子持ち女性の転職は難しい?子育てママの転職先におすすめの条件も解説

子持ち女性の転職は難しい?子育てママの転職先におすすめの条件も解説

最近は子持ちでも働く女性が増えています。しかし、「子持ちだと転職は難しい?」「転職活動がうまくいかない」と、働くママの壁に直面している人も少なくないでしょう。

35歳から40歳以上の女性は、年齢面でも不利なのではないかと考えることもあるようです。

男性よりも転職の難易度が上がりやすいですが、戦略を立てて臨めば子持ちでも納得のいく転職ができるでしょう。

そこで今回は、子持ちの女性の転職事情について詳しく解説します。

この記事でわかること
  • 子持ち女性の転職事情
  • 子持ち女性におすすめの転職先の条件
  • 子持ち女性が転職しやすいタイミング
  • 子持ち女性が転職を成功させるためのコツ

子持ち女性が利用しやすいおすすめの転職エージェントもご紹介するので、この記事を参考に、今後の働き方について検討してみてはいかがでしょうか。

【35歳~40歳以降】子持ち女性の正社員転職は厳しい?

自然の中で遊ぶ母と子

子持ち女性の転職事情

子持ち女性の採用に二の足を踏む企業があるのは事実です。一般男性や子どもを持たない女性の転職と比較すると、35歳以上の子持ち女性が転職しようとすると、難易度は必然的に高くなります。

職場によっても難易度は変わるでしょう。例えば、シフトが決まっており急な休みが取りにくい職場や残業必須の職場などは、子持ちは歓迎されないかもしれません。

 しかし、子どもを持ちながら働く女性が増加していることを背景に、ママが働ける職場環境に配慮する企業も増加傾向にあります。

厳しいのは事実ですが、きちんと対策すれば転職できる可能性も十分にあると言えるでしょう。子持ちだから必ずしも不利になるわけではないため、悲観せずに転職を検討してみてください。

しっかりと対策をして転職活動に臨むことが、子持ちの転職を成功させるカギになります。

非正規社員で働くのもひとつの方法

雇用形態

正社員を希望している人もいるかもしれませんが、正社員ともなるとよりハードルも高くなります。

なかなか採用されない、希望に合う職場が見つからないといった場合には、正社員以外の働き方も検討してみましょう。

非正規社員に該当するのは、派遣社員や契約社員、パート、アルバイトといった働き方が挙げられます。

 給料は正社員に比べると低くはなりますが、その分働き方の自由度が高い、時間に融通がききやすいなどのメリットもあるでしょう。

雇用が不安定という側面もあるので、家族と相談のうえ、働き方を検討してみるのがおすすめです。

子どもがまだ小さいうちは非正規社員で働き、今後経験を積んで子どもが手を離れたら正社員を目指すというキャリアプランもあります。

終身雇用や定期昇給の時代から多様な働き方の時代にシフトしており、正社員以外を検討してみるのも一つの手です。

子持ちの転職先におすすめの5つの条件

人差し指とビジネスグラフ

1.自宅と職場はできるだけ近くにする

プライベートの時間をできるだけ多く確保するためには、職場の位置が重要になります。通勤時間に多くの時間を割かなくてすむよう、自宅と職場は近いに越したことはありません。

 保育園や幼稚園の送り迎えがある場合は、園の場所も考慮しましょう。

距離がある場合は、交通の便がいいかどうかも注目です。自動車通勤の場合でも、車が使えないなど突発的に公共交通機関になる可能性を踏まえ、交通事情を確認しておきましょう。

2.産休・育休制度が機能している

母子手帳

子持ち女性の中には、今後出産を検討している人もいるでしょう。産休・育休制度が機能しているかどうかも、チェックしておくべき項目です。

 産休の取得は法律で義務付けられていますが、育休には取得要件があり、取得できないケースもあります。

職場の制度はもちろん、。転職し妊娠した場合に取得できるのかどうか、事前に確認しておくことが大切です。

3.社員数が多い

企業の風土もあるため、社員数が多いと子持ち女性でも働きやすいと一概には言えませんが、職場の人数が少ないとひとりに対する仕事の責任も大きく、休みにくい可能性があります。

