教師の転職は難しい?おすすめの転職先やメリット・デメリットも紹介

教師の転職は難しい?おすすめの転職先やメリット・デメリットも紹介

「教師を辞めて民間企業に転職したい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。

教師はやりがいのある仕事ですが、なかなかプライベートの時間が取れないと感じている人も多いようです。

しかし、教師は本当に民間企業へ転職できるのか心配になってしまいますよね。

そこで本記事では、教師の転職に関する以下の項目についてご説明します。

この記事でわかること
  • 教師から異業種に転職するメリット・デメリット
  • 教師におすすめの転職先
  • 教師におすすめの転職エージェント

この記事を読めば教師から民間企業に転職するメリットがわかるだけでなく、教師におすすめの転職エージェントまで把握できます。

教師から民間企業への転職を本格的に考えている人はもちろん、転職活動を視野に入れている人もぜひ参考にしてみてください。

教師から異業種に転職するメリット

授業中に手を挙げる生徒

教師から異業種に転職するとどのようなメリットを得られるのでしょうか。それぞれ詳しく確認していきましょう。

教師から異業種に転職するメリット
  • プライベートの時間が増える
  • プレッシャーから解放される
  • 将来の選択肢が広がる
  • 教師時代に培った経験を活かせる

プライベートの時間が増える

教師から異業種に転職すると、プライベートの時間を確保しやすいメリットがあります。

例えば、部活の顧問を担当している教師は土日でも部活動に参加しなければなりません。休日手当もさほど得られないのが現状です。

 しかし、民間企業は基本的に平日出勤・土日休みです。

休日出勤をしても、きちんと休日手当や代休が支給される企業が多い傾向にあります。働くときは働く・休むときは休むとメリハリをつけられるのが魅力です。

家族との時間を増やしたい人に向いています。

プレッシャーから解放される

教師が民間企業へ転職したら、プレッシャーから解放されます。教師は生徒がきちんと学習できているか・保護者からのクレームがないか常に気を配る必要がある職業です。

 この様なプレッシャーは時として、心身に影響を及ぼすことがあります。特に、メンタル面で不調となる人も少なくありません。

一方、民間企業で過度なプレッシャーを感じることは少ないでしょう。ほどよい緊張感のなかでのびのびと働けます。

メンタル面・体調面の不調が目立つ人は、これを機に民間企業への転職を考えてみてください。

将来の選択肢が広がる

屋外で話している男性

将来の選択肢が広がるのも、教師が民間企業へ転職するメリットです。教師のキャリアパスは限られており、柔軟にキャリアを積み上げることが難しい場合があります。

 一方民間企業に転職すると、さまざまな選択肢のなかから自分が目指したい道を選べるのが特徴です。

例えば、マーケティング職で市場動向や商品のPR方法を学んだあと、商品開発者として新たなプロダクトを手がける道もあります。

キャリアの道筋を示すキャリアパスが無限に広がっているのが魅力です。

民間企業に転職することで、自分の夢を実現できるチャンスをつかめます。

教師時代に培った経験を活かせる

教師時代に培った経験を活かせるのも、教師が民間企業に転職するメリットです。

代表的な例として、わかりやすく伝える力が挙げられるでしょう。

 教師は生徒の学習をサポートするため、わかりやすく伝える力が求められます。

相手にわかりやすく伝える力は大切な社会人スキルです。特に、営業をはじめとしたプレゼンテーションの機会が多々ある職種で重宝されるでしょう。

また、教師時代に培ったコミュニケーションスキルも活かせます。

選考時にはこれらのスキルを採用側にアピールしてくださいね。

教師から異業種に転職するデメリット

腰かけて考えこむ人

一方、教師から異業種に転職するとデメリットは生じるのでしょうか。気になるデメリットは以下のとおりです。

教師から異業種に転職するデメリット
  • 周りから評価されなくなる場合がある
  • 民間企業へなじむのに時間がかかる
  • 年収が下がる可能性がある

周りから評価されなくなる場合がある

教師が民間企業に転職することで、周りから評価されなくなる場合があります。教師は競争率の高い試験を突破した人にしかなれない職業なので、周りから賞賛されやすい傾向です。

