広告業界への転職は未経験でも可能?成功のコツや役立つ資格も解説

広告業界への転職は未経験でも可能?成功のコツや役立つ資格も解説

私たちの生活において、当たり前のように目にする広告。また、テレビや雑誌、インターネット、店頭ディスプレイなど、広告の媒体も多岐に渡ります。

しかし、広告業界への転職を検討した際、どのような業務があり年収はどれくらい期待できるのか気になるでしょう。

そこで今回は、広告業界への転職事情について紹介します。

この記事でわかること
  • 広告業界の仕事内容
  • 広告業界への転職に役立つ資格
  • 広告業界への転職が向いている人の特徴
  • 広告業界へ転職する方法

広告業界への転職におすすめな転職エージェントも紹介するため、広告業界の転職を検討している方はぜひチェックしてみてください。

【転職前にチェック】広告業界の仕事内容

華やかな印象を持たれることが多い「広告業界」。しかし、広告を打ち出すメディアや転職する企業によって、仕事内容はさまざまです。

ここでは、広告業界の代表的な3つの職種について解説します。

広告営業

広告業界の仕事内容とは

広告代理店やメディア企業に多く配属されているのが、広告営業です。顧客のニーズを汲み取り、より理想的な広告を提案します。

業務内容は多岐に渡り、窓口的な役割として総合的にサポートを行うため、広告代理店と呼ばれることも多いです。

 クライアントと下請けの間に入ることが多いため、コミュニケーション能力が必要です。

仕事内容自体はハードだと言われていますが、やりがいの部分が大きくキャリアアップも期待できるでしょう。

経験を積むとプランナーなどへキャリアアップできることもあります。

制作

クリエイティブディレクターやデザイナーが所属する制作関連は、広告業界の花形という印象を持つ人も多いのではないでしょうか。

紙媒体やネットなど制作の場は豊富で、仕事の成果は日常でも目にすることが可能です。

 制作の中にもさまざまな部門があり、企業によって業務内容が異なります。

広告のイメージを言葉で伝える「コピーライター」のほか、Web業界ではサイトの制作、雑誌の広告やCMのプランナーなどがあります。

専門性の高い職種の場合、未経験での転職は難しいこともあるでしょう。

あらかじめ転職先の業界の知識をつけてから転職活動をスタートさせるのがおすすめです!

マーケティング・広告運用

広告業界の仕事内容とは

市場の動向を調査・分析し、広告企画の段階で指針となるのがマーケティングの主な仕事内容です。

チームを組んで社内で運用する場合もあれば、マーケティングだけ外部に委託することもあります。

また、実際に広告を打ち出したあとの運用についても携わるのが特徴。広告の改善や変更など、結果によって新しいアイデアが必要になります。

広告の結果をダイレクトに反映されるため、やりがいのある職種です。

【転職前にチェック】広告業界の平均年収

転職

転職の際に「給与」「年収」について気になる方が多いでしょう。国税庁「令和元年分民間給与実態統計調査」では、日本人の平均年収は441万円とされています。

一方、広告代理店を含む学術研究、専門・技術サービス業の平均年収は約518万円です

 日本人の平均年収と比較すると、広告業界は約77万円高いことがわかります。

広告業界は年収が高い傾向にありますが、広告代理店の規模や年齢によっても平均年収は異なるので、自分がどのような広告代理店で働きたいのかを決めておきましょう。

高年収と言われている広告業界ですが、必ずしも年収アップができるというわけではありません。

広告業界の主な転職先は?

広告業界で働くための転職先は、主に2つあります。

広告業界の転職先
  • 広告代理店
  • 広告制作関連会社

広告代理店と広告制作会社は、業務内容も形態も異なるため、事前に知っておかなければ入社後のミスマッチに繋がります。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

広告代理店へ転職

広告業界に転職するには?

広告代理店は、広告主(広告を出す企業)の目的を、広告を用いて実現できるよう計画を組み実行する会社です。

 クライアントの目標達成のために、総合的なサポートを行います。

さまざまな媒体の中から、インターネットや紙面などクライアントの目的に合った広告先を見つけるための、適切な選定力が必要です。

予算組や納期など、プロジェクト全体の枠組みを決める業務も多いため、ハードワークになりがちな一面もあります。

他業種の人と業務をすることも多く、やりがいを求める人に向いているでしょう。

広告制作関連会社へ転職

広告制作関連会社とは、クライアントからの依頼内容を元に、広告を作成する会社です。

常に決まったクライアントと仕事をする広告代理店に対し、制作関連会社は複数のクライアントから依頼を受ける独立系の職種になります。

複数の案件を同時に進行させることも多く、ハードワークは覚悟しておいた方が良いでしょう。

未経験でも広告業界へ転職できる?

