広報への転職は未経験でも可能?役立つ資格や成功のコツも紹介

広報への転職は未経験でも可能?役立つ資格や成功のコツも紹介

広報とは、社内外に向けて自社の企業活動や商品などの情報を発信する仕事です。企業と社会、または個人の関係を良好に導く役割があります。

広報はコミュニケーション能力が重要な職種ともいえます。

また、広報の業務内容は「会社の顔」ともいえるため、その華やかなイメージから憧れる人も少なくありません。

そこでこの記事では、広報への転職を考える人に向けて、広報の仕事内容から転職に役立つ資格などをご紹介します。

この記事でわかること
  • 広報の仕事内容
  • 広報に向いている人の特徴
  • 広報へ転職に役立つ資格
  • 広報の転職に使える志望動機

広報を目指す人におすすめの転職エージェントも紹介するため、広報への転職を希望されている方はぜひ参考にしてみてください。

転職前に知っておきたい!広報の仕事内容とは?

転職前に知っておきたい!広報の仕事内容とは?

広報は華やかなイメージの仕事ですが、実際にはどのような仕事内容か知っていますか?

広報には、よく似た職種にIRなどがあります。「広報だと思って入社したら違った」などのミスマッチを防ぐためにも、まずは広報の職種について理解を深めていきましょう。

仕事内容

広報とは、企業と社会、個人との関係性を円滑にするために、さまざまな情報を社内外に発信する仕事です。

広報の主な役割
  • 社外に向けて自社を広めていく
  • 社員に向けて経営方針などの企業情報を発信する

広報の仕事は、主に「社外広報」と「社内広報」に分けられます。

社外広報の主な業務は、プレリリースの作成をしたり、メディア・SNSなどを利用したりと、自社の取り組みを広く発信していきます。

 社外に発信する前に、自社の事業や経営、組織など、自社について幅広く把握しておくことが重要です。

また、「社内広報」の主な業務は、社員に向けて社内の経営方針や企業活動などの情報を発信することです。ほかにも、社員同士の交流関係を広げられる場を作るのも社内広報の役割です。

また、似ている職種に「IR(インベスターリレーションズ)」があります。IRは、株主・投資家に対して企業情報を提供する仕事です。情報を届ける先が投資家となるため、広報とは職種が異なります。

IRは、投資に関する知識も必要になってきます。

平均年収

転職前に知っておきたい!広報の仕事内容とは?

広報の平均年収は、一般的には400万円〜500万円程度だといわれています。この水準は、国税庁調査による国内の平均年収の440万円とさほど変わりないでしょう。

広報の職種では、勤続年数や経験によって年収が左右することが多いようです。

転職後、長く務めることにより年収アップが期待できるかもしれませんね!

参考:国税庁

未経験から広報への転職は可能?

未経験

未経験から広報への転職はハードルが高いとされていますが、不可能ではありません。未経験転職の難易度が高い理由としては、ほかの職種と比べて求人数が少なさがあげられます。

 経験者が採用される確率が高いため、競争率は高くなる傾向にあります。

また、広報という職種は未経験であっても、経営企画やマーケティングの経験者や、転職先の業界の職務経歴があると採用の可能性は高くなります。

未経験で広報への転職を希望するなら、経験や専門知識がある業界を選びましょう。

広報への転職に向いている人の特徴

広報への転職を考えたとき、自分に向いている仕事なのか気になる人も多いでしょう。ここでは、広報に向いている人の特徴を4つご紹介します。

広報への転職が向いている人
  1. コミュニケーション能力が高い
  2. 計画・企画力がある
  3. 主体的に仕事に取り組める
  4. 客観的な情報収集が得意

1.コミュニケーション能力が高い

広報への転職に向いている人の特徴

「会社の顔」ともいえる広報は、顧客や消費者などの社外だけではなく、自社の社員とも良好な関係を築いていく必要があります。

良い関係を築くためには、メリットだけではなくデメリットを伝えることも大切です。

 状況によっては「ノー」と伝えることも必要になります。

また、外交的な性格であってもコミュニケーション能力が高いとは限りません。双方向にコミュニケーションがとれる人が広報に向いているといえます。

2.計画・企画力がある

広報の業務内容は幅が広いため、計画・企画力が重要です。「どの情報をどのように伝えるか」を計画し、計画をもとに企画することで、円滑に仕事がすすめられます。

目標を設定し、それまでの道筋を明確にすることが広報に必要とされる能力です。

計画・企画力が優れている人は、情報を整理する能力にも優れていますよ。

3.主体的に仕事に取り組める

広報への転職に向いている人の特徴

広報は、他社や顧客、消費者、自社の社員などコミュニケーションをとるべき相手が多数います。よって、相手からのアクションを待つだけでは仕事が成り立たないため、自ら行動できる人材が求められます

 自らの意思で取り組み責任を持って対応することで、相手とより良い関係を築いていけます。

また、問題が起きたときも素早く解決に動ける行動力が必要です。他人事で物事を捉えるのではなく、常に自分事として仕事に向き合える人が向いているでしょう。

柔軟な思考回路で主体的に動くことが大切ですね!

