三井住友銀行の職種別・年齢別平均年収は?残業代も詳しく解説!

三井住友銀行の職種別・年齢別平均年収は?残業代も詳しく解説!

金融業界へ転職を検討した際に、smbcで馴染みのある日本トップの三井住友銀行を視野に入れる人も多いでしょう。

そこで今回は、三井住友銀行の年収や口コミなどを、実際の社員の声を参考に解説行くので参考にしてください。

この記事でわかること
  • 三井住友銀行の平均年収(職種別・年齢別)
  • 三井住友銀行の残業代・ボーナス事情
  • 三井住友銀行の口コミ・評判

三井住友銀行の基本情報を解説

三井住友銀行

三井住友銀行の売上は国内2位と極めた高く、金融業界を目指す人の多くから注目を集めている企業です。

詳細の会社概要は、以下の詳細を参考にしてください。

社名 株式会社三井住友銀行
設立 1876年7月
資本金 17,709億円
代表取締役会長 國部 毅
従業員数 27,851人
所在地 〒100-0005 東京都千代田区丸の内一丁目1番2号
事業内容 預金業務、貸出業務、商品有価証券売買業務、有価証券投資業務、内国為替業務、外国為替業務、社債受託および登録業務、金融先物取引等の受託業務、証券投資信託の窓口販売業務等

三井住友銀行会社概要より

【職種別】三井住友銀行の平均年収

三井住友銀行の平均年収は約826.9万円となっており、よく比較される三井住友信託銀行の年収とも大きく差はありません。

また職種別に見ていくとそれぞれで差が生じているため、以下の詳細を参考校にしてください。

職種
  • 営業職
  • 総合職
  • 事務職
  • 企画職
  • リテール職

有価証券報告書より

営業職の平均年収

お金

営業職の平均年収

営業職の平均年収:656万円

低い人だと350万円程度から、高い人では2,000万円を超えています。営業成績が賞与に直結するため、成果に応じて年収は200万円近くの差が生じます。

 一方の賞与は成績次第で、50万~220万円と幅が広く、成果次第では若手のうちから先輩社員よりも高い賞与が手に入ります。

基本給は役職、賞与は成績に応じて変化するため比較的若いうちから高年収が狙いやすく、給与形態に満足している社員は多いです。

金融業界は成果による賞与で年収が変化しやすいですが、三井住友銀行も例外ではありません。

openworkより

総合職の平均年収

総合職の平均年収

総合職の平均年収:776万円

総合職の平均年収は三井住友銀行の全職種の中でも2番目に高い金額となり、営業職同様に基本給は年功序列による影響が強いですが、総合職は30代後半から個人差が出てくるようです。