 部署が多い、社員数が多いかどうかは、子持ちでも働きやすい職場の見極めポイントのひとつでしょう。

社員数が多ければ、早退や急な休みにサポートしてもらいやすい傾向にあり、産休・育休も同様です。

もちろん実態を確認する必要がありますが、人数が少ないよりも多い方が子持ちも働きやすい可能性が高いでしょう。

4.自由な働き方ができる

パソコンを操作する女性

企業によっては、フレックスタイムがある、フルリモート勤務ができ在宅勤務ができる、企業内保育園があるなど、これまでの働き方とは違う自由な働き方ができることもあります。

 ラッシュ時間を割けて子どもの送り迎えができる、急な休みにも家で仕事が進められるなど、子持ちにとってメリットが大きいでしょう。

このような働き方を採用しているのは、IT・Web系のベンチャー企業が多い傾向にあります。

こうした制度があるかどうかという確認はもちろんのこと、制度が実際に使われているかどうかも重要なポイントです。制度はあるけど実際に機能していないケースも、意外と少なくありません。

自由な働き方を活用している先輩がいるかも、確認しておきましょう。

5.子持ちで働いている社員がいる

子持ちで働いている社員が他にいないと、状況を理解してもらいにくく、居づらくなってしまう可能性も十分にあります。

 実際に子どもを育てながら働いている社員がいるかどうかも、重要なチェック項目です。

同世代の子どもを持ちながら働いている人に、働く雰囲気や制度、休みやすさなどについて話を聞いておくのがベターでしょう。ママに向けた制度が実際に稼働しているかどうかの確認にもなります。

子持ち女性が転職しやすいタイミングは?