 教師を辞めて民間企業に転職することを周囲に話すと、「考え直したほうがいい」と説得されるケースも少なくありません。

特に、地方に住んでいる人や高齢者は民間企業で働くよりも、教師として働いたほうがいいと考えている人が多い可能性があります。

しかし、周りから評価されないからといって、あなたの価値が下がるわけではありません。

キャリアを決める際は、自分の意思を尊重することが大切です。

民間企業へなじむのに時間がかかる

砂時計

民間企業へなじむのに時間がかかるというデメリットが生じます。なぜなら、学校と民間企業の職場環境・雰囲気は大きく異なりがちだからです。

例えば、多くの学校では年功序列制度がとられています。勤続年数を増やしていくことで、昇給していくシステムが一般的です。

 しかし、民間企業のなかには実力主義・成果主義を採用している企業も多く見受けられます。

最初のうちは民間企業の雰囲気に慣れるまで時間がかかるでしょう。

ただし、徐々に慣れていくので、安心してください。

年収が下がる可能性がある

教師が民間企業に転職すると、年収が下がる可能性があります。特に、10年以上教師としてキャリアを積んできた人は注意が必要です。

 民間企業の転職の特徴として、業種・職種未経験者には給料をやや低めに設定していることが挙げられるでしょう。

中途採用は即戦力としての働きを期待されています。しかし、未経験者は即戦力にはならないため、給料を低く設定することでバランスをとっています。

ただ、入社時に年収が低くても昇給によって、教師時代の年収を超えられるでしょう。

転職前に昇給額をきちんと確認してみてください。

教師におすすめの転職先は?

ホワイトボードの前で話し合う女性

教師におすすめの転職先はどのようなものがあるのでしょうか。代表的な3つの転職先をご紹介します。

教師におすすめの転職先
  • 塾や予備校の講師
  • 教材開発・教材制作会社
  • 営業職

塾や予備校の講師

教師におすすめの転職先として、塾や予備校の講師が挙げられます。仕事内容が教師とほとんど変わらないため、転職先でもすぐに活躍できるでしょう。

 塾や予備校講師のメリットは教えることに集中できる点です。ほとんどの場合、事務作業は別部門のスタッフが代行してくれます。

また、進学実績や入塾数の増加によって、昇給・ボーナスの増額があるのも魅力です。やりがいを見出したい人に向いています。

塾・予備校によって雰囲気が異なるので、自分に合った職場を探せるのもメリットですね。

教材開発・教材制作会社

積み上げられた教材

教師時代に得た知識・経験をもとに、教材開発・教材制作会社で活躍する人もいます。

 昨今ではe-ラーニングや動画配信サービスなどのコンテンツも主流になりつつあり、活躍の場がさらに広がっているのが特徴です。

直接生徒に教える機会はほとんどないものの、多くの人の学びをサポートできるのはモチベーションアップにつながるでしょう。

企画力や論理的思考力などビジネススキルを鍛えられるのも魅力です。

営業職

教師は営業職にも向いています。例えば、人材会社のキャリアアドバイザーとして営業に携わる人も多い傾向です。

 営業にはコミュニケーション力のほかにも、わかりやすく伝える力が求められます。また、相手の話を聴く傾聴力も大切です。

教師はコミュニケーション力・わかりやすく伝える力・傾聴力どれも兼ねそろえているため、営業としてすぐに活躍できます。

営業は売上に直結しやすい職業です。そのため、自分の頑張りが数字に表れやすく、やりがいをもって働けます。

教師からの転職で使える自己PR例文をご紹介

ホワイトボードの前で話し合う女性

教師から転職先を探す際、以下2つのポイントを抑えた自己PR文を作成すると良いでしょう。

教師として培ったスキルを活かす志望動機の例文

教師の経験があれば「指導力」や「論理的思考力」といった、教師ならではのスキルをアピールすると良いでしょう。

現在高校教師として生徒へ理科の指導を行っています。理科という教科はイメージやなんとなくで解ける問題ではなく、論理的に原理を理解しなければなりません。生徒へ指導をするということは、自分自身がその原理を理解する必要があり、またわかりやすく伝えなければなりません。ここで身についた伝達力や論理的思考力は、応募した法人営業で活かせると思い、入社後はより一層新規顧客の開拓にお力添え致します。

