高卒におすすめの転職エージェント5選!求人数比較ランキングも紹介

高卒におすすめの転職エージェント5選!求人数比較ランキングも紹介

高卒から就職した場合、若いうちに企業選びをしていることがほとんどです。

しかし、社会人として数年間過ごすうちに「別の環境で成長したい」「今の職場だと長く働くのは難しい」と、感じ始めることもあるかもしれません。

高卒の場合、「転職に不利になるのでは?」と、不安になることもありますよね。

この記事では、高卒におすすめの転職エージェントや、高卒の人が転職を成功させるためのコツを紹介します。

この記事でわかること
  • 高卒におすすめの転職エージェント
  • 高卒の転職に強い転職エージェントの選び方
  • 高卒だからこそ転職エージェントを利用すべき3つの理由
  • 高卒の転職で転職エージェントを活用するコツ

「高卒でも転職エージェントを利用して転職できる?」と不安を抱えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

高卒におすすめの転職エージェント5選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 高卒でも応募できる求人案件が多い
  • 頼りになるアドバイザーが在籍
  • 丁寧な転職サポートを提供

リクルートエージェントは、株式会社リクルートが運営する転職エージェントです。経験豊富なアドバイザーが在籍しており、高卒者の転職もサポートしてくれます。

応募書類作成のアドバイスや面接対策をしてくれるため、初めての転職でも安心できるでしょう。

 2022年3月6日時点で「高卒」というキーワードで公開求人を検索したところ、求人数は440件以上ありました。

高卒者向けの求人は大卒者向けより数が少ないため、転職するには自分の強みをアピールする必要があります。

リクルートエージェントには、業界に特化した専門のアドバイザーが担当してくれるため、希望の転職先に合わせたアピールポイントを探ってくれます。

業界別に自己PRもアレンジすることで転職成功に近づきますよ。

公開求人数※2022年3月6日 172,110件
主な機能
  • キャリアアドバイザーとの面談
  • 求人紹介
  • 書類添削
  • 応募代行
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

出典:リクルートエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 転職回数別、年代別のサポートを受けられる
  • 各業界の事情に精通した専任アドバイザーが在籍
  • マイナビエージェントでのみ取り扱っている求人情報が多数

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する転職エージェントで「じっくり聴く転職エージェント」をウリにしています。

現状の把握から条件に合った求人を紹介してもらえるため、高卒と条件を掛け合わせた仕事が見つかるでしょう。

 年代別の転職ポイントでは、高卒者であっても年代別の注意点やアドバイスが得られるため、転職する年齢に応じて何度でも利用できます。

マイナビエージェント限定の求人も多くあるため、相談することで転職のチャンスが広がります。

専任アドバイザーがついてくれるので、転職活動が不慣れでもじっくり相談できますよ。

公開求人数※2022年3月6日 34,839件
主な機能
  • 求人紹介
  • 対面またはWEBによる面談
  • 書類添削
  • 模擬面接
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社マイナビ

出典:マイナビエージェント

doda

doda

おすすめポイント
  • 高卒条件の求人案件が多い
  • 年収査定などのシステムを利用できる
  • パートナーエージェントサービスが利用できる

dodaは、パーソルキャリア株式会社が運営する転職エージェントです。求人数が多く、求人検索機能が使いやすいのも魅力です。

 通常のエージェントサービスだけでなく、スカウトサービスやパートナーエージェントサービスが利用でき、高卒の求職者にも多くのチャンスがあります。

パートナーエージェントサービスとは、他社エージェントを含め各地域、各職種に強みを持つエージェントからの提案が受けられる仕組みです。

また、公式サイトには年収査定などのシステムが充実しており、転職に役立つ情報を多く収集できます。

無料で転職サービスをまとめて利用できるのは、うれしいですね。

公開求人数※2022年3月6日 125,672 件
主な機能
  • キャリアカウンセリング
  • パートナーエージェントサービス
  • スカウトサービス
  • 求人の紹介
  • 応募代行、面接対策
利用可能地域 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

出典:doda

DYM就職

DYM就職

おすすめポイント
  • 高い満足度を誇る転職エージェント
  • 第二新卒、既卒、フリーターの転職支援が得意
  • 就職できるまでエージェントがしっかりサポート

株式会社DYMが運営するDYM就職は、利用者満足度90%以上の転職エージェントです。DYM就職では非公開求人を多く扱っているため、自分に合った求人選びが可能です。

 DYM就職は、第二新卒、既卒、フリーター、ニートの転職支援を得意としているため、高卒者の転職でも頼りになる存在です。

また、転職が成功するまでアドバイザーがサポートしてくれるので、転職が初めてでも安心して相談できます。

転職のプロであるアドバイザーからあなたに合う求人を提案してもらえますよ!

