明治の職種・年齢別の平均年収は?口コミや転職難易度も詳しく紹介

明治の職種・年齢別の平均年収は?口コミや転職難易度も詳しく紹介

明治はスーパーで明治製品を見ない日はなく、多くの人が知っている大手企業なので、非常に人気企業でもあります。

「年収はどれくらいなのか」「製造業など職種別で給料に違いがあるのか」など、給与面に関して気になる方も多いでしょう。

そこで本記事では、気になる明治の平均年収・転職難易度について紹介していきます。

この記事でわかること
  • 明治の平均年収(職種別・年齢別)
  • 明治の転職難易度
  • 明治の口コミ・評判

明治へ転職を目指す人向けにおすすめの転職エージェントも厳選して紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

【転職前にチェック】明治の基本情報

明治は大正時代に設立されましたが、2009年にホールディングスとなり経営体制は変化しています。

しかし依然として長い歴史のもと、安定経営を続けており、日本を代表する企業の一つです。

会社概要

明治は明治ホールディングスの子会社となっており、明治単体の会社概要は以下の通りです。

社名 株式会社明治
設立 1917年12月21日
資本金 336億4,000万円
代表者 松田克也
従業員数 10,464人
所在地 東京都中央区京橋二丁目2番1号
事業内容 牛乳・乳製品、菓子、食品の製造販売等
売上 8,260億800万円

