京都の転職事情は?求人倍率や人気の職種、京都で働くメリットも解説

京都の転職事情は?求人倍率や人気の職種、京都で働くメリットも解説

転職先として人気の高い京都府には、全国最難関大学として有名な京都大学があり、優秀な人材が多く集まります。そのため、京都府で内定を勝ち取るのは簡単ではありません。

転職を成功させるためには、京都府の事情にあわせた転職対策が必要です。

そこで今回は、京都府での転職に必要な知識や、転職のコツをご紹介します。

この記事でわかること
  • 京都府の転職事情
  • 京都府での転職のメリット・デメリット
  • 京都府への転職を成功させるポイント

京都府への転職におすすめの転職エージェントも紹介するため、京都府での転職をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

京都府の転職事情|求人倍率・地域特性など

京都の景色

転職を成功させるために、京都府の転職の特徴や求人状況などを頭に入れておきましょう。

転職における地域特性

京都府は世界的にも人気の観光地です。観光産業から派生するインバウンド需要のある職種、「小売り業」や「サービス業」の規模が大きいのが特徴です。

神社や仏閣が多く、京都特有の職業としては造園業などもありますよ。

京都府は知名度が高い大企業の拠点としても有名で、「任天堂」や「京セラ」、「オムロン」など、大手メーカーに関連する製造業の求人も多くみられます。

京都府の求人倍率

資料とタブレット

厚生労働省が発表した令和3年9月時点の京都府の有効求人倍率は、1.05倍です。かろうじて求職者より求人が多い状況ですが、全国平均の1.16倍と比較しても低い水準といえるでしょう。

 新型コロナの影響で京都府の観光産業が大きなダメージを受けたため、人足が戻ると求人も増えてくるでしょう。

令和2年の年末の有効求人倍率は1倍を切ったこともあるため、現状は少しずつ求人が増えてきている状況です。

厚生労働省「一般職業紹介状況 都道府県・地域別有効求人倍率」

京都府の平均年収

京都府の平均年収は377万円で、全国平均の409万円より低い水準です。関西全体の平均年収は389万円なので、京都府は関西全域の平均年収よりも10万円程度少ないというデータがでています。

ただし平均年収はあくまで平均値です。京都府にも全国の平均年収を大きく上回る高年収の求人も多くみられます。

doda

転職先にもおすすめ!京都府で人気の職種

仕事をする女性

人気の職種は地域によって異なります。京都府にも京都府ならではの理由で人気の職種が存在します。

京都府で人気の職種
  • IT関連
  • 飲食業
  • 製造業
  • 不動産業

IT関連

京都府には任天堂だけでなく、IT企業やベンチャー企業も多く、IT関連の技術者などの求人が多くみられます。

市場からニーズの高いIT関連企業が人材確保に積極的になっているため、未経験者歓迎の求人も多いのが特徴です。

IT関連は仕事をしながら将来性の高いIT技術を身につけられるのが人気の理由です。

飲食業

パン屋

観光地として有名な京都では飲食店が多く立ち並びます。大小さまざまな飲食店があり、正社員はもちろん、パートやアルバイト先として人気があります。

また、意外にも京都府はパン屋の激戦区となっていて、技術を身につけて独立したい人からパン屋人気も高まっています。

飲食業は「フランチャイズ契約」という形で手堅く独立することも可能です。

製造業

京都府は平均年収が低く、高収入の職業に人気が集中しやすい状況です。そのため、スキルやキャリアによって高収入が得られる製造業の仕事も人気があります。

 京都府には大手メーカーの本社が多いため好待遇求人も多数見られるほか、未経験でも転職しやすい職種です。

アルバイト、パートからでも正社員登用制度がある求人も人気があります。

不動産業

握手をする人物

京都府は住みたい街としても人気が高く、それに伴い不動産業も需要が高まっています

 特に最近では建売や賃貸だけでなく、古民家をリノベーションした物件や町屋物件が人気です。

自治体と協力して京都府の空き家に付加価値を付けて提供するなど、京都府の不動産業は地方再生に関われる職業として注目を集めています。

京都府の不動産業は人口が減少した郊外などの活性化にも一役かっていますよ!