未経験でも広告業界へ転職できる?

広告業界への転職は職種選びも重要です。実際、プランナーやデザイナーなどの専門職は、ある程度の経験や実績も求められます。

そのため、未経験者の転職は現実的とはいえないでしょう。

 専門職への転職を希望する場合は、資格や学校に通う必要がありそうです。

一方、広告営業職は未経験者でも歓迎されやすい職種です。特に近代ではWeb広告を扱うインターネット広告会社の需要が高まっています。

Web広告は、今後もニーズが高まっていく分野といわれており、人材不足が課題となっている職種です。よって、人が足りてない今は未経験でも採用されやすいでしょう。

普段からSNSで流行を確認したり、Web環境の扱いに慣れておくことで転職へのヒントが得られます。

本気で転職を目指すなら、ネットやIT系の資格を取得するのもおすすめですよ。

広告業界への転職が向いている人の特徴

広告業界への転職が向いている人の特徴

広告業界の転職に興味があっても、実際に自分に向いているのかと悩む人もいるでしょう。そこで、広告業界への転職に向いている人の特徴を紹介します。

流行に敏感で常にアンテナを張っている人

流行により、広告の打ち出し方が変わってくるため、広告業界ではどんな職種であれ、常に流行を追える人が求められます。

日頃からSNSなどを活用し目を光らせているよう習慣づけておくと、就職後の実務にも活かすことができるでしょう。

 SNSなど、流行に乗り遅れない広告戦略が必要になります。

流行を取り入れた広告は、目にする人に好印象を持たれやすく、結果として大きな成果に繋がります。苦手意識がある人は、転職前の段階で慣れておくのがおすすめです。

入社後も常にアップデートが求められる部分です。

日頃からインターネット環境を使用している

広告業界への転職が向いている人の特徴

現在広告業界で、急成長しているのがインターネット広告系の企業です。

そのため、ネットニュースやサイトの広告、SNSを使った情報発信などを活用している人は採用者へのアピールになるでしょう。もちろん、紙面やテレビなどの公告媒体を扱う企業もあります。

Web広告はそれらの媒体とも合わせて企画提案されることも多いため、複数媒体を一緒に網羅しておくことをおすすめします。

インターネットに抵抗がないことは重要ですね!

コミュニケーション能力がある人

広告営業では、顧客であるクライアントとのやりとりは不可欠です。

広告主との良好な関係を築くことができれば、課題の発見や新規案件の獲得にもつながるため、即戦力としても重宝されます。

 チームで案件を担うため、社内でのコミュニケーション能力も必要です。

人当たりが良いことのほか、自分の意見を論理的に提案できる人が向いているでしょう。

広告業界への転職に役立つ資格

広告業界への転職に役立つ資格

広告業界では必須資格はなく、経験や実績を重視される場合が多いです。しかし、未経験者の場合は、資格がアピールポイントになります。

ここでは、広告業界への転職に有利な資格を5つ紹介します。

TOEIC

近代において英語が得意であることは強みになります。その強みを転職活動で積極的にアピール出来るのがTOEICです。

広告業界への転職では、700点以上で仕事に活かせられるアピールポイントとなるようです。

TOEICをどう仕事に活かせるのかを面接ではアピールしましょう。

ウェブ解析士協会

広告業界への転職に役立つ資格

ウェブ解析士とは、アクセス解析などをはじめとした、データ解析活用のためのスキルを習得する資格のことです。

制作した広告の成果を知るためのアクセス解析データについてなど、専門的な知識を学ぶことができます。

Web広告業界への転職を目指すなら取得しておきたいですね!

