クボタの平均年収は?口コミ・評判や残業時間・ボーナスも紹介!

クボタの平均年収は?口コミ・評判や残業時間・ボーナスも紹介!

メーカーへの転職を検討した際、年収や知名度も考えクボタへ応募しようか考えている人もいるでしょう。

そこで今回は、大阪に本社を構える人気企業、クボタの年収事情や口コミの詳細を解説していきます。

この記事を読んでわかること
  • クボタの平均年収(職種別・年代別)
  • クボタの評判・口コミ
  • クボタのボーナスや残業時間

株式会社クボタの基本情報を解説

クボタは産業用機械やディーゼルエンジンを主に取り扱う、大阪の農機メーカーです。

国内だけにとどまらず、世界的にみても売上、実績面で大きな功績があります。

社名 株式会社クボタ
設立 1890年
資本金 841億円
売上高 1兆750億円(2021年12月31日現在)
代表者 木股 昌俊
従業員数 11,711人
所在地 大阪市浪速区敷津東一丁目2番47号

株式会社クボタの職種別年収を解説

クボタ全体の平均年収は794.2万円となっており、国内全体の平均を大きく上回っています。

また実際に働いている社員の声をもとに職種別の平均年収をみていくと、以下のような金額となりました。

有価証券報告書より

営業

スーツ

まずはじめに営業職の平均年収は611万円となっており、世界トップクラスのクボタであることを考慮すると、やや低いラインとなっています。

ただ海外駐在や課長クラスあたりから1,000万円を超える社員が増えてくるため、経歴を積むことで着実に年収は高められるでしょう。

 どちらかというと、実力主義よりも年功序列な風土です。

よく営業に対して持たれる売上主義のような文化は薄く、チーム全体で協力する雰囲気がクボタにはあります。

そのため役職につくまでの年収はあまり変わりませんが、役職についてからは社内試験の結果次第で年収を高めていけるでしょう。

クボタはメーカーであるため、売上や個人の成績よりも品質を大事にした営業スタイルが確立されています。
openworkより

研究開発

次に研究開発の平均年収ですが、601万円となっており主要の職種の中では最も低い金額です。

研究開発には明確な階級があり、年によって受ける試験が決まっています。

 試験に合格し昇進することで、年収も自ずと上がっていきます。

基本的に30歳までの年収は横ばいですが、30歳以降の役職次第で徐々に同年代でも差が付き始めます。

ただ、社風として年次と比較し出世できていなくても、ストレスのかからない風土とのことで働きやすさの面では高い評価がほとんどです。

メーカーとしては高いほうですが、世界トップクラスのクボタであることを考慮すると、もう少し年収を上げても良いと感じている社員も少なくありません。
openworkより