明治グループ全体だと社員17,336人、連結売上は1兆130億9,200万円と極めて規模の大きい会社です。

チョコレートと言えば明治と、多くの国民に認知されています。

明治の平均年収

明治の平均年収は989万円と極めて高く国内でもトップクラスで、中には1,000万円を超える社員もいるため、年収が転職の軸となっている人におすすめの企業です。

職種別の年収に関しては以下を参考にして下さい。

有価証券報告書より

営業職の平均年収

スーツ

まずはじめに営業職の平均年収ですが、705万円と全職種の中で最も高く、成果次第では早期に高額な年収を目指せる職種です。※

主に明治の商品をどこで売るのか、どう売っていくのかなど、企画や戦略性が問われるポジションです。

 一般消費者に売るのではなく、取り扱い店舗と取引をするBtoBの営業です。

実際に働いているメンバーも20~30代の社員が多く、新卒から入社した際に配属される部署の一つ。

食品業界トップクラスの知名度があるため、比較的商品の提案がスムーズな点もポイントです。

提案商材の力が強いため、なかなか成果が上がらないといった苦しむケースも多くありません。

Openworkより

製造職の平均年収

次に製造職の平均年収が562万円となっており、他の職種と比べると低いものの、国内全体と比較すると高い部類です。※

主に商品の制作や開発を担当する部署で、実際に店頭に並ぶ商品が作られているのはこの製造部門。

 ただ商品を製造するだけではなく、衛生管理やコスト管理など業務内容は多岐にわたります。

主に本社ではなく、明治の向上で勤務することが基本となっており、シフト制で仕事を進めていきます。

休み希望も比較的通りやすいとの声もあがっており、労働環境の水準は高いと言えるでしょう。

キャリアアップの道も用意されており、年数に応じて昇進の試験が用意されています。
Openworkより

技術職の平均年収

パソコンを操作する人

職種別最後は技術職の平均年収で、607万円となっています。※

日系企業の色合いが強いため、どちらかというと勤務年数が重んじられる環境です。

 裏を返すと、長年勤務していると安定してキャリア・年収アップが狙えるということです。

明治というブランド力も高く、製造にやりがいを持って取り組んでいる社員が多く、モチベーションを高く持てる点も特徴。

製造職と同じくシフト制の勤務ですが、技術職も休みが取りやすく、ワークライフバランスが保てているとの声も挙げられています。

年数に応じて成長できる部署のため、中長期的に明治で働くことを考えている人におすすめです。
Openworkより

年齢別の平均年収

最後に全職種の年齢別の平均年収ですが、以下の表のとおりとなっています。

~25歳 474万円
26~30歳 571万円
31~35歳 667万円
36~40歳 764万円
41~45歳 861万円

20代の時点で500万円を超えられるため、比較的年収の水準は高いといえます。

また30代後半から40代にかけて大きく年収が上がるため、このタイミングで年収1,000万円を超えられるかはターニングポイントになるでしょう。

 現役社員の中で、回答があった数値を使用して算出したデータです。

賞与を見ていくと新卒3年目以内でも100万円弱、入社20年以上で200万円と賞与水準も高いです。

総合的に見ても明治の給与は高く、各年代ごとで見ても、他の一般企業よりも頭一つ抜けているといえます。

Openworkより

明治の転職難易度

グラフ

明治の転職難易度は、以下3つの理由により高い部類と言えます。

安定した企業のため人気が高い

明治は1917年設立と非常に古くからある企業で、日本の食品業界を長きに渡りリードしている安定性が人気を集めています。

そのため、中長期的に安定したキャリアを目指す求職者からの応募が多く、選考倍率は他の企業と比較しても高いです。

 明治は新卒からの人気も高く、常時多くの転職希望者が集まります。

もしも明治から内定をもらえない場合、ホールディングス化し数多くの子会社、関連会社があるため、明治以外の企業も選択肢に入れると良いでしょう。

明治に入社できなくとも、明治というブランドを活かしたり、食品業界トップクラスの裁量ある仕事を進められます。

長年業界をリードし、安定して経営を続けているため、人気が高く多くの求職者が集まります。

キャリア採用の枠が少ない

書類

最も重要なポイントですが、明治のキャリア採用枠は少なく、2022年5月時点で募集はありません。

通年の大量採用ではなく、ピンポイントで人材が必要なタイミングでしか中途採用を行っておらず、転職を成功させるためにはタイミングが重要です。

 採用ページを随時確認し、採用がスタートするタイミングを見逃さないようにしましょう。

もしくは各転職エージェントで、明治の非公開求人があるかをチェックすることもおすすめ。

一般公開で募集をしていなくても、転職エージェントのみが取り扱っている求人もあるため、登録して担当者に問い合わせてみると良いでしょう。

中途採用の時期が限られているため、自分のタイミングでの転職は極めて難しいです。

リ・メイジ採用とは

明治では、リ・メイジ採用と呼ばれる採用活動が行われています。

これは明治で3年以上勤務し退職した人を対象に、再度明治へ入社するための制度。

 つまり、元明治社員の復帰コースです。

一度明治に就職し、現在別の会社で働いているのであれば、リ・メイジ採用枠で応募することがおすすめ。

明治で働き復帰を目指す人は多くないため、通常の採用枠より転職成功率が高くなるでしょう。

元明治社員という限定された条件ですが、当てはまるのであればリ・明治採用も検討してみると良いでしょう。

明治の口コミ・評判

iX転職の口コミ・評判を調べる人

明治の社員からの口コミ・評判を調べた所、良い評判悪い評判それぞれ挙げられていましたが、総合的に見ると良い評判が目立つ結果となりました。

社員からの評判

社員からの評判を見ていくと、3.34(5点満点)と高水準で、これは企業全体の上位7%に位置します。※

明治に対して高い評判を下している社員が多いことから、労働環境や待遇面においての水準は高いと言えるでしょう。

 社員・元社員からの評判をもとにしたデータのため、信憑性は高いです。

残業時間も月間平均20時間と少ないため、ワークライフバランスも整っています。

日系企業の風土が強いことに一定の低い評判も寄せられていますが、それでも安定した企業として経営を続ける明治は、総合的に見て評判の高い企業といって良いでしょう。

良い口コミ・悪い口コミそれぞれ挙げられていますが、総合的に見ると明治を「良い会社」と思っている社員が多いです。

Openworkより

良い口コミ・評判

明治の良い口コミ・評判としては、以下のような声が社員から挙げられています。

良い口コミ・評判
  • 年功序列の中にも、若手を活躍させようという意識がある。
  • 新卒から入った社員を定年までサポートする風潮がある。
  • 責任・裁量があり、規模の大きな仕事が出来る。
  • 評価制度が納得できるものであり、成果がしっかりと反映されている。
  • 明治というブランドがあるため、他でも通用する市場価値が身に付く

 