公開求人数
主な機能
  • 求人紹介
  • エージェントによるキャリア相談
  • 提出書類の指導
利用可能地域 オンライン:全国可
対面:東京、札幌、仙台、名古屋、京都、大阪、広島、福岡
運営会社 株式会社DYM

出典:DYM就職

就職Shop

就職Shop

おすすめポイント
  • 利用者の9割が20代※公式サイトの文言による
  • 未経験歓迎の求人が多数
  • 書類選考なしで面接まで進める

就職Shopは株式会社リクルートが運営する転職エージェントです。利用者の9割が20代であり、若者の転職や就職を専門にしているため、高卒者も安心して利用できます。

 就職Shopは未経験歓迎の求人が多く、高校卒業後にフリーターをしていた場合や、新しい業界への転職を目指す場合は相談してみるといいでしょう。

紹介している企業は、すべてエージェントが直接訪問して取材しており、入社後のミスマッチが起こりにくいので、安心です。

書類選考なしで選考に進めるようになっているのもうれしいですね。

公開求人数※2022年3月12日 非公開
主な機能
  • 求人紹介
  • キャリア相談
  • 企業情報、業界情報の提供
  • 応募企業との各種調整
利用可能地域 首都圏および関西中心
運営会社 株式会社リクルート

出典:就職Shop

高卒向け転職エージェント|公開求人数比較ランキング

1位:リクルートエージェント(公開求人数:172,110件)

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 高卒でも応募できる求人案件が多い
  • 非公開求人を豊富に扱っている
  • 頼りになるアドバイザーが在籍
  • 丁寧な転職サポートを受けられる

2位:doda(公開求人数:125,672 件)

doda

タイトル
  • 高卒でも応募できる求人案件が多い
  • 年収査定などのシステムを利用できる
  • パートナーエージェントサービスが利用できる

3位:マイナビエージェント(公開求人数:34,839件)

マイナビエージェント

タイトル
  • 転職回数別、年代別のサポートを提供
  • 各業界の事情に精通した専任アドバイザー
  • マイナビエージェントでのみ取り扱っている求人情報が多数

高卒でも転職エージェントは利用できる?

ビジネスマン

高卒と大卒を比較した場合、高卒の求人数が大卒の求人数よりも少ないことは事実です。

転職エージェントを利用する人の多くは大卒の転職希望者であり、企業の募集条件に「大卒以上」があるため、高卒の人が応募できる企業は限られることがあります。

 しかし、高卒であっても転職エージェントを利用することはできます。

高卒で転職エージェントを利用する場合は、大卒の人と同じフィールドで活動するのは難しいかもしれません。そのため、高卒向けの支援や実績がある転職エージェント選びが重要です。

自分に合った転職エージェントを選ぶことで、スムーズに転職活動を進めることができるでしょう。

高卒だからこそ転職エージェントを利用すべき理由

パソコン

条件に合う高卒求人数を探すのは大変

高卒求人は大卒求人と比べて数が少ないため、自分に合った求人を探すのは簡単なことではありません。

転職エージェントに相談すると、希望の条件に合った求人を提案してもらえるので、自分一人の力で探すよりも良い求人が見つかる可能性が高くなります

 転職エージェントは非公開や独占求人を保有しているので一般には出回らない求人を紹介してもらえる可能性もあります。

条件に合った求人を紹介してもらうためには、そもそも求人数が豊富でなければいけません。転職エージェントは多くの求人を保有しているうえに、非公開や独占求人もあるため、自分で探すより効率的です。

書類選考が通過しやすい

サイン

自分一人で転職活動をしていると、書類選考を通過することが難しい場合もあります。

転職エージェントに相談すれば、書類選考にあたって提出する書類の作成についてもアドバイスしてもらえるため、類選考が通過しやすくなります

また、転職エージェントは、日頃から採用側の企業と関係性を構築しています。企業が求める人物像を理解している転職エージェントだからこそ、ポイントを押さえたアドバイスが受けられるでしょう。

