ニートも就職できる?成功のポイントやおすすめ就職エージェントも紹介

ニートも就職できる?成功のポイントやおすすめ就職エージェントも紹介

「ニートでも就職できるか心配…」と考えている人もいるのではないでしょうか。

不安な気持ちも分かりますが、ニートから脱却したい・就職したいという自分をまずは褒めてあげましょう。

しかし、実際にニートが就職するとなると、一体どのような方法で就職活動を進めればいいのか迷ってしまう人もいるでしょう。

そこで本記事では、ニートの就職に関する以下の項目を解説します。

この記事でわかること
  • ニートが就職を考えるおもなきっかけ
  • ニートが就職に一歩踏み出せない理由
  • ニートが就職を成功させるポイント
  • ニートにおすすめの就職エージェント

この記事を読めばニートの転職方法がわかるだけでなく、ニートにおすすめの就職エージェントまで把握できます。

ニートをいち早く脱却したい人はもちろん、就職を視野に入れている人もぜひ参考にしてみてください。

あなたはニートにあてはまる?ニートの定義や人口をチェック!

イスのうえで落ち込む女性

まずは自分がニートにあてはまるかチェックしましょう。ここでは、ニートの定義や人口を解説します。

ニートの定義

ニートとは、教育機関に通っていない・就職をしていない・職業訓練を受けていない35歳以下の人を指します。もともとニートはイギリスで生まれた比較的新しい言葉です。

 ”Not in Education,Employment or Training”の頭文字をとり、NEET(ニート)と呼ばれています。

勘違いされがちなのが、フリーターです。フリーターは正社員でなくても、アルバイトという就業をしているため、ニートにはあてはまりません。

また、35歳以上を過ぎると、いわゆる引きこもりと呼ばれます。35歳以上になると就労支援が激減してしまうので、注意が必要です。

就職を考えているなら、できるだけ早めに行動したほうが良さそうですね。

ニートの人口

内閣府による「子供・若者白書(全体版)」によると、2018年のニートの人口は61.3万人と推計されています。

 性別で見ると、男性が76.6%・女性が23.4%という結果になりました。男性のほうが女性よりもニート人口が多いことがわかります。

ニートの人数を減らすためにも、さまざまな就労支援が用意されています。

一刻も早くニートを卒業するためにも、早めの行動が重要です。

ニートが就職を考えるおもなきっかけは?

ネクタイを直す人

ニートが就職を考えるきっかけとして、どのようなものが挙げられるのでしょうか。それぞれ詳しく確認していきましょう。

ニートが就職を考えるきっかけ
  • 親の年金や遺産にいつまでも頼れない
  • ニートをしている罪悪感に耐えられない
  • 自由に使えるお金が欲しい
  • 友人や周りの人と比べて奮起する

