年収500万円の手取り額は?生活水準や年収アップの方法も徹底解説!

年収500万円の手取り額は?生活水準や年収アップの方法も徹底解説!

「年収500万円の手取り額が知りたい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。

給料アップを目指すなら、まずは年収500万円を目標に設定するとよいでしょう。

しかし、年収500万円の手取り額がわかっても、生活レベルの実態をイメージしにくいでしょう。

そこで本記事では、年収500万円の手取り額に関する以下の項目を解説します。

この記事でわかること
  • 年収500万円の手取り額
  • 年収500万円の生活レベル
  • 年収500万円でできること
  • 年収500万円を目指す方法

この記事を読めば年収500万円の手取り額がわかるだけでなく、年収500万円を目指す方法まで把握できます。

年収500万円を目指してる人はもちろん、年収アップに興味がある人もぜひ参考にしてみてください。

年収500万円の手取り金額は?

ドル札を持っている人

年収500万円の手取り金額は実際にどれくらいなのでしょうか。年収と手取りの違いからご説明します。

年収500万円の手取り金額とは
  • 年収と手取りの違い
  • 年収500万円の手取り額はおよそ400万円

年収と手取りの違い

「年収500万円」と記載があったとしても、500万円すべてもらえるわけではありません。なぜなら、税金や社会保険料などが500万円から引かれるからです。

 例えば、所得税や住民税などの税金や厚生年金保険料や雇用保険料などが差し引かれます。

これらの金額は、法や所定のシステムに基づいて決まります。そのため、個人の意思で差し引かれる金額を少なくすることはできません。

税や社会保険料などが差し引かれる前の金額を「額面」と呼びます。

差し引かれたあとの金額を「手取り」と呼ぶのが一般的です。

年収500万円の手取りはおよそ400万円

札とコイン

年収に対して、手取り額はおよそ8割程度です。年収500万円の場合、手取り額は約400万円という計算になります。

しかし、ボーナスの支給有無によって多少月の手取り額が前後する点には要注意です。賞与が支給されるケース・支給されないケースをそれぞれ確認していきましょう。

ボーナスがある場合、毎月の月収は?

ボーナスが2.5ヶ月分だとすると、年収500万円の場合に月収はおよそ29万円です。賞与の手取り額はおよそ73万円です。

ちなみに、賞与に関しても所得税や社会保険料の金額が引かれます。

 年収と同様に、額面どおり支給されるわけではないので、注意が必要です。

ただし、賞与から住民税が引かれることはありません。毎月の給料よりも、差し引かれる項目がひとつ少なくなるのはおさえておきたいポイントです。

ボーナスの額によって月の手取り額は変動します。ボーナスの額を事前に確認しておきましょう。

ボーナスがない場合、毎月の月収は?

ボーナスが支給されない場合、毎月の月収は高くなる傾向です。計算してみると、毎月の手取り額はおよそ33万円という結果になりました。

 ボーナスが支給されている人と比べると、およそ4万円ほど月収の手取り額が高くなる計算です。

しかし、ボーナスが支給されると仕事のモチベーションアップにつながります。不動産や自動車など高い買い物もしやすくなるでしょう。

可能であれば、ボーナスが支給される企業を選ぶとよいでしょう。

年収500万円の生活水準をケースごとにチェック!