的確なアドバイスを受けられるので、書類作成もスムーズに進められますね。

客観的なアドバイスがもらえて安心

転職エージェントでは、業界の情報や企業の情報はもちろんのこと、人材業界における高卒者の転職事情や実際の転職事例など、有意義な情報を提供してくれます。

成功事例や失敗事例を把握しておくことで、対策することができます。

また、自分では気づけないような自己アピールポイントや、書類に記載できるようなスキルを見出してくれるのも転職エージェントならではです。

客観的に自分を見直すことにより、自信が持てたり応募する企業の幅が広がったりするでしょう。

高卒の転職に強い転職エージェントの選び方

ビジネスマン

転職エージェントは数多くあるため、「高卒の自分に合っているのだろうか」と、不安に思うこともあるでしょう。高卒者の転職エージェント選びは、ポイントを押さえなけば失敗してしまうかもしれません

そこで、ここでは高卒の転職におすすめの転職エージェントの選び方について、3つのポイントをご紹介します。

高卒向け転職エージェントのチェックポイント
  • 高卒求人数の多さ
  • 希望地域や職種の求人有無
  • 対応のスピードと丁寧さ

それぞれ、どこをチェックすればいいのか具体的に解説しましょう。

高卒求人数の多さ

応募する求人があって、初めて転職活動をスタートすることができます。そもそも応募できる求人が少なければ、転職活動が長引いてしまいます

 各転職エージェントが持っている高卒求人案件が多いのか少ないのかは必ずチェックしておきましょう。

一般的に、大卒と比べて高卒の求人数は少ないですが、若手社会人を専門に扱っている転職エージェントや大手転職エージェントであれば、比較的多くの高卒求人数を保持しています。

転職エージェントで公開求人を検索できる場合、あらかじめ「高卒」や「学歴不問」など条件設定をし、求人検索をしてみるのがおすすめです。

希望地域や職種の求人有無

地図を見る人

求人数が多くても働きたい地域や職種の求人がなければ、転職活動は難航するでしょう。そのため、依頼する転職エージェントを検討する際は、希望する地域に強いかどうかを確認するのがおすすめです。

 公式サイトから地域や職種を絞って検索すると、地域別の求人数を確認することができます。

一般的には、首都圏や関西圏など都市部のほうが求人数が多い傾向にあります。

そのため、全国対応の大手転職エージェントに加えて、地域に根ざした転職エージェントも同時に利用するほうが転職活動が有利になる場合もあるでしょう。

対応スピードと丁寧さ

転職エージェントを選ぶ際は、問い合わせた時の対応スピードや丁寧さもチェックしておくと良いでしょう。

転職エージェントの報酬は、転職先でもらう年収に左右されます。

 一般的には高卒者年収よりは大卒者年収の方が高いため、大卒者の転職をサポートする方が転職エージェントがもらう報酬も高くなることが多いです。

この背景を知ったうえで、転職エージェントが問い合わせに対してどんな対応をしてくれるのかチェックしましょう。

対応が遅いと転職活動が長引いてしまいますね。

高卒の転職で転職エージェントを活用するコツ

働く女性

事前準備をして面談時に自己アピールする

転職エージェントは高卒の転職希望者の強い味方となってくれる存在です。さらに求職者自身が努力することで、転職の成功率は上がります

大卒という資格がないぶん、高卒の求職者にはこれまでの経験やスキルが求められます。これは転職エージェントを利用しても同じです。

 有利に転職するためには、転職者本人が自分の強みを整理し、しっかりアピールできるように準備をしておくことが大切です。

もちろん、面談当日に話しながら自分の強みを整理していくこともできますが、事前準備をしておくことで、面談がスムーズに進んでいきます

面談の時間は限られているので、有意義に時間を使いたいですね。

面談後もエージェントに積極的に連絡する

スマートフォンを確認する女性

転職エージェントとの面談の後は、転職エージェントから求人の紹介を待ち、紹介があれば詳細確認をして応募を検討することになります。

ただ、ここで受け身になるのではなく、積極的に転職活動をしていることがエージェントに伝わるように、定期的に連絡を入れましょう。

定期連絡では促進状況などをお互いに確認します。

転職エージェントが報酬をもらうのは、求職者に内定が出て、無事に入社したであるため、求職者によってサポートの密度が変わるのは自然なことでしょう。

転職に対する意欲や行動を示すことで、アドバイザーが企業交渉などに動いてくれることも珍しくありません。

 ただし、連絡が多すぎると催促のように捉えられてしまい悪印象になる可能性があるため、頻度には注意しましょう。

複数の転職エージェントを活用する

電話をする人

転職エージェントは複数活用するのがおすすめです。転職エージェントには得意分野があるため、登録するエージェントによって保有している求人は異なります。

自分と合う求人を探すためには、いくつかの転職エージェントに登録し、応募できる求人数を増やすことが有効です。

担当者によっては、自分と相性が悪かったり専門外だったりで力不足を感じることも珍しくありません。転職エージェントによっては担当者を変更してくれますが、言いだしにくいこともあるでしょう。