話をする子どもと母親

子持ち女性が転職を検討するのは、今よりも子育てに理解のある職場で働きたい、仕事にやりがいを求める、家計を支えたいといった理由が多いようです。

子持ち女性が転職しやすいタイミングはいつなのでしょうか。転職を検討する人が多いタイミングは、以下の通りです。

転職を検討するタイミング例
  • 子どもが3歳になるころ
  • 子どもが小学校に入学するタイミング
  • 子どもが小学校高学年になるタイミング

子育てと仕事の両立という側面で考えると、親子ともに小学校生活に慣れたタイミングであれば、小さい頃に比べて手がかかりにくくなっているでしょう。

また、保育園が決まっていない、小学校入学と重なる時期の転職は、できるだけ避けておいた方が賢明です。

 しかし、家計のことやキャリアのことを考えると、転職のタイミングに正解はありません。

子どもの事情によってもベストなタイミングは異なるため、この時期に転職しなければ!と焦る必要はないでしょう。

子持ち女性の転職を成功させる6つのコツ

ポイントと書かれた単語帳

転職エージェントを活用する

子持ち女性の転職は、家事や育児もあり、さらには仕事をしている可能性もあり、とにかく多忙を極めています。ひとりで進めるとくじけてしまうこともあるでしょう。

転職エージェントを活用して、転職活動をサポートしてもらうのがおすすめです。

 転職相談はもちろん、応募書類の添削や面接対策、条件交渉の代行と、転職のプロからの手厚いサポートを受けることができます。

効率的に転職活動を進めることができるので、転職を希望するなら活用しない手はありません。

女性向けの転職エージェントなら、子持ちでも働きやすい職場を提案してもらうことができるでしょう。

これまでの経験を活かせる仕事を探す

子持ち女性の転職先は、できれば未経験の仕事ではなく、これまでの経歴を活かした転職をするのがおすすめです。よりよい条件で転職できる可能性が高くなるでしょう。

 未経験の仕事の場合学ぶことも多く、精神的な負担も大きくなります。

これまでの経験やスキルを活かした転職先であれば、仕事に慣れるのも早くなり、時間的・精神的負担が軽くなるでしょう。

能力を買ってもらうことができれば、給料や勤務時間などの融通もきかせやすくなるかもしれません。

子持ちをカバーするアピールポイントを探す

パソコンを持つ女性

転職活動をするうえで必須である自己分析も重要です。まずはスキルの棚卸をして、自分の強みを見つけましょう。

 転職活動においてネックになる子持ちという点をカバーできる、アピールポイントを探すことが大切です。

自分がどう会社に貢献できるかを応募書類や面接で示すことができれば、子持ちという点を踏まえたうえで、採用したいと思ってもらえるでしょう。

勤務時間が他の人よりも短くなる可能性を踏まえ、働き方の工夫も伝えられるといいかもしれません。

転職先に妥協できない条件を決める

時間や体力などの制約もあり、子育てと仕事の両立を全部100%の力ではできません

 転職先を考えるうえで、「ここは譲れない」という優先順位を決めておきましょう。

土日は絶対に休み、残業はしない、休みやすいなど、どこを優先するかによって、転職先も変わります。優先順位を事前に決めておくことで、条件交渉の指針にもなるはずです。

家族の理解を得る

お父さんとおじいさんと娘

家族の了承が得られており、サポートを受けられるかどうかいう点を面接で確認されることも多いでしょう。

 家族にきちんと了承を得て、家族の理解があることをアピールできるといいかもしれません。

どんな場面でサポートしてもらえるのか、具体的に挙げられるようにしておくのがベストです。近くに住む両親に子どもを預けられる、迎えは夫との交代制など、家庭環境を想定できるように説明できるといいでしょう。

家族の了承がないと思われてしまうと、働くのは難しいかもしれないという印象になります。

子ども関連の質問には対策をしておく

面接では子どもに関する質問が想定されるため、スムーズに回答できるよう準備しておきましょう。よくある質問例は以下のようなものがあります。

子ども関連の質問例
  • 子どもが小さいが仕事上支障はないか
  • 外回りや出張への対応可否
  • 今後の出産予定はあるか
  • 長く働き続けられるかどうか

周囲のサポートや保育園、学童の利用状況など、緊急時にどう対応することになるか、あらかじめシミュレーションしておくことが頼節です。

ただし、よく思われようと嘘の申告はNGです。緊急時にママしか対応できないのであれば、正直に伝えましょう。

子持ち女性が転職で有利になるおすすめ資格

子持ち女性が転職活動をする際、以下4つの資格を持っておくことで選考を有利に進められます。

おすすめ資格
  • 実務者研修(介護士)
  • 簿記2級
  • 基本情報処理技術者
  • 登録販売者

実務者研修(介護士)