役職につければ基本給は高まりますが、そうでなければ年収は低いままです。

 また1年目の評価はそこまで大きく分かれることがなく、年収を上げたいのであれば2年目の成績が大きな鍵。

成果次第で賞与が10万円単位で変動するため、若手でも成果最大で高年収が目指せるポジションです。1年目でも、賞与は50万円を超える社員が少なくありません。

評価制度に関しては15段階と細かく設定されており、成果によって細かく変動するとの声も挙げられています。

5年目と10年目にそれぞれ昇進のタイミングがあり、2回めで昇進できると年収1,000万円以上になるとの声も挙げられています。

openworkより

事務職の平均年収

お金

事務職の平均年収

事務職の平均年収:451万円

事務職の平均年収は国内の平均年収よりは高いものの、三井住友銀行全体で見るとあまり高くありません。

営業職とは異なり高額なボーナスがないものの、年次に応じて緩やかに昇給する点は事務職の特徴です。

 年収が低いと言われる一方で、手当や社宅などの福利厚生が充実しているため、総合的に見ると手元に残るお金は多いです。

また大幅な昇給が期待できない三井住友銀行の事務職ですが、賞与は多く100万円を超える社員も存在します。

ただし、役職についてからは事務職の昇給額もある程度大きいため、すぐに450万円に到達する社員も少なくありません。

事務職は緩やかながら着実に昇給するため、中長期的に安定したキャリアが築けます。

企画職の平均年収

企画職の平均年収

企画職の平均年収:915万円

企画職の平均年収は三井住友銀行で最も高く、915万円となっていますが、あくまで回答した人の年収の平均のため、必ずしも企画職が最も稼げる職種とは限りません。

サービス残業もなく残業代がしっかり払われている点や、賞与額に関して満足している社員は多いようです。

 一方でや企画職で役職を上げることは難しく、昇進には大きな成果が求められます。

目安として5年目からキャリアの差が生じます。基本的に5年目以降でキャリアが分かれるため、入社後数年が勝負です。

また評価制度が細かく開示されているため、どうすれば年収が上がるのか、評価を上げるにはどすれば良いかは全社員が共通して把握できます。

企画職は高い年収が魅力の一方、昇進のためのハードルが高い一面もあります。

リテール職の平均年収

お金

リテール職の平均年収

リテール職の平均年収:589万円

毎年着実に昇給があり、早ければ8年目と15年目で大きく昇進し、一気に年収を上げることが可能です。

 毎年の昇給に加え、成果次第で年収を上げていけることもポイント。

ただ営業職や総合職と比較するとやや年収の伸び率は低く、どちらかというと実力で稼ぐよりも、勤続年数に応じて安定的なキャリアが望めるでしょう。

同業他社と比較しては高いため満足している社員が多い一方、三井住友銀行内では他職種よりも低いと2つの声が挙げられています。

リテール職は課長代理を超えたあたらいから年収が大きく上がっていきます。

【年代別】三井住友銀行の平均年収

三井住友銀行の平均年収を年代別に見ていくと、20代と50代で約2倍近くの差が生じます。

それぞれの年代についての詳細は、以下の解説を参考にしてください。

年代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代

20代の平均年収

転職エージェントの選び方は?転職を成功させる4つのコツ

20代平均年収

20代平均年収:457万円

20代平均年収は457万円となっており、すでに国内の平均年収を上回る結果となりました。

新卒の初任給が含まれることを考慮すると、三井住友銀行はすでに20代のうちから高い年収が手に入ります。

 初年度のボーナスが多いことも大きな要因です。

ある程度の個人差があるものの、三井住友銀行では初年度から50万円以上の賞与を手にしている社員も存在します。

また営業職であれば年次に関係なく、インセンティブや高額なボーナスが狙えるなど、若いうちから高年収が目指しやすい環境です。

平均年収の高い三井住友銀行ですが、すでに20代のうちから水準は高いです。

30代の平均年収

30代の平均年収

30代の平均年収:818万円

次に30代の平均年収ですが818万円と高く、20代と比較して大幅に昇給する人が増えています。

30代前半ですでに1,000万円を超えているなど、人によって徐々に差が開き始める頃です。

 一方で500万円台の社員もいることから、如実に成果が賞与に反映されます。

職種によっては入社8年目あたりを境に昇進できるかのターニングポイントとなり、今後のキャリアにおいては重要な時期。

三井住友銀行で年収を上げるのであれば、20代で経験を積み、30代以降のキャリアを充実させるよう動いていくと良いでしょう。

三井住友銀行において、30代はキャリアの大きな境目になります。

40代の平均年収

パソコンとノートを広げて勉強する人

40代の平均年収

40代の平均年収:1,020万円