複数に登録することで、相性の良い担当者のもとで転職活動を進めていくことができます。

ただし、同一の応募先へは複数から応募できないため、応募時にはひとつの転職エージェントに絞っておく必要があります。

高卒の転職におすすめの業種

業界によっても、高卒で転職しやすいかどうかが分かれます。

この章では、高卒の転職におすすめの業種を3つ紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

高卒の転職におすすめの業種
  • 人材業界
  • 不動産業界
  • IT業界

人材業界

握手

人材紹介や人材派遣、人事コンサルティングなどの分野がある人材業界は、専門スキルや資格がなくても目指せる業界です。

求人企業と求職者をつなぐ仕事がメインなので、人への関心やコミュニケーション能力が高い人に適しています。

 求職者に響く求人の見せ方や、採用につながりやすい自己アピールポイントなど、自身の転職経験も活かせます。

各分野のなかで、営業・マーケティング・コンサルティング・事務などさまざまな職種があるのも特徴です。特に、営業やアシスタントは求人が多く出ています。

人事コンサルタントなど、知識や経験が必要な職種もありますが、転職後に経験を積むことでキャリアアップや職種転換も目指せます。

不動産業界

企業数の多い不動産業界も、高卒での転職におすすめ。

営業職や事務職などは学歴不問や未経験者歓迎の求人もあるので、高卒でも挑戦しやすい業界です。

 資格がなくても転職を目指せますが、資格を取得することでキャリアアップにつながります。

不動産業界は、働きながら資格取得に励む人が多いのも特徴です。

不動産関連の資格には、宅地建物取引士や管理業務主任者、マンション管理士などの国家資格もあるので、経験を積みながら長期的に活躍していきたい人に適しています。

実力をつけて成果を上げられれば、学歴や年齢に関係なく昇給や昇進も目指せます。

IT業界

不動産業界に転職する人

新型コロナウイルス感染症拡大の影響でIT業界の需要が高まった今、幅広い人材を求めている企業が増加しています。

プログラマーやエンジニアなどの技術職、営業職、人事職などさまざまな求人があり、学歴不問や未経験歓迎などの条件での募集も多いです。

 学歴よりもスキル重視の業界なので、IT知識や経験がある場合は有利になるでしょう。

経済産業省「平成30年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備 IT人材需給に関する調査」によると、IT業界はこれからも伸び続け、2030年時点では79万人の人材不足に陥る可能性があると試算されています。