パソコン画面を見ている女性

年収500万円をもらっている人の場合、生活水準はどれくらい異なるのでしょうか。それぞれケースごとにチェックしていきましょう。

年収500万円の生活水準
  • 実家暮らしの場合
  • 1人暮らしの場合
  • 夫婦2人暮らしの場合
  • ファミリー世帯の場合

実家暮らしの場合

年収500万円をもらっている人が実家暮らしの場合、余裕をもって生活を送ることができるでしょう。

 毎月の手取り額が33万円・親へ渡すお金が10万円と仮定します。手元に残った23万円が自由に使える金額です。

毎月23万円も手元に残れば、趣味や交際費にお金をかけつつ、貯金も叶うでしょう。余裕のある生活を望めます。

将来のために貯金を考えているなら、実家暮らしの選択を視野にいれてみるのもよいでしょう。

1人暮らしの場合

ソファでリラックスする男性

1人暮らしの場合、実家暮らしの人と比較すると支出額が増えます。特に、都心部で1人暮らしをしている人は家賃が大幅にかかるでしょう。

また、光熱費や通信費・食費などもかさみます。

 自炊ではなく外食やデリバリーの機会が多ければ多いほど、食費が膨らむ点には要注意です。

そのほかにも、交際費や娯楽費などが別途でかかるため、実家暮らしよりは余裕のある生活が望めません。

お金をかけるべき項目・節約項目をきちんと整理し、メリハリをつける必要があります。

夫婦2人暮らしの場合

夫婦2人暮らしの場合、家賃が折半になるケースがほとんどです。そのため、1人暮らしのときよりも家賃の金額を抑えられる可能性があります。

 また、パートナーの年収が同じく500万円だとすると、世帯年収は1000万円にのぼります。比較的余裕のある生活を送れるでしょう。

夫婦2人暮らしで余裕があるなら、本格的に貯蓄をスタートさせるのもおすすめです。マイホーム購入や育児費用などに充てられます。

結婚式を考えている場合、結婚式費用を貯蓄しておくとよいでしょう。

ファミリー世帯の場合

草原を歩く家族

総務省によると、ファミリー世帯の1ヶ月の支出はおよそ27万円といわれています。子どもの人数によって前後するものの、参考にしてみてください。

 年収500万円の手取り額を33万円と想定すると、1人馬力では余裕のある生活を送りにくいでしょう。

特に、子どもがいると急な出費が必要となる可能性があります。場合によっては、赤字に転じてしまうこともあるでしょう。

急な出費によって痛手を負う前に、ある程度貯蓄をしておくことが大切です。

※参考:総務省『家計調査報告-月・四半期・年-』

年収500万円でできることは?

笑顔の女性

年収500万円あれば、どのようなことができるのでしょうか。それぞれひとつずつ、項目をチェックしていきましょう。

年収500万円あればできること
  • 貯金
  • 結婚
  • マイホーム購入
  • マイカー購入
  • 子育て

貯金

年収500万円あれば、毎月貯金できます。例えば、実家暮らしの場合は15万円以上・1人暮らしでも10万円以上は貯金可能です。

 浪費癖がなければ毎月「貯金しよう!」と意気込まなくても、自然と貯金できるでしょう。

将来のことを考えるなら、無理のない範囲で貯金するのがおすすめです。年収500万円の場合、貯金の目標額を達成しやすいでしょう。

1年間で100万円以上もの貯金に成功する人も少なくありません。

結婚

年収500万円でできることは?