上記のように、生徒への指導を通して身についたスキルを、民間企業でどのように活かせるかまで具体的に落とし込むと良いでしょう。

一般的に難しいとされる仕事でも、教師として身についた「論理的思考力」が活かせることで、成果を上げられるケースも少なくありません。

教師から転職をする際、まずは今まで培ったスキルをベースに、志望動機を作成していきましょう。

教師として培ったマインドを活かす志望動機の例文

スーツ

次にスキル以外の「考え方」や「仕事への取り組み方」といった、マインド面を活かす志望動機の例文を紹介します。

現在高校教師をしており、学年主任も務めています。他の先生との連携はもちろん自分のクラスの生徒以外に、学年全体の生徒と接するシーンも少なくありません。そこで、状況や人、それぞれに合わせて柔軟な対応が必要であることを学びました。今回応募した貴社のバックオフィスも、多くの部署と連携を取り、その場その場の判断が求められる部署だと認識しております。そこで、学年主任を通して学んだ柔軟性を活かし、貴社全体の生産性の向上を実現したいと思います。

教師という仕事を通して、「どのように仕事と向き合うか」など、得られるものは様々あります。

実際の経験を通じ、転職後に民間企業でも応用できると伝えることで、教師という経歴が武器になるでしょう。公務員と民間企業では体制も大きく異なります。

教師時代に培ったスキルを、どのように応用できるのか具体的に伝えましょう。

教師の転職には転職エージェントの活用がおすすめ

スーツを着て指差しをしている男性

教師の転職には転職エージェントの活用がおすすめです。ここからは、自分に合った転職エージェントの選び方を解説します。

転職エージェントの選び方
  • 求人数の多さ
  • サポート体制の手厚さ
  • 非公開求人を扱っているか

求人数の多さ

転職エージェントに登録する前に、求人数の多さを確認しておきましょう。

 求人数が多ければ多いほど、自分に合った求人が見つかりやすくなります。選択肢を狭めないためにも、求人数のチェックは不可欠です。

また、新着求人がどれくらいの頻度で行われているかも確認してみてください。更新の頻度が早ければ、希望に合った求人に出会える確率が高まります。

自分に合った求人を探すために、複数の転職エージェントに登録している人もいます。

サポート体制の手厚さ

面談をする人

転職エージェントに登録すると、エージェントによるサポートを受けられます。サポート体制の手厚さをチェックしましょう。

 例えば、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策などの選考サポートは必須項目です。

はじめての転職でも、効率よく転職活動できます。

また、面接日や入社時期の調整・条件交渉などを代行してくれる転職エージェントもおすすめです。

転職エージェントのなかには入社後でも気軽に相談できるよう、アフターサービスをしてくれるところもありますよ。

非公開求人を扱っているか

非公開求人を扱っているかどうかも確認しておきましょう。非公開求人が豊富にあれば、転職活動を有利に進められます。

 非公開求人はほかの転職サービスに掲載されていないケースがほとんどです。

そのため、ライバルが少ないなかで転職活動を進められます。

また、比較的待遇が良い求人があるのも魅力です。非公開求人を紹介してもらうことで、掘り出し物の求人が見つかる可能性があります。

非公開求人を積極的に紹介してもらえるようエージェントに話してみてください。

【教師からの転職向け】おすすめの転職エージェントの選び方

握手

教師から転職を目指す際、転職エージェントを選ぶには4つのポイントに注意しましょう。

元教員というキャリアが活かせる求人があるか

志望動機の例文を紹介した際にも触れましたが、教師には「論理的思考力」「物事の伝達能力」などのスキルが秀でている人が多いです。

転職エージェントを選択する際は、上記のスキルが活かせる求人が揃っているかも注意して選んでいきましょう。

 体を使う仕事ばかり取扱う転職エージェントだと、相性が良くないケースもあるので注意。

自身の経験を活かせる求人が多い転職エージェントであれば、選択肢も様々です。

希望条件に沿った転職先が見つかりやすくなり、最終的に転職成功も近づきます。

せっかく教師になったのであれば、その経験が活かせる転職先を探してみましょう。

未経験OKの求人が豊富か

研修