前述でも触れた通り日系企業の風土が強い明治ですが、若手を押さえつけるトップダウンという風潮ではありません。

若手が活躍しやすいよう研修制度を整えていたり、最良の大きな仕事にアサインする機会も多いため、ビジネスパーソンとして成長が期待できる環境です。

 日系企業の安定性の中に、若手から活躍できるバランスが取れています。

また評価制度に関しては年功序列ではなく、若手社員の評価も正当に反映されるため、成果次第では賞与額が高くなることもあります。

さらに大企業である明治という箔が付くため、その後転職を考えても比較的スムーズに進められるでしょう。

長年安定した経営を続けている明治は、長期間に渡り社員から高い評判・支持を集めています。

悪い口コミ・評判

デメリット

一方で、明治に対する悪い口コミとしては、以下の様な声が挙げれられています。

悪い口コミ・評判
  • コンプライアンスに意識を持ちすぎて、保守的なイメージがある。
  • 地方の転勤もあり、家を購入するなど大きな決断がしづらい
  • 労働環境は各支社によりばらつく
  • 地域限定社員は良いですが、総合職は海外転勤の可能性もある

悪い口コミとしては、大企業であるがゆえ挙がってしまうような意見が多数目立ちます。

特に食品を取り扱うため、衛生管理など法令遵守の意識は会社全体的に高いです。

 コンプライアンス遵守の意識が高いことから、ダイナミックな仕事がし辛いとの意見も多数。

また支社が全国・海外にあるため、状況によっては転勤が必要となり、中長期的に腰の据えた働き方が難しいことも難点。

ただし地域限定社員であれば遠方への転勤はないため、自分のライフスタイルを考慮し、地域限定社員という選択肢も視野にいれると良いでしょう。

労働環境に対する低い評判はなく、大企業であることが要因となるネガティブな声が多数挙がっていました。

明治の転職を成功させるコツ

明治への転職を成功させるためには、大きく分けて4つのコツが存在します。

採用開始のタイミングを伺う

カレンダーと時計

まずはじめにもっとも重要なことが、明治がいつ中途採用を行うのか把握しておくことです。

通年の中途採用ではないため、自分が転職を考えたタイミングですぐに動けるとは限りません。

 採用ページを確認し、採用開始を見逃さないよう注意しましょう。

また採用スケジュールを把握しておくことで、事前に余裕を持って対策の時間が確保できます。

急に締め切り一週間など、タイトなスケジュールだと成功率も下がるため、月に1回程度はサイトをチェックし、採用が始まったらすぐに対応できるようにしておきましょう。

初動の速さが重要なため、逐一情報はチェックしておきましょう。

事前対策に力を入れる

書類

次に重要なポイントが、事前対策に力を入れて、万全の体制で転職活動に臨むことです。

特にスケジュールが読めない明治の場合、いつ転職が始まっても良いように、以下のような項目は常にアップデートするようにしましょう。

アップデートが必要な項目
  • 現職で得たスキルや実績
  • 保有資格
  • 明治入社後に活かせるスキル

 

上記は時間経過とともにアップグレードするため、数ヶ月おきに一度振り返りの時間を作ることがオススメ。

一方以下の項目は時間経過に伴い、そう変化するものでもないので一度確立したらしばらく覚えておくよう、メモやデータとして残しておきましょう。

普遍的な項目
  • 志望動機
  • 転職理由
  • 将来のキャリア

 

普遍的な内容はそのままで良いですが、時間経過で変化するものに関しては、随時自分のベストをアピールできるようにして下さい。

特に数値的な実績やデータは最新のものにアップデートしておくことで、より自分の市場価値が証明できるようになります。

明治の中途採用はタイミングが読めないからこそ、徹底した事前準備が大切です。

競合他社と比較して分析する

金の天秤

国内には明治のような食品メーカーが多数存在するため、その中でもなぜ明治を志望するのか、明確に差別化された理由を見つけるため競合他社も分析しましょう。

特に「明治にあって」「他の企業にないもの」を中心に情報収集ができればベスト。

 明確な志望動機がないと、面接を突破することは難しいです。

面接時に採用担当者から「他の会社でも出来ることなのでは?」と思われないよう、明治だけではなく業界内の競合他社も含めリサーチを行って下さい。

比較しながらリサーチをすることで、明治特有のメリットや差別化された志望動機が見えてきます。

より多くの情報を集めることで、「本当に明治に行きたい理由」が見えてくるでしょう。

転職エージェントを利用する

最後に重要なコツですが、転職エージェントを利用し、効率よく情報収集を行いましょう。

転職エージェントでは、以下のような情報を無料で提供してもらえます。

転職エージェントから受けられる情報
  • 求人紹介
  • よく聞かれる質問
  • 企業の情報
  • 求める人物像

 