年収500万円もらえている人は、結婚後の生活をスムーズに送れます。毎月の手取り金額が33万円だと仮定すると、夫婦2人なら余裕のある暮らしを実現できるでしょう。

 もしパートナーがフルタイム勤務でなくても、年収500万円なら交際費や娯楽費を削らずに済みます。

また、結婚式費用の貯蓄も可能です。結婚式は何かと費用がかさみがちですが、年収500万円あれば十分な額を結婚式費用に回せます。

パートナーも年収500万円なら、さらに余裕のある生活ができますよ。

マイホーム購入

年収500万円あれば、マイホーム購入も十分検討できます。これまでしてきた貯金があれば、頭金もそれなりに用意できるでしょう。

マイホームを購入する場合、多くの人は住宅ローンを組みます。

 職業の安定性にもよりますが、年収500万円ならローン審査の通過可能性が期待できるでしょう。

しかし、なかには年収500万円でもローン審査に通過できないケースがあります。その際は、パートナーの年収と合算してローンに申し込んでみてください。

年収500万円なら月々のローン支払いも、滞りなく進められるでしょう。

マイカー購入

青い車

年収500万円なら、マイカー購入も十分可能です。高級外車は難しいかもしれませんが、国産車なら射程圏内といえます。

 今まで貯金を続けていた人なら、ローンを組まずに現金一括購入も夢ではありません。

ただし、現金で一括購入する場合は、今後の生活見通しが立つかどうか考える必要があります。一括で購入する際は、無理のない範囲で行いましょう。

車は維持費もかかりますが、年収500万円なら特に気にすることなく支払えるでしょう。

子育て

子どもの人数にもよりますが、子どもが1人であれば年収500万円でも十分生活していくことは可能です。

 総務省によると、子ども2人以上いる世帯の平均的な支出は毎月およそ27万円です。

月収33万円と想定すると、5万円以上は貯蓄できます。

また、夫婦共働きの場合は、さらに余裕が生まれるでしょう。世帯年収を少しでも上げることで、ゆとりを持ちながら生活できます。

子どもを複数人欲しいと考えているなら、世帯年収がどれくらいになるかチェックするのもおすすめです。

年収500万円を目指す方法

パソコン画面を見てメモする人

実際に、年収500万円を目指すにはどのような方法があるのでしょうか。ひとつずつ確認していきましょう。

年収500万円を目指す方法
  • 昇進・昇格を目指す
  • 資格を取得する
  • 副業を始める
  • 投資を行う
  • 給料の高い企業へ転職する

昇進・昇格を目指す

年収500万円を目標に掲げるなら、昇進・昇格を目指すとよいでしょう。昇進・昇格によって、年収アップが叶います。

 昇給すればベースとなる基本給があがる場合が多いです。毎月の給料が上がるだけでなく、ボーナスの支給額も増加が見込めます。

しかし、企業によっては年功序列制度を導入しており、昇進・昇格をスムーズにできないケースも多数見受けられます。

現在勤めている企業で昇進・昇格している人に話を聞いてみるのもおすすめです。

資格を取得する

メモをとる人

資格を取得することで、年収アップにつながる可能性もあります。特に、資格手当がある企業に勤めている人におすすめです。

資格手当は企業で定められた金額が毎月支給される制度を指します。

 売上や業績に関わらず、資格手当として固定額が支給される点がメリットです。

ただし、資格の取得は簡単ではありません。資格取得に向けて、業務終了後や休日に勉強しなければならないため、体力や精神力が必要です。

資格取得にかかる時間を多めに見積もり、学習スケジュールをたてましょう。

副業を始める

すぐにでも収入アップを望むなら、副業を始めるのがおすすめです。昨今は副業を解禁している企業も多く、気兼ねなく副業をスタートできます。

 気軽に副業を始める方法として、クラウドソーシングで仕事を探すとよいでしょう。

初心者でも簡単に仕事を受注できる環境が整っています。

しかし、副業を行うなら本業に支障がない範囲で行わなくてはいけません。本業に支障が出始めると、副業が禁止になる場合があります。

キャパオーバーにならないよう、仕事量を調節するのも大切です。

投資を行う

スマートフォンで株をチェックする人

投資は、比較的労力をおさえて収入をアップさせる方法です。株式をはじめとした資産を運用し、働かなくても配当金が手に入ります。

 しかし、満足できる配当金を獲得するためには、相応の元手が必要です。

元手を用意できなければ、配当金は微々たるものになるでしょう。

また、投資は必ずしも資金が増えるわけではありません。投資をする以上、リスクが伴うことも念頭に置きましょう。

投資にのめり込みすぎるあまり、赤字になってしまう可能性もゼロではありません。

給料の高い企業へ転職する

手っ取り早く年収アップを目指すなら、給料の高い企業へ転職する方法がおすすめです。

 昇進・昇格の機会を狙わなくてもよく、時間をかけて資格取得の勉強をする手間が省けます。

給料の高い企業へ転職すると、すぐに年収500万円を目指せるだけではありません。いずれ、年収600万円・700万円と、さらに年収アップが期待できます。

下記では、給料の高い企業へ転職するコツをご紹介しますよ。

給料の高い企業へ転職するコツは?

ハイタッチしている男女

給料の高い企業へ転職したい場合、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。気になる転職成功のコツは以下のとおりです。