技術

メモをとる人

クボタの技術職の平均年収は655万円となっており、全職種の中では平均的な金額です。

評価制度もポイント制となっておりフェアな判断がされ、「なぜこの年収なのか」が、しっかりと見えることに高い評判が集められています。

 上司からのフィードバックもあるため、自分の現在地が正確に把握できるでしょう。

また技術職に関してはスタッフ職(大学院卒)とテクニカル職(高卒)に分かれており、この2つの職種では生涯年収が大きく変わるとのこと。

資格手当などもありますが、生涯年収で計算すると学歴が高いほうが有利と言えるでしょう。

等級によって年収が上下するため、フィードバックを受け必要なスキルや知識を身に着けていくと良いでしょう。
openworkより

管理

管理の平均年収は693万円と高く、最大で1,000万円を超える社員も存在します。

また管理は海外駐在のポジションが多いため、国内で働く他の職種と比較しても年収が高い点が特徴です。

 1,000万円の大台も、クボタの管理職であれば実現しやすいでしょう。

高卒社員が多いため平均で見るとやや低く感じますが、大卒で総合職に入り20年ほど経過すると年収は1,200万円に届くとの声も多く寄せられています。

裁量労働制も見直されてからは残業代も全て支払われているため、以前に比べ全体の年収も上がり、多くの社員が満足しているようです。

早ければ入社10年弱で管理職に昇進している社員もいるため、自身の成果次第で早くから高収入を実現できるでしょう。
openworkより

事務

書類

最後にクボタの事務職ですが、平均年収673万円と高い一方で、あくまで「事務系総合職」として多岐にわたる業務を担当します。

一方で事務職に関しては年功序列の風土が強く、年次を飛び越えた昇進が狙いづらい一面も。

 事務職として高い年収をめざすのであれば、長期的に勤続する必要があります。

ただ他の職種同様、リーダークラスに昇進してからの昇給幅が大きく、30歳を越えたあたりから年収に差が出始めます。

そのため事務職として高年収を実現させたいのであれば、10年を目安にステップアップを目指すと良いでしょう。

ある程度年次によって年収が決まる事務職ですが、安定したキャリアを中長期的に描いていけるメリットもあります。

openworkより

株式会社クボタの年代別年収を解説

全国の平均年収と比較して、高い年収を誇るクボタですが、年代別に見ていくと以下のような差が生じています。

クボタの年収:20代

お金

新卒入社を含む20代の平均年収は、561万円となっています。

多くの社員が年収600万円を超えていますが、年功序列の風土が強いクボタでは20代で600万円を超えることは難しいでしょう。

 20代の年収に不満を感じたとしても、中長期的に見ると最終的には高くなります。

初任給は一律となっているため、入社数年間は年収の差が出づらいです。

また、20代の最大年収を見ていくと約730万円ほどとなっているため、人によっては30代手前で高い年収に手が届くでしょう。

クボタの新卒入社初任給は修士了で25万6,500円、大学卒で23万6,500円と、他の企業と比べても大きく変わりはありません。
openworkより

クボタの年収:30代

次に30代の年収は793万円となっており、20代と比較して約200万円ほど高くなります。

人によっては30歳過ぎから管理職になる人も出てくるため、30歳を境に年収に差が出てきます。

 基本的に年功序列のクボタですが、30歳を過ぎたあたりから昇進・昇給を意識すると良いでしょう。

中には40歳手前で年収1,000万円を超える社員がいる一方、500万円に届かない人もいるなど、30代の年収レンジは極めて広いです。

出世のスピードが遅いものの30代を境に個人差が生まれるため、クボタで年収アップを考える際は一つのラインにすると良いでしょう。

早ければ40歳になる前に年収1,000万円を超えられます。
openworkより

クボタの年収:40代

お金

最後に40代の平均年収ですが902万円と極めて高く、年収1,000万円を超える社員の割合が多いです。

40代では最低年収約700万円となっているため、社員全体を見ても年収レンジ自体が底上げされています。

 勤務年数にもよりますが、基本的に40代を超えると年収は高く、ゆとりのある生活が送れるでしょう。

また最大年収も1150万円ほどとなっているため、40代を超えている社員の中でも多少の差は出てきます。

多くの社員が年収1,000万円を超えているため、クボタで20年近く勤続を続けていれば、将来的に安定した収入が手に入るでしょう。