4.客観的で情報収集が得意

広報は情報発信が主な仕事であるため、広い視野でさまざまな情報を収集しなければなりません。

 収集した情報を客観的にみて、自社や相手にとって有益になるか判断する必要もあります。

そのほかにも、得られた情報を外部に発信するスキルも必要になります。資料にまとめるのが好きな人、文字におこすのが好きな人には向いているといえるでしょう。

広報は、好奇心旺盛で情報収集が好きな人に向いていますね。

広報への転職に役立つ資格

広報への転職に役立つ資格

広報として活躍するために、必須な資格はありません。しかし、広報への転職に有利とされる資格があります。

なかでも未経験から転職を挑戦する人は、スキルの証明になるでしょう。ここでは、広報への転職に活かせられる3つの資格を紹介します。

PRプランナー資格認定制度

「PRプランナー資格認定制度」とは、広報・PRに関する基礎知識やスキルの向上を目的とした資格認定制度です。

認定申請できるPRプランナーの種類
  • PRプランナー補
  • 准PRプランナー
  • PRプランナー

PRプランナーの試験は、難易度に応じて3段階に分かれています。最も難易度が高いとされているのが、「PRプランナー」です。

資格を取得することで、広報やPRの知識があるだけでなく実務に活かせられる専門性や、責任者になれる知識があるレベルと認知されます。

 PRプランナーの合格率は30%程度と難易度は高めです。

PRプランナーの試験は3次試験まで行われますが、3次試験の受験資格として「2次試験4科目合格」および、広報・PRの実務経験が3年以上必要です。

未経験からの広報への転職であれば、「PRプランナー補」または「准PRプランナー」の資格取得を目指すと良いでしょう。

IRプランナー

広報への転職に役立つ資格

IRプランナーの資格には、日本IRプランナーズ協会が実施する「CIRP」と「CIRP-S」の2種類あります。

 「CIRP」がIRプランナー基礎コース、「CIRP-S」が上級コースです。

どちらの資格も認定講座を受講し、検定試験合格後、会員登録を経て資格取得となります。企業と市場の関わりや分析を問われるため、広報にも役立つ資格です。

IRを取り入れている企業はまだ少ないですが、注目度の高い職種なので資格を持っていると転職に有利になるでしょう。

商品プランナー

商品プランナーの資格は、商品・販売・販売促進戦略の基礎知識とスキルを問われる資格です。

商品プランナーの主な資格内容
  • 商品・サービスの企画
  • マーケティングの基礎
  • 商品開発におけるコミュニケーション
  • 販売戦略

社外広報では、企業をアピールするための戦略やマーケティング力が必要となる場面もあるため、社外広報への転職を目指す人には向いているでしょう。

受験はすべてオンラインで行われるため、受験へのハードルが低いのも魅力です。

広報への転職に使える志望動機

広報への転職に使える志望動機

広報は競争率の高い職種のため、志望動機でアピールする必要があります。

ここでは、広報への転職を成功させるための志望動機の書き方や例文を、経験者・未経験者別に見ていきましょう。

広報経験者の場合

広報経験者は広報としての経験やスキルがある分、未経験よりもアピールできるポイントはたくさんあります。しかし、具体性がなければ採用担当者には響きません

広報経験者の志望動機の書き方のポイントは以下の2点です。

経験者の志望動機ポイント
  • とくに力を入れたことや専門分野を具体的にまとめる
  • 実績に対する立場や役割、成果について詳しくまとめる

担当したプロジェクトが多ければ多いほどアピールできますが、どのような立場でどんな成果が出したのかを具体的に説明する必要があります。

数字や具体例を盛り込むことが大切です。

広報の仕事は幅広いため、自分がとくに力を入れてきたことや専門分野を具体的に説明すると、採用担当者の興味を引けるでしょう。

上記の志望動機のポイントを押さえると、伝わりやすい志望動機になります。

経験者の志望動機例
前職では主に社外広報の業務を担当し、主にプレリリースの作成、メディア向けイベントの企画運営、SNSの配信を経験して参りました。

SNSの配信にあたっては、自社のSNS運営の責任者を任せられ、◯年でTwitteのフォロワー〇〇万人、Instagramのフォロワー〇〇万人にまで増やしていきました。