親の年金や遺産にいつまでも頼れない

ニートが就職を考えるきっかけとして、親の年金や遺産にいつまでも頼れない危機感が挙げられます。

 ニートは給料を得る生活をしていないため、必然的に親へ頼りがちです。しかし、両親が定年を迎えると、年金生活を余儀なくされます。

年金だけでは今までのように生活できず、危機感を覚えるニートも少なくありません。また、たとえ遺産があったとしても、一生暮らしていくことは難しいでしょう。

経済的な危機感を覚えると、「就職しなくてはならない」と考え直す人も多い傾向です。

ニートをしている罪悪感に耐えられない

ソファの上で頭を抱えている男性

ニートをしている罪悪感に耐えられず、就職を考えている人もいます。本来なら働いているはずなのに、毎日何もしていない自分に耐えられない人も少なくありません。

 特に、成人してしばらく経つのに、親に養ってもらっていることに大きな罪悪感を覚えるようです。

家庭の事情はさまざまあるにしろ、すでに成人を迎えている子どもを養うのは容易なことではありません。

罪悪感を覚えるうちに、就職への一歩を踏み出す人もいるでしょう。

自由に使えるお金が欲しい

ニートが就職を考える理由に、自由に使えるお金が欲しいことも挙げられます。ニートは親に養ってもらっている以上、自由に使えるお金が制限されがちです。

 特に、趣味や娯楽に自由にお金を使いたい人が多い傾向にあります。充実した生活を送るために、就職の一歩を踏み出している人も少なくありません。

自由に使えるお金が増えれば増えるほど、自己実現にもつながります。日々の生活を送るうえで、大きなモチベーションになるでしょう。

趣味や娯楽に思う存分お金をかけることで、働くやりがいを見いだせるかもしれません。

友人や周りの人と比べて奮起する

ゲストから見守られる新郎新婦

友人や周りの人と比べて奮起する人も少なくありません。例えば、20代後半を過ぎると、周囲が一気に結婚ラッシュを迎えます。

 最初のうちは「自分には関係ない」と思っていても、立て続けに結婚している人を見かけると羨ましさを覚えるでしょう。

また、30代に差しかかると、昇進・昇格をする人も出てきます。「いつか自分も社会で活躍したいな」と思い始めると、就職へ歩みを進める人も少なくありません。

過度に他人と比べるのはよくありませんが、奮起して行動に移すのは悪いことではありませんよ。

ニートが就職活動に一歩踏み出せない理由とは?

シャッターの奥で首をかしげる女性

一方、ニートが就職活動に一歩踏み出せない理由とは、どのようなものがあるのでしょうか。ひとつずつ確認していきましょう。

ニートが就職活動に一歩踏み出せない理由
  • ニートをしていた自分に仕事が務まるか不安
  • ブラック企業に入社しないか心配
  • 圧迫面接を受けないか心配
  • 上手にコミュニケーションをとれるか不安

ニートをしていた自分に仕事が務まるか不安

「いざ就職しても、仕事についていけるか心配…」と考えるニートは多いようです。特に、アルバイトを含めた就業経験がない人は、不安を覚えてしまう人もいるでしょう。

 自分に仕事が務まるか心配なら、未経験者歓迎の企業を選ぶのがおすすめです。

未経験者歓迎の企業であれば、じっくり育成してもらえる可能性が高いでしょう。

また、教育体制がしっかりしている企業もおすすめです。一から学べる体制が整っていれば、就業がはじめてでも安心できます。

教育体制が整っているかどうか、面接時に確認しておくとよいでしょう。

ブラック企業に入社しないか心配

暗闇で落ち込むスーツを着た男性

ブラック企業に入社しないか心配な人もいるでしょう。ブラック企業とは、残業代が支払われない・パワハラが横行しているなどの特徴が挙げられます。

 ブラック企業に入社しないようにするためには、口コミのチェックが欠かせません。求人へ応募する前に、口コミを閲覧してみてください。

しかし、口コミをそのまま鵜呑みにするのもよくありません。口コミは企業に合わなかった人も多く投稿するため、ネガティブな意見も集まりがちです。

また、インターネットの掲示板に書かれている評判はあてにならない場合がほとんどです。

根拠があるかどうかしっかり見極めましょう。

圧迫面接を受けないか心配

ニートが就職を躊躇する理由として、圧迫面接を受けないか心配だということも挙げられます。

 しかし、売り手市場・パワハラが問題視されている昨今では、威圧的な面接官がほとんど見られません。安心して面接に挑んでください。

仮に威圧的な面接官にあたったとしても、その企業へ入社しなければ問題ありません。「圧迫面接する企業なんて、こちらからお断り」くらいの気概を持ちましょう。

面接はお互いの相互理解を深める場です。きちんと理解してくれる企業に出会えるまで、諦めないでください。

上手にコミュニケーションをとれるか不安

頬杖をついている女性

ニート期間が長かった人のなかには、入社してから上手にコミュニケーションがとれるか心配と考える人もいるでしょう。

 もし、コミュニケーションが苦手なら、他人とあまり話さない職業に就くのがおすすめです。

ただ、コミュニケーションが上手にとれなくても、心配しすぎることはありません。職場の人と顔を合わせるうちに、自然と会話できるようになります。

もし心配であれば、コミュニケーションに関する書籍をいくつかピックアップしておくとよいでしょう。

ニートにおすすめな業種・職種を解説

チェックリスト

ニートから正社員へ転職を目指す人は、以下5つ仕事がおすすめです。

生産・加工業

ニートから正社員を目指す際、生産・加工業などのラインで働くことを推奨します。生産・加工業は特別なスキルが必要ないことに加え、シフト制が多いため残業が発生しづらい点もポイント。