京都府で転職するメリット

厳しい求人倍率ですが、京都府での転職にはメリットも多くあります。

京都府で転職するメリット
  • 年収アップの可能性がある
  • プライベートが充実する
  • 子育てサポートが充実している
  • 交通の便が良い

では、ひとつずつ順に解説していきましょう。

年収アップの可能性がある

積まれたコインとビン

京都府は専門技術を活かした製造メーカーが多く、なかでも「設計」や「開発」など企業の成長に直接影響を与えるポジションでは高年収が見込めます。

有名無名問わず、高い技術力を有する企業の技術者ともなれば、平均年収よりはるかに高い年収の求人があります。

技術職は専門知識はもちろん、ある程度の実績とチームワークを求められます。

プライベートが充実する

京都府は、観光地として有名な神社や仏閣だけでなく、自然豊かな郊外など見どころがたくさんあります。

 一旦仕事から離れれば至る所に観光スポットがあるため、簡単に旅行気分が味わえます。

観光地として人気の京都府で仕事ができるのは、大きなメリットといえるでしょう。

旅行で訪れているうちに京都府に魅了されて転居する人も少なくありません。

子育てサポートが充実している

手をつないだ親子

京都府は、子育てがしやすい環境づくり日本一を目指しています。

 「出会い・結婚」、「任妊娠・出産」、「保育・教育」、「就労支援」の4つの分野で子育てにまつわるサポートを行っています。

「就労支援」では、男性の育休を推進したり、女性の子育てと仕事との両立をワンストップで支援したり、街ぐるみで子育て環境改善につとめています。

今住んでいる街の子育て支援にもの足りなさを感じている人にとって、京都への移転はメリットがあるでしょう。

出典:京都府

交通の便が良い

京都府はバスや私鉄の路線や本数が充実しているため、中心部のどのエリアでも通勤に不便はありません。

 更に、京都市であれば、大阪、奈良へもアクセスしやすく、大阪や奈良からの転職者にとって地元に気軽に帰省できるというメリットもあります。

首都圏での通勤ストレスから開放されたい人にとって、通勤アクセスの良さは重要なポイントです。

京都府で転職するデメリット

メモを取る人

転職活動をスタートさせる前に、転職によるデメリットを事前に調べておくことも重要です。ここでは京都府での転職のデメリットについて解説します。

京都府で転職するデメリット
  • 京都府の求人倍率が低い
  • 物価が高い
  • 寒暖差が激しい

転職後に後悔しないためにも、それぞれのデメリットも知っておきましょう。

京都府の求人倍率が低い

前述したように京都府の求人倍率は低い水準です。そのため、好条件の求人に応募が集中し、自然と内定のハードルが上がり転職がしにくいのが現状です。

ただし、求人数が減る業種がある一方で、ニーズの高まりによる人手不足が常態化している業種もあります。

求人数が少ない時は、幅広い業種を視野に入れた転職活動がおすすめです。

物価が高い

家計簿

京都府は平均年収が全国平均より低いにも関わらず、物価はそこまで安くありません。なかでも観光地は観光客向けの価格設定がされているため、首都圏並みの物価です。

 年収が下がることで物価の高い京都での生活が苦しくならないように、収入と支出のバランスを考えておきましょう。

住居が多い地域では物価が安い傾向にあるため、転職先と同時に転居先の物価についてもリサーチが必要です。

寒暖差が激しい

京都府は夏は暑く冬は寒いといった、寒暖差の激しい気候条件です。暑さや寒さが苦手な人にとっては京都の気候がストレスになるかもしれません。

また、現在住んでいる地域によっては、京都への転職のために冷暖房器具を揃える必要に迫られることもあります。

暑さや寒さによって光熱費が今よりかさむ可能性も念頭に入れておきましょう!

