

根拠のあるやる気・熱意も、既卒の転職でアピールできる重要な要素です。

ただし、「頑張ります」「活躍したいです」と漠然とアピールしても、信頼性に欠けるので、どの分野でどのように頑張りたいのかを具体的に伝えましょう。 

 企業が求めている人材であることを伝えるには、応募企業の社風や考え方を理解したうえでアピールすることが大切です。 

「なぜこの企業に転職したいのか」「どう企業に貢献できるのか」を掘り下げると、転職先に対する熱意・やる気の具体性や信頼性がアップします。

なるべく実際の仕事内容に照らし合わせて、どのような経験やスキルを活かし、どういった点で活躍・貢献したいのかをアピールしましょう。 

自分が採用側になったつもりで、「自分は企業が求める人材に値するか」を客観的に判断すると整理しやすいのでおすすめです。

既卒の就活方法をステップごとに解説

携帯を見ているスーツ姿の人

既卒の就活はどのように進めていけばいいのでしょうか。既卒の就活方法をステップごとに解説します。

既卒の就活方法
  1. スケジュールをたてる
  2. 自己分析する
  3. 求人を探して応募する
  4. 選考対策を行う
  5. 面接・内定

1.スケジュールをたてる

まずは、就活スケジュールをたてましょう。「◯年◯月までに就職する」と目標をたてると、スケジュールを逆算しやすくなります。

 就活は、自己分析する時間・求人を探す時間・企業研究をする時間・選考対策する時間・面接にいく時間などが必要です。

就活で必要とされる時間をあらかじめ確保しておくことで、無理のない範囲で就活を進められるでしょう。

もし就活とアルバイトを両立させたいなら、しっかりと時間を決めておくことをおすすめします。

2.自己分析する

色ペンで書かれたグラフ

就活に自己分析は欠かせません。自己分析が不十分だと、自分に合わない企業に入社して後悔する可能性もあります。

 自己分析を行う方法が多々ありますが、なかでもおすすめなのがモチベーショングラフです。

モチベーショングラフとは、時間の流れを横軸・気分の浮き沈みを縦軸にしたグラフを指します。どのタイミングでモチベーションが上がる・下がるのか、整理するのが目的です。

モチベーショングラフを作成すると、自分でも気づかなかった価値観に出会えるでしょう。

3.求人を探して応募する

自己分析が完了したら、自分に合った求人を探しましょう。転職サイトなら、さまざまな求人を見比べられるのでおすすめです。

 また、転職サイトは希望条件を絞りながら、求人を探すのにうってつけです。業務内容・希望する働き方などから条件を絞りましょう。

希望条件に合った求人が見つかったら、応募してみてください。できるだけ複数の企業に応募し、企業を比較して選ぶとよいでしょう。

応募したからといって、内定後は入社必須なわけではありません。気軽に応募してみてくださいね。

4.選考対策を行う

スーツを着た女性

企業に応募したあとは、選考対策を行ってください。まずは、履歴書の作成に取り掛かるとよいでしょう。

履歴書にはこれまでの学歴のほかに、志望動機や自己PRを記入します。

 テンプレートをそのまま記載するのではなく、自分の言葉で考える方法がおすすめです。

また、面接対策も重要です。想定される質問をいくつか洗い出し、回答のポイントを整理しておきましょう。

なお、面接の回答を丸暗記する方法では、面接官と上手にコミュニケーションがとれません。

あくまで、ポイントを整理するだけに留め、当日は面接官と会話することを意識してください。

5.面接・内定

選考対策を十分に行ったあとは、いよいよ面接本番です。できるだけリラックスした状態で臨みましょう。

 なお、企業の指定がない限り、面接の場ではリクルートスーツ着用が一般的です。靴やカバンなども就活用に揃えるとよいでしょう。

無事にすべての選考に通過したら、企業から内定通知書を受け取ります。内定通知書の条件を再度確認し、内定承諾の旨を伝えてください。

内定承諾の期間に明確な決まりはありませんが、1週間以内を目安に連絡するとよいでしょう。

既卒の就活に強いおすすめの転職エージェント6選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
  • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 完全無料
リクルートエージェントは16万件以上※1の非公開求人を持つ転職エージェントです。