40代の平均年収は1020万円と極めて高く、多くの人が1,000万円を超えています。

低くても700万円台、高い人で2,000万円弱とレンジはあるものの、基本的には高年収と言ってよいでしょう。

 40代では課長や部長代理など、役職についているひとがほとんど。

三井住友銀行では年収における賞与の金額が大きなウェイトを占めるものの、40代では基本給も40万円近くと順調に上がっていきます。

そのため、成果を残していれば安定した基本給の昇給に加え高額なボーナスと、両方の面から年収を安定させられるでしょう。

早い人では30代で、遅くとも40代で年収1,000万円は三井住友銀行の年収における一つのラインとなるでしょう。

50代の平均年収

50代の平均年収

50代の平均年収:1,102万円

最後に50代の平均年収ですが、1,102万円となっており、40代と比較してもそう大きく変わりはありません。

50代ともなると役職についていることは前提となり、多くのメンバーや支店のマネジメントが求められます。

 求められる業務や責任に伴い年収も高くなります。

40代同様、年収が2,000万円に届く社員もいるため、退職後の資金も十分に確保できるでしょう。

50代をピークに、その後は定年に向け緩やかに年収が下がりますが、平均1,000万年を超えるなど、待遇としては高水準です。

三井住友銀行の残業代・ボーナス事情は?

三井住友銀行では年収におけるボーナスの割合が高い特徴があります。

また、合わせて残業代も気になる方は以下の詳細を確認してください。

三井住友銀行の残業代事情

三井住友銀行の残業代は約5~10万円ほどとなっており、人によっては年収に占めるウェイトが大きくなります。

サービス残業はなく、働いた分の残業代はしっかり払われているようで、社員からの評判を見ても低い意見は多くありません。

 あくまで残業代は時間に応じて変わるため、人によって違いが生じます。

ただ残業時間は支店によって大きく異なるため、残業抑制が積極的に行われている支店の場合、残業代による年収アップは難しいです。

そのため三井住友銀行で年収を上げるためには、昇進や賞与を上げることに専念する方が良いでしょう。

残業代に関してはしっかりと時間分支払われているようで、不満の声はほとんど挙がっていません。

三井住友銀行のボーナス事情

次に三井住友銀行のボーナスについてですが、新卒時で50万円、成果をあげているベテラン社員で250万円と幅は広いです。

特に営業職や企画職は成果に応じてボーナスが変動するため、年次の低い社員が上の世代を追い越すことも珍しくありません。

 一方で成果があがっていないと、いつまでもボーナスが上がらない社員も存在します。

結論として、年収に占める割合が高いボーナスは、三井住友銀行で年収アップを考えた際に無視できない存在。

成果を上げ賞与査定が良くなれば、若いうちから同世代と比較しても頭一つ抜けた金額を手にできます。

数値で評価することが難しい事務職でも、100万円を超える社員が存在します。

三井住友銀行の年収についての口コミ・評判

三井住友銀行の評価は全体で3.79(5点満点)と高く、上位1%に位置しています。

残業時間も30時間程度、有給消化率は80%と、労働環境は高水準です。

営業職の口コミ・評判

営業職の良い口コミ・評判

営業職の良い口コミ・評判
  • 年次に関係なく、営業成績次第で年収が高くなる
  • 年に一度昇給のタイミングがあり、数万円程度上がる年もある
  • 40歳になればほとんどの社員が1,000万円を超える

営業職の良い口コミに関しては、基本的に年収の高さに関する声が多いです。

 特に年次に関係なく、成果次第で高年収を目指せる点は若手社員から評判の良い意見が寄せられており、モチベーション高く業務に取り組んでいます。

金融業界の営業は高年収として有名ですが、三井住友銀行も例外ではありません。

また、個人差はあるものの順調にキャリアを積めば40代で年収1,000万円も現実的に見えてきます。

営業職のイマイチな評判・口コミ

営業職のイマイチな評判・口コミ
  • 営業所のトップとの相性によって変わる
  • 同じ役職内では成果の反映が見えづらい

一方で、営業所長との相性も重要との声が挙げられており、一部上司との付き合い方に苦労する社員も存在するようです。

また、基本的に成果主義である一方、同じ役職内で年収差が生まれないこともネガティブなポイントとして挙げられています。

 出世に関しては成果主義なものの、同一役職内ではあまり差が出ません。

そのため、さらなる年収アップを考えるのであれば、早期に結果を出し役職を上げていくと良いです。

ポジティブ・ネガティブ、それぞれの声が挙げられていますが、基本的に営業職の口コミはポジティブなものが多いです。

総合職の口コミ・評判

総合職の良い口コミ・評判

総合職の良い口コミ・評判
  • 実績はもちろん、年次によってある程度安定して上がる
  • 残業も賞与も、どちらもしっかりと支払われる
  • 2年目の賞与が100万円を超えるケースも珍しくない