 決められた時間で働けるため、オンオフのメリハリが付けやすいです。

未経験から応募ができるため、経歴に自信がないニートにもおすすめ。まずはコツコツと与えられた仕事から出来るようになりたいニートは、生産・加工業も検討してみましょう。

無理せず決められた時間から、まずは慣れていくと良いでしょう。

警備員

次にニートにおすすめの仕事は警備員で、基本的に一人で業務することが多いため、人と関わることが怖いと感じる人も始めやすいです。

また業務も基本的に警備をすることのみとなっているため、複雑な作業が少ない点もニートにとってはメリットとなるでしょう。

 工事現場やビルなどが多い警備は、人の命に関わる現場なので集中力も必要です。

警備員は工事現場やビルがある限り必要な職種なので、一度仕事に慣れれば中長期的に安定したキャリアが築けます。

一見簡単な仕事に見える警備員も、市場では重要度の高い仕事です。

介護士

介護職への転職でよくある失敗例&対応策は?成功させるコツも解説

少子高齢化が進む現在、介護士は需要が高まる仕事の一つで、未経験者を採用する事業所が多くニートにもおすすめです。

また事業所によっては入社後に資格取得の支援や勉強会を行っているケースも少なくありません。

 仕事をしながら資格が取れるため、キャリアアップが目指しやすい点もメリット。

さらに若手人材で介護士を目指す人が少なく、業界全体に高齢化も深刻な問題です。そのためニートから正社員を目指す人も、やる気や熱意次第で若さを武器として選考を有利に進められるでしょう。

人手の足りない介護業界では、経歴を問わず若い人であれば歓迎する企業が多いです。

ドライバー

ドライバーは運転免許があれば目指せる仕事で、比較的ニートから正社員を目指す人におすすめです。

特に配達経路が決まっている場合、最初の数週間は先輩社員と一緒に仕事を進めますが、慣れてくると自分のペースで配達ができます。

 免許の種類を増やしていけば、仕事の幅も広がります。

配達中は基本的に一人ですが、荷物の受け渡し時には人と接することもあるため、徐々にコミュニケーション能力を高めたい人とも相性抜群。

ドライバーは労働環境が悪いイメージと持たれがちですが、近年労働環境の改善が進んでいるため、メリハリを付けた働き方が出来るでしょう。

自分のペースで仕事薄めつつ、適度に人と接することが出来るため単純作業では飽きてしまうニートにもおすすめの仕事です。

IT業界

プログラマー

IT業界は職種によって自分の仕事に集中でき、スキルや年収アップが狙いやすい業界です。

自分の業務に集中できる職種
  • プログラマー
  • コーダー
  • マーケター
  • データサイエンティスト

専門知識が必要なIT業界の場合、独学で知識やスキルを身に着けたニートであれば有利に選考を進められます。

また経歴や前職よりもスキルが重要視されるIT業界業界では、ニートから正社員となり活躍している人材も多いです。

 ニートである経歴がデメリットになりづらい点もおすすめのポイント。

まずは自分の業務をこなし、会社に慣れていけばリーダーやマネージャーとしての道もあるため、正社員として成長も考えているニートはIT業界も視野に入れてみて下さい。

毎年多くのIT企業が設立されているため、選択肢は極めて豊富です。

ニートが就職を成功させるポイント

ハイタッチしている男女

ここからは、ニートが就職を成功させるポイントをご紹介します。気になるポイントは以下のとおりです。

ニートが就職を成功させるポイント
  • 自己分析を行う
  • ネットを見る頻度を減らす
  • 身だしなみに気をつける
  • ニートの就職に特化した就活サービスに登録する