特に求人紹介は大きなポイントで、非公開求人の中に明治の求人が含まれているケースもゼロではありません。

自力でタイミングが掴みづらい明治の場合、予め転職エージェントに希望を伝え、すぐに情報を共有してもらいましょう。

 初回のカウンセリング時に、明治へ転職がしたいと希望を伝えておくと良いです。

事前に希望条件を伝えておくことで、担当のコンサルタントも協力してくれるため、効率よく転職活動が進みます。

また明治以外にも、希望条件に当てはまる求人を提案してもらえるため、転職活動における視野も広がるでしょう。

転職エージェントを効率よく利用することで、内定獲得率や効率が一気に高まります。

高年収を目指すならまずは年収査定を受けてみよう

自分の年収を上げたい...と感じている人はまず、自分がどれくらいの年収をもらう価値があるのか、適正年収を知る必要があります。

適正年収が自分の今の年収よりも高ければ、転職によって年収アップの可能性があるでしょう。
dodaの年収査定サービスでは、無料の会員登録だけですぐに年収査定の診断を受けることができます。doda会員の186万人のビッグデータから算出された数字なので、信頼感もあります。
dodaの年収査定でわかること
  • 今の年収から何円アップするか
  • あなたの適正年収の求人
  • 転職によって年収がどう推移するか
診断結果のサンプルは以下のようになっています。

年収査定 今の年収から何円アップするかは以下のように表示されます。dodaは転職サイト・エージェントの機能もありますので、そのまま転職を開始することもできますよ。

年収診断

自分の市場価値を知ることは年収アップの近道になるでしょう。ぜひ年収査定を利用して、年収アップを達成しましょう。

明治への転職を目指す方におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 転職支援実績No1
  • 独自に分析した業界・企業情報を提供
  • さまざまなテーマの転職イベントを随時開催

リクルートエージェントの特徴

リクルートエージェントは厚生労働省の人材サービス総合サイトにおける有料職業紹介事業者のうち、無期雇用及び 4ヶ月以上の有期雇用合計人数で転職支援実績No1に輝いています。

 キャリアアドバイザーが独自に分析した業界・企業情報を提供してくれるため、転職活動に活かせます。

その他にも応募書類の添削や面接対策など充実しており、豊富な支援実績から各企業の特色に合わせた対策が期待できるでしょう。

職務経歴書の書き方や自己分析など、さまざまなテーマを設定した転職イベントを随時開催しています。

明治を目指す人にリクルートエージェントがおすすめな理由

スーツを着た男性

リクルートエージェントでは明治グループの求人を保有していますが、公開分に明治の求人はありません。しかし、多数の求人数を誇ることから、非公開分として保有する場合があります。

業界に精通したキャリアアドバイザーが転職をサポートしてくれることから、明治の書類審査や面接に向けた対策を講じてくれる期待が持てます。

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
得意分野・特徴 多数の非公開総合求人を誇る充実のサポートが強み
公開求人数 311,566件※2022年11月25日現在
利用可能地域 全国
拠点 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

出典:リクルートエージェント
※厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヶ月以上の有期雇用の合計人数(2021年度実績を自社集計)2022年6月時点
※求人情報は2022年12月9日時点のものです。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • キャリアアドバイザーが丁寧にヒアリングし活動のプランを提案
  • 業界専任制でキャリアアドバイザーが在籍
  • 応募書類の添削や模擬面接など親身にサポート

マイナビエージェントの特徴

マイナビエージェントに在籍するキャリアアドバイザーは、まず丁寧に職歴をヒアリングしたうえで強みを把握し、転職活動のプランを一緒に考えてくれます。

 キャリアアドバイザーは業界専任制となるため、転職事情を熟知しています。故に、適切なサポートのもと内定獲得を目指せるのです。

応募書類の添削や模擬面接の実施など、転職活動をトータル的にサポート。豊富な支援実績から、オリエンタルランドに合わせた方向性でアドバイスをくれる可能性に期待できます。