年収1,000万円を超えていることに加え、全体の平均も底上げされているため、クボタで中長期的に勤続する大きなメリットといえます。
openworkより

株式会社クボタのボーナスや残業代事情を解説

裁量労働制が見直されているクボタでは、残業代が満額支払われるようになり給与形態も以前と比べ変化しています。

そのため、ボーナスや残業に関する詳細は以下を参考にして下さい。

クボタのボーナス

ライバル企業と比較ヤフーの平均年収

クボタのボーナスは多い人で300万円少なくても80万円前後と社員から声が寄せられています。

また新卒入社数年程度でも、ボーナスとして150万円を超えている社員もすくなくありません。

 クボタはボーナスが多いため、年収に占める賞与の割当は極めて大きいです。

賞与が300万円を超えている人達を見ていくと、海外駐在の社員が多いことから、やはり国内の事業所よりも年収面の待遇は高いです。

そのため新卒入社3年ほどで賞与100万円、30代以降は200万円以上を目標に設定すると良いでしょう。

クボタは賞与が多いため、入社後に年収アップを感がている人は、賞与の査定や評価基準を確認することがおすすめ。

クボタの残業代

次にクボタの残業代ですが、2~10万円あたりとなっており、人によって個人差があります。

以前は裁量労働制が設定されていたため残業代は多くありませんでしたが、制度が変わってからは全額支払われています。

 クボタではそもそも残業があまり多くないため、年収が残業代に与える影響は大きくありません。

上記の通り残業代はあまり多くないため、基本給と賞与を上げていくよう努めると良いでしょう。

働き方が変わっているクボタは残業が少なく、ワークライフバランスを保ちやすいです。

株式会社クボタの評判・口コミをご紹介

iX転職の口コミ・評判を調べる人

実際にクボタで働いている社員の評判・口コミを、職種別に紹介していきます。

営業の評判・口コミ

営業から転職したい人

営業の良い評判・口コミ

営業の良い評判・口コミ
  • 賞与は業績により変化しますが、基本的に他のメーカーと比べて高い。
  • 着実に年収が上がるため、老後のことを考えても安心できる。
  • 課長職から1,000万円超えが見えてくる。
  • 試験をパスしてマネージャーになると年収が目に見えて上がる。

営業の良い評判としては年収に関して多く寄せられており、特に定年を迎える頃には老後の生活にも余裕が見えてくるとのことです。

実際に年収1,000万円を超えている社員も多いため、比較的高い年収を目指しやすいポジションと言えるでしょう。

 契約件数によるインセンティブなどもないため、営業成績の良し悪しが直接年収に及ぼす影響は大きくありません。

さらに賞与も高く、最大で6ヶ月程度手にしている社員もいることから、クボタの営業職は年収にこだわりのある人におすすめです。

営業のイマイチな評判・口コミ

営業のイマイチな評判・口コミ
  • 基本給が年功序列のため、年収アップは賞与に頼ることになる。
  • 役職が付くまでは売上をあげても年収が変わらない。
  • 上司からの評判を気にしながら営業活動をすることは大変。

安定した年収が魅力のクボタの営業ですが、一方でインセンティブを求めたり、実力主義を希望する人からは年収制度に低い評価が寄せられています。

たしかに安定して年収は上がるものの、若いうちから成果に応じて年収も上げていきたい人からは、やや物足りなさを感じるでしょう。

目指すキャリア次第で意見が分かれています。

研究開発の評判・口コミ

パソコン

研究開発の良い評判・口コミ

研究開発の良い評判・口コミ
  • 残業代がしっかり出されるため、年収面においては良いと思う。
  • 基本給が毎年5,000円ずつ上がっていく。
  • 女性の発言力が高く、意見をしっかりと反映してくれると思う。
  • 産休からも復帰しやすく、中長期的に安定している。

開発職の良い口コミも給与関係に関する声が多く、さらに一定期間は昇給が約束されているため安心して働けるでしょう。

また女性に対しての制度も厚く、女性管理職の活躍や産休・育休の取得率も高いなど働きやすさにも定評が集まっています。

研究開発のイマイチな評判・口コミ

研究開発のイマイチな評判・口コミ
  • 間接部門のためユーザーから遠く、時々やりがいを見失うこともある。
  • 所内での連携が多いため、人間関係がとても重要。
  • ルーティンワークが多く、もっと成長できる環境が良いと思う。