 非公開求人は公開すると応募が殺到してしまうような好条件求人である場合がほとんどです。
自分のアピールポイントや、どのような仕事がわからない、といった場合でもキャリアアドバイザーとの面談を通して、自分にぴったりの求人を見つけることができます。

応募書類の添削や、面接の対策も受けることができます。
企業の分析も細かく行っているため、求人を紹介する段階から、企業について詳しく教えてもらえます。入社後のミスマッチを防ぐことができますよ。
運営会社 株式会社リクルートキャリア
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
公開求人数 114,943件※2021年6月10日時点
拠点 全国対応可 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • アドバイザーや担当者の対応がよく、親身に相談に乗ってくれる!
  • 各企業の情報を分析し、手厚い選考対策で内定率UP!
  • 経歴に自信がない方でも正社員転職が目指せる!
  • 全国の転職に対応!WEB面談も可能
  • 完全無料
マイナビエージェントはアドバイザーの質の評価が高い転職エージェントです。

ハードルが高く感じる面談も非常にスムーズで、信頼できる担当者に出会えたという利用者の声が多数あります。 また、大手企業であるマイナビの太いパイプを生かした各企業の分析は選考対策の際に役立ちます。
 マイナビエージェントはスキルや経験が少ない20代の転職をメインターゲットとしていますので、スキルに自信がなくても正社員として転職できる可能性は大いにあります。
未経験業種への転職を目指している方や、転職に不安を抱えている方はぜひマイナビエージェントに登録をしましょう!
運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
公開求人数 28,152件※2021年8月17日時点
拠点 全国対応可 京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1を占める!
  • 優秀なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!
  • ハイクラス求人多数!登録後は企業・ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ
  • 優良企業と直接コンタクトを取ることも可能!
ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が3分の1※2以上を占める転職エージェントです。

年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1※1に輝いています。
ビズリーチでは「プラチナスカウト」というものがあり、一流のヘッドハンターがユーザーの情報を見てスカウトを送ります。スカウトが届くと、確実に面接へ進める仕組みです。

厳選された優秀なヘッドハンターが約4,600人在籍※2しているので、優良企業とのマッチングを待ちながら転職活動を行えるでしょう。 ※1 転職サービスに関する調査/調査会社:シード・プランニング/調査期間:2019年1月〜2月/調査対象:年収600万円以上で、転職意欲がある人 ※2参照 公式サイト
運営会社 株式会社ビズリーチ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • タレント・ハイクラス会員制度
  • ヘッドハンター
  • スカウト
公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡
出典:公式サイト

Re就活

Re:就活

おすすめポイント
  • 希望条件や職務経歴を登録すると企業からスカウトが届く
  • 企業にチャットで質問できる
  • 適職診断で自分の強みがわかる

既卒の就活を効率よく進めたいなら、Re:就活が向いています。Re就活は第2新卒・既卒・フリーターに特化した就活サービスです。

 希望条件や職務経歴を登録すると、企業から直接スカウトが届きます。求人に応募する手間が省ける点がメリットです。

また、企業にチャットで質問できるのも魅力といえます。少しでも不明な点があれば、企業の採用担当者に質問してみるとよいでしょう。

適職診断によって、自分の強みがわかるのもメリットです。

求人数※2022年1月27日現在 13,559件
おもなサービス
  • 求人検索
  • スカウト機能
  • 就活イベント
対応エリア 全国
運営会社 株式会社学情

※出典:Re:就活

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20's

おすすめポイント
  • 専任キャリアアドバイザーによるサポート
  • 年間数千万人が受験する適性診断で自己分析
  • 採用担当者から直接オファーをもらえる

丁寧なサポートを期待するなら、マイナビジョブ20’sがうってつけです。専任のキャリアアドバイザーが希望条件や就活の悩みなどを丁寧にヒアリングしてくれます。

また、選考サポートが充実しているのも魅力です。

 履歴書の書き方をアドバイスしてくれたり、面接対策まで実施してくれたりと幅広くサポートしてくれます。

既卒の就活でわからないことがあれば、迷わず専任のキャリアアドバイザーに相談してみてください。きっと心強い味方になってくれます。

企業の採用担当者からオファーをもらえるのも、マイナビジョブ20’sを利用するメリットです。

求人数※2022年1月27日現在 2,627件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
対応エリア 全国
運営会社 株式会社マイナビ