SNSの運用開始前と比べ自社商品の売上が◯%増加したため、会社に貢献できたと思います。

貴社ではSNSの運営に力を入れていると伺いましたので、私の経験やスキルを役立てると思い志望しました。

未経験の場合

広報への転職に使える志望動機

未経験での広報への転職はハードルが高いといわれているため、志望動機でのアピールが重要になってきます。

未経験の志望動機書き方ポイント
  • 具体的な転職理由
  • 前職との共通点を明確にする
  • 熱意を伝える

未経験の場合は、前職でどのような経験やスキルを得たのか具体的に説明をしましょう。

前職で広報と共通点がある仕事を経験している場合、転職後にどのように経験を活かしていくのか具体的にアピールすることがポイントです。

企業への熱意も伝えるようにしましょう。
未経験者の志望動機例
前職では、〇〇業界で営業職に携わっておりました。

営業をするうえで大切にしていたことは、取引先を知るための情報収集や、取引先のニーズに合わせた提案です。

また、提案をおこなう際には、双方向コミュニケーションが取れるようにも心がけてきました。その結果、◯ヵ月連続で売上目標を達成し、年間MVPにも選ばれました。

私が広報職に興味をもったきっかけは、お客様により良い商品を提供したいと考えたからです。会社や商品の魅力をダイレクトに発信できるため、お客様の役に立てる仕事であると感じています。

広報職は未経験でありますが、前職の経験が活かせると思っています。貴社では、未経験でも広報職にチャレンジできる環境が整っているとのことでしたので志望いたしました。

広報へ転職後のキャリアアップ方法

広報へ転職後のキャリアアップ方法

広報としてのキャリアアップを考えた場合、どのような方法があるのでしょうか。ここでは、キャリアアップするための方法を紹介します。

広報へ転職後のキャリアアップ方法
  1. 専門分野を持つ
  2. 経営学を学ぶ
  3. 他者への転職・独立も検討

自身のキャリアプランにマッチしたキャリアアップ方法を取り入れてみてください。

1.専門分野を持つ

メディア対応専門や社内情報専門など、自分が極めたい分野での広報エキスパートを目指しましょう。

 自分の専門分野をもつことがキャリアアップに繋がります。

文章力に自信があればプレリリース作成に力を入れる、SNSなどでの情報発信が得意であればマーケティング要素を取り入れるなど、自分の得意分野を専門分野として極めるのもおすすめです。

また、今後伸びるであろうインターネット業種は、広報の需要も拡大していくでしょう。

伸びる業種を極めることでキャリアアップ転職もしやすくなりますよ。

2.経営学を学ぶ

広報へ転職後のキャリアアップ方法

広報の仕事は自社のサービスや商品を熟知しておく必要があるほか、世の中の経済の動きを理解しておかなけらばいけません。

需要と供給をマッチさせるほか、より売れるセールスの仕方にも結び付きます。そのため、広報でのスキルアップには経営学は欠かせない存在です。

経営学を学ぶことで、IRへの転職も視野に入れることができるでしょう。

3.他社への転職・独立も検討

広報としてキャリアアップを考えるなら、他社への転職や独立も検討してみましょう。

他社へ転職を希望する場合、企業ごとに広報体制は異なるため、自分がやりたいことができる企業への転職することで、キャリアアップが目指せます。

 キャリアアップに繋がる実績を残していることが前提です。

また、スキルアップとして企業に勤めるのではなく、フリーランスとして独立した広報になることもできます。

フリーランスの広報は企業勤めとは違い、すべての業務をひとりで担うため、営業や経理など、さまざまな分野でのスキルアップも叶うでしょう。

近年フリーランスの広報のニーズは高まっているようですが、受注や報酬交渉などの業務に苦手意識がある人は、よくよく検討する必要があります。

フリーランスで仕事をしていけるだけの人脈やスキルがあるのかが重要ですね。

広報への転職で使える自己PR例文

広報業界への転職のみならず、「自己PRをどのように書いたらいいのかわからない」とお悩みの方も多いでしょう。

そこでこの章では広報への転職で使える自己PRの例文をご紹介していきます。広報業界未経験者・経験者それぞれの例文をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

広報職未経験者の場合

未経験者自己PR例文①

未経験者自己PR例文①

私は前職で美容製品の営業職として勤務してきました。
そこで商品の販売だけでなく、新商品のパンフレット製作や商品掲載の雑誌取材などの経験があります。
その際に商品を効果的にPRすることの難しさ・やりがいを体感し、広告職を目指しました。
広告業界は全くの未経験ですが、積極的に知識・スキルを吸収し、御社にいち早く貢献できる存在となるよう努力していきたいと考えております。