教師から民間企業へ転職する際、塾講師などの教育業界以外は異業種への転職となるため、未経験OKの求人が豊富かも注意して見ていきましょう。

特に20代や第二新卒をターゲットにした転職エージェントであれば、未経験OKの求人も比較的多く取り扱われています。

 転職後のことも考え、研修制度・OJT制度が整っているかもチェックしてみましょう。

基本的な仕事の取り組みや考え方が備わっていても、業界の専門知識などは無いため、研修制度の有無も重要です。

知識や経験が求められず、入社後に身に着けていける企業を多く取り扱う転職エージェントの利用をおすすめします。

未経験業種への転職だと、一時的に年収が下がるケースも多いので事前に考慮しておきましょう。

教員の転職支援に慣れているか

転職エージェントでは専任のコンサルタントが付きますが、教員に対する転職サポートに強みがあるかもチェックしてください。

一般のビジネスマンと違い、教員一筋のキャリアを送ってきた人は民間企業への理解や知識が高くないことも少なくありません。

 民間企業の動向や市場規模など、転職に必要な基礎知識も把握しましょう。

そもそも民間企業への転職が初めての人に対しても、手厚いサポートを行っている転職エージェントがおすすめです。

教員を始めとする公務員から民間企業への転職を何度も支援している転職エージェントであれば、最適なサポートが受けられます。

場合によっては元教員のコンサルタントも存在します。

非公開求人が多いか

書類

最後に重要なポイントですが、転職エージェント選びにおいて非公開求人のチェックも欠かせません。

 転職エージェントでは、登録者のみが閲覧できる非公開求人が存在します。

自力では探すことが出来ない優良企業が見つかることもあるため、できるだけ多くの非公開求人を取り扱う転職エージェントを利用すると良いでしょう。

教師というキャリアは市場でも高い評価を受けるため、積極的に優良非公開求人を紹介してもらえるでしょう。

教師におすすめの転職エージェント5選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界最大級の非公開求人を取りそろえている
  • 各業界に精通したアドバイザーがアドバイスしてくれる
  • 独自に分析された業界・企業情報を提供してくれる

教師から民間企業へ転職する際、自分に合った業種・職種がわからない場合はリクルートエージェントがおすすめです。

 業界最大級の求人数を誇るため、希望に合った求人が見つかりやすいでしょう。非公開求人も20万件以上取り揃えています。

各業界に精通したアドバイザーが在籍しており、親身に相談にのってくれるのも魅力です。

民間企業への転職で不明点があれば、気兼ねなく相談してみてください。

求人数※2021年12月26日現在 359,966件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート

※出典:リクルートエージェント

doda

doda

おすすめポイント
  • 企業に合わせた応募書類の添削や選考サポートが受けられる
  • 経験・スキルを登録しておくと直接スカウトが届く
  • メルマガによって最新の転職情報が手に入る

民間企業への転職はそれぞれの企業に合わせた対策が必要です。dodaなら企業に特化した選考サポートが受けられます。

 例えば、面接で聞かれがちな質問を事前に把握できるのが魅力です。

特に面接に苦手意識を持っている人は、積極的に活用してみましょう。

また、経験・スキルを登録しておくことで、企業から直接スカウトが届きます。教師の仕事を続けながら、効率的に転職活動できるでしょう。

メルマガに登録しておくと、最新の転職情報が手に入るのもメリットです。

求人数※2021年12月26日現在 113,977件
おもなサービス
  • 求人検索
  • スカウト機能
  • 転職お役立ち情報
エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※出典:doda

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 各業界の転職事情に詳しいキャリアアドバイザー
  • リクルーティングアドバイザーによる情報提供
  • マンツーマンのサポート体制

市場動向や業界特有の情報を知りたいなら、マイナビエージェントがおすすめです。民間企業の転職でわからないことがあっても、キャリアアドバイザーという心強い存在がいます。