※出典:マイナビジョブ20’s

UZUZ(ウズキャリ)

ウズウズ

おすすめポイント
  • オーダーメイド型の就業サポート
  • 入社後の定着率に徹底的にこだわる
  • 就業に悩んだ過去を持つスタッフのみ在籍

UZUZの魅力は、オーダーメイド型の就業サポートです。一人ひとりの個性に合わせた就業サポートを行ってくれます。

 そのため、これまでの就活サービスに満足できなかった人におすすめです。納得感を得られるような就業サポートを体感してみてください。

また、入社後の定着率に徹底的にこだわっているのもメリットです。内定を得たらそれで終わりではなく、内定後のことまでしっかり考えてくれます。

腰を据えて長く働きたいと考えているなら、UZUZに登録してみるとよいでしょう。

求人数※2022年1月27日現在 要問合せ
おもなサービス
  • 求人紹介
  • 選考サポート
  • キャリア相談
対応エリア 全国
運営会社 株式会社UZUZ

※出典:UZUZ(ウズキャリ)

よくある質問

既卒の就活におすすめの転職エージェントは?

既卒におすすめの就活サービスは下記のとおりです。

・リクルートエージェント
・マイナビエージェント
・doda
Re:就活
・マイナビジョブ20’s
・UZUZ

上記の就活サービスは、求職者に寄り添った丁寧なサポートが魅力です。選考対策も無料で受けられるので、ぜひ積極的に活用してみてください。

既卒と第2新卒の違いは?
既卒と第2新卒の違いは、卒業後の就業経験の有無です。就業経験が少しでもあれば第2新卒・なければ既卒に分類されます。
既卒でも希望の企業に就職できる?

既卒でも希望の企業に就職できます。そのためには、自己分析や選考対策をしっかり行い、入念な準備が欠かせません。転職サービスに登録すると、既卒の就活に必要なことをレクチャーしてくれます。気軽に相談にのってくれるので、ぜひ登録を検討してみてください。

空白期間はどのように伝えるべき?
卒業後の空白期間は正直に伝えましょう。ただし、ネガティブすぎる回答は避けたほうが無難です。あくまでポジティブに伝えるよう、意識してみてください。
既卒が転職エージェントに登録するメリットは?

既卒が転職エージェントに登録するメリットは、下記を参照してみてください。

・既卒就活を熟知しているプロに相談できる
・自分に合った求人を紹介してもらえる
・選考サポートを受けられる

既卒就活を成功させるポイントは?

既卒就活を成功させるポイントは下記のとおりです。

・いつまでに就職するか目標をたてる
・譲れない条件を明確にする
・情報収集を行う
・転職サービスに複数登録する

就職活動はなにから始めるべき?

まずは、目標の設定から始めましょう。いつまでに就職するか決めておくと、目標から逆算して就活スケジュールをたてやすくなります。就活スケジュールでわからないことがあれば、既卒の就活に特化した就活サービスに登録し、相談してみるのもおすすめです。

まとめ

今回は、既卒の就活を成功させるポイントや既卒の就活方法などをご紹介しました。既卒は新卒よりも就活のハードルが高いのは事実です。

しかし、きちんと自己分析・選考対策に取り組めば、納得のいく進路を選べます。

既卒の就活を成功させるなら、既卒に特化した就活サービスへの登録がおすすめです。気軽にエージェントへ相談できるので、キャリアの方向性がわからなくなったときでも安心できます。

また、無料で選考サポートを受けられるのもメリットです。履歴書の書き方や面接の受け答えが不安な人は、ぜひ積極的に活用してみてください。

ぜひこの記事を参考にして、既卒の就活を成功させてください!

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事