需要がなくなることのないIT業界への転職は「将来性がある」と言えるでしょう。

国としてもIT人材採用・育成に力を入れているので、挑戦しやすい業界です。

高卒の転職におすすめの職種

高卒での転職を成功させるためのポイントは、転職しやすい職種を押さえることです。

この章では、高卒の転職におすすめの職種を4つ紹介します。

高卒の転職でおすすめの職種
  • 営業職
  • ITエンジニア
  • 現場作業員
  • 介護士

営業職

スーツを着ている男性

営業職は未経験可の求人が多く、高卒でも転職しやすい職種のひとつ。

ノルマが多いと思われがちですが、その種類は幅広く、挑戦しやすいのが特徴です。

 営業職には、法人営業と個人営業、既存営業と新規営業、外勤営業と内勤営業など、さまざまな種類があります。

近年では、外に出て直接営業をするアウトバウンド営業のほか、オフィス内でWebマーケティング知識を駆使して行うインバウンド営業が増えてきています。

求人内容を確認して、自身に合う営業スタイルの求人を探してみるのもおすすめです。

インセンティブ制度を採用している企業もあるので、評価の分だけ高い報酬を目指せるのも営業職の魅力のひとつです。

ITエンジニア

IT分野に興味がある人は、ITエンジニアもおすすめ。未経験歓迎の求人もあるので、高卒でも転職を目指しやすい職種です。

 ITに関する知識や経験があれば選考時に有利なので、しっかりとアピールしましょう。

ITエンジニアのなかでも、システムエンジニア、プログラマー、ネットワークエンジニア、サーバーエンジニアなど、役割や業務内容はさまざまです。

正社員求人も多いので、IT分野で長期的にキャリア形成していきたい人は、ぜひチェックしてみてください。

あらゆる部署と連携して仕事をすることが多い職種なので、コミュニケーション能力に自信がある人にも適しています。

現場作業員

作業員

建設業の現場作業員も、高卒での転職におすすめの職種です。

工事現場の種類は多岐にわたり、足場、躯体、内装、外装、電気設備などがあります

 資格がなくても目指せる職種が多く、転職後に資格取得をサポートしてくれる会社も多いです。

体力が重視されることが多く、高卒で経験やスキルが少ない場合でも転職しやすいのがポイントです。

体力のほかにも、柔軟な対応力や現場で積極的に技術を学ぶ姿勢があれば、評価につながります。

自分の興味や関心を明確にしたうえで、どのような現場があるかを調べてみて、自分に合った現場の作業員を目指しましょう。

介護士

学歴を重視することの少ない介護士も、高卒でも目指しやすい職種のひとつ。

研修制度が整っている会社も多いので、未経験からでも正社員を目指せるのが特徴です。

 介護士は人手不足が顕著なので、求人数が多く転職のチャンスがたくさんあります。

実務経験を積むことで、介護福祉士の資格取得も目指せます。働きながら資格取得などのスキルアップをしたい人にもおすすめです。

無資格でも介護士として正社員を目指せますが、保有資格に応じて報酬アップすることが多いです。

高卒の転職で注意すること

高卒での転職は厳しいと思われがちですが、ポイントを押さえれば決して難しくはありません。

この章では、高卒の転職で気を付けるべきポイントを2つ紹介します。

高卒の転職で注意すること
  • 経験の無さをカバーする
  • 成長意欲を示す

経験の無さをカバーする

シャッター越しに外を見つめる男性

社会人経験が少ない場合には、それ以外の部分で経験の無さをカバーしましょう。

企業は学歴やスキルだけでなく、「自社の考え方や理念に共感して働けるか」「求める人材に適しているか」なども見ているので、応募書類や面接でしっかりと自己アピールすることが重要です。

 アピールするときは、具体的なエピソードや客観的な評価を入れると説得力が増します。

たとえば、「生産性高く業務に取り組めます」よりも、「方向性のすり合わせやこまめな中間報告を行うことでやり直しを減らし、短時間で業務を終わらせています。」のほうが、企業は具体的な取り組み姿勢をイメージできます。