Google広告認定資格

世界中にユーザーがいるweb検索サービス「Google」が主催して行っている認定資格がGoogle広告認定資格です。Googleで公式的に公開する広告に関する理解力や知識量を増やすことができます。

 試験はオンラインのため、24時間いつでも受験が可能です。

試験は6科目で構成されていて、合格すると広告に関する各分野の専門知識を習得している証明になります。

22ヶ国言語に対応しているため、日本語以外で挑戦することもできます。

WEBデザイン技能検定

広告業界への転職に役立つ資格

「WEBデザイン技能検定」は、Webデザイナーを目指す人におすすめの国家資格です。国債基準のWebデザインに関する技能が問われ、試験は学科と実技で行われます。

 合格率は高めのため、未経験の人は資格を取得してから転職しても良いでしょう。

取得することで、webデザインの知識やスキルがあることの証明になるため、Webデザイン業界の広告会社への転職には有利です。

Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定資格

「Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定資格」は、検索エンジン「Yahoo!」が主催するwebマーケティングの資格です。

現代では、紙面よりweb広告の需要が増加していることもあり、web広告の運用が重視されています。

 広告運用ツールやコンサルティングについて学べる資格です。

基礎知識を把握しておくレベルから、運用まで担える知識をつけるレベルなど、実力に応じて試験を受けられます。

スコア認定で、一定点数以上は名刺などに認定ロゴがつけられます。

Webマーケティングなどの運用まで学べるのが大きなメリットですね!

広告業界への転職面接で聞かれやすいこと

広告業界への転職面接で聞かれやすいこと

面接を受けるうえで、避けては通れないのが志望動機です。

ここでは、広告業界へ転職する際に聞かれやすい内容や答え方のコツを紹介します。

なぜ広告に興味を持ったのか

広告への興味関心度は、選考を進められるうえで重要だと判断されます。広告業界に興味を持つきっかけとなったエピソードについて具体的に説明できるようにしましょう。

転職前の実務経験を交えて話すなど相手に伝わるようまとめましょう。

広告業界の中でも自社を選んだ理由

広告業界への転職面接で聞かれやすいこと

同じ業界でも企業によって考え方や力を入れている事業は異なります。応募する企業の特色に触れながら、広告業界の中でもなぜその会社を選んだのか理由を述べられるようにしましょう。

 「広告営業に興味があった」「広告制作に関わってみたい」だけだと、なぜ自社を選んだのかという理由が伝わりません。

希望する会社の成果や事業内容に触れつつ、転職を希望するに至る理由をまとめる方が相手に伝わりやすいでしょう。

入社後にやりたいこと

「入社後にどのようなことをしたいか」「前職の経験をどのように活かせるか」など、入社後のイメージをアピールすることも転職を成功させるためには大切です。

とくに、得意な分野がある人は熱量が伝わりやすいので、志望動機に絡めてみてもいいでしょう。

 入社後にやりたいことを志望動機で書くときは、これまでの経験が転職後の企業で活きることがポイントです。

また、経験の有無に関係なく、今後の事業に関わりが深い経験を洗い出しておくのもおすすめです。

やりたいことの熱意を、よりアピールできるようにしましょう。

広告業界へ転職する方法

広告業界へ転職する方法

広告業界へ転職するには、採用に関する企業の公式サイトから直接応募する方法と、転職エージェントサービスを利用する方法があります。

どちらもメリット・デメリットが存在するため、特徴を知っておくことが転職を成功させる第一歩です。それぞれの特徴をチェックしていきましょう。

企業応募ページから応募

応募したい企業に、採用ページがある場合、直接企業へ応募できます。応募方法や採用までのプロセスは企業によって異なるため、応募前には忘れずに確認しておきましょう。

 応募条件を設けている企業もあるため、応募前に条件をクリアしているか確認しましょう。

企業ページからの直接応募は、企業の担当者と直接やりとりできるのが特徴。

また、事前に企業が開催する採用イベントなどに参加することで、雰囲気を掴むことや意見交換をすることもできるでしょう。

直接やりとりするのが苦手な人には、負担に感じてしまうかもしれません。

転職エージェントを利用

広告業界へ転職する方法

転職先の候補企業が具体的に決まっていない場合は、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントの主なサービス例
  • 求人紹介
  • 書類添削・模擬面接
  • 企業とのやりとり代行
  • 転職イベント開催
  • 転職後のサポート

転職エージェントでは登録されている求人を検索するだけでなく、アドバイザーによるサポートも受けることができます。

 登録は無料でできることがほとんとです。

また、応募したい企業が決まっている場合も、転職エージェントに求人があれば転職エージェントを介して応募することができます。

その場合、応募企業の面接対策や書類添削などの事前準備ができるため、有利に転職までを運ぶことができるでしょう。

また、転職エージェントはいくつかの同時掛け持ちが可能。自分に合った企業を見つけるためには、掛け持ちを検討しても良いかもしれません。

転職エージェントでは非公開求人も扱っているため、一般には公開されない求人も受けられます!