総合職は営業職とくらべ、やや年功序列の風土が強いものの、着実に年収が上がるため、満足している社員が多いです。

また残業のがある営業所が多いものの、残業代は支払われるため、年収アップにもつながっています。

総合職のイマイチな評判・口コミ

総合職のイマイチな評判・口コミ
  • 昇給における年次のウェイトが大きく、思うように年収が上がらない
  • 若手のうちは年収が上げづらい
  • 裁量労働制を考慮すると、時給換算ではあまり良いとは言えない

イマイチな口コミとしては、年収アップのスピードが遅いことに多くの声が挙げられています。

特に年次が大きく影響を及ぼす総合職では、若手の昇給スピードに対して一部不満の超えが目立つ結果となりました。

安定したキャリアを目指すのであれば総合職、実力を試したいのであれば営業職など、自分の希望によって目指す先を変えると良いです。

事務職の口コミ・評判

書籍

事務職の良い評判・口コミ

事務職の良い評判・口コミ
  • 他の企業と比較し、事務職としては年収が高い
  • 毎年着実に年収が上がっていく
  • 30歳を超える頃には年収500万円以上はが目指せる

事務職の良い評判は、緩やかながら着実に年収が上がっていくことに関して多く挙げられています。

もともと事務職自体の平均年収が低い一方で、三井住友銀行の水準は高いです。

三井住友銀行のイマイチな評判・口コミ

三井住友銀行のイマイチな評判・口コミ
  • 年収がほとんど均一なのに、忙しさは部署によって異なる
  • 年収差がなくモチベーションを見失う

一方で足並み揃えて順調に年収が上がる営業職ですが、部署ごとの仕事量における年収差がなく、モチベーションが低下してしまうとのイマイチな声も一部挙げられています。

三井住友銀行の事務職の年収は、年次によって着実にアップすることが特徴的です。

企画職の口コミ・評判

企画職の良い口コミ・評判

企画職の良い口コミ・評判
  • 支店長クラスになると1,000万円の年収が見えてくる
  • 給料プログラムが明確で、特に不満がない
  • 人事評価により、早期に年収アップが見込める

企画職に関しては、支店長クラスになると年収が大幅に上がる点や、その他の役職に関しても詳細が明記されているプログラムがあり、透明度が高いと評判です。

また、人事の評価次第で早期に年収が上がるため、年次による昇給の遅れがない点もメリットです。

企画職のイマイチ口コミ・評判

企画職のイマイチ口コミ・評判
  • 6年目、10年目に大幅な昇給タイミングがあるが、そこを逃すと上がりづらい
  • 役職に付くまでは年収の差がない

大幅年収アップが見込める一方で、そのタイミングを逃すと年収が上がりづらい点については、イマイチと評判は低いです。

加えて役職につけない場合、年収の差が生じづらく、企画職においては、一度の年収アップのチャンスが大きな鍵となります。

企画職にとって6年目、10年目の昇給タイミングは大きなターニングポイントです。

リテール職の口コミ・評判

リテール職の良い口コミ・評判

リテール職の良い口コミ・評判
  • 新卒入社2年目で年収500万円を超える
  • 毎年1万円~数万円の昇給がある
  • 早い人なら30代で1,000万円を超える