京都府への転職を成功させるポイント

厳しい状況でも転職を成功させるためには、いくつかのポイントがあります。ここからは、京都府への転職を成功させるポイントについて解説しましょう。

市職員の人事をチェックする

打ち合わせ

京都市では、HP上で市職員の採用活動を行っています。

 専門職以外では学歴要件を受験資格としていないため、年齢などの受験資格を満たしていれば20代の若手がキャリアや学歴に関係なく受験できるのも魅力です。

また、「民間企業等職務経験者採用試験」を設けているため、職種によっては民間企業で働いた経験のある40代のベテランでも受験が可能です。

安定性が高く、豊富な職種から選べるため、一度チェックしてみると良いでしょう。

出典:京都市職員採用案内
出典:京都府

京都府の転職フェア・イベントに参加する

京都府では地元企業が集まる転職フェアやイベントが開催されています。直接京都へ行くのが難しい、U・I・Jターン転職者向けのオンラインイベントも豊富です。

20代向け、30代向け、40代向けなど年代別のものや、業種を絞ったイベントもあるため、自分のスタイルにあわせたイベントがあれば積極的に参加してみましょう。

転職エージェントを活用

スマートフォンを操作する人

京都府への転職をスムーズに行うなら、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

 転職エージェントに登録するだけで自分にピッタリの京都府の転職先を複数紹介してくれるため、転職活動の時短にもなるでしょう。

京都府の情報と求人情報を同時に集めることができるほか、多くの転職エージェントでは転職のプロによる転職サポートが全て無料で受けられます。

それぞれの特徴を比較しながら、自分に合ったサービスを見つけてみてください。

京都の転職エージェントの選び方

書類

京都で転職エージェントを選ぶ際、以下のポイントに注意することでより自分と相性が良いサービスを見つけられます

保有している求人数

保有している京都勤務の公開求人・非公開求人の数は重要なポイントで、より多くの求人を保有している転職エージェントを選ぶようにしましょう。

選択肢が多いほど希望条件と一致する企業が見つかりやすくなるため、情報量の多さは転職成功率に直結します。

 同時に自分の目指す業種・職種の求人数も確認することで、より自分に合う転職エージェントを選択できます。

求人数は転職エージェントのサイトに記載されているため、気になるサービスがあればそれぞれ比較すると良いです。

実際に非公開求人の詳細が確認出来るのは登録後になるため、気になる転職エージェントがあれば複数同時に利用しましょう。

エリアごとに求人数は異なるため、京都の正社員求人お多さに注目して比較しましょう。

コンサルタントの質

転職エージェント 利用 書類選考

次にコンサルタントの質も重要なチェックポイントで、より自分と相性が良いコンサルタントを探すようにして下さい。

基本的に、以下の項目に当てはまるコンサルタントは質が高く、最大限の転職支援が受けられるでしょう。

質の高いコンサルタントの特徴
  • 連絡が早い
  • 親身に対応してくれる
  • 職種・業種への理解が深い
  • 京都の市場を理解している。

特に連絡の速さは重要でなにか困ったことがあって連絡した際、すぐに返事をくれるコンサルタントがおすすめ。

良い求人ほどん人気が高くすぐに応募者が集まってしまうため、新着求人や有力な情報をすぐに共有してくれるコンサルタントを見つけるようにしましょう。

担当者と相性が良くない場合、変更してもらうことも可能です。運営会社に連絡を入れるとすぐに別の担当者を紹介してくれます。

転職サポートの豊富さ

面接 転職理由 注目

各エージェントごとに転職サポートの内容が異なるため、より多くのサポートを展開している転職エージェントを選択しましょう。

特に転職が初めての人ほど不安なことやわからないことが多く出てくるため、以下のようなサポートが充実している転職エージェントがおすすめです。

サポート内容
  • 求人紹介
  • 書類添削
  • 模擬面接
  • 面接対策
  • 面接同行
  • 年収交渉

特に面接同行は心強いサービスで、選考当日緊張してしまう人も、横に担当者がいることで落ち着いて受け答えが出来るでしょう。

転職活動に関して、不安なことが多い人はサポートの質・量の療法を見極め、自分が必要とする支援を行っている転職エージェントを選ぶようにして下さい。

転職エージェントごとに、強みを持つサポートは様々。自分が特に必要としているサポートに強みを持つ転職エージェントを探しましょう。

京都の市場に精通しているか

グラフ

最後のポイントは京都について様々知識を持っているかどうかです。

京都に支社を構える大手企業であれば自力で情報収集が出来ますが、地域に根づいた中小企業の場合、自力で情報収集することは簡単ではありません

 知名度はないものの、京都では確かな力を持つ企業は、ネット上で情報が出ていないケースも珍しくありません。

特に社風や社員の特徴、労働環境など内部情報は転職前に把握しておくことで、より質の高い事前準備に繋がります。

そのためコンサルタントへ質問し、京都の企業や市場に深い知識を持っているか確認しながらサポートを受けるようにしましょう。

コンサルタントは経営者や採用担当と直接やり取りを行っているため、一般には知られていない情報を把握しています。

京都府への転職におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界最大級の非公開求人数
  • 京都府の転職市況に精通したキャリアアドバイザー
  • 充実したオンラインセミナー