広告業界未経験者の場合、前職でどのような仕事をしていたか、入社した後の具体的な将来像などを伝え、熱意をアピールすることが重要です。

未経験者自己PR例文②

未経験者自己PR例文②

私の強みはチームで仕事を進める上で重要な「協調性」であると考えております。
前職では大手家具メーカーで営業職を行なっておりました。
営業部には入社3年目までの若手が多く、忙しいリーダーやマネージャーに悩みを相談できないメンバーも多くいたため「業界学習会」を開催しました。
そこで業界について学習した後は、アンケートをとり、悩みや疑問点を匿名で上司に相談できるというシステムを作りました。
メンバーが気軽に会話できる場や、悩みを伝える機会を作ったことで、これまで目に見えなかった疑問点などが明確化し、社内の売上にも貢献することができました。
広報職は未経験ですが、持ち前の協調性とコミュニケーション能力を活かし、業務で成果を上げられる人材になりたいと考えております。

未経験者の場合、自分にはどのような強みがあるのか、過去の業務経験や実績を交えて話せると良いでしょう。

広報職経験者の場合

経験者自己PR例文①

経験者自己PR例文①

私は前職でWEB広告を作成する会社で勤務しており、メディアの編集や執筆、デザイン、校正作業、WEBサイト製作などを行ってきました。
幅広い業務に取り組む上で、様々な立場の人たちと業務を行う必要があり、できるだけコミュニケーションをとって報告・連絡・相談をしやすい環境にすることを意識してきました。
その結果、幅広い年齢層・立場の人たちと長期間に渡り、良好な関係を築くことができたと考えております。
御社に入社した際には初心を忘れることなく努力し、コミュニケーションを欠かさずとることで、業務での成果を上げたいと考えております。

広報職経験者の場合、前職でどのような仕事をしてきたかに加えて、自身が今持っているスキルなどを伝えると効果的です。

経験者自己PR例文②

経験者自己PR例文②

私は前職でフリーペーパー雑誌の企画・編集業務に携わってきました。
この度事業部が解散することとなり、転職を決意しましたが、自身が製作したものが世間に形として残る仕事に魅力を感じており、広報業界を志望した次第です。
企業の印象を担う責任の大きな仕事という厳しい側面を有しているため、常にベストな状態で業務に取り組む必要があると考えております。
またこれまでの経験を活かすと同時に、様々な知識を吸収して、大勢の読者の方々に支持していただけるような業務を行えたらと思います。

経験者の場合はスキルのアピールも重要ですが、自身の仕事に関する考えを明確にし、アピールしても良いでしょう。

広報へ転職する方法

広報へ転職する方法

広報への転職を検討したとき、どのように転職先を探せば良いのか不安になることもあるでしょう。主な探し方は2つあります。

1.転職エージェントを利用

転職エージェントとは、転職希望者に合った企業を紹介してくれるサービスです。

転職エージェントのメリット
  • 書類添削・模擬面接あり
  • 企業とのやりとりを任せられる
  • 自分に合った企業の紹介

転職エージェントの魅力は、履歴書などの書類を添削してくれるほか、模擬面接を行ってくれることです。また、自分の条件に合った企業を紹介してくれるため、入社後のミスマッチを防げます。

 対応はプロのアドバイザーがしてくれるため、安心して任せられます。

自分ひとりではなかなか客観的に見ることができず、面接や書類がうまくいかないこともあるでしょう。

転職の専門家の力を借りることで、スムーズな転職活動ができるでしょう。

2.企業サイトから直接応募

大手企業や上場企業の中には、企業サイトに採用ページを設けていることも少なくありません。

採用ページには応募条件や資格、待遇なども記載されていることが多いため、転職後の働き方がイメージしやすいのがメリットです。

 企業によっては転職フェアを開催していることもあります。

転職フェアでは、企業の採用担当者と直接話せる場合もあり、転職後のミスマッチを防ぐこともできるでしょう。

入りたい企業が決まっている場合は、直接企業に応募することも良いですね。

広報を目指す人におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 業界最大級の非公開求人を扱っている
  • 転職支援実績No.1を誇る

リクルートエージェントは、業界最大級の非公開求人数が魅力の転職エージェントです。2021年9月10日時点で非公開求人を含めると30万件以上の求人を扱っているため、条件に合った求人を検索しやすいでしょう。