リテール職に関しては、早期に高額な年収に手が届くとの声が多く挙げられています。

また1度の給与査定で大幅に年収が上がる点も魅力で、基本的に満足している社員が多いようです。

リテール職のイマイチな口コミ・評判

リテール職のイマイチな口コミ・評判
  • 上司の評価が給料に影響しやすい
  • 役職がつかない限り年収を上げづらい

一方で他の職種同様、役職がつかないと年収が上げづらい点にはイマイチとの声が挙げられています。

またリテール職に関しては、上司からの評価も年収に影響しやすく、ある程度の社内営業も重要です。

リテール職は他の職種にくらべ、上司との関係性が年収に影響しやすいようです。

年収アップを目指すなら!まずは年収査定を受けよう

自分の年収を上げたい...と感じている人はまず、自分がどれくらいの年収をもらう価値があるのか、適正年収を知る必要があります。

適正年収が自分の今の年収よりも高ければ、転職によって年収アップの可能性があるでしょう。
dodaの年収査定サービスでは、無料の会員登録だけですぐに年収査定の診断を受けることができます。doda会員の186万人のビッグデータから算出された数字なので、信頼感もあります。
dodaの年収査定でわかること
  • 今の年収から何円アップするか
  • あなたの適正年収の求人
  • 転職によって年収がどう推移するか
診断結果のサンプルは以下のようになっています。

年収査定 今の年収から何円アップするかは以下のように表示されます。dodaは転職サイト・エージェントの機能もありますので、そのまま転職を開始することもできますよ。

年収診断

自分の市場価値を知ることは年収アップの近道になるでしょう。ぜひ年収査定を利用して、年収アップを達成しましょう。

三井住友銀行の転職を目指す方におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
  • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 完全無料
リクルートエージェントは16万件以上※1の非公開求人を持つ転職エージェントです。

 非公開求人は公開すると応募が殺到してしまうような好条件求人である場合がほとんどです。
自分のアピールポイントや、どのような仕事がわからない、といった場合でもキャリアアドバイザーとの面談を通して、自分にぴったりの求人を見つけることができます。

応募書類の添削や、面接の対策も受けることができます。
企業の分析も細かく行っているため、求人を紹介する段階から、企業について詳しく教えてもらえます。入社後のミスマッチを防ぐことができますよ。
運営会社 株式会社リクルートキャリア
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
公開求人数 114,943件※2021年6月10日時点
拠点 全国対応可 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • アドバイザーや担当者の対応がよく、親身に相談に乗ってくれる!
  • 各企業の情報を分析し、手厚い選考対策で内定率UP!
  • 経歴に自信がない方でも正社員転職が目指せる!
  • 全国の転職に対応!WEB面談も可能
  • 完全無料
マイナビエージェントはアドバイザーの質の評価が高い転職エージェントです。

ハードルが高く感じる面談も非常にスムーズで、信頼できる担当者に出会えたという利用者の声が多数あります。 また、大手企業であるマイナビの太いパイプを生かした各企業の分析は選考対策の際に役立ちます。
 マイナビエージェントはスキルや経験が少ない20代の転職をメインターゲットとしていますので、スキルに自信がなくても正社員として転職できる可能性は大いにあります。
未経験業種への転職を目指している方や、転職に不安を抱えている方はぜひマイナビエージェントに登録をしましょう!
運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
公開求人数 28,152件※2021年8月17日時点
拠点 全国対応可 京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1を占める!
  • 優秀なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!
  • ハイクラス求人多数!登録後は企業・ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ
  • 優良企業と直接コンタクトを取ることも可能!
ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が3分の1※2以上を占める転職エージェントです。

年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1※1に輝いています。
ビズリーチでは「プラチナスカウト」というものがあり、一流のヘッドハンターがユーザーの情報を見てスカウトを送ります。スカウトが届くと、確実に面接へ進める仕組みです。

厳選された優秀なヘッドハンターが約4,600人在籍※2しているので、優良企業とのマッチングを待ちながら転職活動を行えるでしょう。 ※1 転職サービスに関する調査/調査会社:シード・プランニング/調査期間:2019年1月〜2月/調査対象:年収600万円以上で、転職意欲がある人 ※2参照 公式サイト
運営会社 株式会社ビズリーチ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • タレント・ハイクラス会員制度
  • ヘッドハンター
  • スカウト
公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡
出典:公式サイト

まとめ

基本的に年収の高い三井住友銀行ですが、職種によって昇給幅や年次の重要性は異なります。

今後三井住友銀行へ転職を検討している人は、それぞれ職種ごとの特徴を抑え、自分に合うポジションへ挑戦してください。

三井住友銀行へ転職を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事