さらに、客観的評価をプラスすると、エピソードの根拠・裏付けとなり、納得感を持たせやすくなるのでおすすめです。

自己アピールでは、企業が知りたい情報を分かりやすく簡潔に伝えることがポイントです。

成長意欲を示す

グラフ

成長意欲も、企業からの評価につながる重要なポイントです。

失敗を糧にできることや、フィードバックを吸収して改善・チャレンジし続けることなど、実際の克服エピソードとあわせて示しましょう。

 柔軟性や素直さから成長の可能性を判断されることもあるので、失敗や指導を受け入れて改善してきた姿勢を示すことも、成長意欲のアピールに適しています。

業務内の問題を見つけて主体的に改善しようとする姿勢も、成長意欲のひとつとして評価されます。

できるだけ具体的なエピソードを入れると、企業側が「業務を通じて成長できるかどうか」をイメージしやすいのでおすすめです。

結果だけでなく、成果を上げるための姿勢や努力を評価する企業も多いです。

【転職の参考に】高卒の平均年収を解説

お金

ハタラクティブの調査によると、高卒の平均年収は約300万円ほどで、大卒者の平均年収400万円と比べると100万円ほど低い結果となっています。

高卒の初任給

ハタラクティブの調査によると、高卒と大卒の初任給を比較すると、以下の通りとなりました。

高卒の初任給 16万7,400円
大卒の初任給 21万0,200円

初任給の時点で5万円弱の差がつくため、12ヶ月で計算して約50万円の差が生まれ、賞与などを含めるとさらに差は広がります。

ただ、年次が重要視される企業形態の場合、高卒後すぐに働き始めることがメリットになるケースもあります。

 必ずしも大卒の方が稼げるといったことはなく、企業形態により左右されます。

たとえ初任給が低いとしても、年次による給与の増加が見込める企業であれば、最終的に大卒者と変わらない給与を手にすることも可能です。

高卒で年収にいこだわりがある方は学歴による年収だけではなく、入社後どの様な基準で給料が上がるのかも考慮すると良いでしょう。

基本的に大卒の方が年収は高くなりますが、必ずしも高卒が低いわけではありません。

年代別高卒の年収

グラフ

次に、20代、30代、40代、50代と高卒の年収を年代別にリサーチした結果、以下の通りとなりました。

20代 248.6万円
30代 290.0万円
40代 330.2万円
50代 350.0万円
60代 272.5万円

上記の通り高卒の年収ピークは50代の約350万円となっており、同年代の大卒と比較すると約200万円ほど低い結果となっています。

 高卒と大卒の全体を比較すると、高卒の年収は比較的低いといえます。

また、大卒の場合年代が上がるごとに年収増加の幅も大きいですが、高卒の場合比較的緩やかに増加する点も特徴です。

企業によっては高卒でも高い年収を稼げるものの、全体で比較するとやはり大卒よりは低い結果となっています。

基本的に300万円を一つのボーダーラインとして捉えると良いでしょう。

ハタラクティブより

高卒の生涯賃金

ハタラクティブの調査では、高卒の生涯賃金は男性で2億1,370万円、女性で1億5,200万円です。一方大卒は男性で2億7,210万円、女性で 2億1,370万円となっています。

 生涯賃金で比べると、それぞれやく6,000万円ほど差が付きます。

上記は60歳まで働いた際の生涯賃金で、退職金は含まずに計算しています。

年収単位だと数百万円ほどの差ですが、生涯通して計算してみるとその差は大きいと言えるでしょう。

最終的に生涯賃金を比べたとしても、やはり大卒の方が圧倒的に多いようです。

高卒でも高い年収が期待できる仕事

高卒におすすめの業界
  • IT企業
  • Web・クリエイティブ業界
  • 営業職
  • 販売職

上記の仕事は基本的に学歴よりも成果、実力が求められる傾向が強いです。そのため入社後に実績があれば早期年収アップ・キャリアアップも狙えます。

 学歴はあると有利ですが、それ以上に実務経験の重要度が高いです。

そのため学歴にコンプレックスを感じつつも、年収アップを考えるひとは成果が給与に反映されやすい仕事を見つけると良いでしょう。

求人票などを確認し「未経験OK」「フリーター・中卒・高卒歓迎」など記載があり、成果次第でインセンティブなどが発生する企業であれば、高い年収も目指せます。

確かに学歴も一つの武器となりますが、必ずしも必須とは限りません。

よくある質問

高卒フリーターでも転職エージェントは利用できる?
高卒・フリーターも転職エージェントの利用は可能です。
サービスによっては若手人材2向け、未経験OKの求人を多く取り扱うものがあるため、自分の状況に合う転職エージェントの利用をおすすめします。。
高卒40代は転職で不利?
年齢自体が不利になることは多くありませんが、スキルによるところが大きいです。
何か専門性の高いスキル、知識があれば市場価値も高くなるため、転職成功率も高くなります。
ビズリーチは中卒だと使えない?
利用できないことはありませんが、ハードルが高いです。
ビズリーチは登録時に審査があるため、現職で大きな成果や実績を上げていなければ、たとえ大卒でも審査に落ちるケースも珍しくありません。
dodaは高卒のフリーターにおすすめ?
結論から言うとおすすめのサービスです。
dodaは若手に向けた求人が多く、未経験OK・研修制度充実といった求人が多いため、スキルに不安がある人も転職しやすい企業が取り扱われています。
高卒で年収を上げるにはどうしたら良い?
年次や学歴ではなく、成果が給与に反映される企業を選ぶことがおすすめです。
インセンティブなど、結果に応じて増える手当が設定されていれば、学歴に関係なく高い年収が目指せます。

まとめ

今回は、高卒におすすめの転職エージェントや、高卒の求職者が転職エージェントを利用するべき理由やエージェントの選び方、うまく利用するためのコツについてお伝えしました。

高卒者の転職は、大卒者の転職と比べて難易度が高いものです。一方で、これまでの自分自身の経験や身につけたスキルを整理し、適切に自己アピールできれば、優良企業への内定も可能です。

転職エージェントは頼もしい味方として、転職活動をサポートしてくれます。

転職エージェントに依頼することで良い求人に出会う可能性が高まり、採用試験の対策もできます

今回ご紹介したおすすめの転職エージェントを活用して、より良い将来につながる転職活動をスタートしてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事