業界に特化した転職支援を実施する点も、マイナビエージェントの魅力です。

明治を目指す人にマイナビエージェントがおすすめな理由

ビジネスマン

マイナビエージェントの公開分で、明治の求人は保有していません。ただし、非公開求人として保有する可能性は大いにあり得るため、キャリアアドバイザーへの確認をおすすめします。

なお、企業担当アドバイザーが人事担当とやり取りし、求人票に載らない情報を提供してくれます。リアルな情報は転職活動に活かせる場合があるため、内定獲得を勝ち取るうえで重要です。

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
得意分野・特徴 IT・WEBサービスエンジニア・モノづくりエンジニア・営業職の求人
公開求人数 ※2022年11月25日現在
利用可能地域 全国
拠点 京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

出典:マイナビエージェント
※求人情報は2022年12月9日時点のものです。

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • スカウトが届くハイクラス転職サイト
  • 年収1,000万円オーバーの求人多数
  • よりサービスを活用できる有料プランも用意

ビズリーチ特徴

ビズリーチはスカウトが届くスタイルのハイクラス転職サイトです。企業から誘いが来ることにより、新たな選択肢が広がる可能性に期待できます。

 年収1,000万円超えとなる求人が少なくないため、年収アップを目的とする人におすすめ。経営幹部や管理職など、プロフェッショナル向けです。

また、ビズリーチではよりサービスを活用できるよう有料プランも用意しています。求人やスカウトを閲覧できる数が変わってくるため、内定獲得率も高くなることが期待できるでしょう。

一流のヘッドハンターが転職活動をサポートしてくれるため、大変心強いです。

明治を目指す人にビズリーチがおすすめな理由

新聞を持つ人

ビズリーチで明治の求人を保有するかは、定かではありません。しかし、ヘッドハンターや優良企業からスカウトが届くという仕組み上、声がかかる可能性に期待できます

ハイクラス向けの転職サイトということもあり、明治のような大手に対する面接対策や応募書類の書き方アドバイスなどには定評があると言えるでしょう。

運営会社 株式会社ビズリーチ
主なサービス(機能)
  • プラチナスカウト
  • 求人検索
  • ヘッドハンター情報閲覧・検索
得意分野・特徴 厳選された企業から直接ハイクラススカウトが届く
公開求人数 84,488件※2022年11月25日現在
利用可能地域 全国
拠点 東京/名古屋/大阪/福岡/静岡/広島

出典:ビズリーチ
※求人情報は2022年12月9日時点のものです。

よくある質問

明治の新卒初任給はいくら?
明治の初任給は修士了が237,000円、学部卒で219,000円となっており、他の一般企業と比べて飛び抜けて高いわけではありません。
しかし、年数を重ねることで賞与が200万円を超える社員も現れることから、長期にわたり勤務していれば年収は高くなってきます。
明治で年収1,000万円は突破できる?
結論可能です。
平均年収が989万円と極めて高いため、長期的に勤務し成果を残していれば、40歳前後で年収1,000万円は現実的になってくるでしょう。
明治の中途採用のハードルは高い?
人気がある企業で、応募人数が多いため難易度は高いです。
自分自信のアピールももちろん大切ですが、相対的に見て自分が優れている点をアピールしていきましょう。
明治ホールディングス内の、他の会社の待遇は明治と同じ?
基本的に福利厚生等の待遇は、ホールディングスで大きな差はありません。
そのため明治への転職が難しく、関連会社を目指すのも一つの選択肢です。
明治は転勤が多いって本当?
特に明治の製造職は全国の向上が勤務地となるため、転勤の確率は高いです。
実際の社員の口コミを見ても、全国転勤に関してやや低い評判も挙げられています。
ただし、地域限定社員を選択すれば、全国範囲での転勤は避けられるためおすすめです。

まとめ

今回は明治の平均年収や転職難易度・おすすめの転職エージェントについて紹介しました。

口コミを見ると、若手が活躍しやすいよう研修制度を整えていたり、最良の大きな仕事にアサインする機会も多いため、ビジネスパーソンとして成長が期待できる環境です。

転職を成功させるためには、転職エージェントの活用がおすすめです。

今回紹介した転職エージェントはいずれも無料で利用できるため、明治へ転職を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事