給料の高い企業へ転職するコツ
  • 成長している分野・業種を選ぶ
  • これまでの経験・スキルを活かせる職種を選ぶ

成長している分野・業種を選ぶ

年収の高い企業へ転職を考えているなら、成長している分野・業界を選びましょう。

 成長している業界の一例として、IT業界やEC業界・フードデリバリーサービス業界などが挙げられるでしょう。

成長している分野・業界は利益が出やすい傾向です。そのため、働く従業員にも給与として還元されます。

5年後・10年後も成長見込みがあれば、中長期的に年収アップを目指せますよ。

これまでの経験・スキルを活かせる職種を選ぶ

これまでの経験・スキルを活かせる職種なら、年収アップを大いに期待できるでしょう。

 そもそも、中途採用の基本は即戦力です。即戦力として働ける人材には、その分企業も給料を高めに設定する場合がほとんどです。

例えば、これまでメーカーの営業職を担当していたなら、商社の営業職に転職して大幅に年収アップするのも夢ではありません。

自分の強みを再度洗い出し、転職先を考えていく方法もおすすめです。

年収500万円を目指すなら転職エージェントの利用がおすすめ

スーツを着ている男性

年収500万円を目指すなら、転職エージェントの利用もおすすめです。転職エージェントに登録する3つのメリットを解説します。

転職エージェントを利用するメリット
  • 転職のプロによるキャリア相談
  • 非公開求人の紹介
  • 充実した選考サポート

転職のプロによるキャリア相談

転職エージェントに登録すると、転職のプロによるキャリア相談を受けられます。有益なアドバイスを得られるのがメリットです。

 例えば、キャリアの方向性に悩んでいるのなら、遠慮なくエージェントへ相談してみましょう。

これまで歩んできたキャリアをもとに、最適なキャリアの方向性を一緒に考えてくれます。

自分では思いつかなかった視点でアドバイスをくれるので、視野が広がりますよ。

非公開求人の紹介

相談している女性

非公開求人を紹介してくれるのも、転職エージェントに登録する利点です。

 非公開求人は、ほかの転職サービスに掲載されていない求人が多々あります。

そのため、ライバルが少ない環境で転職活動を進められるでしょう。

また、非公開求人は待遇がよい求人が多い傾向です。年収500万円を目指すなら、非公開求人にも積極的に応募してみるとよいでしょう。

転職エージェントを選ぶ際、非公開求人数もチェックしてみることをおすすめします。

充実した選考サポート

転職エージェントのメリットとして、充実した選考サポートが挙げられます。

 選考サポートのなかには、履歴書・職務経歴書の添削やマンツーマンの模擬面接などが含まれています。

特に、はじめて転職活動をする人にとって、選考サポートは心強い味方になってくれるでしょう。

ほとんどの転職エージェントでは無料で選考サポートを受けられます。

積極的に活用してみてくださいね。

年収アップを目指す人におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
  • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 完全無料
リクルートエージェントは16万件以上※1の非公開求人を持つ転職エージェントです。

 非公開求人は公開すると応募が殺到してしまうような好条件求人である場合がほとんどです。
自分のアピールポイントや、どのような仕事がわからない、といった場合でもキャリアアドバイザーとの面談を通して、自分にぴったりの求人を見つけることができます。

応募書類の添削や、面接の対策も受けることができます。
企業の分析も細かく行っているため、求人を紹介する段階から、企業について詳しく教えてもらえます。入社後のミスマッチを防ぐことができますよ。
運営会社 株式会社リクルートキャリア
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
公開求人数 114,943件※2021年6月10日時点
拠点 全国対応可 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • アドバイザーや担当者の対応がよく、親身に相談に乗ってくれる!
  • 各企業の情報を分析し、手厚い選考対策で内定率UP!
  • 経歴に自信がない方でも正社員転職が目指せる!
  • 全国の転職に対応!WEB面談も可能
  • 完全無料
マイナビエージェントはアドバイザーの質の評価が高い転職エージェントです。

ハードルが高く感じる面談も非常にスムーズで、信頼できる担当者に出会えたという利用者の声が多数あります。 また、大手企業であるマイナビの太いパイプを生かした各企業の分析は選考対策の際に役立ちます。
 マイナビエージェントはスキルや経験が少ない20代の転職をメインターゲットとしていますので、スキルに自信がなくても正社員として転職できる可能性は大いにあります。
未経験業種への転職を目指している方や、転職に不安を抱えている方はぜひマイナビエージェントに登録をしましょう!
運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
公開求人数 28,152件※2021年8月17日時点
拠点 全国対応可 京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1を占める!
  • 優秀なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!
  • ハイクラス求人多数!登録後は企業・ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ
  • 優良企業と直接コンタクトを取ることも可能!
ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が3分の1※2以上を占める転職エージェントです。

年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1※1に輝いています。
ビズリーチでは「プラチナスカウト」というものがあり、一流のヘッドハンターがユーザーの情報を見てスカウトを送ります。スカウトが届くと、確実に面接へ進める仕組みです。

厳選された優秀なヘッドハンターが約4,600人在籍※2しているので、優良企業とのマッチングを待ちながら転職活動を行えるでしょう。 ※1 転職サービスに関する調査/調査会社:シード・プランニング/調査期間:2019年1月〜2月/調査対象:年収600万円以上で、転職意欲がある人 ※2参照 公式サイト
運営会社 株式会社ビズリーチ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • タレント・ハイクラス会員制度
  • ヘッドハンター
  • スカウト
公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡
出典:公式サイト

まとめ

今回は、年収500万円の手取り額や年収500万円の生活レベル、年収500万円を目指すためにできることなどをご紹介しました。

年収500万円の手取り額はおよそ400万円です。年収500万円あれば、マイホーム・マイカーの購入はもちろん、子育てをするにも余裕をもった生活を送れるでしょう。

年収500万円を目指す際は副業・投資などの方法もありますが、年収の高い企業への転職が確実です。その際、転職エージェントを活用すると、自分に合った企業が見つかりやすくなります。

ぜひこの記事を参考にして、年収500万円を目指してください!

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事