広告業界を目指す人におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 業界最大級の非公開求人を保有
  • 幅広い業界・職種の求人を紹介してもらえる

リクルートエージェントは、業界最大級の非公開求人を扱う転職エージェントです。2022年5月19日時点で、非公開求人含めた44万件以上の求人を保有しているため、求人探しの幅も広がるでしょう。

 広告業界の求人も多数扱っています。スキルや資格、経験をもとにした検索も可能なため、広告業界に役立つスキルをお持ちの方はぜひチェックしてみてください。

また、キャリアアドバイザーから応募書類の添削や面接対策などもサポートしてもらえるため、広告業界にアピールできる魅力的な自己PRを準備できるでしょう。

キャリアアドバイザーとの面談は、対面だけでなく電話でも行っていますよ。
公開求人数※2022年5月19日時点 193,076件
広告業界の公開求人数※2022年5月19日時点 7,469件
主なサービス・機能 求人検索

求人紹介

転職ノウハウ

交渉代行

利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

出典:公式サイト

doda

doda

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 非公開求人が充実している
  • 専任アドバイザーによる充実したサポート

dodaは、豊富な非公開求人が魅力の転職エージェントです。2022年5月19日時点で13万件を超える求人を保有しているため、より幅広い選択肢の中から自分に合った求人を見つけることができます。

 広告業界の求人も充実しており、勤務地や雇用形態、年収などさまざまな条件での絞り込みが可能です。

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートしてくれるため、広告業界に向けた応募書類の作成面接対策を行えるでしょう。

オンライン参加も可能な転職イベントも開催しているため、要チェックです。
公開求人数※2022年5月19日時点 136,393件
広告業界の公開求人数※2022年5月19日時点 10,162件
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • スカウト
  • 転職ノウハウ
利用可能地域 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

出典:公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 各業界の転職事情に詳しい専任アドバイザーによるサポート
  • 企業担当アドバイザーも在籍

マイナビエージェントは、若い世代を中心に支持を集める転職エージェントです。転職回数別年代別のポイントも公開しているため、状況に合わせて効率良く転職活動を進められます。

 2022年5月19日時点で広告業界の求人も充実しており、「急募」「第二新卒」「未経験」などの条件で希望に合った求人を絞り込めるでしょう。

さらに、マイナビエージェントには各業界の転職事情に詳しいアドバイザーだけでなく、企業の人事担当者とのパイプを持つアドバイザーも在籍しています。

希望の企業を絞り込めたら、企業担当アドバイザーから職場の雰囲気や働きやすさなどの情報を聞いてみるのもおすすめです。

アドバイザーとはWEB面接・電話面接も可能なため、遠方に住んでいる人も安心ですね。
公開求人数※2022年5月19日時点 37,067件
広告業界の公開求人数※2022年5月19日時点 327件
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 応募書類の添削
  • 面接対策
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社マイナビ

出典:公式サイト

まとめ

今回は広告業界の仕事内容や転職するうえでのポイント、向いている人の特徴などを紹介しました。

専門的な職種も多い業界ですが、未経験者でも営業職であれば、比較的転職しやすいといわれています。

 接客や営業経験のある人は、積極的に前職を活かしましょう。

華やかで高収入という印象がある業界ですが、企業によって年収の差があるので、気になる人は事前に確認しておく必要があります。

そして、近代広告業界の中でも力を伸ばしているのがWeb関係事業です。該当事業を扱う企業の求人にも目を通しておくことをおすすめします。

転職活動が不安な人は、転職エージェントの活用もおすすめです!

記事内で紹介した転職エージェントはいずれも無料で利用できるため、ぜひ広告業界への転職実現を目指して役立ててくださいね。

当サイトでは転職に関する独自の調査を行っています。アンケート調査の結果はこちらのページから御覧ください。アンケート調査の結果はこちら

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事