介護職への転職でよくある失敗例&対応策は?成功させるコツも解説

まず最初に上げる資格が実務者研修で、取得後に介護士として長期的に活躍できる資格のためおすすめです。

今後需要も高まり続け安定した収入が得られるため、子供を育てに必要なお金を十分稼げるでしょう。

 実務者研修を取得した後は、介護福祉士に挑戦することがおすすめ。

さらに介護福祉士を取得すれば仕事の幅が広がり、年収アップも望めます。

全体的に人手不足が続く介護業界ですが、実務者研修を取得していると転職活動が有利に進みます。

無理のない範囲で実務者研修を取得し、余裕があれば介護福祉士にも挑戦すると良いでしょう。

簿記2級

女性から人気の事務職ですが、多くの企業で簿記保有者を優遇しているため、日商簿記2級は持っていて損はありません。

子持ち女性の場合時短勤務を希望するケースも多いですが、簿記2級があれば労働時間が短くてもほしいと思う企業は多いです。

 事務職はどこの企業でも募集を行っているため、一度簿記2級を取得すればその後のキャリアの選択肢も増えます。

受験料も5,000円以下とお手頃で、子育てと並行しても受験しやすい点はメリットとなり、もしも取得できなかったとしても勉強して再度トライできます。

Eラーニングや参考書を活用すれば独学でも取得ができるため、中長期的に安定したキャリアを臨むのであれば、まずは簿記2級から取得を目指すと良いでしょう。

簿記2級を取得し、実務経験を積んだら1級にも挑戦してみましょう。

基本情報処理技術者

エンジニア

IT業界へ転職する際に武器となるのが基本情報処理技術者で、基本的なIT知識が身についていることを証明できる資格です。

最近だと未経験からシステムエンジニアを育てる企業も増えてきているため、実務経験がなくても基本情報処理技術者を取得していれば、書類選考の通過率が高くなります。

 IT業界は給与水準が高く、転職後に年収が大幅に高くなることも珍しくありません。

子持ち女性の中には、将来の大学費用など、教育に関する出費に不安を感じる人もいるでしょう。

IT企業へ転職し、システムエンジニアとして活躍できれば給料も高くなり、仕事とプライベートの両方が充実させられます。

ITスキルが身につけば、IT企業以外にもさまざまな業界のIT部門として転職先の選択肢が広がるメリットがあります。

登録販売者

最後に子持ち女性へおすすめの資格は登録販売者で、保有していると薬局のアルバイトやパート勤務でも時給が大幅に上がります。

近年ドラッグストアが続々とオープンしている一方、販売スタッフの不足が続いている上に、登録販売者の資格を持った人はさらに少ないです。

 保有している人が少ないからこそ、転職時には大きなアピールポイントになります。
また登録販売者を取得し市場価値が上がれば、ドラッグストアや薬局などでは欠かせない存在になるでしょう。
基本的にシフト制で休みが取りづらい職場でも、市場価値の高い人であれば、ある程度融通を聞かせてもらい休みが取りやすくなるなど、給与面以外のメリットもあります。

登録販売者を持っている40代、50代の女性も活躍していることから、将来的に見ても長期間役に立つ資格です。

子持ち女性の転職におすすめの転職エージェント4選

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント

おすすめポイント
  • 女性の正社員求人に特化した転職サイト
  • 社員からの評判や口コミなどをチェックすることもできる
  • 適職診断ツールも利用できる

「type女性の転職エージェント」は、長く働ける転職先を探す女性に特化した転職サイトです。キャリアアドバイザーにも女性が多いため、安心して子持ち転職の悩みを相談できるでしょう。

 「ワーママITエンジニア向けの転職相談会」など、悩み別の個別相談会・セミナーも随時開催しています。

年間5,000名以上のキャリアカウンセリングや、年間数百名もの転職支援実績があるため、女性の転職に関するさまざまなノウハウを持っているのも大きな強みです。

正社員での転職を検討しているなら、チェック必須です。転職ノウハウなど情報も多く、転職を悩んでいる人にもいいでしょう。

公開求人数※2022年6月3日時点 18,635件
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 個別相談会
  • キャリアカウンセリング
利用可能地域 一都三県(エンジニア、プログラマのみ関東、関西、九州、中部、北海道など)
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター

出典:type女性の転職エージェント
※公式サイトの文言によります。

DYM就職

DYM就職

おすすめポイント
  • 未経験OK・研修充実といった求人を多数保有
  • 転職のプロが転職活動をすべてサポート
  • 内定後のフォローもある

「DYM就職」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニートの転職に強みのある転職エージェントです。

未経験OK・研修充実の求人も充実しているため、子育てでブランクがある、仕事経験が少ないといった人にもおすすめです。

 転職のプロが転職活動の工程を最後まで二人三脚でサポートしてくれるため、転職が初めての人も安心して利用できるでしょう。

一部上場企業やベンチャー企業と、求人の種類はさまざま。希望やスキルにマッチすると思われる求人を提案してくれます。

非公開も多数保有しているため、会員登録をすればさらに選択肢が広がるでしょう。

企業とのパイプがあるため、実践に即した面接でよくある質問や傾向を教えてもらうこともできます。内定後のフォローもあり安心です。

公開求人数※2022年6月4日時点
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
利用可能地域 オンライン:全国可