リクルートエージェントは全国の求人を網羅した全国型の転職エージェントです。業界最大級の非公開求人数を誇り、地元でしか公開されない京都府の求人情報も入手できます。

オンラインセミナーが随時行われているため、県外からの転職活動で忙しい人も自分のペースでセミナー参加が可能です。

 オンラインで参加できる自己分析セミナーで、京都府への転職に向いているかどうかチェックしてみるのもおすすめです。

リクルートエージェントは専門領域に特化した転職支援を得意としており、京都で高収入が見込める「ものづくりエンジニア」領域専門のキャリアアドバイザーも多数在籍しています。

各業種専門のキャリアアドバイザーが、自分で探しても出会えない求人を提案してくれます。

公開求人数※2021年11月29日時点 148,400件
京都府の公開求人数※2021年11月29日時点 66,883件
主なサービス・機能
  • 求人紹介
  • 書類添削、面接対策
  • 交渉代行
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

出典:リクルートエージェント公式

doda

doa

おすすめポイント
  • 豊富な求人情報を扱っている
  • エリア別の動向に精通したキャリアアドバイザー
  • 京都府の企業の求人票に載らない情報提供

dodaは、転職エージェントと転職サイト両方の機能を併せ持っています。転職エージェントから京都府での求人紹介を受けながら、ほかの地方への転職活動を同時に行えます。

 京都府だけに絞り込まず「関西方面」などざっくりとした転職活動を行いたい人にもおすすめです。

また、dodaは検索条件に「UIターン支援ありの転職」など細かなキーワードがあるため、京都府へのUIターン転職を希望する人にも使いやすい転職エージェントです。

UIターン支援のある京都府の求人情報は122件(2021年11月29日時点)あります!

公開求人数※2021年11月日時点 145,456件
京都府の公開求人数※2021年11月日時点 3,321件
主なサービス・機能
  • 求人紹介
  • 書類添削、面接対策
  • パートナーエージェントサービス
利用可能地域 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

出典:doda公式

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1を占める
  • 優秀なヘッドハンターからアドバイスをもらえる
  • 全国に対応

ビズリーチは、広いジャンルの求人情報を扱う転職エージェントで、ハイクラス求人も多いのが特徴です。

 ビズリーチはスカウトサービスがあり、募集する求人情報にマッチしたユーザーに対して直接企業と連絡をとったヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。

また、ヘッドハンターを自分で選ぶことができます。ヘッドハンターの得意な業界・業種、経験年数などの条件で絞り込みをかけて検索が可能です。

優秀なヘッドハンターが多く、ハイクラスな求人を取り揃えているので、高待遇な求人を見つけることができるでしょう。

公開求人数※2022年5月13日時点 74,030件
京都府の公開求人数※2022年5月13日時点 全2,903件
主なサービス・機能
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社ビズリーチ

出典:ビズリーチ公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 20代、30代、第二新卒など若手の転職に強い
  • 京都府の転職事情に通じた専任アドバイザー
  • 無期限転職サポート

マイナビエージェントは、ていねいな転職支援で、若手やはじめての転職者に支持される転職エージェントです。

転職支援がきめ細やかなことが有名で、難しい京都府への転職も内定まで親身なサポートが受けられます。

 マイナビエージェントはサポート期間に期限がなく、転職活動が長期に渡る場合も焦らずに希望の転職先を探すことができます。

また、マイナビエージェントではキャリアアドバイザーとは別で、企業の人事担当者と直接やり取りをする企業担当アドバイザーがいます。求人票には載らない情報も企業担当アドバイザーから入手できます。

職場の雰囲気などのリアルな企業情報が聞けると転職後のミスマッチが少なくなります。

公開求人数※2021年11月29日時点 32,347件
京都府の公開求人数※2021年11月29日時点 954件
主なサービス・機能
  • 求人紹介
  • 書類添削、面接対策
  • スカウト機能
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社マイナビ