イマイチな口コミとしては、間接部門であるがゆえモチベーションが低下する社員もいるとのこと。

特に社内での連携が中心のため、人間関係が重要になってくるでしょう。

 上司からの評価は年収にも影響するため、円滑なコミュニケーションを心がけましょう。

特に間接部門として現場の社員をバックアップする立場であるため、もっと規模の大きな仕事を望む人も少なくありません。

研究開発は女性の働きやすさに関して高い評判が集まる部署です。

技術の評判・口コミ

地方公務員技術職

技術の良い評判・口コミ

技術の良い評判・口コミ
  • クボタの技術を世界に展開することに誇りを感じる。
  • 組織体制がしっかりしていて、働きやすさはメリットだと思う。
  • 比較的プライベートの時間も確保できる。
  • 水や食料といった、欠かせないモノを取り扱うためやりがいが大きい。

技術はクボタの製品を作る上で欠かせない存在。

 そのため世界的に技術力が役に立っていることを感じながら働いている社員が多く、自身の仕事に誇りが持てるとの口コミが目立ちます。

また残業が少ない点もメリットで、規模の大きい仕事に従事しつつもプライベートもしっかりと確保できます。

特に幅広く世界展開を行っているクボタでは、規模感の大きさを感じながら働けるでしょう。

技術のイマイチな評判・口コミ

技術のイマイチな評判・口コミ
  • 上層部が昔からいる人間なので意見が通りづらい。
  • 他の部署に比べて年功序列が厳しい。
  • 縦割りが激しく、部署内でも隣の人が何をしているかわからない。

クボタを支え続けている技術部門は、良くも悪くも日系企業の文化が色濃く残っています。

特に上層部の歴が長いこともあり、他の部署に比べやや若手が窮屈に感じている現状も否めません。

クボタの安定した経営を支える技術部門ですが、良くも悪くも昔からの風土が強いです。

管理職の評判・口コミ

スーツ

管理職の良い評判・口コミ

管理職の良い評判・口コミ
  • 管理職に関してはテレワークが普及している。
  • 有給取得率が高く、無駄な残業なども少ない。
  • 管理職になってからは給料が一気に上る。
  • 組織体制が整っているため、無駄なストレスなく働ける。

管理職は現場での作業が少ないため、他の部署に比べてテレワークが利用しやすいとの口コミが寄せられています。

また昇進できれば年収が大きく上がり、800万円以上の金額を手にしている社員も少なくありません。

管理職のイマイチな評判・口コミ

管理職のイマイチな評判・口コミ
  • 安定性があると言えばある一方、基本的に保守的。
  • 事業の縦割りが徹底されているため、隣接する部署でも別の会社に感じる。
  • 管理が細かすぎて堅苦しい雰囲気がある。

管理職のイマイチな評判として目立つのは、保守的な姿勢により窮屈に感じることや、縦割りが激しいことに関してがほとんど。

特に管理職に上がってから、もっと大きな裁量のもと仕事を進めたいと感じる社員も少なくないようです。

クボタでは管理職以降の年収が上がる一方、裁量が小さくダイナミックな動きが取れないと一長一短の評判が目立ちます。

事務の評判・口コミ

介護事務

事務の良い評判・口コミ

事務の良い評判・口コミ
  • 閑散期は比較的ゆっくりと仕事ができるため、ゆとりのある働き方が可能。
  • 海外展開しており安定した経営が続いている。
  • 少しずつだが時代の流れに合わせて変わろうとしている。
  • 海外を含めキャリアップの道が多い。

事務職の社員からは、海外展開による安定や、キャリアの選択肢に関する良い評判が挙げられています。

またクボタは歴史のある企業ですが、時代の変化に合わせ効率よく業務ができるよう取り組む姿勢も見られるとのことです。

事務のイマイチな評判・口コミ

事務のイマイチな評判・口コミ
  • マニュアルが多くマンパワーによる作業が多い。
  • DXの推進が遅く、ヒューマンエラーへの対応が不完全。
  • 良くも悪くも日系企業の風土が強く、未来性が不安。