また、リクルーティングアドバイザーによる情報提供も魅力です。

 企業の雰囲気や人間関係などを事前に知れるので、ミスマッチ防止に役立ちます。

徹底したサポート体制があるのも特徴です。マンツーマンでしっかりフォローしてくれます。

はじめて転職する人にとって心強い味方になってくれるでしょう。

求人数※2021年12月26日現在 33,245件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
エリア 全国
運営会社 株式会社マイナビ

type転職エージェント

type転職エージェント

おすすめポイント
  • サービス開始から19年以上の安定した実績
  • 専任のキャリアアドバイザーによる親身なサポート
  • 求職者に寄り添ったキャリア相談が受けられる

type転職エージェントはサービス開始から19年以上の実績を誇ります。はじめての転職で不安なことがあっても、安定したサポートを受けられるでしょう。

 また、専任のキャリアアドバイザーが親身に転職支援してくれます。

民間企業への転職でわからないことがあれば、積極的に質問してみてください。そのほかにも、求職者に寄り添ったキャリア相談も魅力です。

教師を辞めること自体迷っている人は、キャリア相談を受けてみることをおすすめします。

求人数※2021年12月26日現在 23,224件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
エリア 全国
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター

※出典:type転職エージェント

エン エージェント

エン・エージェント

おすすめポイント
  • 非公開求人が豊富にある
  • 業界・職種を熟知した専属キャリアアドバイザー在籍
  • 面接日程・入社日などの手続きを代行してくれる

エン エージェントは非公開求人を豊富に扱っている転職エージェントです。ライバルと差をつけたい人に向いています。

 さらに、業界・職種を熟知した専属キャリアアドバイザーが在籍しているのも魅力です。

民間企業への転職で不安なことがあっても、相談しやすい環境が整っています。そのほかにも、面接日程・入社日などの手続きを代行してくれる点がメリットです。

面倒な手続きをほぼ任せられるので、教師をしながら転職活動を進めたい人に適しています。
求人数※2021年12月26日現在 2,420件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
エリア 全国
運営会社 エン・ジャパン株式会社

※出典:エン エージェント

よくある質問

教師におすすめの転職エージェントは?

教師におすすめの転職エージェントは以下のとおりです。

・リクルートエージェント
・doda
・マイナビエージェント
・type転職エージェント
・エン エージェント

いずれも無料で登録・利用できるため、自分に合った転職エージェントの登録を検討してみてください。

教師から異業種に転職するメリットは?

教師から異業種に転職するメリットは以下のとおりです。

・プライベートの時間が増える
・プレッシャーから解放される
・将来の選択肢が広がる
・教師時代に培った経験を活かせる

特に、将来の選択肢が広がるのは大きなメリットです。民間企業に転職すれば、多種多様なキャリアアップが期待できます。

教師から異業種に転職するデメリットは?

教師から異業種に転職するデメリットは下記を参考にしてください。

・周りから評価されなくなる場合がある
・民間企業へなじむのに時間がかかる
・年収が下がる可能性がある

最初のうちは民間企業へなじむのに時間がかかるかもしれません。しかし、徐々に慣れていくので、焦らないことが大切です。

教師を辞めたら後悔する?

教師を辞めて後悔する人の多くは退職理由があいまいです。退職理由を明確にしておくことで、勢いで辞めることを防げます。

なぜ教師を辞めたいと思っているのか、きちんと言語化しておくことが大切です。

教師が転職する際に気をつけるべきことは?

教師が転職する際に気をつけるべきことは以下のとおりです。

・退職理由を明確にする
・自分の強みを把握する
・転職サービスに登録する

自分に合った転職サービスの選び方とは?

自分に合った転職サービスの選び方は下記を参考にしてみてください。

・求人数の多さ
・サポート体制の手厚さ
・非公開求人を扱っているか

教師のおもな転職先は?

教師のおもな転職先は以下のとおりです。

・塾や予備校の講師
・教材開発・教材制作会社
・営業職

教師としての経験を活かしやすい職場なため、求人情報をチェックしてみると良いでしょう。

まとめ

今回は教師が民間企業へ転職するメリット・デメリット教師におすすめの転職エージェントを中心にご説明しました。

教師が民間企業に転職すると、キャリアの選択肢が広がります。さまざまなキャリアパスを描けるので、やりたかったことを実現できるチャンスです。

民間企業に転職するなら、転職エージェントの登録がおすすめです。自分に合った転職エージェントを選ぶことで、効率よく転職活動できます。

ぜひこの記事を参考にしながら、教師から民間企業への転職を成功させてください!

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事