出典:マイナビエージェント公式

コトコト

コトコト

おすすめポイント
  • 京都府勤務、転勤なし求人取り扱いNo.1
  • 京都府の正社員求人に強い
  • UIターン希望者専門の転職サポートあり

コトコトは、京都府への転職に特化している転職エージェントです。

コトコト独自ルートで情報収集しているため、将来性の高いベンチャー企業から、ものづくり系をはじめとする優良中小企業、グローバル展開を行う上場企業まで、幅広い求人情報が集中しています。

 取り扱い求人情報の約70%がコトコト独占求人で、コトコトに登録しないと紹介してもらえない優良求人が多数あります。

「転職個別相談会」も無料で行っていて、転職のプロであるコトコト在籍のキャリアメンターに直接相談にのってもらえます。

エントリーすれば首都圏での面談も可能です!
公開求人数※2021年11月29日時点 833件
京都府の公開求人数※2021年11月29日時点 833件
主なサービス・機能
  • 求人紹介
  • 書類添削、面接対策
  • 交渉代行
利用可能地域 京都府中心
運営会社 株式会社ヒトコト

出典:コトコト公式

タイズ

タイズ

おすすめポイント
  • 関西地方のメーカー転職に強い
  • 採用合格率第1位
  • 転職成功者の満足度92%

タイズは関西地方の大手優良企業の求人を多数保有しており、京都府の有名企業である「京セラ」や「株式会社村田製作所」などの求人も取り扱いがあります。

「メーカー未経験者歓迎」の募集もあるため、採用企業が求める人物像にマッチしていれば未経験でも好待遇のメーカー求人を紹介してもらえます。

 現在、京都府に絞り込んだ「メーカー未経験歓迎」求人は11件あります。(2021年11月29日時点)

タイズ

タイズ独自の「アナログマッチング®」を掲げ、スキルやキャリアだけで機械的に紹介するのではなく、ひとりひとりにあわせた求人を厳選して紹介してくれます。

入社後の働き心地や社風なども含めて、マッチングを重視した転職サポートを受けられます。
公開求人数※2021年11月29日時点 4,633件
京都府の公開求人数※2021年11月29日時点 434件
主なサービス・機能
  • 求人紹介
  • 書類添削、面接サポート
  • 交渉代行
利用可能地域 関西中心
運営会社 株式会社タイズ

出典:タイズ公式

よくある質問

京都の正社員求人を探すには、転職エージェント以外にどんな選択肢がある?
正社員求人であれば転職サイト、各企業の採用ページを確認すると良いでしょう。
他にもハローワークで取り扱いもあるため、実際に足を運んで求人を見ることもおすすめです。
京都勤務の求人は、どの様な仕事が多い?
日本の観光名所として知られる京都ではカフェ・ホテル・バスのドライバーなど外国人観光客が集まる場所の求人が多いです。
他にも英語を活かせる求人も多く、接客業を中心とした仕事が見つけられるでしょう。
京都で働ける事務の求人は多い?
求人数としては多いです。
業界も様々で介護、ものづくり企業、建築関係で求人が多く、現場に出ずバックオフィスから支えられるポジションで募集を行っている企業が多数存在します。
30代で京都の求人を探すためにはどうすれば良い?
自分の年齢に合った転職サービスを利用することがおすすめです。
転職サービスを選ぶ際、30代、40代、50代とそれぞれの年代と相性が良い求人を多く保有しているかチェックしてみて下さい。
転勤なしでずっと京都で働ける求人はある?
求人検索の際に「転勤なし」と条件を入力することで、生涯京都で働ける企業を見つけることが出来ます。
また、京都に本社を構え地域に根づいた中小企業も多く存在するため、コンサルタントに相談して紹介してもらうと良いでしょう。

まとめ

今回は、京都府への転職事情などを詳しく解説しました。求人倍率だけを見ると厳しい状況の京都府の転職状況ですが、業界や職種によっては積極的に採用を行っています。

京都府への転職を成功させたい人は、自分の希望職種やエリアの転職状況について正しい情報収集が必要です。

転職エージェントを活用すれば自分に必要な情報のみを効率的に入手できますよ!

転職エージェントのサービスは無料なので、ぜひ上手く活用してみてください。

「京都府の求人件数が多い」、「自分の転職スタイルにあっている」、「京都地域密着型」などそれぞれの強みを上手使い分けられるよう、かけもち登録するのがおすすめです。

気になった転職エージェントがあれば、一度サイトをのぞいてみませんか?

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事