自己分析を行う

ニートの転職を成功させるために、自己分析を行いましょう。自己分析を行うことで、自分に合った企業が見つかりやすくなります。

 自己分析にはさまざまな方法がありますが、まずやってみてほしい自己分析方法が「モチベーショングラフ」です。

縦軸をモチベーション・横軸を時間に設定します。学生時代からこれまでを振り返り、どのような出来事でモチベーションが上下したかグラフに書き起こす方法です。

モチベーショングラフを書いていくと、何に対して自分のモチベーションが上がるのかを把握できます

モチベーションが上がる傾向を把握し、自分の強みや得意なことを探していきましょう。

ネットを見る頻度を減らす

デザインを行っている人

ニートの就職を成功させるためには、インターネットを見る頻度を減らすことも重要です。

 特に、不特定多数が書き込める掲示板やSNSにはネガティブな投稿が多く含まれます。ネガティブな波に飲み込まれてしまう人も少なくありません。

就職活動の情報収集するために、企業のホームページや口コミサイトを中心に閲覧するとよいでしょう。

インターネットに多大な時間を割くよりも、体力づくりをするほうがよっぽど有意義な時間です。

身だしなみに気をつける

身だしなみに気をつけることも、ニートの就職を成功させるために欠かせないポイントです。

 就職活動が本格的に始まる前に、まずはスーツ一式をそろえましょう。なかには、就活用のカバン・靴までセットで販売しているところもあります。

また、見落としがちなのが髪の毛です。家にいる間は気にならなかったかもしれませんが、面接へ行く際はさっぱりとした髪型が好まれます。

就職活動は第一印象である程度決まるとも言われています。

相手に不快な思いをさせないよう、身だしなみには気を配りましょう。

ニートの就職に特化した就活サービスに登録する

携帯の画面を見ている人

ニートの就職に特化した就活サービスに登録するのもおすすめです。就活サービスに登録すると、さまざまなサポートを受けられます。

 例えば、履歴書・職務経歴書の書き方を教えてくれます。はじめて応募書類を書く人にとって、心強い味方になってくれるでしょう。

また、面接対策をしてくれるのも嬉しいポイントです。実際の面接で想定される質問を交えながら、実践的に面接を対策できます。

就活サービスは無料で登録・活用できる場合がほとんどです。気兼ねなく登録してみてください。

ニートにおすすめの就活エージェント4選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 非公開求人を多数保有
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍
  • 独自に分析した業界・企業レポートがもらえる

さまざまな求人を見比べたいなら、リクルートエージェントがおすすめです。リクルートエージェントが保有している求人は業界最大級といわれています。

特に、非公開求人は常時10万件以上あるのが魅力です。

 非公開求人はほかの転職サイトに掲載されていない求人が多く、効率よく転職活動を進められるでしょう。

また、各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているのもポイントです。業界の知識がなくても、しっかりサポートしてくれるので安心してください。

独自に分析した業界・企業レポートがもらえるのも、リクルートエージェントを利用するメリットです。

求人数※2022年2月18日現在 165,866件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 就活サポート
エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート

※出典:リクルートエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 求人票にはない情報を得られる
  • 圧倒的なマッチング精度
  • 充実したマンツーマンのサポート体制

求人票には掲載されていない情報を得られるのが、マイナビエージェントのメリットです。

 企業に直接足を運んでいるリクルーティングアドバイザーのおかげで、企業の雰囲気や社内の人間関係まで把握できます。

また、マンツーマンのサポート体制も魅力です。選考サポートはもちろんのこと、面接日程の調整や給与をはじめとした条件交渉まで代行してくれます。

夜間や土曜日の面談も対応してくれるほか、LINEでやりとりできるのも心強いですよね。

求人数※2022年2月18日現在 34,615件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
エリア 全国
運営会社 株式会社マイナビ