 リクルートエージェントが扱う広報求人の中には、年収800万円以上の広報リーダーなど好条件のものも含まれています。

各業界に精通したアドバイザーによるサポートを受けられるため、広報の転職動向についてリアルな情報を得られるでしょう。

公式サイトでは、リクルートエージェントを利用した人の転職事例を多数公開しています。
公開求人数※2021年9月10日時点 128,809件
広報の公開求人数※2021年9月10日時点 963件
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 応募書類の添削
  • キャリアカウンセリング
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

出典:公式サイト

doda

doda

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 非公開求人を豊富に扱っている
  • 専任のアドバイザーに相談できる

dodaは、非公開求人を含む豊富な求人数が特徴の転職エージェントです。2021年9月10日時点で広報の公開求人も1,600件を超えるため、充実した情報の中から自分に合った仕事を探すことができます。

 東証一部上場企業や大手企業の広報求人も扱っているため、年収アップも目指せるかもしれません。

応募先に好印象を与えられる応募書類の作成や面接対策もサポートしてもらえるため、異業種から広報への転職や未経験の方も安心して利用できるでしょう。

公式サイトでは年収査定などの無料ツールも利用できますよ。
公開求人数※2021年9月10日時点 97,353件
広報の公開求人数※2021年9月10日時点 1,643件
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • スカウト
  • 転職ノウハウ
利用可能地域 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

出典:公式サイト

パソナキャリア

パソナキャリア

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • オリコン顧客満足度調査「転職エージェント」第1位を獲得
  • 転職後の年収アップ率67.1%

パソナキャリアは、オリコン顧客満足度調査「転職エージェント」第1位に輝いた転職エージェントです。

 2021年9月10日時点で広報の公開求人数も600件以上扱っているため、充実した情報の中から条件に合う求人を探しやすいでしょう。

扱う広報求人の中には、役員クラスや東証一部上場企業など好条件の求人も多く含まれているため、キャリアアップを目指した転職も狙えるかもしれません。

転職後の年収アップ率が67.1%と高いのも魅力ですね。
公開求人数※2021年9月10日時点 37,053件
広報の公開求人数※2021年9月10日時点 660件
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • スカウト
  • キャリアカウンセリング
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社パソナ

出典:公式サイト
※https://career.oricon.co.jp/rank_shoukai/

よくある質問

広報の仕事内容はどのようなものですか?
広報の仕事内容としては社外に向けて自社を広めていく「社外広報」、社員に向けて経営方針などの企業情報を発信する「社内広報」の2つが挙げられます。
広報の年収はどれくらいですか?
広報の年収としては一般的には400万円〜500万円程度だと言われています。勤続年数や経験によって変動していくことが多いようです。
未経験から広報への転職は可能ですか?
未経験から広報への転職は、求人数が少ないため難易度が高い傾向があります。しかし未経験からの転職が不可能だというわけではありません。
広報への転職が向いている人にはどのような特徴がありますか?
広報への転職が向いている人の特徴としては、コミュニケーション能力が高い、計画・企画力がある、主体的に仕事に取り組める、客観的な情報収集が得意などが挙げられます。
広報への転職が有利になる資格はありますか?
広報への転職が有利になる資格としてはPRプランナー資格認定制度、IRプランナー、商品プランナーなどが挙げられます。
広報へ転職する際、志望動機を作成する上でのポイントはありますか?
広報へ転職する際の志望動機を作成する上でのポイントとしては、力を入れたことや専門分野を具体的にまとめる、実績に対する立場や役割、成果について詳しくまとめるなどが挙げられます。また未経験者の場合は熱意を伝えるのも重要です。
広報へ転職する場合は、どうすれば良いですか?
広報へ転職する方法としては、企業サイトから直接応募、転職エージェントの利用が挙げられます。未経験者はサポートの手厚い転職エージェントを利用するのがおすすめです。

まとめ

今回は、広報への転職について詳しく解説しました。広報の仕事は、魅力的な業務内容が多いため人気のある職種のひとつです。

ほか部署の業務の一環として業務が行われていることもあり、広報の部署を設けている企業も少なく、求人数は決して多くありません。

競争率の高い職種ですが、未経験であってもチャンスは掴めます。

未経験者の人は、経営やマーケティングの知識を身につけたり、有利な資格を取得したりとアピールできるポイントを増やしていくと良いでしょう。

また、広報への採用実績がある転職エージェントを利用するという方法もあります。

記事内で紹介した転職エージェントはいずれも無料で利用できるため、ぜひ上手く活用しながら広報への転職を成功させてくださいね。

当サイトでは転職に関する独自のアンケート調査を行っております。アンケート調査の結果はこちらのページから御覧ください。アンケート調査結果はこちら

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事