少しずつ現代の流れに適応している一方で、DX化やペーパーレスに対する意識が低いと感じる社員も少なくありません。

また保守的な経営方針のため、今後のビジネスモデルに対する将来性に不安を感じる社員も一定数存在します。

書類の管理などが多い事務職ですが、DX化やIT推進には課題が残っているようです。

年収アップを目指すなら!まずは年収査定を受けよう

自分の年収を上げたい...と感じている人はまず、自分がどれくらいの年収をもらう価値があるのか、適正年収を知る必要があります。

適正年収が自分の今の年収よりも高ければ、転職によって年収アップの可能性があるでしょう。
dodaの年収査定サービスでは、無料の会員登録だけですぐに年収査定の診断を受けることができます。doda会員の186万人のビッグデータから算出された数字なので、信頼感もあります。
dodaの年収査定でわかること
  • 今の年収から何円アップするか
  • あなたの適正年収の求人
  • 転職によって年収がどう推移するか
診断結果のサンプルは以下のようになっています。

年収査定 今の年収から何円アップするかは以下のように表示されます。dodaは転職サイト・エージェントの機能もありますので、そのまま転職を開始することもできますよ。

年収診断

自分の市場価値を知ることは年収アップの近道になるでしょう。ぜひ年収査定を利用して、年収アップを達成しましょう。

クボタの転職を目指す方におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
  • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 完全無料
リクルートエージェントは16万件以上※1の非公開求人を持つ転職エージェントです。

 非公開求人は公開すると応募が殺到してしまうような好条件求人である場合がほとんどです。
自分のアピールポイントや、どのような仕事がわからない、といった場合でもキャリアアドバイザーとの面談を通して、自分にぴったりの求人を見つけることができます。

応募書類の添削や、面接の対策も受けることができます。
企業の分析も細かく行っているため、求人を紹介する段階から、企業について詳しく教えてもらえます。入社後のミスマッチを防ぐことができますよ。
運営会社 株式会社リクルートキャリア
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
公開求人数 114,943件※2021年6月10日時点
拠点 全国対応可 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • アドバイザーや担当者の対応がよく、親身に相談に乗ってくれる!
  • 各企業の情報を分析し、手厚い選考対策で内定率UP!
  • 経歴に自信がない方でも正社員転職が目指せる!
  • 全国の転職に対応!WEB面談も可能
  • 完全無料
マイナビエージェントはアドバイザーの質の評価が高い転職エージェントです。

ハードルが高く感じる面談も非常にスムーズで、信頼できる担当者に出会えたという利用者の声が多数あります。 また、大手企業であるマイナビの太いパイプを生かした各企業の分析は選考対策の際に役立ちます。
 マイナビエージェントはスキルや経験が少ない20代の転職をメインターゲットとしていますので、スキルに自信がなくても正社員として転職できる可能性は大いにあります。
未経験業種への転職を目指している方や、転職に不安を抱えている方はぜひマイナビエージェントに登録をしましょう!
運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
公開求人数 28,152件※2021年8月17日時点
拠点 全国対応可 京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1を占める!
  • 優秀なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!
  • ハイクラス求人多数!登録後は企業・ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ
  • 優良企業と直接コンタクトを取ることも可能!
ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が3分の1※2以上を占める転職エージェントです。

年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1※1に輝いています。
ビズリーチでは「プラチナスカウト」というものがあり、一流のヘッドハンターがユーザーの情報を見てスカウトを送ります。スカウトが届くと、確実に面接へ進める仕組みです。

厳選された優秀なヘッドハンターが約4,600人在籍※2しているので、優良企業とのマッチングを待ちながら転職活動を行えるでしょう。 ※1 転職サービスに関する調査/調査会社:シード・プランニング/調査期間:2019年1月〜2月/調査対象:年収600万円以上で、転職意欲がある人 ※2参照 公式サイト
運営会社 株式会社ビズリーチ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • タレント・ハイクラス会員制度
  • ヘッドハンター
  • スカウト
公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡
出典:公式サイト

まとめ

クボタは全体的に年功序列の風土が残り、中長期的に努めることで年収、キャリアを上げていける環境です。

また世界中に広く展開しており実績も豊富なため、将来的にも安定したキャリアが築ける環境と言えるでしょう。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事