※出典:マイナビエージェント

doda

doda

おすすめポイント
  • 企業から直接スカウトを受け取れる
  • 就職イベントやセミナーが定期開催
  • 就職活動に役立つ豊富なコンテンツ

dodaを利用すると、企業から直接スカウトを受け取れるメリットがあります。効率的に就職活動を進めたい人にうってつけです。

 また、就職イベントやセミナーを定期的に開催しています。就職活動の進め方やキャリアの考え方などのヒントを得られるでしょう。

就職活動に役立つ豊富なコンテンツがあるのも、dodaの魅力です。就職活動で不明な点があれば、チェックしてみてください。

就活コンテンツのなかには、自己PRや適職診断に役立つものもあるので要チェックです。

求人数※2022年2月18日現在 124,123件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 就活イベント
  • スカウト機能
エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※出典:doda

ハタラクティブ

ハタラクティブ

おすすめポイント
  • 経歴や状況に合わせた的確なアドバイス
  • 適性のある仕事を厳選して紹介
  • 選考を受ける企業に合わせた選考サポート

ハタラクティブはニートやフリーター・既卒就活に特化した就活エージェントです。経歴や状況に合わせて、的確なアドバイスをしてくれます。

 また、あなたの強みや適性を理解したうえで、厳選して求人を紹介してくれるのがメリットです。求人を探す手間を少しでも省きたい人に適しています。

選考を受ける企業に合わせた選考サポートも魅力です。1社ずつしっかり面接対策をしてくれるため、選考を通過しやすいでしょう。

やみくもに求人に応募するのではなく、的を絞って就活できるのが嬉しいですね。

求人数※2022年2月18日現在 要問合せ
おもなサービス
  • 求人紹介
  • 選考サポート
エリア 全国
運営会社 レバレジーズ株式会社

※出典:ハタラクティブ

よくある質問

ニート向けの求人はどこで見つかる?
ハローワークや転職エージェント、転職サイトなどで取り扱われています。
特にニートの就職支援に特化した転職エージェントであればサポート体制も厚く、未経験OKの求人など挑戦しやすい企業が豊富です。
仕事が怖いと思う時はどうすれば良い?
まずはシフト制で少ない時間から働くなど、徐々に慣れていくと良いでしょう。
また警備員やドライバーであれば一人で仕事をする時間が長いため、コミュニケーションに自信がないニートへおすすめです。
ニートから正社員に就職する時の注意点は?
まずはなぜニートをしていたのか明確に理由を考え、その中で得た経験を伝えましょう。
またニート歴は長くなればなるほど不利になるため、できるだけ早く就活をスタートすることを推奨します。
無職から就職はできる?
結論から言うと可能です。
前述で紹介したとおり、若さが武器になる業界や経歴をあまり気にしない職種であれば就職できます。
ただ無職の期間が長くなると選考が不利になるため、なるべく早めの行動がおすすめです。
30代ニートは就活で不利?
30代であるとあまり有利とは言えません。
ただ30代でもまだ若いとみなされる業界、人手が圧倒的に足りない企業であれば十分正社員になるチャンスはあります。
選考時は「なぜニートであったか」「これからどうなりたいのか」など、現状とキャリアビジョンを明確に伝えましょう。

まとめ

ニートの就職は厳しいと言われています。しかし、十分な対策をすることで、ニートでも満足のいく進路を選べます

ニートの就活を成功させるためには、自己分析をしっかり行い、自分の強みや得意なことを把握しておくとよいでしょう。

また、不特定多数が書き込める掲示板やSNSを閲覧しすぎないのも重要です。根拠のある情報なのか、しっかり確認してください

効率的に就職活動を進めたいなら、就活サポートを利用するのもおすすめです。キャリアアドバイザーが親身になって相談にのってくれるため、はじめての就活でも心強いでしょう。

ぜひこの記事を参考にして、ニートから脱却できるように準備を進めてください!

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事