対面:東京、札幌、仙台、名古屋、京都、大阪、広島、福岡

運営会社 株式会社DYM

出典:DYM就職

パソナキャリア

パソナキャリア

おすすめポイント
  • 働く女性の支援に長年のノウハウがある
  • 希望の働き方に合わせた求人の条件検索もできる
  • キャリアアップを目指せるハイクラス求人もある

「パソナキャリア」は、長年働く女性の支援に力を入れている転職エージェントです。女性転職に関する専門チームが、ひとりひとりの希望や状況に寄り添い、転職を全力でサポートしてくれます。

 求人検索ではテレワーク可、フレックスOK、残業が少ないなど、働き方の希望に合わせた検索が可能です。

ハイクラス求人も取り扱っているため、子育てをしながらキャリアアップも目指したいという人にもいいでしょう。

女性が働きやすい職場環境に取り組む企業のレポートなどをチェックすることもでき、求人探しの参考にすることができます。

非公開求人も豊富に保有しているため、比較的条件のいい求人に出会える可能性も高いでしょう。

公開求人数※2022年6月4日時点 3,401件
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社パソナ

出典:パソナキャリア

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 女性の転職市場に特化したキャリアアドバイザーがサポート
  • 求人票だけではわからない情報も確認できる
  • マイナビならではの独占求人に出会える可能性もある

「マイナビエージェント」には、女性向け求人に特化した転職サービスもあります。女性の転職市場に精通したキャリアアドバイザーが専門チームを組み、転職活動のすべての工程をサポートしてくれるのが特徴です。

 企業営業担当者も、会社の雰囲気といった情報を提供してくれるため、子育てと仕事を両立できる環境かといったところまで確認することができます。

人材サービスの大手であるマイナビならではの独占求人や非公開求人もあり、ここでしか出会えない求人とマッチングできる可能性もあるでしょう。

しっかりヒアリングすることを重視しているため、希望がまとまっていない段階でも相談してみるといいかもしれません。

公開求人数※2022年6月3日時点
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社マイナビ

出典:マイナビエージェント

よくある質問

子持ちだと転職で不利になる?
子供がいること自体は選考に影響を及ぼしません。ただ、子育てのために時短勤務をしなければいけない、急な休みが必要など、働き方に制限があると子持ちかどうかに関係なく転職活動に影響を及ぼします。
将来自分ひとりで子供を育てられるか不安。
将来の収入に不安があれば、まずは資格を取得して専門性を高めていきましょう。専門知識に富んだ人材であれば市場価値も高く、待遇の良い企業へ転職できる可能性が高くなります。
子供の急な病院などで、休みが取れるか不安。
急な休みなど、働き方に融通を聞かせてもらいたい女性の場合、子育て支援を積極的に行っている企業を選択しましょう。会社によっては急な病気などの際、会社を抜けて送り迎えをしても良いなど、独自の制度を設けている企業も多いです。
子持ちであることが出世に響くことはある?
転職の面接同様、子持ち女性であることが出世に直接影響することはありません。子供の対応でフルコミットが難しい場合は出世にも影響が出ますが、他の社員同様フルコミットできていれば純粋な成果を軸にステップアップが可能です。
子育てと仕事を両立するコツは?
ひとつの方法として、積極的にリモートワークを活用する選択があります。最近だとIT業界に限らず多くの業界でリモートワークが解禁されており、家にいながら出社時同様のコミットができる企業へ転職することがおすすめです。

まとめ

今回は、子持ち女性の転職事情転職を成功させるコツをご紹介しました。

子持ち女性の転職は一般男性や子どものいない女性よりも難易度が高くはなりますが、子持ちだからといって転職できないわけではありません。

事前にしっかり対策しておくことが、子持ち女性の転職ではより重要になるでしょう。

 転職エージェントを活用してサポートしてもらうことが、子持ち女性が効率的に転職活動を進めるポイントです。

非公開求人も紹介してもらえるため、転職先の選択肢も広がるかもしれません。転職エージェントで希望の転職やライフスタイルを叶えてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事